のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,559,951人
911,669,071頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:4,083人
4,626頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「春香が地下鉄の中に…?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:03:14.33 ID:ZW/skq2o0 (+125,+30,-155)
    ~某山中腹~


    春香「うわぁ…すごい紅葉だねぇ。」

    千早「ほんとね…どうせならここでロケすればいいのに。」

    春香「だよねぇ。これ見た後に屋内で撮影ってちょっとテンション下がっちゃうかも…」

    千早「ふふっ でも仕事は仕事よ。」

    春香「そうだね… あ、ねぇ、今度また二人で見に来ない?」

    千早「いいわね。じゃあ今週末にでも。」

    春香「やった。」

    春香「あぁ、でも今もう少し見ていたい気分だなぁ…」

    千早「仕事遅れたらプロデューサーにどやされるわよ?」

    春香「あはは…そだね。」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:04:33.17 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-118)
    春香「じゃあ、ちょっとだけゆっくり歩いていこうよ。」

    千早「ええ。それくらいなら。」

    春香「大丈夫だよね。」

    千早「ふぅ…なんか久しぶりね。ゆったりできるの。」

    春香「ここのとこレッスンと仕事がたくさん入ってたから。」

    千早「そういえば春香、最近凄い勢いで個人レッスンとかやってもらってるわよね。」

    春香「うん。みんなに置いてかれないように頑張らないと。」

    千早「頑張るのはいいけど、体壊したら元も子もないんだから。気をつけたほうがいいわ。」

    春香「うん。ありがと。」

    千早(春香は時々とんでもない無茶するから…)
    3 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:06:46.07 ID:ApWmxIBG0 (+19,+29,-12)
    涼ちんちんぺろぺろ
    4 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:07:44.70 ID:/m3SKRYO0 (-27,-15,+0)
    5 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:08:04.28 ID:3NIU3HXT0 (-17,-12,-2)
    vipでやんな死ね
    6 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:09:53.26 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-174)
    春香「ん?何?」

    千早「ううん。」

    春香「そっか。ねぇ千早ちゃん?」

    千早「ん?」

    春香「さっきから何聴いてるの?それ。」

    千早「ああ、これ?私の好きな歌手の歌よ。」

    春香「へぇー。千早ちゃんが好きな歌手か…物凄く上手いんだろうなぁ。」

    千早「そうでもないわ。というか寧ろ、技術で言うならまだ発展途上の人よ。」

    千早「でも感情表現が豊かで、それでいて素朴な飾らない歌い方をする人で。そこが気に入ってるの。」

    春香「う、うん?そっか、ちょっと意外かも。」

    春香(なんかよくわからないけど難しい…)
    7 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:14:18.97 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-141)
    春香「ね、ちょっと聴かせてよ。」

    千早「ふふっ ダメよ。」

    春香「ちょっとだけ。お願い。」

    千早「これは私だけの宝物だから、ダメ。それに、ちょっと恥ずかしいわ。」

    春香「恥ずかしい?恥ずかしいような曲なの?」

    千早「違うわよ。」ピシッ

    春香「あぅっ 痛いよ千早ちゃん…」

    千早「自分のプレーヤーを見られるのって、なんか恥ずかしくない?」

    春香「あー、そうかな?そういわれるとそうかも…」

    千早「そういうこと。決して恥ずかしい曲というわけではないわよ。」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:20:28.63 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-167)
    春香「目が怖いよ千早ちゃん…」

    千早「春香が変なこと言うからよ。」

    春香「えへへ…ごめんごめん。」

    千早「…この曲はね、落ち込んだときによく聞く曲なの。」

    春香「そうなの?」

    千早「ええ。この曲を聴いてるとね、元気がもらえる。」

    千早「だから辛いときはこの曲と…これを歌ってる人に支えてもらうのよ。」

    春香「へえー。聴いた人を勇気付けてあげられるなんて、凄い歌だね…」

    春香「誰かに元気をあげられる歌かぁ…ますます気になるなぁ。」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:27:03.42 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-164)
    春香「Jポップ?」

