のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,044,925人
912,394,345頁
昨日:1,045人
1,637頁
今日:590人
932頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「スタンフォード監獄実験?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - アイドルマスター + - 拷問 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    152 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 11:37:03.06 ID:u6iXVmM4O (-7,+7,-2)
    はげ
    153 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 11:41:57.40 ID:CdHYft4D0 (-4,+7,-1)
    154 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 11:51:09.90 ID:7vN4nXMy0 (-7,+7,-1)
    155 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 11:58:53.34 ID:JJbnssQY0 (+15,+27,+0)
    おちるぞ
    156 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:08:57.14 ID:q10Lr+xM0 (-7,+7,-1)
    157 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:15:47.87 ID:t+YIbTuKi (-9,+5,+0)
    ほしゅ
    158 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:17:19.01 ID:n9ok2Pw/0 (+27,+29,-28)
    この1は前にP「定期的にアイドルへの態度を変える」も書いてるはず
    159 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:23:54.58 ID:/QS/R5zk0 (-7,+7,-1)
    160 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:24:51.92 ID:iSRBQ14w0 (+24,+29,-16)
    独房って聞くとボールを壁あてしたくなるな
    161 : 保守サンクス - 2012/12/02(日) 12:31:02.78 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-142)
    3日目 15:00
    春香「運動の時間ですよ」

    真美「……おなか減ってあんまり動きたくないんだけど」

    貴音「しかし、動かなければ体は弱ってしまいます」

    千早「……行きましょう、真美」

    あずさ「本当に体がおかしくなっちゃうわね……」

    小鳥「亜美ちゃん、美希ちゃん?」

    亜美「……・」

    美希「……」

    春香「二人は寝てるんですか?」

    真美「……いいよ、いこ」



    亜美「……ねぇミキミキ」

    美希「……どうしたの亜美」

    亜美「ミキミキも、狙ってるんでしょ。看守との交換」

    美希「……うん、ミキはプロデューサーと話をして、これをやめさせたいの」
    163 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:33:40.64 ID:LkevbAcD0 (+6,+21,-1)
    来たか・・・
    164 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:36:00.22 ID:CWb9vNaN0 (-17,-5,-2)
    保守するぞ
    165 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:36:49.59 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-181)
    亜美「……でも亜美たちってひどいことしちゃったよね」

    美希「うん……」

    亜美「どうにかして、止められないかなぁ」

    美希「きっと無理なの……プロデューサーは社長がお金をかけてる、って言ってたし」

    亜美「……もうやだよこんなの」

    美希「だからミキは他のみんなに今だけ怒られてもいいから、看守になるの」

    亜美「……でも、それは亜美も負けないよ」

    美希「……それじゃ運動しに行く?」

    亜美「そだね……」


    春香「運動時間は終わりです」

    亜美「え……」

    貴音「亜美たち、起きたのですね」

    真美「……」

    美希「あ、明日まで体を動かせないの……?」

    春香「そうだね。時間で決まってるから」
    166 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:43:16.10 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-196)
    3日目 18:00
    「夕飯だよ」

    亜美「待ってました!」

    真美「……」

    亜美「あれ? どしたの真美……」

    バシャッ

    亜美「あっ……な、何するんだよ!!」

    真美「亜美とミキミキはおいしいもの食べたんでしょ……」

    亜美「だからって、わざわざこぼすことないでしょ! 代わりに真美のもらうから!」

    真美「あげるわけないじゃん!」

    亜美「こんのぉ!!」

    美希「あ、亜美……真美……」

    貴音「やめなさい亜美、真美」

    「あまり暴れるようなら別室へ移動してもらうよ?」

    真美「別室……うんわかった。それじゃ真美は別室に行くよ」

    亜美「……真美」
    167 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:50:48.56 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-299)
    真美「えっと、それでまこちん。何か食べさせてくれるんでしょ?」

    P「……囚人はうまくやってるみたいだな」

    真美「に、兄ちゃん?」

    P「残念だが、食べるものはない」

    真美「ど、どうして!? 亜美とミキミキは食べてたんじゃ……」

    P「そういう風に言えばお前たちが他人を信じなくなると思っただけだ」

    真美「……何それ。兄ちゃんは、おかしいと思わないの?」

    P「何度も聞かれているな、その質問。おかしいと思うさ。でもな、これは俺の意思じゃ変えられないんだよ」

    P「囚人はできるだけ囚人の、看守は看守らしいことをして初めて社長の満足が得られるんだ」

    真美「……だからってこんなの」

    P「今日はここで一人で寝てもいいぞ。帰ったら袋叩きにある可能性もあるだろう」

    真美「あ……」

    P「……それじゃあな」

    P(……極限状態においつめられると仲間でさえ裏切り、自らの安全を確保しようとする)

