のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,536,879人
911,642,974頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:837人
912頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレQB「僕と契や」 沙耶「あむっ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - めでたしめでたし + - クロスオーバー + - 沙耶の唄 + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:03:44.74 ID:5LzSCSVf0 (+125,+30,-238)
    沙耶「……」 モグモグッ

    QB「いきなり食べるなんて酷いじゃないか」

    沙耶「あなた、さっきの子と同じなの?」

    QB「僕らには個体の区別はないからね」

    沙耶「そう。私に何か用?」

    QB「ずいぶん素っ気ないね。君は僕が話すことに疑問を持たないのかい?」

    沙耶「あなたは私が話すことが不思議じゃないの?」

    QB「君達の存在は知っているからね」

    沙耶「ふ~ん。でもあなた、人間じゃないんでしょ? 興味ないわ」

    QB「待ってくれ。これは君にとっても有益な取引だ」

    沙耶「ふしゅるー……」

    QB「冷静な話し合いを求めるよ」

    沙耶「あむっ」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:06:40.50 ID:dmPKdtfG0 (-12,+0,+0)
    wktk
    3 : 忍法帖【Lv= - 2012/04/01(日) 04:07:33.85 ID:3XMJ331+0 (+25,+30,-110)
    沙耶の唄の沙耶かちゃんか?سدقخو
    4 : 実況 - 2012/04/01(日) 04:08:55.11 ID:mQKAsaM40 (+19,+29,-34)
    食べるってことは沙耶の歌の沙耶だな
    5 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:09:39.07 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-285)
    沙耶「……」 モグモグッ

    QB「その肉体も君の栄養になるなら無駄とは言えないけれど、僕らの手間も考えてくれないかな」

    沙耶「あなたを食べると、新しいあなたが来るのね」

    QB「僕らは食料じゃないよ?」

    沙耶「ふふっ」

    QB「もう一度言うけどね、これは君にとっても有益な話なんだ」

    沙耶「有益……そうね。あなた、銀の鍵って知ってる?」

    QB「知ってるよ。君が探し求めているものだろう?」

    沙耶「知ってるの? どこにあるの、言いなさい」 シュルッ

    QB「僕を縛り上げた所で意味がない事はもう十分理解しているだろ?」

    沙耶「それもそうね」

    QB「理解が早くて助か」 沙耶「あむっ」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:13:07.33 ID:USbR+XRu0 (-26,-14,-1)
    ワロタ
    7 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:18:04.07 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-258)
    QB「君と話す時には距離を置いた方が良さそうだね」

    沙耶「教える気はあるの?」

    QB「君次第だよ」

    沙耶「どういうこと?」

    QB「僕と契約して魔法少女になってくれるなら、どんな願いでも一つだけ叶えてあげる」

    沙耶「あなた、何者?」

    QB「魔法少女を導く者、かな」

    沙耶「魔法少女って、物語に出てくるあの魔法少女?」

    QB「そうだね」

    沙耶「宇宙生命体のあなたが?」

    QB「……君はその情報をどうやって入手したんだい?」

    沙耶「あなたの肉を解析しただけだよ。地球の物質で構成されてるけど、地上で起こり得る進化でも、人類のテクノロジーで創り得る生物でもないもの」

    QB「なるほど。たしかに君達にはそういう機能もあると推測されていた」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:21:50.74 ID:rUJuMk0u0 (+65,+30,+0)
    9 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:24:57.90 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-236)
    QB「僕の対応が間違っていたみたいだね。君の魂は人類の、それもとりわけ十代の少女に近いが、知能は人類を遥かに凌駕する」

    沙耶「……私の魂が?」

    QB「そう。君の魂は僕と契約するに値する。その心の在りようは人そのものだ」

    沙耶「その契約であなた達にもたらされる利益のすべてを教えて」

    QB「……それは……利益の定義によるね」

    沙耶「あなた、人間よりわかりやすいね。あなたは私に嘘は言えないんだね」

    QB「まだ君を侮っていたみたいだ」

    沙耶「そう。いいよ、許してあげる。だから教えて。あなたの知っていること、全部」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:34:13.63 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,+0)
    沙耶「魔法少女。魔女。そっか。あなた達はそうやってエネルギーを回収してるんだ」

