のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,540,134人
911,646,606頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:4,139人
4,544頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ白望 「二者択一……?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - ×2+ - 宮守女子 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 19:59:35.80 ID:09jODwsz0 (+115,-29,-3)
    ID:A7g99lC00
    代行
    2 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:00:57.08 ID:09jODwsz0 (+89,+29,-27)
    ホラー?サスペンス?ミステリー?的なものが苦手な人はごめんなさい

    だそうです
    3 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:01:46.34 ID:A7g99lC00 (+18,+18,-23)
    >>1代行thxです
    ホラー?サスペンス?ミステリー?的なものが苦手な人はごめんなさい
    4 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:03:39.62 ID:bJy5Btxy0 (-10,+0,+0)
    wktk
    5 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:04:18.81 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-110)

    私は真っ白な空間にいた。

    白望 (……ここはどこ?)

    一昨日まで、全国大会の舞台で戦っていた。
    結果は……チームは二回戦で負けてしまった。

    だから、昨日はみんなと東京観光を楽しんだ。
    朝から夜まで、みんなと思い出をいっぱいつくって。

    夜に滞在先のホテルに戻ると、一日の疲れからか、すぐに眠りに落ちた。
    もし目が覚めたのならば、そこにはホテルの部屋内の風景があるはず。

    白望 「……」

    だが、周りは見渡す限りの白。
    何もない。誰もいない。音もない。

    白望 (……夢、だろうか)
    6 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:06:41.70 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-88)

    夢にしては、妙に現実感がある。

    例えば、私自身を形容する姿かたち。
    現実と変わらない立体感・質感を保っている。

    ただ、服装は寝るときに着ていた寝巻きではなく制服だ。

    頭。

    首。

    腕。

    足。

    一つ一つ、丁寧に動かしてみる。
    私自身の意思に背くことなく、四肢や関節は正常な動きをした。

    白望 (夢の世界で、ここまで自由に動けるものだろうか?)
    7 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:07:00.75 ID:DLzUbz7qO (-23,-11,-2)
    期待
    8 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:09:18.00 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-84)

    頭の中で、いくつかの疑念が浮かぶ。

    この世界は現実か?夢か?
    現実だとすれば、ここはどこだ?

    ホテルに泊まっていたみんな――
    一緒の部屋のエイスリン、隣の部屋の塞、胡桃、豊音はどこにいってしまった?

    しかし、考えても現状に変化が起きる様子は無い。
    仕方ないので、私は再び寝る体勢に入ることにした。

    白望 「……ん」

    寝返りをうつ。なかなか寝付くことができない。
    不安のせいもあるだろう。ただ、それだけではない。

    やたらと、喉が渇くのだ。
    9 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:12:58.40 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-127)

    白望 「……水」

    私は飲み物を探す。
    しかし、もちろん辺りにそんなものは見当たらない。

    白望 (……暑いなぁ)

    無機質と思われた白の世界だが、温度という概念はあるようだ。

    さきほどまでは気づかなかったが、けっこう暑い。
    実際に行った事は無いが、まるで砂漠にいるような気分だ。

    額からは汗が滴り落ち、水分を欲した身体は唾をゴクンと飲み下す。

    白望 「水が飲みたい……」

    水を渇望したそのとき――目の前の景色に変化が起きた。
    12 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:17:06.43 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-165)

    まず、白の世界の一部が茶色に塗られていく。
    それは歪な形に広がりながら、凹凸が現れ立体感を増していく。

    土だ。地面だ。
    小石が散らばり、小さな虫が這っている。

    次に、地面にぽつぽつと深緑色の植物が生え始めた。
    雑草ばかりではない。小さな木々の芽も顔を出している。

    自然物の成長は尋常ならざる速度で進んでいく。
    草や葉は生い茂り、芽を出したばかりの木々は天に向かって伸びていく。

    目の前には、一瞬で森林地帯が形成された。
    背の高い木々に囲まれ、奥の空間は暗闇に包まれている。

    そして、森から私の方へと、徐々に橋が形成されていく。
    やがて私の足元を端として、年季の入った木造の橋が架かった。
    13 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:20:08.52 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-99)

    私は目の前の超常現象にも、何故か冷静でいることができた。
    逆に言ってしまえば、既に理性を失っているのかもしれない。

    後ろを振り返る。そこには、未だ何も存在しない白い空間が広がっている。
    前に向き直る。そこには、草木に囲まれた黒い空間が奥へと続いている。
    私の足のつま先は、ちょうど白と黒の世界の境界線だ。

    行くべきか。

    行かざるべきか。

    白望 「……行ってみよう」

    少し逡巡し、その結論に至った。

    そして私は、朽ちかけた橋へと足を踏み出した。
    14 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:20:16.82 ID:bJy5Btxy0 (+24,+29,-5)
    シロの一人称は謎の安定感がある
    15 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:23:41.51 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-152)

