のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,546,860人
911,654,047頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:332人
348頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレまどか「見て、どう思う?」ほむら「……可愛いわね」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    2 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:27:00.04 ID:CRQgeqli0 (+15,+25,-2)
    ブラジル水着スレ
    3 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:27:51.05 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-124)
    まどか「そう。不思議な夢だったんだ。
        ぐちゃぐちゃになった街の中で。この絵の服を着たほむらちゃんが戦ってて。
        私はそれを遠くから見てるんだけど、足元に白い生き物がやってくるの。
        その動物と何か話したような気がするんだけどね。
        ふっと顔を上げたら、ほむらちゃんが泣きそうな顔でこっちに手を伸ばしてるの。
        それがすごく印象に残ってて」

    ほむら「……そう。でも、それは所詮ただの夢だわ」

    まどか「本当にそう思うの?」

    ほむら「ええ、ただの夢」

    まどか「私、今朝会ったんだよ。白い生き物……キュウべぇと」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:28:39.79 ID:sRSBYsBC0 (+35,+30,-149)
    くぅ~疲れましたwこれにて完結です!
    実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
    本当は話のネタなかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
    以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

    まどか「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    さやか「いやーありがと!
    私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

    マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    京子「見てくれありがとな!
    正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

    ほむら「・・・ありがと」ファサ

    では、

    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に終わり
    6 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:28:54.03 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-171)
    ほむら「!」

    まどか「私には魔法少女の素質がある。だから、契約して魔法少女にならないかって。
        願い事なんて思い浮かばないし、夢のせいで怖くなっちゃって。
        何も答えられないまま、逃げ出してさやかちゃん達と合流したんだけど」

    ほむら「契約は、しなかったのね」ボソッ

    まどか「ねぇほむらちゃん。私が見たのは本当にただの夢なの?私には、アレがただの夢だったなんて思えないの。
        ほむらちゃんは、あんな化物と戦っているの?魔法少女って何? それに、あんなに街が壊されるような事になっちゃうの?」

    ほむら「……」ガタッ

    まどか「ほ、ほむらちゃん?」ビク

    ほむら「具合が悪いから早退するわ。1人で帰れるか自信がないから……付き添ってもらえるかしら?」

    まどか「え? そんな事していいのかな?」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:29:57.20 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-107)
    ―ほむら宅

    まどか「まさか、ほむらちゃんが和子先生を強引に説得するなんて思わなかったよ」

    ほむら「仕方がないわ。緊急事態だもの」

    まどか「そうだよね。具合悪いんだもんね」

    ほむら「違うわ。そうじゃない。貴女が見た夢の話よ。貴女の言うとおり、あれはただの夢じゃない」

    まどか「じゃあ、ほむらちゃんは魔法少女、なの?」

    ほむら「……そうね。まずは、初めて貴女に会った時の話をしましょうか」

    まどか「今朝、和子先生に紹介された時の事?」

    ほむら「違うわ」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:30:59.35 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-112)
    まどか(その後、ほむらちゃんから長い長い話を聞いた。最初に出会った私が、魔法少女だった事。
        ワルプルギスの夜という巨大な敵に立ち向かって、死んだ事。私との出会いをやり直す為に、ほむらちゃんも魔法少女になった事。
        それから何度も、同じ時間を繰り返してきた事……)

    まどか「……ごめんね、ほむらちゃん」

    ほむら「どうして謝るの?」

    まどか「だって。ほむらちゃんが魔法少女になって。そんな苦しい思いばかりしたのって。
        最初の私が正体をバラしてしまったから、なんだよね」

    ほむら「……」

    まどか「私が張り切ってほむらちゃんの前に姿を見せたりなんかせずに。マミさん、だっけ。その先輩に任せてたら。
        ほむらちゃんに、こんな苦しい思いをさせずにすんだと思うんだ」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:32:11.34 ID:5rcgZwa90 (+93,+30,-137)
    ほむら「そんなつもりで言ったんじゃないのよ。私はただ」

