のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,536,891人
911,642,974頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:837人
912頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ雪歩「ライフ・イズ・ビューティフル」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - インマイライフ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:36:43.00 ID:eY5TN4oI0 (+110,-8,+0)
    代行です
    2 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:37:06.87 ID:ese7onQB0 (-23,-11,-1)
    期待
    3 : 代行感謝! - 2012/06/17(日) 20:38:46.78 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-109)
    「ひょっとして……ナ、ナンパ屋さんですか!?」

    今でも良く覚えています
    これがプロデューサーと交わした、最初の言葉
    そう言われたプロデューサーは、戸惑ったような表情でアタフタしてましたっけ

    だけど仕方ないですよね?
    街を歩いていたら、いきなり後ろから声をかけらたんですから

    私、思わずお父さんに電話しちゃうとこだったんですよ?

    そっか…
    あれから5年も経つんですね
    私、今でも覚えてますよ?

    「俺、今日から765プロでプロデューサーをやらせて貰うことになりました」

    プロデューサーからそう言われたときの、胸のドキドキを
    4 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:40:48.62 ID:eY5TN4oI0 (+69,+19,+0)
    頑張れ
    5 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:42:18.26 ID:CAAKN8a60 (-13,-1,+0)
    しえ
    6 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:42:21.66 ID:EJJQvvKl0 (+19,+29,-2)
    もしや3人目……?期待
    7 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:43:00.00 ID:ngpX3WUjO (+40,+30,-119)
    あれは高校2年生の6月
    梅雨入りして間もない、蒸し暑い日でした
    プロデューサーと2人で事務所まで歩いている間、いろんなこと考えてたんですよ?
    「優しい人だといいなぁ」とか、いろんなことを

    もちろん、「大股で3歩」の距離は保ったままでしたけど
    プロデューサーはそんな私を何度も振り返って

    「歩くの早い?大丈夫?」

    って聞いてくれました

    「大丈夫ですぅ……」

    自分でもやっと聞き取れるくらいの小さな返事にも、プロデューサーは優しく笑ってくれました
    いまと同じように、優しく、優しく
    8 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:44:29.86 ID:VQvv4itS0 (+19,+29,-2)
    やっときたか
    楽しみにしてたぞ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:47:47.90 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-105)
    「おかえり雪歩! プロデューサーさんもおかえりなさい!」

    事務所に帰ると、春香ちゃんが元気に出迎えてくれました

    その頃の765プロには、春香ちゃん、千早ちゃん、伊織ちゃん、美希ちゃん、あずささん、律子さん、それから私の7人しかいなかったんですよ?

    その7人もまだまだ候補生で、厳しいレッスンを積みながら、デビューする日を心待ちにしていました

    そんな時期に現れた待望のプロデューサー
    みんなすっごくテンションが上がってました

    もちろん私もですよ?
    プロデューサーは気付いてなかったかもしれませんけど
    いまと同じで鈍感でしたから!
    10 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:48:51.73 ID:swdJVXYk0 (+19,+29,-2)
    今度は雪歩か
    期待
    11 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:54:54.77 ID:jR9HXz8Y0 (-27,-15,+0)
    12 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 20:56:03.95 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-68)
    「おや、雪歩君も戻ったようだね。それではあらためて紹介しよう!」

    社長に促されて照れくさそうに挨拶したプロデューサー
    ああいうときはもっとビシッとしてなきゃダメなんですよ?

    だけど、たどたどしく決意表明しているプロデューサーに、みんなが好感を持ったのは確かです

    「あぁ、この人もまだまだ候補生なんだぁ」

    って

    1人のプロデューサー候補生と7人のアイドル候補生
    上手くやっていけそうだって、そのときに確信しました

    ウ、ウソじゃないですぅ!
    13 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:03:21.42 ID:H/jLR+6j0 (-27,-15,+0)
    16 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:03:41.26 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-88)
    次の日からは、プロデューサーもレッスンに同行してくれるようになりました
    やっぱり、チェックしてくれる人がいると空気が引き締まります

    美希ちゃんからはレッスン終了後に

    「ちょっとそこの人? ミキ、ジュース飲みたい」

    って言われてましたけど

    ああいうときもビシッと言わなきゃダメなんですよ?
    …律子さんみたいに

    「ミ、ミキ、自分で買ってくる!」

    頭を押さえた美希ちゃんが自動販売機の方に走って行くのを、みんなで苦笑いしながら見てたっけ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:09:11.81 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-67)
    梅雨が明けて夏本番を迎えたころ、765プロに新しい仲間が増えました

    「高槻やよいですぅ!」

    夏のお日さまみたいなやよいちゃんの笑顔
    最初に声をかけたのは伊織ちゃんでした

    「み、水瀬伊織よ! 分からないことがあったら遠慮なく声をかけてちょうだい」

    えへへ
    伊織ちゃんがやよいちゃんに優しいのは、あの頃から同じだね
    18 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:11:28.09 ID:GJw2QSwX0 (+9,+24,+0)
    いいね
    19 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:15:57.55 ID:MyJqnln+O (+14,+26,+0)
    うむ
    20 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:16:12.76 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-97)
    「双海真美だよ!」