    P(カウンセリング等が必要になってからアイドルなんて、無理ですよ社長 )
    168 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:55:34.40 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-276)
    P「さて3日目も終わる。だがやはり要請は来ていない」

    春香「でも、私たちは看守のままでいいんですもんね」

    P「ただ、ここで一つ発表がある。もう知っている人もいるかもしれないが」

    P「一人ずつ看守と囚人を交換する」

    伊織「なっ!?」

    律子「……それも指示ですか」

    P「そうだ。あくまでも実験のリアリティを追求するために”他人”らしい状況を演出したいそうだ」

    やよい「それで、誰になるんですか?」

    P「それもすでに決定済みだ。亜美と伊織が交代になる」

    伊織「ちょ、ちょっと待ってよ……どうして私なのよ!!」

    P「最も看守らしからぬ行動を取っていた人物だ。逆にあちらは囚人らしい行動を取っていた」

    伊織「だ、だからって……」

    雪歩「……」

    「でも、それってやっぱり看守に居た方が楽だった、って意味でしょ?」

    伊織「当たり前じゃない! あんな、あんな汚いところにいくくらいなら……」
    169 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 12:58:26.07 ID:ABw62Cly0 (+23,+28,-3)
    おお、起きても続いてた支援
    171 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:05:50.06 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-167)
    「でも、このままじゃいつまでたっても変わらないんでしょ?」

    伊織「そ、それはそうだけど……」

    春香「看守は看守らしくしなきゃ、この実験は終わらない。なら、ちょうどいいよね」

    律子「春香……」

    春香「どうせやるなら役になりきって、って最初に言われたことじゃないですか」

    春香「確かに囚人よりは楽だけどやっぱり胸は痛むし……それでもできない人は仕方ないと思う」

    伊織「……」

    P「まあそういうことだ。明日の朝に交代してもらう」

    やよい「伊織ちゃん……」

    伊織「いいのよ……どうせ、こんな企画すぐつぶれるんだから」

    雪歩「……うぅ」

    「……雪歩も気を付けて」

    雪歩「えっ!?」

    「……」

    雪歩「ま、真ちゃん……わ、私……」
    172 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:07:44.16 ID:TupRLkFf0 (-4,+7,-1)
    174 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:14:07.48 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-130)
    4日目 4:00
    貴音「……何人かおりませんね」

    千早「亜美と真美……どうしたのかしら」

    小鳥「確かにあの二人には過酷すぎたのかも……」

    あずさ「あら? 真美ちゃんじゃない?」

    真美「……」

    美希「真美……」

    真美「その……ごめんなさい」

    千早「……まだなんとかなるわ。頑張りましょう」

    真美「千早お姉ちゃん……」

    小鳥「でも亜美ちゃんは?」

    真美「え? 亜美いないの?」

    貴音「……あれは」

    伊織「……」

    真美「い、いおりん!?」

    伊織「……よろしくね」
    175 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:15:37.05 ID:SqLpjmT90 (+19,+29,-12)
    涼ちんちんぺろぺろ
    176 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:24:11.46 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-165)
    4日目 6:00

    真美「嘘……それじゃ亜美は」

    千早「看守としてくるってことね……」

    春香「はーい、朝ごはんですよー」

    小鳥「……亜美ちゃん」

    亜美「……」

    真美「亜美……どうして」

    亜美「早く食べないと、冷めちゃうよ?」

    千早「亜美……でも、指示なんでしょう?」

    亜美「……亜美は看守になりたいからいろいろしたんだ」

    貴音「なんと……」

    美希「……」

    真美「また、また真美たちのこと……」

    春香「いつまでしゃべってるのかな。食べないなら下げちゃうけど」

    伊織「……春香も変わったわね」
    178 : 忍法帖【Lv= - 2012/12/02(日) 13:25:43.04 ID:aazQHeJs0 (+19,+29,-2)
    おお、まだやっていたのか
    支援
    179 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:26:36.04 ID:9Dzev2QK0 (+24,+29,-10)
    何故劇中劇設定にしなかった……

    けどまあたまにはこういうのもいいね
    180 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:27:16.88 ID:ABw62Cly0 (+3,+13,-1)
    しえんぬ
    181 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:29:37.02 ID:KtLW3U1/P (+43,+30,-215)
    春香「違うよ、これが看守としてあるべき姿でしょ? 伊織だって知ってるでしょ?」