    まどか「私、キュウべぇと契約して、魔法少女になるよ」

    ほむら「そんな!」

    まどか「そして、ほむらちゃんを普通の人間に戻してもらうの。
        そうしたら、ほむらちゃんはもう苦しまずに済むでしょう?」

    ほむら「馬鹿な事を言わないで!」パシン

    まどか「ほむら、ちゃん」

    ほむら「もし貴女が本当にそんな事をしたら。今度は私が契約して、まどかを人間に戻す!」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:32:12.01 ID:RdIO/7780 (+32,+30,-166)
    くぅ~疲れましたwこれにて完結です!
    実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
    本当は話のネタなかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
    以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

    まどか「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    さやか「いやーありがと!
    私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

    マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    京子「見てくれありがとな!
    正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

    ほむら「・・・ありがと」ファサ
    C「ちくわ大明神」

    では、

    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に終わり
    11 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:33:14.86 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-139)
    まどか「どうして!」

    ほむら「約束したのよ!
        言ったでしょう? 私は何回目かのまどかと約束したの!
        キュウべぇに騙される前のまどかを助けるって!」

    まどか「約束なら、ほむらちゃんは果たしてるじゃない!」

    ほむら「そんなわけ」

    まどか「今の私は、まだキュウべぇに騙されてない!」

    ほむら「あ!」

    まどか「ほむらちゃんは、私がキュウべぇに騙される前に全部話してくれた。
        ……ね? 約束、果たしてるでしょ?」

    ほむら「……」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:34:01.55 ID:sWbPvDYS0 (+24,+29,-18)
    この>>1って杏子をあんこって書く奴じゃね
    14 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:34:17.73 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-123)
    まどか「大丈夫。今度は全部分かった上で、契約するんだもん。
        何回目かの私だって、ほむらちゃんの頑張りを認めてくれると思うな」

    ほむら「嫌よ!」

    まどか(ほむらちゃん、泣いてる?)

    ほむら「私は何回も何回も同じ時間を繰り返してきたの。
        その度に、皆が……魔法少女達が色々な形でいなくなるのを見てきたわ。
        約束なんて、ただの口実。
        私はただ、まどかに普通の人間でいてほしいの。
        これ以上、まどかを失いたくなんかない!」

    まどか(あんなに冷静そうにみえたほむらちゃんが、こんなに泣いて。
        全部、私の為なんだ。
        ほむらちゃんはただ、私が死ぬところを見たくなくて、それで……)
    15 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:34:53.28 ID:J17r0Xp+0 (+16,+22,-1)
    >>10
    もう許した
    16 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:34:59.69 ID:/5hlGO8LO (-6,+8,-2)
    …。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:35:23.13 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-109)
    まどか「ごめんね、ほむらちゃん。
        ほむらちゃんを悲しませるようなこと言って、ごめん」

    ほむら「ううん。私こそ、取り乱してしまって」

    まどか(他の時間軸で、私が魔法少女になってるなんて、想像もできないや。
        まして、何度も何度も死んでる、なんて。
        想像できないけど……ほむらちゃんはずっと、そんな私を見てきたんだね)

    まどか「ねぇ。ほむらちゃん。改めて、友達になろう?」

    ほむら「え?」

    まどか「ほむらちゃんが、私に契約して欲しくないなら、契約しないって約束するから。
        ただの人間のままの私が、役に立つかどうか分からないけど。
        ほむらちゃんの『繰り返し』がこれで最後になるように、手伝わせて欲しいんだ。
        ……友達のことは、誰だって助けたいって思うでしょ?」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:36:37.25 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-167)
    ほむら「まどか……いいの?」

    まどか「何が?」

    ほむら「だって、魔法少女とか、魔女とか、同じ時間を繰り返してきたとか。そんなの、普通なら信じられないんじゃ」

    まどか(ほむらちゃんの言うとおり、あんまり実感はないんだよね。魔法少女として魔女と戦うとか。そんな魔法少女もやがて魔女になるとか。
        そんなひどい話は信じたくないし、私が戦っていたなんてピンとこないけど。でも、ほむらちゃんはこんなにも、切実に、私を守ろうとしてくれてるんだ。
        目の前でこんなに泣いてるほむらちゃんを、放っておけるわけ、ない)

