のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,528,226人
911,633,210頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:1,453人
1,666頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレアスカ「気持ち悪い」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:35:11.45 ID:0OjB7yPpP (+120,+30,-18)
    『じゃあ、始めるわよ』


    『うん』


    『カウントは30』


    『了解』


    『さっさと、こんなところからはおさらばしたいわ』


    『……』
    3 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:36:12.12 ID:cSOM09ze0 (+22,+29,-2)
    いったい何が始まるんですか…
    4 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:36:28.51 ID:/PX6S1RQ0 (+19,+29,-4)
    アスカファン期待

    そして俺も期待
    5 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:37:13.12 ID:0OjB7yPpP (+90,+30,-42)
    『ねぇ、アスカ』


    『なによ?』


    『海って、本当は青色なんだよね』


    『はぁ? だから?』


    『……』


    『ちょっと』


    『ごめん、アスカ。……さよなら』


    『アンタ、何、言って―――』
    6 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:38:40.32 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-114)
    人気のない校舎裏で、不良たちが、一人の男子生徒に暴行を加えていた。
    被害にあっているのは……僕だ。


    シンジ「げほっ!」

    不良A「ねぇねぇ、碇君。さっさとお金、払ってくれないとさぁ……君だって痛いの、やだろ?」

    シンジ「だ、ダメだよ」

    不良B「なんでだよ?」

    シンジ「……このお金で、今日の夕飯のおかず、買うんだ」

    不良A「おかずぅ?」

    不良B「ギャハハハハハハ」

    不良C「つーか、俺らそんなんしらねーし!」


    不良の蹴りが、腹部を貫く。


    シンジ「がはっ!」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:38:45.20 ID:24VlSvgI0 (+2,+17,+1)
    おめでとう
    8 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:39:21.02 ID:j33QAIuS0 (+22,+29,-5)
    初号機で踏み潰してやる!
    9 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:40:37.56 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-134)
    シンジ「お願いだよ、今日だけは許してよ」

    不良A「今日だけは許すのを許してくださーい」

    不良B「いいから出せよ、ゲーセン行くんだから」

    シンジ「そ、そんな」

    不良A「そこまで嫌がられたらしょうがないなぁ」

    不良B「無理やり、はぎ取っちゃいますか?」

    不良C「それがいいな」


    不良たちが、ジリジリと僕との距離を詰める。
    その時、一つの声が届く。


    『それくらいにしておきなよ』


    シンジ「……!」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:40:47.83 ID:gWGMN4EF0 (+19,+29,-1)
    初号機がすっ飛んできそう
    11 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:41:28.12 ID:Cg3acT5p0 (+2,+12,-1)
    これはホモォだろ
    12 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:42:20.12 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-155)
    不良A「おっ」

    不良B「渚君」


    皆の視線の先には、渚カヲルがいた。


    カヲル「やれやれ、キミたちは……またこんなことをしているのかい?」

    不良A「いやー、だってさぁ。なぁ?」

    不良B「金がねぇからさ。しょうがねぇんだ」

    カヲル「……はぁ。お金って、いくら必要?」

    不良A「え、またくれるのかよ?」

    カヲル「ああ」

    不良B「ひょー、さすが渚君、話が分かるぅ!」

    カヲル「気にするなよ……友達、だろ?」

    不良C「おう!」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:44:41.38 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-191)
    カヲル「一枚で足りる?」

    不良A「よゆー、よゆー」

    カヲル「そう」


    彼は財布から一万円札を取り出し、不良たちに手渡した。


    不良B「俺たち、これからゲーセン行くんだけどよ、渚君もどう?」

    カヲル「遠慮しとくよ。家庭教師が待ってるから」

    不良A「ヒュー、家庭教師だってよ」

    不良C「渚君は俺たちと違ってエリートだもんな」

    カヲル「からかうなよ」

    不良A「ひゃはは」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:46:58.75 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-110)
    不良B「んじゃあな、渚君」

    カヲル「うん、またね」


    不良たちが去っていく。
    後に残される二人。


    シンジ「……」

    カヲル「……」


    無言のまま、時が流れる。
    僕は、謝礼の言葉を伝えるため、口を開く。


    シンジ「あの」

    カヲル「……」

    シンジ「助けてくれて、ありがとう」

    カヲル「……」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:49:06.39 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-134)
    カヲル「勘違いするなよ」


    しかし、彼は冷たく言い放つ。


    カヲル「キミみたいなウジウジしてるやつ、大っ嫌いなんだ」

    シンジ「……」

    カヲル「助けた? ……冗談じゃない。僕の友達が、無駄な時間を過ごしているのが気に食わなかっただけだ」

    シンジ「でも」

    カヲル「―――うるさいなッ!」

    シンジ「……っ!」


    突き飛ばされる。
    16 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:52:05.70 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-193)
    カヲル「気安く僕に話しかけないでくれないか。虫唾が走る」


