のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,562,422人
911,671,893頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:1,878人
2,085頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ岡部「みんな俺から離れていく……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×9
    タグ : - steins;gate + - γ世界線 + - シュタインズゲート + - シリアス...? + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:30:41.28 ID:pKdBRRYf0 (+125,+30,-198)
    買ったばかりの携帯から──

     ピリリリリ

    着信音。見覚えのない番号──

     ピリリリリ

    底知れぬ不安が思考を支配する。
    出たくない。

     ピリリリリ

    だがそれが止まる気配はない。
    意を決して指に力を込める──

     ピッ

    その瞬間、周りの景色が琥珀色に包まれ、ぐにゃぐにゃと揺れ始める。
    平衡感覚は失われ、立っていられなくなり──


    「ちょ、ちょっと!? 大丈夫!? しっかりして!」


    ごめん……なさい……。



    Chapter 1 『分離喪失のデジャヴュ』
    2 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:32:40.89 ID:Q27L/EpG0 (+19,+29,-14)
    詠矢と同じ匂いがする
    3 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:33:06.72 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-124)
    ……熱い。
    からだが──
    あたまが──

    煮えたぎる熱湯の中にいるみたい。
    ボコボコと湧き上がる泡が産まれては消え、産まれては消え──

    延々と繰り返される。

    見覚えのない記憶の泡が産まれては消え、産まれては消え──

    延々と繰り返される。
    永遠にも感じられる時間。

    まゆり……。

    たすけられない?

    このまましぬ?

    熱はやがて引いていく。
    今、深く暗い海の底にいる。

    無意識に息が漏れる。また泡。

    くりす……。

    くりす?
    くりすってだれ?
    4 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:33:13.74 ID:Y6JwgT/IP (+0,+12,-1)
    ほう
    5 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:36:01.29 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-124)
    2000年 1月14日



    岡部「……ぁ」

    「あっ!」

    岡部「あれ……」

    「良かった。目を覚ましたのね、倫太郎くん」

    岡部「……あ、叔母……さん? あれ……ぼくは……」

    叔母「あなた一ヶ月も熱にうかされてて……もう大変だったのよ」

    叔母「でも、もう大丈夫だからね」

    岡部「ねえねえそんなことより聞いてよ!」

    叔母「?」

    岡部「夢を見たんだ、すごく長い夢」

    岡部「ぼくが大人になるまでの夢!」

    岡部「それでね? けんきゅうじょをつくって、色んな仲間もいて!」

    岡部「それで……あれ?」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:36:59.14 ID:uAqtEx2sO (+24,+29,-43)
    まゆりがリーディングシュタイナーを持っていたSSを書いた人?
    7 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:37:23.30 ID:CwLb0K1d0 (+19,+29,+0)
    ショタリン可愛い
    8 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:38:05.39 ID:hE4uLJoiO (+10,+22,+0)
    続けて
    9 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:38:32.53 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-183)
    岡部「ぼく……なんで泣いてるんだろう……。おかしいな、夢の話なのに……」

    叔母「……大丈夫、叔母さんが付いてるから……」

    岡部「ねえ……まゆりは? まゆりに会いたい」

    叔母「まゆ……り? 誰かしら」

    義叔父「友だちかなんかだろう」

    叔母「でも、2000年クラッシュの直後だし……今は東京中が混乱してて……とてもお友達と連絡なんて……」

    義叔父「日本──いや世界中も大混乱だ。そのせいで義兄さんたちの葬儀もいつになるか──」

    岡部(そう……ぎ……?)

    叔母「ちょっとあなた!」

    義叔父「まだ8歳だ、葬儀の意味なんて分からんさ」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:40:58.39 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-101)
    岡部「ねえ、お父さんとお母さん死んじゃったの?」

    叔母「え、え!? す、少し遠くに行っちゃっただけよ」

    岡部「今、そうぎって……」

    義叔父「……っ」

    岡部「うそだ、夢の中では二人ともずっと生きてて……」

    岡部「うそだうそだうそだ……」

    叔母「倫太郎くん……」

    岡部「なんだよこれ……なんだよこれぇぇぇ!」

    叔母「倫太郎くん……大丈夫、大丈夫だから……!」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:42:11.69 ID:iHKnTc/EO (-23,-11,-2)
    期待
    12 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:43:19.10 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-73)
    2001年

    ~小学校~



    少年「おかべって頭いいよなー」

    岡部「そんなことないと思う」

    少年「親がすぱるたなのか?」

    岡部「いや、そういう訳じゃないんだけどさ。なんとなく解き方が閃くっていうか、覚えてるっていうか」

    少年「またまたー、ガリ勉してんじゃねーのー?」

    岡部「はは……」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:45:54.84 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-158)
    青年「なあ……母さん、俺、あいつ苦手だよ」

