のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,538,850人
911,645,170頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:2,856人
3,108頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ男「はぁ……俺と妹が勇者ですか……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:05:50.69 ID:LJ4BJzZb0 (+125,+30,-89)
    「zzz……」

    「……起きて」ユサユサ

    「zzz……」

    「起きて、お兄ちゃん……」ユサユサ

    「ん……今起きる……先に下降りてて……」

    「今起きて」

    「ん……なんだよもう……」

    「……おはよう」

    「おはよう」

    「……どこだここ」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:07:02.23 ID:YqvoQ8Bb0 (+14,+29,-2)
    「zzz……」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:09:01.02 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-79)
    「さぁ……さっき起きたらこんなことに」

    「……キレーなとこだなぁ」

    「すごくのどかだねぇ」

    「……俺死んだの?」

    「いやでも地獄には見えないし」

    「俺地獄行きなの?」

    「とりあえずどうする?」

    「もう一回寝る」

    「じゃあ私も」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:11:44.04 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-73)
    「風が爽やか…………」

    「いいとこだねー……」

    「……なんか目が冴えちゃった」

    「私も」

    「……格好は昨日寝たときのまんまなんだな」

    「そうだね」

    「……あそこにどこかで見たような村っぽいのが見えるな」

    「行ってみるか」

    「私こんな格好じゃ行けない」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:14:05.74 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-61)
    「だって雨でも降ったらどうするんだよ」

    「我慢する」

    「日が暮れて夜になったら?」

    「その前には帰れるよ」

    「帰れなかったら?」

    「我慢する」

    「我が儘言ってないで行くぞ」

    「やだぁー」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:16:04.18 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-50)
    「……」

    「……」

    「……草の上裸足で歩いたのなんて何年ぶりだろう」

    「さぁ……」

    「気持ちいいもんだね……」

    「そうだな……こんな良い感じの丘が日本にもあったんだな……」

    「ここ日本なの?」

    「さぁ……」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:20:41.36 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-97)
    「……着いた」

    「石畳の上もまたいいもんだね」

    「あ、人だ!見るからに村人だ!話しかけるぞ!」

    「ちょ、ちょっと……恥ずかしいよ……」

    「まずはここがどこか聞かなきゃな」

    「すいませーん!」

    村人「はい……? !!!!」

    「ちょっとお尋ねしますが、ここはどこなんでしょうか?」

    村人「ちょっ……ちょっとの間そこでお待ちください!!」

    「あっ、ちょっと!」

    「……行っちゃった」

    「……なんなんだろうね」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:24:04.52 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-93)
    「……仕方ない、言われた通り待ってみるか」

    「お兄ちゃん上着貸してよ。恥ずかしい」

    「あ、はいはい」

    「……赤ジャージの下にも赤Tシャツかよ……酷いな」

    「いいだろ別に。部屋着なんだから」

    「部屋着で外出るなよ」

    「お前なんてパジャマじゃないか」

    「可愛いでしょ?」

    「ならジャージ返せ」

    「ヤダ」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:26:57.91 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-59)
    村人「村長!こっちです!!」



    「……今村長とか聞こえたな」

    「場所を尋ねるだけでずいぶん大袈裟だね」

    「ありがたいけどちょっと気遣いが重いな」



    村人「村長!彼らです!!」

    村長「おぉ……!これはまさしく……!!」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:29:52.87 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-85)
    「あ、村長さんですか。あのですねちょっとお尋ねしたいことが」

    村長「とうとう……この日がっ……!」

    「あの、聞いてます?」

    村長「この世界にもっ……まだ希望がっ……!」

    「……なんだろう、泣き崩れた」

    「なんだこれ」

    村人「村長!すぐに馬車を手配します!!」

    村長「おぉ……よろしく頼む……」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:32:38.10 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-105)
    「……馬車?」

    「またずいぶん時代を感じさせる乗り物ですね」

    「いや……これは時代と言うより……」

    村長「今!馬車が来ますので!!とにかく私と一緒に乗ってください!!話は中でします!!」

    「……知らない人についてくのはなぁ」

    「お兄ちゃんいくつよ」

    「えーと……じゃあまぁはい、わかりました」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:36:45.24 ID:KQXmsHJy0 (-18,-6,+0)
    h
    15 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:38:04.70 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-147)
    村人「村長!!連れてきました!!」ガラガラガラ

