のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:122,149,731人
909,662,049頁
昨日:1,085人
2,981頁
今日:967人
2,023頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ有田「四条貴音ちゃんにパネェ質問することになった…」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - くりぃむしちゅー + - アイドルマスター + - 四条貴音 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:26:36.43 ID:1pmDr+Zv0 (+125,+30,-114)
    ピッポ ピッポ ピッポ ポーン

    ―収録スタジオ―

    有田「…いや、参りますね今日は…」

    上田「だろうね。まあお前の心境になるとそうなると思うよ。」

    有田「はあ…参ったな…」

    上田「っていうか今回だけだろ?今まで散々参った参った言ってたけどよ~」

    有田「はい…今日はガチで参ってますよ…」

    上田「じゃあいつもはなんなんだよ?」

    有田「いや、ちょっと待ってくださいよ…この番組放送以来いろいろやってきましたよ。なんですか、その時の旬なものの名前つけて…東MAX解散総選挙とか…童貞妄想選手権とか…」

    上田「いや~くっだらねえよな~」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:27:42.62 ID:IcqJwy1p0 (+24,+29,-1)
    懐かしいw
    続くのこれ?
    3 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:28:46.39 ID:CD5SmzLk0 (+24,+29,-15)
    スポーツとスパッツの違いはなんですか?
    4 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:28:54.21 ID:1pmDr+Zv0 (+90,+30,-174)
    有田「今日は笑い事じゃないんですよ…765プロの四条貴音ちゃんがゲストに来てくれてるんだから…」

    上田「え~っと、今はこの放送が聞こえない控え室にいるんだよな?」

    有田「はい、今はディレクターのチンコーさんが控え室で打ち合わせと称して完全防備で時間を稼いでくれています。ここの話が聞かれちゃまずいから…」

    上田「用意周到だね~」

    有田「まあ毎週聴いてる人はご存知だとは思いますが、今日貴音ちゃんに何をするかって言うと…ご存知、パネェ質問をします。」

    上田「お前も好きだね~この企画。」

    有田「いや、別に好きでやってるわけじゃないんですよ…っていうかこんなのやらないに越したものはないんですからね?」

    上田「まあ確かにな~」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:31:45.80 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-245)
    有田「で、今日初めてこのラジオを聴いたという人もいるでしょうから、今回の罰ゲームの趣旨を簡単に説明しますと、まあ、ゲストに向かって『ウンコ食べられますか?』っていうような質問をする企画です。」

    上田「ひっでぇ企画だよな~しかも自分の言葉でだからね。こういうメールが来てますじゃなくて…ちなみに貴音ちゃんには何て理由でこの番組に呼んだのよ?」

    有田「もちろんパネェ質問のためとは言えませんから、来週発売のCDの告知ができるっていうのを理由に呼んでます。」

    上田「っていうかさ、俺は貴音ちゃんとは先週くらいに『おしゃれイズム』で会ったけど、お前はまだ会ったことなかったよな?」

    有田「そうなんですよ…今日初対面でいきなりパネェ質問をするわけですから…下手するとかなり大変なことになるんですよ。」

    上田「そうだな、お前ファンに殺されるんじゃないか?がはっ!!」

    有田「いや…正直笑えないです…」

    上田「まあ、今日はお前の芸能生活をかけてもらうしかないよね。」

    有田「やっぱり罰ゲーム無しにしません?」

    上田「いやダメだよ!?」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:32:33.16 ID:S6itQd8N0 (+14,+29,+0)
    おう、お久
    7 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:33:00.94 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-169)
    有田「はあ…わかりましたよ、やりますよ…」

    上田「ん~まあ、でもさ、お前は以前にも堺校長とデヴィ夫人に対してパネェ質問やったんだから今更アイドルなんて来てもぶっちゃけ余裕でしょ?」

    有田「確かにそうかもしれませんけど…」

    上田「それにさ、『おしゃれイズム』で貴音ちゃんと話してわかったんだけど、貴音ちゃんってああ見えて冗談通じるみたいだから案外大丈夫だと思うんだよな~」

    有田「いや、そりゃ普通の冗談なら通じるかもしれませんけど、僕がするのはパネェ質問ですからね?!」

    上田「ああ、そうだったな。じゃあ前言撤回するわ。貴音ちゃんには冗談通じないよ。」

    有田「貴音ちゃんにはっていうか誰にも通じませんよ。」

    上田「それもそうだな~がはっ!!」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:33:13.16 ID:O3bmS3XV0 (+19,+29,-3)
    いつか千早のを読んだ気がする
    9 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:35:47.19 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-136)
    有田「…まあ、話を戻しますけど、いいですか上田さん、堺校長やデヴィ夫人の時もそうでしたけど、今日は特にコンビというものを意識しましょう。海砂利水魚のライブ時代をよく思い出して、今日も僕が暴走してるような感じになりますよね、当然。」

