のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,528,229人
911,633,210頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:1,453人
1,666頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレコナン「探偵をやめて犯罪者になる」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - カオス + - キャラ崩壊 + - モバマス + - ヤンデレ + - 変態 + - 神SS + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:58:13.44 ID:D1nij4ju0 (+125,+30,-89)
    最近、身の回りで全く殺人事件が起こらない。
    ゆえに俺は退屈し、そして真実を悟ったのだ。

    『探偵の敵は犯人などではなく――退屈である』と。

    ――だから俺は、非日常を求めて阿笠博士を訪れた。

    『犯罪者がいないなら、犯罪者になればいいじゃろ?』

    ――ああ。その通りだぜ、博士。
    2 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:58:52.73 ID:BOQhdm5Si (+19,+29,-4)
    逆転裁判みたいなやっちゃな
    3 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:59:34.19 ID:DFg75hF70 (+17,+29,-14)
    博士黒幕説wwww
    4 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:59:35.98 ID:eGLjmnJ40 (+25,+27,-17)
    Q.探偵に必要なものは?

    A.事件


    って黒いラブレターであったな
    5 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:01:25.01 ID:D1nij4ju0 (+92,+30,-141)
    ◆8時20分://帝丹小学校/教室◆

    【清々しい朝、元・探偵は登校を完了する】
    【彼の心に迷いはなく、ただスリルを求めた】

    歩美「あっ、おはよーコナン君♪」

    コナン「おはよう、歩美ちゃん」スッ

    歩美「ッ!?///」ピクッ!

    【挨拶際に、歩美の胸を軽くタッチ】
    【その表情から――処女を確認した】

    歩美「も、もう……コナン君のえっちー……」アハハ

    【日常を壊さぬよう、愛想笑いする少女】
    【だが犯罪者は、構うことなく続ける――】

    コナン「今日の昼休み、男子トイレで待ってるから……」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:04:03.70 ID:JWaSefYC0 (+65,+30,+0)
    7 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:05:49.41 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-132)
    【戸惑う歩美を背に、席につくコナン】
    【隣には灰原哀――改めて美少女だった】

    灰原「……おはよう、江戸川君」

    コナン「おう。相変わらず眠そうだな」

    歩美と違って、灰原は俺に惚れていない。
    ゆえにセクハラは遠慮しとくべきだろう。

    灰原「最近事件がなくて平和ね」

    コナン「え? あ、ああ……」

    灰原「ふふっ……少し物足りないんじゃない?」

    コナン「バーロー。んなわけねーだろ」

    コナン「今までが……異常すぎたんだ……」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    歩美「……」 光彦「……」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:06:27.84 ID:n4UUCJn70 (-18,-18,+0)
    >>5
    はよ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:08:52.68 ID:DFg75hF70 (-5,+6,-1)
    子淵
    10 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:09:35.99 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-114)
    ◆吉田歩美◆

    何だかコナン君……今日は様子が変だな。
    まさか、いきなり胸を触ってくるなんて……。

    別に嫌じゃないけど……唐突すぎるよ。
    それに、昼休みに男子トイレって何だろう。

    2人きりになれて嬉しいのに……何だか怖いな……。


    ◆円谷光彦◆

    灰原さんとコナン君、今日も仲がよろしいですね。
    いくら席が隣だからといっても、話しすぎですよ……。

    まさか2人は、既に付き合ってるんでしょうか?

    ……こうなったら、会話を盗聴する他ないですね。
    昨日完成した、この《探偵バッチ・改》を使って――。
    11 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:11:13.78 ID:Y9ApueW00 (+27,+29,-3)
    さすがvipの光彦
    最初から飛ばしてるな
    12 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:12:11.65 ID:cFs0IGSR0 (+18,+28,-14)
    光彦イコール新一
    13 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:12:21.54 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-116)
    ……
    ………
    …………

