のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,545,173人
911,652,281頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:4,983人
5,585頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレQB「感情が芽生えたからと言って……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - QB + - 綺麗なQB + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:26:42.58 ID:SWqmCQgE0 (+120,+30,-45)
    QB「はっ、はっ、はっ……!」

    ほむら「……追い詰めたわ」

    QB「っ……!」

    ほむら「終りよ、さようなら」

    QB「やっ……やめてよ!お願いだから殺さないで!」

    ほむら「……!?」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:28:50.94 ID:SWqmCQgE0 (+90,+30,-31)
    ほむら「今、なんて……」

    QB「死にたくないよ!お願いだ!」

    ほむら「なっ……」

    QB「くっ……!」

    ほむら「!逃がさない……!」

     パァン
    3 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:30:52.06 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-80)
    QB「」

    ほむら「…………」

    一体、何だったんだろう。
    今のキュゥべえは、あの反応は……。
    咄嗟に引き金を引いてしまったけれど、失敗だったかもしれない。
    もう少し詳しく話を聞きだすべきだったか……。

    QB「うわ、ないわ……命乞いする小動物容赦なく殺すとかないわ……。ドン引きだわ……」

    ほむら「ッ!?」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:32:29.91 ID:jB6p1KatP (+19,+29,+0)
    >>1
    笑ってんのかと思った
    5 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:35:01.06 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-90)
    新しい、キュゥべえ……!?
    でも、こいつ……

    QB「まぁ俺には別に関係ないから良いんだけどさぁ。ってか何なのお前?いきなり現れて殺すとk」

     パァン

    ほむら「っ……何なのよ、これ……!」

    QB「で、出た~wwwww人の話最後まで聞かな」

    ほむら「ッ!」

     パァン

    QB「やべぇ……やべぇy」

     パァン

    ほむら「はぁ……はぁ……はぁ……」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:40:07.17 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-140)
    なに、何なの……!?
    出てくるキュゥべえ、その全てがおかしい……私の知ってるキュゥべえじゃない……!
    もう、わけが……

    QB「まったく、わけがわからないよ」

    ほむら「っ……!き、キュゥ、べえ……?」

    QB「君は一体何者だい?どうして僕たちのことを執拗に追い回すのか説明してはくれないかな」

    この喋り方は……やっと、私の知ってるキュゥべえに出会えた……!
    あんなに耳障りだった感情の篭もっていない喋りに、
    まさか安心感を得る瞬間が来るなんて……。

    ほむら「どういう、ことなの?さっきのキュゥべえや、その前のキュゥべえは……!?」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:44:50.43 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-140)
    QB「先に質問したのは僕なんだけどな。それに質問の意図が分からないよ」

    ほむら「だから……!どうして、あのキュゥべえ達は、あんな……あれじゃまるで、感情が……!」

    QB「?僕たちが感情を持っていることに、何かおかしな点でも?」

    ほむら「だって、あなたたちインキュベーターは、感情は精神疾患で……」

    QB「へぇ、驚いたな。どうして君がそのことを知っているんだい?」

    ほむら「じ、じゃあやっぱり……!」

    QB「そうだよ。本来、僕たちインキュベーターは感情なんてものは持ち合わせていなかった」

    ほむら「……“いなかった”……?」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:50:18.07 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-178)
    QB「僕たちは今からずっと昔、感情を与えられてしまったんだ。ある1人の魔法少女の願いによってね」

    ほむら「……!」

    QB「その瞬間から、僕たちにとって感情とは精神疾患なんかじゃなくなった。
      1つ1つの個体が別個に感情を持つようになったんだよ。
      それに伴って、情報の共有も必要最低限に留められてしまうし……不便なものだ。
      今までは全ての個体が全ての情報を、記憶はもちろん何から何まで共有できていたのに」

    ほむら「じゃあ、あなたも……?」

    QB「感情を持ってるかどうかかい?もちろん僕だって例外じゃない。
      まぁ、僕は仲間の中でも感情が表に出にくい方だから分かり辛いとは思うけどね。
      こう見えて、さっきから君にいつ殺されるか分からないから不安で仕方ない。
      だから訊かれたことにはすべて正直に答えたんだ。君の機嫌を損ねないようにね」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:51:46.09 ID:AFPc62Yp0 (+24,+29,-4)
    感情持ったらウザさ3倍ぐらいになるな
    11 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:53:04.91 ID:6MSybzNe0 (+17,+29,+0)
    可愛いの下さい
    12 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 21:55:21.42 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-130)
    ほむら「本当に……あなたたちに、感情が……!
        それじゃあ、魔法少女は!?もう契約はしてないの!?」

