のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,541,745人
911,648,380頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:1,489人
1,684頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ春香「プロデューサーさんは律子さんが好きらしいです」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 律子 + - 未完 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:54:15.76 ID:yRO0KimqT (+125,+30,-63)
    律子「へえ、新しいジョークね」

    春香「り、律子さん、顔が怖いです」

    律子「大体ねぇ、私みたいな仕事人を好きになる人いないでしょー」

    春香「でも、好きっぽいんです!」

    律子「いやいや、何その『ぽい』って」

    春香「……」

    律子「確信もないのにそういう話しちゃダメでしょ、春香」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:54:32.39 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-176)
    律子「こんなに可愛いアイドル達に囲まれてて、私を選ぶなんてありえないわよ」

    律子「……まあ、うちのアイドルと付き合ってスキャンダル沙汰は困るけど」

    春香「で、でも、この前聞いてみたんです。『どんな人がタイプですか』って!」

    律子「あんたも結構ストレートね……」

    春香「そうしたら、」

    P『メガネかけてる子、かな』

    律子「……いやいやいや、ちょっと待って、どういうこと?」

    春香「そのままです。メガネかけてる子が良いって」

    律子「きっと知的な子を、遠回しに言っただけよ、きっと」

    春香「でも、私たちの事務所で知的な人って……」

    律子「……あっ」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:54:45.83 ID:xWylkZLK0 (+14,+29,+0)
    最初からかよ
    4 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:54:51.89 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-149)
    律子「……ほ、ほら、貴音とか!」

    春香「聞いてみました、『貴音さんとかですか?』って聞きました」

    律子「……冴えてたわね春香」

    春香「聞いたら、」

    P『貴音はちょっと不思議なところがあるから』

    春香「……って」

    律子「まあ、不思議というか、謎のお姫様って感じだもんね」

    春香「そして、もちろん聞きました。『律子さんは?』って」

    律子「普通はそっちを先に聞くんじゃないのかしら……で?」

    春香「そしたら、」

    P『はは……』

    春香「って言って、何も言わずに仕事に行きました」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:55:10.25 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-130)
    律子「そ、それは多分、私のことが苦手だから、悪口になっちゃうと思って言わなかったのよ」

    春香「耳は真っ赤でした」

    律子「……」

    春香「……律子さんのこと、好きらしいです」

    律子「ない!」

    春香「なくないです!」

    律子「ありえないわよ!!!」

    P「おい、春香、次の仕事だけど……お、律子」

    律子「! ぷ、プロデューサー殿!」

    P「はは、春香と話してたのか? いきなり入ってきてごめん」

    律子「い、いえ! 区切りついたので! 私はこれで! じゃあね、春香!」

    春香「あ、律子さん!」

    P「……どうしたんだ?」

    春香「……な、なんでもないです」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:55:19.63 ID:Rb8DRnn20 (+15,+25,+0)
    このスレ昨日みた
    7 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:55:46.40 ID:JGGguBFNO (+9,+19,-3)
    支援は紳士のつとめ
    8 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:55:51.37 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-138)
    律子「はー焦ったぁ……」

    律子「いきなり来られたらビックリするじゃない!」

    律子(ふう、平常心平常心……)

    千早「……律子?」

    律子「ひゃー!! って、千早か……驚かせないでよ」

    千早「ご、ごめんなさい。驚かすつもりはなかっだけど……」

    律子「レッスン帰り?」

    千早「はい。ちょっとボイトレを」

    律子「またボイトレ? あんたここ最近ボイトレばっかりしてない? ちゃんとバランス良くやらなきゃダメじゃない」

    千早「は、はい」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:56:00.93 ID:9kcpQqAr0 (+14,+24,+0)
    今度は落とすなよ
    10 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:56:38.62 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-104)
    律子「レッスンは食べ物と一緒よ。偏ったらダメだし、しすぎてもダメ。用法用量……って言うと薬っぽいわね」

    千早「……ふふっ」

    律子「あ、今笑ったでしょ? もうっ」

    千早「なんだか、律子もやっぱりプロデューサーなんだなって」

    律子「そりゃ当たり前でしょ。自分のプロデュースしてる子じゃなくても気にするわよ」

    千早「そういう気を配るところが、好きなのかもしれないわね」

    律子「……え、どういうこと?」

    千早「あ、いや、気にしないで」

    律子(……怪しい)
    11 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:56:54.61 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-93)
    律子「ねえ、千早。あんた春香に何か言われてない?」