    村長「うむ。さぁ!乗ってくだされ!」

    「わぁ……馬車って初めて」

    「俺もだ……揺れるな」

    「あんまり乗り心地は良くないね」

    村長「……先ほどは取り乱してすみませんでした」

    「いえいえ。ところでこの馬車はどこへ向かってるんですか?」

    村長「この国の首都でございます」

    「東京……じゃないよなぁ」

    「でも日本語だよ?」

    村長「そこであなた方にはこの国の王に会っていただきます」

    「日本じゃないな」

    「日本じゃないね」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:41:31.28 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-94)
    「あの……何故僕たちが王様に?」

    「服は貸していただけますよね?」

    村長「……あなた方は、この国を、いや世界を救う勇者だからです」

    「うわぁ」

    「間抜けな顔した勇者だなぁ……」

    「自虐的になるのはよくないぞ」

    「お兄ちゃんポジティブ」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:43:36.25 ID:elMHkrkn0 (+11,+26,+0)
    おもしろそう
    18 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:47:08.84 ID:W69Iah5/0 (-12,+2,-3)
    朝まで保守頼む
    19 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:47:53.23 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-143)
    村長「……私たちの国にはある伝説が言い伝えられているのです」

    「……さっきからものすごくRPGくさいなぁ」

    「やったね、私ら勇者らしいよ」

    「……こういうのは中学生の頃に体験したかった」

    村長「……赤き異色の衣を纏いし男女がこの世を救うであろう」

    「赤ジャージと赤パジャマか」

    「なんか適当っぽい伝説だね」

    村長「今この国は滅亡の危機にさらされています」

    「魔王に侵略でもされてるんですか?」

    村長「!!やはり知っているのですね!!?」

    「いや当てずっぽうです」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:51:32.31 ID:N6j/kG8M0 (+19,+29,+0)
    ふむ。。。続けなされ
    21 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:52:32.28 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-135)
    村長「……伝説の勇者は異世界の人間だと伝え聞いております」

    「はぁまぁ多分そうなんでしょう」

    「私ちょっとワクワクしてきたよ」

    村長「詳しい話は国王から話されますので、今はおやすみください」

    「はぁ……さっき起きたばかりなんですけど」

    「どれくらいかかるんですか?」

    村長「夜までには着くでしょう」

    「げぇ……長い」

    「お兄ちゃんトランプ持ってる?」

    「寝るときにトランプは持たねぇ……」

    「だよね……」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 02:58:12.68 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-122)
    ──
    ───
    ────

    村長「着きました。ここが王都、○○です」

    「うわぁ……すげぇ……」

    「本当にRPGだ……」

    「つーかなんか見られてる……」

    「着替えたい……」

    村長「伝説の勇者の件は早馬で既に王に知らせてあります」

    村長「あなた方のことはこの街から順に国中に知らされることでしょう」

    「パジャマの勇者……恥ずかしい……」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:00:39.28 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-87)
    村長「では、このまま城へ向かいます」

    「このまま!?」

    「着替えは!!?」

    村長「? あなた方の着ているそれは、勇者たる証です」

    村長「王に会うまで脱ぐことはなりません」

    「そんな……」

    「ジャージにTシャツで面会か……アルバイトの面接でもこんなラフな格好で行かねぇよ……」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:07:30.35 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-135)
    ──
    ───
    ────

    「そなたらが、件の勇者殿か」

    「は、はいまぁ多分……」

    「この国は今、魔王軍の侵略により、大変疲弊しておる」

    「もはやこの国の陥落は時間の問題だ」

    「そなたらには、魔王の退治を頼みたい」

    「やってくれるな?」

    「詳しく話してくれるんじゃなかったのか……」

    「あ、あの、私たちただの高校生とクズ大学生ですよ?そんなこと……」

    「コーコーセー?よくわからんが、そなたらは確かに伝説の勇者。必ずや魔王を打ち倒してくれるだろう」

    「はぁ……」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:13:27.40 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-136)
    「それに、これはそなたらの問題でもあるのだ」

