のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,563,671人
911,673,227頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:3,019人
3,419頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「アイドルゲットだぜ!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 19:48:31.07 ID:jFm1N6TD0 (+110,+30,+0)
    2 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 19:49:50.77 ID:QyyRLTsT0 (+18,+28,-1)
    空白は甘え
    3 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 19:51:10.80 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-90)
    前回の最後に次はやよいと伊織だと言ったな。

    あれは、嘘だ。

    いや、いずれゲットするとは思うが、タイミング的に亜美と真美を先に手に入れる事にした。

    何故かって?

    タイミングだよ、タイミング。

    奴らは誕生日だから、デートしろと言ってきた。

    明日は平日だが、学校が創立記念日で休みらしい。

    これを逃す手はない。

    まさにカモネギだ。
    4 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 19:55:01.72 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-48)
    誕生日にデートしてくれ、なんて脈ありどころじゃない。

    犯して欲しいと言ってるようなものだ。

    奴らの望み通りにデートの後でズコバコしてやる。

    しかし、俺はロリコンではない。

    あんな、ロリを喰っちまうなんて、俺でもさすがに躊躇ってしまう。
    5 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 19:55:49.85 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-61)
    小鳥は腐りかけだから全く問題ない。

    春香と千早も高校生だ。

    未成年とやるのはあまりよろしくないが、肉体的には問題ない。

    しかし、双子は中学生だ。

    体も未成熟だし、犯罪だ。

    あんな、幼い体を劣情で穢して良いものか、と一晩悩んだ。
    6 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 19:57:25.55 ID:DsuveAwfO (+19,+29,+0)
    おい





    やよいおりおい
    7 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 19:59:10.14 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-75)
    しかし、これもアイドルマスターになるためだ。

    それに、さっさと馬車馬生活から抜け出したい。

    今は書類仕事は全部小鳥にやらせてるが、その他は自分でやるしかない。

    二人には悪いが犠牲となってもらうとしよう。

    亜美「ねぇ、兄ちゃん。誰と話してるの?」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:03:07.80 ID:QyyRLTsT0 (+24,+29,-10)
    見てないうちに進んでたでござる
    9 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:05:13.87 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-79)
    P「なんでもない。ただの独り言だ」

    真美「変な兄ちゃん」

    P「ほら、明日はデスティニーランドに行くんだろ?早く帰れよ」

    デスティニーランドは二足歩行するネズミがマスコットのテーマパークだ。

    そんなところに行きたくないが、これもアイドルマスターになるためだ。
    10 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:07:37.73 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-107)
    亜美「ちぇ。兄ちゃんともっと一緒にいたいのに」

    真美「明日は思いっきり遊ぶから、覚悟しててよね」

    P「分かったから。明日寝坊するなよ」

    真美「今日は緊張して寝れないかも」

    亜美「明日で大人の階段を登っちゃうかもしれないしね……」

    P「アホな事言ってないで、さっさと帰れ」

    双子はキャーキャー言いながら帰っていった。
    11 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:08:50.65 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-37)






    P「ふう……俺も明日は久しぶりに遊ぶか」

    休みらしい休みを取るのはいつぶりだろうか。

    それもこれも小鳥のおかげだ。

    P「というわけで、明日は頼むぞ、小鳥」

    そう言いながら、ポケットの中に入れたリモコンのスイッチを入れた。
    12 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:11:22.59 ID:ltx8952y0 (+19,+29,-1)
    いつぞやの続きかしえん
    13 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:12:16.78 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-69)
    小鳥「はうっ!……ぁあぁ!ぁああ……」

    小鳥の調教は順調だ。

    なつき度は既にMAXで従順なメスとなっている。

    しかし、まだ挿入はしていない。

    愛撫だけで狂ったようにイキまくるからな。

    俺は、楽しみは最後までとっておくタイプだ。
    14 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:14:13.21 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-48)
    ただ、処女を他の男に取られても嫌なので、貞操帯をつけさせていた。

    今日は丁寧な言葉使いで責めるとするか。

    P「今日で何日めでしたっけ?」

    小鳥「……7日目です……」

    P「へぇー……一週間も洗ってないんですか?あそこ」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:17:12.43 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-36)
    小鳥「だって、鍵が……」