    まどか「私だって、昨日見た夢の事で、ほむらちゃんに突然話しかけたんだよ?お互い様だよ」

    ほむら「私を手伝うってことは、魔女との戦いで危険な目に合うかもしれないのに」

    まどか「ほむらちゃんだって、私の為にずうっと危険な目に合ってたんでしょ?」

    ほむら「それは、そうだけど」

    まどか「なら決まり。今日からは、2人で頑張ろう、ほむらちゃん」

    ほむら「……ありがとう」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:37:13.42 ID:sRSBYsBC0 (+35,+30,-149)
    くぅ~疲れましたwこれにて完結です!
    実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
    本当は話のネタなかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
    以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

    まどか「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    さやか「いやーありがと!
    私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

    マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    京子「見てくれありがとな!
    正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

    ほむら「・・・ありがと」ファサ

    では、

    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に終わり
    20 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:37:40.05 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-109)
    ―翌朝

    仁美「おはようございます、まどかさん」

    まどか「おはよう、仁美ちゃん、さやかちゃん」

    さやか「おはよ、まどか。昨日はあれからどうだった?」

    まどか「どうだったって?」

    さやか「転校生だよ転校生! 急にまどかから話しかけに行ったかと思ったら、揃って帰っちゃうしさ。
        これは何かあるのかなーって気になるじゃん!」

    まどか「大袈裟だよ。ただ、仲良くなっただけで。さやかちゃんこそ、昨日はどうだったの?
        上条君のお見舞いに行くって言ってなかったっけ?」

    さやか「うん。CDショップでいいの見つけてさ。喜んでたよ」

    まどか「そっか。良かったね」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:38:42.37 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-65)
    仁美「上条君、具合はいかがなのでしょう……」

    さやか「具合っていうか。腕が、やっぱね」

    仁美「そうですか……」

    ほむら「おはよう」

    さやか「あぁ、おはよー……って、転校生!?」

    ほむら「自己紹介はしたはずよ。
        名前で呼んでくれないかしら、美樹さん?」

    さやか「あ、ああ。ごめん。えーと、ほむら、でいい?」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:39:15.47 ID:rmVdQAYO0 (-10,+30,-172)
    ふぅ~シコりましたw これにて早漏です!
    実は、オナニーしたらセックスの話を持ちかけられたのが始まりでした
    本当は今夜のオカズなかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのオナネタで挑んでみた所存ですw
    以下、チンコ達のみんなへのメッセジをどぞ

    チンコ「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと包茎なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    アナル「いやーありがと!
    私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

    金玉「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    乳首「見てくれありがとな!
    正直、オナニーでイった私の気持ちは本当だよ!」

    陰毛「・・・ありがと」モサ

    では、

    チンコ、アナル、金玉、乳首、陰毛、>>1「皆さんありがとうございました!」



    チンコ、アナル、金玉、乳首、陰毛「って、なんで糞>>1が!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当にぬるぽ
    23 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:39:36.82 ID:fYVBhe2T0 (+3,+15,+0)
    >>22
    ガッ
    24 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:39:45.27 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-77)
    ほむら「ええ。ところでまどか。今日の放課後、お願いできるかしら?」

    まどか「うん、いいよ」

    さやか「まどか、ほむらと約束でもしてるの?」

    まどか「えっとね、ほら、ほむらちゃん、ずっと入院してたから。
        勉強を教える約束したんだ」

    仁美「あら、そうだったんですの」

    ほむら「それじゃあ、また放課後に」

    まどか「うん」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:40:01.46 ID:SoPskgtn0 (+30,+30,-149)
    くぅ~疲れましたw これにて完結です!
    実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
    本当は話のネタなかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
    以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

    まどか「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    さやか「いやーありがと!
    私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

    マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    京子「見てくれありがとな!
    正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

    ほむら「・・・ありがと」ファサ

    では、

    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



    まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に終わり
    26 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:40:51.91 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-114)
    ―放課後、路上にて

    まどか「手伝う、とは言ったけど。とりあえず、私が契約しないのが大前提なんだよね?」

    ほむら「そうなるわね」

    まどか「ワルプルギスの夜って、私が夢で見たあのすごく大きい魔女だよね」

    ほむら「そうよ。だから今度は、前回よりずっと火力のある武器を用意しておこうと思うんだけど」

    まどか「それより、仲間を増やすのはどうかな?
        マミさん……だっけ。とっても強いんでしょう?」

    ほむら「巴マミは確かに強いわ。ただし、彼女を仲間にするのは諸刃の剣なの。
        昨日の話を思い出して。何回目かの時、魔法少女の秘密を知った巴マミは」

    まどか「『死ぬしかないじゃない』って言ってたんだっけ。……あ!」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:41:57.27 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-109)
    ほむら「……この気配は、魔女ね。近くに結界があるんだわ」

