のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,554,689人
911,663,003頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:3,243人
3,795頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ勇者「魔王の呪いで左腕が触手になった」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + - 触手 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:37:58.93 ID:sJy89Wyh0 (+120,+30,-151)
    魔王「ふははは! これで最早勇者も終わりよ!」

    側近「魔王様、流石でございます!」

    魔王「ここに辿り付く事も無く、触手の性欲に煽られ雌豚を貪る者に成り果てよう」

    魔王「いや……その慢心こそが歴代魔王の敗因だったな」

    魔王「淫魔の部隊を作っておけ。万が一にも勇者がここまで来れたなら」

    魔王「快楽に浸からせてやろうではないか」

    側近「はっ! ただちに!」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:40:22.53 ID:sJy89Wyh0 (+90,+30,-73)
    勇者「……」ゴゴゴゴゴ

    触手A「」ウネウネ
    触手B「」ウネウネ
    触手C「」ウネウネ
    触手D「」ウネウネ
    触手E「」ウネウネ

    勇者「……」ゴクリ
    3 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:43:19.64 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-165)
    勇者(夢に魔王が出てきたが……くそ、魔王の呪いか)

    勇者(恐らくは強力なもの。だがどんな呪いも術者の生命状況如何で消滅すると聞く)

    勇者(無理に解呪するよりも魔王を倒す事を考えるべきだが……右手しか使えないとは)

    勇者(盾も二刀流も両手持ちもできはしないとは……恐ろしい呪いだ。何よりこのままじゃ町を歩けないだろう)

    触手A「」ウネウーネ
    触手B「」ウネウネウネ
    触手C「」ウネ
    触手D「」ウーネウーネ
    触手E「」ウーネウネウネ

    勇者(くそっ! 陽気にくねりやがって! いっその事切り落としてやろうか!)イラァ
    4 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:46:19.30 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-284)
    イボがついてるだけの触手「肢体に絡めて良し! おっぱいを絞り上げて良し! ぶち込んで良し! の汎用触手だぜ!」ウネウネネ

    蕾状の触手「蕾が開けばこんにちはドリル触手。蕾から触手のギャップと何をされるかを悟らせ絶望させてやるぜぇ!」ウネウネ

    先端に五本の細い触手を持つ触手「狭い所細かい作業はお手の物ぉ! 愛撫かららめぇぇ子宮であばれてりゅうぅぅ! まで臨機応変に対応するぜぇ!」ウーネウネ

    舌状に大量の突起物が生えてる触手「牝の柔肌は我の物。擦るぜ擦るぜー! 全身くまなく擦り上げるぜー!」ウネウネ

    突起物のついた卵型の先端を持つ触手「ぶち込むだけが能www突起でヒダを抉りまくってひぃひぃ言わせたるでーwwwww」ウネンウネン

    勇者「……思い思いに凄い主張を」ゴクリ

    勇者「しているのだろうが、言葉が発せない以上どんな自己主張をしているのかさっぱりだ……」

    触手達「ナン...ダト!」ウネウネ
    5 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:49:32.41 ID:U2oU4+Sj0 (+30,+30,-15)
    僧侶が解呪のために身を差し出すシーンはよ
    6 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:50:41.66 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-195)
    勇者「とりあえず……小さくまとまるみたいだし、マントを改良して左半身を包むローブみたくすれば」

    勇者「良し、これで目立たないな。左腕は魔王の呪いで壊死しているような状態って事にするか。見られたくないし」

    勇者「待てよ……もしかしたら」


    人気の無い広場
    触手達「ヒナタボッコダゼ!」サンサン

    勇者「光に当てれば弱体化や干からびたりしないかとも思ったが……ダメか」

    勇者「諦めてこれを連れて行くしかないのか……今日が旅立ちだって言うのに」

    勇者「同行する人どうするか……できる限り男だよな。こんなの見て卒倒しない女性はいないだろうし、気味悪がられてPT離脱とかだろうし」

    勇者「とんでもない呪いをくれたものだ……とにかく冒険者の宿に行って仲間を集めないと」バサァ
    7 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:54:35.75 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-145)
    戦士「……おい、今の見たか?」ガササ

