のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,047,764人
912,398,819頁
昨日:1,010人
1,402頁
今日:97人
151頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ竜華「リザベーションやって」和・憧・美穂子「は?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - iPS + - チームiPS + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    清水谷家

    竜華「やぁやぁ、よくぞ大阪までやって来てくれた」

    「で、何なのよ。今回の作戦は」

    美穂子「リザベーション?意味は何だったかしらね…」

    「リザベーション(reservation)とは「予約」「保留」という意味ですね」

    竜華「せやな、本来の意味ではそうやな。し・か・し」



    竜華「その前に、アイスティー用意して来るわ」スタスタ

    2 :

    こんなに寒いのにアイスティー

    3 :

    マスターベーション

    5 = 1 :

    「で、リザベーションが何になるのよ?」

    竜華「ふむ。私と憧ちゃんは対戦経験もあるから、知ってるやろうけど白水哩と鶴田姫子って居るやろ?」

    美穂子「はい、私達もビデオで見てましたよ」

    「同じく」

    竜華「どうも、あの二人、リザベーションってヤツのおかけで感覚を共有してるらしい」

    「へぇー、なにそれ。おもしろそう」

    「そんなオカルトありえません」

    6 = 1 :

    竜華「感覚の共有。それがどんな事かわかるかね…?」

    「シズが転ぶと、私も痛い!」

    「咲さんが喜ぶと、私も喜ぶ?」

    美穂子「私が上埜さんを愛してると、上埜さんも私を愛する?」



    憧・和・美穂子「まさか!?」

    竜華「ふふふ…そや。気づいたか。うちがトキニーするやろ?じゃあ、怜も感じてしまうわけや…。ふふふ…」ニヤリ

    8 :

    またお前らか、壊れるなぁ

    9 :

    チームiPSはぶれないなぁ

    10 :

    次は和か憧チャーが成功か……

    11 = 1 :

    「これまで咲さんの家に、盗撮カメラを仕掛ける事、数十回。一度たりとも、咲さんの自慰行為を写す事はありませんでした」

    「私もよ。シズはまだ性にすら目覚めてない。多分、自慰行為をした事ないわ!」

    美穂子「私は機械が苦手だから…。カメラとかよく使えなくて…。忍び込むのは簡単なのだけど」

    竜華「せやで。まぁ、リザベーションさえ手に入れてしまえば、怜のリュウニーが見れるかもしれん」

    「ふーむ、見てみたい…。シズのアコニー」

    「咲さんのノドニー…。それはオカルトではありませんね」



    竜華「決まりやな。白水哩と鶴田姫子のリザベーションを少し借りるで!」

    憧・和・美穂子「おー!」

    14 :

    小蒔ちゃんは神代家の力で重火器装備の護衛をつけるべき

    15 :

    他の人をオカズにしてる可能性は考えないんですかねぇ・・・

    16 = 1 :

    鶴田家

    姫子「部長ば、何しとるんやろうかー。むむむ、んーーーー」ピコーン

    姫子「なんか体全体が暖かいばい。多分、お風呂やけん!」

    姫子「また後で、電話すると。勉強でもしてよ」カリカリ





    姫子「そろそろ、毎日の日課の部長とのガールズトークの時間と」ワクワク

    姫子「もう電話番号なんて、見なくても暗記済みじゃけんね」ピポパ

    竜華「…」ヒョイ

    姫子「…えっ」

    「…」ゴスッ

    姫子「がはっ…」パタン

    17 :

    修羅の国の猛者でもダメだったか

    19 :

    今日もバッドエンドまっしぐらですかー?やったー!

    20 :

    ま た お ま え ら か

    21 = 1 :

    「おーい、おーい。姫子?返事ばするたい」

    「ひーめーこー」

    「あれ?おかしい…。電話かかって来たのに…」

    竜華「やぁ、僕はドラゴンと言う者さ」

    「はっ!?」

    竜華「鶴田姫子の身柄は僕が預かったよ。返して欲しくば、新道寺女子の部室に来るといいよ」

    「あんさん…誰や。どこの組のもんや!」

    竜華「僕は恋の魔法使いさ。じゃーねー、哩さん」ガチャ



    ツーツー

    「姫子が…さらわれたやと…」ガクッ

    22 :

    最後まで見届けたいけど、明日は6時に出発しなきゃいけない支援

    23 :

    哩が極道だという風潮

    24 :

    助けて羊先輩!