    上田「まあね。」

    有田「そしたら上田さんは、コンビを守るためにフォローしてくださいよ。」

    上田「え~?」

    有田「いいですか。もし貴音ちゃんが『痴れ者!なんですかこの低俗な番組は?!帰ります!』ってなっちゃったら、僕だけじゃなくて上田さんもファンに叩かれますからね?」

    上田「いや~それは困るね。」

    有田「だから上田さんは『あれ、今日はどうしたんだろ有田?貴音ちゃん大丈夫だった?』みたいなフォローをいれて欲しいんですよ。」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:38:06.92 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-128)
    上田「いやでも、パネェ質問をぶつけられた貴音ちゃんの反応をリスナーは期待してるわけでしょ?それが主眼なわけじゃんか?」

    有田「まあそうですけど…」

    上田「だから、今回もボケみたいな感じにはしないからね。」

    有田「それはもちろんもちろん。」

    上田「『くだらねえ質問してんじゃねーよ!ガハハハハ!』みたいにはしないからね。だから『おい!お前何言ってんだ!!』みたいな感じでいくから。」

    有田「はい、そんな感じでお願いします。それじゃあ、ゲストをいつまでも待たせるのも失礼なんでさっさと質問を選びましょうか。」

    上田「おお、そうだな早く選んじゃおうぜ。」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:41:08.35 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-146)
    有田「あ、そういえば聞きましたか上田さん?」

    上田「何を?」

    有田「貴音ちゃんに対するパネェ質問を募集したら、なんとハガキだけで2000通近くも来たんですよ。」

    上田「ブハハハハ!!おいそんなに来てんのか?!」

    有田「メールに至っては3000通くらい来てたみたいですね。」

    上田「リスナーはどんだけ有田に失礼こかせようと躍起になってんだよ?!」

    有田「その中から質問を選ばなきゃいけないんで少し急がなきゃいけないんですよ。」

    上田「じゃあよさそうなやつを適当に選ぶか…」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:42:04.96 ID:hBjBmdvuO (+14,+29,+0)
    暑いわね
    13 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:43:12.70 ID:1pmDr+Zv0 (+90,+30,-86)
    ―控え室―

    貴音「なるほど…では、私はくりいむしちゅう様と自由に話をしていればよいのですね?」

    チンコー「大まかに言うとそうです。それじゃあ出番になったら呼びますからここで待機していてくださいね。」

    貴音「承知致しました。」

    貴音「(…やはりらじおというのは些か緊張しますね…)」


    数時間前 ―765プロ―

    「た、貴音ぇぇ!!」

    貴音「どうしたのですか響、そんなに大声を出して。」

    「貴音、今日くりぃむしちゅーさんのラジオに出るんだって?!」

    貴音「ええ、その予定です。」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:44:25.72 ID:FYOxtA6L0 (+24,+29,-6)
    765プロにくりぃむしちゅーのサイン出回りすぎだろ
    15 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:45:12.47 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-164)
    「だ、ダメだぞ!!そのラジオに出たらダメだ!!」

    貴音「?どうしてです?」

    「自分、春香に聞いたんだ!くりぃむしちゅーの上田さんはメディアを裏で操ってるメディア王で、色々な悪事を働いてるけど権力でもみ消してるって!!そんな悪い人の番組に一人で出るなんて危険だぞ!」

    貴音「そうですか…ですが響、心配は無用ですよ。」

    「え…どうして?」

    貴音「以前その上田様の『おしゃれいずむ』という番組で上田様と共演させていただきましたが、それほどの悪人には見受けられませんでした。恐らく春香が他の誰かと間違えたのでしょう。」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:48:13.98 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-69)
    「…そうなのかなぁ…」

