のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,549,458人
911,656,999頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:3,015人
3,300頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ魔王「勇者、俺の者になれ」女勇者「ふむ…いいさ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 外国人 ×2+ - 前スレ→1332905504 + - kyonn + - 勇者 + - + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:29:51.79 ID:IU18pdgO0 (+125,+30,-119)
    勇者「ここが魔王のお城ね」

    戦士「これで最後だな」

    僧侶「皆さん、気を引き締めて向かいましょう」

    盗賊「魔王城だからお宝とかがっぽがっぽだろうなー」

    戦士「おい、盗賊、今さっき気を引き締めろって言ったばかりだろ」

    勇者「いつも通りにやれば良いさ。ただ全力で魔王を倒すのよ。人類の平和のために」

    戦士「ああ」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:30:35.59 ID:5MG9IHyC0 (-29,-17,+0)
    2
    3 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:31:16.42 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-152)
    城内

    ??「良くぞここまで来た勇者よ」

    僧侶「この声は…」

    戦士「魔王か!」

    魔王「貴様ら、良くも今まで我が下僕たちを倒してきたな」

    勇者「あなただって今まで沢山殺してきたはずよ。罪もない人々を…彼らはあなたたちより弱いという理由だけで殺されていった」

    魔王「当然のことだ。この世強くなければ生き残れない」

    魔王「弱い奴に自分の意志を貫く力もないのだ」

    戦士「貴様!」

    魔王「だが、お前が違うようだな、勇者」

    魔王「俺のものになれ、さすれば人間どもは助けてやる」

    勇者「…!」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:33:59.44 ID:8OmTJDOo0 (+33,+30,-155)
    戦士「馬鹿なこと言ってんじゃねー!」

    僧侶「そうです。魔王の話聞くまでもありません。勇者さま」

    勇者「……」

    戦士「…勇者?」

    勇者「私にお前の奴隷になれというのか?」

    魔王「否、言葉通りだ。俺のものになれ」

    魔王「俺はお前がここまで来る姿を見てきた」

    魔王「お前は強い。お前の仲間たちもな。だがお前は格別だ」

    魔王「俺はお前みたいな強い女が欲しかったのだ」

    魔王「俺の嫁になれ」

    戦士「なっ!」

    勇者「…そうすれば人間と和平するのか」

    僧侶「勇者さま!」
    5 : あ、>&g - 2012/06/10(日) 23:36:08.41 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-182)
    魔王「約束しよう」

    勇者「…少し時間をくれるかい」

    戦士「おい、勇者、どういうつもりだ」

    盗賊「勇者、俺が言うのもアレだが、魔王なんて信用できたもんじゃなくね?」

    僧侶「そうです。私たちが力を合わせて戦えば魔王に勝てます。あんな言葉に惑わされては……」

    勇者「私は彼の言葉が嘘には聞こえない」

    戦士「勇者!」

    僧侶「仮に本当のことだとしてもです。魔王の妻になるのですよ?そんなこと出来るはず…」

    勇者「ここで私たちが命を賭けて魔王に戦っても、勝てる確率は五分五分」

    勇者「だけど魔王に手にのったら、私一人犠牲するだけで人類は助かる」

    戦士「勇者!」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:40:54.11 ID:x69cWh9q0 (+22,+29,-3)
    勇ましいとはこのことか
    7 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:42:36.96 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-199)
    盗賊「俺たちのこと、信用できないのか?

    勇者「私が魔王の手に乗ろうとするのはそれだけじゃない」

    勇者「今まで私が殺してきた魔族の数々」

    勇者「あなたたちは彼らの目を見たことがある?」

    僧侶「……」

    勇者「たとえ魔族でも、死ぬ時は同じだったよ。生きたいという気持ちでいっぱいなその目を…私は見て見ぬふりしてここまで来た」

    勇者「すべては、私の身が犠牲になるとしても人々を助けたいと思ったから…」

    勇者「魔王が倒されるとしても、これから戦争が終わるという確証はないわ」

    勇者「だから、今魔王の手にのって人間と魔族との和平を目論んだ方が…」

    戦士「ふざけんなー!」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:45:36.04 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-165)
    勇者「っ」ガシッ

    戦士「お前…ここまで一緒にやってきてそんなこと言って良いと思ってんのかよ!」

    勇者「戦士……ごめん」

    戦士「謝るんじゃねー!」

    戦士「俺は…俺は……」

    勇者「……」

    僧侶「勇者さま…本当にそれで宜しいので?」

    勇者「私は構わないさ。旅を始めた時から捨てた命だ。どの形であっても、皆を助けられれば良い」

    勇者「ごめんね、こんな勇者で…」

    僧侶「……もう決められてるのですね」

    僧侶「しかたがありません…」

    盗賊「あーあ、欲しかったな、魔王城の財宝」

    戦士「盗賊!」

    勇者「ふふっ、ありがとう、盗賊」

    魔王「……」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:49:20.36 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-139)

