のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:122,149,758人
909,662,049頁
昨日:1,085人
2,981頁
今日:967人
2,023頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ恒一「有田さんがモテまくる現象……?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + - 有田松子 + - 江藤悠 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:30:15.51 ID:NWzl/3Pg0 (+125,+30,-144)
    久保寺「というわけで、転入生の榊原君だ。みなさん、くれぐれも仲良くするように」

    恒一(わざわざ念を押さないでほしいなぁ……)

    久保寺「それでは、あの席へ」

    恒一(二人欠席……? 一番窓際の列の、一番前と一番後ろ)

    江藤「……そんな事より先生! それで松子は何で休みなんですか!」

    恒一(転入生をそんなことって……)
    2 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:31:35.66 ID:Zr0zRBnp0 (+5,+20,-1)
    ほう
    3 : ◆ZLUGH5 - 2012/04/16(月) 00:33:50.25 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-90)
    久保寺「江藤さん、席につき、落ち着いてください。体調が悪いのなら、保健室へ行きますか?」

    江藤「そうじゃなくてっ! ……っ!? う、うぅ……」

    久保寺「落ち着いたようですね、それでは、授業まで静かにしていてください」

    恒一(何か……わけあり?)
    4 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:37:29.10 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-159)
    休み時間

    勅使河原「ほぁー、サカキって頭良いのな」

    恒一「そうでもないよ。それに、ちょくちょく入院もしてるから」

    風見「是非とも、クラス委員としてこのお調子者の更正を手伝ってほしい限りだ」

    勅使河原「おいこら」

    望月「体はもういいの?」

    恒一「体育は、当分見学だね」

    江藤「…………」

    恒一(さっきの子、ずっと俯いてる)
    5 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:42:28.06 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-63)
    放課後

    キーンコーンカーンコーン

    江藤「…………ッ!」

    恒一(さっきの子、終わった途端に走って帰っちゃった……)

    多々良「……ねぇ、悠、大丈夫かな?」コソコソ

    佐藤「……あの子は、もう始まっちゃってるから」コソコソ

    多々良「でも、あれじゃ、有田さんが……」

    佐藤「しっ、それ以上はダメ」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:44:45.57 ID:6K//6epj0 (+19,+29,-1)
    多々良ちゃんがしゃべった!
    7 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:46:15.68 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-143)
    恒一(何の話だろう……? 悠って、さっきの子の事かな?)

    勅使河原「おーっし、サカキ! せっかくだから、学校案内と行こうぜ!」

    恒一「ねぇ、勅使河原君。望月君の後ろの席の子、何て名前なの?」

    勅使河原「うん? あぁ、江藤か。えっとたしか……江藤悠だったはずだぜ。でも一体何でそんな……あ」

    望月「勅使河原君! ……それ以上は……」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:47:58.35 ID:tHaiNAtG0 (+14,+24,+0)
    キマシ……
    9 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:48:45.15 ID:NWzl/3Pg0 (+108,+30,-160)
    恒一「江藤さん、朝も何か先生と言い争いをしていたし、一体どうしたの?」

    勅使河原「えっと、まぁ、それはおいおい説明するとして、まずは学校見学と行こうぜ!」

    恒一「勅使河原君、なんでそんな風にはぐらかすのさ!」

    赤沢「その質問には、私が答えるわ。……ただ、ここじゃ問題だから、学校見学の途中で、いいわね?」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:51:04.87 ID:NWzl/3Pg0 (+104,+30,-59)
    >>9
    赤沢休みだった

    風見「その質問には、僕が答えるよ。残念な事に担当者が欠席だからね。でも、ここじゃ問題だから、学校見学の途中で」

    に変更
    11 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:52:44.45 ID:N1QiSwPr0 (+24,+29,-7)
    現象なんてなくても有田さんはモテるのが道理
    12 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:52:46.09 ID:NWzl/3Pg0 (+90,+30,-80)
    噴水

    恒一「それで、一体江藤さんはどうしたの?」

    風見「君は、呪いとかって信じるかい?」

    恒一「普通だよ」

    勅使河原「このクラスは今な、呪われてるんだ」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 00:55:56.50 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-146)
    恒一「呪いっ!?」

    風見「勅使河原、いったん僕から離れた方が……」

    勅使河原「あぁ……いや、大丈夫だ。俺が欠席だって、そう簡単に落とされやしないぜ」

    風見「……わかった。気をしっかり保てよ」

    勅使河原「お前もな」

    風見「すまない、話がそれてしまったね。……単刀直入に言おう、このクラスは「恋」の呪いにかかっているんだ」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:01:48.34 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-185)
    風見「どこから語れば良いのか……始まりから言うべきなんだろうね」

