のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,535,845人
911,641,813頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:4,495人
5,162頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「……交渉決裂、ですね」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:12:22.05 ID:8YDZ0KZu0 (+110,+21,-9)
    立ったら書く
    2 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:12:52.13 ID:VMkWruRh0 (+70,+25,+0)
    なんや
    3 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:13:30.01 ID:8YDZ0KZu0 (+96,+30,-36)
    黒井「……そのようだな」

    高木「……」

    P「……」

    黒井「非常に……残念だ」

    P「……どの口がそんなことを」ボソッ

    高木「やめなさい」

    P「……」

    黒井「……ふん」
    4 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:14:50.63 ID:MUsYvyBK0 (+18,+27,+0)
    もう寒い
    6 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:15:23.17 ID:8YDZ0KZu0 (+105,+30,-80)
    高木「行こうか、P君、音無君」ガタッ

    P「……はい」ガタッ

    小鳥「……」ガタッ

    黒井「……高木」

    高木「何だね?」

    黒井「貴様らは決断をした……覚悟しておけ」

    P「……」

    黒井「このビルから貴様らが出たとき、戦争は始まる。せいぜい気をつけるんだな」

    高木「……行こうか」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:16:34.56 ID:PHt30lXZO (+23,+27,-13)
    P君て
    8 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:18:51.38 ID:8YDZ0KZu0 (+105,+30,-61)
    小鳥「社長、これからどうなさいます?」

    高木「……フム」

    P「……」

    高木「私はこの件、君たちに託そうと思っている」

    P「……!」

    小鳥「そんな……」

    高木「世代交代……かな。もう私は動けんよ」

    P「社長……」

    高木「何、そんな顔をするな……君たちなら出来る」
    9 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:20:12.67 ID:LDGhTN/m0 (+33,+30,+0)
    新章は近々始めますが、それにあたって作者からお願いがあります。
    といっても、単に「作品の連載中、読んでる人は随時コメントをして欲しい」という、それだけです。
    連載が終わってから纏めて、とかではなくて、“連載中に”コメントが欲しいのです。

    ここでもmixiのコミュニティでも再三言ってることですが、私はSSの作者として、
    「SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものである」というポリシーを持っています。
    つまり、読者からの声がなく、作者が淡々と書いて投下しているだけという状況では、全く意味がないということです。
    それなら「書かない方がマシ」といっても大袈裟ではありません。

    特にこのホモSSは、本来3年前に終わっている作品を、需要があると言われて新たに書き続けているものです。
    投下しても1件2件しかコメントが付かないのでは、その「需要」があるのか否かさえ曖昧になります。

    全ての読者にレスを求めるのは酷な事だと思いますが、出来る限り「ROM専」というのはやめて下さい。
    少なくとも、一夜投下する度に10~20件くらいのレスは付いてほしいです。
    この数字は、私の考える、SSが正常に連載の体裁を保てる最低限度のレス数です。

    連載を続けるにあたり、そのことだけは、皆さんにお願いします。
    10 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:21:08.67 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-138)
    小鳥「無理です!社長無しに961プロと戦うなんて……」

    P「……分かりました」

    小鳥「プロデューサーさん!?」

    P「あなたの意志は、765プロのみんなに受け継がれる……心配はいりません」

    高木「ああ、頼んだ」

    小鳥「社長……」

    高木「音無君。P君に何かあれば、頼むよ」

    小鳥「……は、はいっ!」

    高木「それでは、行こうか。このビルはどうも息苦しくてね……」ガチャッ


    ベシャッ
    11 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:21:39.81 ID:ydMRDqVS0 (+12,+27,+0)
    べしゃ
    12 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:23:29.68 ID:X+ZRSBSZO (+6,+16,+0)
    トマトか
    13 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:23:57.77 ID:JsYqfWAm0 (+15,+25,-1)
    トマト祭りか
    14 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:24:09.70 ID:8YDZ0KZu0 (+98,+30,-98)
    P「……!?」

    高木「なっ、こ、こべは……」ベシャベシャバシャビシャッ

    「へへーん、くらえっ!」

    男>2「おい、まだ出てくるぞ」



    P「……音無さん、こっちです!」バッ

    小鳥「わっ……」

    P「急いで……逃げましょう!」

    小鳥「でも、社長は……」

    P「早く!」

    小鳥「……っ」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:27:29.81 ID:8YDZ0KZu0 (+100,+30,-108)
    タッタッタッタッ…

