のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,532,009人
911,637,436頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:670人
785頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ菫「いいだろう。なってやるよ、魔法少女!!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - + - 魔法少女SS☆スミレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:33:28.41 ID:34ZptYeL0 (+120,+29,-6)
    菫さんが可愛いもの好きで魔法少女に憧れているという風潮
    2 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:34:26.48 ID:gFI+jpSM0 (+0,+15,+0)
    はやりん☆
    3 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:34:34.50 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-149)
    休日
    白糸台駅

    「ごめん。遅れた」トテトテ

    「テルーおっそーい!」

    尭深「おはようございます」ペコリ

    誠子「おはようございまっす!」

    「おはよう、照。別にまだ集合時間は過ぎていないぞ。まあ、お前が一番最後っては珍しいな。たいていは淡だし」

    「楽しみにしてたから早く出てきたのに…」

    「嘘だー。どーせ寝坊したんでしょー」

    誠子「淡じゃないんだから、宮永先輩が寝坊なんてするわけないだろ!」

    「ぶー!」

    「ふう…」

    「なんだ?お疲れ気味だな」

    尭深「そんなに気にするほどのことでも無いと思います…けど」

    「やっぱり寝坊だ!それで走ってきたから…」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:36:15.28 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-157)
    誠子「まーだ言うかー」グリグリ

    「痛い痛いすみません」

    「誠子。許してあげて」

    誠子「むぅ…宮永先輩が言うなら…」スッ

    「ありがとテルー!セイコ意地悪!」ササッ

    尭深「あ。宮永先輩の後ろに隠れた」

    誠子「ぐぬぬぬ…」ワナワナ

    「相変わらずお前は淡に甘いな」

    「そんな事無い…と、思うけど」ナデナデ

    「むっふー」スリスリ

    尭深「頭撫でながら言っても説得力無い…です…」

    「ん?」

    「まあいいさ。で、どうしたんだ?」

    「ここに来るまでに迷っちゃって」

    「ぶっ!?」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:37:33.68 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-222)
    誠子「いやいや。ありえないですって。ここ、いっつも使ってる駅じゃないですか」

    尭深「ナイスジョーク…?」

    「それはいくらなんでもないよ。テルー…」

    「それが、嘘じゃないんだ。今日に限っていつも歩いてる道が知らない道に見えて」

    「お前…そんな電磁波で方向感覚狂った鳩みたいな」

    「困ったから途中でコンビニ寄って道聞こうと思ったら、ただ聞くのも悪いしと思ってお菓子買ってるうちに目的忘れちゃって」

    「ダメダメだなぁ!」

    「テルーポンコツ!」

    誠子「宮永先輩って、部活中はしっかり者でも、アレですかな。プライベートは結構うっかりさん的な」ヒソヒソ

    尭深「あざと可愛い」

    「…」グスッ

    「あー!泣~かした!泣かした!」

    誠子「あわわわ」

    尭深「ご、ごめんな…さい…」

    「こんな程度で泣くなよ…」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:39:39.27 ID:1RonJBoo0 (+11,+26,+0)
    続きまってる
    8 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:39:58.58 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-129)
    「うん…」ゴシゴシ

    (かわいい…)

    誠子(かわいい…)

    尭深(かわいい…)

    「そ、それじゃあ、早く行こうか」

    「おお、そうだったな」

    誠子「おっと、そうでした!」

    尭深「はい。早くしないと、時間、間に合わないかも…」

    「大変だ!」

    「各自Suicaのチャージは足りてるな?早速街まで行こうか」

    誠子「はい!宮永先輩、荷物持ちましょうか!」

    「いや、いいよ。ありがとう誠子」

    「誠子、私の時も言ったが、今日はプライベートだから」

    誠子「いっけね。そうでした!わかりましたー」

    「みんな早く早くー!」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:41:10.13 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-121)
    尭深「淡ちゃん。待って」

    「そういえばさ、菫」

    「なんだ?」

    「今日って、何しに行くんだっけ」

    誠子「」ズルッ

    尭深「宮永先輩…」

    「お前…」

    「いや…その…ごめん」

    誠子「先輩~」

    尭深「本当に…大丈夫、ですか…?」

    「うん。…多分」

    「頼むぞ?まったく…」

    「い、今は、そう。朝。朝だし。まだちょっと寝ぼけてるのかも…」

    「まあいいけど…」

    「早くー!」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:42:26.95 ID:pd7SpvTU0 (+4,+19,+0)
    すばらっ
    11 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:43:05.27 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-122)
    「こら、淡!一人で勝手に改札潜るな!」

