のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,540,187人
911,646,696頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:0人
0頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ橘純一「もっとみんなと、イチャイチャしようよ+!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 前スレ→1330619373 + - 前スレ→1330619376 + - fate + - けコードギアス + - アマガミ + - 変態紳士 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:22:01.71 ID:M9BuIyfo0 (+125,+30,-307)
    【森島 はるか】

    森島「ねえ、橘君」

    「……ん? はい、どうかしましたか?」

    森島「うーんっとねぇ~……ちょっといいかしら?」じぃー

    「は、はい…?」

    (な、なんだなんだ? 先輩、僕の顔をずっと見つめて……ハッ!?
       まさか先輩っ……そんな、こんな昼間っから駄目ですよ……っ!)ドキドキ…!

    森島「………」すすっ…

    「も、森島先輩っ……?」

    (か、顔が近いっ…! やっぱりそうだ! これは、これはっ……!)ぷるぷるっ…!

    森島「えーいっ!」ぷちっ

    「優しくお願いしまっ───……あたぁっ!?」

    森島「んー……おっ、やっぱりそう! すっごく長い白髪を見つけたよ!」ふりふり

    「あたた……え? あ、白髪が……なるほど…ありがとうございます森島先輩……」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:24:11.89 ID:aIn4or7Ci (+27,+29,-4)
    おい帰ってきたのか

    随分久しぶりじゃないか
    3 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:25:23.02 ID:jOwSmzvkO (-20,-8,-2)
    来たか!
    4 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:31:28.87 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    森島「気にしないでいいわよー! ……でも白髪ってこんなに長く伸びるものなのねぇ……ふんふん」

    (なんだ、期待して損したよ……いや! でも、あの至近距離で先輩の顔を見れたんだ!
       それだけで……その、彼氏的なことでは十分幸せだよね! そうだよね!)

    森島「一見、白いってだけで別に普通の髪と一緒よねぇ~」まじまじ…

    「……あ、あの、先輩? そんなに僕の白髪をまじまじと見つめるのは…」

    森島「え? だめなの?」

    「駄目じゃないですけど、ちょっと恥ずかしいというか……その…」もじもじ…

    森島「そうなの? ふーん、私は別になんにも思わないけどなぁ~」くいくいっ

    「…………っ」ぴくっ

    (あれ? なんだこの、少しずつ溢れ出る感情は……?
       先輩が僕の白髪を指先で弄ぶ姿に……なにか、不思議な猛りを感じ始めているのか…?)ドキドキ…

    (ま、まさかっ! 僕は確かに変態紳士として曲がりなく謳歌する者だと自負しているつもりだけど……
       そこまでのレベルにまで達しているとは到底思って……)

    森島「あ、切れちゃった」ぶちっ!

    「っ……」ドキン!
    5 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:34:51.21 ID:CFOx/SoR0 (+11,+21,-2)
    久しぶりだな
    6 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:36:25.17 ID:/Wd+sy+O0 (+19,+29,-13)
    さすがです橘さん
    7 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:40:08.55 ID:M9BuIyfo0 (+93,+30,-264)
    「!?………!?」ドキドキ…

    (な、なんだっ…? 今の心臓の高鳴りは…っ?
       びっくりした、本当にびっくりした……先輩が僕の白髪を引きちぎった瞬間……!)

    (───とっても、興奮……しちゃったかもしれない…っ!)

    森島「?」

    (これは……これはおかしいこと、だよねっ? 違うよねっ?
       変態紳士とか、そういったことで説明できるほどのことじゃないよねこれって!)

    森島「……橘くん?」

    (ただ単に先輩が白髪をちぎったことに、ちょっと驚いただけだよこれって!
       ば、馬鹿だなぁ……そんなこと、そんなことありえるはずがないのに────)

    森島「たちばなくーん! どうかしちゃったの? 具合でも悪いのかなー?」ぱらっ…

    「!?」ドキン!!

    (せ、先輩がっ……! 千切った僕の白髪を無造作に地面にす、捨てたぁっ!)ドキドキドキ…!

    (す、凄い…! なんだこれ、ものすごく僕は……その行為がとても……!)