    うんざりするような表情を浮かべたその顔を、じっと見つめる。


    カヲル「なんだよ、その目は」

    シンジ「……別に」

    カヲル「言いたいことがあるなら、はっきり言えよ」

    シンジ「ないよ、そんなこと」

    カヲル「じゃあ、気持ち悪い目で、僕のことを見るな!!」


    助走をつけた蹴り。
    避けることなど叶わず、なすがまま、その蹴りを体に受ける。


    シンジ「ぐあ゛っ!」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:54:05.46 ID:j33QAIuS0 (+22,+29,-12)
    アリエールカヲル
    18 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:54:06.33 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-125)
    カヲル「はぁっ、はぁっ……」


    直接的な暴力に慣れていないのか、彼の息は上がっていた。


    カヲル「ここまでやられて、反撃しないのかよ」


    僕はなにも答えない。


    カヲル「なに考えてるんだよ、キミは」


    僕はなにも応えない。


    カヲル「―――もういい」


    舌打ちを残し、彼が去っていく。
    その背中を見送る。
    19 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:56:29.72 ID:RQYZV6Ta0 (+10,+22,+0)
    なにこれ
    20 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:56:55.84 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-79)
    静寂の中、つぶやく。


    シンジ「行った、か」


    すると、体の節々が痛んだ。


    シンジ「いてて」

    シンジ「今日は、こっぴどくやられたなぁ」

    シンジ「顔にやられてないだけ、マシか」


    シンジ「……」

    シンジ「まぁ、僕に遠慮してってわけじゃなく」

    シンジ「大事にしないためなんだろうけど」

    シンジ「あはは……頭、いいなぁ」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 20:59:32.60 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-126)
    改めて、僕は彼のことを思い浮かべる。


    シンジ(渚カヲル)

    シンジ(僕とは違う学校に通っている)

    シンジ(病院経営もしている医者夫婦の一人息子で)

    シンジ(テストでは、常に学年一位)

    シンジ(友人関係は広く、教師からの信望も厚い)


    しかし。


    シンジ(裏では不良との付き合いがある)

    シンジ(お金を渡すことで、ボディガード扱いにしてるのかもしれない)

    シンジ(タバコを吸っているところも、見かけたことがあったっけな)


    シンジ「……」

    シンジ「そろそろ、家に帰らないと」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:01:24.01 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-58)
    シンジ「ただいま」


    帰宅の挨拶を済ませる。
    返事はない。


    シンジ「おばあちゃん、どこ?」


    唯一の同居人である、祖母の所在を確かめるため、家の中を彷徨う。


    シンジ「……」

    シンジ「……」


    シンジ「おばあちゃん?」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:02:46.04 ID:RQYZV6Ta0 (+27,+29,-19)
    アスカ→女
    シンジ→男
    カヲル→不良D

    なぜ、エヴァなんだ
    24 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:03:08.69 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-76)
    シンジ「あっ」


    彼女は、台所にいた。


    シンジ「ただいま、おばあちゃん」

    祖母「……」

    シンジ「なにやってんだよ、こんなところで」


    僕の存在に気付き、振り向く。


    祖母「……おお、シンジ。シンジじゃないか」

    シンジ「そうだよ、僕だよ」

    祖母「どこに行ってたんだい?」

    シンジ「学校だよ。決まってるじゃないか」

    祖母「そうかい、そうかい」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:05:23.45 ID:++qshlvhO (+14,+24,-2)
    誰だよこのばばあ
    26 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:05:47.06 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-83)
    シンジ「今、ご飯作るからね」

    祖母「……」

    シンジ「どうしたの?」


    もう一度、僕に気付いた彼女が尋ねる。


    祖母「おや、シンジじゃないか。いつ帰ったんだい?」

    シンジ「さっきだよ」

    祖母「で、どこに行ってたんだい?」

    シンジ「学校だよ」

    祖母「ああー、学校!」

    シンジ「うん」

    祖母「いいねぇ、学校……懐かしいねぇ」

    シンジ「そっか」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:08:01.27 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-72)
    シンジ「今からご飯、作るからね」

    祖母「……」


    また黙りこくってしまった。
    普通の状態と、このような状態を、彼女は繰り返す。


    シンジ「おばあちゃんは、居間で待っててね」

    祖母「……」


    聞き分け良く、居間へと向かった。


    シンジ「ふぅ」

    シンジ「じゃあ、さっさと作っちゃおうかな」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:10:35.59 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-98)
    数十分後、出来た料理を居間へと運ぶ。