    いつも以上に重い身体を引きずりながら、森の中をさまよい続ける。

    白望 「……はぁっ、はぁっ」

    口癖が「ダルい」の私だが、果たしてここまで体力が無かっただろうか。
    全身に乳酸が溜まっている。腕も、足も徐々に上がらなくなってきた。

    白望 「……っ」

    しかし、それでも行かなければならない。私は進むことを選んだのだから。
    それに、今まで迷った末の選択が悪い結果を招いたことはない。

    それから、どれくらい歩いただろうか。
    どこまでも続くと思われた森だが、やがて開けた空間へと出た。

    白望 「……うっ」

    暗闇に馴れて拡大した瞳が、急に差し込んだ光に痛みを感じた。
    16 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:27:02.27 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-181)

    やっと、瞳が明るさに慣れてきた。
    収縮した瞳で目の前の光景を確認する。

    眼前には、立派な黒い門を構えた大きな屋敷がある。
    そして、屋敷の庭には紅や白の花が咲き乱れ、
    人為的に作られたであろう囲いの中には、沢山のニワトリ、牛や馬などの家畜がいる。

    白望 (誰か住んでいるのかな……?)

    しかし、屋敷は不気味なほどに静寂に包まれている。
    廃墟だろうか。

    白望 「……ん」

    不意に喉の渇きを思い出す。

    元はと言えば、水を欲してこの森に入ったのだ。
    屋敷の中には、きっと何かしら飲み物もあるだろう。

    白望 「……お邪魔します」

    私は鉄製の黒い門に手をかけた。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:28:29.72 ID:bJy5Btxy0 (+19,+29,+0)
    いいよいいよー
    18 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:28:44.25 ID:DLzUbz7qO (-14,-2,-2)
    ダルい支援
    19 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:30:09.95 ID:jVxDbBM5O (+13,+20,+0)
    地の文もアリいいな
    支援
    20 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:31:11.60 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-178)

    屋敷は外見だけでなく、中身も立派だった。
    内装は和を基調としており、私の故郷である岩手に多い家の造りにも似ている。

    今、腰を下ろしている座敷は、食事をとる場であろう。
    歪な形をした木製の机には、綺麗な柄の食器が多数並べられている。

    白望 「すみません、誰かいませんか?」

    恐らくいると思われる家主に呼びかけてみる。
    が、返事はない。

    白望 (本当に誰もいないのか……?)

    見れば、火鉢にはまだ火が生きていた。
    そして、囲炉裏には沸きっぱなしのお湯がかけてあるのだ。

    人がいないと言うには、あまりに不自然な状態だ。
    姿は見えないが、僅かに人の気配も感じる。
    21 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:35:03.25 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-87)

    白望 「……」

    しばらく、ぼんやりと火鉢を見つめていた。
    暖をとるにしては、少々火の勢いが強いように感じる。

    一点を見つめていると、握った手、額、脇が冷たい汗で滲んだ。
    とにかく、喉が渇く。早く水が飲みたい。

    白望 「誰かいませんか?」

    少し、大きな声を出してみる。
    けれども、やはり返事はない。

    白望 (……家を探ってみるか)

    私は重い腰を上げ、屋敷の探索に取り掛かることにした。
    まずは、一番先に目に付いた扉に手をかけよう。
    22 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:37:19.83 ID:bJy5Btxy0 (+14,+24,-1)
    怖いな・・・
    23 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:38:20.70 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-176)

    扉を開けると、そこには小さな空間が広がっていた。
    光源は天井に吊るしてある小さなランタンのみだ。薄暗い。

    そして、この小部屋の探索はものの五分で終わってしまった。
    なぜなら、なにも無いのである。

    存在するのは、小さなランタン。
    今入ってきた、後方にある扉。
    そして、更に奥に続くであろう前方の扉。

    白望 (……どうしようか)

    これ以上、勝手に他人の家の中を進むのも気がひける。
    一旦、さきほどの部屋に戻ったほうが良いだろうか。

    念のため、座敷の様子を少し確認してみよう。
    そう考え、入ってきた扉を引こうとする――が、開かない。
    24 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:41:36.01 ID:bJy5Btxy0 (+15,+25,-1)
    猿よけ支援
    25 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:42:25.00 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-84)

    白望 「……?」

    おかしい。
    確か、木製の扉には鍵のようなものはついてなかった。

    たてつけが悪いのだろうか。
    もう一度、引いてみる。しかし、微塵も開く気配が無い。

    白望 (閉じ込められた……)

