のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,560,658人
911,669,944頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:114人
136頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ魔王「いかに勇者に倒されないようにするべきか」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + - 未完 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:21:40.77 ID:l/OH0JJl0 (+120,+30,-96)

    側近「え?」

    魔王「魔王は勇者に倒される」

    魔王「これは先祖代々子々孫々、異界や創作においても当然の摂理」

    魔王「だが」

    側近「だが?」

    魔王「ワシは死にとうない」

     
    2 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:23:04.31 ID:SgXCQl650 (+9,+24,+0)
    ですよね
    3 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:24:15.71 ID:zEztidOD0 (+22,+29,-12)
    勇者になれば良い
    4 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:24:35.67 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-134)

    側近「えぇ~・・・」

    魔王「当たり前ではないか! だれが好き好んで人生に終止符をうつというのか!」

    側近「いやでも、魔王ともあろうものが死を恐れるというのも」

    魔王「魔王とて一匹の魔物にすぎぬわ」

    側近「それ部下たちに言っちゃだめですからね」

    魔王「まぁそういうわけだ。どうすればワシは生き延びられるのか」

    側近「うぅむ・・・ではとりあえず幹部会を開きましょうか」

     
    5 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:25:05.38 ID:H9Sin4Io0 (+22,+29,-21)
    魔王「我が軍は核兵器を保有している」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:26:22.18 ID:bMT6V3aZ0 (+19,+29,-4)
    教会と宿屋を重点的に潰せば
    7 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:27:31.57 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-85)

    ~~~~~~

    側近「今回の議題」

    側近「魔王様が勇者に倒されないようにするにはどうすればいいか」

    側近「魔王様いわく『ワシは死にとうない』」


    幹部A「ないわ」

    幹部B「ないわ~」

    幹部C「この軍もうダメじゃね?」

    魔王・側近「そこをなんとか」

     
    8 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:28:02.87 ID:VHcNFaNd0 (+23,+29,-2)
    lvが低い頃の勇者を殺せば
    9 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:28:36.04 ID:lXzzc8pv0 (+23,+29,+0)
    >>8
    いっそ攻め入れば
    10 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:29:01.84 ID:gtN9rH6d0 (+27,+29,-8)
    人間皆殺しにすれば勇者生まれなくね?
    11 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:29:33.10 ID:KnxQIQKqO (+19,+29,-11)
    そこで和解ですよ
    12 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:30:42.36 ID:MDYCRnlc0 (+17,+29,-3)
    バカ王子が魔王になればいいんだ
    13 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:30:58.49 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-77)

    幹部A「え~いやだって魔王って力の象徴でしょ?
         勇者なんて真っ向から打ち破ってこその魔王じゃない?」

    幹部B「まったくじゃなげかわしい
         倒されることを恐れるのではなく倒すことを考えるべきではないのかのう」

    幹部C「魔王様マジカッコワルイ~」

    魔王「うるさいわ!」

    側近「というわけで資料をご用意しました」

    幹部「「「資料?」」」

     
    14 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:31:13.66 ID:OYGHicqn0 (+22,+29,+0)
    四天王はどうした
    15 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:36:05.07 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-105)
     
    側近「まず、歴代魔王様の死因統計を」

    魔王「そんな統計あったのか」

    側近「記録書庫をあさって手早く作ってみました
        その結果」


    『 
     歴代魔王(120代)死亡理由

    第3位 「次代魔王に倒される」 1%

    第2位 「老衰」          1.2%

    第1位 「勇者に倒される」   98.8% 』


    魔王・幹部「・・・・・・うわぁ」

     
    16 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:38:14.56 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-61)

    幹部A「ん?」

    幹部C「どした?」

    幹部A「数おかしくね? 計101%になるんだが」

    魔王「なんだ側近、ミスか?」

    側近「ああいえ、勇者が魔王を倒したあと次代魔王になることがあったので」

    魔王・幹部「・・・・・」


     
    17 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:43:50.07 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-75)

