のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,535,373人
911,641,268頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:4,054人
4,617頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ春香「イン・マイ・ライフ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - アイドルマスター + - 天海春香 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:09:03.37 ID:VuWAhswmO (+125,+30,-47)
    私の人生の中で、忘れられない場所があります
    変わってしまった場所、まだ変わらない場所
    そして、もう無くなってしまった場所

    この場所もその内のひとつ
    あの人と出会った、思い出の公園

    これは私たちが、まだ子供だったころのお話…
    2 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:15:49.84 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-94)
    「カンパーイ!」

    「カンパーイ!!!」

    音頭を取った社長の声に、15人が唱和しました

    3月も終わりに迫ったある日の765プロでは、ささやかなパーティーが催されました

    雪歩と真の高校卒業、そして伊織と美希の中学卒業を祝うパーティー

    雪歩は4月から私立大学に、伊織と美希は私立高校に、それぞれ進学します
    真は、アイドル活動に専念する道を選びました
    3 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:20:18.31 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-43)
    「大学かぁ。ちょっと羨ましいな…」

    「アンタが自分で選んだ道でしょ?」

    グラスを片手に、律子さんに諭されている真
    中身はもちろんジュースです

    はぁ…
    大学かぁ…
    私も受験生になっちゃうのかぁ…

    大学に進むなら、の話しですけどね
    5 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:26:25.04 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-66)
    「うぅ…私もついに受験生だよぉ…」

    私の心の声が聞こえちゃったのかな?

    伊織に愚痴をこぼしているやよい

    「分かんないとこあったら教えてあげるから、頑張んなさい」

    「うん…ありがとう伊織ちゃん」

    私に聞いてくれてもいいんだよ?

    って言いかけて止めました

    「春香さんはいいです」

    とか言われちゃったらショックだから…アハハ…
    6 : 忍法帖【Lv= - 2012/04/05(木) 00:27:16.07 ID:3FWU/l/J0 (+3,+13,-1)
    良いぞ
    7 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:31:44.03 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-57)
    千早ちゃんとソファーで談笑しながら、目だけはプロデューサーさんを追いかけている私

    癖なんですよね、これ…
    ひょっとして、私ったらストーカー予備軍?
    自分で否定できないのが辛いとこです…

    視線の先にいるプロデューサーさんに、社長が何かを耳打ちしています
    それに対して小さく頷いているプロデューサーさん

    内緒話はダメですよぉ?
    8 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:37:09.06 ID:DZ4edAe20 (+12,+27,+0)
    つづけて
    9 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:37:09.73 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-87)
    「諸君、ちょっと良いかね?」

    社長の声に静まる事務所内
    横にはプロデューサーさんが落ち着かなげに立っています

    「今日は4人の門出を祝うパーティーだ。しかし…」

    しかし?

    「ここにもう1人、新たな道を歩み出そうとしている男がいる」

    社長に促されて、照れくさそうに頭を下げたプロデューサーさん

    新た道…って、どういうことですか?
    10 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:42:04.80 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-80)
    「えっと…ただいまご紹介にあずかりました…」

    緊張しているのは分かりますけど、その挨拶はいかがなものでしょう?

    ってみんなが思ってるはずなのに、声に出す人は誰もいませんでした

    「今日は4人のためのパーティーだし、日をあらためて報告しようと思ったんだけど…社長が、"門出には違いないから"って」

    あー、もう!
    やきもきするなぁ!!
    早く本題に入って下さい!!!
    11 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:45:50.20 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-85)
    「えー、実はですね…社長のご好意により、私ですね…4月から…あー、そのー」

    4月から?
    4月から何ですか?

