のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,529,124人
911,634,160頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:2,338人
2,616頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「貴音のとっぷしーくれっとを暴こう!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 貴音 ×3+ - とっぷしーくれっと + - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:12:02.57 ID:z1mrsmaF0 (+125,+30,-236)
    P「四条貴音……それは、身長・体重・血液型以外ほぼ全てが謎に包まれているアイドル」

    P「どこで産まれ、なにをしてきたのか、それは彼女以外誰も知らない……」

    P「まぁミステリアスなのはいい。俺だって、ミステリアスな女は嫌いじゃあない」

    P「だが、これは行きすぎている!もっと貴音のことが知りたい!」

    P「俺はそんな貴音のとっぷしーくれっとを暴きたい!その一心で、立ち上がったのだ!」

    P「まずは……貴音の家がどこにあるのかを知ろう!」

    P「どんな所に住み、どんな生活を送っているのかを知るのも、アイドルプロデュースには欠かせないことだ!」

    P「それなのに……それなのに!担当アイドルの家も知らないなんて、そんなのってないよ!」

    P「それにいざという時、家を知らないとなにかと不便だからな」

    P「そう!だからこれは、決してやましい気持ちなのではないのだっ!!」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:19:45.14 ID:1vZWoN+w0 (+13,+28,-2)
    昨日見たか?
    3 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:23:55.95 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-137)
    貴音「ふむ……そろそろ、帰還いたしましょうか」

    P「おっ、帰るのか?送っていくぞ」

    貴音「いえ、それには及びません。あなた様の手を、煩わせるわけにはいきませんので」

    P「そんなこと気にしなくてもいいだぞ?もっと俺に甘えてもいい」

    貴音「ふふっ……では、そのお気持ちだけ、受け取っておきましょう」

    P「むぅ……強情な奴だな」

    貴音「別にそのようなわけでは……申し訳ありません」

    P「あっ、いや……まぁいい。とにかく、気を付けて帰るんだぞ」

    貴音「えぇ、分かっております。心配には及びません」

    P「それじゃあ、また明日」

    貴音「はい、それでは失礼致します」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:25:00.76 ID:dYMnPTvP0 (-23,-11,-1)
    期待
    5 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:29:30.58 ID:SfjqvjsX0 (+19,+29,-3)
    やっと風呂から上がったか
    6 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:32:31.77 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-198)
    P「……貴音は帰ったか。案の定、俺の送迎は断ったけど……」

    P「まぁここまでは予想通りだ!そんな簡単に、貴音のとっぷしーくれっとなんて、暴けるわけがないっ!」

    P「へへっ、腕が鳴るぜ……それでこそ、俺が認めたアイドルだ」

    P「だがしかぁーっし!貴音は気付いてなかったようだな……」

    P「俺がもう、本日の仕事はとうに終わらし、ずっと○×ゲームに興じていたということをっ!!」

    P「ふっ……俺の手のひらの上で転がされてるようじゃあ、まだまだだな、貴音」

    P「おっと、いけない。そろそれ出ておかないと貴音を見失ってしまう」

    P「さぁ!それでは今から、貴音をストーキングを開始しよう!!」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:42:14.92 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-165)
    P「さぁ、貴音はどこだ?あの容姿なら、すぐに見つかりそうなもんだけど……」

    P「おっ!いたいた!へへっ……優雅に歩いてやがる……俺にストーキングされているとも知らずによぉ!!」

    P「さぁ、ここからは簡単だ!単にストーキングをし、貴音の住処を見つけるだけだからなっ!」

    P「まさか、こんな形で伊賀忍者の末裔たるこの血が、役に立つとはな……」

    P「さぁ!レッツ隠密活動だっ!!」

    貴音「あんみつかつ丼……なんとも面妖な……」

    P「あんみつかつ丼じゃない!おんみt……」

    P「」

    P「えっ」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:43:56.03 ID:aHEThzBB0 (+24,+29,+0)
    長い風呂だったな
    9 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:44:17.99 ID:dTKuGupx0 (+19,+29,-9)
    貴音に尾行は通用するのかはてさて
    11 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 12:58:09.11 ID:Qrp10luZ0 (-3,+6,-3)
    ばれるの早すぎワロタwwww
    12 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:00:06.59 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-199)
    貴音「そうですか……あんみつかつ丼というものは、存在しないのですね……」

