のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,559,319人
911,668,302頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:3,404人
3,857頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ恒一「始めまして、変態の榊原恒一です」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:54:53.91 ID:hUGkaP5S0 (-30,+29,-8)
    ・長め
    ・日付変更の可能性あり
    ・途中一時離脱の可能性あり



    ↓スタート
    2 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:55:23.16 ID:hUGkaP5S0 (+93,+30,-306)
    病院・・・ッ!


    風見「僕達、夜見山北中学校3年3組の生徒です。僕は風見と」

    恒一「両隣の女の子は?」

    桜木「始めまして、桜木ゆかりです」

    恒一「ゆかりちゃんか。清楚な感じでかわいいね」

    桜木「あ、ありがとうございます」

    赤沢「赤沢泉美」

    恒一「いいね、そのつっけんどんな感じ。ゾクゾクするよ。ところで、何か?」

    風見「今日はこの3人が、3組の代表としてお見舞いに来ました」

    恒一「ありがとう、嬉しいよ」

    桜木「えっと、急な病気って聞いたのでお見舞いに来たんです」

    恒一「うん、泌尿器系じゃないから安心して」

    桜木「あの、これどうぞ」

    恒一「わぁ、綺麗な花。”花びら”っていい響きだよね」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:56:32.86 ID:xMxBfMe3O (+27,+29,-8)
    つまらん なんでも書けばいいってもんじゃない
    もっとまとめブログとかみて勉強してきた方がいいよ
    4 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:56:33.90 ID:AVE27RScO (+24,+29,-1)
    早速打ち切り臭が
    5 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:56:39.08 ID:fb6Hdm410 (+27,+29,-3)
    くっせーよ
    センスないしやめたほうがいいよ
    6 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:57:10.65 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-267)
    桜木「都内の私立校なんですよね。どうして引越しを?」

    恒一「うん、ちょっとね」

    風見「榊原くん、これを」

    恒一「封筒?まさか・・・」

    風見「1学期の授業の内容をコピーしたものだよ」

    恒一「なんだ、この厚みだからちょっと期待しちゃった」

    赤沢「恒一くんって呼んでもいい?」

    恒一「もちろん。じゃあ僕も泉美ちゃんって呼ぶね」

    赤沢「・・・よろしく」

    恒一「うん。よろしく。握手握手」


    2分後


    赤沢「・・・離してもらっていいかしら」

    恒一「なんで?」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:58:24.62 ID:xMxBfMe3O (+27,+29,-6)
    煽りとかじゃなくて本当につまらないって自覚した方をいいよ
    8 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:59:26.79 ID:fb6Hdm410 (+25,+27,-26)
    こういう奴らが臭いスレ乱立させてるんだろうな
    9 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 12:59:28.94 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-265)
    エレベーター・・・ッ!

    恒一「あ、ダディからの着信履歴」

    「・・・」

    恒一「・・・わっ、制服姿の可愛い眼帯少女だ!」

    「・・・」

    恒一「ごめんね。女人センサー働かせてなかった」

    「・・・」

    恒一「君も夜見北の生徒?」

    「・・・うん」

    恒一「可愛い娘多いんだね。登校が待ち遠しいよ。地下2階に用事?」

    「そう。待ってるの」

    恒一(地下2階・・・ここって・・・)

    「・・・」 スタスタ


    恒一(・・・ボイラー室・・・)
    10 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:02:49.98 ID:hUGkaP5S0 (+90,+30,-273)
    陽介『おお恒一、体調はどうだ?」