    貞操帯の鍵を持ってるのは俺だ。

    もちろん、開けてやるつもりもない。

    P「さぞや、悪臭を放ってるでしょうね」

    仕事している時に、中に仕込んであるバイブで遊ぶのが最近の日課だ。
    16 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:18:34.54 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-81)
    椅子を軋ませながら、身悶えする小鳥を見るのは実に楽しい。

    P「あれ?もしかして、イキそうなんですか?」

    小鳥は全身を震わせている。

    小鳥「お願いします!イカせて下さい!」

    股間を両手で抑えながら、懇願してくる。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:20:57.49 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-75)
    一週間寸止めでイカせないように気をつけてたから、かなり溜まってるだろう。

    俺はスイッチを切った。

    小鳥「そんなぁ……」

    小鳥はまたイカせてもらえないとわかると、すすり泣き始めた。

    P「そんなに、イキたいんですか?」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:21:06.90 ID:st8XgR8XP (+12,+27,+2)
    うんこぶりぶり
    19 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:22:29.65 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-88)
    小鳥「だって、もう一週間も焦らされてるんですよ……」

    涙を目に溜めて、上目遣いに俺を見る小鳥の顔は嗜虐欲を掻き立てる。

    P「じゃあ、デスクの上でM字開脚してください」

    小鳥は靴を脱ぐとデスクに登り、恥ずかしそうに足を開いた。

    いやらしい格好をして恥ずかしいのか、顔を背けた。
    20 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:29:27.44 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-58)
    パンツの上から貞操帯が見える。

    その貞操帯で股間が若干盛り上がっているのがまた良い。

    この厚さなら、摩擦が伝わることはないだろう。

    自分で慰めようにも、慰めようがない。

    こんな状態で一週間もよく持ったものだ、と感心する。
    21 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:30:55.81 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-71)
    俺だったら、三日で我慢の限界がくるだろう。

    しかも、洗えないから中は一週間分の汚れが溜まっている。

    さぞかし、悪臭を放ってることだろう。

    俺は小鳥の股間に顔を近づけた。

    P「……ガハッ!ゲホッゲホッ……!」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:32:29.43 ID:rD0s1egI0 (+0,+15,+0)
    前の続きか
    23 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:34:17.84 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-55)
    あまりの刺激臭にむせてしまう。

    これは、想像以上だ。

    一週間も熟成されて凄まじい臭いを放っている。

    小鳥は恥ずかしいのか、両手で顔を覆った。

    P「すごい酸っぱい臭いがしますね」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:36:34.14 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-49)
    P「それに、少しアンモニア臭も……こんなに臭いのは始めてです」

    P「顔を近づけただけで目が痛くなりましたよ……」

    P「ドブだってここまで臭くないですよ?」

    小鳥「プロデューサーさんが洗わせてくれないから……」

    P「それにしても、臭すぎませんか?」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:38:13.06 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-73)
    P「貞操帯の内側についた愛液とか尿が発酵してるんじゃないですか?」

    小鳥「言わないでください……そんな事」

    小鳥は声を詰まらせながら言った。

    しかし、内心では喜んでいるのだ。

    P「一週間洗ってない股間の臭いを男に嗅がれて喜んでるんですよね?」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:38:38.31 ID:L4xSUkll0 (+2,+12,+0)
    ほう
    27 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:40:44.62 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-70)
    小鳥「ち、違います!そんな変態じゃありません!」

    小鳥は必死に首を横に振った。

    別にどっちでもいいけど。

    俺は、今度はリモコンのスイッチを弱にする。

    小鳥「あぁ……だめ!もっと!もっと強くしてください!」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:42:28.87 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-48)
    小鳥は刺激が足りないのか、M字開脚のまま、前後に腰を振る。

    笑ってしまうほど無様だ。

    膝の下から腕を通して、小鳥を抱えた。

    駅弁の形になる。

    俺は、俺のポケモンを取り出すと、小鳥の股間にあてがった。
    29 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:48:21.98 ID:nNbUhQhq0 (-28,-18,+0)
    はよ
    32 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:55:12.57 ID:jFm1N6TD0 (+88,+30,-63)
    小鳥は俺にしがみついて、必死に股間を俺のポケモンに擦りつけている。

    恥垢に塗れた女性器はさぞグロテスクだろう。

    直接入れたら病気になりそうだ。

    というわけで、今回も挿入はしないでおこう。

    パンツの柔らかさと共に貞操帯の硬さを感じる。
    33 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 20:57:42.16 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-71)
    どんなに小鳥が必死に腰を振っても俺が気持ちいいだけで、小鳥は全く気持ちよくなれない。