    貴音「ふふ…ありがとう響。私の身を案じてくれたのですね。」

    「も、もちろんだぞ…貴音にもしものことがあったら自分…」

    貴音「響…」

    「貴音ぇ…」

    小鳥「(ひびたか!ひびたか!!)」

    P「音無さん働いてください。」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:50:25.72 ID:nMqYeRE10 (+24,+29,-15)
    二郎と次郎長の違いは何ですか?
    18 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:51:00.46 ID:1pmDr+Zv0 (+55,+30,-58)
    ―控え室―

    貴音「(響の手前ああ言いましたが、春香の言っていたことが真実だとすると少々厄介ですね…一応、用心はしておきましょう…)」

    貴音「(それにしても…)」

    チンコー「四条さん、そろそろ出番なんで用意お願いします。」

    貴音「かしこまりました。」

    ちんこう「あれ、控え室のおやつが全部無くなってる…?」

    貴音「(この時間はお腹が空きますね…)」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:52:44.69 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-47)
    ―収録スタジオ―

    上田「…じゃあこの5つで決定な。」

    有田「いや…キツイですって…」

    上田「そりゃそうだろ、罰ゲームなんだから。」

    有田「これは…より一層上田さんのフォローが重要になりますからね?」

    上田「まあまあ…それじゃあ最後に質問を確認しとこうか。」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:54:16.43 ID:1pmDr+Zv0 (+90,+30,-38)
    1.四条さんのことを、“市長さん”と呼んでいいですか?

    2.四条さんは、ダーウエ星人ですか?

    3.お尻を揉ませてもらってもいいですか?

    4.普段は胡麻油で髪を洗ってるんですか?

    5.ザーメンを食べたことはありますか?
    21 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:54:47.39 ID:mM4XW3C9O (+24,+29,-1)
    元ネタ知らないけど興味深い
    22 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:54:59.71 ID:ebLz7z0P0 (+14,+24,+0)
    これはひどい
    23 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:56:49.63 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-134)
    上田「これで間違い無いよな?」

    有田「なんなら全部が間違いですけど…まあ、はい。しかしまあ今回もパネェですね…特に3と5なんて駄目でしょ…セクハラもいいところですよ。」

    上田「まあね~じゃあ質問も決まったことだしそろそろ貴音ちゃんに登場してもらおうか。」

    有田「上田さん、本当にフォロー頼みますからね?」

    上田「ではCMの後、いよいよ有田が貴音ちゃんにパネェ質問をぶつけます!お前ら楽しみに待ってろよ!」

    有田「大丈夫かな…」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:56:57.45 ID:mM4XW3C9O (+2,+0,+1)
    >>20
    oh...
    25 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:58:06.10 ID:IcqJwy1p0 (+29,+29,-8)
    Podcastオンリーだったから実際に質問する所は聞いたこと無いんだよな
    26 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:58:33.59 ID:5eQGeBY40 (-8,+1,-1)
    ファーwwwwwwwwチキチキwwwwwwwwwww
    27 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 17:58:38.82 ID:mgATXUts0 (+29,+29,-6)
    2000通近くあるのにもうちょっとマシな質問はなかったのかwww
    28 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:02:06.24 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-134)
    5分後 

    上田「はい、というわけで本日のゲストは今話題沸騰中のアイドル事務、765プロの四条貴音ちゃんです!」

    貴音「皆様、本日はよろしくお願いします。」

    有田「よっ!待ってましたー!!」

    上田「ごめんなさいね~こんな夜遅くに呼び出しちゃってしかも随分待たせちゃったみたいで。」

    貴音「いえ、お気になさらず。私今日を楽しみにしておりました。」

    有田「いや~そう言ってもらえるとこちらも嬉しいですね。」

    上田「あれ、確か貴音ちゃんは有田に会うのは初めてなんだっけ?」

    貴音「そうですね。上田様とは以前共演させていただきましたが、有田様とは今日が初めてです。」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:05:30.44 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-83)
    上田「おい、聞いたかよ?“様”だってよ“様”!」

