のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,546,832人
911,654,047頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:332人
348頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ奉太郎「貸出プレイ・・・・・・だと・・・・・?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ntr + - 寝取ら + - 寝取られ + - 氷菓 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:00:15.27 ID:ApJzQnOR0 (+125,+30,-191)
    「どうだい?奉太郎?」

    奉太郎「どうもこうも…お前がなぜそんなことを言うのか、俺にはさっぱり理解できないんだが」

    里志「ふうん。まあ普通の人なら嫌悪感を抱くかもしれない」

    奉太郎「現に俺もそうだ」

    里志「そうかな?僕は奉太郎ならわかってくれると思うんだけどな」



    里志「自分の女が他の男に抱かれる、この快感にさ」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:00:34.26 ID:BcnT4SVG0 (-12,+0,+0)
    wktk
    3 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:01:29.01 ID:yIww3eMo0 (+19,+29,+0)
    本のことかと思った
    4 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:02:16.59 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-253)
    奉太郎「っ!!この俗物がっ!」

    里志「まあまあ、落ち着けよ奉太郎」

    里志「君は最近、千反田さんとどうだい?」

    奉太郎「どうって…。いたって普通に交際させてもらっているが」

    里志「果たして、本当にそうかなあ」

    奉太郎「どういう意味だ」

    里志「千反田さんに聞いたよ。君達最近、してないんだろ?」

    奉太郎「!!なにをっ」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:03:40.70 ID:HMC2Ffw90 (-22,-12,-1)
    期待
    6 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:04:20.97 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-298)
    里志「正確に言えば、できなくなった…かな?君のEDが原因で」

    奉太郎「……っ」

    里志「君の愚息は千反田さんの裸体を見ても反応しなくなった。そこには奉太郎のコンプレックスが根底にあると踏んでいるんだが、違うかい?」

    奉太郎「…言ってみろ」

    里志「簡単さ。きみは千反田さんと自分が釣り合わないんじゃないかと思っている」

    奉太郎「うるさいっ!」グイッ

    里志「……本当の事だろ?奉太郎。離してくれよ」

    奉太郎「チッ」

    里志「なにも君を責めてるわけじゃないんだ。君達二人のお手伝いになればな、ってね」

    奉太郎「…」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:08:26.83 ID:ApJzQnOR0 (+88,+30,-297)
    里志「さっきの話に戻るよ。君は千反田さんに気後れしている」

    里志「省エネ主義な君の事だ。どうせ消極的、非活動的な自分は、快活な千反田さんを満足させられないだろう、とでも考えてんじゃないかな」

    里志「それが千反田さんとのセックスに反映した」

    奉太郎「……」

    里志「満足させられないかもしれないというプレッシャーが、君を不能にしたんだ」

    奉太郎「…だからどうしたっていうだ」

    里志「千反田さんが摩耶花に相談していてね。自分は奉太郎に嫌われてしまったんじゃないか、ってさ」

    奉太郎「そんなことはない!」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:10:17.39 ID:ApJzQnOR0 (+83,+30,+0)
    里志「そんなはずないよね。君は千反田さんにゾッコンだもの。その辺は僕もよく分かってるさ」

    里志「でもね、奉太郎。女の子にとって、彼氏が自分とのセックスで勃たないっていうのはね、それはそれはショックな事なんだ」

    里志「それはイコール、自分に魅力がないってことなんだからね」

    奉太郎「……」

    里志「わかってる。千反田さんはなにも悪くない。悪いのは奉太郎、君だ」

    里志「そこで僕がお手伝いしてあげようと思ってさ」

    奉太郎「それとさっきの話がつながる訳か?さっぱり意図がわからん」

    里志「あれ?もう気付いてるんじゃないかな」

    里志「奉太郎、君は千反田さんが自分以外の男と寝たとしたら、どう感じる?」

    奉太郎「凄まじい嫌悪感で、胸が張り裂けそうになる」

    里志「それだけかい?」

    奉太郎「……?」

    里志「興 奮 す る ん じ ゃ な い か?」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:12:13.13 ID:uVYMv7c50 (+29,+29,-4)
    このデータベース中の人が悪い声出してそうだな
    10 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:12:16.64 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-220)
    奉太郎「そ、そんなわけあるかっ!!!!!」

