のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,033人
911,666,872頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,106人
2,427頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ響「ぷ、プロデューサーが……ガンに……?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - ガン違い + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:06:34.01 ID:rROceUL70 (+125,+30,-125)
    「あ、あはは……うそ……だよね……?」

    律子「っ……」

    「うそだ、うそだよ……そんなの……」

    亜美「うちの病院でも……もう、手の施しようが無いって……」

    「そんなこと、やってみないと分からないぞ?!」ガシィッ!

    伊織「やめなさいっ!!!」

    (パシィンッ!)

    「あ……」ヒリヒリ

    伊織「っ……」ウルウル

    「ごめん、ごめんね……ごめん……」

    伊織「……もう、いいわよ」

    「そ、それでっ、プロデューサーは?!」

    律子「……」チラッ

    「っ……そん、な……」ポロッ

    「こんなっ……こんな姿に、なっちゃってっ……!」ポロッポロッ
    2 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:07:29.18 ID:84WlSdVlO (+19,+29,+0)
    そうさそうだよ世界は友達
    3 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:10:42.63 ID:rROceUL70 (+95,+30,-117)
     

    雁P「クワックワァーッ」



    「どうしてこんなになっちゃったのさぁーーーっ!!!」




    ――響は慟哭した――

    ――己の至らなさに――

    ――事ここに至るまで気付けなかった自分に――

    ――敬愛するプロデューサーの助けになれない自分に――

    ――響は、あらん限りの声を張り上げ、泣いた――
    4 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:12:52.78 ID:g9HIRMUS0 (+1,+16,+0)
    !?
    5 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:13:32.33 ID:5h8LdwqQ0 (+19,+29,-3)
    どういうことなの…
    6 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:13:43.47 ID:JQBw2gG/0 (+24,+29,-2)
    響の家族になれば完璧じゃないか
    7 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:13:49.63 ID:K+KloohG0 (+24,+29,-3)
    響がいればまだ仕事はできる
    8 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:15:22.66 ID:rROceUL70 (+95,+30,-185)
    「なんで、なんでこんなことに……」

    律子「分からないわ……私が事務所に来たときには、既にこの姿に……」

    「どうしてもっと早く教えてくれなかったのさ!!」

    雁P「クワックワックワッ」

    「……聞こえないよ……」

    伊織「……え?」

    「プロデューサーの声が、聞こえないよ……ただの雁だよ……餌くれって言ってるよ……」

    雁P「クワァーッ」

    美希「こんなことって……ねぇの……惨すぎるの……」ワナワナ

    「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!」

    伊織「っ私だって……知ってたら、放っておかなかったわよ……!」

    律子「……兆候は、あったのかもしれないわね」

    「え?」

    律子「もしかしたら、暫く前からクチバシが生えてきたのも……」

    「え……? うそ……あの頃から、もうプロデューサーは……?」
    9 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:15:59.42 ID:KwMGNOV00 (+27,+29,-6)
    何故か保険会社のアヒルが思い浮かんだ
    10 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:16:39.44 ID:7wmHrFOX0 (+8,+23,+0)
    ひどい
    12 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:17:29.81 ID:bVUx7IYq0 (-26,-14,+0)
    ワロタ
    13 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:18:48.24 ID:Wdwx3+JY0 (+24,+29,-3)
    クチバシの時点で気づけよwwwww
    14 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:18:48.86 ID:V3tN84c90 (+11,+26,+0)
    なるほど
    15 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:19:14.67 ID:baw29HON0 (+24,+29,-15)
    むしろどこでPと判断したんだよ
    16 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:19:40.27 ID:Tl1y4va50 (+24,+29,-16)
    クチバシ生えてきてたんなら気付けよwwww
    17 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:19:49.69 ID:rROceUL70 (+95,+30,-225)
    「もう、あの優しかったプロデューサーは帰ってこないのかなぁっ……」ヒック



    P『ははっ、響。良くできたな!』バサッバサッ

    P『なんだか最近、身体が軽くてな……おっ、伊織、今日も決まってるぞ』

    P『おかしいな……口の周りが妙に張っててさ……ヒゲ剃る時もゴツゴツするんだ』

    P『おーい雪歩! こっちにも茶を頼むよ。あとお茶受けに、雪歩なだけに落ち穂を持ってきてくれ、なんちゃって!』

    P『んー、貴音。この青草、少し瑞々しさが足りなくないクワッ?』

    P『千早千早! 一発芸、チップスターが無いのにクチバシ!!』クワッ

    P『亜美、真美。あんまり悪戯が過ぎるとこのクチバシで突クワッ』



    春香「もっと……もっとプロデューサーさんのことを見てれば……もしかしたら気付けたかもしれないのに……!」ダンッ

    律子「……誰も気付けなかったのも、仕方ないわ。プロデューサーは、無理してでも不調を隠す人だったから……」

    「ぷろでゅーさぁっ……!」ポロッポロッ
    18 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:20:29.94 ID:RDAaqnBh0 (+24,+29,-3)
    鴨先生なんかいってやってくださいよ
    19 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:20:43.25 ID:nS7UClxY0 (+22,+29,-2)
    隠せてない
    隠せてないよ
    20 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:20:54.77 ID:lsjqakTd0 (+24,+29,-3)
    おい



