のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,540,394人
911,646,942頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:207人
246頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「アイドルたち全員の脇腹を突っついてみる」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - YAS + - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:35:44.54 ID:zb7Jmh7I0 (+125,+30,-55)
    P「あの、ビクっと体がふるえる瞬間がたまらないんだ!」

    P「みんなの脇腹を突っついて、どういう反応をするのか見てみたい!」

    P「よし! そうと決まったら、中途半端はよくないよな」

    P「ここはひとつ、全員に試してみようじゃないか!」

    P「お、あっちからやって来るのは……」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:37:30.82 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-68)
    P「あれは……小鳥さんだな」

    小鳥「あっ、おはようございますプロデューサーさん!」

    P「おはようございます小鳥さん」

    小鳥「今日はずいぶんと早いですね?」

    P「いやあ、ちょっとみんなに試したいことができたんですよ」

    小鳥「へえ。みんなって、春香ちゃんや美希ちゃんたちですよね? 何を試すつもりなんです?」

    P「それはですね、えーっと……」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:43:16.88 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-108)
    P「そうだ小鳥さん! 一番最初に小鳥さんで試してみたいんですけど、ダメですか?」

    小鳥「え。あたし? でもあたし、アイドルじゃありませんよ?」

    P「全然問題ありません! ノープロブレムです!」

    小鳥「大丈夫なんですか? それじゃあ、あたしでよければ喜んで協力しますよ!」

    P「さすがは小鳥さん! ありがとうございます!」

    小鳥「えーっと、あたしはどうすればいいんでしょう?」

    P「とりあえずですね、俺に後ろを向いて立ってほしいんですよ」

    小鳥「はいはーい」クルッ

    小鳥「こんな感じで大丈夫ですかね?」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:44:45.42 ID:Q9LR/anp0 (-2,+12,+0)
    ほう
    5 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:45:30.72 ID:Q5nBxoQ1i (+24,+29,-3)
    素直な小鳥さん可愛い
    6 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:45:44.47 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-69)
    P「ありがとうございま、すっ!」ツンッ

    小鳥「きゃーーーーーっ!?」ビクンッ

    P「おおおおお……」

    P「素晴らしい、素晴らしいですよ小鳥さん! そのリアクション」

    小鳥「プロデューサーさん! い、いきなり脇腹を突っつかないで!」

    P「いやあ、いきなりじゃないと面白くないじゃないですか」

    小鳥「まさか、みんなにやりたいことって……?」

    P「そう、コレです!」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:47:19.97 ID:56Mh2q6k0 (+78,+30,+0)
    8 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:48:06.79 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-114)
    P「みんなに試してみたら、どういう反応するかなあって思いまして!」

    小鳥「……へ、へーえ!」

    P「ん? どうかしました、小鳥さん?」

    小鳥「あの! そこにビデオカメラ設置しといてもいいですか?」

    P「……。小鳥さん、目が異常なまでにきらきら輝いてますよ」

    小鳥「当然です! こんなチャンスを指をくわえて見てるだけなんて、絶対にしちゃいけないことです!」

    P「は、はあ……。左様でございますか」

    小鳥「後でプロデューサーさんにもちゃんと見せてあげますから、安心してくださいね!」

    小鳥「それじゃ、プロデューサーさーん! しっかりよろしくお願いしますねー!」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:48:23.31 ID:dByY4kUK0 (+65,+30,+0)
    10 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:50:11.11 ID:kIsrewGv0 (+4,+5,+0)
    >>7
    続きはよ
    11 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:50:24.32 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-135)
    P「さすがは小鳥さんだな。いや、あれをさすがと言っていいのか……?」

    P「と、ともかく、ウォーミングアップは万全だ! さあ、どっからでも誰でも来い!」

    春香「プロデューサーさん!」

    P「おお、春香じゃないか!」

    春香「おはようございます! 今日も一日よろしくお願いします!」

    P「そうだよな。やっぱり、トップバッターは春香じゃないとな!」

    春香「え? トップバッターですか?」

    P「ああ、トップバッターだ!」

    春香「何だかよくわからないけど、もしかして私、褒められてますか?」

    P「もちろん褒め言葉だよ!」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:53:41.97 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-122)
    P「さて春香、折り入ってお願いがあるんだが、聞いてくれるか?」

