のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,925,427人
912,210,356頁
昨日:1,214人
2,031頁
今日:780人
1,039頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ江藤「おはよう榊原君!」 恒一「あ、おはよう江藤さん」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + - 江藤悠 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    301 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 12:25:16.85 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-206)
    猿田「しかもあそこはカップル席ぞな」

    勅使河原「おいおいおいおい。サカキの奴、見崎がいるのに江藤と浮気か?」

    猿田「やはり東京の色男は女関係も荒れてるぞな」

    勅使河原「面白そうだし近くの席に移って盗み聞きしてやろうぜ!」

    望月「ちょっ、やめなよ勅使河原君。何か事情があるのかもしれないし」

    猿田「レッツゴーだぞな」ソロリソロリ

    勅使河原「決定的瞬間を捉えてやるぜ」ソロリソロリ

    望月「あ、もう。仕方がないなぁ」
    302 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 12:33:05.56 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-282)
    店員「では、ごゆっくりどうぞ」

    江藤「うはぁ! 来た来た! デラックスストロベリーチョコパフェ!」

    恒一「おお、すごい迫力だね」

    江藤「でしょ? じゃあ早速、いただきまーす!」パクッ

    江藤「うーん、この口の中でとろける感触、最高~♪」

    恒一「だけど太らないように気をつけてね。そういうの、カロリー多いから」

    江藤「うっ……」ピクッ

    江藤「こ、これぐらいでは太らないはず。水泳で無駄な肉は落としてるし……」

    恒一「ならいいんだけどさ」

    江藤「っていうか榊原君はコーヒーだけで足りるの?」

    恒一「十分だよ。このコーヒー、ハワイコナ・エクストラ・ファンシーっていうんだけど、これがまた美味しいんだ」

    江藤「へぇ、博識だね。初めて聞いたそんなの」

    恒一「僕の好きな飲み物さ」

    江藤「ん?」

    江藤「…………?」キョロキョロ
    303 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 12:34:49.82 ID:8Q2aYzVR0 (+19,+29,-15)
    てっしーはまさに中学生だな
    305 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 12:39:19.11 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-284)
    恒一「どうかした?」

    江藤「……ううん、気のせいみたい」

       ヤベェ、アヤウクバレルトコダッタゼ サスガニコノセキハチカスギナイ? コレイジョウハナレタラ、ナニモキコエナイゾナ 

    江藤「そういえば榊原君はさ、受験どうするの?」

    恒一「東京の高校に進学するつもりだよ」

    江藤「あーやっぱり東京に帰っちゃうんだ。寂しくなるなぁ」

    恒一「って思ってたんだけど、最近はこっちの高校に進むのもありかなぁって考えてるんだ」

    江藤「そうなの?」

    恒一「うん。良くも悪くもこっちとは色々と縁ができたしね」

    江藤「そっかぁ。じゃあ私、榊原君と一緒の高校目指そうかな?」

    恒一「いいね。僕も江藤さんが一緒だと高校生活楽しくなりそうだよ」

    江藤「えへへ、ありがと。……ただ、残念なことに私の学力では榊原君と一緒の学校に行くのは難しそうなんだよねぇ」

    恒一「江藤さんって成績はどんな感じなの?」
    306 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 12:45:49.18 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-279)
    江藤「一学期はクラスで10番以内には入ってたかな? 榊原君は?」

    恒一「僕は確か、2番とか3番辺りだったよ」

    江藤「やっぱり……さすがだね。これじゃあ同じ高校は無理かなぁ?」

    恒一「なら僕が勉強教えてあげるよ」

    江藤「榊原君が?」

    恒一「うん。それぐらいお安いご用さ。頑張って勉強して一緒の高校、行こう?」

    江藤「榊原君……(私のためにそこまで……)」

    恒一「見崎も同じ理由で先週から一緒に勉強してるんだよね。江藤さんも加わったら3人でより楽しくなるでしょ?」

    江藤「え? 見崎さん?」

    恒一「うん。見崎にも空いた時間で勉強教えてるんだ」

    江藤(なぁんだ、見崎さんもだったのか。ま、よく考えれば当然だよね。とはいえ、ここでむざむざ引き下がる私ではないのだ)

