のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,540,093人
911,646,606頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:4,139人
4,544頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら「もう面倒くさいわ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : ほむ - 2013/01/23(水) 23:44:08.63 ID:Z2V4bssb0 (+125,+30,-84)
    ほむら「毎回毎回同じことの繰り返し。いい加減疲れたわ」
    キュゥべえ「?君は一体…」
    マミ「あなたは何者なの?この子達の知り合い?」
    まどか「ほむらちゃん、なんで拳銃なんて持ってるの?」
    さやか「転校生、ひょっとしてアンタもマミ…さん?の知り合い?」


    ほむら「ああああああああッッ!!」ガリガリ

    一同「?!」
    2 : 以下、名無しにか - 2013/01/23(水) 23:48:25.62 ID:yfVR6zcE0 (+15,+25,+1)
    ホビャアアアアアアアア
    3 : 以下、名無しにか - 2013/01/23(水) 23:51:33.41 ID:yfVR6zcE0 (-5,+4,-1)
    続かないの?
    4 : ほむ - 2013/01/23(水) 23:56:14.59 ID:Z2V4bssb0 (+95,+30,-42)
    ほむら「ああ、面倒くさい、七面倒くさい!!毎回毎回毎回毎回同じこと聞かないでよ」
    マミ「あ、あのっ…?」
    まどか「ほ、ほむらちゃん?大丈夫っ…?」ビクビク
    ほむら「…、ええ、大丈夫よ……そうね」

    どうせ、何をしてもコイツらはまどかの邪魔になる。ならば
    5 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:00:40.99 ID:zNz/roYc0 (-16,-1,+0)
    しえ
    6 : ほむ - 2013/01/24(木) 00:05:23.19 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-119)
    ほむら「巴マミ、貴女に魔法少女の真実を教えてあげるわ」
    マミ「…?何を言っているの?あなたは…」
    ほむら「正義の味方、悪くないわ。むしろ賞賛に値する。けれどあなたは弱い。だから私が全て教えてあげるの」
    キュゥべえ「!もしかして…」
    ほむら「黙ってなさい。口を挟まないでじゃないと…ああ、いや、無駄ね。無視する事にするわ」
    まどか「あの…」
    さやか「話についてけないんですけど…」
    ほむら「貴方たちもそのまま聞いて」

    そうして私は、魔法少女について、「全て」を語った
    8 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:09:57.40 ID:oWkBOJCO0 (+0,+10,+1)
    市営
    9 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:10:04.41 ID:v9rUZNLr0 (+19,+29,+0)
    セリフの間改行しようず
    10 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:12:11.70 ID:3dCR/+WN0 (+24,+29,-1)
    もうちょっと早く書いてくれるとそれはとっても嬉しいなって
    11 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:12:34.12 ID:7yBr+BtS0 (+18,+28,-5)
    豆腐メンタル発動するだけじゃね?
    12 : ほむ - 2013/01/24(木) 00:14:20.47 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-122)
    ほむら「ーー以上が、魔法少女についてよ」
    マミ「う…そ、よだって、キュゥべえはっ!!」
    ほむら「もうその反応も飽き飽きだわ。キュゥべえは感情を持たない。ちなみに都合の悪いことは喋らない。以上」
    マミ「キュゥべえ!!本当なの!?この子の言っていることは!」
    キュゥべえ「訂正するほど間違いではないね」
    ほむら「嘘をつかないところだけは良かったわ。分かった?だからこれ以上魔法少女の仲間を増やそうなんて思わないで」
    マミ「っ…」
    ほむら「ああ、でもそうね、杏子ならもう魔法少女だからもう一度組み直したらいいんじゃないかしら?」
    13 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:19:19.54 ID:YpHabFGu0 (+12,+27,+0)
    紫煙
    14 : ほむ - 2013/01/24(木) 00:23:11.80 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-105)
    スマフォだから遅いんだ、ごめんね。
    あと改行します。

    マミ「なら、なら私はっ…!」

    ほむら「(またか)はいはい」カチ

    時間停止中に私はマミのソウルジェムを奪い取った。
    そうして時間停止を解除する。

    マミ「っ?あれ…?私、変身…」

    ほむら「あなたのソウルジェムは此処よ。そしてよく聞きなさい自殺とか仲間殺しとかやめて」

    まどか「ほむらちゃんっあの、よく分からないけど、その…!」

    ええ、分かってる、まどかは優しいからこんな訳のわからない状態でも喧嘩みたいなのは嫌なのよね
    15 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:28:45.54 ID:0CPU1xBs0 (-7,+7,+0)
    16 : ほむ - 2013/01/24(木) 00:33:27.50 ID:pJCwTDXq0 (+53,+30,-176)
    マミ「か、返して…」