    P「えっ、なんで……えっ、えっ」

    貴音「はて……なにをそのように驚いていらっしゃるのですか?」

    P「えっ、いやだって……なんでいるの?」

    貴音「あなた様がわたくしの名前を言っていたので、てっきり呼ばれたものかと……」

    P「いや別に呼んでないけど……ていうか、聞こえてたの?」

    貴音「えぇ、それはもうはっきりと」

    P「いやでも、結構離れてたぞ?俺そんな大声出してた?」

    貴音「大きいと言えば、大きかったと思います。ですが、大声というわけではありませんね」

    P「そうかーマジかー……っていやいや!違う違う違うっ!!」

    P「聞こえない!絶対聞こえないって!あんだけ離れてたんだからっ!!」

    貴音「わたくし、耳は良いほうですので」

    P「耳がいいのレベルじゃない!圧倒的……!圧倒的地獄耳……!!」

    貴音「じ、地獄……それは少々、言い過ぎではないでしょうか?」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:04:06.67 ID:gig43h4KP (+29,+29,-3)
    発信器つけとけよ
    14 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:14:04.12 ID:VIHYjjuy0 (+28,+29,-7)
    >>13
    貴音「面妖な…」プチッ
    15 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:15:31.72 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-214)
    P「ていうか、耳が良いなら隠密活動をあんみつカツ丼なんて聞き間違いなんてしないだろ!?」

    貴音「それは……空腹でしたので……」

    P「あっ、そうなの?それじゃあ……なにか食べに行く?」

    貴音「よ、よろしいのですか!?それではらぁめんを……」

    P「あっ、ちょっと待って。財布確認するから……」

    貴音「らぁめん♪らぁめん♪♪らぁめん♪♪♪」

    P「……ごめん、やっぱ今日は無理だ」

    貴音「えっ……な、何故ですか!?」

    P「お金が42円しかなかったんだ。これじゃあ、なにも食べられないよ」

    貴音「な、なんとっ!そのようなことが……」

    P「今日は真っ直ぐ家に帰ろう?食べに行くのはまた今度ってことで」

    貴音「今回は縁が無かったようですね……はぁ……」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:18:57.03 ID:gig43h4KP (+24,+29,-3)
    ジュース飲んでんじゃねーよハゲ!
    17 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:24:21.65 ID:VIHYjjuy0 (+29,+29,-6)
    おかしい、Pはブラックサンダーでも買ったのか?
    18 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:35:25.83 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-131)
    P「それじゃあ、俺はこっちだから」

    貴音「はい、それではお気を付けて」

    P「貴音も気を付けてな」

    貴音「それと、あなた様に一つ忠告があります」

    P「えっ?なに?社会人のくせに、金持ってなさすぎってこと?」

    貴音「いえ、そういうわけでは……とにかく、女性の後を付けるは、褒められた行為ではありませんよ」

    P「つ、付けてたって、バレてたのか!?いつから!?」

    貴音「それはとっぷしーくれっとです。ふふっ……それでは」

    P「いやちょっ……あれっ!?いない!?なんでっ!?」

    P「……くそっ!暴くどころか増えてしまったじゃないか!!」

    P「だが、俺は諦めない!戦いはまだ始まったばかりだっ!!」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:36:07.48 ID:jDxfyHTp0 (-25,-13,-12)
    らぁめん支援
    20 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:39:08.75 ID:07DIPu+I0 (+19,+29,-17)
    P先生の次回作にご期待下さい!
    21 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:41:07.80 ID:z1mrsmaF0 (+84,+29,-2)
    続けるか悩む

    ちょっと考えてくる
    23 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:48:04.47 ID:gig43h4KP (+16,+26,+0)
    続けるさー
    24 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:49:45.58 ID:z1mrsmaF0 (+88,+28,-3)
    なんかアイディアとかない?