    叔母「あいつって誰よ」

    青年「倫太郎。年下のくせに妙に落ち着いてるっていうかさ、なんか生意気」

    叔母「あんたが子供すぎるの、中学生でしょ?」

    青年「そうだけどさー……」

    叔母「でも、もうちょっと子供らしくしてもいいのにねぇ……」

    叔母「まだ私達に遠慮してるのかしら、もう随分経つのに」

    叔母「少し可愛げないわよね」

    岡部「……」

    岡部(聞かなかったことに……)

     ギッ

    青年・叔母「!?」

    岡部「……あ」

    叔母「あ、や、やだ……いたの? あはは……」

    岡部「……す、すみません」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:47:30.46 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-44)
    2004年

    ~中学校~



    少年A「なあ、数学の宿題見せてくれよー」

    岡部「またか、いい加減自分でやってこいよ」

    少年A「いいだろー? 岡部なら宿題なんてちょちょいのちょいだろ!」

    岡部「……たく、仕方ないな」

    少年A「へへっ、サンキュー!」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:49:42.44 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-116)
    ~トイレ~



    少年A「ったくよー。岡部の奴、また宿題ガチでやってやがった」

    少年B「空気読めってんだよな、全問正解とか怪しまれるっつーの」

    少年C「つか、ズルでもしてんじゃね?」

    少年A「なくはねーよなぁ」

    少年B「それで調子乗ってるとしたら痛すぎだろ」

    少年C「たまに予言じみたこと言うのも痛いよなー」

    少年B「そうそう、あいつの口癖、”なんか見覚えがある”だからな」

    少年A「いてーいてー! はははっ」



    岡部「……っ」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:52:10.41 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-154)
    TV「連れてなど行かせぬぞ! 貴様はこの私の人質なのだからな!」

    青年「はははっ!」

    岡部「……っ」

    岡部「くだらない……ただの厨二病じゃないか」 ボソッ

    青年「は?」

    岡部「……何がマッドサイエンティストだ!」

    青年「……なにTVにケチつけてんだよ」

    叔母「ちょ、ちょっと……」

    岡部「あ……いや……」

    青年「意味分かんね」

    義叔父「おいおい、食事中だぞ、二人とも」

    岡部「……すみません」

    青年「……」

    TV「フゥーハハハ!」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:52:30.40 ID:PMcKXSEk0 (+19,+29,-15)
    この平然と少年とか出しちゃう感じ
    20 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:54:02.51 ID:pKdBRRYf0 (+90,+29,-37)
    岡部(なんだよ……何なんだよコレ)

    岡部(デジャブってやつなのか?)

    岡部(まゆり……まゆりは今どこで何をしてるんだ)

    岡部「……」

    岡部(眠れないな、トイレにでも行こう)
    21 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:56:15.81 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-217)
      『もう限界だっつの』

    岡部「……?」

      『でもねぇ……』

      『俺だって我慢してんの、でもあいつはいつまで経っても塞ぎこんだままだし、暗いし笑わねーし』

      『今日の晩飯んときだって聞いたろ? 事あるごとにわけわかんねーことばっか言ってさ』

      『そう言うな、倫太郎も両親を無くして辛い思いをしてきているんだよ』

      『2000年を境に色々と変わってしまって、混乱してるのよ……』

      『でももう4年だぜ!? 俺だって友達亡くしてたりなぁ!』

      『最近は言わなくなったけど、最初の頃はまゆりがどーとかこーとか煩かったよな!』

      『俺だって、あの頃は辛かったんだぞ!?』

      『論点がずれてきている、ともかく倫太郎はまだ中学生だ、追い出すなんてとてもじゃないができない』

      『そうよ、少なくとも中学卒業までは……ねぇ』

    岡部「……っ」

    岡部(俺の居場所は……ここじゃない)

    岡部(学校にも……家にもないんだ)
    22 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 14:58:48.66 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-153)
    2005年春



    岡部「記憶を頼りに来てみたが……本当にあったんだな。来たことなんてないはずなのに……」

    岡部「大檜山ビル二階……」

    岡部「……空き部屋……か」

    岡部「……ははっ、ははは」

    岡部(ここに来ればまゆりに会えるんじゃないか、そう思ったんだけどな)

    岡部(会えるわけがない。当たり前だよな……)

    岡部(俺にはもう居場所もないし、家族も、幼馴染もいないんだ……)

    「おい、何してんだ店の前で。客か?」

    岡部「え? あ、いや……俺は……」

    「んだよ、ガキか。客って訳じゃあなさそうだな」

    岡部「俺はガキじゃ……」

    「ガキだろ、高校生……ってとこか?」

    岡部「……中学生です」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:00:40.14 ID:TGjLZIVa0 (-2,+12,-1)
    ほう
    24 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:01:11.03 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-238)
    「マジかよ、にしては大人しいな。最近の中坊っつったらギャーギャーと騒がしいのによ」