    恒一「どうかな?」

    江藤「ぜひぜひ! よろしくお願いします!」
    308 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 12:53:14.21 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-229)
    勅使河原「こいつは面白いことになってんな」ヒソヒソ

    猿田「あの3人の関係はいまいち分からないけど、江藤がサカキにぞっこんなのは間違いないぞな」ヒソヒソ

    望月「ねぇ2人とも、こんな近くだとすぐバレちゃうよ」ヒソヒソ

    恒一「じゃあそろそろ出ようか」

    勅使河原・望月・猿田「!!!!」

    江藤「ごちそうさまでしたー!」ガタッ

    勅使河原「やべ! 顔隠せ!!」サッ

    恒一「まだ花火大会まで時間あるね。どうしようか?」

    江藤「とりあえず適当にブラブラしてみようよ」
    310 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:01:15.45 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-124)
    勅使河原「……………………」

    猿田「……………………」

    望月「……行ったみたいだよ?」ソー

    猿田「どうやらそのようぞな」フー

    勅使河原「ぃよっし! 尾行してみようぜ!」ガタッ

    望月「えええええ!?」

    猿田「賛成ぞな。こんなに面白そうなことは滅多にないぞな」

    望月「2人も好きだね」
    311 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:04:38.60 ID:N9tTYmbOO (+29,+29,-18)
    ブラブラがラブラブしようよに見えて遂に来たかと思った
    312 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:07:10.10 ID:I/ues0h00 (+35,+30,+0)
    恒一「こうして見ると、夜見山も結構良い所だよね」

    江藤「あまり遊ぶ場所がないのは難点だけどね。夜見山生まれとしては東京出身の榊原君にそう言ってもらえるだけで嬉しいよ」

    恒一「東京は逆にゴチャゴチャしすぎてるからなぁ」

    江藤「そうなんだ。……あ」ピタッ

    恒一「どうしたの? ショーウィンドウの前で立ち止まったりして」

    江藤「んーちょっとね。良さそうな服が目についたからさ」

    恒一「……へぇ。江藤さんもやっぱり女の子だね。意外とファッションのことも興味あるんだ」

    江藤「ちょいとお兄さん、それはどういう意味ですかい? お洒落にはいまいち無頓着~、とか言われる私でも一応はお年頃の女子中学生なんですが?」

    恒一「ごめんごめん、確かにそうだね」

    江藤「どうも榊原君はファミレスでの『今日は私服なんだね』発言といい、私のファッション事情に対して妙な偏見を持ってる節があるようで」

    恒一「あ、いや、別にそういうわけじゃ……」

    江藤「こうなったら罰です。中でお洋服を見て回るので榊原君は付き合いなさい。アドバイスしてもらうよ?」

    恒一「えええええ!? 僕、女の子の服のこととか全然分からないよ?」

    江藤「いいからいいから。私が榊原君に見てほしいの。ほら行こう!」ガシッ

    恒一「あ! (また腕組み、、、)」
    313 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:12:48.86 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-198)
    江藤「で、どう?」

    恒一「どうって言われても……」

    江藤「ほら、私に似合いそうな服とかさ。なんかない?」

    恒一「うーん……そうだね。選ぶだけじゃなんだし、何着か試着してみれば? そしたら分かるかも」

    江藤「いいね、それ! じゃあ適当に着てみようかな」

    江藤「えーっと試着室は、っと……お、あったあった」



    多々良「……あら?」

    中島「どうかしたの恵?」

       キガエルカラ、ノゾカナイデヨ? ノ、ノゾカナイヨ!