    「プロデュース業及びマネージメント業を学ぶために、アメリカに留学させて頂くことになりました」



    ……

    ………

    …………え?
    12 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:48:42.96 ID:aqOS3oOq0 (+11,+26,+0)
    ふむ
    13 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:52:32.57 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-110)
    水を打ったように静まり返った事務所の中

    プロデューサーさんも次の言葉を紡ぐことができずに、視線を宙に泳がせています


    「聞いての通りだよ、諸君!」

    事務所内に響く社長の声
    聞いての通りと言われましても…

    「これは1人の男の門出だ!全員で祝ってやろうじゃないか!!!」

    ああいうとき、ホンットに空気読めないわよね、男って!

    これはパーティーの後での律子さんの言

    まったくもって同感です…
    14 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 00:56:40.36 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-47)
    「渡米はいつになるんですか?」

    私たちを代表するかのように、あずささんが声を発しました

    「いまのところ、4月の第2日曜日を予定してます。いろいろ準備や手続きがあるんで」

    いまから約半月…

    そしたら…

    プロデューサーさんがいなくなっちゃう!」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:01:32.09 ID:W0s42kZf0 (+4,+19,+0)
    む・・・
    16 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:02:52.75 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-53)
    「そんなの、や!」

    予想通り…というべきなのかな?

    涙混じりの美希の声が響きました

    「ミキも一緒に行くの!」

    当然のように、プロデューサーさんは困惑顔

    だけど私には、美希を攻める気は起こりませんでした

    だって、同じ気持ちだったから
    それに、プロデューサーさんをじっと見つめている何人かも、きっと…
    17 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:07:48.98 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-65)
    「ごめんな、美希」

    「なんで謝るの?」

    「連れては行けないからだよ」

    「それくらい…それくらい分かってるの!」

    じゃあ言わなきゃいいのに

    なんて言葉は、誰の口からも出てきませんでした

    そんななんとも言えない雰囲気の中、その日のパーティーは終わりました…
    18 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:12:14.39 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-80)
    「すまんな」

    「いえ、ボクは構いません…」

    「はい。おめでたいことですから…」

    「ありがとう真、雪歩」

    後片付けが終わって事務所を出るとき、プロデューサーさんたちの会話が聞こえてきました

    美希と伊織は、後片付けが終わると同時にそそくさと帰路に着きました

    私は結局、プロデューサーに何も言えませんでした…
    20 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:20:08.04 ID:VuWAhswmO (+97,+30,-83)
    「おはよう、春香」

    「あ…おはようございます、プロデューサーさん」

    次の日の朝、笑顔で挨拶してくれたプロデューサーさんに対しても、私の口調は堅いままでした

    「春香の今日の予定は…っと」

    「午前中はボーカルレッスン、午後からは出版社に挨拶廻りです」

    「お、ちゃんと覚えてたな。感心感心」

    「…仕事ですから」

    あーあ
    子供ですね、私
    すごく不機嫌そうな口調になっちゃいました
    21 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:23:36.12 ID:VuWAhswmO (+90,+30,-26)
    事務所の中に入っていくプロデューサーさんに

    「美希ちゃん、今日はお休みするそうです」

    って声をかけた小鳥さん

    だけど、プロデューサーさんと目を合わそうとはしません

    お察しします、小鳥さん…

    23 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:28:43.17 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-74)
    午前のレッスンが終わり、午後からはプロデューサーさんと一緒に出版社を廻りました

    「アメリカかぁ!頑張って来いよ!」

    留学の報告を受けた出版社の人たちは、一様にプロデューサーさんを激励していました

    はい!行ってきます!