    おいきづけよおい
    21 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:21:31.52 ID:UJJMELXS0 (+8,+18,-1)
    これはひどい出落ちwww
    22 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:21:44.30 ID:Wdwx3+JY0 (+33,+29,-18)
    「はいはいまたPが死ぬお涙頂戴展開ね」と思って開いたら予想の斜め上すぎた
    23 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:22:17.78 ID:mZSF5+jT0 (+27,+29,-6)
    おーい、ガンの英雄よ
    24 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:22:25.12 ID:bbj+2Wfj0 (+27,+29,-1)
    まぁ気付かなかったものはしょうがない
    25 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:22:29.47 ID:baw29HON0 (+13,+23,+0)
    ピヨッ!?
    26 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:23:15.32 ID:rROceUL70 (+105,+30,-139)
    美希「……そっか……そうだよ、簡単なの!」


    「み、美希?!」

    美希「ミキにお任せ、なの☆」

    伊織「な、何をするつもり?」

    美希「ミキね、ハニーのためなら、どんな苦労をも厭わないよ……」

    美希「この方法なら、きっとハニーも元に戻ってくれるはずなの! というわけでちょっとコンロ使うね」

    (テクテクガチャッ)

    春香「美希、何をするつもりなんだろう……」

    千早「でも、あの自信に満ちた目……何かを知っているようだったわ」

    (ジャー)

    春香「水の音だね」

    あずさ「……コンロ……水の音……変わってしまったプロデューサーさん……」

    律子「あずささん、どうかしたんですか?」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:23:15.90 ID:KwoYykTi0 (-10,+4,-1)
    感動した
    28 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:25:20.12 ID:lsjqakTd0 (+29,+29,-16)
    あいやーニャンニーチュアンにおちてしまたあるか
    29 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:25:35.19 ID:JQBw2gG/0 (-16,-6,-16)
    雁Pにげてー!
    30 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:25:39.19 ID:rfL26ID/0 (+19,+29,-6)
    グルグルの盗賊の頭思い出した
    31 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:25:45.29 ID:ag+GZo6W0 (+19,+29,-5)
    鴨子溺泉悲劇的伝説有アルネ
    32 : >> - 2013/01/14(月) 21:25:46.14 ID:rROceUL70 (+95,+30,-139)
    美希「……そっか……そうだよ、簡単なの!」


    「み、美希?!」

    美希「ミキにお任せ、なの☆」

    伊織「な、何をするつもり?」

    美希「ミキね、ハニーのためなら、どんな苦労をも厭わないよ……」

    美希「この方法なら、きっとハニーも元に戻ってくれるはずなの! というわけでちょっとコンロ使うね」

    (テクテクガチャッ)

    春香「美希、何をするつもりなんだろう……」

    伊織「でも、あの自信に満ちた目……何かを知っているようだったわ」

    (ジャー)

    春香「水の音だね」

    あずさ「……コンロ……水の音……変わってしまったプロデューサーさん……」

    律子「あずささん、どうかしたんですか?」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:26:15.37 ID:K+KloohG0 (+29,+29,-4)
    ガンってどんな鳴き声かと思ったけどカモだからクワッでいいのか
    34 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:28:23.50 ID:rROceUL70 (+95,+30,-184)
    あずさ「……何か、嫌な予感がするのよ……」

    雪歩「嫌な、予感……?」

    あずさ「……!! ま、まさかっ!!」

    (ガチャッ)

    美希「おら、てめぇらそこをどけなの」ザッ

    あずさ「美希ちゃん! ダメよぉっ!!!」

    美希「ハニィーーッ! ミキの熱い愛でフットーしそうなお湯を食らうのぉっ!!」ザバァッ

    雁P「クワッ?」

    (バッシャァン!)