    風見「26年前、ある生徒が三年三組にいた。彼はもの凄くモテた。夜見山内外から毎日ラブレターが届くほどね。ただの中学生でありながら、人気はアイドル並だったらしい」

    風見「羨ましいと思う? そう、その通り、彼は嬉しくもなんともなかった」

    風見「クラスでももちろん彼……あぁ、性別はわからないから、便宜的に彼と読んでいるんだ。クラスでも彼の事が大好きな生徒はいっぱいいたらしい」

    風見「告白なんて日常茶飯事。危うく暴行を受けそうになった事もあるらしい。そんな彼は、人生を諦めた」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:05:28.31 ID:Zr0zRBnp0 (-25,-15,+0)
    16 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:07:55.70 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-209)
    風見「……飛び降り自殺だったらしい。遺書には家族葬を望むと書かれていた。家族もそうするつもりだった。だけど、どこからか情報が漏れて、参列者は噂によっては一万に達したという」

    風見「それから、三年三組には呪いが起きるようになった」

    風見「特定の生徒に対して、毎月一人以上が恋愛感情を持つようになる。そんな呪いだ」

    風見「最低でも12人。最高記録……と言っても複数回あったんだが、多いときはクラス全員が、その生徒を好きになった」

    風見「生徒の性別、「始まった」生徒の性別は関係ない。男女問わず、その呪いは降りかかる」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:10:59.83 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-146)
    風見「わかるかい? そんな状況のクラスが。モテまくる生徒からすれば、必ずしも嬉しい相手ばかりではない」

    風見「「始まった」生徒は、そんな事には気付けない。「始まってない」生徒は、モテまくる生徒が気に入らない」

    風見「それはもう、居たくも無いクラスだろうね」

    恒一「その生徒が……有田さん?」

    勅使河原「言うな! まだ説明は終わってねぇ!」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:15:23.88 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-148)
    風見「……もちろん、毎年三年三組では対策が行われた。だけど、そのほとんどが効果を出さなかった」

    風見「唯一、「いないもの」を作る以外にはね」

    風見「その、モテてしまう生徒を「いないもの」として扱うんだ。そんな生徒はクラスにいない。そう自分に信じ込ませる」

    風見「いないものに恋は出来ない……まぁ、結局、その子を好きにならなければ良いんだ。現にその対策が発案されてからは、毎年「始まる」生徒は少ない」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:18:39.98 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-142)
    風見「そして、今年は榊原君の言うとおり、その子が「いないもの」だ。……あぁ、名前を言わないでくれ、僕だって「始まり」たくない。今は仕方が無いけれど、極力考えないようにしてるんだ」

    恒一「じゃあ、江藤さんは「始まった」って事?」

    風見「……辛いことに、毎年誰かが「始まる」までは、誰が「いないもの」になるべきかはわからない」

    風見「最初の一人からすれば、自分の好きな人が、よくわからない理由で無視されているんだ。一年間、辛いだろう」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:19:43.36 ID:Zr0zRBnp0 (+19,+29,-3)
    有田さん…
    21 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:21:45.53 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-157)
    風見「わかったかい。正直、どうやって君に信じてもらえばいいか、僕にはわからない。だけど現に江藤さんは「始まっている」」

    風見「だから、君もその、「いないもの」が登校してきても、反応をしないで欲しい。君が反応する事で、周りの生徒も気にしてしまう。それは危険なんだ」

    恒一「……信じようが無いけれど、とりあえず、言われた通りにはするよ」

    風見「……ありがとう。クラスの代表として、お礼を言うよ」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:23:25.16 ID:tHaiNAtG0 (+24,+29,-5)
    有田さんのハイパー誘惑タイム期待
    23 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:26:54.18 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-171)
    風見「……さぁ、学校見学の続きをしようか」

    勅使河原「おうし! ちょっと望月もいるであろう美術部でも覗くか!」

    恒一「美術部は勘弁してほしいなぁ……」

    風見「あぁ、三神先生がいたら大変だもんね」

    恒一「うん、覗きにきましたって言うわけにも行かないからさ……」

    勅使河原「ちぇー」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:30:27.39 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-134)
    次の日、教室

    望月「おはよう、榊原君」

    恒一「うん、おはよう」

    恒一(昨日欠席だった場所は……一番前は病院にお見舞いに来てくれた赤沢さんだな)

    恒一(そして、一番後ろが……有田さん)

    恒一(思ったり、普通な子だ……その二つ前に座ってる眼帯の子の方が、よっぽど不思議なオーラが出てるよ)
    25 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:35:24.12 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-166)
    ガララ

