のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,541,014人
911,647,640頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:813人
944頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ姫「姫ときどき女剣士、というわけね?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ゆるゆり + - 勇者 + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:28:40.92 ID:cDeOHUYJ0 (+125,+30,-172)
    隊長「とうとう追い詰めたぞ、観念しろ」

    盗賊団ボス「ちくしょう……!」

    隊長「お前らの仲間のほとんどは、俺たち王国警備隊が捕えた。
       もう逃げ場はない。痛い目にあいたくなきゃ、大人しく捕まることだ」

    盗賊団ボス「ぐっ……!」

    盗賊団ボス(この場さえなんとか逃げ切れば……!)チラッ

    ボスは自分を囲む警備隊の面々を見渡した。

    隊長、戦士、老剣士、新米剣士、そして──

    盗賊団ボス(ん、一人だけ女がいるじゃねぇか! よし、こいつを人質に──)ダッ

    剣士「あら、私をご指名?」

    隊長(残念……そいつはハズレだ)
    2 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:29:52.95 ID:ZuAJ7ZA/0 (+19,+29,-1)
    ふむいい感じだ続けたまえ
    3 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:30:10.27 ID:P6gSfPRR0 (+9,+19,-11)
    すばらしい
    4 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:34:31.36 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-179)
    盗賊団ボス「おらっ!」ブンッ

    剣士「遅いって」ガッ

    盗賊団ボス「うぎゃっ!」ドサッ

    女剣士の剣の柄での一撃で、盗賊団のボスは気絶した。

    剣士「あらら、だらしない」

    隊長「さすがだな、女剣士」

    剣士「ありがと」

    まもなく別動隊を率いていた副隊長が駆けつけてきた。

    副隊長「手下どもに少し逃げられちまったが、こっちもあらかた片付いたぜ。
        俺たちの勝利だ!」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:40:28.86 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-279)
    『王国警備隊』は、国内の治安を守るために組織された治安維持部隊である。

    少数の腕自慢で構成されており、王命がないと動けない軍隊に比べて迅速な行動ができ、
    小回りが利くという利点がある。

    警備隊詰め所──

    副隊長「あのズル賢いボスさえ捕えりゃ、もうあの盗賊団は終わりだ。
        さ、今夜は祝杯といこうぜ!」

    ワァァァァァッ!

    戦士「いやぁ、めでたいめでたい」

    新米剣士「今日はボクも活躍できてよかったです。だから給料上げて下さい」

    老剣士「ほっほっほ。ワシ、ちょっと小便に行ってこようかの」

    剣士(そろそろ帰らないとマズイな……)

    剣士「ごめん。私、用があるから帰るね」

    副隊長「なんだよ、つれねえなあ」

    隊長「まぁいいだろ。女剣士、今日は助かったよ。ありがとう」

    剣士「どういたしまして。またね!」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:45:21.34 ID:cDeOHUYJ0 (+93,+30,-170)
    副隊長「隊長、アイツはいったいなんなんだ?」

    副隊長「半年前、突然警備隊に参加したいってやって来て……。
        風のウワサじゃ、他国から来たらしいが……」

    隊長「さぁな」

    隊長「たしかに謎は多いが、腕はたしかだ。女剣士に助けられたことも多い。
       素性を明かしたくないんなら、深く追求するつもりはないよ」

    新米剣士「隊長、もしかして女剣士に惚れてます?」
    戦士「多少気が強いが、いい女ではあるからな」

    隊長「バカいうな、誰が……」

    副隊長「ないない。だって、こいつは姫様にぞっこんだからな、ギャハハハッ!」

    隊長「うるさいっ!」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:47:50.41 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-101)
    城近くの森──

    剣士「誰もいないよね……」キョロキョロ

    剣士「隠してあるドレスに着替えて……」ゴソゴソ

    剣士「化粧して……」コソコソ

    剣士「………」ガサゴソ

    「よし、完璧!」

    「さて、お城に戻ろうっと」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:50:29.38 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-88)
    城門──