    誠子「あー!わかったわかった!今行くから待ってろ!」

    尭深「先行ってます」ペコリ

    「ああ。淡がふらふらどこか行かないよう監視頼む」

    「菫。菫。で、目的って…」

    「本当に忘れたのか?」

    「…」

    「今日は部活休みで、『元』レギュラー陣で街の方へ遊びに行く約束だっただろ」

    「私達も引退したことだし、な」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:43:48.24 ID:DHsDWFYo0 (+19,+29,-6)
    「君の瞳にシャープシュート☆」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:44:55.15 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-148)
    (そう)

    (夏は終わった)

    (私達3年生は引退し、今は誠子が部長)

    (本格的な受験勉強…と言っても私も照も推薦はほぼ決まったようなものだが…受験勉強前の息抜きに、と誠子達が企画してくれたのが今日)

    (元レギュラー陣だけでの、初めてのプライベートの遊び)

    (淡が照と離れたくないとワガママ言ってたのがきっかけ…らしいが、まあ、今日は新部長達の心遣いに甘えさせて貰って気を緩めて目一杯遊ぼうと思う)

    (もしかしたら、今日の照のポンコツも、今までの全国3連覇という目標への重圧から解放されたが故の、本来の気性…なのかもしれんな)
    14 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:48:27.55 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-112)
    新宿かどっか

    ガヤガヤ

    「おおー。やっぱこっちはちゃんと東京してるねぇ~」

    誠子「ちゃんとって…白糸台だって一応立派な東京都なんだけど」

    「あっちはなんか東京っぽくないんだもん!」

    「まあ、言いたいことも気持ちもわからんでもないが…」

    「24区はやっぱり特別だよね」

    尭深「ん?」

    誠子「へ?」

    「テルー?」

    「…」

    「あれ…?わ、私、今なんか変な事言った?」オドオド

    誠子「今、24区って…」

    「どこ増やした」

    「えっ」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:50:18.61 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-192)
    「テルー大丈夫?頭」

    誠子「…」ゴチン

    「ごめんなさい!」

    誠子「あんまり失礼なこと言わないの!」

    尭深「調子悪いならまた今度の機会でも…」

    「い、いやいや!大丈夫だよ!ちょっとボケてみただけだから!」

    「お前のボケは分かりづらい」

    誠子「空気を切り裂く感じで発言するんで、なんかマジな雰囲気が怖いです」

    尭深「こう、冗談にしても、手心をですね…」

    「ご、ごめんごめん。そんなみんなで集中砲火しないで」アワアワ

    「テルーギャグの才能ないよ」

    「あう」ショボン

    (なーんか変だな今日のコイツ。いくらなんでもポンコツ具合が半端じゃない。みんなと遊びに出るってんでハシャぎ過ぎてんのか?)
    16 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:52:45.96 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-148)
    「ギャグと言ったらセイコだよね!」

    誠子「おう!まっかせとけ!」

    「隣の家にへいが出来たってね~」

    誠子「かっこい~!」

    尭深「古典的かつつまらない。3点」

    誠子淡「「手厳しい!!」」

    「…まあ、いいか。最初はどこに行きたいって話だった?淡」

    「映画館!」

    「映画館…ねぇ」

    (映画館…か。そういえば、今年はまだプリキュア見てなかったな。今、見そびれた春の映画の再上映やってるんだよな)

    (っていうか、そろそろ一人でコソコソ見に行くのも辛くなってきた。年齢的に)

    (まわりお子様連れか大きいお友達ばかりだし)ガックリ

    「…」チラッ

    「どしたのスミレー?」キョトン

    「いや…」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:53:17.78 ID:34ZptYeL0 (+90,+30,-44)
    (…コイツの保護者役としてなら、大手を振って見れるよな)

    「…何見たいんだ」

    「ふっふっふ~」

    (…趣向がお子様っぽいし、結構期待してるんだが)

    「ホラー」キリッ

    「え゙」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:56:52.47 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-188)
    2時間後
    映画館