    多々良「もしかしてあすこにいるのは江藤さんでは?」

    中島「え? あ、本当ね」

    多々良「どなたかと一緒にいるようですね……」
    314 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:16:15.69 ID:s8UwHYq60 (+29,+29,-2)
    多々良さんが田舎っぺになってしまった
    315 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:17:23.18 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-209)
    江藤「じゃーん、どうかな? まずはシックで決めてみました!」

    恒一「うん。江藤さんらしくて似合ってるよ」

    江藤「お、結構良い評価だね。とりあえずこれは保留で……次のに着替えるね」シャッ

    江藤「着替えたよ! これはどう?」シャッ

    恒一「そうだね……派手な感じもするけど明るくて江藤さんに似合ってるよ」

    江藤「なるほど~。じゃあこれも保留で。さ、どんどん行くよ!」



    多々良「まあ。一緒にいる男性、榊原君じゃありませんか?」

    中島「へぇ……江藤さんと榊原君って、そういう仲だったのね」

    多々良「てっきり見崎さんと仲が良いものかと思っていたのですが」

    中島「江藤さんも隅に置けないわね。普段は男の子の気配はなかったのに」

    多々良「ですが、男性にお洋服を選んでもらうのは、女性として憧れますよね」

    中島「そうね。江藤さんも楽しんでるようだわ」
    316 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:18:30.03 ID:FPwlgb6jP (+5,+15,+0)
    多々良さんwwww
    317 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:22:18.96 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-169)
    江藤「ででーん!」シャッ

    恒一「チュニックにレギンスか。女の子らしくて江藤さんに似合ってると思うよ」

    江藤「ばばーん!」シャッ

    恒一「今度はボーイッシュスタイルだね。江藤さんにはよく似合うね」

    江藤「……ちょっとちょっと榊原君」

    恒一「なんだい?」

    江藤「さっきから同じようなことばかり言ってない? 結局どれ選んでも変わらないみたいじゃん」

    恒一「あれ? そうだっけ? ごめん、僕あまりこういうの詳しくないからさ」

    江藤「んもう」
    319 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:28:59.90 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-243)
    中島「ただ随分と苦労してるようだけど」クスッ

    多々良「面白そうですし、少しここから隠れて観察してみましょうか」

    中島「いいわね。何か決定的瞬間に立ち会えるかもしれないし」

    中島・多々良「……」ワクワク

    勅使河原・望月・猿田「……」ソー

    中島・多々良「ん?」

    勅使河原・望月・猿田「え?」



       キャーチカン!! ゴ、ゴカイダ!! ッテ、ナカジマトタタラジャネェカ!?

       コ、コンナトコロデナニシテタンデスカ!? チカウンタ、゙タタラサン! ボクタチハテイサツヲシテタダケデ!
       
       ワタシタチノ、ナニヲテイサツスルキダッタノヨ!? ソウイウイミジャナイゾナ!!

    江藤「よし、ここまでにしておこうかな。これ以上は榊原君も困るだろうしね。ただ次、服買いに行く時には今回の意見、参考にさせてもらうよ」

    恒一「そうしてもらえると嬉しいよ」

    江藤「そろそろ出ようか」

    恒一「そうだね」
    320 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:30:45.51 ID:N9tTYmbOO (-24,-14,+0)
    んもー
    321 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:34:10.22 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-190)
    勅使河原「……ふぅ。一応言い訳して急いで逃げてきたが……中島と多々良、かなり怒ってたな」ゼェゼェ

    猿田「部活で多々良と顔を合わせづらくなったぞな」ハァハァ

    望月「……な、なんで僕が痴漢のレッテルを貼られなきゃいけないんだ……」ゼェハァ

    勅使河原「っと、そういやサカキと江藤はどこ行ったんだ?」

    猿田「店にはもういなかったぞな」

    勅使河原「お! いたぞ! ゲーセンの前だ!」

    猿田「よし! 追うぞな!」

    望月「ま、まだやるの?」
    322 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:39:28.95 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-308)
    江藤(あ、ゲームセンターだ……)