    勇者「話は決まったよ、魔王」

    魔王「俺のものになるのか?」

    勇者「条件がある」

    魔王「言ってみろ」

    勇者「先ず、私の仲間たちを無事に帰らせること」

    勇者「後、以後魔族が人間を殺すことはないようにしてくれ。もちろんその逆もないようにすべきだろう」

    勇者「そのために3つ目、人間の国の王と和平を結んでもらう」

    魔王「……その程度、容易いものだ。約束しよう」

    勇者「なら、良い。喜んであなたのものとなろう」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:50:40.66 ID:0+zXNQzE0 (-27,-15,+0)
    11 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:51:02.55 ID:x69cWh9q0 (+22,+29,-2)
    もしかしたら魔王はぼっち?
    12 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:51:42.94 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-179)
    メイド長「ここが、勇者さまのお部屋になります」

    勇者「随分と良い部屋だね。古くて狭い宿屋で旅費の節約のために四人集まって寝る日々だったのに」

    メイド長「勇者さまは、魔王さまの妻になるのですから。ここもご自分の部屋が準備できるまでの臨時居所です」

    勇者「贅沢な魔王だね」

    メイド長「…それでは、私はこれで」

    勇者「……」

    勇者「これで、良かったのだろうか」

    勇者「あのまま戦って勝っていれば…それがもっと良かっただろうか」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:52:03.78 ID:nYfgShW9O (+25,+30,-15)
    勇者はビッチ
    魔王はぼっち

    やっぱりイケメンは正義
    14 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:54:02.23 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-185)
    コンコン

    魔王「むっ、随分とボロい部屋だな」

    勇者「満足しているよ。こんな部屋でボロいなんてとんでもない」

    魔王「一番良い部屋に案内せよと命じておいたはずだぞ。案内した者は誰だ」

    勇者「私はこの部屋でも構わない」

    勇者「それより、私の仲間たちはどうしたんだ?」

    魔王「帰らせた。こちらからの友好を求む手紙と財宝を持たせてな」

    魔王「約一名、怒鳴りつけながら帰らぬといった奴が居たが…」

    勇者「……」

    魔王「帰ったら結婚しようという約束でもあったのか」

    勇者「彼はその類のこと一言も口に出していないさ。知らなかったと言ったら嘘だけどね」

    勇者「に比べて、自分が殺すべき相手だと思っていた奴から、見て数分立たずで告白されるとは思わなかったよ」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:55:38.39 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-147)
    魔王「戦線にいた魔族の軍隊をすべて後退させた。向こうで少し追ってきて被害はあったが、今は静まっている」

    勇者「被害が出ることを知っていてそんなことをしたのかい」

    魔王「お前と約束したからな」

    勇者「魔王という割には義理深いね」

    魔王「魔王だからこそだ。お前が言っているのは、ただ人間から見ての偏見だ」

    勇者「そうか…そうかもな。直して行かないとな」

    勇者「以後、お前の嫁にならなければならない身だからな」

    魔王「……」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:57:56.69 ID:565AZqI70 (+19,+29,-2)
    人間とは愚かなり
    17 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:58:06.34 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-52)
    勇者「話はそれだけかい?」

    魔王「む?ああ……」

    勇者「なら悪いが出ていってくれるか。少し疲れているんだ」

    魔王「…分かった、何かあったら、外の誰にでも頼めば良い」

    勇者「そうさせてもらうよ」

    魔王「……」ガチャ

    魔王「……」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 23:59:36.21 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-135)
    魔王「なんとも不思議な生き物だ。人間…それに女というのは……」

    魔王「同じ魔族の中でも、初めて俺の前に立って震えない奴は見たことがない。

    側近「女、人間云々以前に相手は勇者ですからね。魔王さまを殺すために生きてきたようなものです」

    魔王「だからこそ尚おかしいというのだ」

    側近「恐れながら、私の目からすると、自分を殺そうとしていた相手を娶ろうとする魔王さまこそおかしいかと…」

    魔王「…ふっ、違いないな」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:00:20.07 ID:8yiDty9c0 (-26,-11,-1)
    期待
    20 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:00:59.04 ID:8OmTJDOo0 (+35,+30,-279)
    魔王「だが仕方のないことだ」