    里志「おやおや、奉太郎。省エネ主義の君らしくない。声を荒げるなんてね」

    奉太郎「お、お前が変なことをいうからだ!」

    里志「なにも不思議なことじゃないよ奉太郎。男というのはね、自分の女が奪われそうになる時にはある本能が働くのさ」

    奉太郎「……」



    里志「すばり、子孫を残そうとする強い意志だ。性欲ともよばれるね。興奮はそれに不随するに過ぎない」

    奉太郎「狂ってる」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:14:33.54 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-223)
    里志「君は相手の男を殺したいと思うよね?それと同時に、女に対してはもう二度と離すものか、とも思うよね」

    里志「それら二つの感情はね、根本的には同じなんだよ」

    奉太郎「おい」

    里志「子孫を残す。実に単純な欲望さ」

    奉太郎「おい」

    里志「興奮。激情。焦燥感、これらのリビドーはさ、性欲に起因するんだ」

    里志「女が奪われる。その事実は時にね、最高の抗癌剤さ。とりわけ君にとってはね」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:15:48.40 ID:HMC2Ffw90 (+31,+26,-2)
    脱いでいいのか?
    13 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:15:56.04 ID:ApJzQnOR0 (+83,+30,-245)
    奉太郎「どういうことだ」

    里志「はやる焦燥感。深い絶望。それとは別に自らの中に渦巻く激情。これに気付いた時、君の問題はすでに解決している」

    奉太郎「…もったいぶるんじゃねえっ!」

    里志「気付いてないのかい?君の愚息は…」

    里志「もうすでに勃っているじゃないか」

    奉太郎「な、なにを馬鹿なっ」

    里志「確認するのが怖いのかい。まあそれでもいいさ。まあ僕には」

    里志「君の股間の膨らみが偽りだとはおもわないけれどね」

    奉太郎「………っ!!」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:16:06.88 ID:7EcfDPqp0 (+24,+29,-17)
    里志×ほーたろーで良いよ
    15 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:16:34.20 ID:CG0v1mtN0 (-6,+8,+0)
    ほうたる~
    16 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:16:57.62 ID:ApJzQnOR0 (+68,+30,-202)
    >>12当然エロはある

    里志「千反田さんとのセックスでは勃たないのに、彼女が抱かれる想像をしたら勃つなんてね。やっぱり君も、変態だ」

    奉太郎「う、嘘だっ!!これは何かの間違いだっ!」

    里志「僕はね、決して千反田さんとセックスしたいわけじゃない。あくまでも、君達のためなんだ。もう一度言うよ奉太郎」


    里志「千反田さんを抱かせてくれないか」

    奉太郎「断るっ!!」

    里志「……ここまで言ってもわからないのかい?」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:18:50.79 ID:ApJzQnOR0 (+93,+30,-275)
    奉太郎「お前が言っていることは無茶苦茶だ!だいたい、お前が俺の立場だったら了承するのか?たとえば伊原を……」

    里志「愚問だね。了承するに決まってるよ」

    奉太郎「っ!?馬鹿な!?」

    里志「こんなに興奮するシチュエーションはないよ。自分の親友に自分の女を抱かれる?最高じゃないか!なんだったらこっちからお願いしたいくらいだよ」

    奉太郎「お、お前」

    里志「それにさ、僕が既にやっている…とは思わないのかい?」

    奉太郎「……なんだと」

    里志「遠垣内先輩。羽場先輩。尾道先生に山内」

    奉太郎(…?)

    里志「僕が摩耶花を抱かせた相手だよ」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:20:02.68 ID:uVYMv7c50 (+24,+29,+0)
    まやかそーーーー!!
    19 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:20:45.22 ID:ApJzQnOR0 (+93,+30,+0)
    奉太郎「ば、馬鹿かっ!!お前は……自分に惚れてる女になんてことをっ!!!」

    里志「遠垣内先輩と羽場先輩で3Pさせたこともあったっけな。宿泊研修では山内に一晩貸し出し。尾道先生には温泉旅行に連れて行かせ、僕のいないのところで一日中抱いてもらった」

    奉太郎「い、伊原は……あいつはどう思ってるんだ」

    里志「最初はいい気はしてないみたいだったね。僕の言うことをよく聞いてくれたものさ。でも今は病みつきだね。この頃は自分から身体を差し出してるよ。もちろん、行為の際は撮影をお願いしているけれど」