    千早「!」

    律子「珍しく表に出てるわよ、ギクって文字を書いたみたいな顔してる」

    千早「……えっと、まあ、ちょっとね」

    律子「……プロデューサー殿のこと?」

    千早「うん」

    律子「はぁ、春香。千早に言ったのねー……」

    千早「はい、プロデューサーは胸は中の上くらいが良いと……くっ」

    律子「なにそれ、新情報なんですけど」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:57:53.52 ID:7L8XyW9e0 (+22,+29,-1)
    続きまで行ったら起こしてくれ
    13 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:58:32.58 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-89)
    千早「やはり、プロデューサーも男の人だったということ……」

    律子「千早、なんか怒りの方向が違わないかしら?」

    千早「律子、中の上って」

    律子「え?」

    千早 ジー

    千早「……くっ」ガクリ

    律子「ちょっと、私の胸見た!? わ、私はそんなに大きくないわよ! 中の上なんて……こんな貧相なのに」

    千早「……くっっ!!」

    律子「千早こそ、良いスタイルしてると思うわ。憧れる」

    千早「くっっっ……!!!!」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 21:59:54.95 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-147)
    美希「じゃあハニーは美希のことが好きなんだね!」

    千早「美希」

    律子「美希、あんたまたサボってこんなとこに!」

    美希「律子、さんは黙ってて。今日はね、千早さんと一緒にボイトレしたの!」

    千早「レッスンまだ続けるって言っていたのに、どうしたの?」

    美希「ハニーの姿を見かけたから、今日のレッスンはおしまいなの!」

    律子「あんたね、そのハニーってのと勝手にレッスンやめるのやめなさい!」

    美希「やめるのやめるのやめるの!」

    律子「ええい、ややこしい! じゃあやめるのやめるのやめるのやめなさい!」

    美希「え、ええ……律子、さん壊れちゃったの?」

    律子「あんたに合わせたのよ! もうっ!」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:00:01.19 ID:1psZsa410 (+27,+29,-6)
    2週目か
    雪歩誕生日に間に合わせるんだ
    16 : 地味に修正してる - 2012/12/23(日) 22:01:09.40 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-119)
    美希「そっかー、ハニーは中の上が好き……で、胸の中の上ってどういうこと?」

    律子「わかりやすく言うと、あずささんは上の上よ」

    美希「なるほど! じゃあ千早さんは下の下だね!」

    千早「」

    律子「ちょ、美希!?」

    美希「あ、ハニーだ♪」

    律子「み、美希、待ちなさい!」

    千早「……」

    律子「ち、千早、気を落とさないで?」

    千早「……今日は、帰ります。なんだか色々と疲れました。この後仕事は無いので、さっさと家に戻って休みます」

    律子「そ、そう……お疲れ様」

    律子(美希め……千早のガラスのハートをあっさりとぶっ壊したわね……恐ろしい子)
    17 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:02:09.79 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-132)
    律子「えっと、美希が行った方にプロデューサー殿は行ったってことは……」

    律子「逃げられるわね」

    律子「よーしこのまま仕事に戻るわよ」

    亜美「律っちゃーん」

    律子「あら、亜美と真美じゃない。……どうしたのそのメガネ?」

    真美「ふふふ、聞きたいですかな?」

    亜美「なんだかんだと聞かれたら!」

    真美「答えてやるのが世の情けっしょ!」

    亜美「にゃーんてにゃー!」

    律子「なんだかんだとは聞いてないけどね……」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:03:15.76 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-154)
    亜美「これはねー、兄ちゃんが好きになるポイントらしいよ! つ・ま・り、萌え要素だねえ→☆」

    真美「兄ちゃんと遊ぶためならこのような小道具にまで手を出しちゃうようになったよ!」

    亜美「真美、亜美達も兄ちゃんの虜だね……」

    真美「亜美、それを言うなら兄ちゃんは真美達の虜だよ……」

    亜美「あ、そっか!」

    律子(ま、まずい、このままだと亜美真美ペースに!)