    そう思ったときだった。

    信じられない光景が目に飛び込む。
    目の前の扉に、銀色に輝く文字が浮かび上がってきたのだ。

    『み』

    白望 「……み?」

    『みずを』

    白望 「……みずを?」

    『みずをのまない』
    26 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:45:21.06 ID:3tFuUMih0 (-14,-2,-1)
    しえ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:46:51.30 ID:bJy5Btxy0 (+24,+29,-1)
    どういうことだおい・・・
    28 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:47:07.68 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-119)

    白望 「みずを……のまない?」

    扉には、銀色の文章が煌々と輝きを放っている。

    みずをのまない。水をのまない。
    ……ああ、『水を飲まない』か。

    そのままの意味で理解すると、水を飲むな、ということか。
    それとも、水を飲まない? という疑問文だろうか。

    考えを巡らせていると、今度は背後から金色の光の靄を感じた。

    白望 (まさか……)

    振り返ると、そのまさかだった。
    奥に進むため、と思われた扉にも文字が浮かび上がっていた。

    金色。短い文章。

    『みずをのむ』
    29 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:52:12.59 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-127)

    白望 (水を……飲む)

    文章を心で反芻した瞬間、喉がごくりと鳴った。

    水。

    欲しい。水が欲しい。

    白望 「……」

    私の身体は自然とそちらの扉へと向かう。
    頭の中には、この異常な状況に対する疑問は一切浮かんでこなかった。

    ふらふらとした足取り。恐らく、目は虚ろになっているのではないか。
    気づけば、それほど水を求めていた。

    『みずをのむ』

    金色の光を放つ文字の前に立ち、ポツリと呟いた。

    白望 「私は……水を飲む」

    扉に手をかけ、ぐっと力を込めた。
    30 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:55:04.23 ID:1t1ZCFMt0 (+9,+24,+0)
    ふんふむ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:55:11.18 ID:A7g99lC00 (+31,+30,-199)

    白望 「……ふー」

    喉の渇きが満たされ、一息つく。
    傍らには、机の上に置かれたガラス製の水差しとコップ。

    白望 「……ダルい」

    少し眠気を催したところで、不意にそんな言葉が口をつく。
    この未知の世界に迷い込んで、初めて口癖が出た。
    水分を補給したことで、精神が安定してきた証拠だろう。

    白望 (それにしても……ここは一体どうなってるんだ?)

    私が扉を開けたその先にあったのは、まったく同じ小部屋だった。

    存在するのは、小さなランタン。
    水を求めて開けた、後方にある扉。
    そして、何処へ続くかわからない前方の扉。

    違ったのは、机と、その上の水差しとコップだけ。

    白望 (恐らく水が置いてあったのは、『みずをのむ』と書かれた扉を選択したから)

    二つに一つの選択が、結果として現実に反映された。
    馬鹿馬鹿しい結論ではあるが、それ以外あり得ないのも事実だ。
    32 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:58:19.26 ID:bJy5Btxy0 (+18,+28,+0)
    続けて、どうぞ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 20:59:13.59 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-131)

    思えば、白い空間で目を覚ましたときから、森を抜け、
    この屋敷に迷い込むまで、不可思議の連続であった。

    夢か否かはわからないが、この世界ではあり得ることなのだ。

    白望 (みんなは……どうしてるかな)

    眠気におされて瞼を閉じると、部活の仲間たちの顔が浮かんでくる。

    ……塞。……胡桃。……豊音。……エイスリン。
    ……それから、熊倉先生も。

    もし、この世界から戻ることができなかったら、みんなとはもう会えないのだろうか。
    いや、これ以上そんなことを考えるのは……。

    白望 (……ダル……い……)

    さ迷う思考をシャットダウンし、私は眠りへと落ちていった。
    34 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:00:35.82 ID:2lrlSQmz0 (-23,-11,-2)
    期待
    35 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:00:45.55 ID:odUhA6R20 (+19,+29,-1)
    嘘をつくコピペみたいだな
    36 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:00:54.89 ID:DLzUbz7qO (+22,+29,-4)
    俺をとるか、エイスリランをとるか
    37 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:02:56.64 ID:A7g99lC00 (+30,+30,-168)

    それからとういもの、私はこの不思議な空間で何度か二者択一を行った。

    食事をするか、否か。
    体を洗うか、否か。
    排泄をするか、否か。

    水を飲むか、否かの選択も何度か行った。

    私はこれらの二者択一に対し、迷うことなく前者を選択してきた。
    何故なら、これらの二者択一には迷う要素が無い。一方がメリットで、一方がデメリットなのだから。

    第一、扉に文字が浮かび上がるのは、きまって私が何かを望んだときだった。
    それに気づいてからというもの、私は生理的欲求に従い、人間としての生活に関する事項を優先的に望んだ。

