のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,557,944人
911,666,742頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,045人
2,297頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレカヲル「シンジくんは僕だけのもの」ボソッ シンジ「え?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:51:18.80 ID:guNh/smd0 (+120,+29,-4)
    昨日、終わりの一歩手前おさるさん喰らいました
    すいません
    2 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:53:15.24 ID:kl3YtrMz0 (+4,+19,+0)
    頑張れ
    3 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:53:21.33 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-106)
    シンジ「ど、どうしたの?カヲルくん」アセアセ

    カヲル「そのままの意味さ。君の全てが欲しいんだよ」フフッ

    シンジ「……」

    『シンジは私だけのもの』

    『碇くんがほしいの』

    『私のものにならない?』

    シンジ「……」

    カヲル「?」
    4 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:54:56.68 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-179)
    シンジ「そんなのいくらカヲルくんでも……できないよ」

    シンジ「僕は誰のものでもないんだから……」

    シンジ「僕は僕だけのものだよ」

    カヲル「ふふ、そうだね」

    カヲル「誰も他人を自分のものにするなんてことはできない」

    カヲル「僕たちは相手の心に触れることも覗くこともできないんだからね」

    シンジ「……」

    カヲル「ATフィールドが存在する限り僕達が他者と真に交じり合うことなんてないんだ」

    シンジ「そうだね…」
    5 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:55:36.03 ID:guNh/smd0 (+91,+30,-257)
    カヲル「?」

    カヲル「どうしたんだい?元気、少ないね」

    シンジ「う、うん。風邪、まだ治ってないのかな?」アハハ

    カヲル「何か悩み事をしてるんだね」

    シンジ「……すごいなカヲルくん。僕のことなんでもわかるんだね」

    カヲル「話してみなよ。少しは楽になるかもしれない」

    シンジ「とても馬鹿らしいことだからいいや。こんなことで悩むの僕だけだと思うし……」

    カヲル「大丈夫。僕は馬鹿らしいなんて思ったりしないさ」

    カヲル「悪いものは全て吐き出す。そうすれば君の心もきっとすっきりするはずだよ」

    カヲル「僕が全て受け止めるよ」ニコッ

    シンジ「カヲルくん…」モジモジ
    6 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:56:35.10 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-150)
    数日前

    ミサト「それじゃ、行ってくるわね」

    シンジ「はい」ケホッ

    ミサト「アスカが帰るまで、シンちゃん一人になっちゃうけど」

    ミサト「何かあったら、遠慮せずに連絡してきてね」

    シンジ「わかりました」

    ミサト「ちゃ~んと、安静にしてるのよ?」

    シンジ「ミサトさん」

    ミサト「はいはい、そんじゃいってきま~す♪」

    シンジ「いってらっしゃい」
    7 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:58:00.40 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-138)
    シンジの部屋

    シンジ「」ケホッ ケホッ

    シンジ「もう少し…寝てよう」

    シンジ「」スースー

    ――


    シンジ「」パチッ

    シンジ「今、何時だろ」

    シンジ「まだ、お昼前か」

    シンジ「」

    シンジ「静かだな」

    シンジ(懐かしいな。ここへ来る前まではこんな静けさ、普通だったのに)

    シンジ「」

    シンジ「」ケホッ

    シンジ「一人になるなんて久しぶりだ」
    8 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:59:24.49 ID:guNh/smd0 (+90,+30,-36)
    シンジ「」ボーッ

    シンジ「まだ、熱引いてないのかな」

    シンジ「」

    シーン

    シンジ「綾波、きっと心配してるだろうなぁ」

    シンジ「昨日のデート楽しかったな」フフッ
    9 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 19:59:58.51 ID:PZn0SONV0 (+19,+29,-1)
    あぁみてたわ
    寝たけど
    10 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:01:02.74 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-60)
    シンジ「」

    シンジ「……父さんのレコーダー」

    シンジ「最近は聞かなくなったな」

    シンジ(アスカがここに来てから一人になることなんてほとんど無くなったし)

