のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,555,414人
911,663,888頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:3,992人
4,680頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ勇者「お、おんなになってるだと?!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - TSF + - おっぱい + - 僧侶 + - 勇者 + - 女体化 + - 性転換 + - 神スレ + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:33:24.16 ID:RfLS1XBI0 (+125,+30,-184)
    勇者XXX「ふふっここまでだな、大魔王よ。」

    魔王「ぬぅう、たかが人間にここまでされるとは…。油断したわ…。」

    勇者XXX「最後にお前の泣き言が聞けてうれしいよ。じゃあな。」

    ―勇者XXXは剣をゆっくりと振り上げた。―

    魔王「あまいわ!!!」

    ピカーー!!!

    ―大魔王は呪文を唱えた!勇者XXXと大魔王は光につつまれた!―

    勇者XXX「な、なにをした!」
    魔王「お前は強い。さすがの余も今のお前には勝てぬ、今のお前にはな。」フフフ

    魔王「ならばお前から‘今のお前’を奪うまでのこと…。」

    勇者XXX「きさまあああああ!!」

    ―光はさらに明るさを増し、あたりはその輪郭を徐々に失っていった!―

    魔王(お前から次に奪うのはお前の命だ。それまでその姿になった自分の運命を呪うがいい)ハッハッハッハ

    2 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:34:33.25 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-72)
    【池のほとり】
    (…。)


    勇者XXX「…。」

    勇者XXX「ここはどこだ…。俺は確か大魔王と戦っていたはず…。何故池のほとりにいる?」

    クラッ
    勇者XXX「う…。」

    勇者XXX「顔でも洗うか。」

    ―勇者XXXは池を覗き込んだ!紫色の瞳の乙女が水面に写っている。―

    3 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:35:12.27 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-60)
    勇者XXX「うわぁあああああああああ!!!!!rftgyふじこおl」

    勇者XXX「おんなになってる!!?」

    勇者XXX「うそだうそだ!?」

    さらさら

    勇者XXX「黒髪ロングだ――――!?」

    もちもちぴちぴち

    勇者XXX「もち肌だーーー!?」

    ち、っぱいん

    勇者XXX「ひんぬーだ――――――!?」

    つるん

    勇者XXX「ないないないないないない!うわぁああああ!」

    クチュ

    勇者XXX「あ…。/////」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:36:23.41 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-52)
    (目が覚めたら俺は女になっていた。そしてこの後、俺が大魔王と戦ってから数年たっていたことを知る。世間では俺は死んだことになっており、俺の実力に当てはまる後釜がいないこの時代では各国から勝手に認定された勇者たちであふれかえっていた。)
    5 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:37:53.36 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-64)
    【王立図書館】
    勇者XXX「あったぞ。そうか、最後に大魔王が唱えた呪文は俺を違う者に変化させる呪文だったんだな。なになに…。」

    チェンジス:モシャスの亜系呪文。相手を変えたいものに変化させる呪文であり仲間を強いものに変えたり、敵を弱いものに変化させるために使用される。

    勇者XXX「おおこれだ、これだ。」

    6 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:38:46.32 ID:RfLS1XBI0 (+90,+30,-32)
    効果持続時間は施術者の魔力によるがすぐきれるものから、大魔王程度の魔力であれば半永久的に続くものもある。

    勇者XXX「ひえええええ。」

    7 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:39:55.25 ID:miilWxP70 (-26,-14,-1)
    しえん
    8 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:40:20.35 ID:RfLS1XBI0 (+89,+30,-81)
    効果解除条件は施術者によるReチェンジスもしくは施術者の死亡。
    他の施術者によるチェンジスの上書きも不可能である。
    しかし変化されたものがその状態で死亡したり、子を宿すなど運命を固定された場合は
    その効果が解除されることは永遠になく再度チェンジスをかけることはできない。


    勇者XXX「おいおい!」

    9 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:40:58.50 ID:80y09cWL0 (+20,+29,-1)
    妊娠しちゃううううううううううう!
    10 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:42:05.41 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-45)
    勇者XXX「まぁ、前者の大魔王にReチェンジスをかけてもらうのはあり得ないが、大魔王が死ねば効果が切れるってのはありがたい話だな。目的は変わらない。よし!」

    勇者XXX(こんな状態じゃ今までの様な一人での冒険は無理だ。大魔王を倒す仲間が必要だな…。)

