のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,537,107人
911,643,302頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:1,137人
1,240頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレイリヤ「キリツグ、かたぐるまっ!」切嗣「ああ、分かったよ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - fate + - Fate/Zero + - イリヤ + - 肩車 + - 衛宮切嗣 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:16:15.11 ID:4Usz7FIz0 (+125,+30,-176)
    アインツベルン城 中庭

    イリヤ「わーい!たかい、たかーい!!」キャッキャッ

    切嗣「しっかり掴まっておくんだよ、イリヤ?」

    イリヤ「うん!!」ギュゥゥ

    切嗣「こらこら。前が見えない」

    イリヤ「いけー!キリツグガーZ!!」

    切嗣「ははは。よーし、発進だ」

    イリヤ「いけいけー!!いっちゃえー!!」

    セイバー「……」

    セイバー「アイリスフィール」

    アイリ「どうしたの?」

    セイバー「かたぐるまをしてください」

    アイリ「……無理無理」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:19:03.89 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-223)
    セイバー「やはり」

    アイリ「分かってて聞いたの?」

    セイバー「いえ、あるいはと思ったのですが」

    アイリ「そんなの無理よ。キリツグに頼んでみたら?」

    セイバー「しかし、やってくれるでしょうか?」

    アイリ「私から頼んでみましょうか?」

    セイバー「お願いします」

    アイリ「キリツグー、ちょっとー」トコトコ

    切嗣「ん?どうしたんだい?」

    イリヤ「あ、お母様。やっほー」

    アイリ「あのね、セイバーが肩車をしてほしいって言ってるんだけど」

    切嗣「どうして?」

    アイリ「さぁ?」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:22:55.50 ID:4Usz7FIz0 (+97,+30,-208)
    アイリ「セイバー」トコトコ

    セイバー「どうでした?」

    アイリ「理由がないとダメだって」

    セイバー「理由ですか……」

    アイリ「どうして肩車をしてほしいの?」

    セイバー「王になる前の話です……」

    アイリ「長くなる?」

    セイバー「いえ」

    アイリ「じゃあ、どうぞ」

    セイバー「私にも肩車をしてくれる人がいたのです。童心が擡げたといいますか」

    アイリ「ホームシックなのね?」

    セイバー「そういうことではありませんが」

    アイリ「じゃ、伝えてくるわ」トコトコ

    セイバー「お願いします」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:24:16.06 ID:aOi0gvMB0 (+24,+29,+0)
    期待してもいいんだよな
    6 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:26:06.33 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-225)
    アイリ「キリツグー」トコトコ

    切嗣「なんだった?」

    アイリ「童心に戻りたいって」

    切嗣「そんな理由じゃ無理だ」

    アイリ「でも……」

    切嗣「断っておいてくれ」

    アイリ「あ、キリツグ」

    イリヤ「つぎの目的地へ、いそげ!!キリツグガーZ!!」

    切嗣「よし」

    アイリ「……」

    セイバー「アイリスフィール……?」トテトテ

    アイリ「セイバー……。ごめんなさい」

    セイバー「いえ。分かっていたことですから」

    アイリ「セイバー……」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:27:34.96 ID:VD/nEp8E0 (+14,+26,+0)
    続けたまえ
    8 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:30:32.87 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-208)
    アイリ(普段、滅多なことじゃこんなこと言わないのに。よっぽど、肩車してほしいのね……)

    セイバー「……はぁ……」

    アイリ「……セイバー!!」

    セイバー「はい?」

    アイリ「さぁ!!乗って!!」

    セイバー「アイリスフィール?!」

    アイリ「私だって、一児の母よ!!強いの!!」

    セイバー「しかし、アイリスフィールでは危険が……!!」

    アイリ「大丈夫よ、セイバー。私を信じて」

    セイバー「アイリスフィール……」

    アイリ「早く。アイリガーロボは待ってくれないわよ」

    セイバー「私のために……」ウルウル

    セイバー「―――では、失礼します」

    アイリ「ふっ……!!」ググッ

    セイバー「おぉ!!高いです!!」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:31:51.10 ID:eGnnvsmd0 (+14,+21,-1)
    セイバー(甲冑装着)
    10 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:33:45.52 ID:F65pgAn7O (+14,+29,-11)
    アイリ△
    11 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:35:43.46 ID:KlxAwKRq0 (+5,+17,-2)
    良スレの予感
    12 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:37:26.90 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,+0)
    セイバー「私の騎乗スキルをもってすれば、アイリガーロボなど簡単に乗りこなせます!!」