    律子「えーっと、それは誰から聞いたの?」

    亜美「はるるんだよ」

    真美「兄ちゃんはメガネフェチだって」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:04:17.59 ID:yRO0KimqT (+81,+30,-142)
    律子(春香……あの言いたがりめぇ……)

    亜美「でも、やっぱり元祖メガネキャラな律っちゃんにはかなわないよ」

    真美「真美達じゃ手も脚も、胸も出ないよ」

    律子「なによその目線! む、胸は関係ないでしょ!」

    真美「律っちゃん顔赤いよ~?」

    亜美「ふふふ、なんだか亜美達がセクハラしてるみたいだねぇ」

    真美「なんか、エロエロだねぇ」

    律子「あーもー、とっとと仕事しなさーい!」

    亜美「わー、いつもの仕事お化けに戻った!」

    真美「まずいよ亜美、総員退避ー!」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:04:44.24 ID:yRO0KimqT (+91,+30,-105)
    律子「どーも、亜美真美のコントロールが難しいわね……」

    律子「……単体でも難しいし」

    律子(今度プロデューサーに聞いてみようかしら)

    律子「……」

    律子(な、なんでよ、なんで顔赤くなってるのよ私!?)

    律子「あーもー、バカバカ!」

    律子(しっかりしなさい、秋月律子! あんたの目の前にあるのはプロデュースでしょ!)ペチンッ

    「どうしたんだ律子、そんな顔ビンタして。ま、まさか、そういう趣味だったのか!?」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:05:28.93 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-172)
    律子「響!」

    「だ、大丈夫だ、見てないぞ。 顔真っ赤にしながら顔をビンタしてる律子なんて、自分見てないぞ!」

    律子「バッチリ見てたじゃない……これは、自分を奮い立たせてただけよ」

    「ああ、なるほど。ビックリしたぞ! なんで奮い立たせてたんだ?」

    律子「ま、まあそれは置いといて……ダンスレッスンしてたみたいね。汗びっちょり」

    「うん! 真と一緒にやってたら熱くなったちゃったんだ!」

    律子「汗ちゃんと拭きなさい、風邪引いたらまずいんだから」

    「うう、誉めてくれるのかと思ったら怒られたぞ……」

    律子「私はプロデューサー殿と違って、細かいこと気にするのよ。ほら、ハンカチ」

    「んんっ、うがー! 一人で拭けるぞー!」

    律子「はいはい、じっとしてなさい」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:06:29.26 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-115)
    「なんか、律子はお母さんみたいだな!」

    律子「響と年離れてないんだけどね……ちょっとショック」

    「そういえばプロデューサーは母性のある人が好きらしいぞ!」

    律子「ま、また新情報……」

    「律子は母性の塊だな!」

    律子「なによ、あんまり嬉しくないわよ」

    「がーん、結構良い誉め言葉だと思ったのに!」

    律子「よし、これであらかた拭けたわね。これからはちゃんと拭くこと、わかった?」

    「うん、わかったぞ!」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:07:39.83 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-105)
    「あ! これから真と違うレッスンするんだった!」

    律子「あら、それじゃあ待たせたら悪いから、早く行きなさい」

    「うんっ、じゃあねー!」

    律子「……響って、元気でわんぱくな感じだけど、ちゃんと話聞いて良い子だわ」

    律子(美希にも見習わせたいわね……)

    「はは、汗拭いてあげるなんて律子らしいな」

    律子「!」

    P「おっす。律子も休憩」

    律子「ピュロデューサー殿!?」

    P「ぴゅ、ぴゅろ……?」

    律子「お、お気になさらず……どうしたんですか、こんなところに」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:08:09.89 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-78)
    P「春香は合同レッスンに行っちゃったから、ちょっと休憩に来たんだけど」

    律子(よく見たら、ここ自販機の前!)

    P「何か飲む? 奢るけど」

    律子「いや、結構です! 私はもう飲んだので」

    P「あーそっか。残念だ」

    律子「……残念って?」

    P「律子と、話したかったから」

    律子(話したかったから――――!?)
    25 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:08:38.82 ID:1psZsa410 (+5,+17,+0)
    26 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:09:13.64 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-120)
    律子「は、話くらいならしてあげてもいいですよ、私ももうすこし休憩したいですし」

    P「そうか? いつもの律子なら『仕事があるので』とか言って、すぐにいなくなりそうだけど」

    律子「私ってやっぱりそういうイメージなんですね」

    P「うん。でも、働いてる律子って、すっごくイメージできるんだよな」

    律子「そんなこと言うために話したかったわけ?」

    P「そうじゃないよ」ピッ ガコンッ

    律子「……」

    P「ほら、立ち話もなんだし、座らないか?」

    律子「は、はい」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:10:46.40 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-126)
    律子(ちょっと待ってよ……!)