    江藤「あ…………」

    恒一(江藤さん、有田さんをチラチラ見てる……)

    望月「ねぇ、榊原君。家での三神先生ってさ……」

    恒一(やっぱり、無視しなきゃいけないのは辛いんだろうな……)

    望月「僕が思うに、パジャマが似合うと思うんだよね。それも、出来るだけかわいい系の」

    恒一(こういう様子を見てると、嘘であってほしいのに、本当だとわかるな……)

    望月「ほら、やっぱりあのキリッとした三神先生だからこその……ねぇ、榊原君聞いてる?」

    恒一「え?」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:38:52.18 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-94)
    昼休み

    有田「…………」スタスタ

    恒一(お弁当持って、どこかに行っちゃった)

    江藤「…………っ!」タタタタ

    赤沢「……待ちなさい、悠」

    江藤「……赤坂さん」

    赤坂「どこにいくつもり? トイレなら反対側よ」

    江藤「……赤坂さんには関係ない!」

    赤坂「大ありよ、「始まっている」とはいえ、貴方があんまりそういう事をするなら、私も何かしらをしなくちゃいけない」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:41:20.24 ID:Zr0zRBnp0 (+16,+26,-1)
    赤坂さんwww
    28 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:42:13.93 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-92)
    江藤「脅しなんかに、私は屈しない……!」

    赤坂「貴方は加害者になりたいの? 「あの子」はそんな事、望まないわ」

    江藤「っ! …………いやだよ、そんなの」タタタタ

    風見「今度は止めないのかい?」

    赤坂「今度は、「あの子」とは逆方向に走っていった。悠だって、わかってはいるのよ」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:44:05.11 ID:tHaiNAtG0 (+10,+20,+0)
    誰だよ
    30 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:44:41.69 ID:NWzl/3Pg0 (+90,+30,-52)
    教室シーン

    赤坂「……今の会話は、皆忘れて。……それと榊原君、あとで話があるんだけど、良い?」

    恒一「? 良いよ」

    恒一(なんだろう……呪い関係かな)
    31 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:45:22.19 ID:NWzl/3Pg0 (+81,+29,-3)
    おうふ、誰だよ赤坂って

    ×赤坂 ○赤沢
    32 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:48:30.67 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-105)
    昼休み食後、廊下

    赤沢「風見君から、説明はしてもらっているのよね」

    恒一「うん、多分大体の事は」

    赤沢「そう、ならいいわ。病院でも自己紹介をしたけれど、私は対策係の赤沢泉美。何の対策かは、もうわかるわね?」

    恒一「うん、有田さんを「いないもの」にしたりするんだね」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:49:25.13 ID:/hoMbYwb0 (+9,+24,-1)
    座席表はよ
    34 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:55:21.53 ID:DBmrazEPP (+15,+25,+0)
    いいぞ
    35 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:56:03.43 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-235)
    赤沢「……そうよ。それがクラスの為なの」

    赤沢「風見君も、好きな人がいるから、そうそう落ちない自信があるんでしょうね。でも、クラスの中では、いつ自分が「始まる」か不安な人も大勢いる」

    赤沢「釘を刺すようで悪いけれど、榊原君。くれぐれも、「あの子」の事を考えないでね。くれぐれも、何かしようと思わないように」

    恒一「……わかってるよ、昨日聞いた。でもね、赤沢さん」

    赤沢「何?」

    恒一「さっきの江藤さんとの会話、もっと言いようは有ったと思うよ」

    赤沢「……反省はしてるわ。冷たく言い過ぎたと思う。でも、言ってる事は間違ってると思わない」

    恒一「そっか……僕に対しての用は、説明を受けたかの確認と、釘を刺すだけ?」

    赤沢「……ええ、そうよ。これからこのクラスでやりづらいでしょうけど、耐えてね」

    恒一(本当だよ)
    36 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:59:21.89 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-126)
    階段

    恒一(赤沢さんはクラスに入ってっちゃうし、僕はなんだか居づらくて出てきちゃうし……って、あれ、江藤さん?)

