のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,533,474人
911,639,209頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:2,229人
2,558頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ恒一「まさかセフレがこんなにできるなんて・・・」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 18禁 + - Another + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:10:14.91 ID:RT7h3IgV0 (+125,+30,-191)
    ※書き留めあり

    ~昼休み・屋上~



    勅使河原「メシだー!」

    望月「たまには屋上で食べるのもいいよね」

    恒一「そうだね。あっ、ほら見崎、お弁当作ってきたよ」スッ

    見崎「ありがとう・・・」

    勅使河原「おっ、なんだなんだ~?さてはお二人さん、そういう関係なのかなぁ~?」ニヤニヤ

    恒一「いや、違うよ。見崎っていっつも偏ったものしか食べてないからさ」

    恒一「こうやって僕がちゃんとした栄養バランスを考えてお弁当を作ってきてあげてるんだよ」

    望月「へぇ~、凄いね榊原君は」

    勅使河原「ふーん・・・で、見崎はそれでいいのか?」

    見崎「どういう意味よ・・・」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:12:22.70 ID:aCbAH24A0 (-21,-11,-1)
    期待
    3 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:12:48.67 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-230)
    勅使河原「やっぱ弁当を作って人に渡すのってさ、女子から男子にっていうのが基本じゃね?」

    見崎「・・・私、料理とか苦手だし。あまりやる気もないし。榊原君の作るお弁当凄くおいしいし、別にそういうの関係ない」

    見崎「それより勅使河原君、そういう偏見はよくないよ。そんなのだから彼女できないんだよ」

    勅使河原「えぇ~・・・そういや、この中に恋人いる奴っているか?」

    恒一「なんだよいきなり・・・」

    勅使河原「いや、お前らって意外と彼氏彼女とかいそうだなって思って・・・」

    望月「僕はいないよ(まぁ三神先生一筋だし)」

    見崎「私に彼氏がいると思う?」

    勅使河原「え?サカキじゃねぇの?」

    見崎「そっ、そんな訳ないでしょ・・・///」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:14:51.79 ID:m+T3onhe0 (+70,+30,+0)
    6 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:15:04.21 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-183)
    勅使河原「ホントかぁ~?」ニタニタ

    見崎「くどい」キッ

    勅使河原「そ、そんなに睨むなよ・・・」

    恒一「僕もいないなぁ・・・」

    勅使河原「まぁ、そんなもんか。中3だしn」

    恒一「あっ、でもセフレは結構いるよ」

    勅使河原「・・・ん?」

    望月「へっ?」

    見崎「・・・」

    恒一「4月に夜見山に来てから2ヶ月が過ぎたけど・・・この短い間に3人の女性とHできるとは思ってなかったよ」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:16:42.79 ID:SIQdQMYR0 (+12,+22,+0)
    誰だよ
    8 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:17:40.29 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-207)
    勅使河原「」

    望月「」

    見崎「あのさぁ・・・」

    恒一「ん?どうしたのみんな、箸が止まってるけど」

    勅使河原「・・・悪いサカキ、俺聴力が落ちたみてぇだからもう一回言ってくんねぇか?」

    恒一「?・・・まぁいいけど」

    恒一「4月に夜見山に来てから2ヶ月が過ぎたけど・・・この短い間に3人の女性とHでk」

    勅使河原「あー!もういい!もういい!よく聞こえたから!」

    恒一「そう?ならよかった」

    勅使河原「なにもよくねぇよ・・・」ブツブツ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:20:28.12 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-268)
    望月「あ、あのさ、榊原君」

