のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,538,407人
911,644,729頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:2,441人
2,667頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ魔王「夢と現実、お前の選択はどっちだ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - TSF + - 勇者 + - 外国人 + - + - + - 神スレ + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:31:44.21 ID:8VyPp8HI0 (+125,+30,-160)


    勇者「魔王!」

    魔王「くくく、良くぞここまで来た、勇者」

    魔王「まさかたかが人間一人がここまでも余を楽しませてくれるとはな」

    魔王「一応聞いておこう。勇者よ。余の者となれ。さすればこの世界の半分をお前にあげよう」

    勇者「断る!誰が魔王の下僕なんてなるものか!」

    魔王「ふふっ、愚か者め。良いだろう。このまま余の手で葬ってくれる」

    カー、カー

    勇者「な、なんだ、これは。カラスの鳴き声が…」

    魔王「魔王からは逃げられない、覚悟しろ!」

    勇者「い、意識が…急に眠くなってき……」
    2 : 忍法帖【Lv= - 2012/03/28(水) 12:34:27.40 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-80)
    >>1 代行感謝
    勇者「はっ!」

    勇者「魔王!」

    勇者「どこだ!」

    勇者「……居ない」

    勇者「ここはどこだ?魔王の玉座の前ではない……?」

    勇者「俺は…一体どうなって……」

    魔王「貴方様、如何なさったのですか?」

    勇者「!?」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:35:22.46 ID:WQNLHchK0 (+55,+30,-55)
    魔王「…顔が真っ青です」

    魔王「何か怖いものでも見たのですか?」

    勇者「だ、誰だ、貴様は…!」

    魔王「!!」

    魔王「……貴方様…?」

    魔王「私です…魔王です」

    勇者「なっ…!!」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:36:04.66 ID:p0PmWiFq0 (+14,+26,+0)
    んでんでんで
    5 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:37:08.50 ID:WQNLHchK0 (+58,+30,-139)
    勇者「馬鹿な…お前はさっきと全然違うだろ…大体お前女だろ」

    魔王「私は…生まれた時から女性でした」

    魔王「もしかして…貴方様にはそういう趣向が…」

    勇者「ねーから!」

    勇者「男と寝るような性向も、魔王と寝る性向もないから!」

    魔王「…!」

    魔王「貴方様…一体どうなさったのですか」ジワッ

    勇者「え、泣く?」アワテル
    6 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:37:13.62 ID:chmhcEc/O (+27,+29,+0)
    テーレッテレー♪
    ニートがこのスレを見つけました
    7 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:38:38.75 ID:WQNLHchK0 (+64,+30,-174)
    勇者「あの、すまん、泣かないでくれ」

    勇者「…………ちょっと、昔夢を見ちゃってさ……頭が混乱したんだ」

    魔王「……昔の夢と言いますと……もしかして、私と戦っていた頃のことですか?」

    勇者「ああ、あの時、始めてお前に会った時は口では言わなかったが本当に恐ろしかったんだからな」

    魔王「ふふっ、そうでしたか」

    魔王「でも、それはもう過ぎたことです」

    魔王「あなたは見事を私に勝ち抜きました」

    魔王「それだけではなく、私の命を奪うことなく人類の勝利を宣言した」

    魔王「そして、そんな貴方様に惹かれた私は、こうしてあなたの妻になった」

    魔王「貴方様が見た『夢』は、もう昔のことなのです」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:40:55.06 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-117)
    勇者「そう…だな」

    勇者「今はお前とこうして夫婦になってるんだよな」

    勇者「都から離れた村でこうして一緒に住んでいる」

    勇者「最初は村人たちも怯えていたが」

    勇者「今じゃすっかり馴染んできて…」

    魔王「色々助けてくださいましたからね」

    魔王「良い人たちです」

    勇者「そうだったよな」



    カー…カー…

    勇者「う…ううん…」

    魔王「どうなさいました」

    勇者「なんか、急にまた眠……く…」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:41:02.69 ID:8VyPp8HI0 (+66,+11,+0)
    ちょっとだけ支援。
    10 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:43:00.66 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-135)
    勇者「!」