    ◇昨晩://円谷家/光彦の部屋◇

    【そこにはキーボードを打ち込む光彦がいた】
    【恐ろしいほど、洗練されたストロークである】

    『カタカタカタ……ッタン!』

    光彦「ふぅ……これでコーディング完了……」

    光彦「あとはハードに書き込むだけで――」

    光彦「めでたく、《探偵バッチ・改》の完成です!!」

    ●用語解説《探偵バッチ・改》●
    対象バッチのマイクをステルスに起動させ、
    そこで拾った音声を、受信することが可能。

    そう――まさに、《盗聴器》である。
    14 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:15:59.17 ID:D1nij4ju0 (+107,+30,-171)
    光彦「さて、作業も終わったことですし――」

    光彦「昨日始めたSNSで暇つぶしでもしますか」

    『カチカチッ――』

    -----------[Internet Explorer]-----------
    -------------[Yagoo! Japan]-------------

    光彦「ん? 今日のYagooニュース……」

    『うなぎ絶滅……各地で悲嘆の声』
    『行方不明の工藤新一、実は生きてた!?』
    『いよいよ明日、米花ビルでタイムマシン発表会』
    『怪盗キッド犯行予告、次なる狙いは“時間”?』

    光彦「何だか凄い記事ばかりですねぇ……」

    >『行方不明の工藤新一、実は生きてた!?』

    光彦「……特にこれなんて……フフフッ……」ニヤリ

    …………
    ………
    ……
    15 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:18:50.78 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-122)
    ◆8時30分://帝丹小学校/教室◆

    『キーンコーンカーンコーン♪』『ガラガラ……!』

    小林「みなさん、おはようございまーす」

    \おはよーございまーす!/ 歩美「……」

    小林「今日は金曜日だから、頑張って勉強しようね!」

    \はぁ~~い!/ 歩美「……」

    小林「あら、吉田さん。具合でも悪いの?」

    歩美「えっ……あっ……んーん、大丈夫だよ先生♪」

    小林「そう? ならいいけど……あれ? 小嶋君は?」

    光彦「そういえば元太君、まだ来てないようですが……」

    小林「……おかしいわねぇ……遅刻かしら……?」

    【この時の小林はまだ、知る由もなかった】
    【小嶋元太の不在――その空席の示す意味を……】
    16 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:22:20.91 ID:D1nij4ju0 (+105,+30,-254)
    ◆そして何事も無く、1時間目の授業が始まった――◆

    『カッカッカッカ……』

    小林「――であるから、5+6は――」

    灰原「……」 コナン(……)チラッ

    灰原「……ちょっと……何見てんのよ?」

    コナン「あ、いや……お前ってやっぱり美人だなぁって」

    灰原(……ッ!?)ドキッ

    灰原「……ね、熱でもあるんじゃないの?」プイ

    光彦(おっと……盗聴器から私語を確認――)

    光彦(一体、どんな会話をしてるんでしょうかね)ニヤリ

    【変態ストーカーは、《探偵バッチ・改》に耳を傾ける】

    コナン「ったく……ちょっとは素直になれよな」

    灰原「おだてたって、解毒剤の試作品は渡さないから」

    コナン「バーロー。んなもん欲しかねーよ」

    光彦(……解毒剤? なんのことでしょうか?)
    17 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:27:19.32 ID:D1nij4ju0 (+93,+30,-146)
    灰原「あら、早く彼女に会いたいんじゃないの?」

    コナン「彼女……? ああ、蘭のことか……」

    コナン「……別に会いたくなんてねーよ……」

    だってアイツ、ブスの癖に重いし……それに――


    コナン「俺は蘭より、お前の方が好きだから……」

    灰原(……ぇ……?)ドキッ


    コナン「なんつーか……最近よく思うんだ……」

    コナン「こうやってお前の隣にいれるなら――」

    コナン「一生コナンのままでも、悪くねーなって……」

    灰原(……ッ!)ドキドキッ

    灰原「な、何馬鹿なこと言ってんのよ……」プイッ

    光彦(……ッ……!?)ピクッ

    光彦(……こ、この展開は……!!)
    18 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:31:21.78 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-130)
    ◆円谷光彦◆

    ふふっ――聞きましたか、皆さん?
    コナン君、僕が盗聴してるとも知らずに――

    光彦(灰原さんに告白して、見事振られましたよ……!!)ニコッ

    つまり……『2人が付き合っていた』という事実はなく、
    『灰原さんはコナン君に惚れていない』ということです!