    11 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:42:42.74 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,+0)
    【始まりの街の城 玉座の間】
    王様「勇者、ちゃんと西の塔攻略進んでる?」

    勇者「申し訳ございません。まだ途中までです。」

    王様「ちょっと早くしないと他の国の勇者に手柄とられちゃうよ?大魔王を倒した王としてわしの名前をのこしたいんだからさー。」

    勇者「はっ!その代わりと言ってはなんですが踊る宝石が巣食うほこらをみつけました。」

    王様「おおお!おっととゴホン。そうかごくろうじゃ勇者。おぬしにそこのほこらのモンスターまで退治させるのはしのびない。わしの近衛兵をかわりによこそう。」ニヤァ

    勇者「はっ」

    王様「そうそう、おぬしに仲間をひとり見つけておいたぞ。しかも後衛じゃ感謝せよ。」

    勇者「はは!ありがとうございます。」

    王様「記録官!いまの事を記録しておくように!」

    記録官「はっ!○年×月 王様、勇者をねぎらい、その背中を守る仲間を見つけ出された。また世界の平和のため自ら魔物の退治を行うと宣言されました。」

    王様「うむ。」

    勇者(俗物が。)
    12 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:44:09.30 ID:MJ3PFnAM0 (+24,+29,-6)
    勇者ってハマーンなんじゃね?
    13 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:44:13.61 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-107)
    【始まりの街 城下】

    僧侶(勇者XXX)「はじめまして勇者様。僧侶ともうします、よろしくお願いいたします。」
    (ふっふっふ、やはり勇者一行として大魔王討伐に向かうのが一番だ。我ながら名案!)

    勇者「…。」クル スタスタ

    僧侶「あ、勇者様?!どこへ?」

    勇者「宿。」

    僧侶「え?確かにもう夕暮れですもんね。」

    勇者「…。」スタスタ

    14 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:45:19.55 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-110)
    【宿】

    勇者「男一人。」

    宿屋の主人「はいご案内~。」

    僧侶「あ、あの?」

    勇者「…。」スタスタスタ   バタン!

    僧侶「ひとりで部屋にいっちゃった?」(なんだ、こいつ?無視しやがって。)

    宿屋の主人「あいかわらずだねえ勇者ちゃん。」

    僧侶「へ?」

    宿屋の主人「勇者ちゃんの優しさですよ。どうせ早いか遅いかですし逃げていいってことですよ。」

    僧侶「???」

    15 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:47:35.59 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-95)

    (宿屋の主人の話では勇者XXXが死んだ今では本気で大魔王を倒そうとするものは少なく、
    勇者一行に加わろうなどという変わり者は見かけなくなってしまった。
    そのためこの国では勇者のパーティーに加わったものには報奨金が出るようになったのだが
    ほとんどのものが報奨金目当てにパーティーに入り翌日姿を消しているとのことだった。)

    僧侶「そういえば100Gもらってた…。」(世も末だな。)

    16 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:48:49.13 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-128)
    【宿屋 朝】
    僧侶「おはようございます勇者様!」(結局宿屋のラウンジで夜を明かしてしまった。)

    勇者「…。」

    僧侶「勇者様?」

    勇者「容量の悪いやつだな。逃げ遅れたのか?」

    僧侶「ちがいます!わたしは勇者様にお仕えするためにパーティーに入ったのです!」

    勇者「もう追加の報奨金はでないぞ?」

    僧侶「~~~~。」(こいつううううう!!!)
    17 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:49:13.22 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-163)

    僧侶「…。」テクテクテク

    勇者「?」

    浮浪者「おや、かわいい僧侶様、まずしい私に何かめぐんでくださらないかね?」

    僧侶「わたしにはこのようなものしか差し上げられません。貴方様に主の思し召しがありますように。」

    浮浪者「ひゃぁあああこんな大金!!100Gだなんて!ありがたや、ありがたや。」

    勇者「!」

    僧侶「勇者様、次の目的地はどこでございますか?」ニッコリ
    勇者XXX(ドヤ)

    勇者「めずらしいやつだな。本気で大魔王を倒す気でいるのか?」

    僧侶「はい!」

    勇者「…。」クル スタスタスタ

    僧侶「あぁ!勇者様まってください!」(もーーー!!なんだこいつ)

    18 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:50:35.83 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-138)
    【西の塔入口】
    勇者「お前、魔物と戦ったことはあるのか?」

    僧侶「いえ」(お前よりあるわ!ぼけ!)