    小鳥「はぁ……はぁ……」

    P「くそっ、本当にビルを出た瞬間に開戦か……油断した」

    小鳥「社長は……こうなることを知ってて……」

    P「……やめましょう、音無さん」

    小鳥「……そう、ですね」

    P「それに……」チラッ


    「おい、いたぞ!」

    男>2「追いかけろ!社長の命だ、死んでも逃がすな!」


    P「……くそっ」

    ――――

    ――
    17 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:31:08.47 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-100)
    春香「あ、雪だるまだ!」

    春香(雪が積もってると嬉しいよね……雪だるま、作ろうかな)

    春香(あ……でも、プロデューサーさんにまだダメって言われたんだよね……)


    ツルッ


    春香「わ、わわっ!?」ドテッ

    春香「いったた……」

    春香(また転んじゃった……許すまじ、路面凍結)


    春香「慎重に、慎重に……きゃっ!?」ドテッ
    18 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:34:05.65 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-108)
    ガチャッ

    春香「おはようございまーす……」

    春香(結局転び放題だった……)


    律子「……あぁ春香、おはよう」

    春香「律子さん、どうかしたんですか?」

    律子「……プロデューサーに連絡がつかないのよ」

    春香「……どういうことですか?」

    伊織「あと、社長と小鳥もつながらないわね……一体何やってんだか」

    「確か、昨日その三人で961プロと交渉しに行った、って……」
    20 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:36:38.62 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-63)
    雪歩「あの、やっぱり警察に……」

    律子「いえ……その必要はないわ。まだ失踪したと決めつけるのは……」

    春香「……」

    ガチャッ

    律子「誰っ!?」バッ

    「みんな、はいさーい!」

    律子「……あぁ響、おはよう」

    「うがー!露骨にガッカリした挨拶をしないでほしいぞ!」
    21 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:39:07.32 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-74)
    「今日、転んじゃったんだ……沖縄に雪なんて降らないからね」

    春香「あ、響も転んだの?」

    「すっごく冷たかったぞ……周りの視線も」

    春香「あぁ……」

    「……そういえば、プロデューサーがいないけどどうしたんだ?」

    律子「それはね、響……」



    「えぇっ!?ウソでしょ!?」

    律子「……みんなにいちいち説明してて疲れたわ……」
    22 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:43:31.89 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-50)
    亜美「りっちゃーん、兄ちゃんはいつ帰ってくるの?」

    真美「待ちくたびれたYO!」

    律子「……」

    春香(プロデューサーさん……)


    ガチャッ


    亜美「あ、兄ちゃん?」


    小鳥「……」ドサッ

    亜美「……ってピヨちゃん!?」
    23 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:46:06.07 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-75)
    春香「小鳥さん!その怪我……」

    小鳥「……転んだの」

    「プロデューサーは!?」

    伊織「961プロにやられたの!?」

    「何があったんだー!?」

    律子「みんな静かにっ!」バンッ

    一同「……」

    小鳥「始まって……しまったんです……」

    春香「……何がですか?」



    小鳥「……雪合戦よ」
    24 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:47:59.08 ID:JsYqfWAm0 (+14,+24,+1)
    ですよね
    25 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:48:45.12 ID:8YDZ0KZu0 (+96,+30,-71)
    P「おいっ!放せよ!」

    「ちっ、暴れんなよ」

    男>2「女には逃げられたけど、まーいっか!」

    P「ぐっ……」

    「そんじゃ、またねー」

    ウィーン


    P「……」

    P(音無さんは事務所に着いただろうか……)
    26 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:51:28.25 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-89)
    ウィーン

    黒井「やぁ、久しぶりだな」

    P「お前……!ふざけるな!自分が何をしてるか分かってるのか!?」

    黒井「私語は慎め」ゲシッ

    P「かは……っ」

    黒井「黙って見ているんだな……三流プロダクションが無様に敗北する様を」

    P「……」

    黒井「そんな顔をするな、貴様の首筋には後で雪を流し込んでやる」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:54:45.59 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-93)
    P「俺を捕まえてどうする?そんなに俺が怖いか?」

