のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,552,257人
911,660,145頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:836人
937頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ和「君がいない冬」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ×2+ - 京太郎 + - 原村和 + - 清澄 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:39:01.81 ID:ZfFn9kXV0 (+120,+29,-4)
    ちょっと暗めの咲SS
    諸事情によりオール地の文
    苦手な人はごめんなさい
    2 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:39:33.10 ID:03sw7Lkb0 (+11,+26,+0)
    専門板に行け
    3 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:39:37.72 ID:qOB2Ib560 (+19,+29,-5)
    ちょっと暗めの咲SS
    諸事情によりオールアフィ転載用の文
    苦手な人はごめんなさい
    4 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:40:48.96 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-120)

    高校生活最初の夏。
    今なお、忘れようと思っても忘れることのできない、あの熱かった夏の日々。
    私たちは、夢のように遠いと思っていた目標――――全国制覇を成し遂げた。

    正直、その瞬間のことはよく覚えていない。
    まるで自らが対局しているかのごとく、熱に浮かされたまま大将戦の行方をモニターで見守って。
    優勝が決まった瞬間、全員で対局室に駆け出して。
    私はおそらく、いの一番に彼女に抱きついて、泣いたのだろう。

    これで来年も、清澄で麻雀ができる。
    この仲間たちと、これからも一緒にいられる。
    ただ難しいことは考えずに、そう思って泣いたのだろう。

    そして彼女は視線の先に、ずっと目標にしていたお姉さんの姿を見つけて――
    5 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:43:16.67 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-69)

    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


    「そういうこと言うのは……この口かーっ!」

    「いは、いはいいはい! ……もう、京ちゃんってば!!」


    通い慣れた部室の扉をくぐると、賑やかなじゃれあいが聞こえてきた。
    宮永さんと須賀くんがまた他愛もないことで、可愛らしくいがみ合っていたのだろう。
    この数年で、すっかりおなじみとなった光景だ。
    6 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:45:57.22 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-82)

    「二人とも、こんにちは」

    「おっす、和」

    「あ、和ちゃん! ちょっと聞いてよ、京ちゃんったらね……!」

    「それはひどいですね。謝ってください須賀くん」

    「せめて最後まで聞いて!? 原告の証言すらロクに聞かないとかどんな魔女裁判だ!」


    やれやれと大げさに頭を振った須賀くんに、宮永さんと二人、顔を見合せて笑う。
    彼はちょっとげんなり表情を曇らせたと思ったら、次の瞬間には誰よりも快活に歯を光らせていた。
    7 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:49:19.87 ID:Xu3woXCo0 (-22,-12,-1)
    期待
    8 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:49:24.48 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-110)

    「原村部長は宮永さんばっかえこひいきしてていけないと思いまーす」

    「ひいきなんてしてません。だいたいもう部長じゃありません」

    「あれがひいきじゃなきゃなんだってんだよ……」

    「女子をひいきしてるんじゃなくて、単に須賀くんに信用がおけないだけです」

    「なお悪いわ!」

    「……ふふ」


    こんな軽口を彼と叩けるようになったのは、いつからのことだったろう。
    思い返すにおそらく、竹井元部長の引退が契機だったのではないだろうか。
    9 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:53:10.26 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-212)

    同じ女性とは思えないほど凛々しく、しかし女性らしい魅力に満ち溢れていた竹井先輩の後ろ姿は、今でも鮮明に思い出せる。
    何事にも率先して先頭に立ち、常に清澄麻雀部を引っ張り続けてきた頼れるリーダーの引退は――それだけが原因ではなかったが――私たちの上に、一時的だが暗い影を落とした。

    そんな時に声を張り上げたのが、須賀くんだった。
    物怖じしない笑みと良く通る声で、竹井先輩がよく使っていたホワイトボードに大きく書き殴りながら、


    『清澄、全国制覇おめでとう!!! 来年もきばって、目指せV2!!!!!』


    と叫んだのだった。
    染谷前……いや、元部長などは、あれで再始動したようなものだった。
    竹井先輩の良き右腕であり、清澄のNO.2であり続けた先輩が、一つ殻を破った瞬間だったのかもしれない。
    10 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:55:18.55 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-216)

    静かに不敵にふてぶてしい染谷部長。
    そしてその隣で、須賀くんがみんなを鼓舞しサポートする。
    私は形式上の副部長に据えられてこそいたが、元より誰かの上に立つなど性分ではなかった。

    ゆえに。
    本来自分がやるべきことを肩代わりしてくれたから――というわけではないが、あの時期須賀くんには感謝の気持ちでいっぱいだった。
    そしてそれは、染谷先輩が引退し、私が部長に就任してからも何も変わらなかった。

