のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,553,297人
911,661,298頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:1,860人
2,090頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ男「いつも貴方の事を見ていました」女「…え」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - およそ750までが本編 + - 一体俺の13時間はなんだったのか + - 二度と書くな + - + - 純粋な愛 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:15:57.56 ID:g3ZNxFKE0 (+135,+30,-78)
    ―屋上―

    「…」

    「いつも見てたって…?」

    「学校にいる間も帰宅している間もバイトしてる時の貴方も」

    「全部見ていました」

    「バイトのシフトも把握してますし」

    「貴方の家、親戚の家等全て分かっていますよ」

    「…」ゾクッ

    「だから、俺と付き合ってください」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:16:18.59 ID:FdZ6amAY0 (+25,+30,-175)
    長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
    ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にありがとうごさいました!
    パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆さんのおかげです(正直ぎりぎりでした(汗)
    今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーンにおける表現等、これまでの自分の作品の中では一番の出来だったと感じています。
    皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、どのような感情に浸れたのか、それは人それぞれだと思います。
    少しでもこのSSを読んで「自分もがんばろう!」という気持ちになってくれた方がいれば嬉しいです。
    長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き本当に本当にありがとうございました。
    またいつかスレを立てることがあれば、その時はまたよろしくお願いします!ではこれにて。
    皆さんお疲れ様でした!
    3 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:16:53.36 ID:bQFLHLlH0 (+11,+26,+0)
    続けたまえ
    4 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:17:35.87 ID:szvpnJgw0 (+19,+29,+0)
    >>1-2
    おつかれっしたー
    5 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:19:38.59 ID:RAUd8XdL0 (+0,+0,+0)
            ____
            /     \
         /   ⌒  ⌒ \
       /    (●)  (●) \
        |       (__人__)    |    ___________
       \      ` ⌒´   ,/    | |             |
    __/           `ヽ      | |             |
    | | /   ,.            i      | |             |
    | | /   /         i | .     | |             |
    | | | ⌒ ーnnn        | |    |_|___________|
     ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_



            ____
          /      \
         /  ─    ─\
       /    ( )  ( ) ((●  ((●
       |       (__人__)    |    ___________
       \      |   |   /   .  .| |             |
    __/     |   |  .`ヽ      | |             |
    | | /   ,..   |r┬-| .   i    .| |             |
    | | /   /    `ー'´  i | .     | |             |
    | | | ⌒ ーnnn        | |    |_|___________|
     ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_
    6 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:21:08.46 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-75)
    「返事を聞かせてください」

    「…」

    「分かりました」

    「貴方の視力は左(0,9)右(0,7)ですね」

    「靴のサイズは24,5」

    「好きな色は赤とピンク」

    「弁当のお箸の色はこげ茶色」

    「それと、最近通われた美容院は…」

    「……」

    「なぜ泣いてるんですか?」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:23:21.99 ID:iJBAdKzsi (+27,+29,-5)
    パンティの色とかクリトリスの大きさとかも把握してるの?
    8 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:24:10.49 ID:pfxLDH4y0 (+10,+25,+0)
    怖すぎワロタ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:25:21.30 ID:imLca4CY0 (+14,+29,-4)
    世にきみょだな
    10 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:26:57.94 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-99)
    「なるほど、俺の想いがまだ十分に伝わってないという訳ですね」

    「この割り箸を覚えていませんか?」

    「…知らない…!もう私に話しかけないでよ!」

    「この割り箸は貴方が前にラーメン屋で使用した割り箸ですよ」

    「……ど、どうして…男くんが…」

    「どうして?」

    「貴方のことが好きだからですよ」

    「…おえっ」

    「ニタァァァァァ」

    11 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:29:12.85 ID:mJ9YaASp0 (+22,+29,-14)
    これを男女逆にするとラノベになる
    12 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:31:05.38 ID:JdMOzr7VO (+13,+28,+0)
    貴女
    13 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:32:04.81 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-118)
    「貴方がラーメン屋を出てから店のゴミ箱から探して手に入れたんです」

    「そして…家に帰ってから」

    「毎日、毎日この割り箸をこうしていました」

    割り箸を口の中に突っ込み舐め始める

    「ペロペロペロッ!!ジュパジュパ!!」

    「やめて…もうやめて……!」

    「私に何の恨みがあってそんなことをするの…!?」

    「おかしいよ!!こんなことするなんて!」

    「おかしい?」

    男の舐める動きがピタッと止まった

    「これが普通なんじゃないんですか?」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:36:38.71 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-114)
    「とにかく…付き合うなんて無理だから!」

