のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,541,086人
911,647,702頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:874人
1,006頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「音無さんをプロデュースします!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 小鳥 + - 音無小鳥 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:09:02.98 ID:JvNuulMQ0 (+125,+30,-123)

    高木「ウォッホン! それではさっそく、君がプロデュースするアイドルを」

    P「音無さんで」

    高木「えっ」

    P「音無小鳥さんでお願いします」

    高木「し、しかし……彼女は我が765プロの事務員であり、アイドルでは」

    P「いいえ、もう決めました。俺は音無さんをプロデュースします!」タタッ

    高木「ま、待ちたまえ!」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:13:17.25 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-79)

    P「音無さん!」

    小鳥「あら、おはようございます、プロデューサーさん」

    P「お、おお、おはようございます!」

    小鳥「ふふっ、どうしたんですか? そんなに汗かいちゃって……」

    P「……すー、はー……」

    小鳥「……? プロデューサーさん?」

    P「……単刀直入に言います」

    小鳥「は、はい……」

    P「俺に、あなたの人生をプロデュースさせてください!」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:14:38.12 ID:v0bBgp9pP (+22,+29,-4)
    小鳥「という妄想だったのさ!」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:16:29.66 ID:2NgrEZ7O0 (-29,-14,+0)
    ワロタ
    5 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:17:58.92 ID:9CWrBlxJO (+24,+29,-2)
    プロデュースっていうかプロポーズじゃねーか
    6 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:18:43.25 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-125)

    小鳥「え? ……えぇええ!?」

    小鳥(ななな、何!? これ何!? ぷぷ、プロポーズってやつ!?)

    小鳥(そんな……ま、まだ、知り合って間もないというのに……)

    小鳥(で、でも、愛に時間は関係ないものね。漫画で言ってたし……)

    小鳥(……どど、どうしよう、ふへ、こ、困っちゃうな。いきなりこんなこと言われても私……ふへ)


    P「おぅわっ、すす、すみません! えっと、人生というのはたとえ話でありまして……」

    小鳥「……あ、はい……」

    P「初めて見たときから、ティンときたんです」

    P「ああ、この人は俺の運命の人なんだって……」

    小鳥「!?」

    小鳥(やや、やっぱりそうじゃない!)
    7 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:25:20.57 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-171)

    小鳥(……きた……?)

    小鳥(苦節2X年……これまで色々とあったけど……あ、いや、特にはなかったけど)

    小鳥(特になかったからこそ今の私がいるんだけど……とにかく、きた……?)

    小鳥(我が世の春が来たぴよ!!)




    P(……社長にティンと来られて、765プロに初めて顔を出したあの日)

    P(正直、この目を疑った。あの幻の歌手、音無小鳥さんが事務員として働いていたんだから)

    P(そうだ……俺は、以前から、この人のことを知っていたのだ)

    P(俺は、この人の大ファンだったのである!)

    P(音無さんなら、絶対にトップアイドルになれるぞ!)
    8 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:32:27.36 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-106)

    小鳥「あ、あの……」

    P「……はい」

    小鳥「突然(のプロポーズ)すぎて、わ、私、少し混乱してしまっています」

    P「無理もないですね……」

    小鳥「……本気ですか?」

    P「本気です。本気で(プロデューサーとして)音無さんの人生を変えていきたいと思っています」

    小鳥「!!!」

    P「……どうでしょうか」

    小鳥「え、え、え……」カァァ


    P(顔が赤くなっている……あがり症だったりするのかな)

    小鳥(あうう……! こ、こんな熱烈にアッピルされるなんて……これなんて乙女ゲー!?)
    9 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:35:52.03 ID:2NgrEZ7O0 (+14,+29,-13)
    ピヨちゃん……
    10 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:39:31.80 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-164)

    小鳥「……あの、でもですね」

    P「はい……」

    小鳥「わ、私だって、出会って間もない人に、そんなすぐ心を開くような簡単な女じゃありません!」

    P「!」

    小鳥「だから、その……」ゴニョゴニョ

    P「……」

    P(やはりそう簡単にはいかないか。なんといっても一度引退してしまっているんだからな)

    小鳥「……お、お友達からというか……」

    小鳥(ああもう! 何を言っているのよ小鳥! なんでこの年になってガードの固い女アピールしてるの!)