    恒一「おはようダディ。うん、朝からビンビン元気だよ。どうしたの?」

    陽介『今日から学校だろ?元気づけてやろうと思ってな』

    恒一「うん、とても楽しみ。まだ5時半だけどもう学校行こうかな」

    陽介『そうか。そりゃ良かった。暑いぞインドはぁ~』

    恒一「僕も興奮して体が熱いよ」


    レー「オハヨー ゲンキダシテ」

    恒一「これ以上出しちゃったらマズいよ。立って歩けなくなっちゃう」


    玲子「じゃあ最後、夜見北での心構えその5」

    恒一「はい」

    玲子「学校じゃ私をエッチな目でジロジロ見ないこと」

    恒一「えぇっ!?そ、そんな・・・!」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:03:01.25 ID:AVE27RScO (+27,+29,-5)
    ギャグ系なのにツカミが下手糞って致命的だと思う
    12 : 以下、名無しに変 - 2012/04/29(日) 13:05:11.10 ID:4P3wWhvu0 (+11,+18,-2)
    これは
    良スレの予感
    13 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:08:28.73 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    恒一「始めまして。榊原恒一です。可愛い娘ばっかりのクラスに編入できて、とても幸せです」

    久保寺「みんなで仲良くやっていきましょう」

    恒一「あ、ゆかりちゃんだ。久しぶり」

    桜木「あ、うん、お久しぶりです」

    恒一「えーと、泉美ちゃんはいないのか。残念。この前二人でお見舞いに来てくれたんだよ」

    風見(僕もいたんだけど・・・)


    恒一(前後はともかく左まで男子・・・こんなのってないよ・・・)

    久井「僕は喘息もちなんだ。榊原君のつらさ、わかるよ」

    恒一「そうなんだ。同士だね。よろしく、同士!」

    望月「よろしく、榊原くん」

    恒一(うわぁ、オカマっぽいや)

    金木「よろしくね、恒一くん」

    恒一「うん!よろしくね!杏子ちゃんか、素敵な名前だね!」

    王子「よろしくね」

    恒一「ん」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:12:25.38 ID:hUGkaP5S0 (+93,+30,-298)
    王子「病気の方はもういいの?」

    恒一「ん」

    猿田「東京とこっちではどうかのう?」

    恒一「変わらないよ」

    綾野「でもいいなー、東京。夜見山みたいな田舎ってぱっとしないしさ」

    恒一「そんなことないよ。彩ちゃんみたいな明るい娘がいるだけで華やかだよ」

    王子「お父さんが大学教授なんだってね」

    恒一「ん」

    勅使河原「どうせなら三神先生が担任だったらよかったのになぁ。美人だし」

    恒一「うん、ほんとそう思う」

    水野「俺の姉ちゃん、看護婦なんだぜ」

    恒一「ああ、早苗ちゃんの弟さんなんだ。よろしくね」


    恒一(勅使河原くんと水野くんは仲良くしておこう)
    16 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:14:39.88 ID:VIxARziq0 (+29,+29,-4)
    そういえばGWだっけ
    書き貯めあるみたいだし最後まで頑張れ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:15:24.46 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    桜木「榊原くんはどういう人がタイプなの?」

    恒一「かわいい女の子は分け隔てなく大好きだよ。だからゆかりちゃんも好き」

    桜木「あ、あうぅ・・・」

    王子「そういえば、お父さんってどこに行ってるの?」

    恒一「インド」

    勅使河原「インドかぁ。俺は暑いの苦手だから無理だなぁ」

    猿田「テッシーは研究でインドなんか行けんぞな」

    勅使河原「へいへい、行けませんよー」

    恒一(あ、杏子ちゃんと亜紀ちゃんが・・・いいなぁ。神聖だなぁ)

    風見「どうしたの?何か不安でも」

    恒一「ううん、そういえば泉美ちゃんは休み?」

    風見「うん、休みみたい」

    恒一「そっか、あの汚いものを見るような冷たい目で出迎えられたかったのに」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:19:16.40 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    桜木「榊原くん、高林くんは?」

