のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,564,901人
911,674,566頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:4,276人
4,758頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレまどか「ほむらちゃんとの日々」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - まどほむ + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/05/23(水) 23:46:07.85 ID:rhEt2RCr0 (+115,+29,+1)
    適当に書いていきます
    2 : 以下、名無しにか - 2012/05/23(水) 23:47:41.15 ID:rhEt2RCr0 (+89,+29,-7)
    わたしがほむらちゃんとお付き合いし始めてから一か月。
    思えば色々なことがありました。
    3 : 以下、名無しにか - 2012/05/23(水) 23:47:52.03 ID:9GfJXqT00 (+23,+30,-175)
    長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
    ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にありがとうごさいました!
    パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆さんのおかげです(正直ぎりぎりでした(汗)
    今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーンにおける表現等、これまでの自分の作品の中では一番の出来だったと感じています。
    皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、どのような感情に浸れたのか、それは人それぞれだと思います。
    少しでもこのSSを読んで「自分もがんばろう!」という気持ちになってくれた方がいれば嬉しいです。
    長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き本当に本当にありがとうございました。
    またいつかスレを立てることがあれば、その時はまたよろしくお願いします!ではこれにて。
    皆さんお疲れ様でした!
    4 : 以下、名無しにか - 2012/05/23(水) 23:54:27.09 ID:rhEt2RCr0 (+95,+30,-197)
    例えば、告白されたときのこと。

    あの日はとても暖かかったことを今でも覚えています。
    さやかちゃんが上条くんと帰るようになってから、わたしはよくほむらちゃんと帰っていました。
    時々仁美ちゃんもいたけど、習い事が忙しいそうだったからあまり一緒には帰れなかったけど。

    わたしはあの時からほむらちゃんに憧れていました。
    魔法少女だから、っていう訳じゃなくて、人間性に惹かれていたのかもしれません。
    わたしは自然とほむらちゃんと時間を共にすることが多くなっていました。
    一緒にいると落ち着いて、心が安らぐのを感じていました。

    しかしわたしのほむらちゃんに対する気持ちは次第に分からなくなっていきました。
    さやかちゃんに対するものでもなく、仁美ちゃんに対するものでもありませんでした。
    今思えば、あれが恋する、ってことだったのかな。
    6 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:03:11.52 ID:85Os77Lx0 (+19,+29,-9)
    ほむらの…人間性に?惹かれ…る…?
    7 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:03:21.09 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-100)
    あの日のほむらちゃんはちょっと変でした。
    転校してきた当時のように口数が少なく、色々とぎこちなかったのです。
    わたしがお顔を覗きこもうとするとふっと背けてしまって、会話も続きませんでした。

    無言のまま歩き続けて、そのままいつもお別れする場所に到着しました。
    お別れの挨拶を済まし、振り返ろうとしたその時、ほむらちゃんに呼び止められたのです。
    わたしの手を取って、でもちょっと俯き気味のほむらちゃん。
    いつもの毅然とした様子はなく、頬も赤くなっていました。
    8 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:11:56.66 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-68)
    そして弱々しい声で一言。
    わたしの耳には、確かに「好き」という言葉が届いていました。
    その瞬間、わたしはほむらちゃんが愛おしくてたまらなくなりました。
    わたしを一番大切に想ってくれる人。わたしの一番、大切な人。
    ほむらちゃんへの恋心を自覚した瞬間でもありました。

    「わたしも、だよ」――わたしはそう、返したのでした。
    9 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:23:31.17 ID:GwATeTf60 (-20,-10,+0)
    ほむほむ!
    10 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:25:36.38 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-148)
    あと、こんな出来事も。付き合い始めの頃のこと。

    それはほむらちゃんの家で、5人でお泊り会をしたときのことでした。
    その時はわたしたちがお付き合いしてることは言えなくて、黙っていたんだっけ。
    お付き合いっていっても手を繋ぐくらいのことしかしてなかったけど、それでもちょっと恥ずかしくて。

    昼間にたくさん遊んで、夕方には皆でご飯を食べて、夜には皆で少しお話をして、そんな楽しいお泊り会。
    杏子ちゃんはぐっすり寝てたから、それを見たさやかちゃんとほむらちゃんがいたずらして杏子ちゃん怒ってたっけ。
    マミさんは意外と話すのが好きみたいで、面白い話をたくさんしてくれました。

    皆が仲良く、笑い合ってるのが嬉しかったなぁ。
    その日はとっても幸せでした。
    そしてそれは…夜中のことでした。
    11 : ストロング山根 - 2012/05/24(木) 00:37:57.60 ID:ZT0/c5zv0 (-2,+7,+0)
    12 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:40:28.16 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-195)
    身体が重い。
    そんな違和感を感じてふと目覚めると、目の前にはほむらちゃんの姿。
    パジャマ姿の可愛らしいほむらちゃんが、わたしの上に乗っかっていたのです。
    腕、お腹、脚が密着していて、自由に動くことができませんでした。