    魔王「俺は強い女が良いのだ。結婚するのならそんな女にすると決めていた」

    側近「魔王さまが強いと認める程のもの。そうは居ないものですが…」

    魔王「だが、見つけた。しかも今まで弱い生き物と魔族の誰もが貶していた人間だ」

    側近「他の魔族たちがタダでは見ていないかと」

    魔王「納得させれば良い」

    魔王「誰でも異議があるやつは来いと伝えろ」

    魔王「それで勇者が負ければそれでお終い。だが勇者が勝てば、頸を差し出すことになるだろう」

    側近「では、そのように手配させておきます」

    魔王「あ、それと、勇者をあそこに案内したのは誰だ」

    側近「メイド長でございますが…何か?」

    魔王「……いや、分かった。行って良い」

    側近「はい」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:03:06.15 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-154)
    勇者「……」

    コンコン

    メイドA「食事をお持ちしました」

    勇者「頼んでいないのだけどね…まあ、いいさ。丁度お腹が空いていたからね」

    メイドA「……」

    勇者「料理もすごく豪華そうなものを食べるね。本当に、これで良かったのかと思えてくるよ」

    メイドA(せいぜい楽しみなさい。それが最後の晩餐になるから)

    勇者「ん?どうしたの?」

    メイドA「い、いえ、それでは、これで……」

    勇者「ああ、ちょっと待ってくれるかい?」

    メイドA「え?」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:03:54.63 ID:pNQW8BJT0 (+24,+29,-11)
    メイド長逃げてー
    23 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:04:15.78 ID:hS1n1Vgo0 (-25,-13,+0)
    しえん
    24 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:07:19.14 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-283)
    メイド長「魔王さま、お呼びでしたか」

    魔王「ああ、そこに座れ」

    メイド長「恐れながら、今は忙しい時間ですので、早くお話頂ければ…」

    魔王「なら言うが、何故勇者をそんな部屋に送った」

    メイド長「……」

    魔王「俺は一番良い部屋にしろと言ったはずだ。あんな部屋、下級魔族の使者が来た時に案内するような部屋だ」

    メイド長「…あの人間に、そのようないい部屋に置く必要はないかと思いました」

    メイド長「むしろ、血で汚れた時お掃除が大変ですので…」

    魔王「……貴様」

    メイド長「今頃、勇者はスープに入った毒のせいで血を吐いて床を転がってるはずです」

    魔王「…………本当にそうだろうか」

    メイド長「はい?」

    バタン!
    25 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:11:28.55 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-198)
    勇者「……」

    メイド長「勇者…!何故生きているんです」

    メイドA「メイド長…申し訳ありません…」

    勇者「悪いけど、あんな毒の匂いがむんむんするスープなんて口にする気にならなくてね」

    勇者「大体、私にそんな贅沢な料理は合わない。もう少し素朴なものに変えて欲しくてね。文句をいいに来たよ」

    魔王「くくっ、さすが、俺が認めた女だな。

    メイド長「まさか…彼女が死なないだろうと信じて…」

    魔王「人間を嫁にすると言ったのだ。良しとしない連中が居るのは当たり前だ」

    魔王「お前がどいつの指示でこんなことをしたかは知らないが、俺の目を節穴と思った時がお前の運の尽きだな」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:12:05.44 ID:1TnmsNaz0 (+14,+29,-1)
    勇者すげえええ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:12:36.24 ID:xEZl2xTG0 (+24,+29,-15)
    まーたダークヒーローマンセーか
    発想力なさ杉ィ!
    28 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:15:49.79 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-229)
    メイド長「……誰かの指示受けたわけではありません。私の意志です」

    魔王「ほう…」

    勇者「私が魔王の妻になるのが不満ってかい」

    メイド長「…私のご両親は人間によって殺された」

    メイド長「魔王さまが幼い私にお情けをかけてくださってここまで生きてこれた」

    メイド長「なのに、そんな魔王さまが人間を嫁ぐという。そんなことになっては、私のご両親の仇をとることが出来ないのです」

    メイド長「人間がこの世から消え去るまで…私はあなたたちを許しません、人間」

    勇者「………」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:17:57.78 ID:8yiDty9c0 (+14,+29,-1)
    かっけえな
    30 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:19:31.92 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-181)
    魔王「そんなにお前の恨みが強いものならメイド長。お前に機会をやろう」

    メイド長「!」

    魔王「お前を拾った時以来、もう一回だけの情けだ」

    魔王「この場で勇者を殺すことができたら、許してやる」

    魔王「もちろん、今回は勇者がただでやられてはくれぬだろうがな」ククク

    メイド長「……」

    魔王「さて、どうする、勇者、お前を殺そうとした奴だ。お前の好きにすれば良い」

    勇者「……」

    メイド長「…人間……」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:21:14.85 ID:OMG5x7VF0 (+30,+25,-3)
    またお前かw
    期待
    32 : >> - 2012/06/11(月) 00:21:48.23 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-167)
    勇者「名前はあるかい?」

