のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,076,942人
912,444,600頁
昨日:733人
1,483頁
今日:412人
650頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ京太郎「力が……欲しい!」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - ヘルカイザー + - 京太郎 + - + - 遊戯王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    「みんな、団体戦お疲れ様」

    「はい、何とか優勝できてよかったです」

    「全国に向けて、さらに頑張りましょう」

    まこ「その前に個人戦もあるがの」

    優希「おー! この勢いで個人戦も代表取るじぇ!」

    京太郎「……おう、頑張れよ!」

    優希「京太郎、お前も一回くらいは勝ってみせるじぇ!」

    京太郎「…………」

    2 = 1 :

    京太郎(はぁ……みんなは県大会優勝か……)

    京太郎(きっと個人戦も、誰かは代表を取るだろう……それにひきかえ俺は……)

    京太郎(自分なりに勉強はしてるつもりだし、時々みんな相手でも2位くらいなら取れることもある)

    京太郎(だが……やっぱり咲みたいな力はない)

    京太郎(これが才能なのか……? 俺はどんなに頑張っても、凡人の雑用係で終わるのか……?)

    京太郎(みんなはあれほど活躍しているのに、俺は……)

    京太郎(このまま……)

    京太郎(このまま、終わりたくねぇ!)

    3 :

    アカギ

    4 :

    百合には薔薇で対抗だ

    5 = 1 :

    優希「……一発ツモだじぇ!」

    まこ「ふぅ、やはり東場は優希には勝てんのう」

    優希「京太郎、タコスを買ってくるじぇ!」

    京太郎(俺にも……)



    「ツモ、嶺上開花です」

    「うぅ、またですか……」

    「絶好調ね、個人戦も期待できるわ」

    京太郎(俺にも、あんな力があれば……!)

    6 = 1 :

    ハギヨシ「失礼します、衣様」

    「ハギヨシか、何用だ」

    ハギヨシ「それが、衣様にぜひとも面会したいという客人が……」

    「む……こんな夜にか。一体何者だ?」

    ハギヨシ「それが、どうやら清澄麻雀部の方のようです。須賀京太郎と名乗っていました」

    「清澄の……?」

    ハギヨシ「いかがいたしましょうか?」

    「……面白い、通せ」

    7 :

    シエンスルデー

    8 = 1 :

    京太郎「……そういうわけで天江さん、お願いします。その力の秘訣を教えてください」

    「話はわかったが……なぜ、そこまでして強さを求める」

    「お前は決して、清澄の麻雀部を退屈に感じていたわけではなかったのだろう?」

    京太郎「……確かに、以前はそうでした。雑用は大変だったけど、嫌ではありませんでした」

    京太郎「でも、気付いてしまったんです。自分が、みんなから取り残されているって」

    9 = 1 :

    京太郎「俺も……みんなに認めてもらいたい。一緒に戦いたい。そのために、勝ちたいんです」

    「……そんなことをしなくとも、他の部員はおそらく今でもお前を認めて……」

    京太郎「でも、それは麻雀の強さで……ではない」

    「……呆れたものだ。結局のところ妬みや嫉みではないか」

    「そのような感情で強くなったとしても、お前の幸福に結びつくとは思えぬ」

    京太郎「それでも……お願いします、天江さん」

    「…………」

    10 = 1 :

    「……長々と話してから申し訳ないが、衣の力は気付いたら身についていたもの」

    「決定的なアドバイスを送ることはできない……せいぜい、もしかしたら程度だ」

    京太郎「かまいません」

    「京太郎と言ったな。お前は、麻雀を打つ時に何か覚悟はあるのか?」

    京太郎「覚悟……ですか?」

    「今までずっと負け続きなのだろう。だから『今度もどうせ負ける』『負けて当たり前』と思ってないか?」

    京太郎「…………」

    「勝つ気のない者に道は開けぬ。まず、勝つ気を持つことだ」

    「たとえば……勝つための制約、目標、条件……など、様々なことを考えてみよ」

    「思えば衣も……不自由と引き換えに、雀力を得たのかもしれぬな」

    京太郎「……勝つための……」

    京太郎(…………!)

    11 :

    潜在能力4

    12 :

    ありそうでなかったな
    しえん

    13 :

    京太郎「御無礼、トビで終了ですね」

    14 :

    オナ禁すればいいんじゃね?

    15 = 1 :

    「む、何か考え付いたようだな」

    京太郎「……はい」

    「ならば、もう衣の助言は必要なかろう……せっかく来たのだ、一局ほど打っていくか?」

    京太郎「いいんですか?」

    「問題ない、ちょっとした戯れだ。ではハギヨシ、卓へ案内せよ」

    ハギヨシ「かしこまりました。皆様もお揃いです」

    17 = 1 :

    「……弱い……」

    智紀「……弱い……」

    「……弱いね……」

    透華「……弱いですわ……」

    京太郎「……これが今の俺の、全身全霊の力です。皆さんの足元にも及ばない、これが」

    京太郎「でも……やってみせますよ。すぐに、強く……そう、天江さんよりも……」

    「……ほう、ずいぶん大きく出たな」

    京太郎「天江さん、皆さん。ありがとうございました」

    18 :

    京ちゃんがんば

    19 = 1 :

    京太郎(天江さんと話して、収穫はあった)

    京太郎(強くなるための、覚悟……勝つための制約、目標、条件……俺にはそれが欠けていた)

    京太郎(優希はタコスを食べることで、東場に圧倒的な力を発揮する)

    京太郎(あれはもしかして『タコスを食べなければ力が出せない』という制約を無意識に作ってたのでは?)