    わたしが「ほむらちゃん」と名前を呼ぶ前に、口を塞がれました。
    ――ほむらちゃんの、唇で。
    それは、わたしたちにとっての初めてのキスでした。
    ほんのりと温かいその初めての感触は、今でも忘れられません。
    キスに味なんてないはずだけど、とっても甘く感じました。

    唇が離れて、ほむらちゃんがわたしを見つめます。
    何だか名残惜しくってわたしは目をつぶって唇を前に出しました。
    それに気づいてくれたのか、また唇を重ねてくれました。

    キスを続ける内に部屋には涎が弾ける音が響き始めました。
    わたしとほむらちゃんはどんどん夢中になっていって、皆がいることなんて忘れていました。
    どちらのものか分からないほど涎が溢れ、口の周りを濡らしていって。
    それがわたしたちをさらに昂らせていきました。
    13 : ストロング山根 - 2012/05/24(木) 00:44:56.72 ID:ZT0/c5zv0 (-2,+7,+0)
    14 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:46:47.81 ID:+NvsQnlZ0 (+11,+26,+0)
    ふむ
    15 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:51:11.18 ID:sfGXa0El0 (+2,+12,+0)
    ほう
    16 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:54:01.37 ID:QAy8cYhO0 (+12,+22,+1)
    ほむほむ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 00:58:26.78 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-195)
    全身が熱くなっていって、わたしはびっしょりと汗をかいてしまいました。
    ほむらちゃんも珍しく汗をかいていて、微妙に濡れた長い髪をかき上げながらキスし続けてくれました。
    頭がぼうっとしてきて、くらくらして。
    唇で繋がってる、って意識するだけでどうかしてしまいそうでした。

    その内にほむらちゃんは唇だけではなく、耳も舐めはじめました。
    咥えられて、舌でぺろぺろと舐められて、つい変な声が出ちゃって。

    ほむらちゃんのそれは止まらず、わたしは出てしまう声を必死に押し殺していました。
    やめて、って言ったつもりだったけど出るのは変な声だけでした。

    じゅるじゅると耳にいやらしい音が響いて、身体がぞくぞくと震えてしまいました。
    その攻めもやっと終わり、ほむらちゃんが再びわたしを見つめます。

    わたしの顔は自分でも分かるほど真っ赤で、きっとえっちな顔をしていたんだと思います。
    再びほむらちゃんが近づいてきて、わたしの唇を舐め始めました。

    舌と舌が絡んだらどうなっちゃうんだろう。
    そう思ったわたしは舌をちょっとだけ出してみました。
    するとすぐにほむらちゃんが舐めてきて、その感触にびっくりして思わず引っ込めてしまいました。
    18 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:00:14.19 ID:QAy8cYhO0 (+16,+26,+1)
    ほむほむほむほむほむほむ
    19 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:02:40.84 ID:sfGXa0El0 (+14,+24,+0)
    いいね
    20 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:10:22.58 ID:sfGXa0El0 (-2,+7,+0)
    21 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:12:28.57 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-102)
    ん、とほむらちゃんがまた欲しがる様子を見せたので、もう一度出してみました。
    ちょっとくっついた後、そのまま絡ませあって、舐めあいっこ。
    はぁはぁと息を切らせながらも、それは続きました。
    その甘い時間は舌がとろけしまいそうな錯覚さえ覚えました。

    離れた後も、涎のみがわたしたちを結びつけていました。
    その後もわたしたちは何度も名前を呼び合って、舐めあったりキスしたりされたりの繰り返し。

    明け方まで続けたから疲れちゃって、そのまま抱き合いながら寝ちゃったから、その後の必死の言い訳もむなしく皆にばれちゃったっけ。

    皆最初から関係を知ってたようだったけど、なんで分かったんだろ…?
    22 : ストロング山根 - 2012/05/24(木) 01:13:42.17 ID:ZT0/c5zv0 (+19,+29,+0)
    いいねいいね
    24 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:23:04.00 ID:hxWUCghUO (-7,+7,+0)
    25 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:24:06.59 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-104)
    あと、こんなことも。