    勇者「じゃあこれが初陣だな。さがってみていろ。」
    ―オークがあらわれた!―

    ―勇者の攻撃!オークに18のダメージ!―

    オーク「がおるるうる」

    ―オークの攻撃!勇者に15のダメージ!―

    勇者「フンッ、オークのくせに生意気だな。」
    オーク「ぐおおおう!」

    19 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:51:40.16 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-229)

    僧侶(よええええええ!こいつ本当に勇者か。オーク単体だろ?
    そら本気で大魔王討伐考えないわな。
    まぁ勇者一行って立場さえあれば旅も楽だし最後は俺が大魔王倒せばいいしな…。)

    勇者(恐怖で声も出ないか。)

    勇者「うおおおお!!!」

    ―勇者の攻撃!会心の一撃!オークを倒した!―

    勇者「はぁはぁ、これが魔物との戦いだ。やめるなら今のうちだぞ。」

    僧侶「…。」
    ―僧侶はホイミを唱えた!勇者の傷が癒えていく!―

    勇者「!」

    僧侶「勇者様他にお怪我はありませんか?」ニコ

    勇者「勝手にしろ!」クル スタスタスタ

    僧侶「うれしい、お供していいんですね。」
    (まじこの雑魚をどうやって育てるかが難題だな…。はぁ…。)

    20 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:52:24.16 ID:IxWujmsz0 (+0,+14,+0)
    おもしろい
    21 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:52:44.27 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-145)
    【西の塔ダンジョン】
    僧侶(時間かかるなぁ…。こんなダンジョン、前の俺だったら3往復はできてるぜ。)

    僧侶(しかし女の体は体力ないな…。そういえば朝ごはんも食べてないし、お腹ペコペコだ…。)

    僧侶「」グゥーー

    僧侶「勇者様…。////」

    勇者「飯ならないぞ。うちの王様はけちだからな給料なんてほとんどでない。もう食費もない。」

    僧侶「だ、だいじょうびですぅ~」(エーー)

    22 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:53:27.99 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-95)
    【西の塔最上階】

    ボス「よくきたな人間。だがそれもここで終わりだ!」

    勇者「でやあああ!」

    ―勇者とボスは戦っている!―

    僧侶「…。」(お腹すいたな…。)

    ―勇者とボスは戦っている!―

    僧侶「お腹すいたな…」

    ―勇者とボスは戦っている!―

    僧侶(まだかな…。)

    ―勇者とボスは戦っている!―

    僧侶「ザキ」ボソ

    ―ボスを倒した!―

    勇者「え?倒した?」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:54:07.00 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-100)

    僧侶「わーすごいです!勇者様西の塔のボスをたおすなんて!さあお城に帰りましょ。そして報酬をもらうのです。そしてそしてお腹いっぱいご飯をたべようじゃないですか!」

    勇者「そっか、意外とあっさりだったな。」

    僧侶「はい!」(こいつを鍛えるためのはずが空腹に負けて倒してしまった。)

    24 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:55:13.55 ID:MT7mNJdX0 (+15,+25,+0)
    なかなか
    25 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:55:39.67 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-172)
    【始まりの街】
    勇者「僧侶、ほら。」

    僧侶「おかえりなさい勇者様!陛下は喜んでくださいました?」

    勇者「まぁ西の塔を攻略したわけだからな。夕飯をかってきた。」

    僧侶「わーーーおいしそうなプリンぱん!食べていいんですか?」(めしー!めしー!)

    勇者「ああ」

    僧侶「わぁぁああい!しあわせー!」(ふごー!ふごー!)