    「え?」

    「そなたらは異世界の住人と聞く。そなたらがこの世界に来たのは、魔王による秩序の乱れのせいだとされておる」

    「つまり魔王を倒さないともとの世界には戻れないと?」

    「さよう」

    「はぁ……もう一度聞きますが、僕らには魔王を打ち倒す力があるんですね?」

    「そうだ。というより、そなたらの力しか魔王には通じない」

    「え?」

    「魔王を打ち倒すには聖なる力が必要なのだ。それを持ち合わせるのはそなたらだけなのだ」

    「せ、聖なる力……プッ」

    「こら笑うな!」ヒソヒソ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:17:33.21 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-138)
    「はぁ……じゃあまぁ魔王討伐、やらせていただきます」

    「おぉ!やってくれるか!!」

    「では……こちらへ来てくれ」

    「なんでしょう?」

    「そなたらにこれを授ける」

    「わぁ……綺麗な腕輪」

    「それは勇者の証だ。それを付けていれば、この国の者の援助を受けることができるだろう」

    「なるほど……ありがとうございます」

    「それと、これは私からの個人的な餞別だ」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:18:43.51 ID:46qhM0p90 (-7,+7,+0)
    いいぞ
    29 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:21:21.56 ID:Nj/cIliu0 (+24,+29,-16)
    朝まで続けられるんすか?
    30 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:22:13.26 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-150)
    「わぁ……これまた綺麗なネックレス……」

    「なんか青白く光ってますね……」

    「これは我が王族に伝わる、聖なる首輪だ。これを付けていれば、どんなダメージも一度だけ封じるというものだ」

    「これは一個しか無いんですね?」

    「そうだ……」

    「ちょっとお兄ちゃん図々しいこと言わないの!ありがとうございます!」

    「なんか使い勝手の悪いアイテムだなぁ……」

    「ちょっと!!」

    「……それでは、そなたらが無事に帰ってくることを祈っている。頼んだぞ」

    「は、はい!」

    「はい!」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:25:55.58 ID:eGeQ3JSF0 (+13,+18,-1)
    しえん


    ねむいけど
    33 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:26:13.06 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-74)
    ──
    ───
    ────

    「さて……金も貰ったことだし、装備でも揃えるか」

    「たったの500G……」

    「そんなもんだ。だいたいお前まだGの価値知らないだろ」

    「どーせはした金だよ。お約束お約束」

    「援助を受けられるっていっても普通に金は取られるんだろうしなぁ……」

    「あ、武具屋だ!」

    「じゃあ適当に見繕うか」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:28:38.38 ID:Nj/cIliu0 (+24,+29,-11)
    あぶないしたぎ!
    あぶないしたぎ!
    35 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:29:19.45 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-128)
    「すみませーん」

    店主「おぉ!!これは勇者様!!是非うちで装備を揃えていってください!!」

    「……なんか首都の割りにしょぼいのしか売ってないなぁ」

    「最初の街だからな。こんなもんだ」

    「あ、ローブ!かっこいい!!私魔法使いやる!!」

    「お前魔法使えんの?」

    「まぁなんとかなるんじゃない?これください!!」

    店主「はいありがとうございまーす!」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:33:13.17 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-146)
    「お兄ちゃんは?」

    「お前が魔法系やるなら俺は戦士系だろうが……鎧とかやだなぁ」

    「なんでさ?」

    「重そうだし暑そうだし……」

    「お兄ちゃんガリガリだもんね」

    「細まっちょなんだよ……いいや、適当に皮のやつ買ってく」

    「死んでも知らないよー?」

    「まぁなんとかなるだろ。実際皮の服も鎧もそんなに防御力は変わらん」

    「そんなことあるはずないんだけどね」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:37:09.75 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-111)
    「これでとりあえずジャージ勇者は脱却したな……」