    QB「君になら僕らの行為の意味が理解できるだろう?」

    沙耶「そうだね。あなた達は間違ってないよ。でも、あなた達は人間が好きじゃないのね」

    QB「僕らには好意という感情は理解できない」

    沙耶「可哀相。人を愛する気持ちもわからないなんて」

    QB「君は知っているのかい?」

    沙耶「沙耶は、郁紀が好き。愛してる」

    QB「郁紀……それは君の恋人の名前かい?」

    沙耶「……恋人に、なってくれたかもしれない人。私が意気地なしだったから……」

    QB「なるほど。君はやり直したいんだね」

    沙耶「違うよ。」

    QB「何が違うんだい?」

    沙耶「私と沙耶が出会って、二人で過ごした時間の――一日一日の積み重ねが、郁紀が好きって気持ちを作ったんだよ
       あの日出会った私と郁紀だから……郁紀のことが、こんな好きになれたんだもん」

    QB「やはり君は人間だよ。僕には君が理解できないよ」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:36:07.46 ID:5LzSCSVf0 (+89,+29,-18)
    改変ミスった。
    ×私と沙耶が出会って
    ○私と郁紀が出会って
    13 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:38:04.29 ID:5LzSCSVf0 (+90,+30,-88)
    QB「さて。そろそろいいだろう。君は僕との契約を望むのかい?」

    沙耶「うん。いいよ」

    QB「「契約は成立だ。君の祈りは、エントロピーを凌駕した」

    沙耶「私の願いは……」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:44:10.98 ID:BwhBHa+S0 (+11,+26,-1)
    これは俺得
    15 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:45:45.31 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-288)
    トタッ トタッ

    郁紀「……誰だい、こんな時間に」

    グジュルル

    郁紀「ドアが……溶けてなくなって……?」

    沙耶「……郁紀ぃ!」 バフッ 

    郁紀「……幻覚か」

    沙耶「どうして?」

    郁紀「君の足音は、あの夜の沙耶とは違った。まるであの頃の、昔の沙耶の愛らしい足音だ」

    沙耶「うん……」

    郁紀「それに。僕にはもう、沙耶の声も、君みたいに透き通った声には聴こえないはずなんだ」

    沙耶「……郁紀、難しく考えすぎだよ」

    郁紀「そうかい?」

    沙耶「沙耶はね……郁紀を助けに来たの。郁紀と一緒にいるために魔法少女になったの!」

    郁紀「魔法……少女?」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:48:30.52 ID:CX7iMSJQ0 (+15,+27,-1)
    病院ENDか
    17 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:49:48.91 ID:IehtiLp30 (+0,+0,+0)
                                 ___
                     ___,,..  -‐ '''" ̄: .: .: .: .: .: . ̄`'' ‐ 、
                  < ,_: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . : .: ./: .: .: .`ヽ
                      ゙''ー-、,_: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./: .: . _.- " : . \
                          7: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /.: .: ./: .: ./: .: .: .ヽ
                          /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ノ: .: .:゙、
                           / : . : . : ./: .: .: .: ./: .: .: .: .: .: . _,.- ' , イ ノ: . :i
                        /: . : ./^ 7: .: .: .: ./------弋彡: ./ ノ , イ: .: .i
                      /: .: .: . 〈 k|.: .: . : ./Yニ=、、二 -ゞ- ' / / ,ノ: . ,ィ:}
                     _/: .: .: .: .: . ヽY: .: . // ヾミY ド、   _/ /: ./ : .:/: i
                  _/ : . : . : .: .: .: .: . |: .: .//            '⌒゙Y: .: ./: . |
              _ -<_: .: .: .: .: .: . : . : . : .i: .: ..! !         r'ラ2、/ ./ /: .: .|
             /     `ヽ、.: .: .: .: .: . : .,イ: .: .!         _ゝヾマン ./ ::人: .: |
            /        ノノヽ、_;_;_/ |: .: .|      ヽ、_    / //: ./ ヽ. |
             /        //       i: .: .|  ヽ           ノノ./: ../   V
           /    i    //  ヽ  i   !: .i |   _ゝ、   _, イ: ./ /: . ./
          ./     ノ   /<    \    |: .|!| /: .: .: .  ̄: .: . : ./ /,イ::./
         /    /  / ト \    \  |: .| !ハ: .: .: .: .: .: .: .: ./ノ /: ./
         /   /  , イ   i \ \     |: .| !  \_: .: . : .: .// /: ./
       ./    / /  i    i   \ \.   |: .|ーー' )〉ヽ: /    /: ./
       ./  ./レ/   .i    ヽ    ヽ `ヽ |ハ.| ヽ ノノ  Y    /: ./
      ./  /      i     ヽ    r'=う㍉! | 、 .//   }     /: ./
      ./  /      ノ      ヽ  `イ/じ!  ! ヽ'/   /    /: ./
     /  /      /        ヽ //!|      ノ" ノ   /: ../
       /      /    ヽ、     // !|     /  /    /: ../
      /       /       ヽ、   { { !|   /  /     /, イノ
      /       /         `ナ| |. !|  / /    / ノ/
     /       ./         /  | | | レ'/        /
    18 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:50:40.61 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-227)
    QB「今は話している時間はないんじゃないかい?」