    番兵「あっ、姫様! どちらへお出かけになられてたんですか?」

    「ちょっとお花を摘みに出かけていたの」

    番兵「そうだったのですか。しかし、くれぐれも気をつけて下さいね。
       我々兵士や警備隊の目を盗んで、どこに悪党が潜んでいるか分かりませんから」

    「ええ、心配してくれてありがとう。あなたも体を壊さないようにね」

    番兵「は、はいっ!」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:51:56.75 ID:62BKSQib0 (-29,-14,+0)
    しえん
    10 : 忍法帖【Lv= - 2012/03/25(日) 19:52:34.69 ID:Xnp6BS1x0 (+16,+26,+0)
    なるほど
    11 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:53:32.30 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-137)
    城内 謁見の間──

    「お父様、大臣、ただいま戻りました」

    大臣「お帰りなさいませ、姫様」

    国王「……また警備隊に参加してきたのか」

    「えぇ、もちろん私の正体はバレてないから安心して」

    国王「まったく、すぐバレると思ったんだがなぁ……。
       まさか、こんな二重生活が半年も続くとは思ってもみなかった」

    「もうあれから半年になるのね」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:54:30.90 ID:ptsi9UeB0 (-11,-1,-1)
    これは興味深い
    14 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:56:30.91 ID:koCFugd8O (+29,+29,-21)
    そ、その桜吹雪!てめえは遊び人の金四郎!!
    15 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:56:52.30 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-274)
    ~ 半年前 ~

    国王「ええい、ダメだといったらダメだ!」

    「お父様の分からず屋!」

    国王「分かっていないのはお前だ! お前はワシの娘で、姫なんだぞ!?
       守られるべき立場の人間が、王国警備隊に入ってどうするというんだ!」

    「あらやだ。お父様は私の剣の腕をご存じないのかしら?
      たしか10歳の時に、お父様を負かしてしまったような……」

    国王「うっ、うるさい! ワシは文武両道とはいかなかったんだ!」

    「それに、私もお父様の娘としてそろそろ国の現状をこの目で見たいのよ」

    国王「う、う~む……」

    大臣「陛下、よろしいのではないですか? なにせ──」

    国王「大臣、お前は黙っていろ!」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:58:50.15 ID:tjFSkpjb0 (+19,+29,+0)
    ファンタジー時代劇
    17 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 19:59:34.99 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-213)
    国王「……分かった。いいだろう」

    「ホント!?」

    国王「ただし条件をつけさせてもらう」

    「条件?」

    国王「うむ。まず、警備隊には姫としてではなく、一剣士として参加するのだ」

    国王「もしも王家の人間が警備隊に入っているなどと知られたら、
       かえって犯罪を招くことにもなりかねんからな」

    国王「そして、お前の正体がワシと大臣以外に知られたら、すぐに警備隊を去ること。
       ──どうだ?」

    「姫ときどき女剣士、というわけね?」

    「分かったわ。その条件でやらせてもらいます」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:06:13.07 ID:qOvOsQ+EO (+18,+28,-12)
    姫×女剣士かと思った
    19 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:06:37.39 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-196)
    ~ 現代 ~

    国王「う~む、しかしなぜバレないのだ?
       多少化粧をしているとはいえ、顔は全く同じなはずなのに……」

    「服や口調を変えれば、案外他人になりきるのはたやすいわよ。お父様」

    国王「分かった、分かった」

    国王「ワシはお前が無事に警備隊の仕事をこなせているのなら、何もいうことはない」

    国王「これからも体に気をつけて職務に励むのだぞ」

    「はい、ありがとうございます。お父様」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:08:22.26 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-120)
    国王「──ところで姫よ」

    「なに?」

    国王「お前まさか、警備隊で男ができていたりしないだろうな?」

    「何をいってるのよ。あるわけないでしょう、そんなこと」

    国王「ならばいい。お前に相応しい結婚相手はワシが選ぶのだからな」

    「………」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:09:14.68 ID:pMN7sKOl0 (-21,-11,-1)
    期待
    22 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:10:35.75 ID:sFpQ0AYY0 (+22,+29,-13)
    手塚先生のパクリ
    23 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:14:28.42 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-219)
    その後も姫は警備隊で活躍を続けた。