    「次は武器だね。まぁ私はこの杖でも買えばいいんでしょ」

    「俺はこの剣でも買えばいいんだろ……」

    店主「まいどありー!」

    「アクセサリ系は……無いね」

    「そういやさっきもらったネックレス、お前が持つの?」

    「あったりまえじゃん。女の子なんだから」

    「まぁいいけど……」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:38:56.15 ID:Nj/cIliu0 (-24,-14,+0)
    しえん
    39 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:40:02.25 ID:eGeQ3JSF0 (-7,+2,+0)
    ほす
    40 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:40:08.15 ID:LJ4BJzZb0 (+90,+30,-66)
    「さて……次は道具屋だ」

    「周りの視線が熱いね……」

    「勇者だからな……こんなに注目されたのは高校の授業中に当てられたとき以来だ」

    「もうちょっと何かあるんじゃない?」

    「あぁ飲み屋でゲロ吐いたときの方が注目されたな」

    「ダメダメだね」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:44:12.02 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-115)
    ──
    ───
    ────

    「こんにちはー」

    店主「あら勇者さん!いらっしゃい!!うちでキッチリ道具を揃えてってね!」

    「回復薬と毒消しと目薬しか置いてないよ……」

    「最初の街だからな……蘇生用のアイテムは無いの?」

    店主「あらやだそんなものあったらこの世に人が溢れかえっちゃうよ!」

    「そりゃそうだ……まいったな、死ねないのか」

    「当たり前だよゲーム脳」

    「回復薬や毒消しってのも大概だけどな」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:44:51.79 ID:azT/LMvJ0 (+24,+29,-19)
    ドラクエの影響でかすぎて
    勇者って言葉の意味とは違う使われ方されすぎだよな
    43 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:47:39.10 ID:lNIltj200 (+19,+29,-1)
    なかなか面白そうなのに出会った
    44 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:48:36.55 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-115)
    「とりあえず回復薬は10個くらい、毒消しと目薬は2個ずつあればいいだろう……」

    「鞄に入る?」

    「さっきからこの鞄、いくら入れても膨らまない」

    「不思議鞄だ!」

    「あれだろ、魔王のせいで秩序が乱れてるんだろ」

    「なんとも都合の良い乱れだなぁ……」

    「ところでなんかアイテムがFFっぽいな」

    「でも勇者はドラクエでしょ?」

    「まぁそれに限らないが……」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:50:01.51 ID:eGeQ3JSF0 (-2,+7,+0)
    46 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:54:16.15 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-143)
    「さて、もう夜だし今日は宿屋に泊まるか」

    「もうお金が尽きそうだよ……」

    「これくらい用意してくれてもいい気がするよな」

    「ほんとだよ……プリンとか食べたいのに……」

    「売ってんのか?」

    「宿屋はどっちだろう……聞いてみよう」

    「すいませーん!宿屋ってどっちですか?」

    町民「お、これは勇者様!宿屋はあちらです!!お気をつけて旅をしてください!!」

    「はい!ありがとうございました!」

    「……さすがに決まった返ししかしないわけではないか」

    「そりゃそうだよ。生きてる人だもん」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:57:35.84 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-77)
    ──
    ───
    ────

    店主「これは勇者様!今日はうちでゆっくり英気を養っていってください!!」

    「はい、お世話になります」

    店主「部屋は上の階の一番奥になります!ごゆっくりどうぞ!」




    「……ここか」

    「質素なお部屋ですねぇ」

    「おい、壺があるぞ」

    「……これは調べるしかないね」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 03:59:02.70 ID:eGeQ3JSF0 (-2,+7,+0)
    49 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 04:00:21.37 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-74)
    「……あった、10Gだ」

    「……これはもらってもいいものなのか……?」

    「……どうでしょう」

    「……いいや、もらっとけ」

    「……いいの?」

    「流れ的に大丈夫と見た。そこのクローゼットも調べとけ」

    「じゃあ一応……あった。帽子だ」

    「もらっとけ。大丈夫だろ」

    「ほんとかなぁ……」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/11/28(水) 04:02:25.87 ID:LJ4BJzZb0 (+95,+30,-66)
    「……飯の前にもうひとつ実験だ」

    「何するのさ?」

    「他の部屋へ行く」

    「そっ、それはさすがにマズイんじゃ……」

    「普通ならな。ここは魔王のせいで秩序が乱れた世界だから」

    「なんとも都合のいい……」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について