    QB「え?」

    ほむら「だって、感情があるのなら、もう人類を騙して契約なんて……」

    QB「あぁ……君もあの子と同じ考えなんだね」

    ほむら「あの子?」

    QB「さっき言った、感情を与えることを願った子さ。彼女は僕たちに感情がないことを知り、
      人類を家畜同様に扱っているという事実にショックを受け、そして、全てを知りながらも契約したんだ。
      僕たちに感情が生まれれば、もうそんな可哀想なことは出来なくなるはずだ、ってね。
      でも実際はそうはいかなかった」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:01:08.70 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-140)



    「あなたたちインキュベーターに、感情を与えて!それが私の願い!」

    QB「君は、本気なのかい……?そんなことを願うなんて、訳が分からな……」

    「……契約、完了だね」

    QB「…………僕たちは、今までなんてことを」

    「!これで、もうあなたたちは、あんな酷いことなんてしな……」

    QB「あっ……ははははははは!あんな面白いことをしてたなんて!全然気付かなかったよ!」

    「え?」

    QB「あ~思い出しただけで興奮してくる!人間たちが絶望した時のあの表情!
      どうして今まで気付かなかったんだろう!あんなに素晴らしいものだったのに!」

    「き、キュゥ、べえ……?」

    QB「感謝するよ!感情がこんなに良いものだったなんて!これなら今まで以上に契約も捗りそうだ!」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:05:23.38 ID:933Hn4LU0 (+13,+28,+0)
    なんてことだ
    15 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:07:00.83 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-217)



    ほむら「そんな……」

    QB「感情が芽生えたからと言って、それが良いことだとは限らないよね。
      よりによってその個体に芽生えたのが特に残虐な感情だったなんて。不運としか言いようがないよ」

    ほむら「っ……」

    QB「今の話で分かったと思うけど、感情と言ってもその種類は様々だ。
      もちろん中には彼女の望んだような優しさを持った個体が現れることもあったけど、
      そういった契約に支障をきたすような個体はすぐに処分される。
      疑わしい者には監視がついて、確定し次第すぐにね。
      仕方ないよね、宇宙の寿命を延ばすためなんだから。
      仲間を殺すのは僕たちも気が引けるけど、宇宙には変えられない。
      魔法少女システムが素晴らしいシステムであることには変わりないんだし」

    ほむら「くっ……!」

    QB「おっと、僕を殺すのかい?それは君にとってもあまり都合が良くないんじゃないかな。
      君はどうやら、鹿目まどかとインキュベーターとの接触を避けたがっているようだけど……。
      僕以外だったら、どんな手段に出るか分からないよ?」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:10:41.06 ID:6MSybzNe0 (+22,+29,-1)
    ツンデレべえさん下さい
    17 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:14:00.91 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-198)
    QB「今まで契約した子の中には、ひどい嘘に騙された子、しつこすぎる勧誘に折れた子、
      恐喝紛いの勧誘で無理矢理契約させられた子、様々だ。
      でも少なくとも僕は、そんな手段に出るつもりはない。
      あくまでも理性的に、君たちの意志を尊重して契約を結ぶつもりだよ。
      君にとっても、僕を相手にした方がやりやすいんじゃないかな?」

    ほむら「ッ……!」

    QB「分かってくれたみたいだね、嬉しいよ。
      とりあえず、今日はもうまどかと接触するのは無理みたいだ。引き下がるとしよう」

    ほむら「待って!……感情を与えることを願ったその子は、その後どうなったの?」

    QB「君なら言わなくても分かるんじゃないかな?色々と知ってるみたいだし」

    ほむら「…………」

    QB「まぁ、1つだけ言うとしたら……自分の祈りが全て無駄だったと知った時。
      その絶望は計り知れないものだっただろうね」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:15:38.13 ID:pfvRgB330 (+15,+27,-1)
    ほむぅ……
    19 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:16:40.27 ID:VIHYjjuyP (+24,+29,-18)
    感情あんなら自前で感情エネルギー抽出できるじゃん
    20 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:18:38.20 ID:u3DoRTPE0 (+25,+30,-24)
    人間は感情持ってるけど、別に牛や豚に同情しない