    シンジ「アスカがここに来てから……」

    シンジ「どうして僕たちはここにいるんだっけ……」

    シンジ「なんで三人で暮らしてるんだろう…」
    12 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:03:29.00 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-95)
    シンジ(エヴァに乗るため)

    シンジ「使徒を倒すため……」

    シンジ「父さんに認められたいから……」

    シンジ(でも、そんなこと…もうどうてもいいじゃないか)

    シンジ「僕には綾波がいるじゃないか」フフッ

    シンジ「アスカだって、真希波だって」

    シンジ(みんな僕を必要としてくれるんだ。認めてくれるんだ)

    シンジ「それでいいじゃないか……」
    13 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:05:29.26 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-120)
    ――


    シンジ「だけど……なんだか、変な気持ちで…」

    シンジ「自分のことなのに……」エヘヘ

    シンジ「何もわからなくて……」

    カヲル「僕にはわかるよ。君のその気持ち」

    カヲル「終局はもうすぐそこまで来てる」

    シンジ「……カヲルくん?」

    カヲル「終わりを迎えるのが怖いんだね。シンジくん」
    14 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:06:49.30 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-210)
    シンジ「終わり……」

    カヲル「そう。エヴァや使徒、それにセカンドインパクト…」

    カヲル「その全ての因果が今の君たちの関係を築いた」

    カヲル「もちろん、僕との出会いもね」ニコッ

    シンジ「……」

    カヲル「君が生きる今はエヴァによって繋ぎ止められているんだ」

    カヲル「同時に、脅威である使徒の存在にもよってね」

    シンジ「カヲルくんが何言ってるのか…僕にはわからないよ……」
    15 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:11:34.61 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-264)
    カヲル「最後の使徒を倒したその先」

    カヲル「エヴァに乗る必要のなくなった未来」

    カヲル「そこに何が待ち受けているのか」

    カヲル「君はそれを知らなくて、知りたくて、たまならなく不安なんだよ」フフッ

    シンジ「……」

    シンジ「…そう、そうかもしれない」

    シンジ「カヲルくんの言う通りだよ」

    シンジ「ねぇ!?僕はどうなっちゃうの?わからないんだよ…」

    シンジ「怖いんだよ!使徒をみんなやっつけちゃったら僕はここにいちゃいけなくなるの!?」

    カヲル「シンジくん」

    シンジ「…あの時、僕は考えながら部屋でずっと寝こんでたんだ……」

    シンジ「気付いたら夕方になってて……」

    シンジ「そしたら、アスカが…綾波が、学校のみんながお見舞いに来てくれたんだ」

    シンジ「ただの風邪なのに…こんな僕のために」
    16 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:15:25.26 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-173)
    シンジ「…その時、嬉しいと思ったんだ!ずっとここに居たいと思った……ここに居ていいんだって思ったんだ!」

    シンジ「でも、それから……怖くなって」

    シンジ「こんな、温もり……今まで感じたことなんかなかったから……」

    シンジ「失うのが怖いんだ……ずっとそうだったんだ……今まで」

    シンジ「気付いたら何もかもなくなってて」

    シンジ「一人ぼっちになってて……」

    シンジ「父さんは僕を捨てて……母さんだって死んじゃったし」

    シンジ「もう嫌なんだよ……こんな寂しい思いをしなくちゃいけないのは!!」

    カヲル「はじめから他人と距離を置けば傷つくこともない」

    カヲル「そう思っているのかい?」
    17 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:16:39.81 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-242)
    シンジ「カヲルくんだって言ってたじゃないか」