    P「よいしょ」

    律子(ち、近くない? そ、そうでもないのかな?)

    律子「よいしょって、おじさんじゃないんですから」

    P「はは、疲れちゃうとついね」

    律子「そういうこと言ってると、あっという間におじさんになりますよ」

    P「ごもっともだなぁ。最近体の節々が痛くなってきて、老いを感じるよ」

    律子「プロデューサー殿の年齢でそうなるなら、これから私どうなっちゃうんですか」

    P「あはは、そうだな」

    律子「……で、話ってなんですか?」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:11:22.97 ID:/F9X39VMI (-7,+7,+0)
    29 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:11:32.25 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-116)
    P「あのさ、今日一緒に帰らない?」

    律子「……へ?」

    P「事務所の開け閉め当番、今日律子だろ? 小鳥さんから聞いた」

    律子「そ、そうですけど……待っててくれるんですか?」

    P「夜道に女の子一人じゃ危ないだろ、最近は暗くなってきたし、心配だから」

    律子「そ、そんな、悪いですよ。私なら平気です、ほら、私なんて狙うやついませんから!」

    P「いるよ、いる。……少なくとも、俺だったらね」

    律子「!」

    P「……・って、なんか変なこと言っちゃったな」

    律子「……」

    P「律子?」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:12:29.88 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-131)
    律子「プロデューサー殿は、誰でも襲っちゃいそうですけど」

    P「そんなことしないって言ってくれよー」

    律子「……わ、わかりました。とりあえず一緒に帰ってもいいですよ」

    P「そっか。やった」

    律子「なんか喜んでます? なにか企んでるんじゃないでしょうね?」

    P「純粋に嬉しいだけだよ、律子と帰ることができるのがさ」

    律子「……そ、そうですか」

    P「んっんっ……ぷはっ、うっし、仕事バリバリ頑張るぞー!」

    律子「あ、待ってくださいよ、私も行きますから」

    律子(どうしよ、なんなのこれ……)

    律子(胸がドキドキして、止まんない……)
    31 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:14:18.13 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-97)
    ・ ・ ・

    律子「……」カタカタ

    P「……」

    律子「……」カタカタ

    P「……」

    律子「……」カタ

    律子「あの、プロデューサー殿。仕事がまったく手についてないみたいですけど?」

    P「あ、ごめん」

    律子「それに、私のこと見てましたね? なにか顔についてます?」

    P「いやいや、何も……はは」

    律子(……やめてくださいよ、本当に)

    律子(そんな赤い顔されたら、私はどんな顔すればいいんですか)

    律子(あ、もうっ、打ち間違えちゃったじゃない)
    32 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:14:55.76 ID:7L8XyW9e0 (+17,+29,+0)
    さるよけ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:15:00.04 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-78)
    律子「……あれ、あれ?」

    P「? どうした」

    律子「なんか、ミスっちゃったみたいです」

    P「どれどれ」

    律子「い、いいですよ、プロデューサー殿にはわかりませんから」

    P「酷い言いようだなぁ……ん、ここじゃないか?」

    律子「えっ……あっ、本当だ」

    P「はは、たまには役に立つだろ?」

    律子「……そうですね。たまには」

    P「たまにはを強調しないでくれよ……」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:15:51.15 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-92)
    律子(……こういう時、なんでいっつもこうなるんだろ)

    律子(パニクると、いつもこの人が助けてくれる)

    律子「……あの、ありがとうございます」

    P「!」

    律子「ど、どうしたんですか?」

    P「珍しいなと思って」

    律子「珍しくないですよ、私結構ちゃんとお礼は言ってるはずですよ!」

    P「違う違う、律子、ボタンかけ間違えてるぞ」

    律子「え? わっ、ほんとだ!」

    P「ははは、ちょっとドジな律子ってのも可愛いな」

    律子「かわっ……いきなり何言ってるんですか! もー!」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:17:00.92 ID:zSbOz4vo0 (+27,+29,-1)
    もし修正したとこあったらわかるようにしてくれ
    36 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:17:22.38 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-125)
    P「さてさて、仕事に戻ろう」

    律子「……もうっ」

    律子(……はあ、かなわないなぁ)