    まどか「ほむらちゃん、今、向こうの方で巻き髪の女の子が見えたの!
        でも、消えちゃって!」

    ほむら「きっと巴マミよ。この気配からして、魔女の結界に入ったのね。
        接点を持つには、またとない機会、ということかしら」

    まどか「行くんだね、ほむらちゃん」

    ほむら「ええ。……そして、貴女も来るのね、まどか」

    まどか「もちろんだよ!」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:42:59.09 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-120)
    ―魔女の結界内

    マミ「悪さをする前に、叩かせてもらうわよ!」

    まどか「あの、待ってください!」

    マミ「貴女……魔法少女じゃない、わよね。どうして此処に?」

    まどか「あの、私じゃなくて。この子が魔法少女なんです」

    ほむら「初めまして。巴マミ……イタッ」

    まどか「ほむらちゃん、ダメだよ。初対面の先輩を呼び捨てだなんて!」ヒソヒソ

    マミ「あの?」

    ほむら「失礼、噛みました。初めまして。巴マミ、さん。私は暁美ほむら、と言います」

    まどか(ほむらちゃん、敬語があまりに棒読みすぎるよ!)
    29 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:43:03.03 ID:V9V/8CqY0 (+24,+29,-27)
    まどかSSは脊髄反射でくぅ~が脳裏をよぎる
    30 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:44:00.86 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-142)
    マミ「貴女が魔法少女なの?色々話したいことはあるけれど、ひとまず魔女退治が先かしら」

    ほむら「私も一緒に戦う……戦わせてくだ、さい、巴マミ、さん」

    まどか(棒読み過ぎて、痛々しい!)

    マミ「分かったわ。じゃあ、行くわよ!」


    ―戦闘終了後、巴マミ宅

    ほむら「……お邪魔します」

    まどか「誘っていただいて、ありがとうございます」

    マミ「礼を言われるような事じゃないわ。ここなら誰の耳も気にしなくて済むから。
       ロクにおもてなしの準備もなくて申し訳ないんだけど、紅茶でも飲む?」

    まどか「いただきます!」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:45:01.21 ID:OoUUIPqh0 (-1,+8,-11)
    ここまでくぅ疲4発
        派生 1発
    32 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:45:01.79 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-128)
    まどか(マミさんって凄いなぁ。一人暮らしで、でもこんな片付いた綺麗な部屋で。
        さっきの戦い方もかっこよかったし)

    マミ「はい、紅茶どうぞ。クッキーくらいしかないんだけど、いいかしら。
       改めて自己紹介するわね。私は巴マミ。
       貴女達と同じ、美滝原中学の3年生よ」

    まどか「私は鹿目まどか。2年生です。そして」

    ほむら「暁美ほむら、です。美滝原中学にはまだ、転校してきたばかり、なのですが」

    マミ「あぁ、そうだったの。
       それで、どうして暁美さんは、一般人である鹿目さんと一緒に行動しているの?
       魔女退治は危険だって、分かっているでしょう?」

    まどか「わ、私がお願いしたんです!」

    マミ「鹿目さんが……?」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:45:45.60 ID:fYVBhe2T0 (+24,+29,-5)
    敬語微妙なほむらお嬢様かわいいなあ…
    34 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:46:04.39 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-197)
    まどか「私、この前キュウべぇに会って。魔法少女の素質があるって言われたんです。
        願い事が決まらないし、戦うのも怖くて、悩んでいる時に魔法少女のほむらちゃんに会って。魔女との戦いってどういうものなのか見せてもらおうかなって」

    まどか(嘘をつくのって苦手だけど……ごめんなさい、マミさん!)