    千早「ええ、といってもそこらの曲とは違うのよ。」

    春香「Jポップも結構いい歌あると思うんだけどな…」

    千早「この曲は変に気負ったところがなくて良いわ。」

    春香「へぇ…ねぇねぇ、その曲歌ってる人くらい教えて?」

    千早「この曲を歌ってる人?」

    春香「うんうん。」

    千早「そうねぇ。じゃあヒントをあげるわ。」

    春香「ヒント? うん。」

    千早「歌ってる人は、この歌にそっくりな気がする。きっとこの人自身も、純朴な人柄の人なんでしょうね。」

    春香「そうなんだ…  え、今のヒント?」

    千早「…ちょっとヒントらしくなかったかしら。」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:29:08.67 ID:hU93DX2C0 (-27,-15,+0)
    11 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:32:43.74 ID:ZW/skq2o0 (+93,+30,-112)
    千早「でも、ありのままで居られる人って、素敵じゃない?」

    春香「うーん…ありのまま…そうかな。」

    千早「そういう人って私大好きよ。」

    春香「あれ、もしかしてそのアーティスト、男の人なの?」

    千早「…」ペシッ

    春香「あぅっ… また叩いたー…」

    千早「バカなこと言わないの。」

    春香「ごめんなさーい。」

    千早「もう…」

    千早「ところで春香。」

    春香「うん?」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:41:10.70 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-166)
    千早「もみじがたくさん植わってたところ、もうとっくに終わってるわよ?」

    春香「え?うそ?あ、ほんとだ、なんか青々してる…話に夢中になってる間に終わっちゃったのかな…」

    千早「春香にはまだ鑑賞は早いんじゃない?」クスクス

    春香「そんなお子様じゃないよぅ。」

    千早「どうだか。」

    春香「もー 千早ちゃんが大人すぎるんだよ…」

    千早「何を言ってるのよ。」

    春香「だって千早ちゃんって大人っぽいじゃん。」

    春香「冷静だし、メリハリがあるし、こう、出来る大人って感じ。」

    千早「そう…かしら?」

    春香「いいなぁ。私とは正反対だよ…」

    千早「それは、春香のいいところだと私は思うけど。」

    千早「冷静な春香って…なんか違う気がするわ。」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:46:35.68 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-111)
    春香「ええっ それちょっとひどくない?」

    千早「春香は春香のままが一番ってことよ。」

    春香「えっ…」

    春香「なんか、そう言われると…ちょっと嬉しいかも。」

    春香「えへへ。」

    千早「すぐ転ぶところとかは直したほうがいいと思うけど。」

    春香「そんなに私転んでるかな?」

    千早「少なくとも、私は記憶にある限りほとんど転んだことないわよ。」

    春香「え、そうなの?」

    千早「というか、それが普通だと…」

    春香「うぅ…そうなんだ…」

    千早(今まで周りも同じように転ぶと思ってたのね…)
    15 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:51:11.81 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-85)
    春香「あっ!」

    千早「どしたの?」

    春香「ちょっと嫌な予感が…」

    千早「?」

    春香「…やっぱりない…」

    千早「何か忘れ物?」

    春香「…うん。」

    千早「何忘れたの?」

    春香「ロケの台本…」

    千早「え…何やってるのよ春香…」

    春香「うわぁ…さっきお昼食べたときに席に置いたままだ…」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 13:57:48.38 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-131)
    千早「どうするの?取りに帰るとちょっと時間的にギリギリになるわよ。」

    春香「まだ一時間ちょっとある…走れば間に合いそう。」

    春香「ごめん千早ちゃん、私取りに帰るから、先行ってて?」

    千早「一人で大丈夫?結構入り組んだ道だったけれど。」

    春香「さすがに忘れものくらいは一人で取りに行けるよ。」

    春香「千早ちゃんまで遅刻しちゃったら大変だし。」

    千早「そう…じゃあ先にスタジオ行ってるわ。気をつけてね。転ばないように。」

    春香「うん。すぐ追いつくから。」

    千早「ええ。」

    春香「よしっ。じゃあ取りに行ってくるね。」タッタッタッ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:05:37.37 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-156)
    ---------------------------------------
    ----------------------------
    -----------------