    「…」ボーーー

    誠子「んー!肩凝ったー!」ノビー

    「きゃー♪怖かったねーテルー」ダキッ

    「…」カタカタ

    誠子「マジビビリしてますね。宮永先輩ホラー弱いんだ。でも、へー。貞子ってこんな話だったんだー。なんか思ってたよりショボ…ゲフンゲフン」

    尭深「…」ブルブルッ

    誠子「大丈夫?尭深。アンタもホラー苦手か」

    尭深「せ、誠子ちゃん。ちょっとお手洗い付き合って…」

    誠子「はいはい。じゃあ、弘世先輩。私らちょっと行ってきますんで、待ってて下さーい」

    「ん」ボーー

    「あ、私もー!」

    「わ、私も…!置いてかないで誠子!」モジモジ

    誠子「私は今度映画見るならアクションがいいなー。ランボーとかエクスペンタブルズみたいなの」スタスタ

    「えー?今度はコメディがいいー」トテテテ
    19 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:57:37.69 ID:BXDOFvv/0 (+14,+29,-1)
    しずよけ
    20 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:58:28.47 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-163)
    尭深「恋愛物は嫌い?」テクテク

    「ジブリかディズニーか動物…」フラフラ

    「ああ…行ってこい…」ボー

    「…」

    「行ってこい…」ボー

    「…ハッ」

    「っ!」バッ

    「~~~っ!!」キョロキョロ

    「あ、あれ!?みんなは…」

    「…」

    「…ああ。トイレか」ホッ

    「…」ヘナヘナ

    「あう」ペタン

    「こ、怖かった…」

    「特にあの貞子が井戸から這い出てくる場面とかモニターから手伸ばして来る場面とか…なんだよあれ…絶対劇場で心臓麻痺起こして死んだ人いるぞ」ブツブツ
    21 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:59:02.69 ID:49UzYZ54O (+27,+29,-29)
    はやりんキタコレ
    なりたかったのに、いいだろう。なってやるよ。とか言っちゃう菫ちゃんprpr
    22 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:59:11.76 ID:YdXoErZ00 (+21,+28,-2)
    菫さんかわいい!
    23 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 20:59:33.46 ID:glpsOnsI0 (+21,+28,-2)
    菫さんかわいい!
    24 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:01:24.45 ID:34ZptYeL0 (+91,+30,-160)
    「こ、こう…ぶわーーーっと…」

    「あ、あわわわ…」カタカタ

    「だ、駄目だ。体の震えが止まらない。みんなが帰ってくるまでに平静になっておかないと私のイメージが…」

    「何か元気になれる要素…元気になれる要素…」キョロキョロ

    「…あ」

    「…プリキュアの劇場グッズ…」


    【女の子は誰でもプリキュアになれる!!プリキュアオールスターズ、新たなるステージへ――】


    「…見たかったな」ボソッ

    (今日を逃したらもう劇場には来れないよな…)

    「…」

    (昔っから、憧れてたんだ。プリキュアとか、魔法少女とか、そんな子供染みたヒロインに)

    (可愛い格好して、魔法でみんなの夢を叶えて、悪い敵をやっつけて…恋をして)

    (そんな、どうしようもない子供染みた、妄想を。未だ、捨てきれずにいる)

    (馬鹿馬鹿しい。私はもう受験生だぞ)プイッ
    25 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:02:56.58 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-157)
    「…」

    「…」

    「…」チラッ

    (グッズ。デコレーションステッカーくらいなら…有り…か?)

    「…」コソコソ

    「いらっしゃいませー」

    「す、すみませーん…」

    「はい!何をお求めでしょう!」

    (…うん。デコステくらいならありだ)

    「そ、その…」

    「はい!」

    「そ、その…プリキュアの、デコステッカーを」

    「…(哀れみ)」

    (ぐああああ!!一気にアレな人を見る目になったぁああああ!!?)

    「その。つ、包んで戴けますか?……め、姪が、どうしても欲しいと言っていたものですので」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:04:17.62 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-233)
    (これでどうだ!そうだ!私はその…あれだ!姪が欲しいと入ってたのをたまたま思い出した、優しい普通のお姉さんだ!これだ!)

    「包装ですか?生憎プレゼント用の包装はありませんが…」

    「そ、それでいいです!」

    (よし通ったーーー!!)