    奉太郎「お前はっ…なんともおもわないのか…」

    里志「さっきも言ったろう?僕は寝取られることへの快感に病みつきさ」

    里志「だからこそ言える。君はこちら側にくる素質がある。そして」

    里志「これだけが君を、不能から救い出す方法さ」

    奉太郎「……」

    里志「まあ、騙されたと思って。僕に全てを預けてみてよ」

    奉太郎「里志」

    里志「いい返事…期待してるよ」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:21:46.76 ID:7EcfDPqp0 (-24,-14,+0)
    ホモはよ
    21 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:24:19.14 ID:ApJzQnOR0 (+90,+30,-168)
    奉太郎(…あいつの言うことは本当だ)

    奉太郎(えるが他人に抱かれる。想像しただけで興奮してしまう)

    奉太郎(……なんて男だ俺は。自分の女の痴態で勃ってしまうとは……)

    奉太郎「なあ、える」

    える「なんでしょう奉太郎さん」

    奉太郎「俺のこと……好きか?」

    える「な、なにを言っているんですか///いまさらですっ」

    奉太郎「答えてくれ」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:26:25.78 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-165)
    える「……好きですよ///決まってるじゃないですか」

    奉太郎「ああ、俺も好きだ」

    奉太郎「愛している」ギュッ

    える「わっ、わ、わ私もです///」キュー

    える「どうしたんですか奉太郎さん///今日は変ですよ?」

    奉太郎「いや、お前が可愛くてな」

    える「…もうっ…」ポスッ


    奉太郎(える…俺は…お前に…最低な事をさせるかもしれない)
    24 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:28:44.97 ID:ApJzQnOR0 (+90,+30,-147)
    里志「やあ、奉太郎」


    奉太郎「……」


    里志「その様子だと…答えは決まったみたいだね」

    奉太郎「ああ」

    里志「聞かせてもらおうか」

    奉太郎「……




    えるを頼む」

    里志「請け負うよ」ニヤッ
    25 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:29:38.62 ID:7EcfDPqp0 (+14,+19,-4)
    いやだからホモは
    26 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:30:35.77 ID:uVYMv7c50 (+24,+29,-3)
    ほもじゃないよほもだよ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:30:54.92 ID:jxvBJG5M0 (+14,+29,-1)
    荒れないか心配
    28 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:31:49.07 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,+0)
    里志「ところで、千反田さんには了解はとってあるのかい?流石に嫌がる相手を無理やりにするのは主義に反するんだ」

    奉太郎「ああ、えるには了解をもらった」

    里志「どんな顔してたんだい?彼女」

    奉太郎「信じられないって風だったな。普段からでかい瞳がより見開いていたよ」

    里志「よく了承してもらえたね」

    奉太郎「おれの不能を治すためだと言ったら、快くオッケーしてもらえたよ」

    奉太郎「正直、罪悪感が凄まじいがな」

    里志「はは、今に病みつきになるさ」

    里志「それにね、いわゆる貸し出しプレイ、スワッピングといったものを経験すると、マンネリを解消するカップルも多いんだ」

    奉太郎「俺とえるもそうなれたらいいな」

    里志「なるのさ。保証するよ」

    里志「それじゃあ日程は追って連絡するよ」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:31:56.30 ID:HMC2Ffw90 (+19,+29,+0)
    風邪ひきそう
    30 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:33:16.37 ID:ApJzQnOR0 (+85,+30,-252)
    奉太郎「える…本当にいいのか?」

    える「何を言うんですか。私、奉太郎さんのためなら、どんな事だってできます」

    奉太郎「……すまない、俺は」

    える「気にしちゃだめです。私、奉太郎さんがどういう思いでこの決断をしたか、手に取るようにわかります」

    える「私をもう一度、抱く為ですよね。満足させるためですよね」

    える「奉太郎さん。私は嬉しいんですよ?」

    奉太郎「える……俺は、自分がわからないっ!」

    奉太郎「お前が他の男の腕で果てる、想像しただけで、苦しい、激しい動悸がするんだ!」

    奉太郎「でもな、今の俺は、そうする事でしか勃てないんだよ!勃起しないんだ!」

    奉太郎「最低な男だよ……」

    える「っ!」パンッ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:33:41.67 ID:uVYMv7c50 (+24,+29,-1)
    すでに感動しつつある
    32 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:36:39.58 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-198)
    奉太郎「っ……え、える?」ヒリヒリ