    勇者「何だったんだ、今のは…」

    勇者「『夢』?」

    勇者「俺と魔王が結婚する夢を見たのか」

    勇者「なんてことだ。そんなことあるはずが……」

    魔王「くくく、怖いのか、勇者!」

    勇者「!魔王!」

    勇者「今のは貴様の仕業だな!」

    魔王「くくく、貴様のような気弱な人間ごときがここまで来たのは褒めてやろう」

    魔王「だが、ここが貴様の墓場になるのだ!」

    勇者「っ!!」

    勇者「強い……」

    魔王「魔王の前では逃げられぬ!」

    勇者「いや、しかもやっぱり魔王男だろ!」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:45:16.83 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-126)
    勇者「さっきの夢がなんだったのかは知らんが」

    勇者「今は戦いに集中しよう」

    勇者「いくぞ、魔王!」

    魔王「……」キカナイ

    勇者「なにっ!?」

    魔王「くくく、軟弱者め」

    魔王「この程度で余を倒す勇者だと?」

    魔王「そんな攻撃では、余にかすり傷一つもさせられない!」

    勇者「うわぁっ!」

    勇者「なんて重い攻撃だ。一撃でもちゃんとくらったら致命傷だ」

    魔王「良く避けたものだ。だが、いつまで持つかな」

    カー…カー

    勇者「っ!…また…眠く…」

    勇者「気を抜いては……」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:46:45.06 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-166)
    勇者「!!」

    魔王「お目覚めですか、貴方様」

    勇者「…ああ」

    勇者「なんか、また夢見ちゃったな」

    勇者「しかも…なんか魔王が男になってる」

    魔王「……最近の貴方様は疲れていますからね」

    魔王「今日は少し休んだ方がいいかもしれません」

    魔王「今お城からお迎えの兵士が来ていますけど、今日は帰らせましょう」

    勇者「頼む…今日はなんか…調子がおかしいな」

    魔王「わかりました。じゃあ、そう言っておきます」

    勇者「あとさ」

    魔王「はい?」

    勇者「俺マジであっちの趣味ないから」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:48:37.33 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-72)
    勇者「…」

    勇者「なんかおかしい」

    勇者「さっき『夢』の中に居た時は、今ここが『夢』だと思っていた」

    勇者「なのに、ここに来てはあっちの方が『夢』だと思っている」

    ??「くくく、気付いたか」

    勇者「!お前は…さっきから気を失う度に鳴いていた鴉!」

    「やっと状況の異常さに気付いたようだな、勇者」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:49:31.83 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-134)
    勇者「俺に何をした!」

    「貴様は魔王さまの呪いにかかったのだ」

    勇者「呪い?」

    「今貴様が私の鳴き声を聞いたら眠りにつき、この世界で寝たら向こうの世界で起きて、向こうで寝たらこっちで起きる」

    「一つの世界はお前と魔王さまが戦っている」

    「もう一つの世界では、お前と魔王さまは夫婦だ」

    「この二つの世界のうち、一つは夢で、一つは現実だ」

    勇者「!!」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:51:02.34 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-132)
    「このループから脱出したければ、お前はどっちかの世界で死ななければならない」

    「ちゃんと夢で死んだら現実で起きるだろう」

    勇者「…じゃあ、もし現実で死んだら」

    「じゃあ、死ぬだろう。だから『現実』というのだからな」

    カー…カー

    勇者「うっ、また…眠気が…」

    「くくくっ、ちなみに貴様が眠ってる間でも両方の世界とも時間は進む」

    「せいぜい頑張るんだな」

    「二つの世界。どっちが夢か、どっちが現実か」

    「貴様の夢は、貴様の現実は、どっちだ」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:51:54.06 ID:WQNLHchK0 (+54,+29,-23)
    とここまでプロローグだけど、この書き方ってどうなの?
    紛らわしいかな

    ちょっと飯食べてくる。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:54:20.90 ID:Qk8CWCVg0 (+11,+21,-2)
    見てるから続けて
    18 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:58:05.25 ID:KcIbKGw1O (+19,+29,+0)
    とてもいいと思う
    19 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 12:59:45.44 ID:GtBq/jtVO (-14,-4,-1)
    興味深い
    20 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:02:06.87 ID:34DWUOXy0 (-24,-12,-1)
    期待
    21 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:02:19.28 ID:p0PmWiFq0 (+13,+25,-10)
    ミステリアス
    22 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:04:28.44 ID:HbV6P1Qk0 (+15,+25,+0)
    まってる
    23 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:05:47.76 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-145)
    勇者「…っ!」