    メイド長「名前なんてない。メイド長…ただそれだけよ」

    勇者「そう……ごめんね、メイド長」

    メイド長「ふっ…もう良いわ」

    メイド長「どうせ死ぬというのなら…結婚する前にあなたの顔に傷一つでも残してあげましょう。憎らしい人間の女!!」Eナイフ

    メイド長「やああああ!!」

    勇者「ごめん…っ!」

    メイド長「っ!」ガクシ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:21:56.45 ID:KgJWq+D20 (-17,-5,-12)
    面白いな
    支援
    34 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:23:01.89 ID:/dIoClI10 (+42,+29,-13)
    >>31
    前作あるなら知りたいんだが
    35 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:24:14.47 ID:OAKIVlP60 (-23,-11,-1)
    期待
    36 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:24:26.94 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-102)
    勇者「…彼女を自分の部屋に連れて行ってもらえる?」

    メイドA「は、はい」



    魔王「ほう?殺さないのか?」

    勇者「……」

    バシーン

    魔王「!!」

    勇者「楽しいかい?人の気持ちで遊んだら…」

    魔王「な……」

    勇者「人間の平和など関係ないとしたらね、あなたみたいな最低な男と結婚するのは御免さ」クルッ  ガチャ

    魔王「……なんだってんだ…」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:27:03.17 ID:pNQW8BJT0 (+25,+30,-23)
    扱いにくいな、この女勇者さまは
    38 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:27:42.90 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-243)
    メイド長「……ぅぅ」

    メイドA「メイド長」

    メイド長「……はっ!」

    メイド長「何故…生きて…勇者はどうなったの」

    メイドA「勇者が…いえ、勇者さまがメイド長を気絶だけさせてここに運ぶように命じました」

    メイド長「…情けをかけるつもり?」

    勇者「そんなつもりはないさ」

    メイド長「!!」

    勇者「そう気を立てないでほしいね。話をしに来たのだからさ」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:29:40.24 ID:qd8k9M650 (+59,+29,-18)
    >>34 あまり自信持って読んでみてと言えるものはないけど、
    こんなのあったね。
    魔王「夢と現実、お前の選択はどっちだ」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:30:31.43 ID:/dIoClI10 (-8,-11,-1)
    >>39
    そのスレ読んでたわ
    支援
    42 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:33:05.71 ID:qd8k9M650 (+60,+30,-204)
    メイド長「…人間と話す言葉なんてない」

    勇者「…君みたいな娘を見たことがあるんだ。人間の方だけどね」

    勇者「あの娘は私を見て、自分も大きくなったら魔族たちを殺す勇者になると言ったんだ」

    勇者「私は絶対にそんなことしたら駄目と返した」

    勇者「そんな荒い事、女の子が言ってもやってもいけないことさ」

    勇者「そんな人間は、私一人で十分さ」

    メイド長「……」

    勇者「君の人間への恨みほ深さは十分に分かったよ」

    勇者「でも、何も人間が悪いとか、魔族が悪いとかそういう話じゃないんだ」

    勇者「どうか、許してはもらえないかい?」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:33:49.34 ID:3pfXmAN80 (+37,+29,-16)
    それは良かったけどそれ以外は駄目だったわ
    これも……
    44 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:34:38.46 ID:Qt0HIi0i0 (+3,+8,+2)
    リウイ・マーシルン
    45 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:35:43.75 ID:DR3LjPEc0 (+24,+29,-1)
    妻の魔王の方がかわいかったのは覚えてる
    46 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:37:20.44 ID:kgn8/Ya2O (+19,+29,-16)
    メイド長日本語おかしくね?
    47 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:37:40.21 ID:+pC8Zg6q0 (+16,+26,+0)
    スレタイパクリじゃねーか
    48 : >> - 2012/06/11(月) 00:38:55.74 ID:qd8k9M650 (+65,+30,-143)
    メイド長「貴様みたいな強い人間はわからないだろう」

    メイド長「力がないってだけで殺されなければならなかった私の親たち。そして一人で残された私の悲しみ」

    勇者「だからって、人間すべてを恨むというのは、ただの八つ当たりじゃないのかい?」

    メイド長「黙れ!貴様に何が分かるんだ」

    勇者「……そんなに人間が憎いなら仕方ないさ」

    勇者「だが、だからと言って全部は駄目だ。私一人で済ませてくれないかい?」

    メイド長「…なんですって?」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:40:02.05 ID:/dIoClI10 (+25,+25,-17)
    そういうのに名前欄で返信しなくてもいいよ
    50 : 以下、名無しにか - 2012/06/11(月) 00:40:05.85 ID:3pfXmAN80 (+36,+29,-5)
    >>48
    まあ個人の好みもあるから気にしなくていんじゃない
    夢の奴は良かったしさ
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 外国人 ×2+ - 前スレ→1332905504 + - kyonn + - 勇者 + - + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について