    える「貴方がそういう姿勢でどうするんですか」

    える「私だって嫌です。奉太郎さん以外の男の人に抱かれるなんて」

    える「それでも、貴方の為だからするんです」

    える「貴方はどっしり構えていればいいんですよ。そうでないと、私が了承した意味がありません」

    える「長い目で見ましょう。たった一度、私が身を切るだけで、問題は解決するんです」

    奉太郎「える…お前」

    える「それに私、これが終わった時、奉太郎さんがどう回復するのか、真に気になります」ニコッ

    える「いい夢を見れるようになると良いですね」

    奉太郎「えるうううううう!!」

    える「よしよし」ナデナデ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:36:57.55 ID:YzbrE4JV0 (+19,+29,-14)
    俺も寝取られたい
    彼女いないけど
    34 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:38:57.64 ID:7EcfDPqp0 (+29,+29,-7)
    ほーたろー可愛いから…つまりそういうことだ
    35 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:40:05.23 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,+0)
    里志「概要を説明するよ」

    奉太郎「ああ」

    里志「まず、ホテルを二部屋予約する。両隣になるようにね。片方は僕と千反田さんの、もう片方は君が入るんだ」

    奉太郎「俺も部屋に入るのか」

    里志「その方が興奮するのさ。隣の部屋で情事が行われているという状況にね」

    奉太郎「そういうものか」

    里志「それできみにはある機械を渡す」

    奉太郎「なんだ?」

    里志「無線機みたいなものさ。君に渡した子機から、僕と千反田さんの部屋に設置する本機に電話がかけられるようになっている。ちなみに僕がとらずとも、自動で受信するんだ。僕たちの部屋で何が行われているか、聞きたくなったらかけるといい」

    奉太郎「…一体なぜこんなものを」

    里志「当日になったらわかるよ。ただし、一回の電話で通じる時間は三分に設定してある」

    奉太郎「制限時間をつけるのか?」

    里志「うん。といっても、かけたければ何回かけてもいいからね」

    奉太郎「……」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:43:51.74 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,+0)
    里志「先に聞いて置きたいんだけど、行為に関して、これだけは守って欲しいってのはあるかな」

    奉太郎「……そうだな。ゴムを付けてくれればそれでいい」

    里志「本当にそれだけ?」

    奉太郎「何が言いたい」

    里志「普通なら、キスは辞めてくれとか、アナルプレイは駄目だとか、いろいろあるんだけどね」

    奉太郎「…さすがにアナルは…」

    里志「ふふ。了解。どうせ開発してないんだろ?」

    奉太郎「余計なお世話だ。そんなこと、えるにはさせられない」

    里志「大事にしてるね」

    里志「それとホテルのお金は僕が払うよ」

    奉太郎「いいのか?」

    里志「これぐらいさせてもらわないとね。君達ばかりに身を切らせるわけにもいかない」

    奉太郎「わかった。よろしく頼む」

    里志「お安い御用さ」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:46:28.46 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-159)
    当日

    える「奉太郎さん、時間までまだあるので、少し散歩しませんか?」

    奉太郎「ああ、いいぞ」

    える「…」テクテク

    奉太郎「…」テクテク

    える「奉太郎さん。覚えていますか?私達が付き合い始めたころ」

    奉太郎「忘れるわけないさ。お前が俺に「氷菓」の件で相談してくれた、あの喫茶店だったな。俺たちの馴れ初めは」

    える「ふふ、あの時私、上がっちゃって……告白なんて初めてだったから」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:46:38.62 ID:pAMaV5dkO (+19,+29,-3)
    信じて送り出した…
    39 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:51:01.43 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,-139)
    奉太郎「俺から告白しようと思ったのに、先を越されるとはな」

    える「恋は先手必勝ですよ」

    奉太郎「尻に敷かれないようにしないとな」

    える「奉太郎さん。これが終わったら……旅行に行きませんか」

    奉太郎「いいな。二人で?」

    える「ええ。前に行った、温泉旅館へ」

    奉太郎「ああ、行こう」

    える「約束ですよ」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:53:13.11 ID:ApJzQnOR0 (+90,+30,+0)
    1.