    僧侶「あれ?勇者様は?」

    勇者「俺は城でフルコースを食べてきた。」ポリポリ

    僧侶「エーズルイ」

    勇者「散歩してくる。」クル スタスタスタ

    僧侶「…。」

    26 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:56:58.25 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-163)
    【裏山】

    勇者「あぁ、あったあった。この時期でも生えてるんだな。」ブチ

    勇者「モシャモシャモシャ」

    勇者「ゴクン」

    勇者「まずいな…。」ボソ

    勇者「しかしあの王様、西の塔に大したアイテムが落ちてなかったからって報酬があれだけっておかしくないか?次の冒険の準備したら、パン1個しかかえねーじゃねえか!」ブツクサブツクサ

    勇者「…。」

    勇者「ここらの野草は食い尽くしたな…。」グー

    27 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:57:20.01 ID:RfLS1XBI0 (+90,+30,-48)

    僧侶(こっそり後をつけてきたらまさかこんなみじめな勇者がいるなんて…。俺も飢えにたえてきたことはあったがこの扱いは悲しすぎる…。それなのに俺にプリンぱんを買ってくれたのか。)

    28 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:57:20.81 ID:XO5h+XkG0 (+22,+29,-17)
    女体化して僧侶に転職か…
    29 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:59:40.49 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-207)
    【宿屋】

    僧侶「お帰りなさい。」

    勇者「うん?お前まだパン残してるのか?腐るぞ。」

    僧侶「勇者様をまってたんです。」

    勇者「?」

    僧侶「食事とはただ動物のように物を口に運ぶものではありません。食事とは家族や仲間が寄り添い一日の労をねぎらいながら神への感謝とともに行う祈りなのだろうと思います。」

    勇者「あほか。俺ははらいっぱいだっつーの。」グー

    僧侶「一緒に夕食をとってはくれませんか?」

    勇者「…。ちっ、しょうがねえな。」パク

    僧侶「あー!待ってくださいよ。わたしも。」パク

    勇者「甘いな。」
    僧侶「甘いです。」

    僧侶「勇者様との初めてごはんはプリンぱんでしたね。」ニコ

    勇者「あぁ。」

    僧侶(愛想ねーな。)
    30 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 21:59:53.93 ID:UKY4HTR90 (-13,-6,+0)
    面白い。しえん。
    31 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:00:19.00 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-168)
    【東のほこら ダンジョン内】

    僧侶「勇者様は何故勇者様になられたのですか?」トテトテ

    勇者「何故そんなことを聞く?」

    僧侶「それは勇者様のことをもっと知りたいからです!」
    (大魔王を倒すレベルまで育ってもらうには前情報は不可欠だからな!)

    勇者「なれと言われたからなっただけだ。」ポリポリ スタスタスタ

    僧侶「えぇ?それはどういう事ですか?」

    勇者「お前少しうるさいぞ。」

    僧侶「ごめんなさい」シュン
    (このコミュ障勇者め!)

    32 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:01:18.22 ID:ScJlSa/MO (+24,+29,+0)
    女体化って良さがさっぱり分からない
    気持ち悪い
    33 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:01:40.09 ID:RfLS1XBI0 (+84,+30,+0)
    【東のほこら ボス戦】
    ―勇者の攻撃!ほこらのボスに35のダメージ!―

    勇者(くっ、強いな。回復を…。)
    勇者「そっ…!」

    ―僧侶はホイミを唱えた!勇者のHPが44回復した!―

    僧侶「バイキルトです!勇者様!」

    ―僧侶はバイキルトを唱えた!勇者の攻撃力が倍増した!―

    勇者(こいつ絶妙のタイミングで支援してきやがる。)

    ―勇者の攻撃!ほこらのボスに70のダメージ!―

    ―ほこらのボスは両の爪をふりまわしてきた!しかし勇者はひらりとかわした!―

    勇者(よし反撃だ!)

    僧侶(この手モンスターはこういう攻撃の後、強力な攻撃魔法うってくるんだよな。)

    ―勇者は攻撃を仕掛けようとほこらのボスに突進した!―
    勇者「でやああああああ」

    ほこらのボス「クオオオオオオン」
    ―ほこらのボスは呪文を唱えている!―

    僧侶(でもこの一発をしのげばスキができるんだよな。たぶんこれベギラマだし女の身体でも耐えれるだろ。うんで勇者がとどめをさせば楽勝だな。)
    34 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:02:35.15 ID:RfLS1XBI0 (+90,+30,-79)

    ―ほこらのボスはベギラマを唱えた!―

    勇者「しまっ」(さっきの大振りの攻撃はおとりだったのか!)