    光彦(しかし、それはそれで良かったんですが……)

    光彦(いくつか気になる発言があったのも事実です……)

    特にコナン君が言った、『一生コナンのままでも』。
    あれって一体……どういう意味なんでしょうか?

    まるで『コナンが仮の姿』だと言わんばかりですが……。
    19 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:35:12.85 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-81)
    ◆灰原哀◆

    まったく……突然何を言い出すかと思えば……

    灰原(でも工藤君……本気なの……?)

    彼女より、私の方が好きだなんて……。

    灰原「……」カキカキ

    いや……騙されちゃダメ……!
    きっと何か狙いがあるのよ。

    じゃないと、私みたいな暗い女に、
    彼が好きだなんて、言うはずないわ……。

    ふふっ……ばかね……。
    私ったら、何勘違いしてるのかしら……。
    20 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:36:46.45 ID:Y9ApueW00 (+20,+29,-4)
    光彦頭いいけど馬鹿だな
    21 : 忍法帖【Lv= - 2012/05/19(土) 21:37:34.26 ID:4hSAoAaR0 (+22,+29,-3)
    笑わずにいられないwwwwww
    22 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:39:41.93 ID:D1nij4ju0 (+93,+30,-173)
    ◆江戸川コナン◆

    コナン(『何馬鹿なこと言ってんの』……か……)

    ……ハハッ……これで確信したぜ……。
    やっぱり灰原は……俺に惚れてないんだな……。

    灰原「……」カキカキ

    けっ――冷静に授業なんて受けやがって……。
    どうせお前はジンのことが好きなんだろ……!?
    俺はお前のことが好きなのに、何でなんだよ!?

    コナン(ふん。まぁいい。俺は犯罪に目覚めたんだ!)

    そもそも、『好かれてないからセクハラをしない』なんて、
    考えてみれば、犯罪者にあるまじき保守的思考だぜ。

    俺はスリルを得たいから犯罪者になったんだろ?
    だったら危険を恐れるなんて、本末転倒じゃねーか!!

    コナン(よって俺は今から、灰原の胸を揉みしだく!)

    小1の割りに膨らんだ、その生意気なおっぱいをな!
    23 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:42:47.17 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-94)
    ◆9時40分://帝丹小学校/教室◆

    教室は相変わらず、雑音で溢れている。
    まぁ当然だな。金曜日の小学1年生に、
    集中力なんて、残ってるはずがない。

    コナン(そして俺たちの席は一番後ろ――)

    ふっ……絶好の痴漢環境だぜ。

    灰原「……」カキカキ

    コナン「」ゴクリ

    コナン(クックック……そのまま動くなよ……)

    【犯罪者は、灰原の胸に手を伸ばす……】
    24 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:46:04.32 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-149)
    灰原「な、なによ?」ピクッ

    コナン「ッ!?」

    チッ……気づかれちまったか。
    だがここで怯むようでは犯罪者が廃る!

    コナン「おい灰原……声出すんじゃねーぞ……」

    灰原「……?」

    コナン「今からオメーの乳、揉むんだからよ……!」

    灰原「……えっ?」

    『もみもみっ……!』

    灰原「ッッッッ!!?//////」

    灰原「ちょッ……!! 工藤君……えっ……!!?///」モミモミ

    光彦(なっ!! 何してるんですかコナン君ッ!!?)
    25 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:50:44.30 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-158)
    【痴漢に気づいたのは光彦だけだった】
    【小林は最前列の生徒に足し算を説いており、】
    【その他の生徒は前後左右で雑談していた】

    光彦(これはマズイ……マズイですよ!!)