    白望 「……ぁ」

    しかし、もはや限界だった。
    薄暗い空間、そして長い長い時間の中で、私は孤独に耐えることができなかった。
    38 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:04:50.72 ID:APsLiIAH0 (+12,+24,+0)
    ふんふむ
    39 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:06:18.63 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-110)

    白望 「だめだ……」

    白望 「頭が変になりそうだ……」

    白望 「だ、誰か……話がしたい」

    白望 「誰でもいい……話し相手が……」

    部屋の中央に蹲った私は、右手で頭を掻き毟り、左手の親指の爪を噛む。

    「誰でもいい」と口にしたものの、錯乱寸前の頭の中で浮かぶのは、
    やはり、宮守女子で一緒に過ごしてきた仲間たちの顔だった。

    そのとき、視界の両端にぼんやりとした光が入り込んできた。

    白望 「……!」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:07:07.94 ID:bJy5Btxy0 (+18,+28,-2)
    シロちゃん……
    41 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:09:14.56 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-111)

    私は慌てて立ち上がる。
    まずは左だ。選択の度に入り口となる、後方の扉を見る。

    『く』

    白望 「……く?」

    銀色の文字は、そこで動きを止めた。
    そしてしばらくすると、続きの文字が浮かび上がってくる。

    『くまくら』

    白望 「くまくら……」

    『くまくらとしとはなす』

    白望 「熊倉トシ……先生と話す」

    思わず、扉を開こうとした。
    先生と会える。話すことができる。
    そう考えただけで心が躍ったが、その思考は金色の光に遮られた。
    42 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:10:55.88 ID:bJy5Btxy0 (+24,+29,-5)
    なんか話が動きそうな予感……ゴクリ
    43 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:12:19.02 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-127)

    白望 「……」

    ゆっくりと動きを止める。
    そうだ。これは二者択一なんだ。
    もう一つの選択肢が、私には用意されている。

    振り返った先の文字は、あまりに魅力的な光を放っていた。

    『うすざわさえとはなす』

    白望 「……塞」

    決して、熊倉先生が嫌いだったとか、そういう訳ではない。
    先生のことはとても信頼している。豊音とエイスリンに引き合わせてくれて、
    インターハイ予選出場すら危ぶまれた麻雀部を、全国まで率いてくれたことも感謝している。

    ただ、それ以上に会いたかったのだ。話したかったのだ。
    かけがえのない友達である、臼沢塞に。
    44 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:13:02.32 ID:bJy5Btxy0 (+29,+29,-7)
    これはシロ塞を期待してもいいですか?
    45 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:14:02.40 ID:MSQ5ilNZ0 (+16,+26,-12)
    どっちにしろBBA
    46 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:15:36.47 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-101)

    金色の光に誘い込まれるように、私はゆっくりと歩みを進める。

    白望 「……」

    塞に会いたい。

    白望 「塞……」

    塞と話したい。

    白望 「塞っ……」

    塞。塞。塞。

    私は縋り付くように、扉の取っ手を掴もうとする。
    緊張しているためか、なかなか取っ手を捉えることができない。

    カリッ、カリッ、とさ迷う指が扉を引っかく。
    その様は、まるで隔離された者の末路を辿っているかのようだ。
    48 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:18:55.59 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-112)

    やっとの思いで取っ手を掴むことができた。
    震える右手を左手で抑える。体の芯から深呼吸をする。

    大丈夫。塞はこの扉の向こうにいる。

    白望 「……よし」

    気持ちを落ち着かせるように、ゆっくりと扉を押す。
    扉がギギ……と軋みをあげる。金色の光の筋が漏れ出す。

    白望 「私は……」

    扉を引く速度を、徐々に速めていく。
    それにともない、金色の筋は太さを増し、帯となる。

    白望 「私は……臼沢塞と話す」

    完全に扉を押し切ると、私は金色の光に包まれた。
    50 : 以下、名無しにか - 2012/08/31(金) 21:22:07.91 ID:A7g99lC00 (+35,+30,-128)

    白望 「……」

    光が徐々に引いていくと、次の小部屋の様子が明らかとなってくる。
    小部屋は相変わらず殺風景で、ぼんやりと光を放つランタンが揺れ、机が置かれているだけ。

    そしてそこには……塞の姿は無かった。

    白望 「そ、そんな……」

    膝から崩れおちる。
    待ち望んでいた結果が、裏切られたのだ。

    ひどい裏切りだ。ルール違反だ。
    期待させてから、どん底に落とす最悪のやり方だ。

    私は誰かも分からない、存在するかもわからない、
    この二者択一の小部屋を用意した『ナニカ』を呪った。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - ×2+ - 宮守女子 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について