    僧侶「勇者様!」(あらよっと)
    ―僧侶は身を挺して勇者をかばった!僧侶に58のダメージ!―

    35 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:02:55.89 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-259)

    勇者「僧侶!!!」(こいつ俺をかばって…。)

    僧侶「勇者様、今です!ボスにとどめを。」ガクン
    (あら?思ったよりダメージやばいな。女の身体ってこんなに貧弱なのか…。)

    勇者「くそ!」
    ―勇者は剣をふかぶかとほこらのボスに突き立てた!会心の一撃!ほこらのボスに173のダメージ!―

    ほこらのボス「ギャオオオオオオオオオオン」ドサ

    ―ほこらのボスを倒した!―

    僧侶(ちっ、なかなか強くなったじゃねえか勇者。昔の俺ほどじゃねえけどな。)

    勇者「おい大丈夫か?」

    僧侶「さすがです勇者様…。」(あは、なんかぼーっとしてきた…。)

    勇者「おい、しっかりしろ!」

    僧侶「…。」

    36 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:03:49.01 ID:RfLS1XBI0 (+93,+30,-227)
    【大魔王城 前】

    戦士「そんな無茶だ!女僧侶は限界だぞ。」

    勇者XXX「大魔王にたち向かうのに無茶は承知だったんじゃないのか?」

    僧侶「せ、戦士様私は大丈夫です。勇者様のいうとおりこのまま攻めましょう。」

    戦士「馬鹿!無茶するな!!これ以上禁呪法を使ったら本当に死んでしまう。」

    僧侶「フフッ優しいのですね、普段はあんなに意地悪なのに…。」

    戦士「そ、それは俺はお前が…ゴニョゴニョ」

    勇者XXX「弱いやつらはいいな。互いになぐさめあえて。」

    戦士「貴様――――――!!!」バギ!!

    ―戦士は勇者XXXに殴り掛かった!!会心の一撃!勇者XXXに0のダメージ!―

    戦士「くっ」(俺の全力でも眉一つうごかさねぇ)

    勇者XXX「お前たちはここで冒険を降りろ。犬死するだけだ。」

    38 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:05:26.85 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-141)
    【フィールド】

    僧侶(ここは?)

    勇者「気が付いたか。」

    僧侶「え?勇者様?」(こいつ、あのダンジョンからここまで俺をおぶさってきたのか。)

    勇者「…。」

    僧侶「勇者様、おります。自分であるけます!」ジタバタ ジタバタ

    勇者「…。」

    僧侶「」ガクン
    (あ、ちから入んねえや)

    勇者「一人で歩くのは無理だな。」

    僧侶「す、すいません。」

    勇者「二度とするな。」

    僧侶「え?」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:06:22.32 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-120)

    勇者「俺一人でも倒せた。俺の盾になって敵の攻撃を受けるなんて二度とするな。」ポリポリ

    僧侶「で、でも」(お前完璧に魔物に誘い込まれてたやんけ!!)

    勇者「うるさい!勇者に従え!」

    僧侶(あ、こいつ涙の跡がある…。)
    僧侶(そっか、愛いやつ。)

    僧侶「じゃあ守ってくださいね、勇者様。」ギュ

    勇者「ねてろ。」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:07:40.68 ID:MJ3PFnAM0 (+24,+29,-5)
    この僧侶そっちのけ有るやろ
    42 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:08:48.57 ID:RfLS1XBI0 (+93,+30,-262)
    【宿屋】

    勇者「おい、入るぞ。」

    僧侶「あ、勇者様おかえりなさいませ。」

    勇者「次は隣国からの要請で魔物にとらわれた隣国の姫を助けてくれってよ。姫は北の孤島にいるらしい。」

    僧侶「そうですか。王様へのご報告ご苦労様でした。」

    勇者「怪我はどうだ?」

    僧侶「ばっちりですよ!むん! アイタタ」

    勇者「馬鹿なやつめ。」

    僧侶「勇者様やさしいですね。」フフ
    (意外といいやつなのかもな…。)

    勇者「あほか。ほら。」

    僧侶「わープリンぱんですね!こんなにたくさん!うれしい!」

    勇者「東のほこらには、高価なアイテムが大量に保管されていたからな。うちのケチな王様でも今回は褒賞がはずんでた。めずらしい食べ物や飲み物ももらったしな。」

    43 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:10:15.17 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-223)
    僧侶「では勇者様ご一緒に。」
    勇者「あぁ。」