    亜美「いおりんだっておいしいもの食べてたんだもんね」

    伊織「それは……」

    千早「……美希と水瀬さん二人は普通の食事をしたことがある」

    小鳥「お、落ち着いて千早ちゃん! この生活になれてるからそういう風に思うだけで……」

    真美「でも、真美達より贅沢してたんだもんね……」

    美希「……」

    貴音「……まずは朝食をいただきましょう」

    真美「亜美のバカ……」

    亜美「……」

    P「看守にはむかっちゃダメじゃないか真美」

    真美「に、兄ちゃん?」

    P「もう下げていいぞ春香。囚人に自由はないんだ」

    春香「……そうですね」

    真美「え、う、嘘だよね兄ちゃん……」
    182 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:33:50.33 ID:KtLW3U1/P (+43,+30,-255)
    真美「う、う、うわああああん!! も、もうこんなのやだよおお!!」

    あずさ「真美ちゃん……私も、私も辛いもの……」

    貴音「……皆限界が来ていますね」

    千早「当たり前じゃない……4日間まともな食事はとれず過酷な労働、体は洗えず……」

    伊織「……」

    千早「……その点、看守は贅沢三昧でしょう?」

    伊織「な、なんで私を見るのよ」

    千早「だって、水瀬さんは贅沢をしてきたのよね? 違う?」

    伊織「で、でも私は看守に見合わないからこっちに送られてきたの。だから春香たちほど食べたりしてない……」

    真美「でも、食べてるんだよね。いおりんはお粥とかパンとかだけで生活してなかったでしょ?」

    千早「トイレは水洗なんでしょう?」

    美希「……まだ服も綺麗」

    伊織「な、なんなのよ……なんなのよあんたたち!!」

    真美「そうやって内心真美たちのこと馬鹿にして……」

    千早「囚人なんかになりたくなかったでしょう? それはそうよ、私たちだってこんな生活今すぐやめたいもの」
    184 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:35:34.15 ID:ABw62Cly0 (+24,+29,-15)
    これ実験終わった後どうなるの
    185 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:38:58.17 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-191)
    真美「……じゃさ、トイレ掃除はいおりんがやってね」

    伊織「トイレって……嘘、これのこと……?」

    千早「そうよ。朝の時間に使える共同トイレ以外はこれ」

    伊織「……」

    真美「臭いもすごくて、でももう慣れちゃった。だからいおりんこれ、慣れるためにさ」

    伊織「い、いや……無理よ、やっぱり無理よこんなの!」

    千早「無理って何? 私たちはこうやって来たの。あなたはもっともっと楽な生活をしてきたんじゃない!」

    美希「……」

    伊織「ちょっとプロデューサー! 出して! お願い、ここから出してよ!!」

    真美「ずるいよいおりん! だったら真美だって! ねぇ兄ちゃん!」

    小鳥「みんな……皆もうやめて……」

    「静かに」

    真美「……」

    「あんまりうるさいと、今度はもっと辛い部屋に連れていくことになるよ?」

    「でも、本当に囚人っぽくなったんだな」
    187 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:42:25.64 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-179)
    千早「貴方たちはそうやって……来なさい」

    「えっ? ち、千早……い、痛い! か、髪引っ張らないで!!」

    千早「貴方たちもこっちにくればわかるの……さぁ、さぁ」

    「痛い! 痛い痛い痛い!!」

    千早「そんなもんじゃないわ、私たちの痛みは……ねぇ、そうでしょ?」

    あずさ「ち、千早ちゃんやめて……」

    「……!!」

    ドンッ

    千早「きゃっ!! い、痛っ……」

    「……囚人が看守に手をだしていいと思ってるの?」

    千早「ま、真……」

    「このことはプロデューサーにも報告しておくから。いこ、響」

    「う、うぅ……あ、うん」

    真美「千早お姉ちゃん……」

    伊織「……」
    188 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:43:09.22 ID:gcNGYqWN0 (+22,+29,-14)
    72やってんだよ千早
    189 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:43:13.82 ID:QOfVlOPY0 (-7,+7,-1)
    190 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:43:47.45 ID:ABw62Cly0 (+25,+30,-30)
    真はガチ看守に染まってるな
    191 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:45:45.53 ID:8OrdKtxk0 (+14,+29,-13)
    千早はマゾ
    192 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:46:10.98 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-141)
    やよい「えっと、これお昼ご飯です……」

    小鳥「さっき食べられなかったからもうおなかが空いちゃって……」

    真美「ピヨちゃん……真美のせいだって言うの?」

    小鳥「え? ち、違うの! そういうことじゃないわ!」

    真美「……」

    貴音「……相当気が立っているようです、刺激なさらぬよう」

    小鳥「え、えぇ……気を付けるけど……」

    千早「……私の分は」

    やよい「千早さんの分はない、って言ってました」

    千早「……」

    伊織「……千早」

    千早「貴方の分でいいわ、貸しなさい」

    伊織「ちょ、ちょっとこれは私の!」

    千早「今まで食べてきたんだからいいでしょう!」

    伊織「っ! い、いい加減にしなさいよっ!!」
    193 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:49:39.12 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-177)
    千早「あっ……」