    「同じく、双海亜美!」

    私、本物の双子さんを見たのはこのときが初めてだったんですぅ!
    感想は…

    「ふわぁ…そ、そっくり…」

    って…

    うぅ…
    情けない感想でごめんなさいぃ…

    「左で髪を束ねてるのが真美だよ! ねっ、亜美?」

    「そうそう! 『右亜美、左真美』って覚えてよねっ、おねーちゃんたち!」

    …いまだに間違えちゃうのは内緒ですぅ
    21 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:24:59.09 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-89)
    10人に増えた765プロ
    レッスンは徐々にキツくなっていきましたけど、新しく加入した3人のおかげで張り合いも生まれました

    亜美ちゃんと真美ちゃんは当時小学校6年生、やよいちゃんは中学1年生

    「年少の3人には負けられない!」

    って、私でも気合い入っちゃいましたから!

    そうそう
    亜美ちゃんと真美ちゃんから「とっても可愛い」ニックネームを付けられたのはこの頃でした
    『ゆきぴょん』って…
    23 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:33:29.41 ID:Im6IIR0r0 (-27,-15,+0)
    24 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:34:07.63 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-93)
    高校2年生の8月
    夏休みの課題を終わらせて事務所に向かいました
    入り口のドアの前に立つと、中からは美希ちゃんがはしゃいでいる声

    「ねぇねぇ! 真君って呼んでもいい?」

    私にとっての、もう1人の「運命の人」
    真ちゃんとの出会い

    私、ちゃんと日付まで覚えてるんだよ?

    あれは8月2日
    その日はね…

    私の人生が、また1つ豊かになった日なんだよ?
    えへへ…
    25 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:40:59.12 ID:Im6IIR0r0 (-25,-13,+0)
    しえん
    26 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:41:50.74 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-100)
    「はじめまして! 今日からお世話になる菊地真です!」

    「は、萩原雪歩ですぅ…」

    …正直に言うと、ちょっと見とれちゃいました
    真ちゃんが高校の制服を着ていなかったら、男の子だと勘違いしちゃったかも

    「えっと…ボク、いちおう女だからね? 制服着てるのは補講があったからで、そういう趣味なわけじゃないからね?」

    「だ、大丈夫だよ!」

    何が大丈夫なのか自分でも分からなかったけど、全力で取り繕った私
    あのときの真ちゃんもカッコ良かったなぁ…
    27 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:48:37.64 ID:Im6IIR0r0 (-27,-15,+0)
    28 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:49:26.19 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-100)
    「えっと…」

    真ちゃんに見とれてる私を見ながら、ちょっと困惑した様子のやよいちゃん

    「どうしたのやよい?」

    そんなやよいちゃんをいつものように気遣う伊織ちゃん

    「えっと…雪歩さんて…」

    「わ、私? どうしたのやよいちゃん?」

    やよいちゃんの何を切り出すのか、みんなの注目が集まります

    「雪歩さんて…雪歩さんて、『はぎわらさん』だったんですね!」

    「えっ!?」

    「私、いままで『おぎわらさん』だって思ってましたぁ!」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:52:27.31 ID:Im6IIR0r0 (-13,-6,+2)
    ゃょぃヵヮィィょ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 21:55:22.10 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-110)
    うぅ…
    私、出会ってから約1ヶ月の間、やよいちゃんの中で『おぎわらゆきほ』だったみたいですぅ…

    「まったく、やよいらしいわね」

    そう言いながら笑ってた伊織ちゃん

    わ、笑い事じゃないよぅ!
    『おぎわら』だったら出席番号が前の方になっちゃうんだから!

    そしたら…入学式とか卒業式の席順も前の方になって…
    名前呼ばれるのも前の方で…

    うぅ…
    やっぱり『はぎわら』が良いよぅ…
    33 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:03:35.54 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-108)
    その年の夏休みが終わって間もないころ
    765プロに吉報がもたらされました

    「いよいよ動き出した!」

    と言うべきかもしれません

    「みんな聞いてくれ!」

    事務所に駆け込んできたプロデューサーが、荒い息使いのまま声を張り上げました

    その声に吸い寄せられるように、プロデューサーの周りに集まった私たち
    そんな私たちをゆっくりと見回したあと、プロデューサーが言いました

    「あずささんと千早、そして美希のデビューが決まったぞ!」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:08:40.62 ID:jR9HXz8Y0 (-25,-13,+0)
    しえん
    35 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:11:50.43 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-132)
    「デビュー…ですか…?」

    呆然とした様子で小さく呟いたあずささん
    千早ちゃんと美希ちゃんも、同じような表情でプロデューサーを見つめていました
    ああいう顔を、「キツネにつままれたような顔」って言うんだと思います