    僧侶「天にまします我らが父よ。今日もこの愚かな我らに糧を食み、この体躯を安らげる場を設けてくださいましてありがとうございます。我らは常に主の御許に。」

    勇者「ぱくぱくぱく。」

    僧侶「あぁお祈りをして下さい!」

    勇者「ふるふぇー(うるせー)」モグモグ

    僧侶「もう!ではいただきます ニコニコ」

    勇者「うん。」

    僧侶「おいしいです。」パクパク

    勇者「…。」

    僧侶「あ、レモンのジュースもあるんですね。飲んでいいですか?」

    勇者「好きにしろ。」

    僧侶「ありがとうございます。ごくごく。」(このレモンジュース味きついな…。うまいからいいか。)

    勇者(レモンのジュースなんかあったか?)

    僧侶(しかし、北の孤島か。あそこの周囲は渦で囲まれていて船じゃ近づけねえ。昔の俺だったら行けたけどな…。)
    44 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:10:54.26 ID:RfLS1XBI0 (+90,+30,-28)

    勇者「どうした?」
    勇者「どうした?」

    僧侶「?」(勇者が二人いるぞ?)

    45 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:11:43.77 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-105)

    勇者「お前これ、リモンチェッロっていうレモンの食前酒だぞ。全部飲んだのか?」
    勇者「お前これ、リモンチェッロっていうレモンの食前酒だぞ。全部飲んだのか?」

    僧侶「はれー勇者様が二人いるー。」

    勇者「酔ってるな。大丈夫か?」

    僧侶「そっか!そういえば俺は勇者XXXだった!ともに大魔王を倒そう!ワハハハハ!」

    勇者「駄目だこいつ。酒乱だ。」

    僧侶「なんかあついれすねー。」ぬぎぬぎ

    勇者「おい!」

    46 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:12:17.56 ID:RfLS1XBI0 (+99,+30,-230)

    僧侶「すっぽんぽんになっちゃった!」

    勇者「おいいいい!」(プリンぱんが二つ!!)

    僧侶「お!そこの勇者ずるいぞ!先輩だけぬがしてなんとする!男同士裸のつきあいだおー!」

    勇者「ど、どうみてもお前は女だ!そして俺は男だ!」

    僧侶「ええい言い訳は見苦しいぞ!!」ダキツキ!

    勇者「そ、そんな駄目!初めては海の見えるホテルでって決めてるんだから…。」

    ゴチーン!

    ―僧侶は勇者を押し倒した!勇者はベッドの柵に後頭部を強打した!―

    僧侶「お、どうした?」

    ―返事がない!勇者は気絶している!―

    僧侶「寝たのか。なんだ、つまらん。」

    僧侶「夜はこれから…だと…いうに…ふわぁ…。」

    僧侶「むにゃむにゃ…。」

    47 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:14:16.42 ID:RfLS1XBI0 (+90,+30,-56)
    【宿屋 朝】
    チュンチュン チュンチュン

    勇者「いてて、後頭部が痛いな。朝か?」

    僧侶「すやすや。」

    勇者「!!!」

    勇者「なんで???」

    勇者「あ、そっか。こいつ酒飲んで暴れたんだっけ。」

    48 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:14:34.99 ID:MJ3PFnAM0 (+29,+29,-7)
    食前酒にこれ程のアルコール濃度が有ったとはな
    49 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:14:42.03 ID:RfLS1XBI0 (+95,+30,-139)

    僧侶「あれ?朝ですか勇者様?」ムクッ

    勇者「あ、おい。これはな。」

    僧侶「え…?」(なんで俺、裸なんだ?)

    勇者「昨日お前がな…。」

    僧侶「…。」ポロリ

    勇者「おい?」

    僧侶「ひぐっ、ひぐっ」ポロポロ

    勇者「おい、泣くな!」

    僧侶「うぇーーーーん!!」ポロポロ

    勇者「お、俺ちょっと朝の素振りにいってくるな!なんもしてないからな!な!」

    ―勇者は逃げだした!―

    50 : 以下、名無しにか - 2012/05/02(水) 22:15:43.51 ID:QILTqCxz0 (+22,+29,-3)
    この勇者ノリノリである
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - TSF + - おっぱい + - 僧侶 + - 勇者 + - 女体化 + - 性転換 + - 神スレ + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について