    P「友達? ……なるほど、わかりました!」

    小鳥「え?」

    P「少しずつ(アイドルとプロデューサーとして)親睦を深めていくということですね」

    P「それは俺だってのぞむところです。やはり信頼関係は大事だと思いますから」

    小鳥「あ、……はい……」

    小鳥(こ、これ、ほんとにほんとの出来事なの……?)
    11 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:44:19.19 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-76)

    小鳥「そ、それじゃあ……ふ、ふつつか者ですが……これから、よろしくお願いします」

    P「はい!」

    小鳥「……えへ、えへへ……」

    P「可愛いなぁ……」

    小鳥「え!?」

    P「本当に、素敵な笑顔です。俺、改めてあなたのファンになってしまいましたよ」

    小鳥「……――~~!」

    P「これからずっと、いっしょにがんばりましょうね!」

    小鳥「……あ、は、はい……」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:45:07.76 ID:GiaIp/3W0 (-24,-12,-1)
    期待
    13 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:47:26.63 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-40)

    【その夜、小鳥さん家】

    小鳥「……ただいまぁ~……」

    小鳥「……」


    ぽふん


    小鳥「……! ……!」

    小鳥「うわ、うわうわわ……!」ジタバタ

    小鳥「じ、人生で初めて、告白されちゃった……!」

    小鳥「うへ、うへへへへ……♪」ゴロゴロ
    14 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:48:54.51 ID:3lJS/DOd0 (+25,+30,-17)
    でも音無さんって絶対やりマンだよな
    15 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:49:30.24 ID:3lJS/DOd0 (+24,+29,-1)
    やりマンと言うか経験豊富だよね
    16 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:51:04.70 ID:XzFB2yQk0 (+14,+29,+0)
    可愛すぎだろ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:51:13.87 ID:JvNuulMQ0 (+90,+30,-31)

    ぴた

    小鳥「……ま、まだ……付き合う、ってなったわけじゃないけど……」

    小鳥「プロデューサーさん……」

    小鳥「……」


    ピピピ


    小鳥「め、メール?」

    ピッ

    小鳥「! ……あの人からだ……!」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:56:09.84 ID:yAs/NruJO (-27,-15,+0)
    19 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:57:24.22 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-132)

    ……………………………………………………………
    FROM:プロデューサーさん
    SUBJECT:嬉しいです

    Pです。こんばんわ。
    俺、さっきは言えなかったけど、
    実は以前からあなたのことを知っていたんです。
    音無さんは一目惚れされた、と思ったかもしれませんが、
    俺はずっと前からこの気持ちを持っていたんですよ。

    だからこの前、事務所で再会できたとき、運命を感じました。
    本当に嬉しいです。
    これからよろしくお願いします!
    ……………………………………………………………


    小鳥「ま、前から知っていた? ……駅とかですれ違いでもしたのかしら」

    小鳥「……」

    小鳥「……嬉しい、かぁ……」


    小鳥「ふふ……♪」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 03:58:18.91 ID:6pV+geGt0 (+16,+28,+0)
    かわいいな
    21 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:01:33.06 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-114)

    【翌日、765プロ事務所】

    小鳥「……」

    小鳥「……えへへ」

    小鳥「男性とあんなにたくさんメールのやり取りしたの、もしかしたら初めてかもしれないわね」

    小鳥「……えーっと……」

    ピッ

    小鳥「……♪」

    小鳥「ほ、保護とかしたら気持ち悪いかしら? ……そうよね、だってまだ、あくまで私達はお友達同士……」

    小鳥「でも……嬉しいこと、いっぱい書いて送ってくれたし……ううん……」

    ガチャ

    P「おはようございまーす!」

    小鳥「!」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:06:34.82 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-159)

    P「あっ、音無さん! おはようご……」

    小鳥「あわわ……」

    ガチャガチャ

    P「あれ? 何をやってるんですか?」

    小鳥「お、おはようございましゅ」

    P「おはようございます。えーっと……」

    小鳥「あ、いえ、ちょっと机の上の小物とかついでに領収書の整理をしていただけで……」

    小鳥「決して、あなたとの昨日のメールを読み返してニヤニヤしてたわけじゃありませんから!」

    P「そうですか! いやぁ、仕事が出来る女って感じがしますね!」

    小鳥「あはは……」チラ


    小鳥(か、顔が見れない! ああ、あんなにメールでは饒舌なあたしだったのに!)
    23 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:10:27.28 ID:QgaevOeYO (+8,+18,-3)
    支援は紳士のつとめ
    24 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:10:35.13 ID:3lJS/DOd0 (+19,+29,+1)
    はよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよはよ
    25 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:17:16.15 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-239)

