のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,533,123人
911,638,778頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:1,869人
2,127頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら「もういやだわまどかなんてどうでもい」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - 外野がうるさいスレ + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:18:32.09 ID:Hr2Ld0tw0 (+125,+30,-205)
    ほむら「どうせあなたは私が契約すればとか魔法少女になれば自信がつく人が救えるとかいって契約するんでしょう」

    ほむら「しね!おまえのせいでわたしがどれだけくろうしてきたか・・・契約しないでと何回いったらいいの!?」

    まどか「うう・・・・・」

    ほむら「すこしはわたしのこともかんがえて!自分の考えで人がどれだけ苦労するか・・・」

    まどか「・・・・それはほむらちゃんにもいえることだよね?」

    ほむら「・・・?なによ・・・」

    まどか「かってにわたしに契約するのがわるいことだとかいって、
    かってに契約しないことをおしつけて・・・なんなの?ひとのこといえるの?」

    ほむら「くっ・・・・」

    まどか「あなたが契約させたくなくてもわたしは契約してみんなを助けたいの
    それが偽善だとかおごりだとかいわれてもかまわない・・・わたしはみんなを助けたい!」

    ほむら「あなた魔法少女がどうなるかしったうえでいっているの!?」

    まどか「しってる QBから全部きいた・・・ それでも私は契約したい」

    ほむら「・・・・・」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:19:13.35 ID:Hr2Ld0tw0 (+85,+30,-133)
    まどか「ほむらちゃんわかってよ いやわからなくてもいい
    あなたに契約するかどうかなんてきめらたくない」

    ほむら「ッ・・・・・・・」

    ほむら「ふざけるなこのくそアマァ!!!」バシッ

    まどか「いてっ!ああん?論破されたたからって暴力か?くそアマはどっちだよメンヘラァ!」ドゴォ

    ほむら「くっ・・・・」

    まどか「調子こいてんじゃねえぞカス・・・・勝手な偽善を人におしつけるんじゃねえ・・・
    人の人生かってにきめるんじゃねえ・・・わかったかメンヘラァ・・・」ドゴォボゴボゴォボgォ

    ほむら「アガァ!やめて!まどかわかってもうなにもいわないから!」

    まどか「わかればいいんだよほむらちゃん♪じゃあQBと契約してくるね♪」トットッ

    ほむら「・・・・・・・・・・」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:19:42.24 ID:Hr2Ld0tw0 (+94,+30,-180)
    バキューン

    まどか「えっ・・・・・・・・かはっ・・・ほむ・・・ら・・・」バタッ

    ほむら「クケケケケケケケケケケケケッケケッケッケ!!!」

    ほむら「わたしのいうこときかないまどかなんていらない!思い通りにいかないまどかなんかいらない!フヒヒヒ!
    そうだぁ!忠告もきかないばかまどかだったら殺せばいいんだぁ☆
    だって何回もループできるんだしね☆ストレス発散にもなるわ!私天才☆」

    まどか「くずがっ・・・・」

    ほむら「・・・・」ドキューンバキューンドコーン

    まどか「」

    ほむら「まどかがミンチになっちゃった☆いうこときかないまどかがいけないんだよ?わかるよね?」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:20:07.76 ID:Hr2Ld0tw0 (+93,+30,-115)
    ほむら「さーて時間もどしましょうかーくけけけけけけけけけk!!」

    そうしてほむらはキチガイとなりループしてマドカを殺しまくったが一向にワルプルは倒せない
    そうしてさらに狂ったほむらは魔法少女の殺人・強盗・放火を繰り返しやばくなったら時間を戻るということをおこなうようになった