    江藤「ねぇ榊原君」

    恒一「どうしたの?」

    江藤「ゲームセンター、寄ってかない?」

    恒一「意外だね。江藤さんってゲームとかやるんだ?」

    江藤「そうじゃなくてさ。ちょっと来てくれる?」グイ

    恒一「あ……」タッタッタ

    江藤「ほらこれ。一緒にプリクラ、撮らない?」

    恒一「プリクラか……って、江藤さんと一緒に?」

    江藤「うん……。せっかく二人で遊びに来たんだし、榊原君と一緒に撮りたいな……?////」モジモジ

    恒一(どうしよう……女の子と一緒にプリクラとかなんだか恥ずかしい、、、)

    江藤「いや?」ウワメヅカイ

    恒一「うっ!」

    恒一「わ、分かった。いいよ。一緒に撮ろう」

    江藤「やった! ありがとう榊原君!」
    323 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:46:22.31 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-152)

       ホラ、ナカニハイロ ウン

    望月「ファミレスでカップル席に座って、アパレルショップで一緒に服選んで、おまけにプリクラか」

    勅使河原「完全にデートだなこれ」

    猿田「羨ましくなってきたぞな」



    江藤「ほらほら。もっと近づかないと写らないよ?」

    恒一「あ、うん//// (え、江藤さんの顔がこんな近くに……っ! しかもなんか良い匂いするし////)」

    江藤「……」チラッ

    恒一「……」オドオド

    江藤「……」クスッ

      ハイチーズ! カシャッ!
    325 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:51:08.94 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-261)
    江藤「良いの撮れたねー。でも榊原君、顔固くなりすぎ」

    恒一「すんません」

    江藤(本当は私も内心、緊張してたんだけどね。だけど、榊原君と一緒にプリクラ撮れて良かった……。これ、大事にしよう)ギュッ

    江藤「ん?」

    恒一「どうかした?」

    江藤「今、そこのUFOキャッチャーの裏に誰かいたような……」

    恒一「他のお客さんじゃないの?」

    江藤「そうかな? (目が合ったんだけど)」

    恒一「……ちょっと見てみるよ」トコトコ



       ヤベ、コッチキタゾ! ハヤクニゲルゾナ! モウ、マニアワナイヨ!

    恒一「え?」

    勅使河原「あ……」

    江藤「!」

    恒一「勅使河原? ……に、望月に猿田君?」
    326 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 13:59:02.08 ID:mBkPQ+Rg0 (+14,+29,-1)
    さるよけ
    327 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:02:54.98 ID:I/ues0h00 (+35,+30,+0)
    望月「や、やぁ榊原君」

    猿田「き、奇遇ぞなこんな所で」

    恒一「……まさか尾けてた?」

    勅使河原「な、なんのことだかよく分からねぇな! 別にファミレスで榊原と江藤を見つけて面白そうだったからって尾行してたなんてことないぜ!」

    恒一「は?」

    望月「勅使河原君!」

    勅使河原「ん? あ、い、今のなし! 今の聞かなかったことにしてくれ!」

    恒一「てしがわらぁぁ」

    猿田「バレてしまったぞな」

    望月「ご、ごめん榊原君! ちょっと興味本位だったんだ。江藤さんもごめんね?」

    江藤「あ、うん……」

    勅使河原「ま、まあ終わったことだしいいじゃねぇの! 細かいことはこの際気にすんな!」

    恒一「勅使河原が言える立場じゃないでしょ」 

    勅使河原「それよりよぉ、サカキ! お前どういうことだよ?」ニヒヒ

    恒一「何が?」
    329 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:08:11.68 ID:I/ues0h00 (+35,+30,+0)
    勅使河原「鳴ちゃんという決まった女がいながら江藤と浮気とは隅に置けねぇな?」ヒソヒソ

    恒一「そ、そんなんじゃないよ……、、、」チラッ

    江藤「?」

    勅使河原「よし! ちょっくら事情聴取といきますか」

    恒一「事情聴取?」

    猿田「それはいいぞな。どんな経緯で江藤とこんな関係になったのか洗いざらい白状してもらうぞな」

    恒一「待ってよ。僕たちこれから花火大会の会場行かなきゃならないんだけど」

    勅使河原「なら俺たちが会場近くまで送ってやるから、道すがら話してもらうぜ?」

    恒一「えええええ!?」

    望月「うわ、勅使河原君も懲りないね」

    勅使河原「大丈夫大丈夫。ちょっとそこまでだって。いいよな? サカキ!」

    恒一「……じゃあそこまでだよ?」

    勅使河原「よし決まり!」

    猿田「話が分かる奴ぞな」

    江藤「……………………」
    330 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:15:13.69 ID:I/ues0h00 (+35,+30,+0)
    ―――
    ―――――