    僧侶「ええ、見ましたわ」ガサ

    魔法「五本の触手だったわね」ガザザ

    戦士「しかもバリエーションも多いし……たまらねえ」ジュルリ

    僧侶「ああ……あんなもので突かれてしまうのかと思うと」キュンキュン

    魔法「私達三人を相手にしても二本余るだなんて」ゴクリ

    戦士「おい、冒険者の宿に急ぐぞ! 絶対に勇者の同行者になるんだ!」

    僧侶「当然ですわっ!」

    魔法「ふふ……これからが楽しみね」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 20:57:54.97 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-213)
    勇者「ここ、か?」カランカラン

    店主「いらっ……ああ、あんたが神の啓示を受けた勇者様か」

    勇者「はい、こちらに魔王討伐の旅に同行してくれる者が集まっていると聞いておりまして」

    店主「おうよっ。荒くれ者から勲章持ちの騎士までなんでもござれだ。一応、滞在している奴のリスt」

    戦士「あんたが勇者か。待っていたぜ」ザッ

    僧侶「勇者様さえお許し下さるのであれば、魔王討伐の旅に同行させて下さい」バン

    魔法「これでも私は魔法を研究する者の端くれ。高度な魔法を得意とするわ」ババン

    勇者(う……全員女性か)
    10 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:00:51.11 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,+0)
    勇者「この旅は果てしなく険しいものとなるだろう……俺自身としては安易に女性を共にしたくないのだ」

    戦士「……あたしの故郷はよ、魔物の襲撃で滅んじまったんだよ。魔王に一太刀でも浴びせないと気がすまないんだよ」

    戦士「その為に今まで剣の腕を磨き続けてきた。いい加減な気持ちじゃあない。本気で魔王と戦うつもりだ」

    僧侶「私は……戦力としては足手まといになってしまうと思います。ですが神に仕える私には傷を癒す魔法が使えます」

    僧侶「何より、戦士とは親しき仲。友の悲願の為にも、私は全力で支援致します」

    魔法「さっきも言ったとおり、魔法の研究をしているのだけども、魔王が暴れていると落ち着いて研究できないのよ」

    魔法「天才の域でないにしろ、高度な魔法が使えるわ。魔法における知識と実践、全て勇者様に捧げるわ」

    勇者「……な」

    戦士(な、何だ? これでもアピールポイントが低かったか?)

    僧侶(剣の達人だ、くらい言って下さいよ)

    魔法(何か、何かもっと一押しになるものを……)
    12 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:03:33.56 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-99)
    勇者(なんて……愚かで浅ましい事を)

    勇者(彼女達の士気の高さに気付かず、志を蔑ろにしようとしていただなんてっ!)

    勇者(それも俺自身の個人的な感情一つで……)

    勇者「すまない……君達の気持ちも知らずに、自分の考えばかりで断ろうとしてしまって」

    勇者「こんな自分でもよければ、是非とも同行していただきたい」

    戦士(キターーー!!)

    僧侶(あァん! これから毎晩がた・の・し・み!)

    魔法(存分に私の体を貪ってぇ!)
    13 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:06:18.07 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-301)
    戦士「勇者、この先の山には毒を持った魔物が多いからな。毒消し草はこんくらいの束は必要だぜ」スリスリ

    勇者「そ、そうか。俺はそちらの方角とは真逆の方の地方だったから。現地の話が聞けるのは助かるな」

    僧侶「勇者様、こちらの護符は状態異常を多少は防ぐ力を持っていますが、どうなさいましょうか」スリスリ

    勇者「う、うぅん、ちょっと値が張るな……流石に人数分は買えないから止めよう。その分、毒消し草を多めに持っていこうか」

    魔法「勇者は魔法の心得は? もしある程度魔法が使えるのだったらこの魔石を装備しておくと、いざという時に保険になるのだが」スリスリ

    勇者「そ、そこまでは得意でないから君が持っていてくれ」

    勇者「というかなんだ……俺は今まで剣術一筋だったんだ」

    勇者「その……君達にとっては普通なのかもしれないが……その、ちょっとボディタッチが多いというか」ドギマギ

    戦士「おいおい、これから寝食を共にするんだぞ? これくらいでそんな事を言われてもこっちが困るぞ」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:08:39.04 ID:PUWysj2eO (+24,+29,-14)
    レベルアップで媚薬効果は付くんですか!?
    15 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:08:40.81 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-105)
    勇者「荒治療……だがしかし……」ウーム