    魔王「・・・・・・やっぱりあれだな、運命だな」

    幹部C「いやいやいや、魔王たるものその運命を打ち破りましょうよ」

    幹部A「ですよですよ、これまでがこんなんばっかだったからって・・・」

    側近「あー、あと次の資料です」

    幹部「「え?」」



     勇者侵入時の魔王軍上層部死亡率

    魔王  100%

    側近   50%

    四天王 100%

    幹部   100%               』


    幹部「「「・・・・・・・・・」」」

    幹部C「今までお世話に
    魔王「待てやゴラぁ!!!!」

     
    18 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:48:36.09 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-127)

    魔王「ていうかなんで側近だけ2回に1回は生き残ってんの? ずるくない?」

    幹部A「さすが側近、腹黒の鑑ね」

    側近「いや、私のことではないのでそんな風にいわれてもこまります
        寝返ったり隠れてたりした元側近たちがいただけです」

    幹部B「ちなみに、今勇者が来たら?」

    側近「隠れます」

    魔王「さて、真剣に考えようか」

    幹部「「「ですね(な)」」」

    側近「冗談ですよ」

     
    19 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 01:56:19.14 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-207)

    幹部C「そもそも勇者ってなんなんでしょうね?
         魔王がいれば勇者が出てくるもんですが、どういう原理なんだか」

    魔王「ふむ、勇者といってもいろいろあるが、神に選ばれた者やかつての勇者の血筋、
        あるいは自力で魔王を倒す力を得た者といったところか」

    幹部A「神ねえ・・・こそこそ裏から悪巧みするだけの裏方のくせに偉そうよね
         自分で戦えばいいのに」

    幹部C「否、神を裏方に追いやったのは初代魔王であろう。
         本来は全ての魔物の力をもってしてもあらがえぬ力を持つという」

    魔王「初代と神の戦いで大地が割れたらしいな。ワシには無理だ」

    側近「そういうことを言わない」

    幹部C「でもさでもさ、じゃあ神をさらに封じちゃえば勇者怖くないんじゃね?」

     
    20 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:00:39.77 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-156)

    幹部A「たとえば?」

    幹部C「えー、神殿壊したり教会壊したり?」

    魔王「それでなにか変わるか?」

    側近「どうでしょうねぇ。でも勇者は死んだら神殿で目覚めるといいます」

    魔王「は?」

    側近「はい?」

    魔王「普通死んだら死ぬのではないか?」

    側近「死んだら死にますけど、勇者は復活するんですよ」

    魔王「それは本当に人間か?」

    側近「さあ? 歴代魔王も何度も勇者は殺していますが、
        何度でも復活して襲いかかってきたようです。魔王が死ぬまで」

    魔王「なにそれこわい」

     
    21 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:03:17.53 ID:f48b9XJo0 (+6,+21,-1)
    みてるよ
    22 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:04:29.48 ID:p2MWWsVc0 (+17,+27,+0)
    けっこうおもしろい
    23 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:05:31.26 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-130)

    幹部B「それはきついのう、殺せるまで何度でも襲いかかってくる不死者とは」

    幹部A「しかも勇者って戦うたびに強くなるんでしょ? どうしようもなくない?」

    幹部C「オレ勇者なめてたわ」

    魔王「そこまでの化物だったとは・・・
        とりあえず神殿や教会を破壊すればそのリビングデッドは止まるのか?」

    側近「さあ? それはわかりませんが、なにもしないよりはマシなのでは」

    魔王「そうだな、とりあえず各地の魔物たちには教会や神殿を全力で壊すように連絡だ」

     
    24 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:11:16.73 ID:YBvIYV+7O (+19,+29,-12)
    共存という選択肢はないのか
    25 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:14:00.16 ID:OYGHicqn0 (+27,+29,-29)
    女魔王だったら共存ルートもありえるが…
    26 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:14:35.68 ID:K95/zuqT0 (-24,-17,+0)
    おもしろい
    支援
    27 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:16:59.54 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-298)