    シンジ「ご飯出来たよ」

    祖母「……」


    返事はない。


    シンジ「おばあちゃん」


    もう一度語りかけると、彼女は僕に気付いた。


    祖母「おや、シンジ。学校はもう終わったのかい?」

    シンジ「うん」

    祖母「それはよかった。学校なんて、懐かしい」

    シンジ「そっか。ご飯、冷めない内に食べようね」

    祖母「いつもすまないねぇ」

    シンジ「気にしないで」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:11:02.30 ID:CahQqAF80 (-9,+2,+0)
    続けろ
    30 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:12:11.71 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-82)
    向かい合い、食卓に並んだ料理を黙々と口に運んでいく。
    しばらくして、彼女が尋ねてくる。


    祖母「今日はどこに行ってたんだい?」

    シンジ「学校だよ」

    祖母「そうかい、そうかい」

    シンジ「お婆ちゃんはなにしてたの?」


    しかし、その瞳は虚空を見つめていた。


    シンジ「……まぁ、いっか。そんなこと」

    祖母「……」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:13:29.70 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-56)
    シンジ「ごちそうさまでした」

    祖母「……」

    シンジ「おばあちゃんも、もういいよね?」


    返事はない。


    シンジ「片付けるよ」

    祖母「……」

    シンジ「よいしょっと」

    祖母「シンジ」


    食器を運ぼうとすると、名前を呼ばれる。


    シンジ「ん、なに?」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:15:19.98 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-43)
    祖母「ご飯、美味しかったよ」

    シンジ「……!」


    料理の感想を言われたのは、初めてだった。


    シンジ「そっか、ありがとう」

    祖母「ええ、ええ」

    シンジ「ふふっ」


    彼女が嬉しそうで、僕も嬉しかった。


    シンジ「~♪」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:15:22.59 ID:k2bulxpL0 (-27,-15,+0)
    34 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:16:12.17 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-162)
    翌日、学校の教室。
    教室の外にまで漏れている話し声。


    ケンスケ「でな、そこで敵勢力の機体がグワーッっと!!」

    トウジ「……」

    ヒカリ「……」


    ケンスケ「なんだよ、その無反応っぷり」

    トウジ「そら、好きでもないロボットアニメのことを延々語られてもなぁ」

    ヒカリ「正直、反応に困る……かな」

    ケンスケ「なんでだよ! ロボは男のロマンだろぉ!?」

    トウジ「いや、わからん」

    ヒカリ「私、女だし」

    ケンスケ「そんなぁ……」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:18:48.86 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-105)
    賑やかな場所に入るのをためらうのは、いつものことだ。
    扉を開く。


    シンジ「……」

    ヒカリ「碇君、おはよ」


    すぐに、僕の姿を確認した洞木ヒカリが話しかけてくる。


    シンジ「……おはよう」

    ヒカリ「今日は、いつもより遅いね」

    シンジ「普通だよ」

    ヒカリ「そっか」

    シンジ「もう、いいかな?」

    ヒカリ「あ、うん」

    シンジ「……」


    話を打ち切るようにして、足早に自分の席へと向かった。
    36 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:20:13.43 ID:CahQqAF80 (-27,-15,+0)
    37 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:20:31.22 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-198)
    小さな声。
    しかし、どうにか聞こえてしまうほどの会話。


    ケンスケ「なぁ、委員長」

    ヒカリ「なに?」

    ケンスケ「誰彼無しに挨拶するの、やめようよ」

    ヒカリ「どうして?」

    ケンスケ「どうしてって……」

    ヒカリ「挨拶するのは、悪いことじゃないでしょ?」

    ケンスケ「そうだけどさぁ」

    ヒカリ「鈴原も、そう思うよね?」


    トウジ「わ、ワシか? ワシは……」

    ケンスケ「トウジは、それ以前に委員長が他の男と話すのが嫌だもんな」ボソッ

    トウジ「ん、んなこと言っとらんやろ!」

    ヒカリ「?」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:23:56.52 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-176)
    ケンスケ「大体さぁ、碇って……あれじゃん?」

    ヒカリ「あれって?」

    ケンスケ「暗いっていうか、浮いてるっていうか」

    ヒカリ「それは挨拶しちゃいけない理由にはならないわ」

    ケンスケ「ただ暗いだけならな。でも、あいつって……自発的にそうしてるっていうか」


    トウジ「なんやそれ」

    ケンスケ「うまく説明できないけどさ、自分から浮くようにしてるように見えるんだよ」

    トウジ「ふーん」

    ケンスケ「話しかけるなオーラっていうのかな。そういうの、まとってるだろ」

    トウジ「あー、ちょっと分かるわ」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:27:23.85 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-111)
    ヒカリ「……じゃあ、私が挨拶するのって、間違い?」