    触手達「メスノニオイ!」ウネウネウネ

    勇者「!」ビクッ

    戦士「どうした?」

    勇者「いや、すまない。少し片付けなければならない用事があったのを思い出したんだ」

    勇者「次の町までの物資は三人で考えてくれた方がいいだろう」

    勇者「終わったらそこの宿屋で待っていてくれないか?」

    僧侶「分かりましたが……私達も何かお手伝いしましょうか?」

    勇者「ちょっとした用事だから気にしないでくれ」バッ
    16 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:10:27.72 ID:54GiwY6jI (+8,+23,-2)
    俺得超期待
    17 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:12:07.26 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-106)
    触手達「ヤラセロー!」ウネウネ

    勇者「くそっ! こいつらいきなり暴れだしやがって」

    勇者(何が原因だ……? いや、そもそもこれをどう落ち着かせるかだが)ウーム

    勇者「冷凍魔法」キーン

    触手達「アヒィ!」シュン

    勇者「よし、萎んだな」

    勇者「……」

    勇者「こういう抑圧の仕方は駄目なのかもしれないな……」

    勇者「犬とかもそうだような……適宜運動をさせるべきか?」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:12:12.63 ID:M0dc8oSt0 (-7,+7,-13)
    すばらしいな
    19 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:15:36.17 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-182)
    魔法「……触手に異変でもあったのかしら?」

    戦士「なに?!」

    僧侶「ああ……なるほど」

    戦士「じゃあもっと押してけば何れは襲い掛かってくると」キュンキュン

    魔法「けども無理に押していっては、勇者の方から距離を取りかねないわ」

    僧侶「今より一歩引いた位置からアプローチするような感じでしょうか?」

    魔法「まどろっこしいけどそんなところね」

    戦士「要するに普通に親しくなったところで、一気に距離を詰めるって事でいいんだよな」

    魔法「焦りは禁物よ。ま、旅は長いんだもの。いくらだってチャンスはあるはずよ」
    20 : 忍法帖【Lv= - 2012/08/30(木) 21:15:52.16 ID:jb629FQA0 (+24,+29,-10)
    いざ触手に犯されると耐えられなくてらめぇぇってアヘる展開でオナシャス
    21 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:18:26.83 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-179)
    宿屋
    勇者「といった具合で進んでいこうと思う」

    戦士「それでいいんじゃないか?」

    僧侶「せ、戦士さんはあまり地理に詳しくないので、話半分に聞いてあげて下さい」

    戦士「おいこら」

    勇者「そうか、分かった」

    戦士「おい。おい!」

    魔法「途中で可能であればこの国にも寄るべきだわ。鍛冶が発展していて、強力な武具が売られていると聞くわ」

    勇者「まだまだ先だなぁ……。そこは近づいてから判断しようか」

    勇者「ま、大まかはこんな感じだ。君らは冒険者の宿があるんだろう? 明日の早朝、広場に集合しよう」

    僧侶「部屋は明日付けで引き払う形にしましたからねぇ」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:19:15.35 ID:8m3glWDs0 (+24,+29,-9)
    ここは犯すたびに触手が強化されて最終的に触手に変身できるようになる展開でオナシャス
    23 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:21:17.76 ID:sJy89Wyh0 (+90,+30,-169)
    勇者「……良し」コソコソ

    勇者「こいつらに運動……とりあえず重量挙げにしておくか」バサァ

    触手達「ヒャッハー!オレタチサンジョウ!!」ウネウネ

    勇者「良し、そこの大岩を持ち上げろ」

    触手達「エッ」

    勇者「うん?」ウネウネ

    勇者「なんだ、多少は俺の意思で動かせるのか」ビュォ

    触手達「キョウセイロウドウwwwショクシュアンコクジダイktkrwwwww」ソォーレ イィッチニィーイッチィニィー

    *触手達は経験を詰みLvが上がった!*
    *ステータス割振り ニア硬さ 耐久 催淫 俊敏 筋力*

    勇者「?? とりあえず五本とも筋力」

    触手達「チョwwww」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:24:16.00 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-116)
    翌日
    勇者「とりゃあ!!」ズバン