    郁紀「その生き物は……?」

    沙耶「気にしなくていいよ。害はないから」

    郁紀「……」

    沙耶「どうしたの、郁紀?」

    郁紀「君は……沙耶、なんだね?」

    沙耶「どこか変?」

    郁紀「いや。僕の記憶通りの、可愛い沙耶だ。ただ、少し驚いて」

    沙耶「郁紀は、沙耶と一緒に行きたくない?」

    郁紀「……まさか。もうこの白い部屋にも、飽きていたんだ。……君がいないから」

    ガヤガヤッ

    沙耶「……廊下の方は騒がしくなってきたみたいだし、壁の方から行こ」

    ジュワワワッ

    郁紀「また溶けて消えて……」
    19 : 五角 ◆Chen - 2012/04/01(日) 04:51:42.73 ID:arYV/ol60 (+16,+26,-2)
    精神病院ENDの後か
    20 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:52:31.71 ID:cMjkTkRu0 (-21,-9,-2)
    これは期待
    21 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:53:41.58 ID:5LzSCSVf0 (+99,+30,-161)
    沙耶「沙耶の新しい力だよ。郁紀、ジャンプするから掴まって」

    郁紀「ああ……」

    沙耶「いっくよ~!」 ヒュンッ

    郁紀「凄い……空を飛んでるみたいだ……」

    沙耶「飛んでるんじゃないよ? 落ちてるだけ」

    郁紀「それでも……凄いよ、沙耶。一体どうやって、こんな……」

    沙耶「後で全部話すから」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:54:28.18 ID:dsvat7s60 (+19,+24,-3)
    元に戻るENDだっけこれ
    期待
    23 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:56:07.23 ID:uZbuyBlo0 (+19,+29,-1)
    こわれたーかけらあつーめーてー
    24 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 04:57:57.13 ID:5LzSCSVf0 (+93,+30,-185)
    郁紀「ここは……」

    沙耶「パパの家。ここは昔のまま、誰も住んでないみたいだから」

    郁紀「……これから、どうするつもりだい?」

    沙耶「郁紀はどうしたい?」

    郁紀「僕は……君といられるなら、他のことはどうでもいいよ」

    沙耶「沙耶もだよ」

    QB「……君には魔法少女としての使命があるんだけどね」

    郁紀「そうだ、沙耶。何があったのか、僕に教えてくれ」

    沙耶「家の中で全部話すから、ね? あなたも一緒に来てね」

    QB「わかってるよ」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:04:39.36 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-291)
    郁紀「……つまり、君……インキュベーターは、少女の魂を魔女に変えているのか?」

    QB「僕らの目的はあくまでエネルギーの回収だよ。その後の事は彼女達の問題だ」

    郁紀「貴様……沙耶にそんな契約をさせておいて、ぬけぬけと……!」

    沙耶「郁紀、落ち着いて」

    郁紀「でも……」

    沙耶「その子と契約したから今、沙耶は郁紀と一緒にいられるんだよ?」

    郁紀「だからって……許せないよ」

    QB「彼は君ほど冷静な人物ではないようだね」

    沙耶「郁紀は沙耶のために怒ってくれたんだよ? それを嬉しいって思える気持ちがわからないなんて、やっぱり可哀相」

    郁紀「沙耶……」

    QB「とにかく、沙耶。君は魔女と戦う宿命を背負ったんだ。戦わなければ生き残れないんだよ」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:09:38.58 ID:9OahuNBd0 (+24,+29,-2)
    魔女もむしゃもぐしちゃうのか
    27 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:10:18.40 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-292)
    沙耶「んー……ねえ。その魔女がたくさんいる所、近くにないの?」

    QB「人の多い場所……また、魔法少女が密集する地帯には必然的に多くなるだろうね」

    郁紀「この辺り……東京のもっと都心部なら……」

    沙耶「ダメ。この辺りにいたら郁紀が捕まっちゃう」

    郁紀「そうか……まずは隠れ家を探さなくちゃ」

    沙耶「あ」

    郁紀「なんだい?」

    沙耶「写真……写真があったの。パパの別荘の写真。沙耶がこの世界に来てから、しばらく暮らしてた場所」

    郁紀「そこなら……」

    沙耶「大丈夫だと思う」

    QB「それはどこだい?」

    沙耶「栃木県のS町」

    QB「それなら……見滝原が一番近い狩場だね」

    郁紀「沙耶」

    沙耶「うん。行こう、郁紀……パパの別荘に」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:19:02.92 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-124)
    郁紀「……君の魔法は凄いんだな。なんでも溶かしてしまうなんて」