    恒一「ん?」

    望月「その・・・その3人の中に三神先生は入ってないよね?」アセアセ

    恒一「さすがに怜子さんとそういう関係にはなれないよ」

    望月「ホッ・・・」

    恒一「でも最近家での怜子さんからのアプローチが凄いというか・・・」

    恒一「この前なんか風呂上りにバスタオル一枚で後ろから抱きつかれたり・・・」

    恒一「あっ、朝起きたら布団のなかに怜子さんが潜り込んでた時もあったよ」

    望月「えっ、んあなんあなあ何それはわわ」ガクガク

    恒一「おっ、落ち着いてよ望月・・・」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:23:08.90 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-142)
    見崎「どういうこと・・・?」

    恒一「どういうことって・・・セフレが3人いるってことだけど、なにか問題でもある?」

    見崎「なっ、ないけど・・・いや、大ありよ。で、その3人って誰?」ピキピキ

    恒一「・・・そんな簡単に言えるわけないじゃないか・・・」

    見崎「は・・・?」ゴゴゴゴ

    恒一「うっ・・・はっ!もう授業始まるよ!さっ、戻ろうかっ」スタスタ

    見崎「あっ、ちょっと・・・!」

    見崎「・・・なんてことなの・・・」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:25:39.44 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-229)
    勅使河原「・・・見崎」

    見崎「・・・勅使河原君・・・」

    勅使河原「あいつのセフレ・・・なんとしてでもつきとめるぞ」

    勅使河原「そうでもしねぇと・・・俺の腹の虫がおさまらねぇ・・・」ピキピキ

    勅使河原「畜生・・・俺が部屋でズリセンこいてる間・・・アイツは・・・アイツは・・・!」ナミダメ

    見崎「そっ、そうね・・・(ズリセンって・・・?)」

    見崎「とにかく、榊原君から直接聞くのは難しそうだし」

    見崎「まずは何日かストーキングしてみましょ。そこからなにか分かるかもしれないし」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:26:10.84 ID:GZKgB5GW0 (+7,+22,+0)
    ふぅ
    14 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:27:23.21 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,+0)
    勅使河原「そうだな・・・(いつになくやる気があるな、やっぱサカキのことが気になるのか・・・)」

    勅使河原「そうと決まれば、早速今日の放課後から尾行開始だ!」

    見崎「おー」

    望月「三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生」ブツブツ



    ~放課後・教室~



    恒一「さて、掃除も終わったし帰るか」

    恒一「今日は勅使河原も望月も図書室でテスト勉強やってくみたいだし・・・」

    恒一「見崎もすぐに帰っちゃうし・・・」ショボン

    恒一「仕方ない、一人で帰るか」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:28:40.20 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-239)
    恒一「まぁ好都合か。今日は××とのカラダコネクトもあるし・・・///」ボソボソ

    スタスタ ガラッ

    有田「・・・カラダコネクト?・・・意味深ね。私、気になりますっ!」ダッ



    ~校門近く~



    勅使河原「あっ、来た!サカキ来たぞ!」

    望月「なんだかドキドキするね」

    勅使河原「・・・望月、お前ホントに大丈夫なのか?昼休み結構動揺してたけど」

    望月「大丈夫だよ。榊原君はまだ三神先生とHしたわけじゃないしね」

    望月「僕が先にHすれば僕の勝ちさ!ふふふふ」

    勅使河原「そうか・・・(やっぱりダメかもしれない・・・)」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:31:25.17 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-214)
    見崎「ターゲットが校門を出たわ。追いましょ」

    ザッザッザッ

    有田「ん?あの三人・・・なんであんなソワソワと校門を・・・?」

    有田「(・・・いや、たしかあの三人が植木の陰から出る少し前に榊原君は校門を出てた・・・)」

    有田「(そしてあの三人は榊原君と仲が良いのに一緒に帰らずになぜか尾行・・・)」

    有田「いったいどういうこと・・・?」

    有田「・・・気になる・・・」ダッ


    ―― ―― 


    勅使河原「・・・う~ん、普通に帰るだけだな」

    見崎「そうね。いつも私と帰る時と同じ道」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:32:54.69 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-108)
    望月「・・・ねぇ見崎さん」