    岡部「……」

    「で? ここらじゃ見ない顔だし、うちの客でもないみてーだけどよ、なんの用だ?」

    岡部「……ここの二階って、ずっと空き部屋なんですか?」

    「あん? そうだけどよ」

    岡部「なんだかここ、すごく懐かしくて……俺の居場所だった……そんな感じがするんです」

    「居場所? 変なこと言うじゃねーか」

    岡部「……俺には居場所がないんです、家にも学校にも」

    「なんだよ、家にも学校にもいたくねえってか?」

    「……なぁ、真冬のマンホールの中──いや、ガキにする話じゃねーな」

    岡部「……」

    「……おめーどっから来たんだ? 家は?」

    岡部「中野……いや、池袋」

    「池袋っていやー、2000年クラッシュで特に被害がでかかった……」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:01:36.77 ID:Bu8NoNxo0 (-27,-30,-61)
                    | │                   〈   !
                    | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
                   /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
                   ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    _______∧,、_| | /ヽ!        |            |ヽ i !_ ______
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ヽ {  |           !           |ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ヽ  |        _   ,、            ! , ′
                    \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                      `!                    /
                      ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                          |\      ー ─‐       , ′ !
    26 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:03:26.60 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-108)
    「悪かったよ……」

    「……おめーみてーなガキにも色々あるってわけだな」

    岡部「……」

    「俺は天王寺裕吾。おめー、名前は?」

    岡部(てん……のうじ……)

    岡部「岡部」 ボソッ

    天王寺「あん?」

    岡部「岡部……倫太郎」

    天王寺「なんだと? 岡部倫太郎?」

    岡部「……はい」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:05:02.96 ID:VHT+as9p0 (+21,+28,-1)
    ミスターブラウン
    28 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:05:50.84 ID:Bu8NoNxo0 (+22,+29,-13)
    鈴さん来てたのか
    29 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:05:51.54 ID:hvphnipf0 (-10,+4,+0)
    マグマ
    30 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:05:53.03 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-240)
    天王寺「なぁおめぇ、鈴さん……橋田鈴って知ってるか?」

    岡部(はしだ……はしだ……すず……?)

    岡部「聞いたことは……あるような」

    天王寺「……そりゃそうだよな、仮に会ったことあるっつっても覚えてるわきゃねーよな……」

    岡部「……?」

    天王寺「いや、こっちの話だ」

    天王寺「なあ岡部、おめー今日からうちでバイトしねーか」

    岡部「え? バイト?」

    天王寺「っつっても、まだ中坊だからよ、実質手伝いみてーなもんだ」

    天王寺「もちろん謝礼もそれなりに出してやる。そんで、おめーが中学卒業したら、ここの二階、格安で貸してやるよ」

    岡部「え……?」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:06:23.21 ID:Y6JwgT/IP (-27,-15,+0)
    32 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:08:51.58 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-260)
    天王寺「そうだな、家賃1000円でどうだ?」

    岡部「……中学生の俺でも分かるくらい安いですよねそれ……。いや、それとも、一日1000円とかですか?」

    天王寺「んなわけねーだろ、月だよ月」

    天王寺「あぁ、後、ブラウン管ちゃんを壊したら、家賃アップな」

    岡部「……」

    天王寺「どうする? 自信なかったら断ってもいいんだがな。欲しいんだろ? 居場所ってやつが」

    岡部「いえ、やります、やらせてください」

    天王寺「へへっ」

     チャリンチャリンチャリン ガコン

    岡部「……?」

    天王寺「ほらよ」

    岡部「これって……」

    天王寺「マウンテンジュー、ガキは好きだろ? こういうの」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:11:24.62 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-207)
    岡部「だから俺はガキじゃ……」

    天王寺「いいから飲んどけって」

    岡部「……」

     カチッ プシュ

    岡部「……美味い」

    天王寺「そうか、そりゃ良かった」



    こうして俺は、手伝いとしてブラウン管工房に出入りすることなった。
    とは言え、時代はブラウン管テレビよりも液晶テレビ。
    工房の手伝いは忙しさとは無縁だった。
    たまに来る貧乏そうなお客の接客の他は、店内の掃除、店長の娘である綯の世話ばかり。

    それでも俺は、中野にある叔母の家に帰らない日もあるほど、この場所に入り浸った。
    居場所を求めて。
    記憶の奥底にある、この場所を──


    Chapter 1 『分離喪失のデジャヴュ』END
    35 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:12:30.63 ID:VHT+as9p0 (-12,+0,+0)
    wktk
    36 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:13:58.25 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-127)
    Chapter 2 『焦躁のサクリファイス』