    恒一「あ、クラス委員で眼鏡っ娘の桜木ゆかりちゃん。保健室で休んでくるって」

    桜木「そう・・・」

    恒一「ゆかりちゃんも体育は見学?女の子は大変だね、月1で来るもんね」

    桜木「いえ、このまえ足をくじいちゃって」

    恒一「そっか。女の子は体を大事にしなきゃだめだよ」

    桜木「う、うん・・・昼休み、勅使河原くんと風見くんに、何か聞きました?」

    恒一「ううん、女子の名簿と座席表を貰ったぐらい」

    桜木「そっか・・・ちゃんとしないと赤沢さんに叱られちゃう」

    恒一「泉美ちゃんがゆかりちゃんを?・・・何かわからないけど、画になるね」

    桜木「何か言いました?」

    恒一「ううん、なんでも。ところで鳴ちゃんは?」

    桜木「・・・え?」

    19 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:23:53.26 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-210)
    恒一「ほら、黒髪ショートの無口系な。さっき名簿見て名前知ったんだ」

    桜木「え・・・え?」

    恒一「昼休みも教室にいなかったし」

    桜木「っ・・・」

    恒一「雨が降りそうだね。・・・あっ、鳴ちゃん見っけ」

    桜木「あっ・・・榊原くん!」

    恒一「まだ鳴ちゃんの情報仕入れてないんだ。ちょっと行ってくる」

    桜木「ちょ、ちょっと!」



    恒一「おーい鳴ちゃーん。体育見学だったんだね」

    「・・・」

    恒一「あの日?」

    「・・・違う」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:27:20.54 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-246)
    恒一「いいの?屋上にいても。風が吹いたら僕の目だったらパンツ見えちゃうよ」

    「そういうあなたは、大丈夫なの?」

    恒一「僕のパンツ?誰かに見られたところで得はしても損はしないよ」

    「・・・違う」

    恒一「絵、描いてたの?僕もたまに描くんだ」

    「・・・」

    恒一「そういえば、病院のボイラー室になんの用事が?」

    「そういう質問攻め、嫌い」

    恒一「ああ、ごめん。僕は好きだけどな」

    「・・・私には近寄らないほうがいい。話すのもやめたほうがいい」

    恒一「えぇー、まだ好きな食べ物とか何も聞いてないのに」

    「じゃあね、さ・か・き・ば・ら・くん」

    恒一「恒一くんでいいよ?」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:27:41.03 ID:sIbvn6rN0 (+24,+29,-24)
    恒一「半身?ああ、下半身のことかぁw」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:33:17.71 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-288)
    翌日・・・ッ!

    恒一「あ、鳴ちゃんだ。おはよう」

    「・・・大丈夫なの?これ」

    恒一「わっ、突風だ!女人センサー発動!鳴ちゃん以外のスカート人物、有視界範囲に捕捉できず!」

    「・・・気をつけて、もう始まってるかもしれない」

    恒一「あの日が?」

    「・・・違う」


    恒一「君、美術部なんだ」

    望月「うん、今年から活動再開なんだ」

    恒一「やっぱりダビデ像とか好きなの?」

    望月「うーん、彫刻よりも油絵のほうが好きかな」

    恒一「油絵か。なかなかマニアックだね」

    望月「そうかな?割とポピュラーだと思うよ?」

    恒一「美術は奥が深いなぁ」

    23 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:37:56.53 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    恒一「ムンクの叫びって、あれだけ大きく口を開けてたら色々な想像しちゃうよね」

    望月「どういうこと?」

    恒一「こう、全てを飲み込もうとしているというか」

    望月「面白いとらえ方だね」

    勅使河原「よっ、サーカキ!三神先生の話か?俺も混ぜろよ」

    恒一「今日の下着は黒のはずだよ。朝チラッと見たんだ」

    勅使河原「マジかよ!くぅ~!大人ー!」

    望月「そ、そういう話はよくないよう」

    恒一(そっか、望月くんは女性が苦手なんだな。だから道を逸れてしまって・・・)

    勅使河原「三神先生が副担任なのが唯一の救いだぜ、呪われた3組なんだからそれくらいの役得は」

    恒一「呪われた?」

    勅使河原「あっ・・・」

    望月「っ・・・」

    恒一(女子が皆、呪いで裸Yシャツになっちゃうとか・・・?)
    24 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:38:01.74 ID:KyBX+KyS0 (+16,+26,-1)
    続けたまえ
    25 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:43:52.51 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    恒一「あっ、鳴ちゃんだ。おーい」 ガラッ