    勅使河原「でよぉサカキ、いつも思ってたんだけどよぉ」

    恒一「なんだよ?」

    勅使河原「お前ってなんでそんなに女にモテるんだよ?」

    恒一「……? 僕がモテる? 何かの勘違いじゃないの?」

    勅使河原「おいおいどんだけ天然なんだ? 一学期だけでもお前、少なくとも2、3人には好意持たれてたと思うぞ?」

    恒一「そんなまさか。僕に限ってありえないよ」

    猿田「はぁ。これだから都会生まれの色男は困るぞな」

    望月「僕が言うのもなんだけど、榊原君はもっと周囲の人たちの言動に敏感になった方がいいよ」

    恒一「そう言われてもなぁ……」

    勅使河原「そもそもサカキはよ、どんな女のタイプが好きなんだ?」

    恒一「そんなこと訊かれても、特に決まったのなんてないよ。そういう勅使河原はどういう子が好きなのさ?」

    勅使河原「そうだな……年上から年下までなんでもありだぜ。ただ俺ってM属性あるからさ、ツンツンした気が荒い女がベストだな。あ、もちろんおっぱいはビッグサイズで!」

    望月「勅使河原君らしいなぁ」
    331 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:15:39.95 ID:LQYG8Mxc0 (+20,+25,-2)
    こいつらじゃまだ!
    332 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:20:38.02 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-270)
    勅使河原「望月はどうなんだよ? やっぱり年上の色っぽいお姉さんタイプか?」

    望月「なっ!? 僕はそんなの別に……」

    勅使河原「隠すな隠すな。俺も分かるぜ。あの年上独特の包容力。最高だもんな?」

    望月「うう……////」

    猿田「望月も意外と好きじゃのう。だが包容力というのには同意するぞな」

    勅使河原「だよな? あの抱き締められた時の感覚。形容しがたいぜ」

    恒一「なんか偉そうに語ってるけど、そもそもお前、女の子と付き合ったことすらないだろ?」

    勅使河原「いいんだよ。妄想こそ男子中学生のエネルギー源じゃねぇか?」

    猿田「その通りぞな。妄想が男を磨くもんじゃ」

    望月「もう、みんなそういう話にすると元気になるんだから」

    江藤「……………………」トボトボトボ
    334 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:27:14.30 ID:I/ues0h00 (+28,+30,+0)
    勅使河原「そういや先週見たか? あのアイドルが水着でバトる番組」

    猿田「おうおう、見た見た。見たぞな!」

    江藤(ハァ……なんだかつまんないな……)トボトボ

    恒一「何それ?」

    勅使河原「お、興味あるのかサカキ? あの番号は最高にエロいぜ!」

    望月「勅使河原君、声が大きいよ。他の通行人の人に聞かれちゃうよ」

    江藤(榊原君は勅使河原君たちと会話に夢中だし……。適当な理由つけて帰っちゃおっかな……?)

    望月「あ、榊原君。あそこじゃない? 花火大会の会場って」

    江藤「!」

    恒一「え? あ、本当だ。みんな集まってるね」

    勅使河原「っと、俺たちはここまでだな。後はサカキと江藤の二人で楽しんでくれ」

    猿田「時間は大丈夫かのぅ?」

    恒一「始まるのは18時だからまだ余裕あるね、江藤さん」

    江藤「…………」プイ

    恒一(あ、あれ? 江藤さん、なんか怒ってる……?)
    336 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:35:16.85 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-285)
    勅使河原「それとよ、サカキ」グイ