    春香「もっちろんです!」

    P「本当か?」

    春香「はい! プロデューサーさんのお願いなら、何でも喜んで聞いちゃいますよ!」

    P「嬉しいこと言ってくれるなあ……。ちょっとだけ、心が痛むな……」

    春香「ん? プロデューサーさん、何か言いました?」

    P「いや何も。それじゃあさっそくだけど、俺に背中を向けてほしいんだ」

    春香「え、えっ? お願いって、それだけでいいんですか?」

    P「ああ、とりあえずそれだけで大丈夫だ!」

    春香「は、はあ。え、えっとえっとえっと」クルッ

    春香「あのー、プロデューサーさん。これで、いいんですか?」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:56:15.95 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-78)
    P「それでオッケーだ、ぞっ!」ツンッ

    春香「ひゃあああああっ!?」ビクンッ

    P「うーん、やっぱりいいなあ」

    P「予想通り、想像通りの見事な反応だったよ、春香」

    春香「ちょ、ちょっと! プロデューサーさん!」

    P「ん、何だ?」

    春香「何って、くすぐったいですよ! 急に何するんですか!」

    P「ははは、悪い悪い」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:56:42.44 ID:C5fcNy5E0 (+11,+11,+0)
    >>7
    続きくれ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:57:04.50 ID:Q5nBxoQ1i (+0,+0,+1)
    >>7
    詳細
    18 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:59:39.06 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-94)
    春香「うう……。まだ脇腹がムズムズする……」

    P「いやあ、何だか急に、春香のことを脅かしてみたくなっちゃって」

    春香「もう! プロデューサーさんってばひどいですよ! いきなり私のことくすぐるなんて!」

    P「ごめんごめん!」

    春香「私、本当にビックリしたんですからね!」

    P「悪かった悪かった! さあ春香、今日も一日頑張っていこうな!」

    春香「わかりましたよぅ! ……あ、プロデューサーさん」

    春香「私は別に気にしませんけど、私以外の人には、絶対こんなことしちゃダメですよ!」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 13:59:41.17 ID:8+xwt+o70 (+37,+29,-3)
    もちろん全員書くんだよな?そうだよな!?
    20 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:00:53.72 ID:zb7Jmh7I0 (+73,+13,+0)
    >>19
    そのつもり
    21 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:01:21.95 ID:ZAto0DhiO (+0,+14,+0)
    はよう
    22 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:05:19.31 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-136)
    P「ところがどっこい、春香だけじゃなくて他のみんなにもやるんだな、これが」

    律子「どうしたんですかプロデューサー。何だか、ぼけーっとしてますね」

    P「おお、律子か。ちょっとな、空想にふけってた所なんだ」

    律子「仕事と時間、どちらも待ってはくれませんよ?」

    P「すまんすまん、気を抜かないように気を付けるよ。律子は本当にしっかりしてるよなぁ……」

    律子「まあここの所忙しいですし、疲れるのもわかりますけどね」

    P「そういう律子は大丈夫なのか? 疲れがたまってたりしてないか?」

    律子「うーん、そうですね。そこまでではないですけど、まあ多少は」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:10:28.20 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-122)
    P「よし! これから俺が、律子の疲れを吹き飛ばすいいことをしてやろう!」

    律子「……プロデューサー。ほっぺたがゆるんでますよ」

    P「そ、そんなことはないぞ!」

    律子「ははーん。どうせまた、ロクでもないこと考えてるんでしょう?」

    P「頼む! 頼むよ律子! 俺を信じてくれ」

    律子「……はあ。信じろと言われてもねえ……」

    P「さあさあ律子! 早く後ろを向くんだ! 早く早く! ハリーハリー!」

    律子「わかりました! わかりましたよプロデューサー」クルッ

    律子「それで、一体どんなことをしてくれるんですか?
    24 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:15:33.13 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-105)
    P「こんなことだ、よっ!」ツンッ

    律子「うひゃあああああっ!?」ビクンッ

    P「おお!」

    P「もしかしたらあんまり効果がないかと思ったが、全然そんなことはなかったぜ!」

    律子「プ、プロデューサー! 忘れたんですか!」

    P「え? 何を?」

    律子「前にも言いましたよね! 私、ワキとか弱いんだって!」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:21:04.70 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-141)
    P「あれ、そうだったっけ?」