    京太郎(咲は『勝つことも負けることも許されない』という条件に縛られることで、プラマイゼロや嶺上の力を得たのでは?)

    京太郎(なら俺も、何かを食べなければ力が……いや、俺の雀力じゃそれでは生ぬるい!)

    京太郎(もっと、強い覚悟が必要……そう……)

    京太郎(何かを、犠牲にするような)

    20 :

    京ちゃんならすぐニワカじゃなくなるよ!

    21 :

    去勢ルート

    22 :

    通りすがりの雑用係、須賀京太郎

    23 :


    唯一の取り柄のイケメンを辞めよう
    酸で顔を焼こう

    25 :

    束麿呂「力が欲しいのかい……?おれのシゴキは少々キツイぜ?」

    26 :

    尻処女が犠牲になるのか

    27 = 1 :

    京太郎「おはよう、咲に優希」

    「おはよう、京ちゃん」

    優希「あ、のどちゃんもあそこにいるじぇ!」

    「おはよう、原村さん」

    「おはようございます。優希、宮永さん……須賀君もご一緒ですか?」

    京太郎「……ああ。じゃあ教室行くから」スタスタ

    「あ……須賀君?」

    優希「京太郎の奴、ずいぶんそっけないじぇ。咲ちゃん、何かあったのか?」

    「さ、さぁ……」

    30 = 1 :

    「それじゃ、今日も打つとしますか」

    優希「おー! タコスも水も準備かんりょ……あっ、手が滑ったじぇ!」バシャッ

    「きゃあっ!」

    優希「うわっ、のどちゃんのおっぱいがスケスケだじぇ!」

    「きょ、京ちゃん、見ちゃダメぇーっ!」

    京太郎「……始めましょうか。和は着替えてきな」

    「……へ?」

    優希「ど、どうしたんだじぇ京太郎!? のどちゃんのおっぱいだじょ!?」

    京太郎「個人戦も近いんだ。時間は無駄にできない、それだけのことだろ」

    「す、須賀君……?」

    まこ「……な、何があったんじゃ……」

    「須賀君が、和に興味を示さないなんて……雪でも降るのかしら……」

    31 :

    まさか京ちゃん…男にしか興味がなくなったの(歓喜)

    32 = 20 :

    行くのか、修羅の道を

    33 = 7 :

    断おっぱいか

    34 = 29 :

    断胸……タンパイか

    35 = 22 :

    こう言う展開、大好物です

    36 = 1 :

    「ふぅ、そろそろ終わりにしましょうか」

    まこ「京太郎やるのぅ。今日はわしらといい勝負だったぞ」

    京太郎「いい勝負……ですか?」

    優希「京太郎もたまには勝つ時もあるのか、なかなかやるじぇ」

    京太郎「……いい勝負じゃ、駄目なんだよ……」

    「え? 何か言った?」

    京太郎「……お先に失礼します。では」

    37 = 26 :

    パイの誘惑を振り払い、牌に執着するようになったか

    38 :

    京ちゃんが女を断つなんて…ようやくハギヨシさんを受け入れる気になったんだね!

    39 :

    >>37
    こんなもので・・・

    40 :

    なんてことだ断和かと思ったが断パイだったなんて

    41 = 28 :

    京ちゃん・・・

    42 :

    >>38
    カンちゃんは帰ってください

    43 = 1 :

    京太郎(……和……)

    京太郎(俺は、お前が好きだった。でも今は……それ以上に、麻雀が強くなりたい)

    京太郎(麻雀と比べれば、恋心などチンケなもんだ。俺はもう、お前に一切興味を示さない)

    京太郎(でも……まだまだ足りない。男子のレベルは高いんだ)

    京太郎(みんなといい勝負程度じゃ駄目だ……和だけじゃ足りない。まだまだ、何かを捨てないといけない)

    京太郎(最後に一体、俺に何が残るのか……いや、今は考えるのはよそう)

    京太郎(……さよなら、和……)

    45 = 22 :

    >>38
    腐部屋にお帰りください、カンちゃん

    46 :

    オナ禁すれば最強になれるはず

    47 :

    清澄捨てろ

    48 = 28 :

    京ちゃん・・・それでいいのか・・・

    49 :

    これからは貧乳の時代だじぇ

    50 = 26 :

    男子の方って女子よりもレベルが高いんだっけ
    一体どんな世界なんだ

    ミニムダヅモレベルとかか


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - ヘルカイザー + - 京太郎 + - + - 遊戯王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について