    恒一「わっ! 何?」

    勅使河原「もし江藤といい雰囲気になったら、迷わずやっちまえよ?」ヒソヒソ

    恒一「はぁ? 何をだよ?」

    勅使河原「チューだよチュー」

    恒一「チュ……っ!?////」

    猿田「女と二人きりになれるチャンス。男を見せる時ぞな」ヒソヒソ

    恒一「な、何を言ってるんだよ……っ////」

    望月「じゃあ花火大会楽しんでね。二人のところ邪魔して悪かったね、江藤さん」

    江藤「……別に」

    勅使河原「また学校でな!」

    猿田「報告楽しみにしてるぞな」
    337 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:37:18.76 ID:ZBO21Y150 (+19,+29,-13)
    「…………」プイッ
    338 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:41:08.90 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-282)
    恒一「行っちゃった。マイペースだなあの3人も」

    恒一「さ、江藤さん、もうすぐ花火大会始まるし会場入ろうか」

    江藤「そうだね」

    恒一「えっと……江藤さん、さっきからなんか怒ってない?」

    江藤「いや? 気のせいじゃないの?」

    恒一「ほらぁ! 絶対怒ってるって。もしかして僕また何かした?」

    江藤「してない」

    恒一「もし本当に何かしてたのなら謝るからさ」

    江藤「…………」

    恒一「江藤さん?」

    江藤「……ないよ」

    恒一「へ?」

    江藤「謝る必要なんて全然ないよ」

    江藤「いきなり現れた勅使河原君たちと合流してから30分近くずっと蚊帳の外に置かれてて一人ぼっちだったけど謝る必要なんて全然ないから!」グスッ

    恒一「え……じゃあまさか江藤さん、それで……?」
    339 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:44:22.35 ID:LQYG8Mxc0 (+24,+29,-1)
    嫉妬江藤さん可愛い
    340 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:46:26.65 ID:I/ues0h00 (+33,+30,-293)
    江藤「ま、男の子同士の方が話しやすいだろうしいいんじゃない? 代わりに私は30分も〈いないもの〉状態だったわけだけど」

    恒一「そんな……それならどうしてそう言ってくれなかったの?」

    江藤「……っ 榊原君のバカぁ!」

    恒一「え、え? ええっ!?」

    江藤「初めて男の子と2人で出かけるからって、一番可愛い服着て、髪整えて、お洒落して、柄にもないことしてワクワクして来たのに……これじゃ私、間抜けみたい」

    江藤「もし見崎さんだったら、耐え切れず帰ってるかもね」

    恒一「うっ」

    江藤「……」グスッ

    恒一(まずい。大変なことをしてしまった。女の子ってこういうの気にしちゃうんだ。ていうか江藤さん、涙目なんだけど)オタオタ

    恒一「あう、その……あの……ごめん江藤さん。初めに勅使河原たちに事情話してそこで別れるべきだったよ。ごめん……、、、」

    江藤「いいよもう……30分黙ってて何も言わなかった私も悪いんだし」

    恒一「はうう……」

    江藤「…………、、、」グスッ

    恒一「…………江藤さん」

    江藤「……何?」
    341 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:52:09.24 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-269)
    恒一「言い訳のつもりはないんだけど、江藤さんを悲しませる気はなかったんだ。ただ僕、女の子との付き合い方とか慣れてなくて……」

    江藤「………………」

    恒一「だけど最初にも言ったけど、僕も今日、江藤さんと2人で出かけるのを楽しみにしてたのは本当だよ?」

    江藤「……うん」

    恒一「調子良すぎるかもしれないけどさ……もしまだ、こんな僕でも構わないのなら……一緒に花火、見てくれないかな?」

    恒一「もう無視しないし。今日だけはずっと、江藤さんの隣にいるから」

    恒一「……ダメかな?」

    江藤「……………………」

    江藤「……ダメな訳、ない」ボソッ

    恒一「え?」

    江藤「私も今日は、ずっと榊原君の隣にいるから……」ギュッ

    恒一「あ……(手を……)」

    江藤「二人で楽しもう?」

    江藤「ね?」

    恒一「うん……」
    342 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 14:58:12.40 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-227)