    と笑顔で応えているプロデューサーさん

    なんか…
    私だけ場違いな空気です…
    24 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:29:03.12 ID:O7v8L5KFO (+34,+29,-51)
    Pに依存していた皆が少しずつ成長していき、帰って来たPに褒められて嬉しくて抱き付く展開オナシャス!
    25 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:33:59.75 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-68)
    「叩かれすぎて肩痛くなってきたよ…」

    挨拶廻りの帰り道、そう言いながら自分の肩を撫でているプロデューサーさん

    それに対しても、何も返せない私

    俯いたまま、プロデューサーさんの少し後ろをトボトボ歩きました

    そんなときでした

    「…春香」

    立ち止まったプロデューサーがどこかを指差しています

    「ちょっと座らないか?」

    指の先には、夕暮れどきの公園に中で佇む、青いベンチが見えました
    26 : >> - 2012/04/05(木) 01:37:48.35 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-38)
    促されるままベンチに腰掛けた私

    「飲み物買ってくるからちょっと待っててな」

    自販機に走り寄っていくプロデューサーさんの背中に向かって

    べー

    って舌を出してやりました

    いえ、自分でも何やってるのかよく分からないですけど…

    ただ、なんとなく
    27 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:41:23.92 ID:BWHqbvVL0 (+24,+29,-2)
    うわキモ
    書いてる側は分からないかもしれんが、つまんないよ
    28 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:42:27.65 ID:PV75lE5U0 (+24,+29,+0)
    はるるんハッピーエンドなら④
    29 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:42:31.24 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-79)
    「ほら、飲みな」

    手渡された温かいカフェ・オレ
    温かいのが辛い場合もあるんですね

    なぜだか分からないけど、涙が出そうになっちゃいました

    分からないことだらけですね、私…

    プロデューサーさんが缶コーヒーに口を着けたのを確認してから、私もカフェ・オレを頂きました

    はぁ…
    春ですね、もう
    30 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:45:39.32 ID:VuWAhswmO (+90,+30,-36)
    「なぁ、春香」

    「なんですか?」

    「俺はな…お前のことが大事だ」

    「なっ!」

    なに言い出すんですかいきなり!

    カフェ・オレ落としそうになったじゃないですかぁ!

    31 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:48:30.61 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-50)
    「いや、違うな…何と言うべきか…」

    「な、なんなんでしゅかいったい!」

    うわぁ…
    思いっきり噛んじゃったし

    もちろんプロデューサーさんが悪いんですけどね!

    「俺はな…」

    「はい…」

    「お前の気持ちに気付いてた」

    「…え?」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:53:30.47 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-69)
    「正確に言うなら、お前"ら"の気持ちだな」

    「私"たち"…?」

    「ああ。だけどな…気付かないフリをしてたよ。理由は相手によって違うけどな」

    「例えば?」

    「自分で言うのもアレだけど…俺への気持ちが仕事の活力になるヤツもいれば、失恋が悪い方向で仕事に影響しそうなヤツもいる」

    誰のことを言ってるのかは…
    分かっちゃいますね、だいたい
    33 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 01:58:41.82 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-92)
    「だからあえて、気付かないフリをしてた」

    「もし…告白されてた場合は?」

    「そのときはちゃんと返事をして断ったさ」

    ホントかなぁ?
    情に流されやすそうなんですよね、この人

    「今回の留学は、そのことと関係があるんですか?

    「それは関係無いよ。まぁ、お前らから逃げてるように思われるかもしれないけど」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:01:30.45 ID:ftALpqU10 (+22,+27,-6)
    春香さんを、春香さんをぜひ

    支援
    35 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:04:20.99 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-58)
    私はそんなふうには思いませんけど…

    だけど何人かは、そう思っちゃいそうですね

    「全員と個別に話すつもりではいるんだ」

    「はい…それが良いと思います」

    「だけどな…えっと…」

    急に焦り始めたプロデューサーさん

    どうしたんですか、いきなり?
    36 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:04:39.43 ID:xKgzLYcGP (-27,-15,+0)
    4
    37 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:05:57.66 ID:VuWAhswmO (+90,+30,-47)
    「俺はプロデューサーだ」

    「はい」

    「春香はアイドルだ」

    「はい」

    「だからだ」

    「はい?」

    まったく話が見えないんですけど…
    38 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:09:34.65 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-50)
    「その…好きなんだ」

    「…何がです?」

    「…お前、鈍感だな」

    あっ!ヒドいなぁ!!
    プロデューサーさんに言われたくないですよぉ!!!