    しかし、バイブの弱い刺激だけじゃ満足できない小鳥は勝手に腰が動いてしまう。

    小鳥「……ううっ……」

    小鳥は泣きながら腰を降り続けている。

    気持ちよくなれないと分かっていても腰を振ってしまう姿は猿みたいだ。
    34 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:00:30.51 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-71)
    どんなに小鳥が必死に腰を振っても俺が気持ちいいだけで、小鳥は全く気持ちよくなれない。

    しかし、バイブの弱い刺激だけじゃ満足できない小鳥は勝手に腰が動いてしまう。

    小鳥「……ううっ……」

    小鳥は泣きながら腰を降り続けている。

    気持ちよくなれないと分かっていても腰を振ってしまう姿は猿みたいだ。
    35 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:01:07.07 ID:jFm1N6TD0 (+72,+22,+0)
    うわ、ミスった
    36 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:01:56.73 ID:jFm1N6TD0 (+80,+30,-46)
    だんだん、射精感が高まってくる。

    P「そろそろ、出しますよ」

    小鳥「待って……まだ、イカないで!」

    俺は貞操帯とパンツの間にポケモンを差し込むと思いっきり射精した。

    小鳥を抱えたまま絶頂に達した。
    38 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:03:36.33 ID:L4xSUkll0 (+7,+24,+1)
    エロい
    39 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:03:44.46 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-60)
    ソファの前まで、小鳥を運ぶ。

    そのままソファの上に投げ捨てた。

    P「ふぅ……気持ち良かったですよ。音無さん」

    小鳥「また……はあ……はぁ……」

    小鳥はまたイケなくて泣いていた。
    40 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:04:41.29 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-55)
    小鳥「プロデューサーさん……いれて……いれてください……」

    小鳥は息を荒くして舌を出しながら、おねだりする。

    P「お預けです。あと一週間我慢できたら考えてあげますよ?」

    小鳥「一週間も我慢できません!!」

    P「そうですか。なら、一生そのままですね」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:05:16.61 ID:jFm1N6TD0 (+85,+30,-43)
    小鳥は絶望した顔をする。

    諦めきれず、ソファの上で股間を擦っている姿は無様で惨めで愛おしくなってくる。

    俺は荷物を持つと、小鳥を放置したまま家路についた。
    42 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:05:45.92 ID:jFm1N6TD0 (+28,-26,+0)






    キング・クリムゾンッ!








    43 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:06:04.23 ID:k/NDmeKli (+12,+27,+1)
    よーし
    44 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:06:58.18 ID:wdTWEDRo0 (+25,+30,-16)
    音無さんの扱いをよく分かってるPだ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:10:38.26 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-58)






    夕食を食べ終えて店から出るとあたりは、すでに薄暗くなっていた。

    亜美と真美との誕生日デートは順調に進んだ。

    今日のイベントはほぼ終了だ。

    メインイベント以外は。

    二人には親に友達の家に泊まると連絡させてある。
    46 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:12:31.10 ID:fMr31fhn0 (+29,+29,+0)
    他のアイドルにもキングクリムゾンしたら赦さない
    47 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:12:55.47 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-32)
    抜かりはない。

    あとは、このまま俺の家に連れ込むだけだ。

    亜美「いやー、今日は楽しかったね!兄ちゃん!」

    P「俺はかなり疲れたぞ……」

    真美「えー、まだまだいけるよー」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:14:37.76 ID:jFm1N6TD0 (+90,+30,-37)
    今日は平日ということもあってデスティニーランドは空いていた。

    おかげで、相当な回数アトラクションに乗ることになった。

    俺はもうふらふらだった。

    それに比べて双子は元気だ。

    これが若さか……
    49 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:16:24.57 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-66)
    時の流れの早さに愕然とする。

    ついこの前まで俺も学生だったのに。

    だんだんおっさんになりつつあるらしい。

    亜美「ふふっ。メインイベントはこれからでしょ?真美?」

    真美「ふふふ、確かに。そうだよね?兄ちゃん」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/05/22(火) 21:19:08.00 ID:jFm1N6TD0 (+95,+30,-63)
    P「それで、このあとはどうする?」

    もちろん、俺の家に連れ込むがな。

    真美「兄ちゃんの家に行こうよ!」

    P「わかったから。そんなに抱きつくなよ」

    二人とも、俺の両腕にしがみついて胸を押し当ててくる。
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について