    私などは竹井先輩とも染谷先輩とも違って、厳しくするしか能のない部長だった。
    ダメなものはダメとはっきり言いすぎる嫌いがあるし、お世辞にも後輩に慕われていたとは思えない。
    自然、潤滑油としての須賀くんの負担はいたずらに増し、大変な迷惑をかけてしまったのだろう。
    12 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:57:32.21 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-82)

    麻雀部について、部員について、須賀くんとは何度も話し合った。
    あいつはちょっと落ち込んでたからメシおごっといた、とか。
    逆にあいつは調子のりすぎ、もっと和がへこませてやるのも勉強だ、とか。
    私では絶対に気の付かなかった部分まで、彼は実に細やかに心を配っていた。

    須賀くんに不思議な人気があるのも頷ける話しだった。
    彼は男女問わず、とても友人が多い。
    けしてモテる、というわけではないのだが、人が集まってくるところに自然と彼がいる印象はあった。

    宮永さんも、あるいはそうだったのかもしれない。
    13 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:58:37.78 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-131)

    「まっ、京ちゃんの味方なんてハナからここにはいないってことだよ」

    「言ったなテメ、なんなら今から部員全員招集して、俺とお前のどっちに非があるのか聞いてみるか?」

    「須賀くんは天性のいじられキャラなんだから、ヘタに敵を増やすのはやめといた方がいいと思いまーす」

    「お前に言われたくないよ」

    「違うよ! あたしいじられキャラじゃないよ!」

    「……だな。お前はどっちかというとぼっちキャ」

    「むむーっ! ぼっちじゃないもん!」

    「お前この学校来たばっかりの頃、俺以外に話すヤツいなかったじゃん」

    「やーめーてー思い出さないようにしてるのに! 京ちゃんのいじわるー!!」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 10:59:25.92 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-138)

    ……もう何回も何回も、食傷気味になるほど見飽きた光景だというのに、いまだ胸がじくりと痛む。
    二人はお付き合いしてるんですか。
    っていうか、いっそ付き合っちゃったらどうなんですか。
    我慢しきれず、そう声を掛けそうになったことが何度もある。

    そして、その度に思いとどまってきた。
    余人の踏み入ってはならない領域というものは、確かに人間と人間の間には存在する。
    人の心の機敏に疎い私でも、どうにかそのくらいは理解できた。

    須賀くんは分け隔てなく色んな人に笑いかけて、その度に人から色とりどりの笑顔を返されている。
    しかし彼の心の中には、たった一人のために空けてある特等席があるのだ。
    そのことを思うと、下手な口出しはできなかった。
    15 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:01:48.18 ID:PIQ7gEOE0 (-29,-14,+1)
    のどっちage
    16 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:03:44.19 ID:ZfFn9kXV0 (+93,+30,-130)

    「おおーーっす! 待たせたなお前らっ!!」

    「いちいち声がでかいんだよなお前……」

    「ご主人様に口答えするない、バカ犬!」

    「まあまあ、優希ちゃんも京ちゃんも落ち着いて」


    そのうち優希が、底抜けの陽気とともに部室に飛び込んできた。
    二言三言、いつものやりとりを交わすと、誰からともなく自動卓の前に。
    この四人が、清澄麻雀部の現三年生。
    最も長きに渡って、苦楽を共にしたかけがえのない仲間。

    この夏の大会をもって清澄高校麻雀部を引退した四人が、久々の全員集合を果たしたのであった。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:08:50.15 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-80)

    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


    気が付けば夕陽もすっかり沈み、窓の外は一面の闇に彩られていた。


    「だああああっ!!」

    「また負けたじぇぇ!!!」


    須賀くんと優希、4位と3位に沈んだ二人が二人して卓に突っ伏す。
    私が2位で、宮永さんがトップ。
    統計的に、長期的に考えて、いつも通りの結果が出ただけだ。
    それなのになぜだろう。
    私はなんだか、理由もなく泣きたい気分になっていた。


    「そういやさ、和はプロ入り蹴って進学すんだっけ?」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:13:28.64 ID:b13sp1Rj0 (+24,+29,-2)
    とりあえず期待はしてやんよ
    19 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:14:17.58 ID:prPkW8ixO (-25,-15,+0)
    20 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:14:49.13 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-160)

    須賀くんが卓に伏していた顔を上げて、何気ない口調で言った。
    多分、私の内心のどうしようもないやるせなさを察して、気の紛れるような話題を振ってくれたのだ。
    本当に、頭が上がらない。