    参考にしたい
    25 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:53:22.89 ID:fXxCfhFsO (+19,+29,-24)
    シャバドゥビタッチヘンシーン
    26 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:53:45.42 ID:pk6t3yXe0 (+29,+29,-33)
    お姫ちんを見失って帰ったらなぜか自宅にはお姫ちんが!!
    27 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:53:47.41 ID:SU+0EUZy0 (+14,+29,-11)
    幼少期
    28 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:55:14.90 ID:IKv1apQ7O (+14,+24,+0)
    四条貴音六歳
    29 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 13:57:35.53 ID:MQhqWkTU0 (+24,+29,-16)
    付けてみるとそこにはラビットハッチが!
    30 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:03:42.02 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-153)
    P「昨日はなんやかんやあって失敗したけど、今日はそうはならん!」

    P「今日こそは、貴音のとっぷしーくれっとを暴いてやる!」

    P「そうと決まれば、早速作戦を……」

    ブォオオオオオオン ブォオオオオオオオオオオン

    P「な、なんだこの爆音は!?」

    ブォオオオオオオン オォン……

    P「と、止まった……?なんだったんだ一体……」

    P「ま、まぁいい!この程度の爆音、都会では日常茶飯事だ!!」

    P「こんな些事で心を乱しているようじゃあ、アイドルのプロデューサーなど務まるはずもないっ!」

    P「さぁ!心も新たに、作戦を練り直そう!」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:15:35.28 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-170)
    P「ストーキングが貴音には意味がないと分かった今、俺が出来ることは……」

    P「直接貴音に聞くしかない!もうこれっきゃない!!」

    P「逆に、どうして今までそうしなかったのか!わけがわからないよ!」

    P「とにかく、貴音が来たら早速聞いてみよう!」

    貴音「随分と、盛り上がっているようですね」

    P「えっ!?た、貴音!?い、いつの間にっ!?」

    貴音「つい先程ですよ」

    P「そ、そうか……にしても、音もなく背後にいるのは辞めてほしいな」

    貴音「も、申し訳ありません……挨拶をしても、気が付いていなかったようでしたので、つい……」

    P「あっ、そうだったのか。ごめんな」

    貴音「いえ、謝るほどのことではありませんよ」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:28:12.70 ID:pk6t3yXe0 (-2,+7,+0)

    34 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:28:24.43 ID:gig43h4KP (+29,+29,-13)
    ガチのトップシークレットだったりして
    35 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:35:44.48 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-130)
    P「そうだ!貴音、聞きたいことがあるんだ」

    貴音「聞きたいこと、ですか?わたくしに答えられることならば、よいのですが……」

    P「むしろ、貴音にしか答えられないことなんだ」

    貴音「わたくしにしか?はて、一体どういう……」

    P「ズバリッ!貴音のとっぷしーくれっとを全部教えてくれっ!!」

    貴音「わ、わたくしのとっぷしーくれっとを……?」

    P「そうだ!どうしても知りたいんだ!頼むっ!!」

    貴音「……わたくしのとっぷしーくれっとは、本にすると十万三千冊ほどございます」

    P「えっ」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:38:12.69 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-108)
    貴音「その中には、人体にとって重篤な影響を及ぼすものも存在いたします」

    P「じ、重篤な影響って……?」

    貴音「……運が良くても、一生気が狂ったまま、人生を歩むことになります」

    P「そ、そんなに……?マジで?」

    貴音「はい……あなた様に、その覚悟がございますか?」

    P「えぇーっと……ま、また今度にしようかな!アッハハハ!!」

    貴音「……そうしたほうがよろしいでしょう。実に賢明な答えです」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:41:05.69 ID:uTWGbWbf0 (+19,+29,-3)
    歩く図書館……
    38 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:41:29.44 ID:MvCgcKnAP (+17,+27,-2)
    いや、歩くセラエノ図書館だ……
    39 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:50:10.93 ID:aHEThzBB0 (+18,+28,-2)
    貴音に狂う
    40 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:50:32.98 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-148)
    P「しかし、10万3000冊か……秘密が多いって次元じゃないぞ」