    コナン「ふっ……小1の癖にブラしてんだな……」モミモミ

    灰原「ちょっとやめっ……んっっっっっ……!!!///」

    【片手で灰原の口を塞ぐコナン】
    【明らかに犯罪者の目をしていた】

    コナン「おい……誰が叫んでいいっつったよ? あ?」

    灰原「~~~~~~~~~~~ッ!!///」バタバタ

    光彦(い、今すぐやめさせないと……!)

    【叫ぼうとする光彦――その瞬間】

    『キーンコーンカーンコーン♪』

    光彦(はっ……! 終業のチャイム……!!)
    26 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:54:27.65 ID:D1nij4ju0 (+60,+30,-216)
    子A「やったー休み時間だー!!」ドダダダダ

    子B「みんな! 運動場でドッジやろうぜ!!」ドダダダダ

    子C「えぇー、次の時間、体育館に移動じゃん」

    子B「あ、そーだった! すっかり忘れてたー!!」

    子E「ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」ブラーン

    子達「きゃあああああああああああああああああ!」

    子F「ちょっ、お前! ちんこ丸出しで机に立つなよ!」

    小林「こらE君! 机から降りて、ズボンを履きなさい!」

    光彦(くっ……騒々しいな! ってあれ……?)

    光彦(ふ、二人が居ない!? 一体どこに……!?)キョロキョロ

    歩美「光彦君……なにキョロキョロしてるのー?」

    光彦「歩美ちゃん! コナン君と灰原さん知りませんか!?」

    歩美「えっ……そこにいるんじゃ……あれ? いない……」

    光彦(クソッ……! ちょっと目を離した隙に……)
    27 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:58:18.49 ID:K/YRwl6s0 (+22,+29,-4)
    小林先生がこのアニメで一番かわいい
    28 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 21:58:34.98 ID:D1nij4ju0 (+23,+30,-199)
    ◆9時45分://帝丹小学校/廊下◆

    『タタタタタッ……!!』

    灰原「痛っ……引っ張らないでよ!!」

    コナン「うっせーな! 黙って俺について来い!」グイッ

    コナン「今からお前を《レイプ》すんだからよ!!」

    灰原「……ぇ……?」ゾクッ

    灰原(ま、まさか……工藤君が私に告白してきたのって――)

    灰原(――私にそういうこと……したかったから……?)

    コナン「おいおい、どうした!? レイプが怖いか!? ん?」

    灰原「くっ……あなたが……そんな人だったなんて……!」グスン

    コナン「ハハッ、泣きだすとかw 糞ビッチが被害者面かよ!?」

    コナン「お前が俺を振ったのが悪いんだろが!! あぁッ!?」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    光彦(そうだ……こんな時こそ《探偵バッチ・改》で……)

    光彦(……ん? これは……廊下を走る音……!!)タタタ
    29 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:01:55.96 ID:D1nij4ju0 (+93,+30,-178)
    『ガラガラッ……!』

    光彦(あっ……いましたっ……階段のところっ……!!)

    光彦「コナン君!! 灰原さんを放してください!!」タタタタッ

    灰原「つ、円谷君……!?」グスン

    コナン「なっ!? 光彦ッ――!?」

    馬鹿な! 教室を出る瞬間、奴に見られてたのか!?
    クソッ! どさくさに紛れて出てきたはずなのに……!!

    光彦(よしっ……コナン君は、灰原さんで手一杯……)

    光彦(今なら僕でも……コナン君を倒せます!!!)タタタタッ

    コナン(やべぇ……! こっちに来る……!!)

    光彦「はああああ!!! ヤイバーキィィィック!!!!」

    『ドスッッッッ!!!!!!!!』

    コナン「ぐはっ……!!!!」バタッ
    30 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:05:55.05 ID:DFg75hF70 (+22,+29,-3)
    あゆみはどーしたんだ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:08:38.60 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-130)
    コナン「……光彦……て……めぇ……!」

    光彦「……はぁ……はぁ……」

    光彦「大丈夫でしたか……灰原さん……」ハァハァ

    灰原「ええ……ありがとう……円谷君……」グスン

    光彦「……ぁ……///」

    【光彦の胸に、顔を埋める灰原】
    【それを見て、歯を噛んだのはコナン――】

    コナン(クソッ!! このソバ飯野郎っ……!!!)