    アイリ「うっ……ぐぉ……!!」ヨロヨロ

    セイバー「さー!!行くのです!!アイリガーロボ!!彼の聖地、アヴァロンへ!!」キャッキャッ

    アイリ「きっ……ぁ……!!」ヨロヨロ

    セイバー「アイリガーロボ!!全速前進!!」ペチペチ

    アイリ「あ゛……!!」ヨロヨロ

    セイバー「やはり高いというのはいいことです。視野が広がる!!」

    アイリ「も……ぉ……だ……め―――」バタッ

    セイバー「おぉ!?―――アイリスフィール!!」

    アイリ「はぁ……はぁ……」

    セイバー「だ、だいじょうぶですか!!アイリスフィール!!」オロオロ

    アイリ「ご、ごめんなさい……セイバー……私では……あな、たの願い……を……」

    セイバー「アイリスフィール!!しっかりしてください!!」

    アイリ「ご、めん……ね……」

    セイバー「アイリスフィール!!」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:37:28.97 ID:2FphW4a00 (-13,+1,-1)
    はやく はやく
    14 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:41:43.93 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-235)
    寝室

    イリヤ「お母様……」ウルウル

    アイリ「大丈夫よ……イリヤ。そんな顔しないで」

    イリヤ「お母様……」

    切嗣「アイリ……僕は……」

    アイリ「キリツグ、セイバーを責めないで。私が全部悪いの」

    切嗣「だけど……」

    アイリ「キリツグ……お願い……。一度でいい。10秒でもいいから、セイバーを肩車してあげて」

    切嗣「……」

    アイリ「おねがい……」

    切嗣「少し、考えるよ」

    アイリ「うん……」

    切嗣(アイリのことだ。僕が肩車をしなかったら、また自分でセイバーを担ごうとするだろう……)

    切嗣(仕方ないか……)
    15 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:41:54.76 ID:8p//qXrQi (+19,+29,-3)
    まいやさんにやってもらえよ
    16 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:43:52.89 ID:uS2oCjqOO (+19,+29,-11)
    じいさんがいるじゃん
    17 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:46:37.47 ID:uSWyMtyK0 (+24,+29,-16)
    セイバーが甲冑を着込む姿が見えるぞ!
    18 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:47:04.34 ID:dbydYujaO (+24,+29,-6)
    士郎「セイバーは女の子なんだから、お姫様だっこじゃなきゃダメだ!」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:47:15.75 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-199)
    廊下

    切嗣(とはいえ、セイバーの体重がよくわからい)

    切嗣(華奢な体とはいえ、アイリが無残な姿になるぐらいだ。大人が支えるには厳しいのかもしれない)

    切嗣(セイバーの体重はどれぐらいなんだ……?)

    舞弥「……」スタスタ

    切嗣「ん?舞弥?」

    舞弥「どうも。どうかされましたか?」

    切嗣「その手に持っているのは?」

    舞弥「握るだけで体重と体脂肪率が分かる機械です。通販で注文し、本日届きました」

    切嗣「……」

    舞弥「……あの、私の体重は……」ゴニョゴニョ

    切嗣「貸してくれ」

    舞弥「え?はい、構いませんが」

    切嗣「助かる」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:52:24.03 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-122)
    切嗣(これをセイバーに握らせれば、体重がわかる)

    切嗣(あまりにも度が過ぎていれば事情を話して、諦めてもらうか)

    セイバー「……」ポヤ~

    切嗣(いた。暇そうだな)

    切嗣(よし……)スタスタ

    セイバー「……ん?」

    切嗣「……」スタスタ

    セイバー「キリツグ、どうしたのですか?」

    切嗣「……」スタスタ

    セイバー「……むぅ。もういいです。無視にはなれました」

    切嗣(しまった……。今更、口を利くなんて……無理だ……)

    切嗣(なんて声をかければ……)

    切嗣(くっ……。ここにきて、自分の行いに後悔するとは……)

    切嗣「……」チラッ

    セイバー「……」ポヤ~
    22 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:55:19.80 ID:KlxAwKRq0 (+17,+29,-4)
    「チラッ」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:57:37.75 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-125)
    切嗣(冷静になれ。相手は自分のサーヴァントだ。なんとでもなる)

    切嗣「……よし」

    切嗣「……」スタスタ

    セイバー「……ん?」

    切嗣(目が合った……)

    セイバー「キリツグ?何か用ですか?」

    切嗣「……」スタスタ

    セイバー「なんですか……もぅ……」

    切嗣(僕はどうして通り過ぎてしまうんだ……!!)