    「もったいないよねー、和ちゃんの実力なら活躍間違いなしなのに」

    「父が、将来のために大学だけは出ておけと……かくいう私も、今回は父の考えがよくわかりますから」

    「のどちゃんの人生設計は麻雀同様、実に堅実だじぇ」


    優希の揶揄するような言葉に、宮永さんが頬を掻きながら苦笑する。
    彼女は全国大会で見せた圧倒的な個人成績を武器に、すでにプロ入りを決めている。
    彼女の実力をもってすれば、プロ入りというリスキーな選択肢もギャンブル足り得ないだろう。
    21 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:20:04.67 ID:ZfFn9kXV0 (+93,+30,-147)

    「優希ちゃんと京ちゃんは……」

    「私は池田……センパイと同じ大学で麻雀続けるじぇ」

    「ああ。そういやお前、あの人には何かと気ぃかけてもらってたよな」

    「それじゃあ、優希と私は大学ではライバル同士、ということになりますね」

    「おう、負けないじぇのどちゃん!」

    「ちぇー、いいよなぁみんなは。俺一人だけ一般入試でヒーヒー言ってんのにさ」

    「なんならあたしんとこ、一芸入試で受けてみるかー?」

    「バカ言え、俺の麻雀は大学で続けられるレベルにゃねえよ。優希だって知ってんだろ?」

    「そうじゃなくて、マネージャー力でだな」

    「それこそ無理に決まってんだろーが!」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:25:24.10 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-237)

    須賀くんのツッコミにつられて、三人して大笑いした。
    彼は憮然としてそっぽを向いたが、ポーズだけだということはこの場の全員が承知だ。
    笑いながら、私は優希の提案も案外理にかなっているのでは、などと埒もないことを考えていた。

    二年前に全国制覇を果たして以降、麻雀部への入部希望者は激増した。
    というより長野県全体で、清澄高校進学を目指す学生の母体数そのものが、相当増えたらしい。
    そうなれば当然、レギュラーに入れない後輩も出てくる。
    須賀くんが今まで一人でこなしていた雑用まがいの仕事を、分担させられるだけの人数はゆうにいた。

    しかし、それでも私や染谷先輩は、須賀くんのサポートこそを欲した。
    無論本人の意思は尊重した上でだ。
    頭数や麻雀の実力では語れない、えも言われぬ安心感を、須賀京太郎という少年は私たちにもたらしてくれる。

    私たちにとって最後のインハイの直前、私は遠慮がちに話を切り出し、頭を下げた。
    すると須賀くんはやはりというべきか、笑って快諾してくれたのだった。
    24 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:31:25.36 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-178)

    あまりの即答ぶりに、尋ねた私の方から何度も確認をとってしまったほどだった。

    いいんですか、本当にそれで。
    須賀くんが自分の練習に専念したいなら、絶対に無理強いはしませんから。
    だから、もう少しよく考えてみてください。
    ……その上で私たちを助けてくれるのなら、すごく嬉しいですけれど。

    悔しくなかったはずがない、と思う。
    彼だって聖人君子ではない。
    私たちが何度も全国の舞台で脚光を浴びる傍ら、須賀くんは結局三年の間一度も、県予選を突破できなかった。
    忸怩たる思いが、なかったはずがないのだ。

    それでも須賀くんは、最後まで私たちのサポートに徹してくれて――――その結果清澄高校は、見事に二度目の入賞、すなわち全国準優勝を成し遂げたのであった。
    25 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:35:44.33 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-63)

    「あー、そっか。ってことは……」


    私の益体もない思索を遮ったのは、宮永さんのどこか寂しげな声だった。


    「来年からは、みんなバラバラなんだね」


    沈黙。
    心地よさとは程遠い、肌に突き刺ささるような三十秒。
    そんな気まずい空気を払拭するのは、たいていの場合彼の仕事だった。


    「……うし。せっかくだから、みんなで帰ろうぜ」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:41:05.13 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-118)

    「京ちゃん?」

    「みんな、進路のことでこれからも色々とごたごたするんだろ? まあ一番ごたごたすんのは、間違いなく俺だろうけどな」


    須賀くんが立ち上がって、頭をガシガシ掻きながら照れたように言う。


    「今日だってホント、久しぶりに集まれたんだよな。今日が12月の2日だから、いったい何日ぶりに……まぁ、それはいいや」

    「犬は計算が大雑把だじぇ」

    「うっせ……んでさ、今後何回、こういう機会があるかもわかんないじゃんか。だったら少しでも、つまんないことでもいいから……お、思い出とか、作っとこうぜ」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:45:30.44 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-78)