    見崎「なに?」

    望月「見崎さんって、榊原君と帰るときどういう話してるの?」

    見崎「そうね・・・・・・AVの話とか」

    勅使河原「ぶっ」

    望月「なっ・・・」

    見崎「冗談よ。榊原君とは、猥談とかしない」

    勅使河原「とは?」ニタニタ

    見崎「っ・・・そっ、そういう意味じゃなくてっ」アセアセ
    18 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:33:21.78 ID:45TkizqAO (-13,-1,+0)
    しえ
    19 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:35:01.17 ID:m+T3onhe0 (+32,+25,-2)
    ホモではないんだよな?
    20 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:35:15.97 ID:RT7h3IgV0 (+93,+30,-157)
    勅使河原「ふ~ん、『サカキとは』猥談はしないんだなぁ?」

    見崎「人の揚げ足取らないでよっもうっ」プンスカ

    勅使河原「ははっ。悪い悪い」

    見崎「・・・悪いと思ってないでしょ」

    勅使河原「もちろんっ」キリッ

    見崎「~~~!」グヌヌ

    望月「・・・なんだこのバカップル」ボソッ

    有田「ねぇねぇ君たち。何してんの~?」ニヤニヤ

    勅使河原「うおっ!・・・な、なんだ有田か」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:36:22.36 ID:RT7h3IgV0 (+85,+26,-10)
    >>19
    ホモではないよ
    22 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:38:54.59 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-227)
    有田「『なんだ』はないだろ~!そこは『我がクラスの普通美少女』だろうが~」ヤレヤレ

    勅使河原「長えよ!しかも普通美少女ってなんだよ!普通の美少女って意味か!?てか自分で普通とか認めてんのってどうなn」

    有田「勅使河原君のツッコミのほうが長いよ・・・・・・」ガッカリ

    勅使河原「お、おう。それもそうだな」

    有田「あんた漫才には向いてないね、うん。芸人は諦めろ、なっ?」ポンポン

    勅使河原「そうだな・・・うん・・・やっぱ俺には・・・って、俺は芸人なんか目指してねぇよ!」

    有田「そのノリツッコミ、5点」

    勅使河原「何点満点だよ!!」

    有田「200点満点」

    勅使河原「なんか中途半端だなオイ!」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:41:02.02 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-184)
    望月「いつまで息ピッタリな漫才してんのさ・・・」

    勅使河原・有田「息ピッタリなんて言えるレベルじゃねーぞ!!」

    望月「息ピッタリじゃねーか!!」バァァン←サブバックを地面に叩きつけた音

    見崎「・・・それで、有田さんはどうしてここに?あなたの帰り道ってこっちじゃないでしょ」

    有田「いやー、君たち3人が校門から榊原君を尾行してるの見かけちゃってさー」

    有田「気になって君たちを尾行してた次第であります!」

    勅使河原「二重尾行・・・だと・・・?まさかお前、絶の使い手か!?」

    有田「ちょっと何言ってるのかよくわからないです」

    望月「激しく同意」

    見崎「日本語でおk」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:42:42.65 ID:EZM6pw2C0 (-3,+6,+0)
    佐藤さんマダー?
    25 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:43:14.86 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-121)
    勅使河原「ちょっ・・・誰もノってくれないなんて・・・」

    有田「いや、ネタわかんないし!(満面の笑み)」

    勅使河原「Oh...」

    有田「・・・で、どうして榊原君のことを尾行してるの?」

    勅使河原「あぁ・・・そのことなんだが・・・」


    ―― ――


    有田「せ、せふれ・・・って何?」

    勅使河原「そ、それは・・・えーと・・・」

    見崎「Hする友達のこと」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:45:29.27 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-126)
    望月「ストレートに言うね・・・見崎さん・・・」