    江藤「…………」

    恒一「……江藤さん、お昼食べないの?」

    江藤「説明は受けたんでしょ、私に話しかけないで」

    恒一「そう言われても、君をいないもの扱いしろなんて、僕は言われてない」

    江藤「私はもう「始まってる」の! いつあの子の事を口にしちゃうかわからない。だから……」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 01:59:46.96 ID:Zr0zRBnp0 (+74,+30,-9223372036854775808)
    38 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:02:31.23 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-96)
    恒一「……江藤さんは、その、有田さんの事が好きなんだよね」

    江藤「……名前、言って良いの?」

    恒一「僕はほら、転校生だから好きになりようがないからね」

    江藤「……一目惚れだってあるかもしれないよ」

    恒一「それなら、とりあえず第一関門は突破出来たみたいだね」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:10:18.67 ID:Y0g070ak0 (+8,+23,+0)
    しえ
    40 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:10:54.73 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-135)
    江藤「私は……松子が好き、大好き、愛してる。昔っから仲良かったし、親友だった」

    榊原「だった……?」

    江藤「今は……わからない。三年三組になって、気がついたら松子の事が、恋人として好きになってて……そしたら、皆に「始まった」って言われて……」

    江藤「私、わからないよ。自分の中では、自然に松子の事が好きになったのに、それが呪いのせいだなんて思えない。思いたくもない!」

    江藤「私、耐えられないよ。私が好きになったせいで松子が「いないもの」にされて……松子もそれを望んで……そうなってからは、松子はよく休むようになったんだよ? 松子だって辛いのに……私は支えてあげる事も出来ない」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:12:14.70 ID:tHaiNAtG0 (+0,+9,+0)
    42 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:22:39.23 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-286)
    江藤「そんなの、もう、親友でも恋人でも、何でも無いよ……」

    恒一「江藤さん……有田さんだって、わかってくれてると思うよ」

    江藤「転校生の榊原君にそんな事、わかるわけ無いよ」

    恒一「わかるよ。江藤さんさ、ずっと有田さんの事、チラチラ見てたよね」

    江藤「うん……」

    恒一「有田さんもね、見てたんだよ、江藤さんの事。江藤さんにバレないように、江藤さんが見てない隙を狙ってね」

    江藤「え……?」

    恒一「さすがに僕には気づいてなかったみたいだけど、有田さんだってきっと、江藤さんの事が気になるんじゃないかな」

    江藤「で、でも、そんなのただの予測で……」

    恒一「じゃあさ、僕が聞いてくるよ。追いかけようとしたんだから、わかるんでしょ? 有田さんの居場所。江藤さんが聞けないなら、僕が聞く」

    江藤「そ、そんな事をしたら!」

    恒一「言ったじゃないか、転校生の僕が、有田さんの事を好きになるはずがない。僕はただ単に、このクラスの事が知りたいんだ」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:22:54.88 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-133)
    恒一「クラスの皆に有田さんを意識させない場所でなら、僕が有田さんと話しても、クラスのみんなに迷惑はかからないよ」

    江藤「で、でも……」

    恒一「江藤さん。僕は何よりね、君が泣いてるのが嫌なんだ。それに、もしかしたら有田さんまで泣いてるのかと思うと、どうにかしたいと思っちゃう」

    江藤「え、あ……涙……」

    恒一「お願い。今から授業をすっぽかしてまで有田さんを探すより、昼休みの内に有田さんに会えた方が、問題が起きない」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:25:34.82 ID:Zr0zRBnp0 (-25,-15,+0)
    45 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:27:57.89 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-148)
    江藤「……屋上。松子なら、屋上にいると思う」

    恒一「そっか、ありがとう」

    江藤「ごめんね、巻き込んじゃって……私が、松子に恋をしなければ……」

    恒一「それは違うよ、江藤さん。僕は自分から巻き込まれに行ってるし、それに……」

    恒一「恋をしなければ、なんて嘘、ついちゃダメだ」

    恒一「……時間も無いから、そろそろ行くね。また後でね、江藤さん!」タタタタ

    江藤「…………榊原君」キュン
    46 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:30:15.83 ID:NWzl/3Pg0 (+90,+30,-94)
    屋上

    恒一「はぁっはぁっ……走るのは、やっぱ、ダメ、だね……」

    有田「っ!?」タタタタ

    恒一「待って! 有田さん!」

    有田「……!」フルフル

    恒一「江藤さんに聞いてきたんだ!」

    有田「……悠ちゃんに?」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:34:12.63 ID:NWzl/3Pg0 (+95,+30,-107)
    恒一「えっと、知ってると思うけど、僕は転校生の榊原恒一。はじめまして、有田さん」

    有田「せ、説明を受けてないの? 私に話しかけないで!」

    恒一「聞いたよ。多分全部知ってる」

    有田「なら何で……」

    恒一「有田さんの気持ちを聞きに来たんだ」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:34:52.35 ID:z6swicdS0 (+22,+29,-2)
    江藤さんルートか
    49 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:35:19.49 ID:irR2xhC60 (-7,+4,+0)
    何このイケメン
    50 : 以下、名無しにか - 2012/04/16(月) 02:36:48.32 ID:DBmrazEPP (+6,+16,+0)
    イケメン
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アナザー + - 有田松子 + - 江藤悠 +

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について