    勇者「ぐあああああああ!!!」

    勇者「痛い…!」

    勇者「全身が……ぁぁ!!」

    側近「ふふふ、やっと目覚めたか」

    勇者「!ここは牢屋か」

    勇者「私を出せ!」

    側近「愚かな人間だ」

    側近「そう喚かずともちゃんと明日になったら出してやろう」

    側近「全ての魔族と人間どもが見てる前で貴様の処刑をする時にな」

    勇者「!!」

    側近「その時までせいぜい大人しくしていることだな」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:08:49.35 ID:HbV6P1Qk0 (+29,+29,-32)
    ん?どっちも現実で、どっちも夢ってこと?

    それともどっちかは現在でどっちかは夢ってこと?
    25 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:09:46.51 ID:WQNLHchK0 (+54,+29,-8)
    夢で死んだら現実で起きる。
    現実で死んだら……わかるよね
    26 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:10:11.21 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-81)
    勇者「待て!」

    勇者「っ!」

    勇者「体が傷だらけだ」

    勇者「俺が寝てる間、魔王の攻撃を食らったせいだ」

    勇者「道具が入った武器も道具も全て奪われている」

    勇者「このまま死ぬのを待つしかないのか?」

    カー…カー

    勇者「っ…これは…また……」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:11:29.89 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-105)
    勇者「!」

    魔王「貴方様」

    勇者「……魔王?」

    魔王「はい?」

    勇者「何故、お前が俺を真上から見つめているんだ」

    勇者「後、頭がやたらと心地いいのだが」

    魔王「はい、貴方様がお疲れのようでしたので、私が何か力になってあげられるものがないかと思いまして」

    魔王「こうして膝枕をしている最中でございます」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:12:25.08 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-53)
    勇者「……」

    魔王「…余計なことだったでしょうか」

    勇者「あ、いや…そんなことじゃない」

    勇者「ただ、なんというか…」

    勇者「気持ちいいな。魔王の膝の上って」

    魔王「ふふっ、そう思ってくださって嬉しい限りです」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:14:50.75 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-125)
    魔王「城には今日一日休むと伝えておきました」

    魔王「今日は私とゆっくり休日を満喫してください」

    勇者「ああ……」

    勇者「そういえば、魔王と一緒にお出かけしたのも久しいな」

    勇者「今日一緒にどこかにでも出かけるか」

    魔王「ほんとですか?」

    勇者「どこか良いかな」

    魔王「私は貴方様と一緒ならどこでも…」

    魔王「それと…貴方様の子供と三人で一緒に居れたらどこだって幸せです」サスッ
    30 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:16:59.24 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-184)
    勇者「ニヶ月だな」

    勇者「そろそろお腹が膨らんでくるか?」

    魔王「最近、なんだか、お腹が重くなってくる気がします」

    勇者「立ってるのが疲れたりはしないか?悪阻とかは」

    魔王「流石にまだそこまでは…悪阻もあまりありません」

    勇者「腹が大きくなったら、しばらくお城の仕事は休もう」

    勇者「家事も俺がやるから、魔王は休んでると良い」

    魔王「貴方様……嬉しいです」

    カー…カー

    勇者「……あ、また…」

    魔王「ぐっすり寝てください。私がお側で見守っていますから…」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:18:30.94 ID:WQNLHchK0 (+62,+30,-136)
    勇者「!」

    魔王「やっと起きたか、ヘタレ勇者め」

    勇者「魔王…!」

    勇者「俺をここから出せ!もう一勝負しろ!」

    魔王「馬鹿め、お前はもう余のものだ。放すわけがないだろ」

    魔王「ここには貴様を笑ってやるために来たのだ」

    魔王「それ程の力で余に挑むなどと、笑わせる!」

    魔王「お前ごときが人間どもを代表する強者なら、これ以上人間どもを相手に手こずる必要もない」

    魔王「明日貴様を処刑した後、魔王軍は全力攻勢に入る」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:20:57.28 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-103)
    魔王「想像できるか?お前の死で絶望した人間どもが余の強力な魔物たちの手に殺される光景が」

    魔王「助けてくれと叫ぶ声。腕と脚を千切られた痛みで醜く絶叫する様」

    魔王「さぞかし滑稽であろうな」

    勇者「貴様ーー!!」ガーン!!