    ……照れたように、じゃなく、本当に照れた。
    それはもう、くさい台詞だったのだからしょうがない。
    聞いてるこっちまで恥ずかしくなるような。


    「……いいこと言うね、京ちゃん!」


    頬を赤くする代わりに目を輝かせた、宮永さんを除いて、だったけど。
    いそいそと通学カバンを肩にかけた彼女は、駆け足で部室を出て行く。


    「玄関で待ってるねー!」

    「おい、ちょ、待てってば!」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:50:32.46 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-156)

    そのすぐ後を、慌てて須賀くんが追いかけていった。
    暗がりを早足で駆け抜けようとする宮永さんのことが、よほど心配なのだろう。
    残されたのは私と優希の二人。


    「ったく、京太郎はホント過保護だじぇ」

    「別に、過保護なのは宮永さんに対してだけ、じゃないと思いますよ?」

    「……わかってる」


    ちょっぴり拗ねたような優希をなだめる。
    そう、優希だって本当はわかっている。
    須賀くんは誰に対してだって、老若男女問わず“ああ”なのだ。

    あるいは、私たちがそうさせてしまったのかもしれないけれど。
    部室の隅っこに飾った写真立てを眺めながら、私は口の中だけでそう呟いた。
    29 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:55:00.70 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-121)

    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


    「さっむいねぇ。明日は雪降るかな?」

    「あー……そりゃ勘弁だな」

    「え、なんで? 京ちゃん、雪嫌いなの?」

    「積もるぐらい降ったら、お前が滑りまくって学校まで辿りつけないかも、だろ」

    「……えいっ」

    「いってぇ! カバンで叩くなよなお前!」


    数メートル先も満足に見渡せない暗がりの真っただ中。
    キラキラした金髪と、軽くウェーブがかったショートブラウンが、楽しそうに嬉しそうに跳ね回っている。
    私と優希は二人の少し後ろから、それを言葉少なに並んで眺めていた。
    30 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 11:55:06.45 ID:N/kvzEop0 (-12,-2,+0)
    しえ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:00:46.27 ID:ZfFn9kXV0 (+90,+30,-32)

    「やっぱり、さ」


    優希がぼそと呟く。
    消え入るような声だった。
    涙を堪えているようでさえ、あった。


    「京太郎には、咲ちゃんがお似合いなんだよな」

    「……優希」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:04:06.15 ID:BZJdr+Nn0 (+15,+30,+0)

    33 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:05:35.37 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-86)

    私にはただ、彼女の名前を呼んであげることしかできなかった。
    他の言葉は、どこを探しても見つからなかった。
    そんな私の心境を知ってか知らずか、優希は突然パッと顔を上げると、先を行く二人目がけて駆け出す。


    「……そーれ、二人でイチャついてないで私も混ぜるじぇーい!!」

    「うおっぷ!? いきなり飛びかかってくるんじゃねえよ!」

    「あー優希ちゃんずるーい! 私も私もー!」


    心底困った声を張り上げながらも、須賀くんが本気で二人を振り払うことはついになかった。
    私はといえば、やはりその光景を遠い目で遠巻きにしていただけだ。
    34 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:09:51.01 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-64)

    「どうして」


    切ない。
    悔しい。
    やるせない。
    単純な感情の羅列がのしかかるように去来して、胸のうちのどこかにしんしんと堆積した。
    どうして、いったいどうして――――


    「……は、あの輪に加われないんですか」


    独白は誰にも受け取られることなく、冬の真っ黒な夜空に融けていった。
    36 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:13:31.17 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-101)

    ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


    「あ」

    「よう、和」


    結局雪は降ることなく、数日後の通学途中。
    高校の最寄り駅で改札をくぐったところで、須賀くんとばったり出くわした。


    「おはようございます、須賀くん」

    「おう、おはような」


    そのままどちらからともなく並んで、校舎までの道のりを二人行く。
    二年前ならばいざ知らず、今の私たちが、十分やそこらで道連れの与太話に欠くことはない。
    38 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:18:51.54 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-155)

    「……須賀くん?」


    ふとした瞬間、会話が途切れた。
    ちらと横目で彼を見やった瞬間、反射的に眉尻が吊り上がった。


    「また見てましたね」

    「い、いやいやいや! 誤解するなよ和! これは男にとって、心臓が拍動するのに等しい自律行為であってだなー!」

    「眼球が不随意に女性の胸部に対して自動追尾を行うなんて、そんなオカルトありえません。あなたのそれは明らかに随意運動です」


    これだ。
    こればかりは、彼が一年生の頃から何も変わらない。
    女性の……その、何というか……豊かな、胸部……もう!
    それが放つ何がしかの何かは、須賀くんの眼球運動に誘蛾灯のごとき作用をもたらしてしまう、らしいのだ。
    39 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:24:15.45 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-112)