    タッタッタ

    「ふぅ、返事は待ってくれ…そういうことか」

    男はポケットの中に割り箸を閉まった

    「…今日も暑いな」


    キンコンカーンコーン

    「…」

    女友「女、さっきから顔色悪いけどどうしたの?」

    「…え…なんでもない…よ」

    女友「そっか、なら無理しないでよ~」

    「…うん」

    女の後ろの席に座っていた男がニッコリと笑みを浮かべる

    (俺の想いが伝わったんだろう)
    15 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:38:11.51 ID:/GjfL+vji (+14,+29,-2)
    俺がいる…
    16 : 忍法帖【Lv= - 2012/06/03(日) 13:47:17.78 ID:iTlTpAGvi (+12,+27,+1)
    なにこれこわい
    17 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:52:40.47 ID:m8DeTZ0f0 (+22,+29,-2)
    男女逆ならありがちなSSなのに
    18 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:56:02.26 ID:g3ZNxFKE0 (+90,+30,-109)
    先生「じゃあ、修学旅行のバスの座席を決めるぞ」

    「はいはいはい」

    先生「なんだ?」

    「女さんは非常に乗り物酔いし易いので」

    「俺の隣にしてくれませんか?」

    「ヒューヒュー!」

    「…」ぶるぶるっ

    ビッチ「ちょっと、あんた何勝手に決めてんのよ!」

    「うるせーよ股間すぐ開く女がよ」

    ビッチ「…は、はぁ!?」

    教師「女、男の隣でいいか?」

    女は恐怖のあまり首を縦に振った

    19 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 13:57:48.94 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-103)
    男はボソッと女の耳元で呟く

    「グッジョブ」

    この呟きで更に女は恐怖心を覚える

    「…」

    「ニッコリ」

    先生「それじゃあ、後はお前等が適当に席を決めろ」

    キンコンカーンコーン

    イケメン「おい、男」

    「なんだ?」

    イケメン「お前…女になにしたんだよ?」

    「なにって…」

    (イケメンくん……)
    20 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:00:59.73 ID:cgXhl6Y50 (-7,+7,+0)
    あげ
    21 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:01:50.03 ID:iJBAdKzsi (+22,+29,-3)
    男が女の子のエッチな情報知ってるとこはよ
    22 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:03:16.21 ID:DZYCErnD0 (+21,+28,+1)
    イケメンの攻撃に期待
    23 : VIP法王◇【】 - 2012/06/03(日) 14:03:51.69 ID:dEnXslO40 BE:767617373-2BP(5557) (+19,+26,+0)

    ニダァァァァァァ

    に見えた
    24 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:05:45.46 ID:Ml79SPXU0 (+24,+29,-2)
    男がイケメンだったらハッピーエンドだったのに・・・
    25 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:06:00.22 ID:1ZjOYBCG0 (-21,-11,-1)
    期待
    26 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:06:08.62 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-156)
    イケメン「おかしいだろ」

    「おかしい?ワッハッハッ」

    イケメン「な、なに笑ってんだよ!」

    「女さんに何かをしたという証拠も無しに俺を犯人扱いか」

    「お前は顔はイケメンでも脳みそは不細工だな」

    イケメン「…て…テメェ」

    女友「イケメンくんはブサイクじゃないわよ!」

    イケメン「女友は静かにしてろ」

    女友「ごめんなさい…」

    「もういい?俺は帰らないといけないんだ」

    イケメン「ああ、その代わり2度と女に近寄るんじゃねぇぞ」

    「近寄る…近寄らなければいいんだろ…ふっふっ」

    スタスタ

    イケメン「なに言ってるんだアイツ…」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:08:09.62 ID:iLAsoM0Ai (-4,+7,+0)
    28 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:09:57.87 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-80)
    女友「女…あんたホントに男になにかされたりしてないの?」

    イケメン「先生に話し難いんだったら俺達に話てくれよ」

    「……ごめん、ありがとう」

    「ホントに私は何もされてないから大丈夫だよ!」

    女友「女…」

    イケメン「なにかあったらすぐに言ってくれよ」

    「うん」


    「…」

    フツメン「よう、男!」

    「フツメンか」

    フツメン「こんな駅前で何してんだよ?」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:11:49.34 ID:owkD+g2h0 (+36,+29,-33)
    にたぁとか男が自覚しつつやっている設定がマイナス
    純粋に屈折した愛情のみでやっているほうがよかった
    まあそれだと力がないから書けないんだろうけど
    30 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:11:57.68 ID:LcNOPNyZi (-2,+12,+0)
    ほう
    31 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:14:51.86 ID:4lbJuQnt0 (+33,+29,-2)
    >>29
    評論家気取りかよ
    きも
    32 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:14:59.59 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-134)
    「今日、同じクラスの女に告白したんだ」

    フツメン「えぇ?ホントか?」

    「あまりにも俺の愛情が強すぎて返事は待ってくれ…って言われた」

    フツメン「マジかよ…てかお前中学ん時もそんな事言ってたよな…」

    「中学のときは少しやりすぎたかもしれないな」


    ―中学時代―

    「…中学女さん」

    中学「なに?」(えっと…同じクラスの…誰だっけこの人)