    (こ、興奮しているのかもしれない……!)
    8 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:43:08.80 ID:hTFw01Mm0 (+14,+24,+0)
    変態すぎる
    9 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:43:55.94 ID:Y9ApueW00 (+25,+30,-17)
    もう橘さんのフェチに追いつけねえよ俺は
    10 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:49:12.83 ID:CFOx/SoR0 (+29,+29,-32)
    白髪、つまりダメになってしまった自分が引き裂かれ、さらに捨てられることに興奮を覚えるなんて……NTR的なモノを感じちゃうよ!
    11 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:49:44.78 ID:M9BuIyfo0 (+93,+30,+0)
    森島「うん? わお! 橘君……顔真っ赤!」

    「……えっ? あっ、え、か、顔真っ赤ですか……?」ドキドキ…

    森島「うんうん、すっごーく顔が真っ赤よ? やっぱり風邪とか引いちゃったのかしら……んー、どれどれ」ぴとっ

    「も、森島先輩っ…?」

    森島「あ、ほら動かないのっ。こうやっておでこ同士をくっつけあってね?
       体温を測ったりするんだけど……あ、やっぱり顔が熱い、かも…? あれ?」

    「………?」

    (あ、あれ? 何時もだと僕、こんな事してもらったら嬉しくて熱が上がって誤解されることが多いのに……)

    「………っ」

    (───まさか、僕……嬉しくなってない? 先輩とおでこをくっつけあってるのに、こうやってイチャイチャできて
       いるのに……あんまり興奮してないとでもいうのか…っ?)

    (馬鹿な! あり得るわけがない! ……だけど、現実は僕の興奮が下がりつつある、のかもしれない)

    森島「あれれ? おかしいなぁー……確かに熱っぽかったのに、今は大分よくなってるみたいよ橘く───」すっ…

    ぶちっ

    「っっ!?」びくん!

    森島「あ、ごめんなさいっ! おでこ近づけたときに、橘君の髪の毛を一緒につかんでたみたいで……だ、大丈夫かな?」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:53:54.62 ID:giTvkZlW0 (+19,+26,-27)
    リアルタイムで見るの初めてだ
    13 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 17:59:16.97 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-241)
    「……えっ? あ、はい大丈夫です!」

    森島「そ、そお? まあ大丈夫よね! まだまだ若いし、そんなこと気にしなくていいお年頃だもの!」

    「え? あ、あー……なるほど、大丈夫ですよ!」

    「うん……」

    (……今の髪を引きちぎられたことは、別に興奮しなかったな僕…いや! 当たり前だよ!
       まあ、それに、さっきも白髪を引きちぎられたことは別にどうだって思わなかったしね…)

    「……ん?」じっ

    森島「とりあえず、天然ものだし自然に吸収されることを願って……ぽいっと」ぱらっ…

    「っ!?」ドッキン!!

    (き、きたーーーー!! こ、これだよ! この言葉に出いない溢れ出る猛りっ!!)

    (なんだなんだ!? どうしてこうも僕、嬉しいんだろう!?
       ……え? もしかして…僕、こうやって僕の一部を蔑にされることに……)

    (興奮するのだろう、か……?)
    14 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:03:00.44 ID:hTFw01Mm0 (+19,+29,-3)
    あれか口に射精→ペッみたいなもんか
    15 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:06:12.58 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-261)
    「…………」

    (……大丈夫かな、僕。これってちょっと流石に頭おかしいのかもしれない…そんな気がする)

    森島「ふぅー、うん、オッケー! 
       ごめんなさい、橘君……さっきの痛かったよね? 赤くなってない?」

    「だ、大丈夫です! そのっ……ハァハァ…せ、先輩!」

    森島「うん? なにかな?」

    「そ、そのですねっ……ハァ…ハァ…せ、先輩もっと…!」

    森島「もっと?」

    「もっと……僕のこと、をですねっ……!」ドキドキ…!

    森島「キミのことを?」

    「………ぐっ!」ぎりっ…

    森島「??」

    「───罵ってほしいです! 先輩!」

    森島「え?」

    (だぁああああー!? 何言っているんだ僕はァー!)
    16 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:14:49.00 ID:hTFw01Mm0 (-25,-15,-1)
    17 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:15:48.34 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    (だがしかし! 僕は耐えきったのだ!
       あのままであったのなら僕は、もっと酷いことを口走っていたはずだから!)