    有田「?・・・それならエチトモって言うんじゃ・・・あれれ~?」

    見崎「有田さんって、意外と純情なのね」

    有田「『意外と』はいらんよ『意外と』は・・・」

    望月「とにかく、その3人が誰なのかを探ってるんだよ僕たちは」

    有田「なるほど・・・その為の尾行ね・・・」

    有田「・・・ふふっ、私もこの一大プロジェクトに参加してもいいわよね?」ワクワク

    勅使河原「アカン」

    有田「はーーー!?」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:47:43.33 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-129)
    望月「うーん、あんまり人増やしてもなぁ・・・榊原君にバレたらそこでおしまいだし」

    望月「それに有田さん、口軽そうからクラスのみんなにこの事すぐ広めそうだし」

    望月「それじゃあつまらないよ」

    有田「はーーー!?」

    見崎「でももう知られてしまったし、手遅れかもね・・・」

    勅使河原「うっ・・・」

    有田「そっ、そうよ。もう私はこの事実を知ってしまったのよ!もう仲間に入れるしかないじゃない!!」

    見崎「そうね、いいわよ」

    勅使河原「なっ・・・」

    有田「YES!」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:48:28.15 ID:SIQdQMYR0 (+29,+29,-18)
    有田さんが実はって展開だったり…しないか
    29 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:49:27.08 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-130)
    望月「・・・ホントに大丈夫なの?」ボソボソ

    見崎「大丈夫よ。コレがあるから」スッ

    望月「・・・!こっ、これは・・・」

    勅使河原「ん?なんだなんだ?・・・・・・なんだよ、コレェ・・・」

    有田「・・・何・・・?」

    見崎「ねぇ、有田さん」

    有田「ん?」

    見崎「ちょっとコレを見て欲しいの」スッ

    有田「ん~?・・・・・・なによ、コレ・・・」

    見崎「なにって、あなたが自分のリコーダーでアンアンしてる写真だけど?」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:51:32.07 ID:RT7h3IgV0 (+89,+30,-187)
    有田「ど、どうして・・・バカな・・・・・・え?」アセアセ

    見崎「ふふっ、あなた、あの時よっぽど自分の世界に入ってたのね」

    見崎「教室の外から撮ったとはいえ、私の存在に全く気付かないなんて」

    有田「た、確かにあの時廊下からカシャッって音が何度も鳴ってたけど・・・そんなバカな・・・」

    勅使河原「いや、バカはお前だろ」

    有田「はーーー!?」

    勅使河原「事実を言ったまでだろ・・・」

    有田「はぁ・・・もう私、お嫁に行けない・・・」

    見崎「とにかく、これをバラまかれたくなければ、このことは誰にも言わないようにしてね」

    見崎「榊原君のセフレが特定され次第、あなたに渡してあげるから」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:53:24.65 ID:RT7h3IgV0 (+88,+30,-197)
    有田「・・・そうね。榊原君のこの件のことをクラスに広めたら、なんか色々起きそうだし」

    有田「わかった。誰にも言わないわ」

    望月「・・・色々起こるって、具体的には?」

    有田「おそらく、学校中の女子生徒が彼のセフレにならんとするであろう・・・」

    勅使河原「んなアホな・・・」

    見崎「・・・有り得るわ。いや、少なくとも3組の女子のほとんどは・・・」

    望月「それはなんという名前のエロゲですか?」

    勅使河原「サカキ・・・なんて奴だ・・・」

    有田「・・・・・・で、そのサカキ君が今現在見当たらないんですけど」

    勅使河原「えっ・・・しまった・・・見逃したか・・・」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:55:43.03 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-137)
    見崎「くっ・・・いきなり大失態じゃない・・・」

    望月「この責任はどう考えても有田さんにあるね・・・」

    有田「はーーー!?」

    望月「だって有田さんが話しかけてこなけりゃ・・・いや、ゴメン有田さん。今回はみんなに責任があるね」

    有田「ですよねー!」

    勅使河原「はーーー!?」

    見崎「またまた御冗談を」

    望月「だってみんな会話に夢中で誰一人榊原君のこと見てなかったじゃん」

    勅使河原「はい・・・」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 17:57:02.27 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-158)
    見崎「わっ、私はチラチラと榊原君のこと見てたから・・・」アセアセ