    コナン(あんまり俺を……甘く見るなよ……!!!)

    【――犯罪者は、ふらふらと立ち上がった】
    32 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:14:46.13 ID:D1nij4ju0 (+98,+30,-237)
    コナン「ふっ……これは貸しにしとくぜ……光彦……」ニヤリ

    光彦「……えっ……貸し……?」

    コナン「ハハッ……お前は俺を生贄にしたんだ――」

    コナン「灰原を不幸にしたら……承知しねぇからな……」ニヤリ

    光彦「……はっ……(そ、そういうことですか……!)」

    そのセリフだと僕が――『コナン君に灰原さんを痴漢させ、
    さらに彼女を助けることで自分の評価を上げようとした、
    とんでもない下衆人間』――ってことになってしまいます……!!

    光彦(ッッ……! 何と卑劣な手口でしょうか……!)

    灰原「……ねぇ円谷君……まさかあなた……」

    光彦「騙されちゃいけません! 犯罪者の戯言ですから!」

    コナン「灰原……演技とはいえ、悪かった……」ボソッ

    光彦(くっ……! このジョークメガネ……!)

    コナン「……2人とも幸せにな……」タタタタタ

    光彦「あ……! 待……!!」 灰原「……」

    【盗聴犯は傷ついた姫を抱えていたため、】
    【去る痴漢者を追うことができなかった――】
    33 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:20:14.29 ID:Y9ApueW00 (+22,+29,-1)
    そういえばどっちも犯罪者だった
    34 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:20:38.15 ID:D1nij4ju0 (+86,+30,-196)
    ◆2時間目(体育)://帝丹小学校/体育館◆

    光彦「あの……コナン君のことですが……」

    灰原「大丈夫よ……私はあなたの方を信じてるから」

    光彦「あ……ありがとうございます……///」

    灰原「でも円谷君……聞きたいことがあるんだけど」

    光彦「聞きたいこと……? 何ですか灰原さん」

    灰原「あなた、さっき私を追ってきてくれたとき――」

    灰原「手に探偵バッジを持ってたわよね?」

    光彦「」ピクッ

    光彦「え、ええ……でも、それがどうかしたんですか?」

    灰原「実はあなたの胸に顔を埋めてた時――」

    灰原「“そのバッジからも”、江戸川君の声が聴こえてきたのよ」

    光彦「……ッ!?」ドキッ

    灰原「ねぇ答えて……どうして円谷君――」

    灰原「――江戸川君と、通信なんかしてたのかしら?」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:25:06.64 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,+0)
    光彦「そ、それはきっと……コナン君の罠ですよ」

    光彦「彼のバッジと僕のバッジを通信状態にして――」

    光彦「僕を痴漢劇の共犯者に仕立てるつもりだったんでしょう」

    灰原「バッジを遠隔操作で起動させるなんて出来ないはずだけど?」

    光彦「いや、可能ですよ。博士の設計には穴がありまして――」

    灰原「……穴?」 光彦「あ、いや……なんでもありません……」

    光彦「多分、僕が無意識に電源を入れてしまったんでしょうね……」

    灰原「あらそう……まぁどちらにせよ、問題はそこじゃないわ」

    灰原「問題なのは、あなたがバッジを《手に持ってたこと》……」

    光彦「それは僕の癖といいますか、ただの《条件反射》ですよ――」

    光彦「緊迫した局面になると、思わず手に取ってしまうんです」

    光彦「だから電源を入れたのも……恐らくその時かと……」

    灰原「ふふっ……随分と都合主義な理由ね……」

    光彦「灰原さんこそ……僕を信じるんじゃなかったんですか?」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:25:08.77 ID:aoHCgAeX0 (-27,-15,-1)
    37 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:28:03.24 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-168)
    灰原「ええ……信じてるわよ……」