    魔王「では次だが・・・神に選ばれる以外の勇者対策だな」

    幹部B「勇者の血筋や、自力で到達するやつらか」

    側近「それに壊した神殿跡などから神とのつながりを得る勇者もいるかもしれませんね
        過去にはそういう勇者もいましたし」

    幹部A「神殿壊したとき聖なるなんちゃらが残ったりしないようにしなきゃいけないわけね」

    魔王「そのあたりもしっかりと実行連中には伝えておかねばか」

    幹部C「それはいいけどよー、残りの血筋とか自力とかはどうしようもなくね?
         人間の血族とかさっぱりだよ」

    魔王「かつて勇者が出たあたりを徹底的に滅ぼせば良いのではないか?」

    幹部B「それができればそもそも世界征服が完了しておるよ
         それなりに人間の軍が抵抗してるのでなぁ、重要な場所はなかなか」

    魔王「ふむ、側近。多少戦力を集中すればどうにかなるような該当場所はないのか?」

    側近「少々お待ちを・・・・・・・・2代前の勇者が出た村などは守りは薄そうですね」

    魔王「ではそこに手のあいている戦力を」

    側近「御意」

     
    28 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:24:36.23 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-186)

    魔王「他にも該当する場所があれば戦力をつぎ込むようにして・・・
        次は自力で強くなったやつの場合か」

    幹部C「ここまでくると勇者とか関係なくね?」

    側近「いえ、強くなる過程で神の力や精霊の加護を得るので、
        ただの人間とはいえないかと」

    魔王「ある種の運命というやつか」

    側近「人間の間では英雄譚として面白おかしく語られるものですが、
        我々からすれば理不尽としか言いようの無い成長度合ですしね」

    幹部B「神の力はさきほど話した神殿関係でよかろう。
         となると残るは精霊か?」

    幹部A「精霊ねーぶっちゃけ私見たことないんだけど」

    魔王「安心しろ、ワシもだ」

    側近「精霊といってもいろいろいるようですねぇ
        神の使いたる大精霊は歴代の魔王様方が封印したりなんだりしてますね」

     
    29 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:30:01.79 ID:9uJqRAZu0 (-27,-15,+0)
    30 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:32:05.13 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-185)

    魔王「では別にほっといても良いのではないか?」

    側近「勇者は封印されたものを解放するものですよ」

    魔王「迷惑な・・・」

    幹部C「んじゃ解放されないように気をつければいいんじゃ?」

    幹部B「そうじゃのう、封印した場所などは分かっておるのか?」

    側近「4大精霊のうち2つはわかってますが残りは不明です。
        記録にある火と土の大精霊の封印も今はどうなっているか確認が必要ですね」

    魔王「では迅速に確認を。
        ・・・他にも我らには危険でありながら情報がないものもありそうだな
        側近、部下たちも使ってそういった情報の再確認をせよ」

    側近「御意。少々席を離れます」

    31 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:37:45.38 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-133)

    魔王「さて、側近が離れている間になにが話せるか・・・」

    幹部C「あ、魔王様ー 前々からちょっと気になってたんですけど」

    魔王「なんだ?」

    幹部C「人間滅ぼしたいなら前線に強力な魔物置くべきなんじゃねーの?
         人間の勢力圏周りってなんかスライムとかばっかじゃん
         それなのに魔王城に近づくほど強力になってるしなんか無駄じゃね?」

    魔王「あー、あれは結果的なものだ
        強力な魔物を行かせると人間が全力で抵抗して強いのを狩るせいで、
        すぐ近くではあんまり強いのは生き残れんのだ
        いくら強くとも敵の本拠地近くでは数や補給力の差が酷いからな」

    32 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:43:11.22 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-186)

    幹部C「あー・・・あいつら群れるとウザいもんなー」

    幹部B「・・・・・・ふむ」

    魔王「うむ? どうした幹部B」

    幹部B「いや、さっきの話に戻るのじゃが」

    魔王「さっきのとはどの話だ?」

    幹部B「自力で強くなる勇者の話よ」

    魔王「ああ、それが?」

    幹部B「勇者がどうやって強くなるのか、というのを考えてみたのだが」

    魔王「どうやって強くなるかだと?」

    幹部B「うむ、人間というのは弱いものじゃ。しかし勇者は理不尽なほど強い。
         そのふたつの間になにがあったか、という話じゃ」

    魔王「・・・つまりどういうことだ?」

    幹部B「勇者というのはもしや、弱いモンスターから順々に倒しておるのではないか?」

     
    33 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:46:00.89 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-98)