    P「事務仕事、手伝いますよ」

    小鳥「え? でも……昨日も思ったんですけど、プロデューサーさん、お仕事は?」

    P「え? これが仕事ですよ?」

    小鳥「……? プロデューサーさんは、プロデューサーさんですよね?」

    P「もちろん、俺は俺です。音無さんの人生のプロデューサー……」

    小鳥「も、もう! またそんな言い方して……!」カァァ

    P「あはは……すいません」

    小鳥「……とにかく、えーっと……あなたは事務員じゃなくて、プロデューサーですよね」

    P「はい!」

    小鳥「だったら、アイドルの子達をプロデュースしないといけないんじゃ……」

    P「でも、あなたの仕事が残ってたら(集中してレッスンが出来ないから)俺の仕事に集中できません」

    P(俺の担当アイドルは音無さんだからな)

    小鳥「……プロデューサーさん……そんな、気を遣わなくてもいいのに」

    P「気を遣ってるわけじゃありません。俺は、全力でやりたいんです。全力で、あなたの人生を……」

    小鳥「そ、それはやめてください! ……照れちゃいますから……」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:24:30.40 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-183)

    カタカタ……

    P「……そういえば」

    小鳥「はい、どうしたんですか?」

    P「社長にこの件について報告したら、心よく応援してくれると言ってくれましたよ」

    小鳥「ブゥーーー!!!」

    P「ど、どうしたんですか!? 急に吹き出して」

    小鳥「い、いえ……すみません」

    小鳥(え? ええ!? な、なんてこと!? もう社長公認の仲になっちゃってたの!?)

    P「音無さんが(レッスンや営業で)外に出ている間は、社長と律子で事務仕事を請け負ってくれるそうです」

    小鳥「で、でも……」

    小鳥(外に出るって……それってあれ? ゆくゆくはあたしとプロデューサーさんが一緒になって)

    小鳥(家庭を持って、育児休暇とか取る時ってこと? え? もうそんなところまで話が進んでいるの!?)

    P「……みんな、俺達のことを応援してくれているんです。……頑張りましょうね!」

    小鳥「は……はい……」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:32:08.54 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-120)

    小鳥「……ふぅ」

    P「一段落着きましたね。さ、それじゃあそろそろ行きましょうか!」

    小鳥「どこへ行くんですか?」

    P「そりゃあ、レッスンスタジオですよ」

    小鳥「ああ、レッスンスタジオ。そうですね、それじゃあ……」

    小鳥「……ええ!?」

    P「?」

    小鳥「『?』じゃないです! わ、私がレッスンスタジオに行くんですか?」

    P「ええ……だって、そういうことも必要でしょう?」

    小鳥「うぅ……」

    小鳥(プロデューサーさん、見抜いているんだわ……)

    小鳥(……あたしのおなかが、最近ちょっと油断し始めているということに……)

    小鳥「……わかりました。エクササイズも必要ですよね……」

    P「エクササイズというか……まぁ、そういう気持ちでやったほうが、楽しめるかもしれませんね! はは!」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:36:10.00 ID:25Hs+gh80 (+11,+21,-6)
    小鳥さんの処女は公式設定
    30 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:41:07.97 ID:uJKD7EmE0 (+24,+29,-10)
    枕を拒んだから売れなかったんだよな
    それから男性不信になったって設定
    31 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:41:08.75 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-147)

    【レッスンスタジオ】

    小鳥「……うぅ……」

    小鳥(これしかなかったから、ヨガウェアを着てみたけど……これ、露出度高すぎじゃない……?)

    P「音無さん……綺麗だ」

    小鳥「も、もう! からかわないでください……」

    P「からかってなんかいませんよ、本心です。俺は、音無さんの一番のファンなんですから」

    小鳥「!」

    小鳥(どうしてこんなこと、スラっと言えちゃうのかしら)

    小鳥(……やっぱり、この人はあたしのこと本気で……?)

    P「……おや? あれは……」


    どんがらがっしゃーん

    春香「あいたた……」


    P「どうやら先客がいたみたいですね。あれは、天海さんか……」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:46:12.58 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-174)

    春香「うう~……なんでうまくいかないのかなぁ……」

    小鳥「春香ちゃーん」

    春香「え? あぁっ、小鳥さん! えへへ、おはようございます!」

    P「こんにちは、天海さん」

    春香「プロデューサーさんも……あ、ていうか、春香でいいですよ」

    P「ん、そうか?」

    春香「はい! 同じ765プロの仲間ですから!」ニコッ

    P「そうだな! それじゃあこれから君のことは、春香って呼ばせてもらうよ!」


    P(音無さん以外のアイドルの子達とも、昨日一通り挨拶は済ませてある)