    魔王「くはははは!!!」

    勇者「待て!魔王!待てっつってんだろおおお!!」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:21:53.93 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-122)
    勇者「クソ!このまま終わってたまるか!」

    「何をそうムキになっている」

    勇者「!貴様は…!」

    「いい方向に考えるんだ」

    「もしかすると、この世界が夢なのかも知れないぞ」

    「快く死んで、向こうの現実でまたいつものように楽しい日々を過ごすのだ」

    勇者「ふざけるな!」

    勇者「あんなの幻に決まっている!」

    勇者「ここが現実だ」

    勇者「俺と魔王が結婚することが現実であるわけがない!」

    勇者「しかも…こ、子供まで居るだと!」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:24:26.12 ID:HbV6P1Qk0 (+22,+27,+0)
    なるほどサンクス
    35 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:25:14.46 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-68)
    「なら、ここが現実というのか」

    「魔王に負け、人間ども滅亡を目前としているこの世界を現実と思うのなら」

    「それもまた一興だな」

    カーカー

    勇者「ほざけ!」

    勇者「うっ…、また…眠くなって…」

    勇者「くそ…早く、なんとか…しないと……」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:25:47.96 ID:WQNLHchK0 (+54,+29,-11)
    これどんだけやると猿っちゃうの?前それで凄く苦労したんだけど
    38 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:28:27.62 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-102)
    勇者「!!」

    勇者「…どんどんわけが分からなくなってくる」

    勇者「…魔王?」

    勇者「居ない。どこへ」

    魔王「貴方様、お食事の準備が出来ています」

    勇者「あ」

    魔王「…申し訳ありません、急に居なくなってしまって」

    魔王「ですが、そろそろ食事にしないといけないと思いまして…」

    勇者「あ、いや、別に良いさ」

    勇者「良いよ。一緒に食べよう」

    魔王「はいっ」ハート
    39 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:29:49.57 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-121)
    勇者「……」

    魔王「…どうですか?」

    勇者「うん?あ、美味しいよ」

    勇者「(やっぱ、ここが現実だ)」

    勇者「(こんな幸せな日々、しかも、妻と子が居る生活…)」

    勇者「(否定することなんて出来ない)」

    魔王「………」

    勇者「ほんとに美味しいよ。魔王が作る料理はいつも美味しい」

    魔王「…ほんと、ですよね?」

    勇者「嘘ついてるような顔に見える?」

    魔王「……」

    魔王「いいえ」

    魔王「美味しく食べて頂いて良かったです」ニッコリ
    40 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:30:18.53 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-108)
    勇者「ふぅ…食った、食った」

    魔王「ふふっ、片付けますね」

    勇者「…幸せだな」

    魔王「?…いつものことですよ?」

    勇者「だからだよ」

    勇者「勇者と魔王で、戦いあったお前と俺が…」

    勇者「こうして二人で普通の生活をしている」

    勇者「お前と一緒に居られる俺は、この余で一番幸せな人間だ」

    魔王「……」

    魔王「私も貴方様のものになれて幸せです」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:31:28.15 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-60)
    ドンドンドン

    勇者「?この音は」

    魔王「外に誰か来ているみたいですね」

    勇者「俺が行こう」

    カー…

    勇者「っ!」

    魔王「大丈夫ですか!?」

    勇者「あ、あぁ…」

    魔王「私が行ってきますね」

    勇者「うっ…あの鴉……」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:32:08.06 ID:WQNLHchK0 (+55,+30,-104)
    勇者「…!」

    勇者「またこっちか」

    勇者「ダメだ。あっちではあっちが現実だと完全に思い込んでいる」

    勇者「こっちでもそれは同じ」

    勇者「どっちでも夢であるならどこかおかしな所があるはずだ」

    勇者「向こうでは魔王を結婚してる。しかも魔王が俺の子を孕んでる」

    勇者「こっちでは…俺が魔王に負けてる」

    勇者「夢としては両端を走ってるな」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:33:57.36 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-187)
    勇者「とにかく、どっちが現実でどっちが夢か確信するまで、どっちも時間を有効に使わなければならない」