    『円谷君が、バッジで江戸川君に指示を与えて』
    『私の“ヒーロー”になる茶番劇を脚本していた』

    灰原「なんて……これっぽっちも思ってないから」

    光彦「くっ……!」

    光彦「いい加減にしてください灰原さん!!」

    光彦「まずコナン君が僕の言うことを聞くと思いますか!?」

    光彦「しかも灰原さんの胸を揉むなんてよっぽど――」

    灰原「あら、そんなことまで知ってるのね」

    光彦「そ、それは……偶然見かけただけですよ……!」

    光彦「だから2人を追って、廊下に出たんじゃないですか!」

    灰原「別に悪いだなんて言ってないわ」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:31:23.20 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-167)
    灰原「でも円谷君の言うことを江戸川君が聞く――」

    灰原「その可能性は、無いとは言い切れないけど?」

    光彦「……え……?」

    灰原「例えば……あなたが彼の弱みを握ってるとか……」

    光彦「……弱み? そんなのあるんですか……?」

    灰原「ふふっ……とぼけるのが上手いわね……」

    光彦「べ、別にとぼけてなんかいませんよ……!!」

    灰原「あら、知らないの? ……彼の正体……」

    光彦「……え……?」

    『一生コナンのままでも……』

    灰原「ふふっ……その顔は、知ってるわね……?」

    光彦「し、知りません!! 本当に信じて――」ハッ

    『ちょッ……!! “工藤”君……えっ……!?』

    『行方不明の“工藤新一”、実は生きてた!?』

    光彦(……ま……まさか……)
    39 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:36:35.07 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-122)
    いやいや……盗聴器越しの音声です……
    聞き間違いの可能性だってありますし……

    それに……人間が小さくなるなんて……

    ――《解毒剤》――!?

    ははっ……まさかそんな……
    そんな非科学的なこと、僕は……

    『キュラキュラキュラッ……』

    灰原「……体育倉庫、開いてるわね……」

    光彦「……えっ……?」

    灰原「ねぇ、円谷君――」

    光彦「……な、なんでしょう……?」ゴクリ

    灰原「もしあなたが全てを白状してくれるなら――」

    灰原「この中で《良い事》、してあげてもいいけど?」フフッ

    光彦「……ッ!?」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:37:16.07 ID:qIBxbMIZO (+24,+29,-7)
    さすが灰原
    今週の大人灰原可愛かったな
    41 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:38:57.75 ID:/WiiiTe+0 (+19,+29,-9)
    やめて灰原の純潔が
    42 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:42:48.06 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-240)
    ◆10時30分://帝丹高校/2-B組◆

    『キーンコーンカーンコーン♪』

    園子「ふぁああ! やぁーっど終わっだー!」

    「ふふっ……もう、園子ったらダラしないわね」

    園子「そーいえば蘭、新一君のSNS見たぁー?」

    「えっ……新一の……えすえぬえす……?」

    園子「えっ……ちょっと蘭。アンタまだ知らないの?」

    園子「昨日Yagooのトップニュースにもなったんだよ?」

    『行方不明の工藤新一、実は生きてた!?』

    園子「――ってね」 蘭「……ぇ!?」

    「ちょっと園子! その話、詳しく聞かせて!」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:44:26.30 ID:R/7c+++l0 (-17,-7,-12)
    おもしれえww
    44 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:45:35.26 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,+0)
    「――じゃあ新一が、そのSNSってやつを始めたんだ……」

    園子(まさかキョウビSNSを知らないJKがいるとは……)

    園子「まぁ……いい機会だし、蘭も始めてみたら?」

    「うん……新一がやってるなら……始めてもいいけど――」

    「でもその新一って……本当に本人なのかな……?」

    園子「えっ? ああ、誰かが新一君の名を騙ってるってこと?」

    「うん。だって新一……一応有名人だし……モテるし……」

    園子「証拠ならあるわよ」 蘭「えっ?」

    園子「ほら、このプロフィール写真なんだけど……」

    「あっ……阿笠博士とのツーショット……」

    園子「そう……こんなプライベートな写真――」

    園子「ネット上で簡単に拾えるもんじゃないでしょ?」

    「そっか……確かに成りすましの可能性は低くなるね……」

    園子「でしょ? それに写真はこれだけじゃないの」
    45 : 忍法帖【Lv= - 2012/05/19(土) 22:47:58.99 ID:4hSAoAaR0 (+15,+27,+0)
    みてるよー
    46 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:48:08.57 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-300)
    園子「上のタブから、《アルバム》のページを開くとね……」