    黒井「何を言う……貴様など脅威ではない」

    P「じゃあ何故……」

    黒井「愚問だな。この戦争に勝つため、ただそれだけだ」

    P「何だと……?」

    黒井「貴様が拉致されたとなれば、765プロの三流アイドルどもは黙っていないだろうな」

    P「……」

    黒井「当然、この部屋を目指しやってくる……そこを狙うのだよ」
    28 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 16:57:52.17 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-75)
    P「お前……」

    黒井「卑怯だ、とでも言いたいか?」

    P「……」

    黒井「勝つためなら何でもする……当然だろう。たとえそれが、雪合戦であろうともな」

    P「……いや、違う」

    黒井「何だと?」

    P「お前は分かっていない……」


    P「うちのアイドル達を……なめるなよ」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:01:14.73 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-69)
    春香「みんな……準備はいい?」


    千早「当然よ」

    「……」コキッ

    雪歩「あ、穴を掘って埋めてやりますぅ!」


    春香「オーケー」

    春香「第一班、準備できました」

    律子『了解』


    春香「……ふぅ」

    春香(プロデューサーさん……)
    30 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:04:39.02 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-61)
    「こちら第二班!みんな元気だぞー!」


    やよい「うっうー!皆さん、頑張りましょう!」

    美希「律子……さん、ミキやるよ!ハニーを助けるの!」

    貴音「戦とは……まこと、緊張しますね」

    律子『了解、無理はしないでね?』


    (自分、雪合戦は初めてだからな……楽しみだぞ!)
    31 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:06:45.29 ID:JsYqfWAm0 (+19,+29,-1)
    社長は何処へ
    32 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:07:10.50 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-81)
    律子『あずささーん、今どこですか?』

    あずさ「はーい、何だか大きなビルが見えます~」

    亜美「あずさお姉ちゃん、そっちは逆だYO!」

    真美「こっちこっち→!」


    律子『亜美、真美、あずささんの操縦しっかりね』

    亜美「りょーかい!」

    真美「真美……この戦争が終わったら結婚するんだ……」

    あずさ「あらあら、おめでたいわね~」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:10:20.92 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-65)
    あずさ『それでは第三班、行ってきます~』

    律子「はい、ご武運お祈りします……」


    律子「……ふぅ」

    伊織「はい、コーヒー」コトッ

    律子「あら、気が利くじゃない」

    伊織「べっ、別に……」

    律子「……ねぇ、伊織」

    伊織「何よ」

    律子「あなたは、前線に行きたくないの?」
    34 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:13:25.93 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-117)
    伊織「……何よ、それ。この伊織ちゃんが、雪が積もったぐらいではしゃぐと思う?」

    律子「それもそうね……」

    伊織「分かればいいのよ、分かれば」

    律子「……じゃあ、こっちでちゃんと仕事してちょうだい」

    伊織「……はい?」

    律子「前線から得られる情報から戦況を判断する。作戦の変更があれば指示する。それから……」

    伊織「ま、待って!ここってそんなハードなの!?」

    律子「戦争では司令役が重要よ……しっかりね」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:16:16.26 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-141)
    P「ああっ!冷たい冷たいぃい゛い!!」

    黒井「下らんな……汚い声を上げおって」シャリシャリ

    P「ヤバイよヤバイよ!背中はガチでヤバイって!」

    黒井「ククク……フハハ」

    黒井「ハーハッハッハー!!」ドバー

    P「ぴぎゃあああああああああ」

    黒井「三流プロダクションはこれだから……」

    プルルルル プルルルル

    黒井「……チッ。何だ?」

    『侵入者です!765プロの奴らが……うわっ、何す……』

    ブチッ

    黒井「……?」
    36 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:18:23.70 ID:2+ev3tUL0 (-28,-16,+0)
    ドバー
    37 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:19:39.30 ID:8YDZ0KZu0 (+106,+30,-106)
    「……」ガクッ

    あずさ「あらあら、寝ちゃったのかしら~」

    亜美「窒息させた……だと……」

    真美「つくづくモンスターサイズですな→」


    男>2「おいっ!何してる!」タタッ

    亜美「マグヌスボール!」ヒュン

    男>2「ぐわっ……」ドサッ

    真美「765式波動球!」ブン

    男>2「」ベシャッ
    38 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:22:07.60 ID:8YDZ0KZu0 (+97,+30,-75)
    亜美(亜美たち第三班は、ここで暴れるだけ暴れるのがお仕事……なんだよね)