    有田「いや~この破壊力は凄まじいですね!!」

    上田「まあ、どうですか、初めて有田を見た感想は?」

    貴音「そうですね…とても素敵な殿方と見受けられます。」

    有田「え?マジで?!うわ、これはかなり嬉しいな~」

    上田「ね。今のでわかったと思うんですけど、貴音ちゃんは目が悪いです。」

    有田「ちょっとちょっと!上田さん、いくらなんでも失礼でしょ?!」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:07:36.86 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-105)
    上田「え~まあ、今日は来週発売予定のCDの告知のために来ていただいたわけなんですが、告知だけではちょっと寂しいということで、少し我々とトークを交えていただこうかなと思っているんですが、貴音ちゃん、お時間は大丈夫かな?」

    貴音「ええ、大丈夫です。」

    上田「おお、ありがたいですね~それではCMの後からトークをしていきたいと思います。それじゃあ今日は貴音ちゃんが来てるし、貴音ちゃんに曲紹介してもらおうかな。」

    貴音「わかりました。それでは皆様お聴きください。来週発売のしいでぃから一曲、四条貴音、『フラワーガール』」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:12:04.91 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-146)
    30分後

    貴音「……との組み合わせは至上でございます。」

    上田「へ~、まさか貴音ちゃんがそこまで食にこだわりを持っているなんてね~」

    貴音「ふふっ、上田様、食は生活の基礎であり文化の一つなのですよ。」

    上田「確かにね~ってもうこんな時間じゃんか!?いかんいかん、つい話し込んじゃったよ…」

    有田「それじゃあここらで一旦食べ物の話は止めにして、僕たちから四条さんについて知りたいことを訊いていきましょうか。」

    上田「そうだな。それでいいかな、貴音ちゃん?」

    貴音「ええ。本来であれば私は自らの素性を興味本位では答えたりはしないのですが…お二人からの質問となれば話は別にございます。どうぞ、私に答えられる範囲であればお応えいたします。」

    上田「おお、ありがとうね~」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:15:12.61 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-193)
    上田「え~っとさ、まあ最初だからまずは簡単なことから訊いてみようかな…貴音ちゃんは765プロに所属してるみたいだけど、765プロの中だと何て呼ばれたりするの?」

    貴音「そうですね…主に名前や苗字で呼ばれております。」

    有田「あれ、四条さんにはなにかあだ名とかってついてないの?」

    貴音「あだ名ですか?…そう言えば、双海亜美と双海真美からは『お姫ちん』と呼ばれておりますね。」

    上田「あ~確かに貴音ちゃんは『お姫ちん』って感じだよね~ミステリアスな雰囲気とかがどっかの国のお姫様っぽいもんね~」

    貴音「そうでしょうか…?」

    有田「ん~他にはないの?ほら、例えば『貴音っち』とか…そういうベタなやつなんかしらあるでしょ?」

    貴音「他ですか…?」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:17:25.57 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-173)
    上田「なに、なんでお前はそんなに貴音ちゃんのあだ名を引き出そうと躍起になってんだ?」

    有田「いや、僕実はさっきから『四条さん』って呼ぶたびに何回も噛みそうになっちゃってるんで、ここらで呼び方を変えられるいいあだ名が来ないかと思ってるんですよ。」

    上田「別にあだ名じゃなくてもいいだろ。『貴音ちゃん』って呼べば済む話じゃんか?」

    有田「いや、僕は上田さんとは違うんで初対面の方に対してガンガン距離を詰めるなんてことは出来ないです。」

    上田「俺がデリカシー無いみたいに言うんじゃねえよ!それに貴音ちゃんだって呼び方一つでそんなに気にはしないだろ。ねえ、貴音ちゃん?」

    貴音「え、ええ…」

    上田「ぶはは!!ガッツリ引いてるわ!!!よし、俺もこれから『四条さん』って呼ぼう!!」

    貴音「いえ、決して引いているわけではございません!」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:20:40.90 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-107)
    有田「あ、じゃあ上田さん、一緒に四条さんのあだ名を考えませんか?」

    上田「おお、いいねそれ。あっ、じゃあ今日の放送中は四条さんのことはそのあだ名で呼ぶことにしよう。いいですか、四条さん?」

    貴音「ええ。お二人にあだ名を考えていただけるとは、身に余る光栄でございます。」

    上田「まあ、とは言っても俺こういうのすぐ出てこないからな~どう有田、いいあだ名できた?」

    有田「そうですね…四条貴音、四条貴音、四条貴音……しちょう貴音…」

    上田「ん?なんか不穏な匂いが…」

    有田「…あ、“市長”なんてどうですか?」

    上田「ぶはは!!なんで“市長”だよ?!」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:22:52.17 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-141)
    有田「ほら、“四条”と“市長”って響きが似てるじゃないですか?」

    上田「おい、それただの洒落じゃねえか!?」

    有田「えっと、じゃあ今日は四条さんのことを、『市長さん』って呼んでもいいかな?」

    パネェ!!