    勅使河原「お、おい!それは・・・!」

    恒一「やあ、朝と寸分違わぬかわいさだね」

    「・・・いいの?止めなかった?あの二人」

    恒一「僕達の間にあんな二人なんて関係ないよ」

    「・・・そう」

    恒一「この絵は・・・裸?鳴ちゃんの裸?だとしたら僕は必死に脳裏に焼き付けるよ」

    「最後に大きな翼をつけるの」

    恒一「天使だね。鳴ちゃんは天使だよ。ところで昨日、雨の中で何してたの?」

    「雨は嫌いじゃないから。特に真冬の、雪に変わる寸前の雨が」

    恒一「僕は夏のにわか雨かな。そういった日は必ず夏服の女子の後を歩くんだ」

    千曳「ん、見慣れない顔だね。さあ授業だ。行った行った」

    恒一「はーい。天使の鳴ちゃん、また今度」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:50:16.08 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-229)
    玲子「あぁ、千曳先生ね。女子には気味悪がられてたっけ。何か言われた?」

    恒一「いいえ、特に」

    玲子「そういえば、部活は入らないの?」

    恒一「美術部に入らないかって誘いはありました」

    玲子「絵、好きなの?」

    恒一「うーん、必要に迫られて描くときはたまに。自給自足って呼んでるんですけど」

    玲子「意外な特技ね」

    恒一「ところで玲子さん、いいオヘソしてますね」

    玲子「あらありがとう。スタイルには気を使ってるからね」

    恒一「玲子さんをモデルに彫刻を彫りたいです。割と本気です」

    玲子「そういうのは美術の学校を出てからにしなさい」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:51:21.08 ID:iKZRvGAs0 (+23,+28,+0)
    つまんねぇからやめろよ
    28 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:53:12.88 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    恒一「早苗ちゃーん」

    早苗「榊原くん。どうしたの?」

    恒一「早苗ちゃんの笑顔を見ないと眠れなくって」

    早苗「はいはい。年上なんだから水野さんって呼びなさいよ」

    恒一「でも早苗ちゃんの笑顔を見たら興奮して眠れなくなるんです」

    早苗「あら、そんな時はどうするの?」

    恒一「そんなの決まってるじゃないですか」


    恒一「無人の病院ってなんとも言えない背徳感があっていいですね」

    早苗「で?最近は何読んでるの?」

    恒一「最近ようやく菅野美穂の写真集を」

    早苗「そっちじゃなーくーて」

    恒一「早苗ちゃん、こういう事言っても全く動じないから面白くないです。でもそういう所も好きですよ」

    早苗「はいはいありがとありがと」

    恒一「いいなぁこの突き放される感。病院の雰囲気も相まって興奮してきた」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:53:43.76 ID:hQUknM6j0 (+10,+25,-12)
    ほうほう
    30 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:55:35.05 ID:ko5gzUY90 (+18,+28,+0)
    俺は面白いと思うが
    31 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:56:39.88 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    久保寺「俳句というのは、5・7・5の17音で作られた定型詩で・・・」

    恒一(ヒマだなぁ。杏子ちゃんのたてる物音に全神経を集中させよう)

    久保寺「俳句を成立させる点で重要なのは・・・」

    恒一(・・・鳴ちゃん、いないなぁ)

    赤沢「・・・・・・」

    恒一(泉美ちゃんの鋭い視線・・・滾るなぁ。あ、杏子ちゃんのシャープペンの芯が折れた)


    桜木「榊原くん、お帰りですか?」

    恒一「あ、ゆかりんいずみんだ。そのつもりだったけど」

    赤沢「ちょっと、いい?」

    恒一「もちろん、この後の予定全部すっぽかしてでも行くよ」

    桜木「いや、そこまでお時間はかからないかと・・・」

    恒一「ま、予定ないんだけどね」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:57:05.59 ID:iKZRvGAs0 (+29,+29,-18)
    これが面白いと思えるなんて幸せな人達だなぁ
    あ、GWか
    33 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:58:41.49 ID:KyBX+KyS0 (+24,+29,-5)
    今は他に無いしね…
    34 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:58:46.72 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-296)
    赤沢「どこかで、会った気がするのよ」