    ~某所地下鉄~

    『ドア閉まります。ご注意ください。』

    春香「はぁ…はぁ…間に合ったー…」

    春香「よかった…すぐ見つかって。」

    春香「時間は…あ、結構余裕あるね。」

    春香「私ちょっと足速くなったのかも。」

    春香「ふぅ。座って一息つこっと。」

    『ご利用の電車は、○○方面行き普通です。』

    『終点まで各駅に停車します。』

    春香「そういえば千早ちゃんはもうスタジオついたのかな。」

    春香「見たかんじ、この電車には乗ってないっぽい。」

    春香「…この前に何本かあったから、そっちに乗ってるよね。きっと。」

    春香「メールしとこ。」パチッ
    18 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:09:17.51 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-120)
    春香「あれ、電池だいぶ減ってる。」

    春香「そいえば地下にいるとちょっと早く減るって誰かが言ってたっけ。」

    春香「…よし。千早ちゃん気付くかな…?」

    春香「…」

    春香「ふぁぁあ…」

    春香「走ったからかな…ちょっと眠いや…」

    春香「まだ結構あるし、寝ちゃおうかな。」

    春香「えい…」

    春香「…」

    春香(あ…結構すぐ眠れそうかも…)

    春香(…)

    春香「すぅ…すぅ…」

    春香「…」

    春香「…」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:11:44.55 ID:uuQ1vPQY0 (+29,+29,-6)
    地下早く減るってまじかよ知らなかった
    20 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:15:33.50 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-131)
    ---------------------------------------
    ----------------------------
    -----------------




    ギギィィッ
    ガタンッ


    春香「うわっ」ゴツンッ

    春香「いたた…あれ、急に電車止まっちゃった。」

    春香「駅…じゃないみたいだけど。」

    春香「どうしたんだろ。」

    春香「もう終点近いのかな…すごい静か。」

    『お客様にお知らせいたします。』

    春香「あ、アナウンスだ…」

    『列車の電力取り入れ装置故障の為、只今停車をしております。』

    『復旧のめどが立ち次第、御連絡をさせていただきます。』

    『お忙しい中、真に申し訳ございません。復旧まで暫くお待ちください。』
    21 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:16:04.81 ID:5fmcTBdD0 (+14,+29,-4)
    まさか如月駅に……
    22 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:18:28.18 ID:HjoxyMa60 (+28,+29,-20)
    >>19
    圏外だと電波探すからその分な
    あと移動中も基地局変わるたびに電波探すから減る
    でも今はどうなのかね、昔は結構違った様に思うけど
    23 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:19:24.25 ID:u1m57wieO (+24,+29,-1)
    我が名はレギオン…
    24 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:20:42.62 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-122)
    春香「へぇ。電車って壊れるんだ…珍しいもの見ちゃった。」

    春香「なんかいいことあるかも。明日千早ちゃんに話してあげよ。」





    春香「…まだかなぁ。ちょっと時間がやばいかも。」

    春香「修理っていうからうるさいのかと思ったら、すっごい静か…」

    春香「なんか誰も車両にいないと広く見えるなぁ…」





    春香「…すぅ…すぅ…」zzz

    春香「んぅ…あれ、寝ちゃってた…?」

    春香「今何時だろ。携帯携帯…」パチッ

    春香「うそっ!?もう撮影始まってる時間!あわわ…どうしよう。」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:26:29.78 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-114)
    春香「と、とりあえずプロデューサーさんに電話を…」パチッ

    -圏外-

    春香「地下って電波届かないんだった…どうしよう」

    春香「とりあえず次の駅で降りて早く電話しないと。」





    春香「まだかな…もう一時間以上たってるけど、あれからアナウンスもないし。」

    春香「寝てる間にあったのかな。」

    春香「誰かに聞いてみよ。」

    春香「…あれ?隣の車両にも誰も居ない…」

    春香「…こっちも誰も居ない。」

    春香「えー…もしかして私一人?」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:29:01.55 ID:0iRP21rE0 (+24,+29,-10)
    きさらぎ駅はなー・・・
    前に春香がきさらぎ駅に行く話あったな
    27 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:34:36.05 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-52)