    ほむら「くけけけけけけけけk!さやかうぜぇ!!1しねwwwwww」

    さやか「ぐえっ!」

    ほむら「ヒェッハーーーーー!」

    おわり
    5 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:21:22.93 ID:tbKUx2UB0 (+22,+29,-1)
    >>1
    疲れてるんだな
    もう寝なよ
    6 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:21:35.45 ID:YJdlp23n0 (+29,+29,-34)
    とりあえずそこまで行きつく前に此岸の魔女爆誕ルートに強制連行なわけですが
    7 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:23:35.81 ID:KBbbH/Mh0 (+21,+30,-44)
    ほむらがループ中にまどかのこと嫌いになれば割りと色々解決できそう
    ワルプル倒してもらったあとはまどか殺して平凡な魔法少女として……
    8 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:24:07.88 ID:YJdlp23n0 (+23,+19,-14)
    で、なに?>>1-4はガン無視で書いていいの?
    9 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:25:10.40 ID:tbKUx2UB0 (+25,+29,+0)
    >>8
    好きにしろよ
    10 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:25:30.96 ID:KBbbH/Mh0 (+29,+29,-14)
    ほむまど和解じゃなければ読みたいなぁ
    11 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:30:49.06 ID:tinPWE/rO (+24,+29,-9)
    契約したら人類滅亡なんだから、ほむらじゃなくても止めようとするだろ
    12 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:39:42.63 ID:YJdlp23n0 (+38,+30,-55)
    ほむら「………」

    いつもの病院、いつもの病室、いつものベッドの上で、わたしは目を開けた。

    ほむら(………また……)

    また、ダメだった。まどかがワルプルギスの夜を目の前にして、キュゥべえと契約。
    ワルプルギスの夜を一撃の元下し、その後すぐに魔女化。
    そう、これも『いつも通り』と言えば『いつも通り』だ。

    ほむら(……どうして、わかってくれないの……?まどか……)
    13 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:46:30.65 ID:5ZlsENk70 (+27,+29,-10)
    ほむら「だからあなたなんか嫌いなのよ~」てやつ思い出すな
    14 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:47:06.36 ID:9/Lgfolh0 (+24,+29,-7)
    呼び方ほむらちゃんなのか あなた なのかどっちかに統一しろよ
    15 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:51:32.47 ID:+WZVjkVy0 (+22,+27,-12)
    >>12
    期待していいんだよな
    16 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:54:27.19 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-78)
    ほむら(これで一体わたしは何回繰り返したの……?)

    もう、回数なんて覚えていない。
    ただ、あの時のまどかとの約束。それだけを道しるべにして、わたしは戦い続けた。
    でも、わかってくれない。

    ほむら(……わたしだって……あなたと同じ、中学二年生なのよ……?)

    ああ、ダメだ。こんなことを考えていたら、ソウルジェムは濁る一方だ。
    ポケットにしまってあるソウルジェムを取りだす。

    ほむら(………)

    わたしの心に広がる絶望に、敏感に反応している。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:55:59.84 ID:ESWo280aO (+24,+29,-20)
    ほむら「もうええわまどかなんてどうでもよか」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:58:16.75 ID:b+ALf9dp0 (+17,+27,-2)
    わりと>>1-4でも楽しめた
    19 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 19:59:33.81 ID:3BrNydPXP (+30,+30,-71)
    普段可愛いとされるキャラほど狂うと面白い
    ほむらが狂ってもライターが暴走したか裏があるか茶番にしかならない
    と書こうと思ってやめようと思って書いたはずだけどやめようと思いとどまって書いた
    20 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:02:17.91 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-211)
    ほむら(確か、盾の中に以前のループで手に入れたグリーフシードが……)

    盾の中に収納してあるグリーフシードを取りだし、自身のソウルジェムを浄化する。

    ほむら(……こんなことをして、一体なんの意味があるのかしら……)

    まだ、わたしはまどかの為に戦うことが出来るのだろうか。
    これだけの嫌な思いをさせられて、それでもわたしは戦えるのか?
    自問自答を繰り返す。

    ほむら(………)

    ひとしきり自問自答を繰り返したところで、手の中のソウルジェムをもう一度確認する。
    ……まただ。これじゃ、いくらグリーフシードがあったって足りやしない。

    ほむら(いい……考えないようにしよう)