    シンジ「終わりは近いって」

    シンジ「だったら、いっそのこと一人でいるほうが楽かもしれないじゃないか」

    カヲル「ファーストやセカンドはそう思わないと思うけど」

    シンジ「正直…アスカや綾波が何を考えているのか僕にはわからないんだ…」

    シンジ「綾波といると暖かくて心地良い…だけど、結局ボクは綾波のことを何も知らない」

    シンジ「何も教えちゃくれない……」

    カヲル「……僕はいいのかい?」

    シンジ「…うん。カヲル君といると落ち着くんだ……」

    シンジ「カヲルくんは嘘つかないと思うし、ぼくだって素直で居られるし」

    シンジ「アスカや綾波と違って気を使わなくていいし」

    カヲル「うれしいな。君にそう言ってもらえて」フフッ
    18 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:17:46.64 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-94)
    学校

    レイ「おはよう。碇君」

    シンジ「おはよう」

    レイ「風邪、まだ治らないの?」

    シンジ「ううん、もう治ってるよ」

    レイ「そう」

    レイ「」

    シンジ「」

    レイ「ごめんなさい」

    シンジ「え?」

    レイ「ずっと、碇くんに謝らなくちゃって思ってたの」

    シンジ「どうして?」
    19 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:20:04.42 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-144)
    レイ「傘、一本しかなかったんでしょ?」

    シンジ「いいよ。気にしなくて」

    レイ「でも、碇くんは風邪、引いたから」

    シンジ「綾波が雨に濡れなくて済んだ。僕はそれで十分だよ」

    レイ「碇くん」

    シンジ「……」

    レイ(私は碇くんといるとポカポカする。だから碇君にもポカポカしてほしい)

    シンジ「」

    レイ(だけど、)

    シンジ「ごめん、少し一人にしてもらえないかな」

    レイ「」コクリッ

    レイ(碇くんは私といてもポカポカしてくれない)
    20 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:21:07.67 ID:Mgs46Yks0 (+18,+28,-13)
    続編か
    がんばれ
    21 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:21:16.56 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-105)
    レイ「」スタスタ

    トウジ「な~んか、風邪なおってからセンセ暗なったなぁ」

    ケンスケ「何かあったのかな」

    トウジ「ま、あったんやったら原因は一緒にすんでるアイツしかおらんやろ」

    マリ「お姫様」

    ヒカリ「まさか!アスカはずっと碇くんの看病してたんでしょ。嫌われるようなことなんか」

    アスカ「…ぐぬぬ」
    22 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:21:41.63 ID:FxHrN8Dj0 (+12,+27,-1)
    見てるよ頑張れ
    23 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:23:35.72 ID:guNh/smd0 (+91,+30,-120)
    アスカ(確かに……コネメガネ達がお見舞いに来た後から)

    アスカ(な~んか、変なのよね……バカシンジ)

    アスカ「」スタスタ

    アスカ「ちょっと、バカシンジ」

    シンジ「なに?」

    アスカ「何じゃないわよ!最近のアンタなんかおかしい!」

    シンジ「別に……おかしくなんかないよ」

    アスカ「おかしいわよ!一緒に住んでる私言うんだから!間違いないわよ」

    シンジ「」

    アスカ「はぁ……どうしたの?エコヒイキと喧嘩でもした?」
    24 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:24:19.63 ID:guNh/smd0 (+93,+30,-101)
    シンジ「ほっといてよ。しばらく、一人になりたいんだ」

    アスカ「アンタねぇ……これでも、心配してあげんてんのよ?」

    マリ「はいはい、お姫様。ここはわんこ君の意思を尊重してあげよ」

    アスカ「……バカ」

    シンジ「僕は別におかしくなんかないよ」ボソッ

    マリ「さぁ、姫行こ」

    アスカ「ふん!」スタスタ

    シンジ「一緒に住んでるから……何だよ」ボソッ

    シンジ「僕のこと……何も知らないくせに」

    アスカ「」ピタッ
    25 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:25:49.43 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-42)
    アスカ「」クルッ