    律子「言いました! 絶対に言いましたから!」

    P「ごめんごめん律子。正直に言うと、完全に忘れてた」

    律子「というかそれ以前に、やる相手間違えたら、確実にセクハラで訴えられますよ!」

    P「ん? と言うことは、だ」

    律子「へ?」

    P「律子には訴えられないから、またの機会に試してもいいってことかな?」

    律子「なっ……! だ、誰もそんなこと言ってないでしょーが!」

    律子「全くもう! 今度やったら承知しませんからね! 覚えておいてください!」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:23:44.20 ID:Gu2xLQW70 (+19,+29,-12)
    律子は可愛いなあああああ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:24:50.58 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-92)
    P「とか何とか言いつつ、口ほど嫌がってなかった気もするなあ、律子」

    「あれ? どうしたんです、プロデューサー?」

    P「ああ、真か」

    「ずいぶんとニコニコしてますね? 何かいいことでもあったんですか?」

    P「いやなに、ちょっといいトレーニング方法を閃いたもんでな」

    「プロデューサーが考えたんですか? へーえ、何だか気になるなあ」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:25:41.81 ID:kZlJznlX0 (+23,+28,-3)
    いかん、指が折れる
    29 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:28:13.48 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-117)
    「プロデューサー! そのトレーニングのやり方、ボクにも教えてくださいよ!」

    P「それじゃあ真も、俺と一緒に体験してみようじゃないか!」

    「本当ですか? へへっ、やーりい!」

    P「それじゃあ、さっそくこれから始めるとするか?」

    「いいですよ! さあ、プロデューサー! ボクは何をすればいいんですかね?」

    P「差し当たって、後ろ向いてくれれば大丈夫だよ」

    「後ろを向けばいいんですね? わかりました!」クルッ

    「よっし準備オッケー! プロデューサー、何でもどうぞ!」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:34:18.03 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-71)
    P「それじゃお言葉に甘え、てっ!」ツンッ

    「うわあああああっ!?」ビクンッ

    P「うーむ。真の体にもバッチリ効く俺の人差し指の威力」

    P「いやいや、我ながらさすがだな」

    「プ、プロデューサー! さすがだな、とか一人で納得してないでくださいよ!」

    P「ははは」

    「驚いて、心臓が止まるかと思ったじゃないですか!」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:40:31.00 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-101)
    P「まあまあ真。たまにはこういうイタズラもいいじゃないか!」

    「うーん。でも確かに」

    P「ん?」

    「トップを目指すためには、こんなことで動じないような体を作らないといけないよなあ」

    P「いやあの、真? 何もそんなに真剣に考え込まなくても……」

    「プロデューサー!」

    P「は、はい!」

    「ボク、今の件を反省して、もっともっと一生懸命トレーニングに励みます!」

    「だからまた新しいトレーニングメニューを閃いたら、どんどんボクに教えてください!」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:45:15.62 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-91)
    P「うーむ。真って、本当に真面目だよな。俺も見習わないといけないなあ」

    やよい「プロデューサー!」

    P「おっ、やよいじゃないか」

    やよい「こーんにーちはー! 今日もいいお天気ですねー!」

    P「ああ、全くだな! それにしても、やよいはいつも元気でうらやましいなあ」

    やよい「うっうー! ありがとうございまーす!」

    P「ところで、やよい」

    やよい「はーい! なんですかー、プロデューサー?」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:50:20.13 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-122)
    P「そんな元気なやよいに、もっともおっと元気がでるおまじないをしてあげたいんだが?」

    やよい「へえー、そんなおまじないがあるんですかあ?」

    P「ああ、最近本で読んでイメージトレーニングしてきたんだ。俺に任せてくれないか?」 

    やよい「もちろんでーす! それじゃあプロデューサー、よろしくお願いしまーす!」

    P「了解だ! 軽く準備があるんで、後ろを向いてくれないか?」

    やよい「はーい! わかりましたー!」クルッ

    やよい「えへへ! 何だかとってもわくわくします! 楽しみですー!」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:55:12.09 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-79)
    P「それじゃあちちんぷいぷい、っと!」ツンッ

    やよい「うっ、うーーーーーっ!?」ビクンッ

    P「さすがはやよいだ」

    P「突っつかれてもうっうーとかマジ最高! もう本当にかわいい!」

    やよい「うーっ……」

    P「どうだ、やよい?」

    やよい「プロデューサー、これって本当におまじないなんですかあ?」

    P「もちろん本当に決まってるじゃないか!」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:57:46.58 ID:EYIvRGko0 (+18,+28,+0)
    やよい可愛い支援
    38 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 14:58:11.67 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-95)
    P「なあやよい、体の緊張がほぐれて、楽になった気がしないか?」