    (こ、これが僕が我慢の限界のライン……だったんだ。
       流石にあれやこれを言っていたのなら僕を飼いならす超人の森島先輩でさえ……ドン引きだっただろう)

    (───罵ってほしい、これが僕が口に出せた最上級の上品な言葉だったんだ。
       くそっ、恐ろしいな僕の紳士的な向上心は……果ては無いのかもしれないよ……)

    森島「………」ポク…ポク…

    (……あ! 先輩、森島先輩が悩んでらっしゃる! 
       いやこれは、僕が言った言葉をゆっくり解釈しているのかもしれない……ああ、どうか先輩、無事に受け取ってください…!)

    (確かに堪え切れずに言った言葉ですが! 只のギャグとして受取ってくれて構いませんから! お願いします! 先輩!)

    森島「───………なるほど、ね」チーン

    森島「うん、なるほど。君が言ったことはキチンと私に伝わったわ!」

    「あ、ありがとうございます!」

    (伝わったんだ!?)

    森島「どういたしまして! ……でもね、橘くん。私は君の願いを叶えることは無理かもしれないわ…」

    「えっ…?」

    (どうして悲しがっているんだ僕は! これでいいんだよ!)
    18 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:24:43.78 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    森島「私はね、橘君……キミと付き合ってから色々なことをやってきたつもり」

    「はい、そうですね……女装とか、女装とか…」

    森島「ふふっ! それでね? キミと一緒にやってきたことはみーんな楽しくって、
       私の中で一生の思い出として残り続けると思うの!」

    「……ありがとうございます、先輩」

    森島「ううん、こっちこそお礼をいいたいぐらいよ? だから橘君はとっても素敵な……ご、ごほんっ。
       わ、わたしの彼氏なんだからねっ…?」

    「は、はいっ……!」

    森島「ッ……だ、だからね! そんな、素敵な私の彼氏は……どぉーんなに頑張っても!」

    森島「キミを悪く言う言葉を、思いつくことが出来ないのっ」びしっ

    「……僕の悪い部分が、思いつかないって事ですか?」

    森島「そ、そうなのっ! 君はとっても……か、かっこよくて! 年下なのに頼りがいがあって……
       そんな君と一緒にいると、私はいっつも……ドキドキしっぱなしだから……うん、言えないの!」

    「森島先輩……」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:33:45.69 ID:M9BuIyfo0 (+90,+30,+0)
    森島「えへへ……うん、だからね。キミを罵ることなんて私には出来ない。
       どんなに橘君が望んでも私はそれに答えることは出来やしないの」

    森島「私には……君が欠点のないべリグーな男の子って思ってるから、そんなこと言えないわ。
       ……でも、ちょっとだけエッチなのはどうかなーって思うけど……」

    「あ、ごめんなさい……」しゅん…

    森島「あ、ううん! 別に気にしなくていいからね? ……だって、私は…その…」もじもじ…

    「え……?」

    森島「その、ね? そんなところも………すき、だって思ってるから……気にしちゃダメ、よ?」

    「そんな所もって……あ…」

    森島「あ、ちょ…違うんだからねっ! ただ、好きになった君が変態さんだっただけで…!
       えっちなことをするのが好きってわけじゃ…っ」

    「えっ、あっ、はいっ! わ、わかってます! 大丈夫です!」

    森島「……むー、絶対にそう思ってたさっき!」

    「お、思ってません! 命の誓ってそう言いきれます!」

    森島「……本当かなぁー」じぃー

    「あ、あはは……」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:34:26.77 ID:hTFw01Mm0 (+24,+29,+0)
    ちょっとだけじゃない気が
    21 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:35:48.14 ID:CFOx/SoR0 (+29,+29,-7)
    覗きにこないことに不満を覚える女子高生が何をいうか
    22 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:43:36.56 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-274)
    「あはは……はは」

    (先輩、こんなにも僕のことを思っててくれたんだな……僕なんか白髪で興奮していたド変態なのに…)

    「………先輩」

    森島「むむむ? なにかな?」

    (顔真っ赤だな先輩……)

    「あはは、その、ですね……あの、ちょっといいですか?」

    森島「だめ」

    「こっちもだめです」

    森島「……反抗的だなぁー、もっと先輩を敬わなきゃダメだぞっ」ぴっ

    「ええ、わかってます。でも…僕は森島先輩の彼氏なんで」

    「先輩とは、対等のつもりですよ」すっ…ぎゅっ

    森島「あっ……」ぴくんっ

    「森島先輩、今日は手をつないで帰りましょう!」

    森島「あ、うんっ……手をつなぐの久しぶりな感じがする、かも」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:50:53.33 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    「あはは、そうですか? あ、そっか……いつもはもっと腕組んでべったりだから───」

    森島「そ、そういうことをはっきりいわないっ」ぎゅう ぎりり!