    魔王「それは・・・・」

    幹部A「え、それって当たり前じゃない?
         さっきも言ってたじゃん、人間の城から魔王城に近づくほど強い魔物がいるって」

    魔王「・・・・・・・・なるほど。ほうほう、なるほどな」

    幹部A「え」

    幹部B「わかったかのぅ?」

    魔王「つまりこういうことか。
        ・・・・・『勇者は我らが育てあげる』のだと」

     
    34 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:47:27.62 ID:fy5E4kAEO (-4,+10,+0)
    面白い
    35 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:50:21.24 ID:MDYCRnlc0 (-29,-14,-1)
    しえん
    36 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:52:19.67 ID:de4vBWad0 (-5,+6,+0)
    つまんね
    37 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:53:47.83 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-166)

    幹部C「あー・・・盲点だったわ、なるほど」

    幹部A「えっと?」

    幹部B「ふむ、幹部Aは、いや我らはもともと考え方がズレておったのだよ
         『勇者は戦えば戦うほど強くなる』ことを知っていながら、
         『勇者とは運命、あるいは天災のようなものだ』という認識で目を曇らせておった」

    幹部A「うん・・・・うん? ごめんわかんない」

    魔王「・・・・つまりだ、幹部A。
        どこかで我らは『勇者というのは必ず強い者』だと思っておったのだ。
        それが自身の手に負えるかどうかは個々であったろうが。
        自力で強くなった勇者、などと言っていても
        『勇者であるからにはすでに強い者』であると。
        そう、とにかく・・・
        『勇者も最初は弱い』のだということを、我らは意識から外しておったのだ」

    38 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 02:55:56.90 ID:+txuvSUqO (+22,+29,-2)
    魔王SSのわりには質の悪いこと
    40 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:00:08.82 ID:l/OH0JJl0 (+95,+30,-155)

    幹部A「え、弱かったら勇者じゃなくない?」

    魔王「そう、それだ。勇者というからには、最弱でも人間達の精鋭であろうと。
        だが実際はそうではなかったのかもしれん
        最初は弱いスライムなどで経験を積み、
        ゾンビやリトルデーモン、人面樹にギガンテス・・・
        徐々に魔王城に近づきながら、そのたびに強くなることで
        幹部や魔王を倒すに足る力を手に入れたのかもしれんというわけだ」

    幹部A「おおっなるほど!
         たしかに私達が育ててるみたいな感じねそれ」

    幹部B「となれば」

    魔王「うむ
        低級の魔物を人間の近隣から退かせるぞ」

    41 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:03:47.06 ID:9xAzdvPt0 (+24,+29,-9)
    おいやめろよ!こんなSSでも>>1は必死に書きためたんだぞ!
    42 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:08:06.96 ID:de4vBWad0 (+22,+29,+0)
    本気でひどい、いやマジで
    44 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:17:00.65 ID:J7lSREyJO (-9,+0,-2)
    落ちるぞ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:17:41.90 ID:+txuvSUqO (+22,+29,+0)
    ひどいってかなんか気持ち悪い
    46 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:25:41.21 ID:XD6lIxwEO (+29,+29,-6)
    キャラに意見代弁させてるだけじゃ盛上りに欠くな
    47 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:28:24.44 ID:KjwE7nvI0 (+29,+29,-21)
    スライムはどこ?

    何の敵も出ない・・・

    もう魔王城に着いちゃった

    ギガンテスの一撃

    これは勇者終わりだな
    48 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:32:23.92 ID:J7lSREyJO (+24,+29,-4)
    お前らがボロカス言うからだぞ
    49 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:34:25.22 ID:3Z1vAwBm0 (+2,+12,-1)
    見てるぞ
    50 : 以下、名無しにか - 2012/08/28(火) 03:35:23.38 ID:KjwE7nvI0 (+29,+29,-40)
    見てる奴は見てるし 
    つまんね言いながら見てくるアンチは放っとけ
    どうせ具体的なこと何一つ言えないチラ裏野郎が混じってるだけだ
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + - 未完 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について