    律子(この人はこれが素なんだし、よく考えてみたらわりと前から言われてるはずじゃない)

    律子(でも……)

    律子(私のこと好き……らしいし)

    律子(そう考えると、胸が……)

    小鳥「律子さん、これお願いします」

    律子「! は、はいっ!!」

    小鳥「わわっ」

    律子「あっ、すいません……」

    小鳥「いきなり大声出されたから、驚いちゃった」

    律子「はは、ごめんなさい……」
    37 : 大した修正でもな - 2012/12/23(日) 22:18:25.37 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-123)
    ・ ・ ・

    律子「よし、戸締りオッケー」

    P「ちゃんと閉めた?」

    律子「はい」

    P「よし、じゃあ帰ろう」

    律子「はい。……本当に一緒に帰るんですか?」

    P「うん。待ってたんだから、今更一人で帰れーとか嫌だぞ?」

    律子「そんなこと言いません。でも、もうすこし考えて欲しいなぁ」ゴニョゴニョ

    P「ん?」

    律子「なんでもないです、行きましょう?」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:20:03.12 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-110)
    律子「うう、冷えますねぇ」

    P「大丈夫か?」

    律子「今日こんなに冷え込むなんて思ってませんでしたから、ちょっと薄着です」

    P「そりゃやばいな、ちょっと待ってろ」

    律子「?」

    P「はい、マフラー」

    律子「いいですよそんなの! プロデューサー殿がつけてください」

    P「律子の体の方が心配だよ。響に言っておいて、律子が風邪引いちゃダメだろ?」

    律子「そ、そうですけど……」

    律子(いきなり、プロデューサー殿のマフラー着けるの、ちょっと恥ずかしい……)
    39 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:21:14.52 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-109)
    P「あ、でもそっか。俺のマフラーだから、嫌だよな」

    律子「そ、そんなことないですよ! 全然……」

    P「無理しなくていいぞ?」

    律子「いえ、本当に嫌じゃないですよ!」

    ヒュウウッ

    律子「ひっ……ううっ……寒いから、やっぱり貸してもらいます」

    P「そっか。じゃあ」

    律子「え!?」

    P「……よし」

    律子「じ、自分で巻けますよ……勝手に巻かないでください」

    P「ごめん。つい、やりたくなって」

    律子「……まあ、ありがとうございます」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:22:28.53 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-102)
    律子「はー……」(暖かい……)

    P「そういえば、そろそろクリスマスだな」

    律子 ビクッ

    P「?」

    律子「そ、そうですね」

    P「クリスマスは、きっとTVのオーディションがあるだろうし、ゆっくりしてられないだろうなあ」

    律子「仕方ないですよ。休みなんてあってないようなものですから」

    P「律子は割り切ってるな」

    律子「そうじゃなきゃやってけないでしょ? それに、仕事があることに感謝しなきゃ」

    P「そうだな」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:23:54.64 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-143)
    律子「そりゃあ、私だってちょっとは休みたいと思いますよ」

    律子「でも、私達が休んじゃったら誰があの子達を輝かせるんです?」

    P「律子は、他人想いだなぁ」

    律子「うっ、誉めないでくださいよ……」

    P「こっちまで頑張ろうって気持ちになるよ」

    P「いつもバリバリ仕事して、厳しい時は厳しく、優しい時は優しくて」

    P「なんか、毎日律子と仕事できるのって、凄く幸せなのかもって」

    律子「……」

    律子(ちょ、ちょっと……胸の鼓動! 音でかすぎ……聞こえてないわよね!?)
    42 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:24:32.81 ID:nNu5skb4P (+6,+21,+0)
    待ってた
    43 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:24:53.05 ID:yRO0KimqT (+91,+30,-70)
    律子 ドキドキ

    律子「……私も、その……」

    P「ん?」クルッ

    律子 キュンッ

    律子「なんでもないですよ、バカ!」

    P「え!? いきなりバカ呼ばわり!?」

    律子(め、目が合っただけなのに……)

    律子(照れてるの、バレてない? 大丈夫?)