    切嗣(セイバー、体重を調べさせてくれ。これだけなのに!!)

    切嗣「……」チラッ

    セイバー「……ふぅ……」

    切嗣(どうしたら……。舞弥に頼んでみるか……?)

    切嗣(だが……大した理由でもないのに、舞弥に頼むのは……恥ずかしいな……)
    24 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 20:57:50.13 ID:dgoDzm0M0 (+24,+29,-8)
    これは結局どこへ向かうのか
    肩車でだけは終わらさんぞ…!
    25 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:02:23.76 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-117)
    自室

    切嗣(このままでは埒があかないな)

    切嗣「……」

    切嗣「そうだ。手紙だ」

    切嗣(紙に書き、伝えればいいだけじゃないか)

    切嗣「えっと……確か……」ゴソゴソ

    切嗣「よし……」

    切嗣「えっと……なんて書こうか……」

    切嗣(セイバーへ。君の体が知りたいので、部屋まで来てください)

    切嗣「……こんなものだろう」

    切嗣(あとはこの紙を舞弥に託せば……)

    切嗣(意外と簡単だったな)
    26 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:03:09.68 ID:w2N1gQD0O (-14,+0,-1)
    これは・・・
    27 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:04:36.50 ID:aqnDclzy0 (+14,+24,+0)
    脂肪フラグ
    28 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:05:38.41 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-112)
    廊下

    セイバー「肩車……」

    舞弥「セイバー」

    セイバー「はい?なんでしょうか?」

    舞弥「切嗣からです」スッ

    セイバー「え?なんですか、これは?」

    舞弥「手紙でしょう。伝えたいことが書かれているみたいです」

    セイバー「……?」ペラッ

    舞弥「……」ソーッ

    セイバーへ。君の体が知りたいので、部屋まで来てください。 切嗣

    セイバー「体……?」

    舞弥「……!?!?」

    セイバー「どうしたのですか?」

    舞弥「あ、あの……それ……は……!!」

    セイバー「体……?体重でも知りたいのでしょうか?」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:06:38.78 ID:wMULr6Xw0 (+28,+30,-15)
    セイバーの馬鹿か直感が珍しく良い方向に働いた
    30 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:06:45.15 ID:F8V26Csg0 (+24,+29,+0)
    セイバーよくわかるな
    31 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:09:41.36 ID:y4EfkxXH0 (+29,+29,-2)
    セイバーどんだけ肩車に執着してるんだよw
    32 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:11:03.34 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-180)
    舞弥「そんなわけないでしょう!!」

    セイバー「え?」

    舞弥「い、いいですか?」ヒソヒソ

    セイバー「はい、なんでしょうか?」

    舞弥「切嗣は恐らく……貴女を側室にしようとしているのです」

    セイバー「しかし、キリツグにはアイリスフィールが」

    舞弥「きっと、マダムを裏切るための予行練習でしょう」

    セイバー「なんですか、それは?」

    舞弥「私ではその役を担えなった……」

    セイバー「とりあえずキリツグに会いにいけば―――」

    舞弥「ちょっと、まってください」ガシッ

    セイバー「なんですか?」

    舞弥「切嗣の愛人になる覚悟があるのですか?」

    セイバー「キリツグはずっと私を無視していたのですよ?好意など欠片も持ち合わせていないはずです」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:14:29.43 ID:eGnnvsmd0 (+22,+29,-8)
    手紙を盗み見る機械のような女舞弥
    34 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:17:13.82 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-166)
    舞弥「貴女は何もわかっていない!!」

    セイバー「おぉ……」

    舞弥「いいですか?男性とは本当に好きな人の前では素直になれないものなのです」

    セイバー「……」

    舞弥「話したくても、話せない。見詰め合うだけで、言葉が喉に詰まってしまうものなのです」

    セイバー「そうですか」

    舞弥「貴女もそういう経験あるでしょう?」

    セイバー「ありません」

    舞弥「と、ともかく、良く考えたほうがいいでしょうね」

    セイバー「確かにキリツグが私を側室に招こうとしているのなら、これは由々しき事態かもしれませんね」

    舞弥「良く考えましょう。すぐに答えを出していい問題ではありません」

    セイバー「分かりました。この聖杯戦争の行方を担う事態かもしれませんね」

    舞弥「ええ。一歩間違えば内部崩壊してしまうかもしれません」

    セイバー「むぅ……」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:17:39.93 ID:F8V26Csg0 (+30,+29,-6)
    舞弥はほんと使えない子だな
    36 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:18:01.50 ID:w6T84n8d0 (+19,+29,+0)
    なんてめんどくさい奴らなんだ
    37 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:18:24.67 ID:aqnDclzy0 (+24,+29,-1)
    そんなにセイバーを愛人にしたいのか
    38 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:26:37.50 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-131)
    セイバー「肩車……側室……」ポヤ~

    切嗣(いた……。様子を見に来てみれば、まだ窓辺で佇んでいたのか)ソーッ

    切嗣(手紙、読んでいないのか?)