    (この人、姪とか嘘なんだろうなー)

    「あ、すみません。それと」

    「…はい。なんでしょうか」

    「パ…パンフレットも…一緒に…あの、紙で見えないように包装してか…」

    「スミレー何買ってるのー」ヒョコッ

    「あksdljそいふぃあうhふじこ!!?」

    (あーあー)

    「…って、あー。これプリキュアだ~」

    「あ、淡!?いつの間に…」

    「これもうお会計済ませたー?」

    「え、ええ…」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:05:02.81 ID:eaeiw+aG0 (-13,-6,+1)
    なるほどなるほど~
    28 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:05:18.21 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-111)
    「じゃあもう持ってっていいよね!」

    「へ?」

    「あ、ちょっと…」

    「テルー!見てみてー!」ダッ

    「淡ーーーーーーーーーーーーー!!!!」ダッ

    (哀れな…)

    「どうしたの淡」

    誠子「なに子供っぽいの買ってんの淡」

    尭深「子供っぽいとは思ってたけど、そこまで子供っぽいとちょっと引くよ。淡ちゃん…」

    「菫がこんなの買ってたーーー」

    誠子「は?」

    尭深「う」

    「ん?」

    「わ、私のイメージがあああああああああ!!」


    「…」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:06:02.77 ID:34ZptYeL0 (+79,+29,-3)



    「…あいつか」


    30 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:08:40.10 ID:34ZptYeL0 (+93,+30,-172)
    カフェ

    「…」ブッスー

    「菫。ごめんね。許して」

    誠子「すみません弘世先輩。いや、あまりにも意外で…」

    尭深「ごめんなさい」ペコリ

    「まったくだよ!みんな、あのあと爆笑するだなんて…」

    「誰が諸悪の根源だ!」ポカッ

    「申し訳ありません!!」

    「この!この!アンポンタン!礼儀知らず!天然畜生!」ブンブン

    「ごーめんーねースーミーレー」ガクガク

    「す、菫。その辺で許してあげて。淡が首振り人形みたいに揺れてるよ…」オドオド

    誠子「これ以上脳みそ揺すってこれ以上馬鹿になったら面倒見切れないので」

    尭深「先輩。びーくーる。びーくーる」

    「むぅ…」ピタッ

    「おーほーぅー揺れるー」カクンカクン
    31 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:10:22.14 ID:zyUyTPj70 (-26,-14,-1)
    しえん
    32 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:11:17.60 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-222)
    「…ったく。反省したか?したなら、もう人の嫌がる事するな。行動する前に結果を考えろ!」

    「かしこまり!」ビシッ

    「…みんな、無様を晒してすまなかったな。つい取り乱してしまった」

    「ううん。私達の方こそごめんね」

    誠子「人間、隠したい趣味の一つや二つありますって!私はむしろ弘世先輩のその趣味、知れて好感度上がりましたけどね!」

    「は?」

    誠子「だって、ねぇ?」チラッ

    尭深「うん。完璧人間の弘世部ちょ…元部長の可愛いとこ、見つけた」ニコッ

    「完璧って…止してくれ。私はまだまだ未熟者で…」

    誠子「何事も卒なくこなし、曲者ぞろいの白糸台麻雀を部長として1年間見事に統率してきた人間の言う台詞じゃないですよ。それ」

    「あのなぁ誠子。お前だってこれから1年同じ役割を…」

    「菫。今はお小言はいいから」

    尭深「ギャップ萌え」

    「萌えって…」ガックリ

    「…わかったよ。取り敢えず私の恥ずかしい少女趣味を受け入れてくれてありがとうな。あんまり公言するんじゃないぞ。特に淡」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:13:41.36 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-192)
    「良かったね。菫」パクパク

    「なんだかなーって感じだが、まあ結果的には…って、照!?お前いつの間に!」

    「ああー!テルーのデラックスジャンボプリンパフェもう来たの!?」

    誠子「でかっ!来るの早っ!そして食べるのも早っ!」

    「おいしいよ」パクパク

    「うー。いいなー」

    「みんなの分待てよ。協調性のな…」

    誠子「ん?」クルッ

    「…ん?どうした誠子」

    誠子「…あ。いえ…なんか、視線を感じたんですが…」

    「視線?その方向には誰も居ないが」

    誠子「あれー?」

    「もしかしてオバケ!」

    尭深「やめてください」

    「私も尭深に賛成だ。ひ、非科学的な」キョロキョロ
    34 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:15:20.61 ID:eaeiw+aG0 (+13,+25,-1)
    菫たそ~
    35 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:18:13.91 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-152)
    誠子「うーん…でも、確かに…って、居ないんなら仕方ないか。すみません、勘違いだったかも」