    マミ「そうだったの」

    ほむら「それで、巴マミ、さんにお願いがある、んです。私は、まだ魔法少女になって日が浅くて。
        けれど、貴女はベテランのようなので。よければ一緒に戦ってくれませんか」

    マミ「そうなの?時間停止の魔法を使って、武器を使って戦う姿が様になっていたから。
       私はてっきり、暁美さんもベテランだと思っていたのだけど」

    ほむら「そんな事、ありません」

    まどか「あの、私からもお願いします!」

    ほむら「まどか?」

    まどか(ここでマミさんに仲間になって貰わないとダメなんだ!でなきゃ、ほむらちゃんが1人でワルプルギスの夜と戦うことになっちゃう!
        それだけは避けなきゃ!)
    35 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:47:06.30 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-67)
    まどか「私を守りながら戦うのって、きっとほむらちゃんも大変だと思うんです。
        でも、マミさんが一緒にいてくれるなら、心強いかなって。
        どうかお願いします!」

    マミ「……ふふっ。仲が良いのね。貴女たち」

    まどか「はいっ!」

    マミ「いいわ。一緒に戦いましょう。
       戦力が増えるのは単純に嬉しいし、それに、1人でのパトロールはつまらないもの。
       仲間ができるのは大歓迎よ」

    ほむら「ありがとう、ございます」

    まどか「よろしくお願いします!」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:48:08.07 ID:sRSBYsBC0 (+35,+30,-224)
    くぅ~疲れましたw これにて滅亡です!
    実は、マヤの暦が2012年で終わっていたのが始まりでした
    本当は1999年だったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りの太陽フレアで挑んでみた所存ですw
    以下、予言者達のみんなへのメッセジをどぞ

    リチャード・ボイラン「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    ノストラダムス「いやーありがと!
    恐怖の大王は二十分に降ってきたかな?」

    エドガー・ケイシー「滅んでくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    エド・デイムズ「見てくれありがとな!
    正直、私の予言は本当だよ!」

    スキャリオン「・・・ありがと」アセンション

    では、

    ボイラン、ノストラダムス、ケイシー、デイムズ、スキャリオン、>>1「皆さんありがとうございました!」



    ボイラン、ノストラダムス、ケイシー、デイムズ、スキャリオン「って、まだ人類生き残ってたの!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に終わり
    37 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:48:08.67 ID:5rcgZwa90 (+93,+30,-116)
    ―翌日、放課後

    まどか「マミさん、お待たせしました!」

    マミ「そんなに待ってないから気にしないで。じゃあ、行きましょうか」

    ほむら「はい」

    マミ「暁美さんはある程度分かっているでしょうけれど。
       魔女に遭遇しやすいのは、歓楽街や、逆に人気のない場所よ。
       それに、最も危険なのが病院」

    まどか「どうして病院が危ないんですか?」

    マミ「病院っていうのは、病気や怪我で弱っている人が集まりやすい場所だから。
       その上で、魔女によって生命力が吸い上げられたら、目も当てられないわ」

    まどか「そうなんですね……あ、この病院」

    マミ「どうかしたの?」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:49:09.78 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-140)
    まどか「クラスメイトが、入院してるんです。それで、私も何回かお見舞いに来てて」

    ほむら「ちょっと待って。この気配は……」

    マミ「あっち……駐輪場の方からだわ!」

    QB「やぁ、マミ。そろそろ来るかと思ったよ」

    マミ「キュウべぇ! じゃあ、やっぱり」

    QB「うん。ここで魔女が孵化しかかってる。
       あれ、一緒にいるのは鹿目まどかじゃないか。あと……?」

    ほむら「暁美ほむらよ。契約した魔法少女の名前を忘れたの?」

    マミ「だめよキュウべぇ。女の子の名前をちゃんと思い出せないなんて」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:50:12.59 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-151)
    QB「……?」

    ほむら「とにかく、今は魔女を倒すのが先決」

    マミ「そうね。この病院に悪影響を及ぼす前に、叩きましょう」


    ―お菓子の魔女との戦闘後

    マミ「助かったわ。あの時、暁美さんの援護がなかったら、私」

    ほむら「そんな。あれは偶々」

    まどか「……あれ?」

    ほむら「まどか?」

    まどか「あのね、さっき病院の中から、さやかちゃんがチラッと見えた気がして」

    ほむら「まさか……美樹さやか!?」

    マミ「ねぇ、良かったらこれからまた、私の家に来ない?」

    ほむら「すみません。ちょっと急用が」

    まどか「本当にごめんなさい、マミさん。また明日!」

    マミ「えっ!? 2人ともあんなに急いで……どうしたのかしら」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:51:24.81 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-160)
    ―病院の屋上