    「入学してきたときからずっと貴女を見ていました」

    「24時間…ずっと」

    中学「は……?」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:16:11.47 ID:iLAsoM0Ai (+4,+16,+0)
    !?
    34 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:16:23.27 ID:XNm4REws0 (+24,+26,+0)
    >>29
    うわぁ・・
    35 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:19:35.88 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-95)
    「この貴女の体操服、靴下、運動靴」

    スッ

    中学「わ、私が無くしたと思ってたもの!」

    「俺が大切にこの2年間保管し続けていました」

    男は中学女を壁際に押し付ける

    中学「…んっ」

    「さぁ、俺と一緒にいればこの世界を見る目も変わりますよ」

    中学「…」

    ガラガラッ

    チャラ「おーい…中学女……ってお前何してんだよ!!」

    「えっ」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:23:13.87 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-213)
    チャラ「死ね!!きも男!!!オラッ!!!」

    「……っ」

    中学「もっとボコボコにしてよ!」

    チャラ「オッケ、任せろ」

    ボコボコッ

    チャラ「ヒャハハハハ!!ボロボロじゃねーかコイツ!」

    中学「チャラ男くんかっこいい~」

    「ごほっ…ごほっ」

    ガシッ

    男はボロボロになりながらもチャラ男の足を掴んだ

    チャラ「あーあ…しつけーんだよお前」イラッ

    「おい…」

    チャラ「あん?」

    「中学女さんを……幸せにしろよ」

    37 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:23:39.59 ID:yWr8VA840 (+22,+29,-2)
    純愛とは何なのかを考えさせられるな
    38 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:24:12.74 ID:owkD+g2h0 (+27,+26,+1)
    >>31
    うわあ
    39 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:25:12.17 ID:4lbJuQnt0 (+38,+29,-3)
    >>38
    誰かと思ったら評論家気取り本人かよ
    40 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:25:32.92 ID:1ZjOYBCG0 (-14,-12,+1)
    >>38
    くっさ
    41 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:29:02.04 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-122)
    チャラ「当たり前だろ!!」

    ドスッ

    「…うぅっ~」

    中学「やばっ、頭から血流れてるよ」

    チャラ「放置しとけば治るに決まってんだろ~ハッハッハッ!」

    その後…忘れ物を取りにきたフツメンに助けられた

    後で聞いた話だが中学女さんは妊娠をし中学を卒業後消息が分からなくなったと

    噂で聞いたのを覚えている


    フツメン「チャラ男の所為だろうな~あれは」

    「…」

    フツメン「おっと、この話はもう止めにしようぜ」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:30:43.43 ID:iLAsoM0Ai (+4,+11,-9)
    フツメンいい奴じゃん
    43 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:32:57.85 ID:owkD+g2h0 (+32,+29,-14)
    >>39
    レッテル貼り
    思考停止
    もうね^^;
    44 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:33:40.39 ID:XNm4REws0 (+28,+30,-40)
    チャラ男やるじゃん


    と思ったが所詮チャラ男だった
    45 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:34:27.37 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-75)
    「フツメンはもう帰るのか?」

    フツメン「ああ、今部活の帰りでな」

    「そういえば…ボクシング部だったっけ」

    フツメン「そうそう!人数少なくて無理矢理入部させられたけど今はハマっちゃってなぁ」

    「疲れてる所悪かったな」

    フツメン「また明日学校で話そうぜ、じゃあな」

    タッタッタ

    「…」

    46 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:35:24.87 ID:4K5SYRpu0 (+25,+29,-5)
    これ男女逆に考えても怖いな
    マジキチでいらっしゃる・・・
    47 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:40:28.41 ID:1ZjOYBCG0 (-2,+7,+0)
    48 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:40:50.89 ID:g3ZNxFKE0 (+95,+30,-127)
    イケメン「もう少しで修学旅行だし楽しみだよな」

    「うん!今から準備しないとね~」

    不安になったイケメンが女と途中まで一緒に帰ることに

    イケメン「バスの座席のことなんだけど…」

    「…」

    イケメン「さっき俺から変更しておいてくれって頼んでおいたから」

    イケメン「男は一番前で先生の隣になると思うぜ」

    「ほ、ホントに?」

    イケメン「ああ、せっかくの修学旅行が楽しくなくなったら意味ないしな」

    「ありがとう…イケメンくん…」

    49 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:42:30.16 ID:KbChlfTV0 (+29,+29,-16)
    イケメンうぜえ と思うのは俺の心が歪んでるからですか?
    50 : 以下、名無しにか - 2012/06/03(日) 14:43:40.30 ID:1ZjOYBCG0 (+30,+29,-1)
    イケメンは女とヤりたいだけだろ
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - およそ750までが本編 + - 一体俺の13時間はなんだったのか + - 二度と書くな + - + - 純粋な愛 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について