    貴音「ふふっ……みすてりあすな女はお嫌いですか?」

    P「いや、別に嫌いじゃないぞ。あぁ、全く嫌いじゃない。だけど、ものにはなんでも限度ってものがある」

    P「さすがに、秘密が多すぎたら受け止めきれないよ」

    貴音「そ、そうですか……」

    P「……ん?どうかしたのか?」

    貴音「い、いえ!なんでもありません……どうかお気になさらないでください」

    P「そうか、それならいいんだけど……」

    貴音「………………」

    P「………………」

    ガチャン

    貴音「!」

    P「!」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 14:56:41.25 ID:gig43h4KP (+24,+29,+0)
    どこのシスターだよ
    42 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:03:51.25 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-145)
    伊織「ちょっと!事務所の前に、ブガッティ・ヴェイロンなんて止めたの誰よ!?」

    P「えっ?ぶ、ぶが……なにそれ?」

    貴音「あっ、わ、わたくしです!」

    伊織「えっ!?あれ、あんたのなの!?」

    貴音「はい、いかにもわたくしのものですが……それがなにか?」

    伊織「い、いや別になにもないけど……とにかく、ちょっと動かしてくれないかしら?律子の車が止められないのよ」

    貴音「そのようなことに……分かりました。では、今すぐに」

    伊織「それじゃ頼んだわよ。はぁ……」

    P「なぁ伊織、そのブガなんとかってなんなの?」

    伊織「あぁ、アンタいたの。車よ、車」

    P「あぁ、車か……えっ!?く、車っ!?」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:12:45.86 ID:i+PrNJU50 (-7,+7,+0)
    ヴェイロンwwwwwwwwwwww
    44 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:15:14.68 ID:xKZoqVmu0 (+24,+29,-21)
    ブガッティ・ヴェイロンって2億する世界で一番高い車だっけか?
    45 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:15:48.97 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-164)
    P「えっ!?じゃあ貴音って、車運転出来るの!?マジでっ!?」

    伊織「知らないわよ、そんなこと!でもまぁ……そうなんじゃないかしら?」

    P「嘘だろ……いつの間に、免許なんて取ったんだ……」

    伊織「まぁ18歳なんだし、免許くらい持ってても不思議じゃないでしょ?」

    P「いやまぁそうだけどさ……ところで、そのブガなんとかって外車なのか?」

    伊織「そうよ。ついでに言うと、めちゃくちゃ高いわ」

    P「外車だもんな、そりゃあ高いだろうけど……いくらくらいなの?」

    伊織「私は車に詳しくないからよく分かんないけど、確か……2億円くらいじゃなかったかしら?」

    P「はぁ!?にっ、ににに2億!?!?なにそれっ!?そんな車あんの!?」

    伊織「あるのよ、不思議なことにね」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:20:04.31 ID:gig43h4KP (+23,+28,-2)
    二億とか大統領とか天皇でものんのか
    47 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:26:13.32 ID:VIHYjjuy0 (+33,+29,-7)
    >>46
    要人が高級車に乗ると思うな
    もちろんそれなりに高いだろうけどそれよりもむしろ防御力ガー
    48 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:26:20.39 ID:uTWGbWbf0 (+19,+29,+0)
    お姫様やし
    49 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:31:58.42 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-150)
    P「じゃああの爆音は、貴音が車で来た時の音だったのか」

    伊織「爆音?そんなのがあったの?」

    P「あぁ、こうブォーンって感じで。びっくりしたもんだ」

    伊織「へぇー……でもなんでまた、急に車で来たりしたのかしら?」

    P「寝坊……とか?」

    伊織「おっちょこちょいな理由ね、それは」

    貴音「いえ、寝坊ではありませんよ」

    P「あっ、そうなの……って」

    伊織「きゃああああ!!!ち、ちょっとアンタねぇ!!」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/09/09(日) 15:34:44.88 ID:z1mrsmaF0 (+95,+30,-143)
    P「辞めろって言っただろ、それは。俺なんかもう慣れてきたよ」

    貴音「二人とも申し訳ございません……どうにも癖になってしまっているようで……」

    伊織「や、やっと落ち着いてきたわ……まったく、心臓に悪いんだから!」

    貴音「伊織……なんとお詫びを言ったらいいのか……」

    伊織「い、いいわよ別に。これくらい、どうってことないんだからっ!!」

    P「ところで、貴音。どうして今日は車で来たんだ?」

    貴音「それは……とっぷしーくれっとです」

    P「またかっ!便利な言葉だなぁ、おいっ!!」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 貴音 ×3+ - とっぷしーくれっと + - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について