    ほむら「だめよ。返したらあなた自殺する気でしょ。これから風見野に行くからついて来てもらうわ。…そしてまどか、それから特に美樹さやか。」

    さやか「なっなに?」

    ほむら「…幼なじみの手、治そうと魔法少女になるなら覚悟しなさい。さっき話した通り魔法少女は魔女になる。わかった上で契約するなら無限地獄を味わう位の覚悟を持ってからにして」

    さやか「なんで、恭介のことまで…!」

    ほむら「未来から来たからよ」サラリ

    さやか「は…?」

    ほむら「それはどうでもいいの。まどかは契約してはダメよ。どんなに覚悟しても、ね」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:35:13.39 ID:bvBp9BnYO (-25,-13,+0)
    しえん
    18 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:37:31.12 ID:bGPIfhTY0 (+19,+29,+0)
    まあ回数増えたらこうなる罠
    19 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:39:57.37 ID:h43zCUmy0 (+24,+29,-13)
    ある意味一番リアルなSSかも試練な
    普通厨で何度も同じ繰り返しなら切れる

    支援
    20 : ほむ - 2013/01/24(木) 00:41:09.85 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-106)
    まどか「え……」

    ほむら「…、ごめんね。まどか。でも今回は先に言わしてもらうわ…だからアナタも今から風見野に一緒に来てくれないかしら」

    流石に出会ってから間もない私に、そしてこんな非日常に巻き込まれて彼女ついて来てくれるかは分からない。なるべくなら手荒な真似はしたくない、けれど私は、私の精神はもう擦り切れる寸前なのだ。
    21 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:41:46.15 ID:9wuowYJq0 (+11,+26,+0)
    うむ
    22 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:44:36.65 ID:JH74zeRu0 (+29,+29,-16)
    支援

    でも言わしてもらう、より言わせてもらう、の方がほむらっぽいかもね
    23 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 00:45:27.85 ID:zNz/roYc0 (-16,-1,+0)
    しえ
    25 : ほむ - 2013/01/24(木) 00:52:32.94 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-122)
    まどか「…うん、行くよ。」

    ほむら「!…(正直意外だわ…)ありがとう。じゃあ行きましょう。一分一秒でも時間が惜しいもの。親御さんにはきちんと連絡しておいて」

    さやか「私は…?」

    ほむら「…魔法少女にならないのなら貴方には特に関係ないことよ。今まで通り幸せな人生を送って。…もしなったのなら、その時また話すわ」

    さやか「…、分かった…。まどかを危険な目に合わせたら、許さないからな」

    ほむら「…(貴方には言われたくないわね…)大丈夫よ。私が必ず守る」

    キュゥべえ「ボクは」

    ほむら「来なさい説明が楽になるから」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:00:18.22 ID:zNz/roYc0 (-16,-1,+0)
    しえ
    28 : ほむ - 2013/01/24(木) 01:02:51.53 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-95)
    ー風見野ー

    杏子「…よォ、なんだアンタら。こんな夜中にぞろぞろと」

    ほむら「佐倉杏子。貴方には色々話したいことがあるの」

    杏子「はあ?あたしはアンタなんかと話す気もないし、知り合いでもねぇ。」

    ほむら「そうね。けれど巴マミとは知り合いでしょう?」

    杏子「!…」チラッ

    マミ「…佐倉さん、この子は…暁美さんは未来から来た魔法少女らしいの。だから…」

    杏子「…未来から?…、はん、だから何を知っててもおかしくないってか」


    ちょっと風呂入ります、保守お願いできたら嬉しいなって
    29 : 忍法帖【Lv= - 2013/01/24(木) 01:04:53.97 ID:102ZaBNS0 (-9,+5,+1)
    はよおー
    30 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:05:52.00 ID:AbLubD6V0 (-27,-13,+1)
    定期スレ
    32 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:11:34.29 ID:fL2PsPYR0 (+24,+29,-2)
    ほむらの悪い部分を煮詰めたようなSS
    33 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:14:29.50 ID:zNz/roYc0 (-16,-1,+0)
    しえ
    34 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:19:36.80 ID:/gyNnIaC0 (-27,-15,+0)
    35 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:24:42.80 ID:zNz/roYc0 (-16,-1,+0)
    しえ
    36 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:25:26.17 ID:BMlh0dej0 (+24,+29,-20)
    なんで杏子に会いに行くのにまどかは連れてきてさやかは置いてきたんだよ
    37 : ほむ - 2013/01/24(木) 01:27:16.21 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-67)
    保守ありがとうございます