    って、気付いてたんでしたっけ、私"たち"の気持ち

    でも、何が好きなんでしょう?
    ひょっとしてカフェ・オレ?
    ホントはカフェ・オレ飲みたかったんですか?
    39 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:11:04.98 ID:ftALpqU10 (+3,+13,+0)
    いいぞいいぞ
    40 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:13:38.21 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-50)
    「だから…お前のことが好きだって言ってんの!」

    カラン

    って音を立てて転がったカフェ・オレの空き缶

    ジッと私を見据えているプロデューサーさん

    濃くなっていくオレンジ色の中、時間が止まってしまいました
    正確には、私の思考回路が…
    41 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:14:57.35 ID:xKgzLYcGP (-13,-1,+1)
    ハァン・・・
    42 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:17:34.72 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-56)
    「春香?おい、春香」

    「…ひゃい」

    噛みまくりですね、私…
    だけど、この場面じゃ仕方無いですよね?

    「…今度は冷たい物飲むか?」

    「…ひゃい」

    ベンチから立ち上がり、再び自販機へと向かったプロデューサーさん

    放心状態の私は、その背中を目で追いかけることはできませんでした
    43 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:19:23.03 ID:3FWU/l/J0 (+0,+10,+0)
    わっほい!
    44 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:21:23.85 ID:VuWAhswmO (+90,+30,-68)
    「落ち着いたか?」

    「…だいぶ」

    冷たいオレンジジュースの缶を額にあてがいながら、生返事をする私

    さっきのプロデューサーさんの言葉を頭の中で反芻していました

    好き?
    私のことが?

    …え?

    ええっ!?
    45 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:25:26.68 ID:gNeK86Rn0 (+19,+29,-12)
    ファッキューハルカッス
    46 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:27:43.01 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-102)
    「あの…プロデューサーさん?」

    「なんだ?」

    「えっと…できたらで構わないんですけど…」

    「なんだよ?」

    「もう1回言って頂けると…」

    「ふざけんな!やだよ!」

    結局、もう1度言っては貰えませんでしただけど…

    代わりに、手を握ってくれました

    まだ栓を開けていないオレンジジュースが、ドスっていう鈍い音を立てて地面に落ちました

    夕焼けと同じ色をした、オレンジジュースの缶が…
    47 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:29:53.07 ID:8VrdslxH0 (+2,+13,+0)
    いいぞいいぞ
    48 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:32:03.95 ID:VuWAhswmO (+90,+30,-57)
    「ホントはな、お前のこと連れて行きたい」

    「…はい」

    「でも、それは無理だ。分かるよな?」

    「はい」

    「だから…お前は日本で輝け」

    「はい?」

    「アメリカからでも見えるように、ピッカピカにな!」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:37:49.44 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-91)
    …ふふ
    責任重大だなぁ
    手を握ったままそんなこと言われちゃったら、返事なんて1つしかないじゃないですか!

    「はい!」

    涙の混ざった私の声が公園に響き、その声が夕焼け空に吸い込まれたとき…

    2つの影と2つの唇が、同じタイミングで重なりました

    私たちが初めて出会った、小さな公園の青いベンチで…
    50 : 以下、名無しにか - 2012/04/05(木) 02:44:17.23 ID:VuWAhswmO (+95,+30,-56)
    みんながどんな感情を持っていようと
    プロデューサーさんがどんな感情を持っていようと
    そして私がどんな思いを抱いていようと…

    時間は、自分勝手に過ぎていきます

    4月の第2土曜日
    765プロの事務所では、プロデューサーさんの送別会が開かれました

    私とプロデューサーさんのことは、まだ誰にも話していません
    ちょっとズルい気もしますけどね…
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - アイドルマスター + - 天海春香 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について