    P(まぁ、俺の担当は音無さんだから、あまりアイドル活動に協力は出来ないとは思うけど)
    33 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:52:20.74 ID:3lJS/DOd0 (-8,+1,+0)
    lplp
    34 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:53:39.38 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-165)

    春香「小鳥さんも、レッスンですか?」

    小鳥「う~ん、レッスンというか……ダイエットを……」

    春香「ダイエットだなんてそんな……まだ全然、体のラインも綺麗じゃないですか」

    小鳥「そ、そう? えへへ……そうかしら」

    春香「……私、嬉しいです」

    小鳥「え?」

    春香「社長から聞きました。小鳥さん、プロデューサーさんという運命の人を見つけたんですね……!」

    小鳥「うぇぇ!? は、春香ちゃんまでそんなこと……」

    春香「でも、私だって(アイドルとして)負けませんよ! 小鳥さんは素敵な人だけど、私だって頑張っちゃいますから!」

    小鳥「……!」

    春香「(同じアイドルとして)これから切磋琢磨していきましょうね!」

    小鳥「そ、そうね……」

    小鳥(……も、もしかして……春香ちゃん、プロデューサーさんのこと……?)
    35 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 04:57:02.19 ID:3lJS/DOd0 (-2,+7,+0)
    あげ
    36 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:01:17.18 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-170)

    小鳥(……そう考えてみると、確かに……)

    小鳥「……」


    P「春香。ほら、ポラリスウェット」スッ

    春香「ありがとうございますっ! いただきまーす♪」

    小鳥「……」

    小鳥(春香ちゃんもまだ出会って間もないというのに、もうかなり仲が良くなってる気がする……)

    春香「んぐ、んぐ……ぷは」

    P「音無さんのこと、指導してもらえるか?」

    春香「ええ!? し、指導だなんてそんな……私、まだまだヘタクソですし」

    P「でもさ、やっぱり同じ仲間同士でやった方が色々と気が楽だと思うんだよ」

    春香「……そうかもですね。えへへっ、わかりました! この天海春香、ばっちり小鳥さんを見てみせます!」

    春香「さあ、行きましょう、小鳥さん!」グイグイ

    小鳥「え、ええ……」


    小鳥(……なんだろう、この胸のもやもやは……)
    37 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:07:44.89 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-126)

    【レッスン終了後】

    春香「おつかれさまでしたっ!」

    小鳥「……ぜぇ、ぜぇ……」

    P「大丈夫ですか、音無さん」

    小鳥「うっぷ……こ、こんな……まるでアイドルの子達がやってるみたいなハードなレッスンだなんて、聞いてません……」

    P「まぁ、運動は久しぶりだったでしょうからね。でも、これからは毎日ですよ」

    小鳥「えぇ!? スパルタすぎるぅ~……!」

    P「こうでもしないと、他のアイドルの子達に追いつけませんよ! 頑張りましょう!」

    小鳥「うぅ……」


    小鳥(プロデューサーさん、やっぱり引き締まった体の方が好きなのかしら)

    小鳥(……でも、こんなの……)
    38 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:07:52.75 ID:3lJS/DOd0 (+24,+29,-33)
    あがげがげがげげあえgっがえがえががげがえがげ
    伊織のマンコきっつ
    39 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:13:57.76 ID:wqpcL3BB0 (+30,+30,-33)
    いずれ原作でピヨちゃんをプロデュースできる時代がくるのだろうか
    40 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:14:04.67 ID:7NB5ofky0 (-26,-14,-1)
    しえん
    41 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:15:55.37 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-202)

    小鳥(こんなの、まだ付き合ってもないのにやらされるだなんて……俺様もいいところよ……)


    P「……音無さん?」

    小鳥「……」プイ

    P「えーっと……」

    小鳥「……痩せてないと、ダメなんですか?」

    P「う~ん……痩せているかはともかく、鍛えておかないとうまくダンスが出来ませんから」

    小鳥「だ、ダンスなんて……私、する機会もありませんよ」

    P「え? ……なるほど、そうでしたか」

    小鳥「え」

    P「……すみません。確かに俺達、まだ(どんな方向のアイドルにするか)話しあっていませんでしたね」

    小鳥「そうです、話し合うことは(お互いをよく知るために)必要なことです」

    P「ダンサブルな曲に合わせて踊るより、もっとこう、歌を重視したいと思いますか?」

    小鳥「? ……ま、まぁ、どっちかといえば、踊るよりは歌う方が好き……かな?」

    P「なるほど……」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:24:10.70 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-222)