    望月「じゃあ見崎さん。榊原君がどこに行ったかわかる?」

    見崎「ぐぬぬ」

    有田「ふふっ。そういうことよ。まぁ、気を取り直して明日も尾行しましょ」

    勅使河原「戦犯がなに仕切ってんだ・・・」ボソッ

    有田「はーーー!?あんたも立派な戦犯だろうがぁ!」バシッ

    勅使河原「ぎゅふるっ・・・ぼ、暴力反対!」ナミダメ

    有田「暴力・・・?この程度でか・・・?ハッ、脆弱な野蛮人め・・・」

    望月「有田さんのキャラがよくわからないよ・・・」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:01:10.23 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-143)
    ~翌日・放課後の下駄箱~



    恒一「(はーっ、今日は○○とのガンダムかぁ)」

    恒一「毎度のことながら楽しみだなぁ」

    赤沢「なにが楽しみなのよ」

    恒一「わっ・・・なんだ、泉美か」

    赤沢「ちょっ・・・名前で呼ぶのは2人の時ってあれほど」アセアセ

    恒一「?・・・別に周りに誰もいないでしょ」

    赤沢「・・・そっ、そうね・・・」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:04:21.75 ID:LztqX3G50 (+8,+28,+0)
    赤沢ビッチ
    39 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:05:11.25 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-163)
    恒一「まぁ、今度泉美って呼ぶのは来週かな」

    赤沢「うん、じゃあ来週、私の家で・・・///」

    赤沢「あっ、今日一緒に帰らない?」

    恒一「ごめん泉美。今日は○○と・・・」

    赤沢「あっ・・・そ、そっか。じゃあ、楽しんで」

    恒一「うん、それじゃ」スタスタ

    赤沢「・・・今日は○○と・・・」ギリッ

    赤沢「(恒一君を一番悦ばせられるのは私よ・・・!いつか恒一君が私を本妻として迎えてくれるんだから!!)」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:07:23.95 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-229)


    ―― ――


    勅使河原「でだ、今日から2人ずつの交代制で尾行するわけになったのだが・・・」

    見崎「なにか不満でも?」

    勅使河原「まだ何も言ってねぇだろ!」

    見崎「じゃあ何か言うつもりなんだね。何?私に話してみなさい」

    勅使河原「なんで上から目線!?」

    見崎「はぁ・・・勅使河原君といると疲れる。望月君と組みたかった」

    勅使河原「この組み合わせ提案したのお前だろうが!!」

    見崎「だって勅使河原君と有田さんとじゃ絶対榊原君のこと見失うだろうし」

    見崎「勅使河原君と望月君とじゃホモに見られるかもしれないじゃない」

    勅使河原「前半はもっともかもしれないけど、後半はなんか違う」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:13:01.62 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-146)
    見崎「だってチャラ男と男の娘が物陰とかで近距離でコソコソしてるんだよ?どう見ても」

    勅使河原「いやいやおかしいそれはおかしい」

    勅使河原「まず俺がチャラ男ってのがおかしいし、望月が男の娘って・・・訴訟も辞さないぞマジで」

    見崎「そう・・・(無関心)」

    勅使河原「とにかく、サカキを・・・・・・」

    見崎「・・・・・・いない」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:14:52.99 ID:RT7h3IgV0 (+93,+30,-135)



    ~翌日・朝の教室~



    有田「で?アンタ達」

    勅使河原「はっはい」

    見崎「・・・」

    望月「まさかまた見失うなんてね・・・」

    勅使河原「もっ、申し訳ありませんでしたぁー!」

    見崎「・・・ゴメーヌ」ボソッ

    有田「なんで見失うんだバカ野郎っ!」バンッ

    望月「とにかく僕たちで卍解しようよ、有田さん」

    有田「おい、字が違うぞ字が」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:17:37.33 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-137)