    これだから私は、彼のことを一人の男の子として見る気になれないのだ。
    いや、確かにこの事実は、彼が立派な男性であることの証左ではあるのだけれど。


    「私は慣れているからいいですけど」

    「よっ、さすがは原村大明神! 器と胸がデカい!!」

    「後輩が何かしらの訴えを提起してきたら、父に相談しますからね。弁護士として」

    「おいやめてくれガチ犯罪者になっちまうよオレ」


    まあ、ちなみに実際の犯行現場では、
    40 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:28:47.59 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-99)

    『須賀先輩さいてーい』

    『セクハラなのですセクハラ!』

    『慰謝料としてアイス奢ってくださーい』

    『ついでにタコスも買ってこい犬』


    ぐらいの糾弾で、事件はすっかり終息を見てしまうのだが。
    須賀くんの人徳が時々、逆に恐ろしくなることがある。
    ……被害に遭いそうにない人物からの賠償請求ばかりなのは、きっと気のせいだろう。


    「ああそうだ、そう言えばさ」


    須賀くんは言うが早いか、いきなり鞄に手を突っ込んでまさぐりはじめた。
    どうやら何かを探しているようだ。
    41 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:34:05.04 ID:ehnTgm4C0 (-17,-12,-1)
    ハイパー超絶支援
    42 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:34:46.30 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-139)

    「ん、あったあった」


    差し出してきたのは、一枚のくしゃくしゃになったチラシだった。


    「へえ。諏訪湖畔で、冬の花火大会ですか。夏のそれは、全国有数の大花火大会で知られてますけれど……」


    折り目があちこちに付いたチラシを丁寧に伸ばすと、力強い字体が目に飛び込んできた。
    華やかながらもどこか侘びしい、空に咲く花の写真がバックを飾っている。
    綺麗だな、と素直にそう思った。


    「もしかして、デートのお誘いですか?」


    内心の動揺を辛うじて押し殺し、にっこりと笑いかける。
    すると須賀くんは頬を掻いて、
    43 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:38:23.32 ID:cDJ2gODG0 (-12,-2,+0)
    しえ
    44 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:39:46.83 ID:ZfFn9kXV0 (+95,+30,-65)

    「ま、そんなところかな」

    「っ」


    ぎゅっ、と拳を握り締めた。
    悟られないように俯いて、唇を軽く噛む。


    「……うして、そんな」

    「あいつらも誘ってさ、三年生四人で見に行かない?」

    「……」

    「ほら、ちょうどこの日はガッコないじゃん。だからってぇぇぇぇ!!!!?」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:41:18.08 ID:N/kvzEop0 (+24,+29,+0)
    そんなオカルトはありえる
    46 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:41:36.64 ID:ehnTgm4C0 (+16,+26,+0)
    うむ
    47 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:42:13.61 ID:prPkW8ixO (-12,-2,+0)
    しえ
    48 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:43:02.20 ID:Y371f9fqO (+19,+29,-12)
    淫乱レズ畜生が嫉妬に狂う展開じゃない…だと…?
    49 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:43:34.56 ID:ZfFn9kXV0 (+93,+30,-133)

    思いきり向こう脛を蹴飛ばしてやってから、悶絶してうずくまる須賀くんを無視して先を急ぐ。
    紛らわしいことを思わせぶりな顔で言わないでください、このおバカ。
    ため息まじりの罵倒は、胸の内に閉じ込めておいた。


    「まっ、つつぅぅ…………ま、待てってば和!」


    と思っていたら、あっさり立ち上がって私の背中に追いついてきた。
    渾身の力でサッカーボールキックを叩きこんだつもりだったのに、こういうところはさすがに男の子である。


    「……どうして、急にこんなことを?」


    今度は包み隠そうともせず盛大に息をつくと、一応は話に取り合ってあげる。
    なんだかんだ言っても、私は須賀くんのことを信用している。
    こういう時の彼に、下卑た下心は決してない。
    1%たりとも、砂粒一つ分もない、とまではさすがに言わないが。
    50 : 以下、名無しにか - 2012/10/06(土) 12:47:49.36 ID:7qCP56AWO (-29,-14,+0)
    しえん
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ×2+ - 京太郎 + - 原村和 + - 清澄 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について