    沙耶「それだけじゃないんだよ。でもそれは後のお楽しみ!」

    郁紀「そうだね。君がせっかく車を調達してくれたんだ、急いで別荘に行こう」

    QB「それじゃあ」

    郁紀「……君は行かないのか?」

    QB「向こうにも別の個体がいるからね」

    沙耶「その子も向こうの子も同じだから気にしなくてもいいんだよ、郁紀」

    郁紀「そういうものか……それじゃ、また向こうで」

    QB「ああ。また」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:20:45.98 ID:a7IwaFIB0 (+22,+29,-1)
    おお舞台はあっちか
    30 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:30:21.89 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,+0)
    郁紀「ここが別荘か……何もないな」

    沙耶「地下室の方にはまだ色々残ってるんだけど……」

    郁紀「うーん……このままじゃ暮らせそうにないな」

    沙耶「沙耶の魔法で何とかしよっか?」

    郁紀「そんな事まで出来るのか?」

    沙耶「簡単だよ。郁紀でも美味しく食べられる物に全部……」

    郁紀「うん?」

    沙耶「んー。郁紀は沙耶以外の人のこと、どう思ってる?」

    郁紀「どうって、どうとも思っていないよ」

    沙耶「沙耶が隣のおじさんみたいな人に襲われたら……」

    郁紀「殺すさ」

    沙耶「じゃあ、もし沙耶が人を殺したら?」

    郁紀「手伝う。当然だろ?」

    沙耶「郁紀……大好き」

    郁紀「僕もだよ。沙耶」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:31:40.27 ID:2GM/f4HM0 (+22,+29,-1)
    やっぱり気が狂ってやがる・・・
    32 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:32:42.33 ID:dsvat7s60 (+24,+29,+0)
    良いなぁこういう愛情
    33 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:38:04.55 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-110)
    マミ「……妙ね」

    さやか「何がですか?」

    マミ「おかしいのよ」

    まどか「えと……」

    マミ「最近、魔女の気配が全然ないの」

    まどか「それは良いことじゃ……」

    ほむら「魔女の気配がないってことは……誰かが、狩ってるんでしょうか?」

    さやか「あの赤いやつ?」

    マミ「いえ。佐倉さんは今、他の街に行っているわ」

    さやか「そうなんですか?」

    マミ「この辺りには魔女がいないのよ。それに……最近、失踪事件が増えているの、気付いてる?」

    まどか「そういえばママが同じこと……」

    マミ「何かが、おかしい」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:39:24.88 ID:CX7iMSJQ0 (+27,+29,-36)
    そう言えば沙耶の唄にも頭から食われた人がいたな
    35 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:39:31.49 ID:fYEqvJuH0 (+19,+29,-2)
    やっぱりこいつらも出るのか
    36 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:40:26.51 ID:dsvat7s60 (-29,-29,-9)
    魔法少(宇宙)vs魔法少女(詐欺被害者)か
    37 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:40:42.27 ID:2GM/f4HM0 (+27,+29,-17)
    なんか頭がなくなりそうなのが居るな・・・
    38 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:41:51.71 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-144)
    ほむら「……キュゥべえが、まだ何か隠してるのかも」

    さやか「あんた、またその話? いい加減にしてくれない?」

    ほむら「でも……!」

    マミ「あまり感心しないわよ、暁美さん。証拠もないのにそんな事を言うのは」

    ほむら「……」

    マミ「とにかく。このままじゃグリーフシードが尽きるのも時間の問題だわ。原因を調べましょう」

    まどか「わかりました」

    マミ「美樹さんは私と、暁美さんは鹿目さんと。それぞれ二人一組で街を調べるの。いいわね?」

    さやか「転校生と組まされなくて良かったー」

    まどか「さやかちゃん!」

    さやか「冗談だって。……あんた、まどかに迷惑かけないでよ」

    ほむら「……」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:45:45.17 ID:a7IwaFIB0 (+22,+29,-17)
    この周回ということは要覚悟か
    40 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:48:09.54 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-133)
    まどか「ごめんね、ほむらちゃん。さやかちゃんも悪気があって言ってるんじゃないの」