    春香「まーだっかなー。まーだっかなー。」

    春香「さすがにそろそろだよね。車掌さん修理頑張って…」





    春香「うーん…さすがにそろそろ本当にやばいよ…」

    春香「修理ほんとに進んでるのかな。何もさっきから音がしないけど。」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:36:20.81 ID:/m3SKRYO0 (-3,+0,-1)
    そしてABの世界に
    29 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:41:09.50 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-153)




    春香「…ちょっとおかしいよ。」

    春香「もう四時間近くたってる。修理するみたいだったけど、何も音しないし…アナウンスも入らないし…」

    春香「もしかしてさっきの衝撃で車掌さん、怪我して動けなくなっちゃったのかな…」

    春香「どうしよう。先頭車両、行ってみようかな…」

    春香「後尾の車掌室には誰も居ないし。」

    春香「後ろの電車もきっとこの線路通れなくて困ってるだろうし…いってみようかな。うん。」スッ

    コツ コツ コツ

    春香「うわぁ…ほんとに誰もいないや。」

    春香「いつもなら終点まで乗ってく人けっこういるのにな…」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:45:41.93 ID:3NIU3HXT0 (+18,+24,+1)
    >>28
    やめろよ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:50:52.37 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-158)
    春香「これ何両目だろ。一番後ろにのったから…これが前から2両目かな?」

    春香「もうすぐだね。よし。」

    ブツンッ

    春香「ひゃああぁああっ!?」

    春香「なに?く…暗い!?あれ、電気が…」

    春香「と、とりあえず落ち着かないと・・・深呼吸深呼吸…」

    春香「あ…そっか、壊れたのは電力を取り入れるとこだっけ。バッテリーが切れたのかな・・・あるのか知らないけど。」

    春香「そうだ、携帯にライトがあったはず。」

    春香「…薄暗いと余計怖いような気もするけど…躓いたら大変だし。えい。」カチッ

    春香「よし、ついた…」

    春香「ぅぅ…やっぱり余計怖いよぅ…」

    春香「ん?」

    春香「今何か、人影が見えたような…」

    春香「あれ、あそこに居るの、もしかして人?」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:57:13.62 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-156)
    春香「やった。人だ!よかったぁ。私一人だったらどうしようかと思ったよ…」トコトコ

    春香「あれ?暗くてよく分からないけど、あの髪型…なんか千早ちゃんに似てる…?」

    春香「それに手に持ってるのは…楽譜だよね。」

    春香「しかも、タイトルが「蒼い鳥」って、間違いないや。千早ちゃんだ!」

    春香「先に行ってるって言ってたけど…この前の電車が満員だったのかな。」

    春香「まぁいっか。千早ちゃーん!こっちこっち!同じ電車だったんだね!」タッタッタッ

    春香「千早ちゃん!ああ、一緒でよかったぁ… あれ…千早ちゃん?」

    春香「音楽聴いてるのかな?千早ちゃんってばー。」

    春香「おーい千早ちゃ…」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:57:49.27 ID:GdpbucWj0 (+19,+29,-13)
    独り言がこわい
    34 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 14:59:16.07 ID:aEkstFqQ0 (+14,+29,-1)
    あー如月か
    35 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:02:30.73 ID:oBCskgED0 (+12,+27,+0)
    なんだこれ恐怖
    36 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:03:35.19 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-167)
    ドサッ

    春香「ひっ…」

    春香「千早ちゃんじゃ・・・・ない?首が…」

    春香「なにこれ…」

    春香「土?みたい… どうして土の人形なんかがこんなとこに・・・」

    春香「よりにもよってこんなときに見つけちゃうなんて…足が震えて動けないや…」

    春香(あれ、なんだろう、背中がすごい、ぞわぞわする…)

    春香「うぅ…もうライト消そう…先頭車両に行けば車掌さんがきっと…」

    コツ コツ コツ

    春香「なんだろ…この先が一両目のはずなんだけど…」

    ギィィッ

    春香「えっ…すごいドアが重い…」

    春香「空いたけど、大丈夫だよね…」

    春香「うん。頑張れ私っ。」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:07:04.79 ID:v25BJHIi0 (+4,+14,-1)
    サイレントヒル?
    38 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:08:50.71 ID:VZxxmV5D0 (+29,+29,-17)
    どうしてハルカさんだけいつも怖い目に合うんですか
    39 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:09:10.60 ID:MbsnmmOU0 (+19,+29,-13)
    ナナシノゲエムみたい
    40 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:10:00.29 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-198)
    コツッ コツッ コツッ