    「いたぁー!?」

    森島「あ、ごめんなさいっ! 大丈夫だった橘くんっ?」

    「………」

    森島「た、橘君っ? 俯いてどうかしたのっ? 」

    「………」

    森島「橘君……?」すっ…

    「えいっ」ちゅっ

    森島「んっ!」

    「───あははー! ひっかかりましたね、森島先輩~!」

    森島「っ……ひ、卑怯よ橘君! そんな手を使ってくるなんてっ……」

    「ええ、まぁ、先輩は帰宅路時はあんまり……キス、させてくれないんで」

    「ちょっと痛がったふりをしてみました、どうでしたか?」

    森島「………」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:52:33.76 ID:hTFw01Mm0 (+24,+29,-16)
    変態同士が付き合うとこうなるんだな
    25 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:54:52.56 ID:aIn4or7Ci (+22,+29,-2)
    幸せに歯止めがない感じ
    26 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 18:55:12.76 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-269)
    「あ、あれ? 先輩……?」

    森島「……ふんっ!」ぷいっ

    「え、あっ……先輩!」

    森島「橘君なんか、もうしーらないっ」すたすた…

    「そ、そんなぁ! せ、先輩! スミマセンでした!
       ちょ、ちょっと先輩を驚かせたくて僕……!」すたすたっ…

    森島「………」ぴた

    「先輩……ごめんなさい、どうしてもしたくて…そうですよね、ちゃんと
       確認取ってからとか、雰囲気を大切にしながらのほうが……」

    森島「………」

    「……すみませんでした! 許してください!」ばっ

    森島「…顔、上げて橘君」

    「はい……」

    ちゅっ

    「っ……はい?」

    森島「…ん、ふふっ……お・か・え・し」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:00:32.54 ID:yjgjfca10 (+12,+27,-2)
    死にてえ
    28 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:01:20.79 ID:hTFw01Mm0 (-25,-30,-29)
          __________
          /━━━━━━━━━ \
         |┃| ̄ ̄|. 〇 〇 [大月]┃|
         |┃| ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|┃| プオーン!!!
         |┃|__||______|┃|
         |┃               JR ┃|
         |┗━━━━━━━━━┛| \('A`)/ ミ     イキルノ マンドクセ
         |   ━━ ━━ ━━.  |   ( )  ミ
         |     [中央.特快]    |   └└ミ
         |      \_/      .|
         |  〇     ━━━   〇  |
         |___________|
          │     │[=.=]|     |
          └─────────┘
    29 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:03:55.12 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    「…お、おかえし…ですか」

    森島「だって癪じゃないっ、私だって橘君のこと騙して良い気になりたいもの!」フフン

    (とは言ってるけど、顔は真っ赤で恥ずかしそうだ……可愛いな、森島先輩は)

    「…見事に騙されました、流石です森島先輩」

    森島「わお! でしょでしょ! うーん、これならもっと君の事をからかうことができそうねぇ~」

    「え、だめですよ! 僕は先輩がすることだったらなんだって信用しちゃいますから!」

    森島「そ、そうなの? ふーん、そうなんだ~……へ~…」

    「な、なんですかその悪そうな顔は……」

    森島「……それじゃー、橘君、ちょっといいかしら?」

    「え? ……このタイミングでなにかするつもりですか?」

    森島「うん、そうだよー?」

    「でも、流石に僕でも騙されることは無いと思うんですけど……」

    森島「この下僕~」

    「───っっっっ!?」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:09:02.13 ID:gXr9t9bg0 (+29,+29,-9)
    髪の毛ですらこのザマなんだから、もし下の毛を引き千切られたらどれだけ興奮するのだろう
    31 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:09:24.48 ID:Te9r8OBn0 (+19,+29,+0)
    みゃーかわいいよみゃー
    32 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:12:32.71 ID:M9BuIyfo0 (+99,+30,+0)
    「もり、しま……せんぱい?」ドキドキドキ…

    森島「うん? どうかしたのカナ?」

    「なんでっ、急にそんなこと…を?」

    森島「んー……なんとなくだよ? ド変態な橘君!」

    「っっっっっ!?」ドキン!!