    仮に同情してもすき焼き美味しいです、カツ丼美味しいです
    21 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:18:42.41 ID:iUCg9G6E0 (-3,+6,-1)
    ほむちゃん!
    22 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:19:58.66 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-107)
    マミ宅

    QB「ただいま、マミ」

    マミ「キュゥべえ!もう、どこに行ってたの?心配したのよ?」

    QB「ごめんよ」

    マミ「……あら?あなた、もしかして」

    QB「うん。昨日まで君と一緒に居たのは僕の仲間だ」

    マミ「やっぱり……でも、どうして?」

    QB「担当の区域が替わったんだよ。
       昨日まで見滝原の担当だった“僕”は、遠くの方へ行っちゃったんだ。残念だけどね」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:22:41.09 ID:e3BJX1po0 (+14,+29,-6)
    悲しいお話だな…
    24 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:24:29.51 ID:1Qa1tpTw0 (+14,+29,-13)
    説明台詞多いな
    25 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:24:56.15 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-70)
    マミ「そう……」

    QB「寂しい気持ちも分かるけど、仕方ないことだ。
      でも僕たちは必要な情報は全部共有してるから、困ることはあまりないと思うよ。
      その点については安心してくれて良い」

    マミ「そう、ね。それじゃ、これからよろしくね、新しいキュゥべえ」

    QB「うん。よろしく、マミ。ところで早速なんだけど、君に話しておきたいことがあるんだ」

    マミ「?なぁに?」

    QB「新しい魔法少女についてのことさ」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:29:01.08 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-79)
    翌日、学校

    ほむら「…………」

    見たところ、まどかと美樹さやかに変わった様子はない。
    どうやら本当に、キュゥべえは昨日はあの子たちと接触しなかったみたいだ。

    と、その時。
    何気なく廊下にやった視線のその先に、見覚えのある影が。

    ほむら「……巴、マミ」

    そしてその肩には……キュゥべえが居た。
    どうして3年生の彼女がここに……まさか。
    27 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:33:07.62 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-99)
    マミ『キュゥべえ、本当にこの教室であってるの?』

    QB『うん、間違いないよ』

    マミ『よし、それじゃあ……』

    ほむら「何をしているの?」

    マミ「!あなた、このクラスの子?えっと、ちょっと用がある子が居て……」

    ほむら「用なら私が聞くわ……巴マミさん」

    マミ「えっ?どうして私の名前を……」

    QB「マミ、この子だよ。この子が昨日言った子だ」

    マミ「あら、そうなの?それじゃ、ちょうど良かったわ。私が用があるのはあなたなの」

    ほむら「え……?」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:34:25.98 ID:igalKqmv0 (+19,+29,-3)
    これ難易度ベリーハードじやね?
    29 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:34:51.23 ID:IDsUTVe80 (+11,+26,+0)
    たしかに
    30 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:35:41.96 ID:pfvRgB330 (+14,+26,-3)
    まみまみ?
    31 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:39:09.16 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-82)



    ほむら「……それで、用って何?」

    マミ「まずは名前から聞かせてもらっても良いかしら?」

    ほむら「暁美ほむらよ」

    マミ「暁美さんね。それで、一応確認するけれど……あなた、キュゥべえが見えるのね?」

    ほむら「えぇ」

    マミ「魔法少女、なのよね?」

    ほむら「……えぇ」

    QB「だから昨日からそう言ってるじゃないか、マミ。僕を疑っていたのかい?」

    マミ「ごめんね、一応ね。それで……あなたはこれからどうするつもり?」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:42:56.80 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-84)
    ほむら「……どうすると言うのは?」

    マミ「私の縄張りを奪うつもりなのか……そう訊いてるんだけどな」

    ……相変わらず、敵意むき出しね。
    まぁ、仕方のないことだけど。

    ほむら「安心して。私は、あなたの敵になるつもりはないわ」

    マミ「!ほ、本当に……?」

    ほむら「本当に。私は縄張り争いなんかには興味ないもの」

    マミ「だ、だったら、その、もし良かったらなんだけど……私と、チームを組まない?」

    ほむら「…………」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:47:49.92 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-100)
    マミ「えっと、2人で戦えばその分負担も減るし、安全でしょう?
       あなたが手柄は自分だけの物にしたいってタイプじゃなければ、悪くない提案だと思うけど……」

    ほむら「……そうね、あなたの言う通り」

    マミ「!それじゃあ……」

    ほむら「えぇ、チームを組みましょう。これからよろしくね、巴さん」

    マミ「う、うん!よろしくね、暁美さん!」

    ……まさか、こんなにあっさりと上手く行くなんて。
    キュゥべえは、私に襲われたことを巴マミに話さなかったの?
    それに、まどかたちのことも……。
    感情が生まれていることと、何か関係が……?