    杏子「…テメェの目的はなんだ?」

    急に杏子が殺気の篭った眼差しで私へと槍を構える。
    得体の知れないものへの保身。
    後ろに居たまどかがびくりと肩を震わせたのがわかった。

    ほむら「私はただ貴方と巴マミの因果関係を解きたいだけよ」

    マミ「え…」

    杏子「なに…?」
    38 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:30:29.75 ID:YejW2YMwO (+9,+24,+2)
    ホムァァ
    39 : ほむ - 2013/01/24(木) 01:36:23.67 ID:pJCwTDXq0 (+53,+30,-96)
    ほむら「貴方たち、本当は仲直りしたいんでしょう?」

    杏子「っ!な、馬鹿言ってんじゃねーよ!誰が…!」

    マミ「わ、私は…」

    ほむら「なら杏子。貴方の得意な魔法はなに?」

    杏子「!!」

    マミ「佐倉さんの得意な魔法…?ロッソ・ファンタズマよね?」

    ほむら「…名前は置いておくけれど、確か幻惑魔法だったわよね?」

    杏子「テメェ…ッ!やめろ!それ以上口開くんじゃねえ!!」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:42:04.90 ID:JH74zeRu0 (+29,+29,-2)
    このティロ・フィナーレとの同じ匂いたるや
    41 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:45:34.77 ID:oWkBOJCO0 (+29,+29,-4)
    俺の固有魔法はロスト・フィールドな
    効果は永続的にぼっちになる
    42 : ほむ - 2013/01/24(木) 01:48:12.06 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-128)
    杏子の槍が私めがけ向かってくる。私はそれをなんなく除け、崩れた壁の一部へ座った。

    ほむら「使えないのよね」

    マミ「え…?」

    杏子「っ…」

    マミ「佐倉さん、本当なの?まさか貴方が私の元から去った理由は…!」

    杏子「……るせぇよ、今更関係ないだろ。マミは…アンタのやり方にアタシがついてけなくなったってだけだ。」

    ほむら「そう。ならそうね、貴方にも魔法少女の真実を伝えるわ。その上でまだ同じ事が言えるかしらね」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 01:48:59.94 ID:zNz/roYc0 (-16,-1,+0)
    しえ
    44 : ほむ - 2013/01/24(木) 02:02:03.59 ID:pJCwTDXq0 (+53,+30,-66)
    そうして私はまた魔法少女の真実を話した。これももう何度目だろう。

    杏子「嘘…だろ…それじゃあこの身体は…」

    ほむら「入れ物がなんであれ関係ないわ。それよりも今私の手の中にはマミのソウルジェムがる。貴方が本当に巴マミの事がどうでもいいんだったら私が今これを砕いても問題ないわよね?」

    マミ「……!!暁美さん!?」

    まどか「ほむらちゃん!!ヤメて!!」
    45 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 02:08:31.95 ID:oWkBOJCO0 (+29,+29,-13)
    まどか「ほむらちゃん!!キメて!!」
    に見えた
    キメるってなんだよ薬でもやんのかと思ってしまった疲れてんのかな
    47 : ほむ - 2013/01/24(木) 02:09:39.54 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-111)
    まどかの悲痛な声と表情だけは未だに慣れない。けれど私だってもう引けはしないのだ。

    ほむら「さぁ、どうするの佐倉杏子?」

    杏子「そんなのハッタリだろ、本当にやる訳がねぇ」

    ほむら「あらそう。巴マミお気の毒様。また会えるとしたら違う時間軸でね」

    ゴリ、と銃口をマミのソウルジェムに突き付ける。



    此処で杏子が止めずに私が発砲したとしてもそれならそれでもういい。この時間軸が駄目ならまた次へ行けばいいのだから
    48 : ほむ - 2013/01/24(木) 02:19:12.71 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-78)
    遅くてすみません…!


    杏子「やめろ!!!」

    バシッと杏子の投げた槍が私の足元に刺さった。私は髪の毛を後ろへ払い、マミのソウルジェムを再びきちんと手で大事に包んだ。

    ほむら「…わかった?巴マミ。貴方には命を張ってまで貴方を助けようとしてくれる人が居るのよ。そして佐倉杏子、それ程までに助けたいと想う相手を貴方は失ってから大事だったと気付くつもり?」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/01/24(木) 02:20:33.35 ID:oWkBOJCO0 (+24,+29,-3)
    遅くてもいいから完結はしてください
    50 : ほむ - 2013/01/24(木) 02:28:21.21 ID:pJCwTDXq0 (+55,+30,-85)
    マミ「……貴方の言いたいことはわかったわ。けれどね暁美さん、貴方は本当にそう思ってるの?」

    ほむら「……」

    くすくす、と笑いがこみ上げてきた。
    ああそうだ、私は本当は

    ほむら「ふふ、カンが良いわね。ええ、私はぶちまけてしまえば貴方達なんていつもいつもいつもまどかのを悲しませ、私の邪魔をし…散々な存在よ」

    杏子「まどか…って、さっきから居るそいつか?」

    まどか「私を悲しませる…?マミさん達が…?」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について