    「やっぱりオバ」

    「殴るぞ」

    「何卒御容赦下さい」ペッコリン

    尭深「あ、私の緑茶と宇治金時も来た」

    「宇治金時美味しそう!」

    「いつも緑茶だな尭深」

    尭深「アイデンティティですので」

    「はあ」

    「わーい!私のプリンケーキも来たー!!」

    「それも美味しそう。ねえ淡。ちょっと食べっこしようよ」

    「うん!」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:20:09.98 ID:jmxMpSFK0 (+1,+16,-3)
    咲さんか?
    37 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:22:13.95 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-181)
    誠子「私のロシアンティーとナッツも来ましたね」

    「あとは、私のだけか…それ、渋いな。いつもはこういう場面だとがっつり食べるのに」

    誠子「なんとなくです。先輩のまだですかね?今度店員近くに来たら聞いてみましょうか」

    「ああ、誠子。ありがとう、助かるよ。後、みんなは遠慮せずに先に食べていてくれ。待たせるのは心苦しいから」

    「わかった!」

    誠子「それでは失礼して…」

    尭深「先に頂きます」

    「ああ」

    「…」

    (早く来ないかな。楽しみだな。クレーム・ブリュレ。ここのカフェのスイーツはどれもネットで評価高いしな…)

    「…」ソワソワ

    「パクパク」

    「…」ソワソワ

    尭深「ズズ…」

    「…」ソワソワ
    38 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:24:40.79 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-114)
    「美味しいね!テルー」

    「うん」モグモグ

    誠子「ああ、淡。口にクリーム付いてる…」フキフキ

    「モガモガ」

    尭深「ふふ…」クスッ

    「…」ソワソワ

    (…まだか)イラッ

    「…あの、すみませんお客様」

    (来たっ!!)

    「はい。なんでしょうか」クルッ

    「その…大変申し上げにくいのですが…」

    「は?」ピクッ

    「あ、あの…お客様のご注文なされたアイスコーヒーとクリーム・ブリュレなのですが…」

    「はい」ヒクッ

    (…なんで何も持ってきてない?)ヒクヒク
    39 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:25:49.71 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-60)
    「…作った筈のものが、急に何処かに行ってしまいまして…」

    「…」ピクッ

    「…いえ。その…確かにさっきまでは確かに有ったんですが…」

    「な…ななな…」ワナワナ

    「い、今、急いで新しいのを作っておりますので…」

    「なんじゃそりゃああああああああああ!!!」


    「…ゲッフ」

    「…チュー」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:29:02.32 ID:JppVcutg0 (-22,-10,+0)
    ドンマイw
    41 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:29:59.35 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-164)

    菫の部屋

    「…ふう」ボフッ

    「…」ガサガサ

    「…えへへ」

    (プリキュアのステッカー。かわいいな)

    (パンフレットは…明日読もう)ウキウキ

    (枕元においておこうか。いい夢が見られるように)ゴソゴソ

    「…」

    「…楽しかったな、今日。ありがとう。誠子。尭深。それに、淡」

    「私と照に、想い出を作ってくれたんだろう?まったく…私たちは良い後輩に恵まれたよ」

    「映画も怖かったが楽しかったし、あの後結局出てきたクリーム・ブリュレとアイスコーヒーも、多少のトラブルはあったがとても美味しかった」

    「その後はみんなで買い物もしたし…」

    「…」

    「…私としたことが、大人げないことで怒ってしまったな。情けない」

    「どうも、最近短気で困る。ケアレスミスも多いし…調子が良くないというか…」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:30:57.85 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-129)
    (照じゃないが、部活を引退して気が抜けたか?)

    (…だとしたら、少々気を引き締め直さねばいかんな。引退したとはいえ、私は白糸台の弘世菫なのだ。情けない姿を衆目に晒すのも憚られる)

    (推薦があるとはいえ、学業を疎かにする訳にもいかないし…)ウト…

    (兎に角、明日は日曜だし、早起きして…授業の…予習…で…も…)ウツラ…ウツラ…

    「…」

    「…」スヤスヤ
    43 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:33:34.92 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-105)
    「…」