    僧侶「お強い……」ポォ

    戦士「……なあ、お前は昨日城に召集されたんだよな」

    勇者「家業の樵をしていたから筋力はあるし、ここまで来るのには一人旅だったからな」

    魔法(あれ? つまり勇者はかなり強い?)ヒソ

    戦士(しかも今は右手一本だけってのにな)ヒソ

    勇者「雑魚がっ! 道をっ! 塞ぐなっ!!」ズバァン
    25 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:27:20.16 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-151)
    勇者「この辺りで野営するか」

    戦士「ノーダメージで一日が終わった……」

    魔法「勇者が強いってレベルじゃない件」

    僧侶「薪集めてきますねー」

    勇者「いや、それは俺が行こう」

    戦士「片腕じゃ辛くないか?」

    勇者「辺に細かい作業よりかはまだましさ」


    *触手達は経験を詰みLvが上がった!*
    *ステータス割振り以下略*

    勇者「筋力」

    触手達「ウハwwwメザセシキュウガコワレリュゥゥゥwwww」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:30:05.53 ID:f5UPR8sb0 (+29,+29,-5)
    触手がホモに目覚めたりしないよな…?
    28 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:30:06.93 ID:U2oU4+Sj0 (+5,+15,+0)
    せっかくのwwwww
    29 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:30:18.84 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-185)
    数日後 町の宿
    戦士「どういう事だ」

    僧侶「だいぶ私達との距離は縮まりましたが、一向に襲い掛かってくるような事はありませんね」

    魔法「……」

    戦士「押して駄目なら引いてみろって事か? いや、てかあいつ、一人で処理してあたしらに手を出さないようにしているとか」

    僧侶「勇者様でしたらありえそうですね」

    魔法「むしろ運動量が多すぎてそちらで発散されているのでは?」

    戦僧「!」

    戦士「こりゃあ……もうプッシュするしかねぇな」ゴゴゴ

    僧侶「ですね……」ゴクリ

    魔法(今日辺り抜け出して夜這いしてみようかしら)
    30 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:33:25.29 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-206)
    勇者「そろそろ差別化したほうがいいか……」

    勇者「イボつきは筋力俊敏の二極」

    イボがついてるだけの触手A「目指すぜ! 神速のピストン!」

    勇者「蕾っぽいのは筋力と……硬さだな」

    蕾状の触手B「一撃でアヘらせるぜっ!」

    勇者「先端に細い触手ついてんのは俊敏と……器用さってどうしたら上げられるんだ。道具を使うよう仕込むか」

    先端に細い触手を持つ触手C「うへっへっへ、やる時ぁはやるって事かい。あんたもゲスでさぁ」

    勇者「なんか突起物がいっぱい生えてるのは……後は硬さ一極、いや少しは俊敏も上げるか」

    舌状に大量の突起物が生えてる触手D「ガッチガチの突起でお豆をこするぜぇぇ!!」

    勇者「先端が丸いのは……硬さと俊敏二極だな」

    突起物のついた卵型の先端を持つ触手E「え? この形状でその二極? 俺だけ本当の意味で一撃必殺?」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:36:15.65 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-168)
    魔法(良し、二人は寝静まったようね……)

    魔法(今がチャンスよ!)スッ


    魔法(あら……? 勇者が部屋にいない?)ガチャ

    魔法(むー……これではどうしようも、うん?)ォン ブォ

    魔法(素振りかしら? 勇者の強さならありえそうだけども……それにしては音が変な)ブォ ブォン

    勇者「19,998、19,999、20,000!」ブォブォブォン

    勇者「ふーっ! 大岩振り二万回終わりっと」

    魔法(大岩?! 剣じゃないの?! 筋力上げ?!)

    勇者「町の外に戻すのも面倒だな。ほあたぁ!」ゴシャァ

    魔法(勇者が武道家だった件)
    34 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:39:25.18 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-108)
    魔法「ふあ……」

    戦士「なんだ? 寝不足か?」

    僧侶「魔法使いさんにしては珍しいですね」

    勇者「次の町まで三日はかかるんだ。きつかったら言ってくれよ」

    魔法「……昨日の夜見てしまったのだけども、なんであなたはそんなにハツラツとしているのよ」

    勇者「あー……あれ見られたのか」

    戦士「なんだ! 何を見たって!!」

    僧侶「夜にナニをしていらしたんですか!!」

    勇者「大岩振り」

    戦士「……え、なんだって?」

    僧侶「何をしていらしたんですか?」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:40:08.17 ID:ljepOEWdO (+24,+29,-3)
    触手Eは撲殺要員か
    37 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:45:07.42 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-85)
    勇者「夢はフルサイズの両手剣を振り回す事だ」

    魔法(片手で?)