    やよい「うーん……。確かに」

    P「だ、だろ?」

    やよい「そう言われれば、そんな気もしてきましたー!」

    P「ま、まあ、うまくいってよかったよ」

    やよい「やっぱり、プロデューサーはすごいですー!」

    P「は、ははは……」

    やよい「私、そんけーしちゃいます!」

    やよい「プロデューサー! これからも、いろんなことをたくさん教えてくださーい!」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:00:58.03 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-70)
    P「うーん。やよいの尊敬のまなざし、さすがにちょっと良心がとがめたなー……」

    「ん? プロデューサー?」

    P「ああ、響か」

    「何か難しい顔をしてるぞ。どうかしたのか?」

    P「ちょっといろいろあって、罪悪感を感じてたんだ」

    「罪悪感……?」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:01:25.93 ID:Z9NOU+GKi (+14,+29,+0)
    さるよけ
    41 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:01:45.62 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-114)
    「大丈夫? 何があったか、自分は詳しく聞かない方がいいのかな?」

    P「いや。むしろ響には、ぜひとも聞いてほしい話なんだが」

    「本当か?」

    P「ああ、本当だとも!」

    「よっし! プロデューサーの話、自分でよければ何でも聞いちゃうぞ!」

    P「そうか? ありがとな、響」

    「気にすることなんて、何もないさー! 誰かに話した方が、楽になるに決まってるしな!」

    P「うーん、面と向かってだと何だか話しにくいな。響、後ろ向いてくれないか?」

    「ああ、わかったぞ!」クルッ

    「……それで、一体どんな話なんだ?」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:06:06.91 ID:d9e32KeJi (+13,+28,+0)
    続けて、どうぞ
    43 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:06:14.46 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-52)
    P「それは、なっ!」ツンッ

    「きゃあああああんっ!?」ビクッ

    P「へええ、結構可愛い声出すな、響」

    P「なかなかのギャップに萌えってカンジ」

    「プロデューサー! 自分、真剣だったのに、何するんだよ!」

    P「すまん。本当にすまんな響」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:06:50.32 ID:Tf54/VyJ0 (+19,+29,+0)
    響ちゃんかわいい
    45 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:07:43.00 ID:Q5nBxoQ1i (+19,+29,+0)
    響可愛い
    46 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:07:56.82 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-110)
    P「ちょっとビックリさせてみたかっただけなんだよ。俺には、悩みなんて何もないさ!」

    「……そうなのか?」

    P「そうだとも!」

    「本当に本当か? 無理して我慢したりしてない?」

    P「ほ、本当だよ! これはウソじゃない! 間違いなく本当だって!」

    「そうかー! 本当は何もなかったんなら、自分安心したぞ!」

    P「ああ。だますような真似をして悪かったな、響」

    「いいっていいって! でも、これだけは覚えておいてほしいんだ」

    「プロデューサーに何かあったら、自分いつでも相談に乗るからな!」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:08:05.41 ID:vnlTW/dx0 (+19,+29,-13)
    こういう企画はやっぱ響だなぁ
    48 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:08:56.86 ID:kZlJznlX0 (+17,+29,-16)
    響は妙にエロい嬌声をあげそう
    49 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:09:18.81 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-104)
    P「本当に響っていい子だよなあ。後でちゃんと、だました埋め合わせはしないとな」

    真美「おやおや~、そこにいるのは兄ちゃんじゃないですか~」

    P「おお真美、ちょうど良い所に!」

    真美「ん? どったの兄ちゃん?」

    P「実は俺はついさっき、新たなるゲームを開発した所なんだ!」

    真美「えっ、本当? 兄ちゃんが考えたゲーム?」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/06/10(日) 15:14:21.89 ID:zb7Jmh7I0 (+95,+30,-108)
    真美「それってどんなゲームなの? 楽しい? 真美にもできる?」

    P「ああ、そんなに難しいものじゃないからな。さっそくやってみるか?」

    真美「もっちろん!」

    P「お、やる気十分だな、真美」

    真美「どんなゲームも、真美の手にかかればらくしょーらくしょー!」

    P「そうかそうか。それじゃあ真美、必要な準備はただ一つだ。それは」

    真美「それは?」

    P「後ろ向いてくれ」

    真美「そんだけでいいの? それじゃあ、ほーい」クルッ

    真美「向いたよー! 兄ちゃん、早く早くー!」
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - YAS + - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について