    アスカ「」スタスタ

    アスカ「」グイッ

    シンジ「」

    アスカ「…いい加減にしなさいよ。アンタのために心配してやってるんでしょ?」

    アスカ「私だけじゃないわよ。ヒカリだってみんな、アンタの事心配してんのよ!」

    シンジ「……離してよ」
    26 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:28:02.66 ID:guNh/smd0 (+93,+30,-117)
    アスカ「それに、何よ……何も知らないくせに?」ウルッ

    アスカ「アンタのことなんか!知りたくもないわよ!!バカ!!」フンッ

    シンジ「」ドテッ

    ヒカリ「アスカ!!」

    アスカ「」タッタッッタ

    アスカ(結局…私は…シンジのこと……何も理解してなかった)タッタッタ

    トウジ「偉いこっちゃ……」

    レイ「碇くん」スタスタ

    シンジ「大丈夫だよ」

    マリ「……わんこ君」

    マリ「本当にどうしたんだろ」
    27 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:29:12.56 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-147)
    帰り道

    マリ「結局、姫は戻ってこなかったね」

    ヒカリ「アスカ……大丈夫かな」

    トウジ「大丈夫やろ。怒って出ていくことなんか前もあったし」

    ヒカリ「鈴原!」

    ケンスケ「でも、トウジの言う通りだと思うよ」

    マリ「姫は結構プラス思考だからねぇ」

    ヒカリ「…でも、心配だわ……」

    マリ「心配って言うと、わんこ君も心配だな~」

    トウジ「あぁもう!面倒なやつやで!ほんま!」

    レイ「」スタスタ

    マリ「あ、あの子。お~い!!君はわんこ君と帰らないの?」

    レイ「碇君、先に帰ったから」スタスタ
    28 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:30:32.33 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-96)
    カヲル宅

    カヲル「やぁ、来ると思ったよ。シンジくん」ニコッ

    シンジ「おじゃまします……」

    カヲル「今日の君はいつも異常に暗いね」

    シンジ「……」

    カヲル「学校で何かあったのかい?」

    シンジ「ちょっとね……」
    29 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:33:09.16 ID:guNh/smd0 (+93,+30,-188)
    ミサト宅

    アスカ「」

    アスカ「もう、そろそろバカシンジのやつが帰ってくるころね」

    『僕のこと……何も知らないくせに』

    アスカ「アンタだって…私のこと……何も知らないじゃない!!!」ドンッ


    ペンペン「……」ブルブル

    ――


    シンジ「つい……カッとなっちゃって」

    カヲル「後悔はしてるのかい?」

    シンジ「うん……だけど」(アスカを引き止めて謝ることだってできたのに…)

    シンジ「このままでもいいかなって」

    カヲル「昨日言ってたことだね」

    シンジ「うん…このままみんなと距離を置くのには都合がいいよ……」
    30 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:33:47.86 ID:FxHrN8Dj0 (-24,-14,+0)
    ペン2wwwプルプル
    31 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:35:52.13 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-94)
    ミサト宅

    アスカ「遅い……」

    ガチャッ

    アスカ「」ドキッ

    ミサト「たっだいま~」

    アスカ「ちぇ……ミサトか」

    ミサト「ただいま。アスカ」

    アスカ「おかえり」

    ミサト「あら?シンジくんは?」

    アスカ「まだ」

    ミサト「さては、レイのところかしら」フフッ

    アスカ「それはないわ」ボソッ
    32 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:36:28.03 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-78)
    ミサト「?」

    ミサト「なぁに?今日はご機嫌ななめのようだけど?」

    アスカ「なんでもないわよ」

    ミサト「そう?ならいいけど」

    アスカ「……ミサト」

    ミサト「なにかしら?」

    アスカ「……私の過去、全部知ってるんでしょ?」

    ミサト「……」

    ミサト「そういう、仕事だから…」
    33 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:39:36.56 ID:guNh/smd0 (+93,+30,-87)
    アスカ「じゃぁ、バカシンジのことも」