    ケンスケ「いや、あくまで俺が勝手にそう思ってるだけだからさ」

    トウジ「ま、同じ根暗仲間として、気持ちが通じるってとこやろ」

    ケンスケ「そうそう、本気出したら俺なんて一言もしゃべらない……って根暗じゃないからな!?」

    ヒカリ「あはは」




    シンジ「……」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:29:26.73 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-112)
    三人の会話を聞いて、僕は思う。


    シンジ(洞木ヒカリ)

    シンジ(鈴原トウジ)

    シンジ(相田ケンスケ)


    シンジ(普通の学生)

    シンジ(普通のクラスメイト)


    シンジ(タイプの違う三人)

    シンジ(でも、とても仲が良い三人)

    シンジ(だから、彼らはクラスの中心として活動することが多い)

    シンジ(だから、彼らはクラスのみんなと仲が良い)

    シンジ(……僕を除いて)


    シンジ「……」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:31:07.78 ID:rA7KOOzk0 (+28,+30,-16)
    ぶっちゃけシンジがぼっちとかありえん超美少年だぞ
    42 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:33:14.23 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-51)
    昼休み、僕はお弁当を持って教室を出た。


    シンジ(今日は、どこで食べようかな)

    シンジ(教室は、ちょっとなぁ)

    シンジ(……)


    シンジ(屋上は、今日も開いてるかな)

    シンジ(開いてたら、いいんだけど)


    そして、一つの団体を見かける。


    シンジ「……あ」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:35:13.17 ID:w8Y9kikt0 (+25,+30,-26)
    なんかカオル君はイケメンすぎだぜひゃっはーって話多いけど
    シンジも十分すぎるほどイケメンなんだよな
    44 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:35:32.69 ID:TY86jUIT0 (+26,+28,-2)
    そんな設定あったっけ?
    45 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:35:52.42 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-164)
    アスカ「あーもう! うっとおしい!」

    子A「そうよ、あんまりアスカに近づかないでよね」


    団体の中央には惣流・アスカ・ラングレー。
    それを女子が囲み、少し距離を置いて、男子達が取り巻いている。


    取り巻きA「いやぁー、いいじゃないですか、一緒にお弁当くらい」

    取り巻きB「そうそう、減るもんじゃないし」

    取り巻きC「アスカ様―!」


    アスカ「うえぇ……」

    子A「キモーイ!」

    子B「アスカ、いこいこ!」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:36:26.97 ID:rA7KOOzk0 (+36,+30,-16)
    >>44
    クラスの女子「キャーいかりくーん」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:37:04.75 ID:TY86jUIT0 (+37,+29,-15)
    >>46
    ありゃエヴァのパイロットだからじゃねーの?
    48 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:38:27.38 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-182)
    一風変わった光景を目にしながら、僕は思う。


    (惣流・アスカ・ラングレー)

    (アメリカの大学を卒業してるんだっけ)

    (でも、親が日本へ越してくると同時に、この中学へ転入)

    (早く日本に馴染むため……だとか)


    (性格以外は完璧だから、男子にカルト的人気がある)

    (……いや、その性格がむしろ人気の秘訣なのかもしれない)


    (そういった要素を除けば、ごくごく普通の女子生徒だ)

    (実はマザコンって噂を聞くけど)


    (……)
    49 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:40:49.45 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-65)
    アスカ「―――ちょっと」


    ふと気付くと、目の前に顔があった。


    アスカ「私のこと、じっと見てんじゃないわよ」

    シンジ「み、見てないよ」


    慌てて否定する。
    彼女は納得しない。


    アスカ「ウソ言わないで」

    シンジ「嘘じゃないよ」

    アスカ「ホントにぃ?」

    シンジ「ほんとだよ」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/12/17(月) 21:43:44.85 ID:0OjB7yPpP (+95,+30,-68)
    彼女は僕の顔をジロジロと見つめる。
    嘘は慣れている。特におかしな振る舞いをしたつもりはないのだけれど。

    そして、彼女が言う。


    アスカ「アンタ、どっかで会ったことある?」

    シンジ「……!」


    僕は驚愕した。
    しかし、動揺を表に出してはならない。


    シンジ「……いや、話したのは初めてだよ」

    アスカ「また、ウソ言ってない?」

    シンジ「同じ学校の生徒だし、勘違いすることもあるよ」

    アスカ「……」
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について