    P「……あれ」

    律子「!」

    P「律子、顔赤いぞ?」

    律子「ひぇ?! そ、そんなことないですよっ!!」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:26:13.25 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-112)
    ピタッ

    律子「ひっ!?」

    P「んー……熱は無いかな」

    律子「な、無いですし赤くもなってません! おでこに手を付けないでちょうだい!」

    P「ご、ごめん。本人が言ってるんだもんな、俺の気のせいだったかも」

    律子「もう、プロデューサー殿は……」

    P「ははは……あ、あれ、月が綺麗だ」

    律子(月が、綺麗……!?)ボンッ

    律子「……って、全ッ然月見えてないんですけど?」

    P「あ、ほんとだ……でも今日は綺麗な月が見れるって言ってたんだけどなぁ」

    律子「……」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:27:16.64 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-80)
    律子「……プロデューサー殿、もしかして、無理して話しようとしてません?」

    P「……そんなつもりないんだけどな」

    律子「もう、会話が辛いなら話さなくてもいいですよ。私気にしませんから」

    P「……」

    律子(好きって言うのは、違うのかもしれないわね)

    律子(やっぱり、嫌われてるのかしら? ううん……)

    律子(それは無いって信じたいけれど……)

    律子(というか、絶対にイヤ)

    律子(嫌われたく、ない)

    律子(なら、どうしてこんな態度取っちゃうかな、私)
    46 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:28:05.40 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-107)
    P「待ってくれよ、律子」

    律子「なんですか?」

    P「あっ……」

    律子「ちょっと! 人の顔見て、あっ、って失礼じゃありません?」

    P「いやあ……いつもの仕事してる律子の顔じゃないから」

    律子「? 私、今どんな顔してますか」

    P「……い、いやあ……」

    律子「なんですか? 怒らないから言ってくださいよ」

    P「……可愛いなって」ボソッ

    律子「はい? 小さくて聞こえませんよ?」

    律子(なによ、また冗談でも言うつもり?)
    47 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:28:57.86 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-118)
    律子「あーもうっ。いいですよ、どっと疲れた顔してようが、明日には元気になりますから」

    P「違う!」

    律子「なにがですか?」

    P「今の律子……仕事中のシャキッとした顔じゃなくて、表情が柔らかくて……」

    P「可愛いんだ!」

    律子「!」

    P「……ご、ごめん。誤解ときたくて、つい大声で」

    P「また可愛いって言っちゃったな。冗談だと思うかもしれないけど、本当に可愛いよ」

    律子「……プロデューサー殿」

    P「ん?」

    律子「ちょっと、後ろ向いてください」

    P「? う、うん」

    律子「私がいいって言うまで、見ちゃダメですよ」

    P「わかった」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:30:43.70 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-84)
    律子「……」

    律子(なんでいきなり、言うのよ……)

    律子(いつもより真剣な顔しちゃってさ)

    律子(意識し過ぎて、おかしくなりそう)

    P「……律子?」

    律子「ま、まだですよっ!!」

    P「う、うん……わかってるよ」

    律子(わかってた。わかってたわ……)

    律子(自分の中で、押し潰そうとしてた)

    律子(でも、やっぱり……)

    律子(私も、前からプロデューサー殿のことが好き……)
    49 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:31:33.79 ID:yRO0KimqT (+95,+30,-91)
    律子「プロデューサー殿、はっきり聞きます」

    P「……なんだ?」

    律子「私のこと、どう思ってますか?」

    P「……」

    律子(聞いちゃった……)

    律子(でも、きっと……ダメなんだろうな)

    律子(月並なこと言われて、おしまい。でも……今日は、それで終わらせたくない)

    律子(どんな言葉でも、私は、自分の気持ちを……)

    P「……大好きだよ」

    律子(はへーーーー!?)

    律子(ど、どストレートに……だ、大好きって……)
    50 : 以下、名無しにか - 2012/12/23(日) 22:34:31.01 ID:yRO0KimqT (+91,+30,-125)
    P「いつも張り切って仕事をしてるのを隣で見てて、すこし憧れてた。尊敬って感じかな」

    P「でも、いつからから律子の笑顔とか、人柄とか、全部が本当に素敵に見えてさ」

    P「律子から仕事のメールが来るだけでも、どうやって返そうかいつも迷ってたりもした」

    P「……俺、律子のこと全部ひっくるめて、大好きだ」

    律子「……」

    P「あ、あはは……いきなり変なこと言っちゃったな。ごめん。それくらい信頼してるってこと……」

    ギュッ

    P「! 律子!?」

    律子「バカ! ……プロデューサー殿の、バカ……」

    律子「そんなこと言われて、気持ち悪いなんて、思いませんよぉ!」グスッ
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 律子 + - 未完 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について