    恒一「僕と?僕には記憶がないなぁ。人違いじゃ?」

    赤沢「それも含めてね」

    恒一「泉美ちゃんみたいなかわいい娘に会ってたら、恒久的な記憶としてこの灰色の脳細胞に刻まれてるはずだし」

    赤沢「・・・イラつくのよ」

    恒一「ありがとうございます」

    赤沢「いや、あなたにじゃなくて、思い出せない自分の不甲斐なさにね」

    桜木(ありがとう・・・?)

    恒一「何かの事象によって記憶が改竄されてるとか?」

    赤沢「まさか、マンガでもあるまいし。対策係としてもしっかりしないと」

    恒一「対策係って何をするの?」

    赤沢「簡単に言えば、クラスを守るために立案して、執行する係」

    恒一「3組の女子だったら、僕一人でも守れるけどな」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 13:58:54.60 ID:fb6Hdm410 (+27,+29,-7)
    GW臭すぎ
    このスレが上に上がってくるだけで不快だからはよ落とせ
    37 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:01:19.34 ID:HhG/GL3B0 (+28,+29,-17)
    なんでこんなに叩かれてんの?
    38 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:01:55.23 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-228)
    赤沢「恒一くんにはクラスのことを知ってもらわないと」

    桜木「そ、それが・・・」

    恒一(む、女人レーダーに鳴ちゃん捕捉。・・・8時方向にて目視確認完了)

    赤沢「・・・なんですって!1日休んだだけでこのザマか・・・!」

    桜木「ごめんなさい・・・」

    恒一「二人のやりとりも耳が幸せなんだけど、用事思い出したから帰るね。二人とも、また明日」

    赤沢「あ、ちょっと!」

    望月(二人・・・僕入ってないんだろうなぁ・・・)



    恒一(目標、レーダー捕捉を維持。尾行を続ける)

    「・・・」

    恒一(・・・)

    「・・・」

    恒一(・・・ロスト)
    40 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:04:19.04 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-218)
    恒一「えーと、たしかこの辺・・・ん?”黄泉のたそ がれのうつろな る蒼き瞳の”。 575だ。俳句かな」


    ヴィイイイイ・・・ヴィイイイイ・・・


    早苗『恒一くん?この前の件だけど』

    恒一「何かわかったんですか?」

    早苗『亡くなったの、中学生の女の子だって』

    恒一「!・・・その子の・・・名前は?」

    早苗『えーとね、”みさき”だか”まさき”だか』

    恒一「・・・!」

    早苗『また聞きなんだけど、どうやら一人っ子だったらしくて、親御さんが取り乱して大変だっ』 プツッ



    恒一「まさか、鳴ちゃんが・・・冥ちゃんに・・・?・・・悪くない・・・」
    42 : 支援thx - 2012/04/29(日) 14:06:57.15 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-233)
    天根「いらっしゃい。おや、若い男の子とは珍しい」

    恒一「こんにちは、グランマ。ここはお店なんですよね?」

    天根「中学生かい?」

    恒一「美しいお声です。さぞかし昔はお綺麗だったんでしょうね」

    天根「半額でいいよ」

    恒一「ありがとうグランマ。わあ、高そうな女の子の人形だ。僕の知ってる人形とはわけが違うや」

    チラッ

    恒一「ちゃんと履いてるんだ」


    ↓こちらにもどうぞ

    恒一「鳴ちゃんそっくりな人形だ。おっぱいタッチ!・・・硬い・・・」

    「・・・なぜ、あなたがここにいるの?」

    恒一「わぁ、鳴ちゃんが喋った!おっぱいタッ」

    「させない」 パシッ

    恒一「早い!?」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:09:23.02 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-239)
    「この人形、私に似てるって思った?」