    貴音「ええ、構いませんよ。」

    上田「え、いいの貴音ちゃん?君、今日の放送中ずっと『市長さん』って呼ばれるんだよ?」

    貴音「 “四条”と“市長”…ふふっ、有田様はゆぅもあのある御方ですね。このあだ名、とても気に入りました。」

    有田「そう言っていただけるとは、私も嬉しいと存じております。」

    上田「いや、お前の『存じております』の使い方はおかしいからな?」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:25:46.59 ID:O3bmS3XV0 (-28,-13,+0)
    支援
    38 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:27:37.43 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-157)
    上田「ん~まあ、気に入ってくれたのはいいんだけどさ、“市長さん”って呼ぶとなると、これからラジオ聴き始める人は『ん?どこかの市長さんがラジオに出てるのかな?』って思うかもしれないから、このあだ名は止めにしようや。」

    貴音「左様にございますか…」

    上田「まあ、気に入ってくれてるのであれば、今後自由に使ってくれていいからさ~今日は『貴音ちゃん』で我慢してよ?」

    貴音「…致し方がないですね、わかりました。」

    有田「あ、じゃあ僕も『貴音ちゃん』って呼んでいいかな?」

    貴音「ええ、有田様もどうぞご自由にお呼びください。」

    有田「いや~しかし、貴音ちゃんって本当に礼儀正しいよね~俺、有田様なんて言われたの初めてだよ!」

    上田「本当にね~きっとご両親の教育がよく行き届いてたんでしょうね~」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:28:58.14 ID:nMqYeRE10 (+24,+29,-4)
    さすがお尻と心がひろい
    40 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:31:31.37 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-156)
    貴音「いえ、そんなことはございません。これくらいのことは当たり前ですよ。」

    有田「いや、その当たり前がなかなか出来ないんだよ。」

    上田「そうなんだよな~あ、そう言えば貴音ちゃんってどこ出身なの?手元の資料にも載ってないんだけど…」

    貴音「…上田様、申し訳ありませんが、それはとっぷしぃくれっとでございます故、お答えしかねます。」

    上田「そっか~まあ、無理やり聞くわけにもいかないしな~っていうかむしろそういう秘密があったほうが夢を持てるもんね。」

    有田「そうですね、いろいろ想像が膨らみますからね。あ、ちなみに貴音ちゃんは僕たちがどこ出身か知ってる?」

    貴音「お二人の出身は…確か熊本県だったかと。」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:35:21.37 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-154)
    有田「あ~惜しいね、半分正解。僕は熊本出身で合ってるんだけど、実は上田さんは熊本出身じゃないのよ。」

    貴音「そうなのですか?」

    上田「いや?俺も熊本出身だけど…」

    有田「これはここだけの話なんだけど…上田さんって、実は“ダーウエ星”出身なんだよ。」

    上田「がはっ!!!」

    貴音「な、なんと…!!あ、有田様、その“だぁうえ星”とは一体…?」

    有田「“ダーウエ星”っていうのは、地球からかなり遠いところにある小さな星でさ、そこの星の住人はいろんなウンチクを知ってるわけ。その中でも上田さんはずば抜けたうんちくを知っててさ、だから上田さんは昔うんちく王としてブレイクできたの。」

    貴音「なるほど…上田様は“だぁうえ星人”だったのですね…」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:38:52.77 ID:IZSW9mxV0 (+19,+29,-5)
    ひっさびさか?千早のは読んだ
    43 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:41:20.57 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-130)
    有田「でさ、貴音ちゃんも上田さんと同じように、礼儀作法とか食べ物について色々なこと知ってるじゃん。それでピンと来たんだけどさ、もしかして貴音ちゃんって“ダーウエ星人”なの?」

    パネェ!!