    ほむら「困ったわね。美樹さやかがもし、魔法少女の事を知ったら」

    まどか「きっと……契約するよね、そして」

    ほむら「ええ。魔法少女になって、後はもう、魔女になる」

    まどか「どうしよう。さやかちゃん、どこからどこまで見てたかな……。私達が結界から出てきた後、だったらいいんだけど。
        急に歪んだ空間から出てきたところを見られたら、怪しいって思われちゃうよね?」

    ほむら「それだけじゃないわ。美樹さやかにも魔法少女になる素質があるとキュウべぇに知れたら、もう終わりよ」

    まどか「そんなのやだよ! さやかちゃんが魔女になっちゃうなんて!」

    ほむら「私も出来れば避けたい事態ね。魔法少女が魔女になる宿命だと知ったら、巴マミはきっと」

    まどか「あ……マミさんはきっと、魔女になるよりも死を選んでしまう、よね」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:52:27.64 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-216)
    ほむら「正直、策が思い浮かばないわ。美樹さやかの契約理由を、私は知らないし」

    まどか「それなら……分かる気がする。
        きっとさやかちゃんなら、上条君の為に願い事をするんじゃないかな」

    ほむら「さっき言っていた、クラスメイトの事かしら? でも、どうして?」

    まどか「口には出さないけど。多分さやかちゃん、上条君の事が好きなんだと思うの。
        その上条君が、腕の事で悩んで苦しんでるのをさやかちゃんはお見舞いでずっと見てきたんだよ。
        もしキュウべぇに願い事をするなら、さやかちゃん自身の事より、上条君を優先するんじゃないかな」

    ほむら「成程。なら、美樹さやかに契約をさせない方法もありそうね」

    まどか「ほむらちゃん、急に変身してどうしたの?」

    ほむら「上条君とやらの腕を治しに行くのよ。時間を止めて、ね」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:53:06.93 ID:IA1o2iSiO (-21,-11,-2)
    期待
    43 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:53:33.07 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-118)
    ―ほむらの部屋

    ほむら「やっぱり、苦手な属性の魔法は扱いが難しいわ」

    まどか「どんな魔法も使いこなせるってわけじゃないんだね、魔法少女って」

    ほむら「そうよ。私達が得意とする魔法は、契約の内容に左右される。
        自分の身体を治すならともかく、他人の身体を治すのは、ちょっと。
        あと何回か魔法を使えば、治るとは思うのだけど」
        
    まどか「その魔法……マミさんに手伝って貰えないかな?」

    ほむら「巴マミに?」

    まどか「さやかちゃんが契約しちゃうまで、どれだけ時間があるのか分からないから。
        少しでも早く治すためにも、マミさんに手伝ってもらうほうがいいと思うんだ」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:53:49.47 ID:fYVBhe2T0 (+29,+29,-3)
    なるほどほむらお嬢様はあたまがいいかしこいかわいい
    45 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:54:24.28 ID:sRSBYsBC0 (-13,+30,-173)
    ふぅ~シコりましたw これにて早漏です!
    実は、オナニーしたらセックスの話を持ちかけられたのが始まりでした
    本当は今夜のオカズなかったのですが←
    ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのオナネタで挑んでみた所存ですw
    以下、チンコ達のみんなへのメッセジをどぞ

    チンコ「みんな、見てくれてありがとう
    ちょっと包茎なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

    アナル「いやーありがと!
    私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

    金玉「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

    乳首「見てくれありがとな!
    正直、オナニーでイった私の気持ちは本当だよ!」

    陰毛「・・・ありがと」モサ

    では、

    チンコ、アナル、金玉、乳首、陰毛、>>1「皆さんありがとうございました!」



    チンコ、アナル、金玉、乳首、陰毛「って、なんで糞>>1が!?
    改めまして、ありがとうございました!」

    本当の本当に射精
    46 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:54:35.68 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-126)
    ほむら「巴マミなら、私よりうまく回復魔法を使えるかもしれない。
        けれど、どう説得するというの?
        魔女が関わっていない限り、巴マミはきっと魔法を無闇には使わない。
        そうやって線引きをしていないと、大変だもの」