    ミサト「えぇ、み~んな知ってるわ」

    アスカ「そう……なら!」

    ミサト「教えられないわよ。シンジくんの過去」

    アスカ「くっ……」

    ミサト「…そんなこと聞いてどうするつもりだったの?」

    アスカ「ミサトには関係ない……」
    34 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:40:23.37 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-76)
    ミサト「ま、そんなこと聞くってことはシンジくんと何かあったのね」

    アスカ「ふん!」スタスタ

    ミサト(シンジくんの過去を知りたいなんて……)

    ミサト(何があったのよ……アスカ)

    ガチャリッ

    シンジ「ただいま」スタスタ

    ミサト「シンジくん、おかえりなさい」

    シンジ「夕飯、すぐに作ります」スタスタ
    35 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:43:15.45 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-100)
    ミサト「ねぇ、シンジくん?」

    シンジ「なんですか?」

    ミサト「アスカと喧嘩でもした?」

    シンジ「……いえ、べつに」

    ミサト「ほんとー?」コノコノ―

    シンジ「はい」

    ミサト「なーんか、アスカ機嫌よくないのよね」

    シンジ「僕は関係ないですよ」

    ミサト(かなり関係あると思うんだけどね……)

    ミサト(2人とも相談相手は不要か……)


    ミサト(中学生2人が悩んだところで……何になるってぇのよ……)
    36 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:44:39.98 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-112)
    レイ宅

    レイ「今日の碇くん…」

    レイ「辛そうに見えた」

    レイ「私がいるから?」

    レイ「でも、碇くんは私だけのもの」

    レイ「何かが碇くんを追い詰めてる」

    レイ「私から碇くんを」

    レイ「……奪おうとしてる」
    37 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:45:27.59 ID:guNh/smd0 (+93,+30,-75)
    次の日

    アスカ「……」スタスタ

    レイ「」スタスタ

    シンジ「」スタスタ

    マリ「おぅはっよー!」

    シーン

    マリ「朝から挨拶無視なんてひどいねー」

    マリ「姫ー、わんこ君と仲直りした?」

    アスカ「え?」

    マリ「したの?してないのー?」

    アスカ「……」チラッ

    シンジ「」スタスタ

    アスカ「そもそもあんなバカに関わんないし」

    アスカ「喧嘩なんかしらないわよ」
    38 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:47:15.56 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-54)
    マリ(進展なしか……)

    マリ「わんこくん!最近、元気ないぞー」ギュッ

    シンジ「そう?」

    マリ「」チラッ

    アスカ レイ「……」ウズウズ

    マリ(お二人さんはまだ脈あり)

    マリ(やぁっぱ、問題はわんこ君かぁ)

    シンジ「そろそろ離してよ」

    マリ「あ、ごめんごめん」
    39 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:49:19.62 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-127)
    NERV本部

    ミサト「あぁ…もう!あの子たち!何考えてんのかしら」

    リツコ「難しい年頃だから」

    ミサト「そんな一言で済ませないでよ」

    リツコ「それにしてもシンジくんの過去を知ってどうするつもりだったのかしら」

    ミサト「そこが一番引っかかるところなのよね……」

    ミサト「触れてはいけないこと」

    『……私の過去、知ってるわよね』

    ミサト「アスカだってそれは承知してるはずなのに」

    リツコ「暗黙の了解ね」
    40 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:49:50.10 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-141)
    リツコ「シンジくんの過去もアスカの過去も」

    リツコ「寂しさと悲しみで溢れてる」

    ミサト「類は友を呼ぶって言うけど…」

    ミサト「少しは大人を頼りなさいよ!子供なんだからっ!」

    リツコ「ふふ」

    ミサト「な、なに?」

    リツコ「随分と慣れたんじゃない?そういうの」

    ミサト「……」

    ミサト「割り切ってるだけよ。これも仕事だし」

    リツコ「そう?でも、そういうの、あの子たちなら容易に感じとるんじゃない?」

    ミサト「見透かされてるのかもね……シンジくんやアスカに」
    41 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:51:25.02 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-194)
    リツコ「じゃ、相談相手に売って付けの人を呼ぼうかしら」