    森島「……あれれ~? 虫より価値が低い橘君、どうかしたのかな?」

    「っっ……せんぱっ…やめて…!」ドキドキドキ

    森島「やめて? おっかしいなぁ~……どうみても君の表情は嬉しそうに見えるよ?」

    「そ、そんなワケない…でふ!」ぶるぶるっ…

    森島「ねえねえ橘君……ちょっと靴の裏汚れちゃったから、綺麗にしてくれないかなぁ?」

    「靴の裏は、汚くなるのが普通……」ぐぐっ…

    森島「え、そうなの? でもでも、私は汚れてるって言ってるんだよ?」

    「っ……森島先輩が、そう言っている…?」ドキドキ…!
    33 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:16:12.73 ID:keAMGEmm0 (+20,+27,-5)
    救いようがないド変態だな
    34 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:20:01.46 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-283)
    森島「うん! そう! 私が汚れてるって言ったら?」

    「………」ピシリッ

    「───それは汚れています!」

    森島「綺麗にしてって言われたら?」

    「ハァハァ……な、舐め取ってでも綺麗にします!」

    森島「ふーん、でも橘君の唾液の方が汚いから……イヤかも」

    「えッ……!」

    森島「フフッ、でもね? 橘君にはもっとふさわしいところがあるかもしれないなぁ~」

    「ど、どんなところですかっ!? な、なんだってします! お願いします! やらせてください!」フンスフンス!

    森島「えっとね~それじゃあ~」

    「わ、わんっ!」

    森島「……あ、そうだ! これなんかどうかなっ?」

    「わん?!」

    森島「私の家の、ボロ雑巾の役目とか!」

    「オッフ!」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:28:36.53 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    森島「むむむ? どうやら気にいってくれたようねっ」

    「わん! ………え、あ、いや……御冗談ですよね…?」

    森島「……」にこにこ

    「わ、わん! 喜んでぇ!」

    森島「うふふっ、それじゃ橘君! 私の家まで四足歩行で行くわよっ!」

    「わんわーん!」だっ!

    森島「───はぁーあ! すっごい楽しかったぁ!」テカテカ

    「えっ………」ぴたっ…

    森島「ほんっと橘君ってサイコーよね! わおわお!」パチパチパチ!

    「あ、あのっ……これって…?」

    森島「うん! ちょっと橘君を……騙してみた感じかなっ」

    森島「さっきも言ったけどね、橘くんを罵るなんて私には無理だから……
       思っても無いことを言ってね、君を騙してみようかなーってやってみたら」

    森島「ふふっ、意外とおおハマりだったわね! う~~~んっ!
       橘君も本当はわかってたくせに、ここまで乗ってくれるなんて……本当に流石よね!」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:32:09.03 ID:muGeYGsa0 (+19,+29,-16)
    やっぱラブリーは持ってるな。
    38 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:38:13.27 ID:qFD8hKUS0 (-7,+7,-1)
    39 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:38:57.28 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    「は、はい………最初から、わかってましたよ僕には…ええ、本当に…」すっ…ぱっぱっぱ…

    森島「前から思ってたけど、橘君の迫真の演技って目を見張るものがあるわよね!
       こう……なんていうのかしら、躊躇が無いというか、身体全体で感情を表しているというか……とにかく凄いわ!」

    「あははっ……それは、そうですよ。僕はなんてたって紳士ですからね…」

    森島「わぁお! なるほどねぇ~……恐るべし紳士ね! 私も見習なくちゃ!」

    「…………」ほろり…

    森島「うーん、でも……さっき自分でしておいてなんだけど。橘君…」

    「……はい、なんでしょうか?」

    森島「人にね、暴言を吐かれるとか……罵られるのってどんな気分なのかしら?」

    「えっ?」

    森島「そういうことで……嬉しがる人がいるってのは、まあ、知っているんだけどね。
       でもでも、私は普段の生活で暴言とか吐かれたとこ全くないから……ぜんぜんわからないの」

    (まあ、森島先輩に対して暴言を吐く奴なんていないだろうなぁ……塚原先輩でさえ、文句止まりだし)

    森島「だからね、橘君……ちょっとお願いがあるんだけど…いいかな?」

    「はい? おねがい、ですか…?」

    森島「そう! お願いなんだけど……ちょっと私を罵ってみてくれないかな?」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:46:57.98 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-296)
    「………うんっ?」

    森島「へ、変なことをいってるのはわかってるんだからねっ?
       でもね、今のうちに経験しておかなくちゃ駄目かなって……思ってるんだけど、いけないことかな?」