    思考を停止し、ベッドから起き上がる。そして『いつもの様に』眼鏡を外し、魔力で視力を回復。
    みつあみを解き、わたしの決意の姿へと着替える。

    ほむら(………いいわ。もういい……)

    わたしは少しばかり、頑張りすぎたのかもしれない。

    ほむら(このループを……わたしとまどかの、最後のループにしましょう)

    あるいは、『最期』か。それは、この時間軸でのわたしの頑張り次第だ。
    21 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:09:34.36 ID:q/zNAVwei (+25,+30,-32)
    疲れ果ててまどかがどうでもよくなったほむほむか
    惰性でループ続けてたらいつか起こりうる未来でもあるな
    自分の為に行動するほむほむも見てみたい
    22 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:10:22.06 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-115)
    数日後。見滝原中学に、転校生としてわたしはやってきた。
    まどかの姿を直視する。

    ほむら(………)

    大丈夫。まだ、まどかは魔法少女にはなっていないはずだ。
    今日の放課後。そこで、キュゥべえはまどかと接触しようとするはず。
    わたしは今回、それはあえて止めない。

    ほむら(問題は……巴マミね)

    彼女にわたしを信用してもらえるかどうか。そこが鍵となるに違いない。

    さやか(ねぇまどか。あの転校生、まどかにガン飛ばしてない?)
    まどか(えっ?そ、そうかな?気のせいじゃない?)

    ほむら「………」

    まずは休み時間、巴マミに接触を試みよう。
    23 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:14:35.02 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-162)
    休み時間。多数のクラスメイトに囲まれる前に、いち早くわたしは教室を出る。

    モブA「暁美さーん……って、あれ?」
    モブB「いない……どこ行ったんだろ?」

    さやか「まどか、見てた?」
    まどか「う、うん。なんか、すぐに教室から出て行っちゃったね」

    ―――

    三年の教室が並ぶ階に到達する。

    ほむら『………巴マミ。聞こえる?』

    ―――

    マミ「……!」
    ほむら『聞こえているなら、廊下へ出てきてちょうだい』
    マミ『誰かしら?こうしてテレパシーで話しかけて来ると言うことは……』
    ほむら『……話は、直接顔を合わせてしたい』
    マミ「………」

    誘導成功。マミは教室から廊下へ姿を現した。

    マミ「……廊下で出来るような話では、なさそうね?」
    ほむら「………」
    マミ「いいわ、屋上へ行きましょう」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:20:43.80 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-210)
    屋上に出たところで、休み時間終了を告げるチャイムが鳴り響く。

    マミ「さぁ、ここなら思う存分話が出来るでしょう?」
    ほむら「………」
    マミ「あなた、魔法少女ね?」

    警戒心を隠そうともせず、マミはわたしに向かい合っている。

    ほむら「ええ、そうよ」
    マミ「新しく契約したばかり?わたしのことは誰から聞いたのかしら?」
    ほむら「あなたの質問にひとつひとつ答えていたら、時間がいくらあっても足りないわ」
    マミ「っ……」

    もう、本当にめんどくさい。マミは魔法少女として長い間一人で戦い続けている為か、妙な余裕を常に見せている。
    そして、わたしのような突然のイレギュラーには、対処法がわからない。

    ほむら「キュゥべえ。聞こえているならあなたもわたしたちの話に同席してちょうだい」
    QB「……やれやれ」

    キュゥべえが、物陰から姿を現した。

    マミ「キュゥべえ!あなた、この子のことを……」
    QB「僕と話をするよりかは、直接その子と話をした方が早いんじゃないのかな、マミ?」
    ほむら「………」

    これで、舞台は整った。
    25 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:30:16.37 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-187)
    ほむら「回りくどい話は無しにしましょう。わたしはわたしの目的を、あなたたちに聞いて欲しいの」
    マミ「……人の縄張りに唐突に現れておいて、目的を聞いて欲しい?ずいぶんと勝手なのね、あなた?」
    ほむら「………。まずは、自己紹介をしておくわ。わたしの名前は暁美ほむら」