    奉太郎「…」

    える「…」

    里志「そう硬くならずにね」

    俺、える、里志はホテルの一室に居る。俺の部屋として予約した部屋だ
    えるはシャワーを浴びて、バスタオルを身に包んでいる。俺と里志二人の前で、素肌をさらしていた。
    艶めかしい、綺麗な柔肌。
    髪はいつも俺とする時のように、後ろで纏めていた。露出したうなじが、男を狂わせる色香を醸し出す。幾度となく、この首筋に舌を這わせてきた事を思い起こす。
    タオルに隠れて見えないが、普段のえるからは想像も出来ない大きさの乳房が伺えた。意外に着痩せするタイプなのだとわかったのは、始めて体を重ねた時だ。
    ギリギリ手に収まるほどの大きさ。あの制服の何処にこんな物を隠し持っていたのかと疑いたくなる。どんな男よりも先にその頂きを手に収めた時は、感動で手が震えたほどだ。
    そして、自己主張してやまない下半身。ふくよかとまではいかないが、十分張りのある太腿。肉感があり、突けばそれだけ帰ってくる弾力があるのだ。
    手を這わせたい。舐め回したい。孕ませたい。様様な衝動に駆られる
    41 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:57:39.41 ID:ApJzQnOR0 (+95,+30,+0)
    しかし、里志には、これからえるの全てを見せることになるのだ。況や、彼女の肌にも触れさせることになる。俺だけが知っているえる 。もう、えるの裸は、俺だけのものではなくなってしまうのだろう。

    里志「それじゃあ奉太郎、いってくるよ。手はず通りにね。行こうか、千反田さん」

    える「ええ……あの、奉太郎さん」

    奉太郎「……どうした?える」

    える「あの……キスしてもらえませんか」

    奉太郎「ああ」スッ

    える「…んっ、ちゅっ、はぁ……ん…」

    奉太郎「んっ、…これで……いいだろうか……」

    える「はい。有難うございます。あの…」

    里志「千反田さん。そろそろ」

    える「あ……すいません福部さん」

    える「奉太郎さん……私……頑張りますから」

    奉太郎「あ……待っ」

    ガチャ……バタン

    最後にえるの見せた儚げな表情が、俺の心をどうしようもなく揺さぶった。
    42 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:58:21.15 ID:ApJzQnOR0 (+78,+30,-225)
    太郎(これから…えるが…里志に抱かれる……)

    奉太郎(……なんてことをしてしまったんだ俺は……こんなときになって後悔するなんて)

    しかし、こう思いながらも俺は、自分の陰茎が抑えきれぬ興奮のあまり勃起している事に気付いていた。

    奉太郎「…」

    手には里志から渡された無線機。あの二人の部屋に繋がるらしい。今になって思えば、音声だけでよかったのかもしれない。映像まで見せられたら発狂してしまうだろう。

    周りを見渡す。テレビ、テーブル。申し訳程度置いてあるランプ。普通の部屋の一室だ。おそらく同じ光景のなか、あの二人はセックスに勤しむのだろう。

    頭がぼうっとする。こうした状況ならなければ感じられない。無気力感、焦燥感。

    二人がでていってまだ五分と経たず、俺は無線機の通話ボタンを押した。湧き上がる様々な感情に蓋をしめて。

    43 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:59:46.72 ID:FJcjKVn90 (+19,+29,-6)
    名前でよんでるほーたろーがかわいい
    44 : 以下、名無しにか - 2012/09/10(月) 00:01:23.88 ID:gXTnM6we0 (+60,+30,-223)
    える「ん、ちゅ、はむっ……はぁ…」

    える「里……んっ…はぁ、ちゅ」

    既に行為は始まっていた。えるの声が聞こえた瞬間。俺は胸が締め付けられるのを感じた。

    奉太郎「……ああ……えるぅっ」

    もう取り返しがつかない。既にえるは、里志の腕に抱かれている。

    える「はぁっ!だっ…んんっ、ちゅっ、やっ」

    えるが強く嬌声を上げる。キス以外の事をされているということを、俺はようやく理解した。

    える「あっ、だっ…んんっっ!ちゅっ、はぁ…ん…」

    えるがの声が、時折り何かで塞がれたようにくぐもる。甘い吐息が途切れ途切れに漏れて聴こえる。
    俺と寝るとき、果たしてえるはこんなに早く感じ始めていただろうか……深く考えれば、二度と這い上がれない絶望の谷へ落とされるような気がする。
    45 : 以下、名無しにか - 2012/09/10(月) 00:02:13.92 ID:gXTnM6we0 (+60,+30,-289)
    里志「んっ…ちゅっ、ぷはっ…綺麗だよ千反田さん」