    ミサト「そんなの、うちには居ないわよ」

    加持「そうか?俺はいると思うけど」

    加持「ここにね」

    ミサト「加持くん…」

    リツコ「あら、噂をすれば」

    加持「久しぶり、りっちゃん」

    ミサト「なんの用?」

    加持「子供たちの相談相手になってくれってね。りっちゃんから」

    ミサト「はぁ……」

    加持「そんな顔するなよ。うまくやるさ」

    リツコ「期待してるわよ」フフッ
    42 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:52:55.71 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-155)
    数日後

    アスカ「加持さんとでーと♪」

    加持「こんなにも、服や水着を買って」

    加持「何かあるのか?」

    アスカ「それはね」ニヤニヤ

    アスカ「」ガサガサ

    アスカ「これよ!これ!」バーン!

    加持「修学旅行?」

    アスカ「そう!沖縄に行くのよ!」

    加持「そりゃいいな。楽しんでくるといい」

    アスカ「思いっきり遊ぶんだから♪」
    43 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:53:57.26 ID:guNh/smd0 (+90,+30,-66)
    ――


    アスカ「はぁ~。楽しかったなぁ」

    アスカ「やっぱり!加持さんといるのが一番よ!」

    加持「そう?」

    加持「シンジくんと買い物はしないのかい?」
    44 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:54:19.04 ID:es9IXfxT0 (-9,+2,+1)
    続けろ
    45 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:54:36.88 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-188)
    アスカ「しないわよ!あんな奴!」

    加持「おかしいな。シンジくんとアスカは仲が良いって聞いてたんだけどな」

    アスカ「仲が良い!?ありえないわよ」

    加持「キスもしたのに?」

    アスカ「なっ////////」カーッ

    加持「NERVの中じゃ結構有名でね」

    加持「見られたんだって?葛城たちに」

    アスカ「もうっ!加持さん!」

    加持「悪い悪い」フフッ

    加持「それで、シンジくんと、喧嘩でもしたのかい?」

    アスカ「うぅ…」モジモジ
    47 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:55:53.91 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-185)
    ―――
    ――

    加持「…なるほどな」

    アスカ「私はシンジのことを何も知らないって」シュン

    アスカ「確かに……アイツのこと知ろうだなんて思ったこと…今までになかったし」

    加持「それで、葛城からシンジくんの過去を聞き出そうとした」

    加持「少しでも彼を理解してやりたくて」

    アスカ「……ミサトにたのまれたの?」

    アスカ「…どうして、過去を知ろうとしたのか聞き出しってこいって」

    加持「……」

    加持「アイツも心配なんだよ。君たちのことが」
    48 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:56:49.85 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-171)
    アスカ「ねぇ…どうしたら私はシンジのことを知ることができるの?」

    アスカ「加持さんはシンジの過去知ってるの?だったら私に教えてよ!」

    加持「……」

    加持「確かにシンジくんの生い立ちは彼を知る上で重要なことかもしれない」

    アスカ「私だって!辛かったこと!悲しかったこと!ママのことも全部!シンジに知ってもらいたい!」

    加持「知らない記憶、他人の記憶を知ることなんて誰にもできない」

    アスカ「できるわよ!手紙でもなんでもいい!言葉があるじゃない!」
    49 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:57:51.62 ID:guNh/smd0 (+95,+30,-148)
    加持「所詮は言葉……」

    加持「それ以上の意味は持たない」

    加持「アスカが今までに感じてきたことすべてをそのままシンジくんに伝えることなんかできないんだよ」

    アスカ「……」

    アスカ「それでも……」

    加持「アスカ」

    アスカ「うぅ…」

    加持「過去からシンジくんを探るのは無理だ」

    アスカ「じゃあ!どうすればいいのよ!」
    50 : 以下、名無しにか - 2013/01/03(木) 20:58:54.90 ID:x/iPAaNW0 (-20,-22,+0)
    支援
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について