      ザワザワ

    江藤「おー! いっぱいいるねぇ!」

    恒一「もうそろそろ始まる時間だね」

    江藤「あ! 榊原君、あそこあそこ!」

    恒一「ん? どうかしたの? って、あれは……」

    江藤「辻井君と柿沼さんだよね?」



    辻井「この間さ、隣町に大きな本屋が出来たんだって。今度良かったらそこに行ってみない?」

    柿沼「本当ですか? 辻井君と一緒に行けるなら嬉しいです」

    辻井「はは、照れるなぁ」



    江藤(へぇ。あの2人、あんなに仲が進んでたんだ)

    恒一「お邪魔しちゃ悪いし、もっと離れた場所に座ろうか」

    江藤「そうだね」
    344 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 15:05:16.70 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-289)

      ヒュゥゥゥゥ……ドーン!! ドドーン!! ドパーン!!

    恒一「お、始まったね」

    江藤「わぁ! 綺麗」

    恒一「やっぱり来て正解だったね」

    江藤「うん!」

      ドォォン!! ヒュゥゥ……パパパパパァン!!!

    江藤「……………………」

    恒一「……………………」

      ヒュゥゥゥ……ドドドドォオン!!!

    江藤「……私さ」

    恒一「ん?」

    江藤「正直、こんな風景見れるとは思ってなかった。一学期は、もしかしたら災厄で自分が、なんてずっと考えてたから……」

    恒一「そうだったんだ……」

    江藤「本当のこと言うと、今でもまだ災厄が怖い。今でもまだ、あのトラウマから抜け出せてないけど……」

    江藤「……けど、こうして榊原君と一緒に花火を見れてる。それだけでもとても嬉しいし安心するの」
    345 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 15:10:28.04 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-247)
    恒一「江藤さん……」

    江藤「ありがとね、榊原君。私、榊原君と友達になれてとても幸せだよ」

    恒一「僕だって……江藤さんと友達になれて幸せだと思ってる。そしてそれは、これからも変わらない」

    江藤「そっか……」

    江藤「…………、、、」

    江藤「……あのね榊原君」

    恒一「なんだい?」

    江藤「私、実は榊原君のことが……」

    恒一「ん?」

     「お! 見ろ!」 「でかいのくるぞ!」

       ヒュゥゥゥ……ドドドドドドドドドパパパパパァァァン!!!!

     「おー!」 「きゃーすごーい!」

    恒一「わぁ……これは迫力あるね」

    恒一「っと、ごめんごめん。今何か言おうとしてたよね?」

    江藤「……あ、いや、なんでもない」
    346 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 15:12:37.21 ID:FPwlgb6jP (+4,+14,-3)
    青春だな
    347 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 15:15:11.84 ID:I/ues0h00 (+35,+30,-196)
    恒一「え? 何それ? 気になっちゃうじゃん」

    江藤「いいの!//// やっぱりまだ早いし、もっと関係深めてからの方がいいしね!」

    江藤「それに、強力なライバルもいることだし」ボソッ

    恒一「一体なんのこと話してるの?」

    江藤「いいからいいから!!//// ほら、今は花火見ようよ?」

    恒一「あ、うん」

      ヒュゥゥゥゥ……ドドドォォン!!! ドォォン!! パァァァン!!!

    江藤「榊原君」

    恒一「ん?」

    江藤「これからもよろしくね♪」

    恒一「こちらこそよろしく」ニコッ

      ドドドドドドォン!!!! パパパパパァアン!!!! ドォォォン!!!!
    348 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 15:16:23.71 ID:I/ues0h00 (+24,+29,-1)
    あともう少しだけ続く
    ちょっと休憩
    349 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 15:17:51.12 ID:s8UwHYq60 (+19,+29,+0)
    休憩終わり
    350 : 以下、名無しにか - 2012/06/28(木) 15:27:50.58 ID:FPwlgb6jP (+24,+29,-4)
    江藤さんだけでここまで来るとはw
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + - 江藤悠 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について