    恒一「うん、とてもかわいいなって」

    「・・・似てるけど、半分だけ。もしくは半分以下」

    恒一「おっぱいは同じくらいじゃないかな」

    「どうしてあなたがここにいるの?」

    恒一「学校からつけてきたんだ」

    「何故?」

    恒一「色々話したいから。で、ここが気になって」

    「そう、榊原くんはこの人形、気味が悪いって思わなかったんだ」

    恒一「うん、世界は広いからね。様々な趣向があるって事はわかってる」

    「・・・見せてあげようか」

    恒一「はい!!!」

    「・・・見せてあげようか。この眼帯の下」

    恒一「・・・はぁい」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:12:19.09 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-257)
    「・・・」 スッ

    恒一「オッドアイだ」

    「私の左目は人形の目なの。見えなくていいものが見えてしまうから普段は隠してる」

    恒一「羨ましい能力だね」

    「気分が悪い?」

    恒一「ううん、かわいい」

    「人形はね、うつろなの。心も体も」

    恒一「うつろな穴の開いた人形ならよく知ってるけど」

    「ここにいると、何かが吸い取られるような感じがしない?内側から」

    恒一「人形に吸い取られる・・・いい表現だね」

    「行きましょう。上のほうがここよりましだから」

    恒一「オッドアイ、人形・・・語尾に『ですぅ』とか付けると似合いそうだね」

    「何の話?」

    恒一「わからないけど、なんとなくそんな気がしたんだ」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:15:27.71 ID:AVE27RScO (+33,+29,-20)
    >>37
    1レス目がいかにも気持ち悪い書き手っぽいからじゃね
    47 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:16:41.71 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-264)
    恒一「攻防Mっていうのは?」

    「工房mね。霧果って人の工房」

    恒一「地下の人形も?」

    「多分。全部霧果の作品」

    恒一「なんであの大きい人形は鳴ちゃんのリアルドールなの?」

    「知らない」

    恒一「鳴ちゃんって、兄弟はいる?」

    「いない」

    恒一「やっぱり・・・!」

    「他にも聞きたいこと、あるんでしょ?」

    恒一「うーんと、誕生日、血液型、足のサイズ、お風呂で最初に洗う場所、それと・・・」

    「・・・」

    恒一「どうしたの?冥ちゃん」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:21:17.75 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,-215)



    「・・・この話にはね、まだ続きがあるの」

    恒一「・・・!」

    ヴィイイイイ・・・ヴィイイイイ・・・

    恒一「ごめんグランマ、ちょっと女の子とお話中だったんだ。もうすぐ帰るよ。じゃ」

    「嫌な機械。どこにいても繋がっちゃうのね」

    恒一「僕は冥ちゃんとずっと繋がっていたいな」

    「・・・その名前の呼び方も嫌」

    恒一「そうだよね。ごめんね鳴ちゃん」

    「変わってない」

    恒一「変わったよ?」

    天根「閉店の時間だよ。今日はもうお帰り」

    恒一「はい。じゃあね鳴ちゃん。また明日!」

    「・・・はぁ・・・」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/04/29(日) 14:23:37.39 ID:hUGkaP5S0 (+95,+30,+0)
    勅使河原「はーぁ、テストの後は進路指導かぁ」

    風見「大丈夫、君にも行ける高校はあるよ」

    勅使河原「励ましてんのかそれ。お前はどこ行くんだよ?」

    風見「・・・西高」

    勅使河原「お前そんな成績良かったっけ?」

    恒一「西高か。ゆかりちゃんが行こうとしてる所だね」

    風見「なっ!」

    勅使河原「ははぁーん。なるほど。頑張れよ~」

    風見「さ、榊原くん!なんでそれを・・・!」

    恒一「この前女子の皆に聞いたんだ」

    勅使河原「で、サカキはどうするんだ?東京に戻るのか?」

    恒一「かわいい娘の多い所にしようかなって。ゆかりちゃんがいるなら西高もいいな」

    風見「・・・!」
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について