    そうしてわたしは、わたしの目的を洗いざらい話す。
    まどかの魔法少女の契約の阻止。今から一ヵ月後に訪れる、ワルプルギスの夜を、撃破すること。

    マミ「………っ」
    QB「暁美ほむら……何者なんだい、キミは?」
    ほむら「何者でもないわ。ここにいるのは、たったひとつの道しるべを頼りに戦う、ただの魔法少女」
    QB「……」
    ほむら「あなたがまどかを勧誘するのは自由よ。ただし、わたしはそれを阻止する」

    それが、わたしの目的なのだから。
    キュゥべえとマミを屋上に残し、わたしは校舎の中へ戻る。
    26 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:32:44.56 ID:5ZlsENk70 (+27,+29,-6)
    もうちょっと好意的にさ
    まぁ、コミュ障と言われる所以か…
    27 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:37:02.08 ID:YJdlp23n0 (+29,+30,-209)
                                  ~巴マミ~

    暁美ほむら。……一体、彼女は……?

    QB「マミ、深く考えることはないよ」
    マミ「キュゥべえ……?」
    QB「少し考えればわかることだ。普通の魔法少女なら、新しい魔法少女が生まれるのは嬉しいことではないはず。彼女も、その例に漏れることはないだろう?」
    マミ「……でも、ワルプルギスの夜がこの町に来るって……」

    ワルプルギスの夜。
    超弩級の大型魔女。歴史に名を残す程の、強大な魔女だ。

    QB「キミは、彼女の言うことを全て信じると言うのかい?」
    マミ「それ、は……」
    QB「確かに、暁美ほむらという存在は不可解だ。僕も契約した記憶はないし、ワルプルギスの夜が現れるということも知っている」
    マミ「! やっぱり、ワルプルギスの夜が来るの?」
    QB「………。可能性の話だよ、マミ」

    キュゥべえが言葉を濁した?なぜ?

    マミ「………」
    QB「とにかく、鹿目まどかを魔法少女に勧誘しよう。彼女も、それは自由だと言ってくれたからね」
    マミ「え、えぇ……」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:43:04.82 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-184)
                                  ~暁美ほむら~

    ショッピングモール。ここに、魔女が姿を現すはず。
    そしてキュゥべえは、ここにまどかを呼びよせるはずだ。

    ほむら「………」

    何をしているんだ、わたしは。
    キュゥべえとまどかの接触を、止めるつもりはなかったのではなかったのか?

    ほむら「巴マミが一緒ならば……まどかにも危険は及ばないはずよね」

    そうだ。危険はないはずなのだ。
    なのに、この不安感はなんだ?わたしは何かを見落としている?

    ほむら「………」

    この場を去ろうとしても、その不安感によって動けずにいる。

    ほむら(……いいわ。この場に留まって……万一、まどかに危険が及ぶことになれば、わたしが守ればいい)

    そう決め込んだところで、魔女の気配が訪れた。
    29 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:47:21.83 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-131)
    魔女結界の中へ侵入する。

    QB「! 暁美ほむら……?」
    ほむら「………」

    結界の中には、キュゥべえがいた。

    ほむら「何をしているの、あなた?」
    QB「魔女の動向を探っていたところだよ」
    ほむら「……」

    嘘ばかり。ここで自身を危険に晒し、それを口実にしてまどかを呼び寄せようとしているだけでしょう、あなたは。

    QB「僕がまどかを勧誘するのは、自由なんだろう?」
    ほむら「ええ、自由よ」

    まどかが魔法少女の存在を知ったところで、わたしは魔法少女の真実を全てまどかに話すつもりだ。
    そうすれば、まどかはきっと契約を躊躇うに違いない。

    QB「……さて、と」
    QB『助けて、まどか!』
    30 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:49:03.99 ID:KBbbH/Mh0 (+29,+29,-5)
    ほむほむの目の前で自作自演するQB想像したらなんかワロタ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:50:51.13 ID:QPDXH9N60 (+11,+26,+0)
    ふむ
    32 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:53:30.93 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-122)
                                  ~鹿目まどか~