    「…ふむ」

    「…」ゴソゴソ

    「すー…すー…」

    「なんやこれ」

    「…プリキュア?」

    「ふん」ポイッ

    「…」

    「こいつが」

    「やっぱ『そう』なんか?」

    「そげな感じしなかったばってんなー」

    「…ま、しゃーないか。それでもこいつだってんだから」

    「えーっと…名前名前」ゴソゴソ

    「弘世菫…って、げっ!今思い出した!こいつ、あいじゃなかか!白糸台の!」

    「うげ~…マジですか」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:34:06.53 ID:34ZptYeL0 (+89,+29,-16)
    「…はぁ。どっかで見たことあるとは思ったけど…」

    「…ま、よか」

    「初仕事。やったるけん」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:36:13.10 ID:zyUyTPj70 (-27,-15,-1)
    46 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:38:52.18 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-156)
    「すー…すー…えへへ…ぷりきゅあ…」

    「おい。おい、おまえ。起きろ」

    「すー…」

    「おい。おまえ。起きろ」

    「ん…」

    「寝ぼけとう場合じゃなかぞ」ユサユサ

    「ううー…」ギュッ

    (誰…?ママ?うるさい…今日は休日だよ…)

    「こんガキ…布団掴みやのっち。意地でも起きなか気か」

    「プリキュアまでには起きるから…」ムニャムニャ…

    「こいつ。いい歳こいてからに…いい加減に…!」ギュッ

    (うるさいなぁ…)

    「うみゅ…」モゾモゾ

    「起きんかい!!」バサッ!!

    「おわあああああ!?」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:41:23.37 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-259)
    「痛てっ!!」ドシン!!

    「いたたた…ぐお…腰打った…」サスサス

    「ようやっとお目覚めか眠り姫」

    「っ!?なっ!?なんだなんだ!?ってか。誰だ!?」キョロキョロ

    (くっ!部屋が暗くて姿がよく見えない!)

    「くくくくく…」

    (携帯…駄目だ、枕元だ。布団ごと引き摺り落とされたせいで私が離れてしまった!)

    「なんでこの部屋に人が居るんだ!?窓は鍵かけたし、第一此処は2階だぞ!」

    (なんとか会話して注意を引きつつ明かりを付けて…)

    「ふん。そんな事か。容易か事よ」

    (眩しさに怯んだところを取り押さえる!この声は女だし…シルエットからも武器の類は持っていなさそうだ。いけるか?)ジリッ

    「うちは魔法んマスコットやけんな」

    「は!?」

    「ふひひひ…やはり驚いたか」

    (こ、こいつ!気狂いか!?)
    48 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:43:29.66 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-254)
    「な、ななな何を訳のわからない事を…!」

    「そしておまえはうちのパートナーとしての才能の保持者…らしい」

    「!!?」

    「お?動揺したばいな。そうやろう!そうやろう!」

    「よ、世迷言を…」ジリッ

    (こ、こいつ…本格的にヤバイぞ!)

    「ふん。そう言われるんは分かっとったわ」

    「あ、当たり前だ!」ジリッ

    (放っておいたら何をするかわかったもんじゃない!先手必勝だ。やはり暴れ出す前に急いで取り押さえ、然る後に大声を上げて人を呼ぶ!)

    「そして、そう言われた時の対策も」

    「…言ってみろ」コツン

    (…よし、リモコンが足に当たった。この部屋のライトは点灯するまでのログタイムが1~2秒ほどある。スイッチを押してすぐに仕掛けるぞ。それにこいつ、少し喋ってから大きく息を吸う癖があるな)

    「よか。ならば聞くが良い」

    (その時が何か語りたそうにしてるし、気持ち良さそうに存分語るが良い。隙を見て直ぐ様襲いかかってやる…!)ググッ
    49 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:44:24.03 ID:34ZptYeL0 (+95,+30,-105)
    「そう」

    (今だ!足で明かりを…)カチッ

    チカッ

    「おまえには…」

    チカッ

    (そして…!その足に力を貯めて、直ぐ様奴の足元にタックルを…!)ググッ

    「魔法少女の才能がある」

    (今だ…って、え!?)

    「…え」

    「…魔法少女!?」ビクッ

    「そう。魔法少女」

    パッ

    「…何言ってんだお前」

    (…明かりが…点いた。最悪だ。攻めのタイミングを逃した)
    50 : 以下、名無しにか - 2012/09/29(土) 21:44:53.79 ID:eaeiw+aG0 (-27,-15,-1)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - + - 魔法少女SS☆スミレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について