    春香「何ここ。すごい寒い。」

    春香「でもあと少し…あと少しで運転席だ…」

    春香「よかった。ここには変な土人形ないや。」

    春香「…さっきの、やっぱり千早ちゃんに似てたな。千早ちゃんは大丈夫だよね。」

    春香「千早ちゃんなら、こんなときでも冷静に状況分析とかしちゃうんだろうなぁ。」

    春香「あ、でも意外と寂しがりやだから、こんなに人が居ないとおろおろしちゃうかも。」

    春香「あははっ なんか想像したら可愛い。うん。ちょっと元気出てきた。」

    春香「…ここだね。」

    『車掌室 無断での立ち入りを禁ず。照明反射防止のためカーテンを閉じさせて頂きます。』

    春香「あのー、すみません。」

    コンコンコン

    春香「車掌さん、大丈夫ですか?」

    コンコンコン

    春香「あの、誰かいませんか?」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:11:42.73 ID:Px1Geo0Y0 (+19,+29,-3)
    「ここにいるぞ!」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:15:47.19 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-109)
    春香「…」

    春香「どうしよう…中で気を失ってるのかな…」

    春香「でも鍵閉まってるよね、きっと。」

    春香「…試してみようかな。」

    ガラガラッ

    春香「わっ 開いちゃった…」

    春香「っ…何この臭い…」

    春香(うぅ…いっそ開かなければよかったかも)

    春香「澱んだ水みたいな臭い…どうしたんだろう。」

    春香「あの、すみません、大丈夫です…か?」

    春香「…」

    春香「嘘…」

    春香「誰も居ない…」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:22:23.47 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-149)
    春香「嘘だよこんなの…だってこの電車、ちゃんとさっきまでたくさん人が居たのに。」

    春香「今、私一人なの…?」ゾクッ

    春香「どうなってるの。」

    春香「携帯で…誰かに助けを…」

    春香「あれ?私鞄どうしたっけ?」

    春香「席においてきちゃったのかな…戻らないと。」クルッ

    春香「っ…!?」

    春香「ぁ…い…」

    春香「いやぁぁああああああああああああああああっ」

    春香「あ…あぁ…何あれ…何なの…」

    春香「さっきまで何もなかったのに」

    春香「誰もいなかったのに」

    春香「なんであんなにびっしり…」

    春香「土人形が…?」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:23:22.66 ID:VZxxmV5D0 (+34,+29,-4)
    これ元ネタかなんかあんのかね?
    48 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:27:33.39 ID:ZW/skq2o0 (+90,+30,-45)
    春香「あ…い…」

    春香「嫌…」

    春香(あれ…視界が暗くなって…)

    春香(駄目…今気を失ったらあの人形に…)

    春香(殺…され…)

    春香(…)
    49 : 以下、名無しにか - 2012/12/01(土) 15:29:25.77 ID:3NIU3HXT0 (+16,+26,-3)
    猿夢?
    50 : >> - 2012/12/01(土) 15:33:07.90 ID:ZW/skq2o0 (+95,+30,-284)
    ~同時刻 765プロ事務所~

    『…只今、電話に出ることができません。』

    『留守番電話サービスに接続します。』

    千早「なんで出ないのよ春香…お願いだから出てよ…」

    「落ち着け千早。」

    真美「千早お姉ちゃん…さっきからずっと携帯使ってるよ。その、電池とか大丈夫?」

    千早「電池なんていつでも充電できる…でも春香は今まさに危ない目にあってるかもしれないじゃない…」

    真美「…ごめんなさい。」

    「千早。」

    千早「すみません。でも、春香が…」

    『○○県営地下鉄で発生した列車脱線事故の原因は、トンネルの落盤と特定されました。』

    『しかし、その影響で救助隊が現場に入れず、救助作業は依然として難航しています。』

    「やはりなかなか進まないな。」

    千早「私が…私が先に行くなんていったから… 一緒に居れば、春香一人で…こんな…」
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について