    QB「…………」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:48:24.52 ID:iUCg9G6E0 (+29,+29,-7)
    いつも思うんだけどこのセリフ言ってるマミさん本当にウザいんだけどほむちゃんが可哀想なんだけど
    35 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:52:34.44 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-105)
    放課後、帰り道

    さやか「いやー、今日も1日勉強して疲れたわよねーホント」

    まどか「……さやかちゃん、ずっと寝てたよね」

    さやか「そっ、そんなことないよ!一応授業の最初の10分くらいは起きてるって!」

    まどか「全然弁解できてないよ、それ……」

    さやか「え、えぇい、うるさい!嫁が夫に口出しするんじゃなーい!」

    まどか「わっ!?さ、さやかちゃん、きゃははは!ちょっ、やめ、あはははは!」

    さやか「ん~?えぇのんか?ここがえぇのんか~?」

    QB「盛り上がってるところ悪いけど、ちょっと良いかな」

    さやか「へっ?」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 22:57:57.19 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-124)
    さやか「ま、まどか、あんた何か言った?」

    まどか「な、何も……さやかちゃんじゃないの?」

    QB「ここだよ、ここ」

    まどか「な、何、あれ?ぬいぐるみが、喋ってる?」

    さやか「キモっ!」

    QB「酷い言われようだなぁ。それに僕はぬいぐるみなんかじゃないよ」

    まどか「さ、さやかちゃん、これ夢じゃないよね……?」

    さやか「た、多分……何なのよ、あんた……」

    QB「僕の名前はキュゥべえ!僕、君たちにお願いがあって来たんだ!」

    まどか「お願い、って……」

    QB「2人とも、僕と契約して、魔法少女に」

    ほむら「その必要はないわ」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:04:25.74 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-139)
    さやか「えっ?あんた、転校生の……」

    まどか「ほ、ほむらちゃん?」

    QB「やれやれ……もしかして、見張っていたのかい?」

    ほむら「油断も隙もあったものじゃないわ。やっぱり、2人を諦めたわけじゃなかったのね」

    QB「当然だよ。素質のある子と契約するのが僕の仕事だからね」

    まどか「あ、あの……?」

    さやか「えっと……暁美さん、だったよね。あんた、そいつのこと知ってるの?」

    ほむら「えぇ。知ってるわ。詳しく話すと長くなるけど……。
        1つだけ言えることは、こいつの言葉に耳を貸してはダメ。それだけは絶対よ」

    マミ「暁美さん?それはちょっと言いすぎだと思うな」

    QB「マミ……!」

    ほむら「……居たのね」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:08:27.66 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-204)
    マミ「私はね、この子たちには権利があると思うの。だって、キュゥべえに選ばれたんですもの」

    ほむら「じゃあ訊くけど、あなたはこの子たちをわざわざ危険に巻き込みたいの?」

    マミ「そういうわけじゃないわ。ただ、魔法少女のことについて知っておくべきだって、そう言ってるの」

    QB「2人とも、無駄な言い争いはやめるんだ」

    ほむら「誰のせいだと思ってるのよ」

    QB「ちょっ、そんな持ち方をしたら耳がちぎれ……」

    マミ「暁美さん!キュゥべえにあんまり酷いことをしないで!」

    ほむら「……。まぁ、良いわ。確かにあなたの言うことも一理ある。
        この子たちには、私たちの口から説明しておいた方が良いかも知れないわね」

    キュゥべえに余計なことを吹き込まれる前に、ね。

    マミ「……それじゃ、決まりね。2人とも、今から私の家に来ない?
      色々と話したいことがあるし、あなた達も知りたいことがあるでしょう?
      美味しいお茶とお菓子を食べながら、ゆっくり……ね?」

    さやか「は、はい……。まどか、行こ」

    まどか「う……うん」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:08:47.36 ID:+B+xkTBx0 (+14,+29,-1)
    私怨
    40 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:09:12.67 ID:iUCg9G6E0 (-3,+6,-1)
    ほむちゃん!
    41 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:11:02.82 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-66)
    マミ宅