    まどか「……?」

    何かが、聞こえた。

    QB『まどか、助け―――』
    まどか「だ、誰?」

    周囲を見渡しても、声の主は見当たらない。

    さやか「ん、どうかしたのまどか?」
    まどか「わたしを呼ぶ声が……」
    さやか「は? 声?」

    ふらふらとその言葉に導かれるように、わたしは歩きだす。

    さやか「あ、ちょっとまどかーっ!?」


    ついた先は、関係者以外立ち入り禁止の扉。それを躊躇いながらも開き、更に声を頼りに歩いて行く。

    QB『お願い、まど―――』
    まどか「どこにいる……!?」

    あれ。なんだろう、これ。おかしい。どこ、ここ?
    33 : 忍法帖【Lv= - 2012/04/17(火) 20:57:34.28 ID:3e153SKH0 (-26,-14,-1)
    しえん
    34 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:57:44.22 ID:oKJIWVI80 (+18,+28,+0)
    ほむらちゃん
    35 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 20:59:00.84 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-134)
                                  ~暁美ほむら~

    ほむら「………。わたしは行くわ」
    QB「おや、いいのかい?このまま順調に行けば、まどかはすぐにでも僕と契約するかもしれないよ?」
    ほむら「何を怯えているのかしら、キュゥべえ?」
    QB「……!」

    感情のないはずのキュゥべえが、僅かに狼狽する。

    ほむら「巴マミも、近くにいるのでしょう?大丈夫よ、彼女がいれば。この魔女は、彼女の敵ではないもの」
    QB「キミは……」

    うろたえるキュゥべえを横目に、わたしは歩きだす。

    ほむら(………)

    不安感は、まだ拭えない。マミがいるのだから、大丈夫。そう、大丈夫だ。
    自分に必死に言い聞かせる。


    後ろ髪を引かれながらも、わたしは結界の外に出る。
    37 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:05:34.03 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-75)
    ほむら「………」

    結界を出たところで、わたしは足を止めた。

    ほむら(………)

    やはり、不安は拭えない。
    なんだ?一体わたしは何に不安を覚えている?

    ほむら「……巴マミ……?」

    そうだ。彼女は……仲間が増えると思うと……―――!!!

    ほむら(しまった!!!)

    こんな簡単なことを……っ!!
    一度は脱出した結界に、再度侵入する。
    38 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:09:06.54 ID:e/6p+n3m0 (+27,+29,+0)
    やったねマミちゃん
    39 : 忍法帖【Lv= - 2012/04/17(火) 21:12:59.05 ID:15H25hXp0 (+24,+27,+0)
    >>38
    おいやめろ
    40 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:13:36.74 ID:KBbbH/Mh0 (+24,+29,-3)
    魔法の言葉で仲間が増えると思うと……
    41 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:14:07.18 ID:/+zKoAEJ0 (+12,+27,-3)
    ぽぽぽ・・・ぽーん・・・
    42 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:16:19.51 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-176)
                                  ~巴マミ~

    キュゥべえの言うとおり、鹿目さんと美樹さんは結界に誘い込まれた。
    正直、魔法少女じゃない一般人を魔女結界に誘い込むやり方には関心しなかったのだが。
    キュゥべえ曰く、そうした方が説明の手間が省ける、とのことだった。

    まどか「魔法……少女……」
    マミ「ええ、そう。興味はあるかしら?」
    さやか「うーん、なんでも願いが叶うっていうのは魅力的ではありますけど……」
    マミ「今すぐというわけではないわ。でも、いずれは、ってことで納得できないかしら?」
    まどか「考えておきます」
    QB「話はそこまでだよ、三人とも。魔女だ」

    キュゥべえの言葉を聞き、正面に向き直る。
    魔女の姿を見上げる。

    マミ(……大きい、わね)

    でも、問題ない。リボンを束ね、巨大な大砲を召喚する。
    43 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:23:51.08 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-186)
    マミ「とりあえず、わたしはこの子たちと話がしたいの。あなたには悪いけれど、決着をつけさせてもらうわ!」