    ほむら「……美樹さんは、私が嫌いだから……」

    まどか「違うの! さやかちゃんは、ちょっと、思い込みが激しくて、意地っ張りで、結構すぐ人と喧嘩しちゃったりして……」

    ほむら「……?」

    まどか「でも……すっごく、良い子なの。優しくて勇気があって、誰かのためと思ったらがんばり過ぎちゃって……それが、今は、よくない方向になってるだけで」

    ほむら「鹿目さんは、美樹さんが好きなの?」

    まどか「親友だもん。もちろん、ほむらちゃんも大事な友達だよ」

    ほむら「……鹿目さん。キュゥべえには……気を付けて」

    まどか「……わかった。ほむらちゃんのこと、信じる」

    ほむら「ありがとう……」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:49:36.20 ID:088pbEPS0 (+19,+29,-2)
    これは魔女になる前に食ってるのか
    42 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:52:47.85 ID:9OahuNBd0 (+24,+29,-4)
    えげつないの期待してる
    43 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:55:32.62 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-159)
    マミ「……特に異常は見当たらないわね」

    さやか「魔女の反応がないんじゃ、どうしようもないですよねー」

    マミ「困ったわ。力を使わないからソウルジェムの濁りも遅いけれど……」

    さやか「ジリ貧ですよね……これって、濁り切ったらどうなるんですか?」

    マミ「魔力なしに魔女と戦いたいかしら?」

    さやか「それはちょっと……」

    マミ「魔力がなくなってしまえば、私達もただの女の子よ。魔力がなければグリーフシードは手に入らないも同然。だから魔力がある内に……」

    杏子「はぁ……はぁ……」

    マミ「佐倉さん?」

    杏子「うぉっ!? な……なんだ、マミか……くそ……」

    マミ「一体どうしたの?」

    杏子「どうしたも何もあるかよ! クソ!」

    マミ「落ち着いて。何があったの?」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 05:59:26.02 ID:yiy6Vns10 (+30,+30,-44)
    ほむらは沙耶サイドとも割と打ち解けられる気がする
    マミさやかあたりは食われるか改造されて奴隷ルートな予感しかしねえ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 06:00:32.34 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-183)
    さやか「マミさん、今なら……」

    マミ「争う必要のない時にまで戦うつもりはないわ。……一体どうしたの?」

    杏子「魔女だ……」

    マミ「魔女?」

    杏子「魔女だよ! 魔女が襲ってきたんだ!」

    マミ「いつものことじゃない」

    杏子「一匹や二匹じゃねえ! あんな数、相手できるかよ……!」

    マミ「どういう、こと?」

    杏子「知るか。アタシは下りるぜ。別の遠い街にでも移る」

    マミ「待って! 今、この辺りで起きてる魔女の不在と関係しているのなら、少しでも情報が欲しいの!」

    杏子「……昔のよしみで忠告してやる。早くこの街を離れな。じゃねえと……死ぬぞ」 スタスタッ

    マミ「……」

    さやか「マミさん、今の……」

    マミ「わからないわ。でも、何かが起きてるのよ……二人と合流しましょう」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 06:02:26.26 ID:dmPKdtfG0 (+27,+29,-7)
    まさかの…魔女使役www
    ワルプルギスよりたち悪い
    47 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 06:04:54.16 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-64)
    まどか「何もないね」

    ほむら「巴さん達の所に行く?」

    まどか「他の場所も探してみよう。前に魔女の出た所とか……例えば、あそこの廃ビル」

    ほむら「今からだと日が沈んじゃうんじゃ……」

    まどか「今やらないと後で後悔しちゃうよ! ほら、行こ!」

    ほむら「う、うん……」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 06:08:27.94 ID:5LzSCSVf0 (+95,+30,-89)
    まどか「やっぱり誰もいないねー」

    ほむら「は、早く出よ?」

    まどか「ほむらちゃん、怖いの?」

    ほむら「こ、怖くなんか……きゃっ!」 ビクッ

    まどか「どうしたの?」

    ほむら「今、何が動いたような……」

    まどか「……何もないよ?」

    ほむら「気のせい、かな」

    まどか「もう。怖がりなんだから」

    ほむら「違うもん……」

    まどか「待って。今、何か……」

    ほむら「……」 ゴクリッ

    郁紀「……誰だい?」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 06:09:36.74 ID:lUDqa8edO (+19,+29,-6)
    ぐしょぐしょ…ぐしょぐしょ…
    50 : 以下、名無しにか - 2012/04/01(日) 06:10:35.11 ID:XcD8QcRn0 (-25,-13,-1)
    しえん
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - めでたしめでたし + - クロスオーバー + - 沙耶の唄 + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について