のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,969,498人
912,273,440頁
昨日:1,821人
2,332頁
今日:1,725人
2,132頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレみさえ「あら、しんちゃん遊びにいくの?クッキーやいたのよ」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - あかり + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    しんのすけ「ええっ!!かあちゃんが焼いたのー!?おなかいたいの?それとも…」

    みさえ「なーんでそうなるのよっ!オケイに簡単に作れるクッキーのレシピ教えてもらってね。うまくできたのよー。いっぱいあるから持ってきなさい」

    しんのすけ「おおー!見た目はおいしそうだゾ。たまにはマサオくんにエサをあたえなきゃいけないから、仕方ないから持ってってあげるゾ」

    みさえ「感想きいといてね/// ちょっと自信あるんだー うふふ」

    3 :

    まじきち

    4 :

    ラスト1行がみさえじゃない

    5 :

    長期戦になりますかな

    8 :

    お願いやめて

    10 :

    はやい

    11 :

    やめてください

    12 :

    ひろし「しんのすけ~ほら、母ちゃんだぞ~」

    14 = 1 :

    しんのすけ「外、寒そうだゾー」

    みさえ「あっ ダウンきてきなさい。 新しいの買ってきたのよー ほら」

    しんのすけ「おおー!かあちゃんにしてはかっこいいの選んだなーぁ あっかそうだゾ それじゃいってくるゾー」

    みさえ「車には気を付けるのよー 道路ははしっこ歩くのよー 知らない人には着いていっちゃだめよー」

    しんのすけ「わかってるわよぉ もうっ 子どもじゃないんだからっ 」

    15 :

    なにかがおかしいぞ?

    16 :

    やめろ

    17 :

    車がフラグっぽい

    18 :

    ひまがいない

    19 :

    あっ火葬だゾ

    20 :

    おまえらおちつけwwww
    まだなにもへんなとこないだろwwww

    21 :

    >>17
    やめろ…

    27 :

    あーこれ、ネタバレするとこれ全員死んだわー
    いやー割りとマジで全員死んだわー

    28 :

    >>20
    クレシンSSはキチSS多いからさ

    29 = 1 :

    シロ「アンアン!アンアン!」

    しんのすけ「ん?とうしたんだーシロ?散歩行きたいのか?」

    みさえ「あら、しんちゃんまだいたの? どうしたの?」

    しんのすけ「シロがいきなり吠えはじめたんだゾ」ナデナデ

    みさえ「どうしたのかしら。散歩連れてくから 遊びいっといで」

    ひまわり「ビエーーーン」シロ「アオーーーーン」

    30 :

    >あっかそうだゾ
    赤=血

    31 = 9 :

    やめろよ…?

    32 :

    みさえが優しいなんて…

    33 = 12 :

    ざわ…ざわ…

    34 = 19 :

    来たみさえタイム

    35 :

    やめろおおあおおお

    36 :

    地震とかで地獄絵図だな

    37 :

    もうフラグたってやがる…

    39 :

    また始まった

    40 = 1 :

    みさえ「どうしたの?ひまちゃんまでなきはじめて...しんちゃんが出掛けるまで みんな静かだったのに」

    ..................................

    しんのすけ「寒いゾー おっ あの後ろ姿は!!」タッ

    風間「あふん////ってしんのすけー!普通に声をかけろっていつもいってるだろー!」

    しんのすけ「オラ、風間くんみると息吹きかけたくなるんだゾ///」

    43 :


    なんていうか独自の世界観がいい味出してていいと思う
    ただのvipperにしてはレベルが違う、達観してるっていうか次元が違うっていうか……
    この才能はもはやVIPっていう狭いカゴには収まりきらないもの、もはや他のスレ荒らして強引に売りつけてもいいレベル

    こんなゴミだらけのVIPSSの中でこれみたいなキラリと輝くモノを見つけられただけで
    俺はこれまで5年間VIPしてきてよかったと心から思うよ
    ノーベル文学賞貰う準備しといてもいいと思う、自分でもベタ褒めだと思うけどそれに値する価値が君にはある

    今すぐプロに原稿もってけ
    もしくは今もどっかで募集してるだろう新人賞に応募しろ
    絶対儲かる、お前は宝石ならダイアモンド、魚ならしめ鯖並みの実力者だ
    その代わり推薦者の俺にも一割賞金わけてクリオネ!!