    セイバー「……」ペラッ

    切嗣(いや、持っているな)

    セイバー(私に気がある……?あのキリツグが……?)

    セイバー「……」

    セイバー(ならば、私の答えは……)

    セイバー「……」カキカキ

    切嗣(何か書いているな……なんだろう……?)

    セイバー「よし」

    切嗣(まずい、こっちにくる)ササッ

    セイバー(この手紙をキリツグに……)トテトテ
    39 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:26:48.76 ID:oVeks8lmi (+14,+29,-2)
    舞弥さん…
    40 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:27:11.16 ID:aOi0gvMB0 (+34,+29,-4)
    >>35
    言峰来たとき必死に戦ってただろ!
    41 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:29:57.83 ID:T/Ku4Rqz0 (+29,+29,-16)
    ほんとはセイバーとキリツグって
    とっても仲良しなんじゃないかな
    42 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:31:23.24 ID:aAqqWup30 (+19,+29,+0)
    この前金剣書いていた人かな
    43 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:36:41.78 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-153)
    切嗣の自室

    トントン

    切嗣「……」

    セイバー『キリツグ?私です』

    切嗣(きたか……!!)ガタッ

    切嗣(よし。この体重計を……)

    セイバー『手紙を書きました。扉の隙間から渡します。一読してもらえますか?』

    切嗣「え……?」

    セイバー『それでは』

    切嗣「……手紙だと?」

    切嗣「……」ペラッ

    切つぐへ。貴方の想いは大変嬉しく思いますが、お断りさせていただきます。 セイバーより。

    切嗣「……」

    切嗣(そんな……!!これでは、アイリとの約束が……!!なんとかしないと……!!)
    44 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:37:40.91 ID:y4EfkxXH0 (+24,+29,-2)
    切嗣ってコミュ障だよね
    モテるけど
    45 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:38:50.79 ID:T/Ku4Rqz0 (+20,+25,+0)
    つぐ がかわいすぎワロタ
    46 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:39:28.98 ID:tn9vAodV0 (+25,+30,-20)
    切嗣ってセイバーが本気で嫌いでセイバーも本気で嫌悪してなかったか
    47 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:42:36.92 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-155)
    廊下

    セイバー「肩車……はぁ……」

    舞弥「セイバー、あの件は?」

    セイバー「お断りさせていただきました」

    舞弥「え……?」

    セイバー「私はサーヴァント。いつか消える身。キリツグは本妻と愛人を失うことになります」

    舞弥「それは……」

    セイバー「それにアイリスフィールを裏切るのだけは、嫌ですから」

    舞弥「しかし、切嗣を裏切ることに」

    セイバー「私はマスターを裏切るつもりなどありません。この度の不敬は、我が剣をもって償わせていただきます」

    舞弥「そうですか……」

    セイバー「……」

    舞弥「それでは」

    セイバー「はい」

    セイバー「はぁ……肩車……アイリスフィール……もう一度、してくれないでしょうか……」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:48:50.09 ID:4Usz7FIz0 (+95,+30,-209)
    アイリの部屋

    アイリ「ん……?」

    アイリ「ふわぁ……良く寝た」

    イリヤ「すぅ……すぅ……」

    アイリ「ふふ……」

    トントン

    アイリ「はい?」

    セイバー「アイリスフィール?お体は……?」ガチャ

    アイリ「もう大丈夫よ。心配かけてごめんなさい」

    セイバー「いえ。元はといえば私の……」

    アイリ「いいえ。違うわ」

    セイバー「アイリスフィール……」

    アイリ「セイバー……」

    セイバー「……あの、もう一度肩車していただけませんか?」

    アイリ「……ごめんなさい。もうギックリ腰にはなりたいないの」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 21:49:35.01 ID:T/Ku4Rqz0 (+23,+28,+0)
    ギックリ腰になったのか
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - fate + - Fate/Zero + - イリヤ + - 肩車 + - 衛宮切嗣 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について