    男>3「いたぞ!侵入者だ!」

    男>4「社長に一歩でも近付けるな!」

    男>5「ベチョベチョにしてやるよ……」


    亜美「……いくよ、真美」

    真美「おうよっ!」

    あずさ「雪で手が冷えてしまいました……」
    39 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:25:33.96 ID:JsYqfWAm0 (+10,+20,+0)
    出川P
    40 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:25:56.92 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-55)
    律子『第三班、戦闘を開始したわ』

    春香「……」ゴクリ

    千早「春香、緊張してる?」

    春香「え?い、いや、そんなことは……」

    千早「戦場では仲間が死ぬわ。覚悟しておいて」

    春香「千早ちゃん……」


    「……いくよ、みんな」

    雪歩「……たぁあっ!」パリーン
    41 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:27:05.85 ID:ntBukRxs0 (+24,+29,-1)
    お前ら仕事しろって誰か突っ込んであげて
    42 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:27:08.29 ID:d6DSI5zV0 (+24,+29,-21)
    胸で窒息できるならみんなそれ使うだろw
    あ、でも千早・・・
    43 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:28:27.62 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-109)
    伊織『裏口が手薄になってるわ。そっちに回ってちょうだい』

    美希「オッケーなの!デコちゃん、ありがとうなの!」タッタッ

    伊織『デコちゃん言うな!』


    伊織『……で、そこの通風孔から入って』

    「なんか、ずいぶん狭くないか……?」

    貴音「これも作戦です、従いましょう」バッ

    やよい「し、四条さんが挟まってますー!」

    伊織『何やってんのよ……』
    44 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:29:28.49 ID:k4wFRBiV0 (+19,+29,-4)
    お尻がつっかえたのか・・・ゴクリ
    45 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:31:14.93 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-67)
    貴音「私は……どうやら、ここまでのようです」

    「貴音……」

    やよい「四条さん……」

    貴音「ふふ……心配には及びません。私は……貴女たちの心の中に……」


    伊織『それじゃ、ルート変更ね』

    美希「……デコちゃん、ちょっとは空気読んでなの」

    「うがー!台無しだぞー!」

    やよい「と、とにかく行きましょう!」
    46 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:34:21.92 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-103)
    タッタッタッタッ…

    「しっかし、雪って重いね……ちょっと持ち込みすぎたよ」

    千早「そうかしら?私は慣れているけれど」

    雪歩「ザクッと……ザクッと……」ブツブツ

    春香(始まっちゃったよ……私、生きて帰れるのかな)


    千早「律子、プロデューサーはどこ?」

    律子『……地下室に監禁されているみたいね』

    「地下室かぁ……ここからだと遠いね、エレベーターでも使わないと」
    47 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:37:16.71 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-55)
    律子『そこを左に曲がったところに、社員用のエレベーターがあるわ』

    春香「了解です!」タッ

    ヒュン ベシャッ

    春香「……!?」


    翔太「やぁ、みんな元気?」

    北斗「チャオ☆」


    千早「あなたたちは……」

    「……ジュピター……!」
    48 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:40:17.79 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-88)
    春香「あ、危なかった……」

    千早「……天ヶ瀬冬馬は居ないようね。別のところに配置されてるのかしら?」


    翔太「しっかし、クロちゃんも趣味が悪いよね……雪合戦なんてさ」

    北斗「レディーに手を出すのは、好きじゃないんだけど」


    「……みんな」

    春香「?」

    「ここは……ボクに任せてくれないか?」

    雪歩「真……ちゃん……?」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:43:41.96 ID:8YDZ0KZu0 (+95,+30,-77)
    「ボクがジュピターの二人を引き付ける」

    春香「真、一体何を……」

    「だから、みんなはその間にエレベーターで地下に行ってくれ」

    雪歩「そんな……何で……」

    千早「分かったわ」

    春香「千早ちゃん!?」

    千早「ここでジュピターと戦っても、勝てる見込みは少ないもの……分散した方が効率的だわ」

    春香「っ……」
    50 : 以下、名無しにか - 2013/01/19(土) 17:46:17.64 ID:MA9dQ4rv0 (+24,+29,-8)
    一体何の交渉をしたら雪合戦が始まるんだ
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について