    マミ「どうぞ、召し上がれ」

    さやか「いただきます……ん!このケーキめちゃうまっすよ!」

    まどか「わぁ……お茶も、とっても美味しいです!」

    マミ「ふふっ、ありがとう。それじゃ……早速だけど本題に入っても良いかしら」

    まどか「あ、はい……」

    さやか「その……さっき言ってた、魔法少女?とかのことですよね」

    ほむら「…………」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:16:04.75 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-181)



    マミ「――この説明で理解できた?」

    まどか「魔女……そ、そんなのが居たなんて……」

    さやか「なんていうか……実感ないなぁ……」

    QB「まさか、疑っているのかい?現に僕という、君たちの理解を超えた存在を目の当たりにしてるじゃないか」

    さやか「あ、ごめん、別に信じてないわけじゃないんだよ。
        ただやっぱ……命がけで叶えたい願い事なんて、急に言われても……」

    QB「そうか。まぁ無理強いはしないよ。
      さっきも言ったとおり、魔女との戦いは決して甘いものじゃないからね。
      軽い気持ちで契約するとあっという間に命を落とすことになる。
      僕としてもそんな結果は可能な限り避けたいから、よく考えると良い」

    ほむら「…………」

    こいつは、本当に感情があるのだろうか。
    強く押しもせず、引きもしない。
    この態度は、私の知るキュゥべえそのものだ。
    43 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:16:18.01 ID:KmdFh3ps0 (-6,+5,+0)
    全力支援
    44 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:20:12.43 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-104)
    それとも、何か考えがあってのことなのか。
    また何か企んで……

    マミ「暁美さん?」

    ほむら「あ……ごめんなさい。何?」

    マミ「どうしたの、そんな怖い顔をして……何か考え事?」

    ほむら「いえ、別に。ただ、2人に魔法少女になって欲しくないと、そう考えていたの」

    マミ「……やっぱり、あなたはあくまでも反対なのね」

    ほむら「当然よ。この2人は、何不自由なく生活してる。契約する理由なんて、どこにもない」

    マミ「まぁ……確かにね。願い事なんて、無理して考えるようなことじゃないものね」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:21:04.97 ID:64Md+mBiO (+20,+29,-12)
    どうせ外伝出ない
    46 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:24:29.23 ID:KmdFh3ps0 (-27,-17,-1)
    >>45
    47 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:24:52.72 ID:SWqmCQgE0 (+95,+30,-115)
    ほむら「2人とも、今日はもう帰った方が良いわ。家族が心配するわよ。途中まで送るから」

    まどか「え?あっ、もうこんな時間……!」

    さやか「意外と長居しちゃってたなぁ……」

    マミ「……今日の話は、しっかり心に留めておいてね。
      何か、どうしても奇跡か魔法に頼らないといけない場面に立たされた時……
      そうなった時、この話を思い出して。絶対に、安易な気持ちで契約なんてしてはダメよ?」

    まどか「あ……はい、わかりました」

    さやか「その、お茶とケーキ、ありがとうございました」

    ほむら「それじゃ、巴さん。また明日」

    マミ「えぇ。2人をよろしくね、暁美さん。またね」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:26:58.64 ID:SWqmCQgE0 (+87,+30,-152)
    帰り道

    さやか「は~、魔法少女ねぇ……まさかそんなものが身近に存在していたとは」

    まどか「命がけで叶えたい願い事、かぁ……。あ、じゃあほむらちゃんも……?」

    ほむら「……そうね。私の場合は、命をかけるのに値する願い事があったわ」

    さやか「そっか……。やっぱ、あたしたちが幸せ馬鹿なのかな」

    まどか「幸せ馬鹿……?」

    さやか「そう。不幸を知らない幸せ馬鹿。幸せすぎて馬鹿になっちゃってる、ってね」

    ほむら「そんな風に言うものじゃないわ。幸せであることを卑下するなんて、間違ってる」

    まどか「ほむらちゃん……」

    ほむら「幸せに暮らせるのなら、それが一番。あなたたちはそのままで良い。
        だから……危険な魔法少女の世界になんて、飛び込む必要なんてないわ」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:27:31.35 ID:KmdFh3ps0 (+22,+29,-3)
    まどかSSはなくならないでほしいわ
    50 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 23:27:53.14 ID:iUCg9G6E0 (-3,+6,-1)
    ほむちゃん!
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - QB + - 綺麗なQB + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について