    園子「……ほら、新一君の幼い頃の写真がこんなにっ!」

    「あっ、可愛いー♪」 園子「……ほほぉ?」ニヤリ

    「あっ、いや、その……か、勘違いしないでよねっ///」

    「今の新一と比べたら、可愛いってだけで……///」プイッ

    園子「うんうん。やっぱり新一君のことは昔から……」ニヤリ

    「もう……! 園子ったら……!!///」

    園子「えへへ……これで分かった?」

    園子「このアカウントが新一君本人だって」

    「まぁ……この写真を持ってそうな、ご両親や博士が――」

    「――新一に成りすますワケないもんね……」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:51:14.97 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-302)
    園子「それにしても、一つだけ腑に落ちないことがあるのよねー」

    「えっ? 腑に落ちないこと?」

    園子「ほら、プロフィール欄の最後の文なんだけど――」

    『★彼女募集中★女の子限定で直アド交換してまーす♪ 新一』

    園子「何だかこの文章、新一君らしくな――」

    『バキッボキッ!! グシャッ!!』

    園子(えっ……私の携帯……真っ二つ……え……?)

    「ふふっ……やっぱりこのアカウント、新一じゃないよ」フフフ

    「だって新一が、こんな文章書くわけないじゃない?」フフフ

    「あっ、そうだ。早くメールで本人に確かめないと……」フフフ

    「もしSNSをやってるなんて言ったらどうなるか……」フフフ

    園子(……蘭? ど、どうしちゃったの……?)ゾクッ
    48 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:54:28.67 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-252)
    ◆11時00分://ジャズクラブ『Antarctic』◆

    『カランカラン……♪』

    ウォッカ「兄貴……またここにいたんですかい」

    ジン「……」ヒック

    1、2、3、4、5……

    ウォッカ(なっ……シェリーの瓶が5本……)

    ウォッカ(兄貴……まだあの女のことを……)グッ

    ジン「……おいウォッカ……今何時だ……?」ヒック

    ウォッカ「そろそろ朝の11時を迎える頃ですが……」

    ジン「ふっ……もうそんな時間か……」ヒック

    ……まぁ仕方ねぇ……ここには窓もねーし――
    ――時計は深夜2時で針を休めているからな……

    ジン「……流石は極夜の地……時を忘れるぜ……」ヒック

    ウォッカ(今日は酔ってますね……兄貴……)
    49 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:55:24.37 ID:eGLjmnJ40 (+27,+29,-11)
    コナン「ク、クソッタレ・・・・・・・パラパラなんぞ・・・踊らせやがって・・・ッ!!!!」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 22:59:33.06 ID:D1nij4ju0 (+95,+30,-265)
    ◆ジンは洗面所で顔を洗った――◆

    ジン「……それで何の用だ?」ガタッ

    ウォッカ「ええ。詳細はこのPCにまとめましたが」

    ウォッカ「実は昨日、Yagooニュースに――」

    『行方不明の工藤新一、実は生きてた!?』

    ウォッカ「――といった記事がアップされまして」

    ウォッカ「その件で昨日、ボスから連絡が入り――」

    ウォッカ「至急真相を探れとのご命令があったんです」

    『カタカタッ……(工藤新一 Wakipedia)』

    ジン「……高校生探偵……? くだらねぇな……」

    ジン「……このガキにそれだけの価値があるのか?」

    ウォッカ「まぁ一応、《例の薬》でしとめたガキですからね」

    ジン「何? 投与した人間は全員死んだんじゃないのか?」
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - カオス + - キャラ崩壊 + - モバマス + - ヤンデレ + - 変態 + - 神SS + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について