    召喚した大砲を手に、跳躍する。

    ゲルトルート「ギャオオオオオオオ!!!」
    マミ「ティロ・フィナーレッ!!」

    魔女目掛け、大砲を撃ち放つ。

    使い魔1「&%$#)(’」
    使い魔2「@^-;:&$¥」
    マミ「っ!? な……っ!?」

    わたしと魔女の間に、多数の使い魔が躍り出て来る。
    その使い魔に、わたしの魔女への攻撃は防がれていた。

    ゲルトルート「グオオオオオオアアアア!!」

    思いがけない事態に動揺したわたし目掛けて、魔女が多数の触手を伸ばしてきた。

    マミ「しまっ……!」

    そのまま、地面に強く叩きつけられた。
    44 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:32:05.16 ID:YJdlp23n0 (+34,+30,-170)
    マミ「あぐっ……!!」

    呼吸が途切れる。痛みを堪え、ゆっくりと立ち上がる。

    マミ「つっ……」

    額を切ったのか、血がたらりと流れてきていた。

    まどか「ま、マミさんっ!」
    さやか「大丈夫ですかっ!?」
    マミ「し、心配ないわっ……ちょっと油断しただけ……つぅっ!」

    右手に妙な違和感を覚える。

    マミ(……っ?)

    右手を確認する。人差し指が、ありえない方向に曲がっていた。

    マミ(少し、油断したかしら……っ?)

    傷を治そうとするが、魔女が続けて攻撃を仕掛けて来る。

    ゲルトルート「ガアアアァァァァァ!!」
    マミ「うくっ……はぁ、はぁっ……!」

    なぜ、ここまで苦戦を強いられているのだろうか。
    油断?余裕を見せたから?それとも……。
    45 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:37:21.13 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-125)
    マミ「………」

    考えを巡らしていたからだろうか。それとも、これが元々のわたしの運命だったのか。
    目を離した一瞬の隙を突いて、魔女が大きく跳躍する。一体なにをしようとしているのだろうか?

    マミ(……何をしようと?ふふ、簡単なことじゃないの……)

    もしもわたしがあの魔女の立場だったなら、どうするか。
    決まっている。素早い動きが出来ないわたしを、その巨体で押しつぶそうとするだろう。
    あの魔女は、それを実行しようとしているに過ぎない。

    マミ(………魔女を目前にして、浮かれたわたしが悪いのよね……)

    少しずつ迫ってくる魔女の巨体を、どこか穏やかに眺めている自分がいた。
    46 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:40:41.74 ID:dMGNjV3S0 (+33,+29,-3)
    ああ、マミの巨体じゃなくて魔女の巨体か
    疲れてるのかな
    47 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:42:17.49 ID:T8I9H5J20 (+27,+29,-14)
    >>46
    お前のせいでパンパンに膨らんだ小錦みたいなマミさんがスローモーションで落ちてくるところ想像しちゃっただろ
    48 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:42:46.72 ID:e/6p+n3m0 (-21,-9,+0)
    親方ァ!
    49 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:43:23.17 ID:YJdlp23n0 (+35,+30,-171)
    瞬間。わたしの目の前に、黒い影が姿を現した。

    マミ「……え?」

    その影は、迫りくる魔女に対し攻撃を繰り出していた。

    ゲルトルート「……っ!!?」

    無数の爆発によって、魔女の体が大きく吹っ飛ぶ。
    魔女の攻撃を阻止出来たことを確認した影は、わたしの方に向き直った。

    ほむら「大丈夫、マミ!?」
    マミ「……あ、暁美……さん……?」
    ほむら「まどか、さやかっ!!いるのでしょう!?」

    その影―――暁美さんは、物陰に隠れているであろう鹿目さんと美樹さんにも話しかける。

    まどか「え、え?」
    さやか「て、転校生……?」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/04/17(火) 21:43:24.53 ID:oKJIWVI80 (+20,+25,+0)
    ほむらちゃん!!!!!!
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - 外野がうるさいスレ + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について