    貴音「…有田様、残念ながら私は“だぁうえ星人”ではございません。」

    上田「うん、まあそうだよね。訊く前からわかってたけど。」

    有田「あれ?おっかしいな~絶対そうだと思ったのに…」

    上田「お前のその確信はどっから来たんだよ?」

    貴音「ところで、どうして上田様は“だぁうえ星”からはるばる地球へ参られたのですか?」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:42:31.17 ID:KyIfp14V0 (+44,+29,-2)
    千早のSS気になるな

    タイトル教えて
    45 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:43:49.58 ID:ALUYHS1/0 (+24,+29,-8)
    千早だけじゃなくて
    真や美希、その他のメンバーあったけどな
    46 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:47:03.86 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-170)
    有田「ん~まあ、そこら辺は上田さんの方が詳しいからね。自分のことだし。どうしてでしたっけ、上田さん?」

    上田「え?え~っと、確か…あれは俺がいつもみたいに仲間とうんちく自慢をしている時だったかね~急に空から“月の使者”とか名乗る集団がやってきてさ、俺の星を侵略しようとしたわけよ~」

    貴音「なんと…!」

    上田「でも俺ん家には昔俺のうんちくで作ったロケットがあったから、それに乗り込んでなんとか地球まで脱出できたのよ~」

    貴音「…」

    上田「いや~あれは危なかったな~少し遅れてたら俺も死んでたもんな~」

    有田「そうですね。本当に危なかったっていうか、まあ時間の無駄でしたね。」

    上田「がはっ!!…って、どうしたの貴音ちゃん?江戸時代の夜かってくらい暗い顔してるけど…」
    47 : >> - 2012/07/31(火) 18:51:02.55 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-91)
    貴音「上田様…申し訳ありません…」

    上田「え!?なんで貴音ちゃんが謝るの?」

    貴音「知らぬこととは言え…上田様が故郷を追われたのは私にも責任の一端があります。」

    上田「いやいや!気にしなくていいって!っていうかさっきの嘘だし。」

    貴音「いえ!こうでもしなければ私の気が収まりません!」

    上田「困ったな…この子聞く耳持たないよ…どうすればいいんだろう…」

    有田「あ、じゃあ上田さん、あれやらせてもらえばいいじゃないですか。」

    上田「なんだよ、あれって?」
    48 : >> - 2012/07/31(火) 18:54:19.95 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-176)
    有田「ほら、ゲストで女性が来るたびに上田さんがやってるやつがあるじゃないですか。」

    上田「いや、あの…ごめん、全く伝わらねえんだけど…」

    有田「ったく、すっとぼけちゃって…女性ゲストのお尻を撫で回すやつですよ。」

    上田「いや、一度もやったことねえよ!!」

    貴音「なんと…!!ですが、それで上田様の気が済むというのなら…」

    上田「いやいや、貴音ちゃん!今のは冗談だから!!本気にしちゃ駄目です!」

    貴音「…よろしいのですか?」

    上田「おお、よろしいよ。っていうかなんでちょっと残念がってるんだ!?」

    有田「あ、じゃあ僕が上田さんの代わりにお尻を揉んじゃってもいいですか?」

    パネェ!!

    貴音「有田様が…ですか?」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 18:58:20.24 ID:1pmDr+Zv0 (+95,+30,-124)
    有田「うん。だめかな?」

    上田「駄目に決まってんだろうが!!」

    有田「いや、でも上田さんは毎回やってるじゃないですか?こう、札束をちらつかせて…」

    上田「やってねえよ!!人聞きの悪いこと言うな!!…あ、貴音ちゃん、今有田が言ったことは全部嘘だからね~あと、有田の方にお尻を向けなくてもいいんだからね?」

    貴音「左様にございますか…」

    上田「だからなんで若干悲しい顔してんだ?!駄目だこの流れ!ここらで一回流れを変えよう!」

    有田「あ、じゃあ僕が質問してもいいですか。」

    上田「…まともな質問だろうな?」

    有田「もちろんもちろん!」

    上田「…じゃあどうぞ。」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/07/31(火) 19:02:07.40 ID:5tQMcYvM0 (+24,+29,-7)
    ざぁめんとらぁめんを間違えるに5億票
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - くりぃむしちゅー + - アイドルマスター + - 四条貴音 +

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について