    雁P「クワァーーーッ!?」

    真美「ここでミキミキが兄(c)に熱湯をかぶせたァーーーっ!! 果たして兄(c)は生き残れるのかァーー!!?」

    美希「ふっ。この前、律子、さんに読ませてもらった漫画に載ってたの。これで元通りだよ。アハッ☆」

    (モクモク)

    雁P「クワァッ」

    美希「……なんくるねぇの」
    35 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:28:56.54 ID:lsjqakTd0 (+24,+29,-1)
    やめてP死んじゃう
    36 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:28:58.94 ID:Zlrv4Z1n0 (+13,+28,-14)
    ムースかよ
    37 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:28:59.01 ID:nS7UClxY0 (+17,+29,+0)
    なんくるねぇな
    38 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:29:55.28 ID:lsjqakTd0 (+29,+29,-5)
    ピヨつれてきたら意思疎通できるんじゃね
    39 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:31:05.98 ID:GLPPa0jY0 (+24,+29,-12)
    中国で修行したわけでも泉で溺れたわけでもないもんな・・・
    40 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:32:51.11 ID:Fn9eflkg0 (+17,+27,+0)
    アフラックのステマか
    41 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:33:16.28 ID:rROceUL70 (+95,+30,-111)
    (ガラッ!)

    冬馬「チィーーッス」バァ―z_ン!

    美希「!? なんでここに?!」

    冬馬「動物愛護協会の者です。お話は961プロの方で伺います」ガシィッ

    美希「なんなのなの?!」

    冬馬「ええと、罪状は『熱湯ぶっかけ』……マジかよダチョウ倶楽部かよ……」ズルズル

    美希「ハニィーッ!!」ズルズル

    (アーレー)

    (ピシャンッ)


    「……」

    雁P「クワッ」

    「プロデューサー……餌はないぞ……」

    律子「悲劇的話ね……どうすればいいのかしら……」
    42 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:36:33.79 ID:rROceUL70 (+95,+30,-155)
    春香「そうだっ! これで解決ですよ!!」ポンッ

    律子「きっとろくでもないわ」

    春香「ふっふっふ……皆さんは、こんなお話を知っていますか?」


    あるところに居た、美しい少女。

    そんな彼女の父親が野獣に囚われてしまい、少女は身代わりとして赴くことに。

    あんなことやこんなことがあって、心を通わせていく二人。

    しかし、野獣には命の刻限が迫っていました。

    今にも命の燈火が尽きてしまいそうな野獣。

    そんな彼に少女が口づけをするt


    律子「はいカットぉーーーっ!!」

    春香「えっ!?」

    律子「やっぱりろくでもなかったわ」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:38:54.73 ID:RDAaqnBh0 (+24,+29,+0)
    野獣っていうか野鳥っていうか
    44 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:40:43.23 ID:rROceUL70 (+95,+30,-121)
    春香「そんな!? 律子さん、王道ですよ、王道!! ヒロインオブヒロインたる私にふさわしい方法じゃないですか!!」

    律子「そう。じゃあはい」サッ

    雁P「クワッ」

    春香「うっ……」

    律子「ほらほら、どうしたの? 勢い余って唇貫かれるかもしれないけれど」

    春香「……や、やってやろうじゃないですかぁっ!!」ガッ

    春香「……うっ、ちょっと鳥臭い……でも!」

    律子「本気なの?」

    春香「天海春香は恐れないッッッ!!!」


    「ちょっと待ったぁ!!」ドンッ!


    春香「!?」

    伊織「そ、そんな破廉恥な行為、見過ごせないわ!」
    45 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:41:04.61 ID:ky6rP/yr0 (+14,+29,+0)
    残雪いいよね
    46 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:42:06.92 ID:6gAKnwh+0 (+22,+29,-5)
    どうでもいいけどスレタイ何か臭くね?
    47 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:42:39.04 ID:6VNyQFWpP (+27,+29,-16)
    雁の肉って美味しいらしいよ、お姫ちん
    48 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:42:57.09 ID:bbj+2Wfj0 (+27,+29,-48)
    ここにも命の燈火が尽きてしまいそうな哀れな野獣がいますので春香さんお願いします!!1
    49 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:43:46.82 ID:rBKckaCa0 (+19,+29,-15)
    大造じいさんはまだですか?
    50 : 以下、名無しにか - 2013/01/14(月) 21:44:46.71 ID:rROceUL70 (+95,+30,-125)
    春香「え? 伊織もしたいの?」

    伊織「当たり前じゃない! 抜け駆けは許さないわよ、春……って違っ……?!」

    春香「……へぇ」

    伊織「……っ」


    ┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨


    伊織「……」ズズズ

    春香「……」ズズズ

    亜美「両者、緊迫した睨み合いの中っ……!」

    真美「先に動いたのは……」

    春香「あ、やよい?」

    伊織「えっ!?」バッ

    春香「隙ありっ!!」

    伊織「あっ!?」


    亜美真美「「はるるんだァーーーーッ!!!!」」
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - ガン違い + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について