    25 :

    日曜の朝、都内某所

    バイク愛好家たちが集まる小さなサイトのツーリングオフが開かれようとしていた
    集合時間10分前、既に来ているメンバーは7人
    その輪の中へ、俺は愛車のマグナ50で乗り付けた

    「おはよう!マグナキッドです!今日はよろしく!」

    元気よく自己紹介する

    「…あ、おはようございます」

    「マグナキッドさんって高校生なんですよね?若いですね…」

    なぜか皆の視線が泳いでいる

    27 = 25 :

    「遅くなってスイマセ~ン!」

    ZZR1400に乗ったオッサンが大きな声を出しながらやってきた

    「幹事のカワサキオヤジです。今日は皆さんよろしくお願いします」

    この人が今回のオフの主催者であり、サイトの管理人でもあるカワサキオヤジさんだ

    「あ、どうも!マグナキッドっす。よろしく」

    俺が挨拶をすると、カワサキオヤジは眉間にシワをよせて、俺とマグナをジロジロと見てきた

    「え~っと…マグナキッド君だっけ?君さぁ、今日どこに行くか知ってる?」

    「え…?富士山を見ながらそば食うオフっすよね?」

    「うん。で、君のバイク…それ原付だよね?」

    28 = 1 :

    「しかし、どこの誰が姫子を誘拐なんてすると…」ブツブツ

    「あらかたこの辺の組は勢力圏に置いたはずだが…」ブツブツ

    「考えても仕方なかと。新道寺女子部員に緊急召集と」ピポパ

    「姫子になんかあったら…、血祭りにしてくれるばい!」



    仁美・美子・煌「ひ、姫子が誘拐!?」

    「あぁ…。武器の携帯ば許可する。責任は私が取るけん。下の者、全員連れて来い」

    29 = 25 :

    何が言いたいのかわからない。愛車を原付呼ばわりされてイラっときた俺は言った

    「何が言いたいんスか?」

    「高速道路に乗るんだけど…原付じゃ乗れないよね?」

    「…大丈夫っスよ!ブン回せば皆さんに迷惑かけないくらいのスピードは出ますし」

    爆笑の渦が起こった。そしてカワサキオヤジは苦笑いしながら言った

    「原付は高速道路を走っちゃダメなんだよ。それにそのスピードメーター見てごらん」

    視線を落とす。そこには60km/hが限界のメーターがあった

    「高速道路は80~100km/hくらいで流れてるからね。君の原付じゃついて来れないよ(苦笑」

    30 :

    チームipsに重火器って効くのかな

    31 = 25 :

    俺は泣きながら家に帰ると、そのまま枕を濡らして眠ってしまった
    目を覚ますと午後10時、パソコンの電源を入れてあのサイトを覗いてみる
    そこの掲示板には、今日のツーリングオフを楽しそうに振り返るメンバーたちの書き込みがあった
    俺は偽ハンドルネームを使って『カワサキオヤジ臭ぇんだよ!』と書き込む。

    すぐに管理人からのレスがあった

    『マグナ君だね。当サイトのルール通り、君をアク禁にします』

    32 = 8 :

    流石に極道の女に手出したらアカン

    33 = 25 :

    『うん。で、君のバイク…それ原付だよね?』

    『高速道路に乗るんだけど…原付じゃ乗れないよね?』

    『原付は高速道路を走っちゃダメなんだよ。それにそのスピードメーター見てごらん』

    『高速道路は80~100km/hくらいで流れてるからね。君の原付じゃついて来れないよ(苦笑』

    『マグナ君だね。当サイトのルール通り、君をアク禁にします』

    34 :

    女極道の女?
    これもう分かんねぇな……

    35 = 1 :

    「関西弁以外も喋れたんだ!?」

    竜華「当たり前やん。さーて、祭りになるぞー」

    「もう少しスマートに事を進めたいのですが」

    美穂子「私は少し暴れたい気分ですよ!最近、上埜さんに構って貰えなくて」グスン

    竜華(あぁ~、やり過ぎなきゃええけど…)

    姫子「むむむ~~~~、むぐっ!」バタバタ

    36 = 25 :

    ・・・・・・・!!