    伊織「はぁ、はぁ……私だってね! 今はもうそんな贅沢もできないのよ!」

    あずさ「伊織ちゃん……」

    伊織「自分のこと棚に上げて! 自分だけ得しようなんて思わないことね!」

    真美「……自分は苦労したことないからそういうことが言えるんだ」

    伊織「なんですって……もう一遍言ってみなさいよ!」

    真美「いおりんにはわかんないんだ! どうせお金持ちだから!」

    伊織「この……」

    貴音「いい加減にしてください」

    真美「……」

    貴音「気分が悪くなります、これ以上騒ぐようなら看守に引き渡しますよ」

    伊織「た、貴音……」

    貴音「伊織、気持ちはわかりますが立場をわきまえてください。それくらいわかるでしょう?」

    伊織「……悪かったわよ」

    美希「いやなの……もう、こんな……」
    194 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:51:35.50 ID:3+Jojk4p0 (+19,+29,-14)
    安心したお姫ちんは大丈夫そうだな
    195 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:54:07.88 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-237)
    春香「……どう、真」

    「何が?」

    春香「看守」

    「……でも囚人よりはいいかなって。それに」

    春香「それに?」

    「なんていうか、囚人をビシッ!とおさめたとき、少しなんていうか……楽しいんだよね」

    春香「……真も、だったんだ」

    「えっ? 春香も?」

    春香「うん、でも私たち間違ってないんだよね? そうした方がこの実験は早く終わるんだし」

    「うん、そうだよ。でも、誰か一人でも従わないと、ダメだから」

    春香「……看守で言ったら、律子さんとやよい、雪歩あたり?」

    「後の二人はいいんだよ、問題は律子じゃないかな」

    P「何だ、会議か?」

    「あ、プロデューサー。看守らしくない人を看守にするには、どうすればいいですかね?」

    P「そうだな、単に看守の仕事を強制すればいいんじゃないか?」
    196 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 13:57:59.88 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-151)
    律子「え? 私?」

    P「亜美と春香と一緒に囚人を見張るんだ」

    律子「……」

    P「気が進まないのか」

    律子「……あの子たち、結構衰弱してますよ。本当に大丈夫なんですか?」

    P「まあ確かに怪しくなってきたし、ビタミン剤の配布を行う予定だ」

    律子「……やっぱり狂ってますよ」

    P「うん、それを牢屋の前で話していればいいんじゃないか?」

    律子「……」




    真美「……りっちゃん」

    律子「……」

    春香「見回りですから、気にしないでくださいね」

    千早「……亜美」

    亜美「……」
    197 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 14:05:48.88 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-175)
    真美「……どう? そっちは楽でしょ、亜美」

    亜美「……まあね」

    美希「亜美……」

    亜美「ごめんね、ミキミキ」

    美希「謝るくらいなら……交代してほしいの」

    亜美「そんなこと言われたって……」

    美希「ミキなら変えられたの! プロデューサーのこと説得できたの!!」

    亜美「わかんないじゃんそんなの……」

    美希「亜美はもうそっちで安心できるからそういうことが言えるの……こっちのみんなのこと、何も思ってない」

    伊織「……亜美」

    亜美「いおりんがそっちにいったんだっけ。どう?」

    伊織「……最悪よ」

    亜美「そんなこと言ったら、怒られちゃうでしょ」

    伊織「……」

    亜美「……やっぱりそっちよりはいいよ、こっち」
    199 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 14:08:56.88 ID:KtLW3U1/P (+45,+30,-188)
    ガシャッ
    千早「ふざけないでよ……」

    亜美「千早お姉ちゃん……」

    千早「私たちが何をしたっていうの……どうしてあんなひどいことをした亜美が!!」

    亜美「知らないよそんなの……」

    千早「許さない……私は許さないわ」

    亜美「……ねぇねぇはるるん、こういうのって罰とか与えられるんだよね」

    あずさ「亜美ちゃん……」

    美希「いい加減にするの亜美……」

    亜美「もう何を言ったって亜美の勝手でしょ! いくら言われたってこのままなんだもん!」

    真美「亜美ぃ!!!!」

    千早「来なさい……亜美、こっちに来なさいよ……」

    律子「あ、亜美も煽るのを辞めなさい! ほら、千早も落ち着いて……」

    千早「同情するくらいなら、助けてよ律子」

    律子「あ……」

    千早「ほら、こっちに来なさいよ!!」
    200 : 以下、名無しにか - 2012/12/02(日) 14:09:07.80 ID:KiHyXPFO0 (+12,+19,-1)
    なんか怖いこのスレ
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - アイドルマスター + - 拷問 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について