    P「わかりました。それじゃあ、明日からはボーカルレッスンを重視することにしましょう!」

    小鳥「あ、はい……えっと、でもそれ、エクササイズになるのかしら」

    P「エクササイズ?」

    小鳥「だって……プロデューサーさんは、私に痩せてほしくて今日みたいなダンスレッスンをさせたんでしょう?」

    P「いやぁ、別に痩せて欲しいというわけじゃあ」

    小鳥「えぇ!? じゃあ、なんで……?」

    P「……正直に言って、音無さんが踊る姿を見てみたかったんですよ」

    小鳥「え……」

    P「俺は、もっと音無さんのことを深く深く知りたいと思っています」

    小鳥「!」

    P「そうすることで、あなたのプロデューサーとして」

    小鳥「も、もういいですっ! また人生のプロデュースとかなんとか言うんでしょうっ」カァ


    小鳥(……もう……困ったときは、すぐそう言えばなんとかなると思っているのかしら)

    小鳥(……そんなことで喜んじゃうあたしも、あたしだけど……)
    43 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:24:52.80 ID:3lJS/DOd0 (+19,+29,-12)
    あげあげがげ
    44 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:29:56.62 ID:v0bBgp9pP (+16,+28,-3)
    夢オチだな
    45 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:30:17.00 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-93)

    小鳥「……プロデューサーさん、ずるいです」

    P「え」

    小鳥「そうやって……すぐ……」モジモジ

    P「お、音無さん?」

    春香「……」

    春香(さっきからふたりで話してたから口を挟めなかったけど……)

    春香(小鳥さんのこの表情……)

    春香(これは恋の香りがする!)


    小鳥「……も、もう、シャワー浴びに行きましょう、春香ちゃん!」

    春香「はい♪ えへへ、詳しく聞かせてくださいね!」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:34:38.79 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-184)

    【シャワールーム】

    ザザァー……

    小鳥「あいたた……筋肉痛が……」

    小鳥「あ、でも、こんな早く筋肉痛が来るなんて……私まだ、体は若いのかしら? ウフフ」

    春香「小鳥さ~ん♪」ヒョコ

    小鳥「うひゃあ!?」

    春香「さっきも言いましたよね! 詳しく聞かせてくださいよう」

    小鳥「く、詳しくって……?」

    春香「ふっふっふ……白を切ろうったって、私の目は誤魔化せませんよ!」

    春香「ズバリ! 小鳥さんはプロデューサーさんのことが好きなんでしょう!」

    小鳥「え? ……えぇええ!?」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:40:39.69 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-151)

    小鳥「なな、何を言っているの!? っていうか、それは春香ちゃんじゃないの!?」

    春香「へ? 私ですか?」

    小鳥「そうよ……私、春香ちゃんはプロデューサーさんのこと好きなんじゃないかって思ってたんだけど」

    春香「ええ!? なな、なんでそうなるんですか!?」

    小鳥「だってさっき、負けませんからね、って……」

    春香「確かに(アイドルとして)負けません、とは言いましたけど……」

    春香「でも、小鳥さんの想い人……キャー!」

    小鳥「……えーっと」

    春香「あっ、す、すみません……ついテンション上がっちゃって」

    春香「おっほん! とにかく、小鳥さんが好きな人を私が好きになるなんて、そんなことしませんよ!」

    小鳥「ちょ、ちょっと待って。なんか……色々話が噛みあってない気がするんだけど……」

    小鳥(なんだか頭が混乱してきたわ……)
    49 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:45:16.19 ID:JvNuulMQ0 (+95,+30,-163)

    小鳥(えーっと……春香ちゃんが負けないって言ったのはどういうこと? ううんと……)

    春香「とにかく、小鳥さんはプロデューサーさんのこと好きなんでしょう!」

    小鳥「ぴよっ!」

    春香「ぴよ? それって肯定ですか?」

    小鳥「あ、ううん! ちょっとビックリしただけだから!」

    春香「えっへへ……♪ それで、どうなんですか?」

    小鳥「……私がプロデューサーさんのこと……」

    春香「はい!」

    小鳥「……正直言って、まだわからないわ」

    春香「……」

    小鳥「プロポーズはされたけど……えへへ、きゅ、急な話だったし……」

    春香「え……プロポーズ……?」


    春香「ええええええええ!!!!!!?」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/11/02(金) 05:45:33.30 ID:3lJS/DOd0 (+24,+29,-6)
    小鳥のばかちん?
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 小鳥 + - 音無小鳥 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について