    「うぅ…夢か…」

    俺はあれからほぼ毎晩のように、あの日の悪夢にうなされている
    時計を見ると、午前0時をちょっと過ぎたころだった
    冷たい水で顔を洗うと、ベッドに腰掛けてため息をつく

    「俺のマグナ…50ccだけど…本当に遅いのか?」

    夢に出てくるZZR1400に乗ったあのオヤジは、いつも俺のマグナ50をバカにしやがる
    だがどうしても俺にはマグナ50が遅いバイクだとは思えなかった

    37 :

    またこいつらか
    今回は発想だけなら今までよりましに見えるが果たして

    38 = 25 :

    ハーレーと並んでも負けない堂々としたスタイル
    ホンダが生んだパワフルタフエンジン
    ライダーの意志と共鳴する4速ミッション
    こんな素晴らしいバイクが、どうして世の中に認められないのか?
    本当に高速道路に乗れないくらい遅いのか?
    そりゃZZR1400と比べれば、少しは遅いのかもしれないが…

    39 :

    >>37
    発想はともかく手段が外道すぎる

    40 :

    またSSサイトの管理人がわざわざ関係ない方のSSも載せるんやろな。
    悲しいことにガラケーやと一度に映せるSS量越えて全部見れないようになる圧迫にしかならんが


    今回は間接的にHなことできそうやねニヤ

    41 = 1 :

    ガタン!ガタガタ…


    竜華「おっほー、来たで来たでー」

    仁美「何もかんも政治が…げっ!?」ポロッ

    「貴方は…の、和!?」

    「お久しぶりです。花田先輩」ペコリ




    美穂子「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ゴゴゴ

    美子「きゃああああああああ!?」



    「雑魚は私に任せてといてー」

    42 :

    今から読む

    44 :

    どうせ手段を選ばないんだからもう直接本人襲えよこいつら

    45 :

    今回は最初っから飛ばしてるなぁ

    46 :

    それだけ1も鬱憤たまってたんやろ。
    お約束壊さずにHなことしちゃうのはどうしたらいいか的な意味で

    47 :

    仁美「政治じゃなくてiPSが悪かったか…」

    「和!貴方、何をしでかしてるかわかってのですか!?」

    「えぇ、一応は。一は全、全は一、一は咲さん。私達の前に法律や秩序など関係ありません」

    竜華「まぁ…、ちょっと借りるだけやし。ちゃんと返すで」



    仁美「花田。お前は、哩ば連れて逃げろ」

    「えっ…、それはすばらくないですね。私は後輩が悪の道に進もうとしてるなら、それを止めなければなりません」

    仁美「いや…、もう無駄と。アイツらは聞く耳持たん。アイツらが人の話を聞くのは、iPS細胞の話だけん…」

    48 :

    >>44
    そんなことしたら嫌われるだろ!!

    49 :

    羊先輩がかっこいい

    50 = 47 :

    「はぁはぁ…。ひ、姫子を…返せ…」ボロッ

    美穂子「目的が済めば、無事に返します。だから、貴方も一緒に来て下さい」

    「もう残ってるの、白水さんだけだね。降参したら?」

    「ひ、姫子を取り戻すまでは…、ここば動かん」

    「もー、タフな人ってやだなぁ」


    「えい!」ブォン


    スカッ

    「あれ?」

    「間一髪すばらです!これ、高鴨さんと竹井さんの写真です!」ポイポイ


    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - iPS + - チームiPS + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について