    「あっ、いや! 別に悪くは無いと思いますけど……僕が先輩を罵るんですか?」

    森島「そ、そうなのっ! やっぱりできないかな…?」ちらっ…

    「う、うーん……ものすごく難しいですけど……はい、やってみます…! 先輩の頼みですし…!」

    森島「わぁお! 流石ね橘君! じゃあ早速お願いするわ!」すっ

    森島「わくわく…」

    (わくわくしていらっしゃる……なんだろう、この人を罵る日が来るとは思いもしなかったよ…っ)

    (く、くそっ……なにも思いつかないよ! でも、先輩の頼みだ…!ちゃんと考えて、きちんと期待にこたえなきゃ…!)ぐぐっ…

    「──こ、この天然悪女!」びしっ

    森島「………………」

    「………………」

    森島「……………」


    森島「……………っっっ!」ぞくりっ
    41 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:47:42.18 ID:hTFw01Mm0 (+24,+29,-1)
    やっぱりどっちも変態だった
    42 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 19:55:45.12 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,+0)
    森島「っ……んっ……!」ぶるるっ…

    「……えっと、森島先輩…?」

    森島「………ぇ…ぁ…ん…?」

    森島「ハッ!? えっ!? ち、違うのたちばなくっ…!」ぶんぶん!

    「は、はあ……?」

    森島「っ………あ、そのっ……えっと~……」

    (ど、どうしたんだろう先輩……顔真っ赤にして…もしかしたら怒っちゃったのかな!?)

    「せ、先輩! やっぱりっ───」

    森島「た、橘くんっ…!」ばっ

    「──え、はい…?」

    森島「あのね…? その、なんというかな……えっと、あの……もう一回、お願いできるかな…?」もじもじ…ちらっ

    「えっ? な、なにをですか?」

    森島「……の、罵るの……もう一回だけ、言ってくれない…?」じぃー…

    「……ええっ!? も、もう一回ですか!?」

    森島「だ、ダメならいいのっ…! ただのお願いだから、ダメっていうのならそれで……」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:01:45.22 ID:2Kff2Uhh0 (+24,+29,-1)
    なにこの変態カップル素敵
    44 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:02:09.51 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-287)
    「…………」

    森島「……っ……っっ……」もじっ…

    (…いや、そんな顔で言われちゃったら断りようが…)

    「わ、わかりました! ではもう一回先輩を……罵りますよ!」

    森島「ぐ、グーット! どんときていいわよっ…!」

    「こ、このっ……男たらし!」

    森島「んっ……!」ドキン!

    「っ……」

    (なんだこの反応は…っ? 先輩がすっごく、可愛く見える…!
        いや、普段から天使のように可憐な方だけど! 今日の森島先輩はなんだか……!)ドキドキ!

    「………むっつりスケベ」ぼそっ

    森島「ひっ…!」ぶるっ…

    「……空気読めない…」

    森島「っ……」びくんっ…

    「こ、このラブリー!」

    森島「ひゃぁうっ……!?」びくびくん!
    45 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:03:12.27 ID:gXr9t9bg0 (+24,+29,-4)
    それ罵倒なのか?
    46 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:06:28.23 ID:CFOx/SoR0 (+24,+29,-7)
    本名が罵倒になっちゃうなんて……
    48 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:08:34.07 ID:M9BuIyfo0 (+95,+30,-286)
    森島&「はぁっ……はぁっ……!」

    「せ、先輩っ……どうでしたか…?」

    森島「…あ、うんっ…! ……その、ね……よかったよ、うん…!」

    「そ、そうですか? 良かったとは……その、僕の罵り具合がってことです、よね…?」ドキドキ…

    森島「………」もじっ…

    「………」

    森島「……うん、そうかな…うん……」ちらっ…

    「……森島先輩、その…」

    森島「なに、かな……?」ドキドキ…

    「……まだ僕が、先輩を罵り足りないって言ったら……どう、しますか?」

    森島「えっ……?」

    「……どうしますか?」

    森島「っ………そ、それは………そのっ……」

    森島「っっ……」ぎゅっ…

    森島「とっても、良いと思う……かな?」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/05/19(土) 20:10:46.52 ID:nxJok/jj0 (+14,+29,-2)
    濡れ濡れですな
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 前スレ→1330619373 + - 前スレ→1330619376 + - fate + - けコードギアス + - アマガミ + - 変態紳士 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について