    2006年 12月



    天王寺「んじゃ俺はちょっと遠出するからよ、綯の世話と店番、頼んだぞ」

    岡部「いってらっしゃい、店長」

    天王寺「あ、言っとくが綯に手ぇ出したら殺す」

    岡部「だ、出しませんよ……」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:14:51.06 ID:xF7kMjKd0 (-2,+12,-1)
    ほう
    38 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:16:46.10 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-107)
    「ねーねー、バイトのお兄ちゃん、今日は何して遊ぶの?」

    岡部「ごめんな綯、今日は店内の掃除しときたいから……」

    「そっかー……じゃあ私、一人で遊んでるね」

    岡部「ホントにごめんな」

    岡部(物分りの良い子で助かる)

    岡部「さて、と……」

    岡部「よっ……」

    岡部(TV重っ……)
    39 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:19:10.54 ID:Mh7hYbj90 (+16,+26,+0)
    ラウンダーになるお話か
    40 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:19:24.15 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,+0)
    天王寺「帰ったぞー」

    「あ、お父さ~ん!」

    天王寺「おー、よしよし、いい子にしてたか綯~?」

    「うん!」

    岡部「お帰りなさい、店長」

    天王寺「おう、どうだ? 客は来たか?」

    岡部「いえ、今日は一人も……」

    天王寺「……かー、世知辛ぇなぁ」

    岡部「それじゃあ俺、帰りますんで」

    天王寺「おい、今日はうちで飯食って行けよ」

    岡部「え、でも……」

    天王寺「遠慮すんなって、シュークリームも買ってきてるしよ」

    「わーい! ありがとうお父さ~ん!」

    岡部「じゃあ、お言葉に甘えて……」

    天王寺「んじゃ車用意してるから、店閉めといてくれや」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:19:26.87 ID:wg8y0IEw0 (-22,-10,-2)
    これは期待
    42 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:21:24.75 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-168)
    天王寺「しっかしおめーもたくましくなったな」

    岡部「そうですかね」

    天王寺「会った頃なんて、ひょろっひょろしてやがってよ。あー、おい、肉食え肉」

    岡部「はい、頂きます」

    「お父さん、シュークリーム!」

    天王寺「おいおい、だめだぞ綯~、デザートは食後って決まってんだよ」

    「え~」

    岡部「はは……」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:22:33.69 ID:eLtFfabO0 (+20,+27,-1)
    マッチョオカリンか
    44 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:23:18.44 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-156)
    岡部「それじゃあ俺はそろそろ帰りますね、ごちそうさまでした」

    天王寺「送ってってやるよ」

    岡部「でも、そこまでして頂くわけには……」

    天王寺「おめーの老け顔なら夜道歩いてても大丈夫だろうが、まだ中学生だろ? いらねぇ遠慮すんなって」

    岡部「……はは、酷いですよ、それ」

    天王寺「うるっせぇ、男はなぁ、ちょっとくれー老けてたほうが貫禄あんだよ!」

    岡部(なるほど、そう自分に言い聞かせてるんですね)
    45 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:24:54.96 ID:ugTp4htD0 (-1,+13,-1)
    見てるぞ
    46 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:25:53.92 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-108)
    ~車の中~



    天王寺「ったく、また信号まちかよ……」

    岡部「……」

    天王寺「……もうすぐ高校受験だな、勉強はしてんのか」

    岡部「いえ、あんまり」

    天王寺「おいおい、高校浪人とかシャレになんねーからな、やっとけよ?」

    岡部「大丈夫です、学校の授業はちゃんと受けてますし」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:27:46.95 ID:pKdBRRYf0 (+95,+30,-139)
    天王寺「まあ、落ちたときは正式にうちのバイトとして雇ってやるからよ、ははっ」

     フラッ……

    岡部「……っ」

    天王寺「おい、冗談だよ、本気にすんなって」

    岡部(あの……女……!?)

    岡部「店長! ここまでで結構です!」

    天王寺「あ、おい!」

     ガチャ バタン

    天王寺「おい、岡部! おめーどこに──」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:28:58.47 ID:tuRUvdkh0 (-7,+7,+0)
    いいぞ
    50 : 以下、名無しにか - 2012/08/24(金) 15:30:10.67 ID:pKdBRRYf0 (+90,+30,-46)
    岡部(さっき道を歩いてた女……どこかで……!)

    岡部(どこだ、どこへ行った!)



    岡部「はぁっ……はぁっ……」

    岡部「くそ……どこに……」

    岡部(見たことあるんだ……どこかで! 気になる……会って話がしたい……)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×9
    タグ : - steins;gate + - γ世界線 + - シュタインズゲート + - シリアス...? + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について