のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,534,366人
914,049,250頁
昨日:409人
409頁
今日:507人
514頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ切嗣「ここが10年後の冬木市だって……?」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - fate + - 士郎が正義なった元凶は切嗣 + - 学園都市 + - 未完 + - 衛宮切嗣 + - 衛宮士郎 + - 遠坂凛 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :


    切嗣「ッ…!ここは……」

    切嗣(……赤黒い穴のような物に近寄ったらこれか……僕は飛ばされたのか?)

    切嗣「……」

    切嗣「―――舞弥、聞こえるか?聞こえていたら応答してくれ」

    切嗣「……」

    切嗣「……ダメ、か」

    切嗣「それにしても、ここは一体……冬木市に似ているが少し違うような…まぁいいや」

    セイバー「……」トコトコ

    切嗣(あれはセイバー……!だが、服装が違うな……)

    切嗣(……僕が迷子なんて、絶対セイバーに言えるわけがない…ここはセイバーの後を追おう)

    2 = 1 :


    切嗣「……」

    セイバー「……今日はシロウのハンバーグです」ウキウキ

    切嗣(シロウ……?)

    セイバー「リンの中華も美味ですが、やはりシロウが作った料理が一番ですね」

    切嗣(シロウ?リン?……セイバーは何を言っているんだ?)

    セイバー「明日はアーチャーが私とリンに釣った魚を御馳走してくれると言っていました」

    切嗣(なに……?あのアーチャーと共に食事をするのか……?)

    セイバー「そういえば、ライダーからバイクの雑誌を買って来てほしい、と頼まれていましたね」

    切嗣(征服王に雑誌を頼まれた……?)

    切嗣(…………)

    3 = 1 :


     ― 衛宮邸 ―

    切嗣(本屋に寄り道……やっと辿り着いたか)

    セイバー「ただいまもどりました、シロウ!」

    士郎「あぁ、おかえりセイバー」

    切嗣(あの青年……セイバーがシロウと言っていたな)

    セイバー「見てください、ちゃんと言われた物を買ってきましたよ」

    士郎「ははは、セイバーもやれば出来るんだな」ナデナデ

    セイバー「と、当然です」

    切嗣(……)

    切嗣(どういう事だ……?)

    4 :

    僕は読みます
    このスレ居ます

    5 :

    いいぞもっとやれ

    7 :

    ワカメ着た
    早くしろ

    8 :

    たいころアッパー

    9 = 1 :


    セイバー「さて……私の後を付けていたそこの男、出てこい」

    士郎「付けていた男……?」

    切嗣(バレた……?)

    セイバー「……そちらが出てこないのなら、こちらから切るぞ」

    士郎「……」

    切嗣「……セイバー、アイリはどうした?」

    セイバー「なっ…キリツグ……?」

    士郎「な…親父!!」

    切嗣「え?」

    セイバー「……」ギリッ

    10 :

    爺さんじゃないのか

    11 :

    セイバー「シャベッタアアアアアアア」

    12 :

    英霊を尾行してバレたか?とか…
    切嗣はいくらなんでも舐めすぎだろwww

    13 :

    セイバー「きりつぐが喋ってくれた♪きりつぐが喋ってくれた♪きりつぐが喋ってくれた♪」

    14 :

    >>13
    10年来で叶ったな

    15 :

    たいころ時空なのかホロウ時空なのか

    16 = 1 :


    士郎「ほ、本当に爺さんなのか……?」

    切嗣「……僕は君の事を知らない…それよりセイバー、アイリはどうした?」

    士郎「す、すいません…人違い……?でも……」

    セイバー「何の用だ、キリツグ…どうしてここに帰ってきた?」

    切嗣「そんな事はどうでもいい……アイリはどうした、と聞いているんだ」

    士郎「アイリ…?誰だ、セイバー」

    セイバー「……」

    イリヤ「セイバー、遅いよ……って、キリツグ……?」

    切嗣「イリヤ…なのか……?」

    切嗣(イリヤまじ天使…流石僕とアイリの娘だ)

    17 :

    ファンタズム時空という可能性も

    18 :

    あることないこと吹き込まれてキリツグ殺そうとしてるんだっけイリヤは
    死ねよクソジジイ

    19 :

    このきりつぐはあほになってる

    20 = 1 :


    士郎「キリツグ……やっぱり爺さんじゃないか…!」

    イリヤ「……」ポカーン

    切嗣「……」

    セイバー「……シロウ、この男は…」

    士郎「えっと……とりあえず中に入ってお茶でもしないか?」

    切嗣「遠慮する…英霊と仲良くお茶なんて、出来るわけがない」

    アーチャー「セイバー…凛が君を……」

    切嗣(……また新しい男か…こいつは誰だ……?)

    アーチャー「……爺、さん……?」

    切嗣「え?」

    21 :

    士郎は切嗣の事を爺さんとも親父とも切嗣とも呼んでいたような気がする
    いやごめん、親父はどうだったか覚えてない

    22 :

    ウェイバーと起立具って面識あったっけ?

    23 :

    アーチャーを切嗣に会わせたらどうなるだろうな
    期待

    25 :

    カオスやな

    26 :

    タイころを思い出した
    zeroの結末を知ってるとキリツグ√とアイリ√は笑えるけどちょっとグッとくる

    28 = 1 :


    切嗣(なんだこの状況は……どういう事だ……)

    切嗣(僕には2人も隠し子が居たっていうのか……?)

    士郎「ま、まぁ入りなよ!久しぶりに会えて、嬉しいんだ……」

    切嗣「……」

    アーチャー「……生きていたんだな」

    切嗣「……」

    士郎「アーチャー…爺さんに何かしたら、いくらお前でも許さないぞ」

    アーチャー「ふん……どうだろうな、夜道に気を付ける事だ」

    士郎「……」

    士郎「……爺さん、あいつが言った事は気にしないでくれ」

    切嗣「だから、僕は君の事を知らない……人違いだと言っているだろ?」

    30 = 1 :


    士郎「そっか…でもあがっていってくれよ、爺さんに話したい事が色々……」

    イリヤ「シロウ、待って!!」

    士郎「イリヤ……?」

    イリヤ「出てきて、バーサーカー!!」

    切嗣(……バーサーカー?)

    バーサーカー「■■■、■■――――!!」

    切嗣「……!」

    士郎「イリヤ!!」

    切嗣(イリヤがバーサーカーのマスター……?どうなってるんだ……?)

    切嗣(それに…このバーサーカー……)

    イリヤ「答えて……どうして私とお母様を捨てたの……?」

    31 :

    これは続きが読みたい

    32 = 18 :

    捨てたって浮気相手と逃げたような言い方

    33 = 13 :

    マイヤと浮気して出てったみたいな

    34 :

    しえん

    35 :

    しえん

    36 = 34 :

    しえん

    43 :

    なんだこの支援埋立地(驚愕)

    46 :

    >>44
    そろそろ死ね

    47 :

    さすがにアーチャーに爺さん言われても隠し子とは思わんだろう
    いくつの時の子になるんだよ

    48 :

    なんだ終わりなのか…?
    期待してるんだが

    49 = 35 :

    久しぶりに面白そうなスレなのに・・・

    50 :

    いや、つまらなすぎたよ


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - fate + - 士郎が正義なった元凶は切嗣 + - 学園都市 + - 未完 + - 衛宮切嗣 + - 衛宮士郎 + - 遠坂凛 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について