    える「ぁ…んっ」


    里志の呼び掛けの後、えるは抑えきれずに出してしまったかのような吐息を吐いた。本格的に感じ始めている証拠だ。

    える「ぁ………っ……あっ」

    里志「ちゅっ、じゅっ……んっ」

    える「っ………っあっ」

    かすかに聞こえる水音。里志が何かを強く啜る音。えるの乳首を、里志のその口で含み、舌で転がしているのだ。

    奉太郎「があああっっ!!えるぅぅ」

    えるの乳首を吸っていいのは俺だけのはずだった。しかしすでにえるの乳首は、里志の唾液で濡れている。想像するだけでなんと最悪な光景なのだろう。
    46 : 以下、名無しにか - 2012/09/10(月) 00:03:28.49 ID:IdUejVSb0 (-2,+12,+0)
    ほう
    47 : 以下、名無しにか - 2012/09/10(月) 00:06:42.25 ID:cyTX6Uff0 (+24,+29,-6)
    ほもをださずになんということか
    48 : 以下、名無しにか - 2012/09/10(月) 00:07:36.80 ID:gXTnM6we0 (+60,+30,-286)
    える「んっ………はぁ……ぁ…っ」ピチャピチャ

    える「はぁっ……っ…ぉ…ああッ」

    乳を揉まれ、形を変えられ、指で乳首を転がされる。里志は、えるの胸をまるで自分の物であるかのように扱っているのだろうか。舌先で乳首の周りをなぞり、えるの興奮を誘う。外堀を埋めつつ、頂きを円を描くように目指し、ついにはその中心を口に含む。

    える「あ……っ……あんっ!!」

    突然の口による乳首の抱擁に快楽を感じるえる。愛おしむように舌先で愛撫する里志。勿論、空いている腕は、余す事なく胸をもみしだく。悩ましい吐息が漏れ始める。

    える「いやっ…も、あっ!もっと…やさしくッッ、うんあッ!!」

    これらは音を判断材料にした俺の想像でしかない。しかし、想像するしかないのだ。実際にどういう愛撫をしているかは見てみない事にはわからない。
    49 : 以下、名無しにか - 2012/09/10(月) 00:08:33.20 ID:gXTnM6we0 (+56,+30,-220)
    里志「今日はさ…こんなものを持ってきたんだ…喜んでくれるといいな。

    える「えっ」

    驚くえる。なんだ?一体なにを持ってきたんだ?

    える「どうして……はぁ…はぁ…こんなものを?」

    里志「僕は…が好きでね」

    糞ったれ!!聞き取り辛いっ……

    える「これ……」

    ガチャ、ツーツー

    奉太郎「・・・・・・!!お、おい」

    制限時間がきてしまったらしい。最後までえるの言葉が聞き取れなかった。

    奉太郎「なんなんだよ一体!なにを持ってきたんだ!!」ガタッ

    思わず腰掛けていたベッドから立ち上がる。

    糞ったれ!里志のやつ…一体えるに何をする気なのだ。
    50 : 以下、名無しにか - 2012/09/10(月) 00:09:12.29 ID:gXTnM6we0 (+60,+30,+0)
    奉太郎「はぁ、はぁ・・・・・・」

    どっと疲れが押し寄せる。こめかみに流れる汗を感じる。

    奉太郎「こんなにエネルギーがいるものなのか」

    こうしたプレイははじめてだが、ただ聞くだけの立ち位置ですら、これほどの気力の消費を伴う物だとは想像していなかった。

    しかし俺はこの拷問のような時間が終わった事にほっとしていたらしい。胸のざわめきが、時間とともに幾分か和らいで行く。

    奉太郎「こいつはたしかに、制限時間があってよかった。永遠と聞かせ続けられたら、おれは本当に壊れてしまう」

    しかし、里志は一体何を持ってきたんだろう。気になる俺は、反射的に無線機のボタンを押そうとする。

    奉太郎「いや…まて…」

    もう一度えるの喘ぎ声を聞くのか俺は…耐えられるのか俺は。自分自身に問いかける。

    奉太郎「ええい、悩んでも始まらん。どうせする事もない。えるにばかりこんな事させているんだ、俺は受け止めなければならない」

    滴り落ちる汗。蝕んでいく焦燥感。苦しいのは俺だけではない。壁の向こうで身を切っている彼女を思い浮かべる。

    果たして、俺はしばしの黙考の後、右手のボタンを押した。
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ntr + - 寝取ら + - 寝取られ + - 氷菓 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について