    いやあ最近のVIPにはあまり見ない類稀なる素晴らしいものをみせてもらった
    お前のおかげでまたこういうスレを探すためVIPに居座る事になりそうだ、ありがとう、そしておめでとう。

    45 = 43 :


    まあ結局外野がゆとり臭かったらどんな内容でもクソなんだけどね
    VIPのSSっていうのはね、作者が読者と一体化できる唯一の発表場所だから
    外野が臭かったらその時味わった一体感とか素晴らしさは全部チンケなものになる
    チンケなものになったらそりゃ評価は下がるだろう

    叫ばれるVIPの低年齢化と古参のVIP離れはこんなところにも影響を及ぼしているのさ
    SSという素晴らしい創作物から一つ一つのスレ、ノリにあたるまで
    今は所詮新参と中参が調子こいて古参はもはや隠居当然。数が少ないゆえ主張が通らない

    色々な板に拡散・逃亡そして現実との両立を出来ずに去っていった古参たちを再結集させなければ昔には戻れない
    だけどそんなことは不可能さ、もはや僕たちが味わったあの素晴らしいVIPは消えてしまったのさ……
    もはや直せとはいわない、再現しろともいわない、でもあのカオスさは心地よかったな、と夢想するだけさ

    このSSは別になんも悪くないよ?だけどこんなSS一つとってもVIPはどんどん破滅してるなあ、って思うのさ
    世界が崩壊するだとか予言だとかとればいくらでもあるけどその内一つぐらいはVIPの破壊を言ってるんじゃないのか?

    いまや日本の文化ほどになったであろうこの2ch、そしてその中で最大の板VIP、そしてこのジャンル「SS」
    SSにも色々な種類がある、こんなSSやあんなSS、そしてそんなSS。こそあど言葉フルで使えるほど種類がある
    それら全部をこの腐っていく現象から救うのは無理かもしれない、でもこのジャンル、「「クレしんSS」」だけは救いたい

    このなんともいえない雰囲気と当たり前のような色濃い「狂気」
    僕はこの伝統のような「クレしんSS=クレイジーさ」というものを守りたいという一心だ
    そのためには気に入らないクレしんSSとそのクレイジーさを逆手に取った
    クッソつまらんクレしんSSにしてそれじゃないような似非クレしんSSを荒らしたりもするかもしれない
    でもそれもこれもこのクレしんSS界隈、そしてSS、VIP、2chの何たるかを守りたい俺の心意気、つまり情熱なのだ……

    これから先、このコテ「雪のレインコート」この界隈及びにしてSS界隈に迷惑をかけたりするかもしれないが!!
    そのぶんも含めて今謝っておきたいと思う!これらはすべてこの界隈を思っての事なんだ……!!
    ごめんなさい、そしてありがとう。この俺の人間性を磨いてくれたクレしん、SS、そしてVIP!

    47 = 43 :


    妹がいなくなって必死に探したんだ
    警察にも通報した

    そうして家に泣きながら帰ったら電話かかってきたの
    「お前の妹は預かった、返してほしければ○○までこい」
    ○○に向かうとそこには知り合いのクレしんSS作家がいた、しかし妹はいなかった

    「妹はどこにやった!?」俺は叫んだ
    そうすると家の奥の方から血塗れの妹が全裸で股から白い液体を流しながら現れ
    そして「お兄ちゃん……大好きだったよ」といいながらドスンと倒れた

    犯人も顔面蒼白だった、救急車のサイレンが響き渡った
    妹は死んでしまった、死因はSS作家の無理なプレイ(耳姦とかしてたらしい)とのことだ

    それ以来俺は決めた
    これから先見るであろうクレしんSS作家は叩き潰そうと
    この書き込みは一見軽く見えるかもしれない
    しかしこの書き込みには俺と、そして死んだ妹の魂がこもっているというわけだ
    わかってもらえたかな

    48 = 1 :

    「ミャーミャーミャーフミャーーーーー!!!!」

    しんのすけ「猫の鳴き声だゾ?」キョロキョロ
    風間「どこで鳴いてるんだろ? あっ あそこの川だ!」タタッ

    しんのすけ「子猫が川に落ちそうだゾ!」
    風間「あぶないっ 助けなきゃっ。ここの川流れが早いから 落ちたら人たまりもないぞ!」

    ヨイショヨイショっ 二人のお陰で猫は救出された
    しんのすけ「あっ! かあちゃんが焼いたクッキーが!!」 ポトン

    しんのすけ「落ちちゃだめーーー!!!!あっ.…」ボチャン
    風間「しんのすけーーー!」

    49 :

    ああ…

    50 :

    うわぁぁぁぁぁぁ


    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - あかり + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について