    ある日の放課後のこと。
    日直のお仕事でちょっと遅くなっちゃった時のことでした。

    空はすでに西日が射していて、ちょっとだけ暗くなりかけていました。
    用事を終えて職員室から教室に鞄を取りに行くと、そこにはほむらちゃんがいました。

    待ってくれていたらしく、座りながら本を読んでいました。
    わたしに気付くと本を置いて微笑んで、お疲れ様、と声をかけてくれました。

    優しいわたしのほむらちゃん。
    細かい所まで気を使ってくれて、しかもさりげなくやってくれるから、大好き
    待ってくれてありがと、って返して鞄を持とうとした時、ほむらちゃんが近づいてきて。
    何も言わずにわたしを後ろから抱きしめてくれました。
    26 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:24:31.24 ID:QAy8cYhO0 (+16,+26,+1)
    ほむほむほむほむほむほむ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:26:10.86 ID:VS+fOmIS0 (+11,+21,+0)
    これは速報でやったほうがいい
    28 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:32:55.20 ID:6Xk4fy2g0 (+19,+29,+0)
    うぇひぃ
    29 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:34:38.50 ID:1ZswgonE0 (+17,+27,-4)
    こんだけ遅いと落ちるぞ
    速報行け
    30 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:35:31.83 ID:GwATeTf60 (+24,+29,+0)
    頑張って続けて欲しい
    31 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:39:42.90 ID:QAy8cYhO0 (-25,-30,-127)
             __,{、_,ノ,ヒr;;;';; - '゙゙゙゙` ヽ 、        ,.へ
      ___    ソ ー -<;;イ ,        } 、      ム  i
     「 ヒ_i〉 二ァ r{\ ,/  / /  /   ,、ヽ ヽ、     ゝ 〈
     ト ノ  ー-Krヽ,Y l  l /__ イ  / ゙!   ヽ、    iニ(()
     i  {     r{ {__|r| .l  |i .,.へ|イ   -i   i.|    |  ヽ
     i  i      {u人、 l/!__-    ニ、|v  l |   i   }
     |   i   r=ニ<vrヾi      ,  ヒア/ / ノ/__,. {、  λ
     ト-┤.  ト- 、  `ヽ、`   、 _ ,   ィ,.ノ/__/,ノ  ̄ ,!
     i   ゝ、_ ー,. >- .vヽ 、     _ ,. イ=<_/,/-- '´ハ   ,!
    . ヽ、    ``<´___ \=.、`fニ´'ti i  ,.r/" \  ヽ/
       \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
           ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
            `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
         / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
         | 答 |       百合は素晴らしい     │|
         \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ
    32 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:42:57.32 ID:q0YQwXrvO (+4,+19,+0)
    ほむ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:43:07.49 ID:6Xk4fy2g0 (+23,+28,+0)
    落としてたまるかい
    34 : すいません回線落 - 2012/05/24(木) 01:47:11.57 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-103)
    外で運動部の人たちが声を張り上げるのが、少しだけわたしの耳に聞こえてきました。
    それとは逆に教室内はとても静かでした。
    鼻を押し付けて、すんすんと匂いを嗅ぐほむらちゃん。
    ちょっと照れくさかったな。
    でもわたしに甘えてくれるその姿がとっても可愛くて大好きです。
    普段のほむらちゃんとギャップが違うからか、一層可愛く見えて愛おしく思うのです。

    ほむらちゃんが離れると同時に、わたしもほむらちゃんに抱きつきました。
    本来ならその日はほむらちゃんの家に行くはずでしたが、我慢できなくなっちゃっていました。
    ほむらちゃんの感触。匂い。全部大好き。
    ちょっとだけ背伸びして、軽くほっぺにキス。
    夕日のせいか、それのせいか、ほむらちゃんの顔はいつもより赤くなっていました。
    35 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:47:21.20 ID:QAy8cYhO0 (+8,+18,+0)
    ほむっほむっ
    37 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:57:19.20 ID:6Xk4fy2g0 (+24,+29,-3)
    やはりキスはいいものだな
    38 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 01:59:16.20 ID:GheR+fyC0 (+50,+30,-134)
    その後わたしたちは教室の隅っこに座って、身体を寄せ合いました。
    下校時間のアナウンスが入って、先生が見回りに来るまでは少し時間がありました。
    わたしの頭を優しく撫でてくれるほむらちゃん。
    他愛もないお話をしながら、心地良い時間は過ぎていきました。

    やがて下校のアナウンス。
    立ち上がろうとするほむらちゃんに、待ったをかけて。
    さっきとは違う方のほっぺに軽くキスをしました。
    するとほむらちゃんもわたしのおでこに軽くキス。

    二人で微笑みあって、最後に唇にキス。
    幸せそうに微笑んでくれたのが、とっても嬉しかったです。
    39 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:01:05.51 ID:GheR+fyC0 (+44,+29,-17)
    ネタ切れしました
    風呂落ちします
    よかったら何かネタをください
    40 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:03:04.05 ID:GwATeTf60 (+16,+21,+0)
    とりあえずデートが必要!
    41 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:03:34.44 ID:tupcmCwN0 (+16,+26,+0)
    守る
    42 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:11:12.93 ID:oEZscNcB0 (+32,+29,-3)
    帰り道でこっそりキスとか、良いんじゃないでしょうか
    43 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:12:07.08 ID:GwATeTf60 (+29,+29,-13)
    ふたりきりのお泊りって素敵だとおもう
    44 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:15:16.40 ID:6Xk4fy2g0 (+24,+29,+0)
    定番の保健室ネタをですね
    46 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:30:36.31 ID:TirjJmjO0 (-16,-11,-3)
    とりあえず支援だな
    47 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:33:42.70 ID:GheR+fyC0 (+44,+29,-5)
    すいません文が思いつかないので寝ます…
    保守お願いします








    48 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:34:10.45 ID:nj7fT6sw0 (+24,+29,-15)
    まさかのほむほむがデマさんに寝取られる展開…
    49 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:35:10.83 ID:Q7wyVqUS0 (+6,+16,-13)
    だから速報でやれって
    50 : 以下、名無しにか - 2012/05/24(木) 02:50:11.36 ID:TirjJmjO0 (+24,+29,+0)
    どういうことだオイ…
    1 2 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - まどほむ + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について