    まどか「なら……事情を打ち明けてみるっていうのはどうかな。
        さやかちゃんをどうしても魔法少女にはしたくないから、お願いしますって」

    ほむら「そんなの無謀よ! 
        美樹さやかの話をすれば、魔法少女の秘密にだって触れなきゃならなくなる!
        もし知ったら、巴マミは」

    まどか「うん。魔法少女がいつか魔女になるって言う事は、伏せておかなきゃいけないよね。
        なら、あと1つの秘密の方は、どうなのかな。
        マミさんは、知ってるのかな?」

    ほむら「……その手があったわね」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:55:38.45 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-147)
    ―翌放課後    

    マミ「どうしたの、2人とも。改まってお話なんて」

    まどか「実は、マミさんに謝らないといけないことがあって。
        私が契約を保留してるのは、願い事が決まらないからって言ってましたけど。
        アレ、嘘なんです」

    ほむら「本当の理由は……私が、止めたから」

    マミ「暁美さんが、鹿目さんに契約を思い止まらせたって言うの?
       それは、鹿目さんの身を案じて、の事なのかしら。
       それとも、グリーフシードの取り分を考慮しての行動なの?」

    ほむら「どちらも違う、いえ、違います。
        まどか、これを持って、あの辺りまで離れてくれるかしら?」

    まどか「うん」

    マミ「それは、暁美さんのソウルジェム? 一体何をする気なの?」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:56:40.53 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-134)
    ほむら「巴マミ、さん。私達がソウルジェムをいつも身につけているのは何の為、だと思います?」

    マミ「いつどんな時でも、魔女との戦いに備える為でしょう?」

    ほむら「やっぱり、そう思っているの、ね……」バタン

    マミ「え!? ちょっと、暁美さん?
       ……どうしてなの? 息をしてない!」

    まどか「マミさん!」タタタッ

    マミ「鹿目さん! 急に暁美さんが倒れて!」

    まどか「マミさん、これが、ほむらちゃんが私に契約しないようにした理由なんです」

    マミ「これが理由って……一体何を言っているの?」

    QB「鹿目まどか。君は知っているんだね。ソウルジェムの事を」

    マミ「キュウべぇ。ねぇ、一体どういう事なの、これは!?」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:57:50.57 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-234)
    QB「魔法少女と契約を結ぶ僕の役目はね、君達の魂を抜き取って、ソウルジェムに変えることなんだ。
       君たち魔法少女にとって、肉体なんてただの外付けのハードウェアでしかない。
       肉体が損傷しても、ソウルジェムさえ無事ならいくらでも戦えるよ。
       魔女と戦うんだ。そのくらいの処置はしておかないと、大変だろう?」

    マミ「……何を言っているの? キュウべぇ」

    QB「今君が抱きしめているのはあくまで暁美ほむらの器であって、本体じゃないって事だよ。
       暁美ほむらの魂は、今、鹿目まどかの手にあるじゃないか」

    マミ「え……え?」

    まどか「マミさん、落ち着いて……。ほむらちゃん、ソウルジェム返すね」

    ほむら「ありがとう。
        巴マミ、さん。受け入れがたいでしょうけれど、これは事実よ。
        私達はもう……人間とは呼べないものになってしまっている。
        魔法少女、としかいいようのないものに、ね」

    マミ「そんな……そんな話、聞いてないわよキュウべぇ!」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/12/29(土) 01:58:53.58 ID:5rcgZwa90 (+95,+30,-177)
    QB「君と契約した時は、長話をするような余裕もなかったしね。
       僕はちゃんと「魔法少女になってよ」って言ったよ?
       魔法少女についての説明は、する暇がなかったけれど」

    マミ「時間がなかったって……こんな大事な事、どうして教えてくれないの!?」

    QB「説明したら、君はどうしただろうね?」

    マミ「……それは」

    QB「もし拒否していたら、君はあのまま死んでいただろう。
       僕と契約して魔法少女になったからこそ、今こうして、君はここに存在できている。
       君の願いは、間違いなく叶ったじゃないか」

    マミ「でも、でもでもでも!
       魂が切り離されてるなんて、そんなの……」

    QB「そもそも君達は、魂の存在を自覚してはいないんだろう?
       それなのに、どうして魂の在処にこだわるんだい?」
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について