    戦士(両手剣?)

    僧侶(両、え?)

    勇者「まずは戦斧を片手で扱えるようにならないとだな」

    魔法「何処まで行くつもり?!」

    戦士「勇者やべーよ」

    僧侶「でも逞しい勇者様もっ」キュンキュン
    38 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:46:55.23 ID:ljepOEWdO (+24,+29,-3)
    触手なしでもモテモテの可能性
    39 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:48:14.18 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-93)
    戦士「勇者が無双状態の件」

    魔法「大して応戦する事も無く終わる戦闘」

    僧侶「そうして既に町についている現状」

    勇者「何事も無く次の町に着けて良かったな」

    勇者「とりあえず宿を取るか」

    戦士「当の本人は至って軽快とかねえよ」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:51:49.20 ID:JuRg0/za0 (+14,+29,+0)
    さるよけ
    42 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:52:44.77 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-203)
    戦士「なあ、勇者。部屋は一緒にしないか?」

    勇者「え?」

    魔法「戦士……いくらなんでもそれは」

    戦士「あたしらを気遣ってくれているんだろうし、左腕の件もあるんだろうけどもよ」

    戦士「別にあんたの左腕が変だからって軽蔑したりしないぜ。それは二人も同じ事だと思うぞ」

    僧侶「それに関しては私も同意ですわ。その……私達はあまり、勇者様の支えになっていないのに勇者様ばかりに気遣わせるのも」

    勇者「……」

    勇者「ありがとう。気持ちは嬉しいが、やはり遠慮させてもらうよ」

    勇者「……確かに軽蔑される事を恐れてはいる。だがそれ以上に、まだ自分でも受け入れる事ができていないんだ」

    勇者「こればかりは……すまない」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:55:18.01 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-103)
    勇者「で、一人になった所でまた触手を鍛える訳だ。準備はいいか」

    触手達「サー!イエッサー!」ウネネ

    勇者「今日はダメージそのものの耐久を上げるぞ!」

    触手達「サー!イエッサー!」ウネウネネ

    勇者「一呼吸の間、俺が全力でこの岩を打ちつける。まずは触手A、行くぞっ!」ブォ

    触手達「エッ」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:56:53.73 ID:U2oU4+Sj0 (-10,+0,+0)
    ちょっwww
    45 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:57:31.36 ID:rifZTOnq0 (+19,+29,-3)
    触手がすっかり調教されてきたな
    46 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 21:58:28.74 ID:OfPm2Qvd0 (+14,+29,-15)
    淫魔部隊の出番はまだですか?
    47 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 22:00:14.39 ID:ljepOEWdO (+19,+29,-14)
    戦士達が淫魔ばり
    48 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 22:03:27.19 ID:sJy89Wyh0 (+95,+30,-111)
    勇者「こいつらもだいぶ様になったな」

    勇者「……魔王戦を考え、最後の仕込をしておくか」


    戦士「おいおい勇者……いくらなんでも買い込みすぎじゃないか?」

    魔法「どう見ても重量オーバーよねぇ」

    僧侶「あの、無理は……」

    勇者「いや問題ない」

    *勇者はクレイモアを購入した*
    *勇者はヘビーアックスを購入した*
    49 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 22:04:43.16 ID:U2oU4+Sj0 (+29,+29,-18)
    まさか触手が勇者の戦闘力アップのフラグだったとは
    50 : 以下、名無しにか - 2012/08/30(木) 22:06:13.95 ID:sJy89Wyh0 (+99,+30,-134)
    魔法「ああ、そうだ勇者。風の噂でしかないが……次の町の途中、東に抜けた所に祠があるらしい」

    勇者「祠? 何か祀っているのか?」

    戦士「それあたしも聞いたな。何でも伝説級の武具があるとかなんとか」

    勇者「ほう……行ってみるしかないな」

    僧侶「罠とかありそうですね……」ブルル


    封印の扉「開けないよ!」

    戦士「くっそ、少しもあきゃぁしねぇぇぇ」グググ

    魔法「ダメくさいわね」フー

    僧侶「わざわざ寄り道したのですがねー」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + - 触手 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について