    「はい、デビューです! 小さな仕事かもしれませんけど、みんなにとって初めての、『アイドルとしてギャラを貰う』仕事です!」

    「アイドルとしてギャラを貰う」

    ひょっとしたら私たちは、あのときプロデューサーに言われて初めて気付いたのかもしれません
    少なくとも、私はそうでした

    アイドルは職業なんだ、ただのきれい事じゃなく、お給料をもらうものなんだ、って
    37 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:19:51.44 ID:UaJP+ten0 (-7,+7,+0)
    38 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:22:13.23 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-82)
    私がアイドルを目指した理由
    それは、「自分を変えたかったから」

    ウジウジしている自分が嫌で…
    情けない自分が嫌で…
    ひんそーでちんちくりんな自分が嫌で…

    アイドルとして頑張っていれば、少しは自分に自信が持てるかもしれない…

    私のそんな甘い考えを、プロデューサーの言葉でひっぱたかれたような気がしました
    私だけじゃなく、他のみんなもそうだったんじゃないかって思います
    次の日のレッスンから、みんなの目の色が変わってましたから
    39 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:29:04.32 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-64)
    あずささんは通販雑誌のモデル、千早ちゃんは有名アイドルの前座、美希ちゃんは学園ドラマの生徒役

    確かに小さなお仕事かもしれないけど、ステップアップには違いありません

    「頑張っていれば私にも…」

    そう思わせてくれるには十分でした

    「では、行ってきますね」

    そう言って初めてのお仕事に向かったあずささんの姿が、とっても眩しく映りました
    40 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:37:55.88 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-109)
    すっかり秋めいてきた11時
    私にもついに、その時が訪れました

    レッスンの休憩中にプロデューサーからかかってきた電話

    『雪歩! 仕事決まったぞ!』

    私、思わず飛び上がっちゃいました

    「ほ、ホントですかぁ!? 私にですよね? 間違えてませんよねっ?」

    『お前にだよ、萩原雪歩!!!』

    このときが、私が『アイドル』になった瞬間だったのかもしれません
    一緒に休憩していた真ちゃんとやよいちゃんも、まるで自分のことのみたいに喜んでくれました
    42 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:46:08.99 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-135)
    ただ、そのお仕事には…
    深刻な…
    極めて深刻な問題がありました…

    『仕事内容はドッグフードのCMだ』

    「…え?」

    『雪歩は犬を散歩させてる女の子を演じてもらう。ちゃんと訓練されてる犬だから、犬の方が演技上手いかもな。あはは』

    うぅ…
    このときはまだ、誰にも言ってなかったんですぅ…

    「あの…ですね、プロデューサー…」

    『ん? どうした、暗い声出して?』

    「私…私、犬はダメなんですぅ!」

    『えっ!?』

    横にいた真ちゃんとやよいちゃんも、プロデューサーと同じ反応してました…
    44 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:53:39.84 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-88)
    レッスンを終えて事務所に帰ると、険しい顔のプロデューサーが待っていました

    「ただいま戻りました…」

    「お疲れさん」

    「あの…私…」

    「怒るつもりは無いんだが…ああいうことはもっと早く言ってくれなきゃ」

    「はい…ごめんなさい…」

    本気で穴掘って埋まりたくなったのは、このときが初めてだったかもしれません…
    45 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:54:42.82 ID:MyJqnln+O (+14,+26,+0)
    ふむ
    46 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:55:29.44 ID:RRXjNjSH0 (-27,-15,+0)
    47 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 22:58:30.85 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-120)
    「まぁ…あれだ。気持ちは分かる」

    「え? それはどういう…?」

    私から目をそらしたプロデューサーは、窓の外を見ながら言いました

    「俺も苦手なんだ、犬」

    このときのプロデューサーの顔、いまでもハッキリと覚えてます
    悪戯をして叱られた男の子みたいな、何となく恥ずかしそうな、そしてバツの悪そうな顔

    いまでも同じ顔するときがあるんですよ?
    もちろん、私に叱られたときにです。えへへ
    48 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 23:01:13.01 ID:Im6IIR0r0 (-27,-15,+0)
    49 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 23:08:13.04 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-80)
    「せっかくのオファーを断るわけにはいかない。それもこちらの勝手な理由で。分かるな?」

    「はい…」

    「撮影までにあと半月ほどある。それまでに犬嫌いを克服してもらう! 多少なりともな!」

    「え、えぇ!? むむむ無理ですぅ!!!」

    私、もう少しで逃げ出しちゃうところでした

    だけどプロデューサーは、いつもみたいに優しく笑いながら言ってくれたんです

    「俺も付き合うよ、雪歩に」

    って
    50 : 以下、名無しにか - 2012/06/17(日) 23:15:07.58 ID:ngpX3WUjO (+45,+30,-126)
    次の日の仕事終わり
    私とプロデューサーは小さなペットショップを訪れました

    もちろん、犬を飼い始めるためじゃありません
    プロデューサーの

    「最初は目を合わせるところから始めよう」

    っていう提案を実行するためです

    透明なアクリルで仕切られた向こう側は、10部屋ほどに区切られていました
    その1部屋1部屋にはもちろん…

    「い、犬ぅ!!!」

    あのときのワンちゃんたち、ビックリさせてごめんなさいでした…
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - インマイライフ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について