    ガラッ

    恒一「おはよう、みんな」

    勅使河原「う、うーっす」

    望月「おはよう、榊原君」

    見崎「・・・おはよ」

    有田「おはよー」

    恒一「ところで、さっきなんの話してたの?だいぶ盛り上がってたみたいだけど」

    勅使河原「!」

    望月「え、えーとね・・・」

    有田「・・・え」

    恒一「え?」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:18:15.28 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-237)
    有田「援護射撃って大事だよねって話よっ」

    恒一「援護射撃・・・?」

    勅使河原「そ、そうそう!弾幕ゲームの複数プレイではさ、やっぱ援護射撃が重要だよなって話だよ!」

    恒一「なるほどね。そういや僕まだこの町でゲームセンターに行ったことないや」

    勅使河原「お、おう!ちょっと遠くだけど広いゲームセンターがあるから今度行こうぜ!」

    恒一「うん。じゃあそのときは案内よろしく」

    勅使河原「もちろんだぜ!」

    恒一「じゃあ僕ちょっとトイレ行ってくるよ」タッタッタ

    見崎「・・・危なかった」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:20:18.99 ID:mexg9YfT0 (-7,-7,-12)
    弾幕www
    46 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:23:36.00 ID:RT7h3IgV0 (+93,+30,-210)
    有田「ふぅー、なんとかなったわね」

    勅使河原「『ふぅー』じゃねぇよ!なんだよ援護射撃って!分かりづらいわ!」

    有田「そんなこと言われましても~^^」

    勅使河原「まったく、俺のフォローがあったから良かったものの・・・」

    望月「確かに、勅使河原君はナイスフォローだったね」

    勅使河原「だろー!はぁ~どっかのおバカさんのせいで、朝からこんなに頭を使うことになるとは・・・」

    有田「もともと使わないんだから良かったじゃない。そのちっぽけな脳みそが使われないまま腐らなくて!」

    勅使河原「このアマぁ・・・」

    有田「ふんっ」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:24:58.13 ID:mexg9YfT0 (+39,+29,-31)
    勅使河原と有田さんがいい味だしてるな
    48 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:25:24.95 ID:7dN1bKUE0 (+19,+29,-1)
    望月は絶対死ぬと思ってたなあ
    49 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:25:31.25 ID:RT7h3IgV0 (+95,+30,-146)
    見崎「まぁ仲の良いこと」

    勅使河原・有田「良くない!!」

    望月「うわぁ・・・・・・」

    勅使河原「・・・とっ、とにかく有田!望月!頼んだぜ」

    有田「アンタにそんなこと言う権利、無いわよ?」ギロッ

    望月「僕もそう思うねぇ・・・」

    勅使河原「くっ・・・」

    見崎「自業自得」

    有田・望月「あなたもですよ」

    見崎「ぐぬぬ」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/07/29(日) 18:27:17.20 ID:RT7h3IgV0 (+90,+30,-220)



    ~放課後・下駄箱~



    恒一「(今日は●●との8585・・・)」

    恒一「ふふっ」

    江藤「何一人で笑ってんのよ。気持ち悪い」

    恒一「おうふっ!なんだ・・・ゆ、悠ちゃんか」

    江藤「ちょっ、その呼び方止めてよ!恥ずかしいからっ///」

    恒一「あー、ごめん。つい・・・ね」

    江藤「2人きりだからよかったものの・・・まったく」

    江藤「で?今日は●●とその・・・するの?」

    恒一「うん。彼女あれで結構エッチ大好きだからね・・・」

    恒一「今日は久々にするからたくさん搾り取られそうだよ」ヤレヤレ
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 18禁 + - Another + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について