    勇者「最小限でも、明日の朝俺が処刑されるまでまだ時間がある」

    勇者「それまでなんとか脱出しなければ…」

    看守「飯だ!」

    勇者「!」ネテルフリ

    看守「ちっ、寝てるのか。こんな人間に俺たち魔族が手こずるとはな……」鍵ヲ開ケル

    勇者「(今だ!)」

    勇者「はあああっ!!」ユウシャパンチ

    看守「うっ!」ガクッ

    勇者「よし、他の連中が来る前に……」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:35:20.75 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-167)
    勇者「看守を中に入れて外から鍵を閉めた」

    勇者「しばらくは時間を稼げるだろう」

    看守2「なっ!勇者が脱獄したぞ!」

    勇者「っ!もうバレたか」

    看守3「囲め!囲め!!」

    勇者「武器も道具も無しで大勢を相手するわけにはいかない。逃げなければ…」

    カー……カー……

    勇者「なっ…!」

    勇者「駄目だ!ここで寝ちまったらおしまいだ!」ニゲル
    45 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:37:35.17 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-108)
    「ほう、呪いの力に逆らうつもりか?その度胸は良いな」

    カー

    勇者「っ!!」

    「耳を塞ぐか。いい考えだな。効くかは別だが…」

    勇者「黙れ!」

    勇者「どこか時間を稼げるような場所が……」

    勇者「あっちだ!取り敢えずあの部屋に入ろう」

    ガチャ  カー

    勇者「な……何か門を塞ぐものを置いておかないと……」

    カー

    勇者「も、もう無理か」

    勇者「せめて…鍵でも……」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:39:01.25 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-141)
    勇者「はっ!」

    魔王「貴方様!良かった…!」

    勇者「魔王…?」

    勇者「どうしたんだ?」

    魔王「大変です。王国の騎士団が家を囲んでます」

    勇者「…は?」

    魔王「今は私の力で周りに結界を張っていますけど」

    魔王「ここは人間のする世界」

    魔王「私の力も半減されています」

    魔王「教会の僧侶の部隊も来ていて、結界が破られるのも時間の問題です」

    勇者「…な…ぜ」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:41:31.95 ID:WQNLHchK0 (+58,+30,-140)
    魔王「はっきりは判りませんが…おおよそ検討はつきます」

    勇者「何?」

    魔王「あなたと私は、この世界で一番強い者たちです」

    魔王「平和になったとは言え、私たちがその気になれば、この国を乗っ取ることは容易いこと」

    魔王「人間の王はそれを恐れ、我々を殺そうとしているのでしょう」

    勇者「馬鹿な…!!」

    魔王「今日も貴方様がお城に言っていたら、途中で貴方様を暗殺しようとしたかも知れません」

    魔王「そして、家に居る私も……」

    勇者「……」カジッ
    49 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:42:45.72 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-194)
    勇者「ここに居ろ」

    魔王「貴方様」

    勇者「寝室に行って、そこだけまた小さく結界を張っておいてくれ」

    勇者「あと、念のために移動魔法の準備も」

    魔王「…ここは人間の国です。しかも向こうは、私に対抗する術を全て準備しています。移動魔法も、時間稼ぎぐらいにしかならないでしょう」

    魔王「せめて貴方様だけでも逃げてください。私さえ居なくなれば、流石に貴方様にまでは手を出してこないはずです」

    魔王「王も勇者の名声を知っていますから、コレほどの軍を持ちかけて勇者を殺したとなると民たちの反乱が起きる可能性もあります」

    魔王「私さえこの首を差し出せば……」

    勇者「ふざけんな!!」

    魔王「!!」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/03/28(水) 13:43:39.48 ID:WQNLHchK0 (+60,+30,-169)


    勇者「俺と戦っていた頃は違うんだ!」

    勇者「魔族と人間と存亡を賭けて戦っていた時と違うんだよ!」

    勇者「お前は魔王以前に俺の妻だ!」

    勇者「俺の子を身ごもった母親だ!」

    勇者「夫として、父としてそんな真似できるか」

    勇者「国が何だ!俺がお前と戦ってる時に王は何も出来ず城に引きこもってやがった」

    勇者「なのに今更俺とお前の力を恐れてこんな大軍を連れて俺に俺の妻の首を捧げろというのか?」

    勇者「俺が屍になる前に俺の妻に指一本も触れられると思うな!」

    魔王「…貴方様……」ジワッ
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - TSF + - 勇者 + - 外国人 + - + - + - 神スレ + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について