    隊長「ようやくカタがついたな。大丈夫か?」

    剣士「うん、平気。でも今日の強盗団はけっこう手強かったね」



    副隊長「さっきは助かったぜ。もう少しで後ろからバッサリやられてた」

    剣士「気にしないでよ。私たち、仲間なんだし」



    新米剣士「う~ん、強い……! ボク、もう休んでいいですか……」ハァハァ

    老剣士「ワシは年寄りなんじゃから、もっと手加減してくれても……」ヒィヒィ

    戦士「ちくしょお~!」ゼェゼェ

    剣士「──ったく、だらしないなぁ。さぁ、剣の稽古を続けるよ!」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:19:14.65 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-177)
    こうしているうちに、年に一度の城下町での祭りが近づいてきた。

    隊長「今度、城下町で祭りがあるだろ?」

    剣士「あるね」

    隊長「あそこで俺たち警備隊が、表彰されることになったんだ。
       国王陛下や姫様からお褒めの言葉を頂けるらしい」

    剣士「へぇ~すごいじゃない!」

    隊長「……で、表彰式には俺と副隊長で出るつもりでいるんだが、
       お前にも出てもらいたいんだ」

    隊長「この半年余りで、俺たちはお前に何度も助けられた。
       それにみんなと一緒に祭りを楽しむのも悪くないだろ? どうだ?」

    剣士「………」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:22:24.39 ID:/bGqQyqOO (+17,+27,+0)
    期待している
    26 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:22:32.33 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-116)
    剣士「ごめん、その日は用事があって……」

    隊長「……そうか」

    隊長「まぁ用事があるんなら仕方ない。表彰式には俺たちだけで出るよ」

    剣士「悪いね、せっかく私らが評価されたっていうのに」

    隊長「気にするな。なにも表彰されるために戦ってきたわけじゃないしな」

    剣士(まぁ私が表彰するんだから、出られるわけがないんだけど……。
        せめて、この人が大好きな“姫”として精一杯褒めてあげよう)
    27 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:28:48.38 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-164)
    祭りの日になった。
    城下町のあちこちに露店が並び、人々は年に一度の大騒ぎを堪能していた。

    戦士「祭り最高!」ガツガツ

    副隊長「さっきから食いすぎだよ、お前は……」

    新米剣士「ボク、ダンスに参加してきます!」ダッ

    副隊長「アイツ、ダンスなんか踊れたのか……生意気な」

    老剣士「おっ、あっちに可愛い子がおるぞい」ダッ

    副隊長「ちょっと爺さん、どこ行くんだよ!」

    副隊長「まったくアイツらときたら……。
        俺たちが警備も兼ねて祭りに来てるってこと覚えてるのか?」

    隊長「浮かれてはいるが、職務を忘れるヤツらじゃない。大丈夫だろう……多分」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:29:51.14 ID:RJ48aSx50 (+7,+22,+0)
    さる
    29 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:29:53.35 ID:/bGqQyqOO (-3,+6,+0)
    続き
    30 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:32:20.67 ID:cDeOHUYJ0 (+93,+30,-81)
    副隊長「ところで女剣士は?」

    隊長「用事があるから今日は来られないらしい」

    副隊長「用事ィ? よほどのことじゃなきゃ、表彰式を優先させないか?
        ただでさえ一年に一度の祭りなんだぜ?」

    隊長「仕方ないだろ。人には人の事情があるんだ」

    副隊長「お前の本命は姫様だからな」

    隊長「バカ」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:35:22.43 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-144)
    祭りも佳境に差しかかり、城下町の広場にて表彰式が始まった。

    司会「ではこれより、日頃から国の安全を守るために戦っておられる
       王国警備隊の方々の功績を称え、表彰式を行います」

    司会「隊を率いておられる隊長さんと副隊長さん、どうぞ!」

    歓声が上がる。

    隊長「………」カチンコチン

    副隊長(隊長、緊張しすぎだろ……大丈夫か?)

    司会「ではお二方、一言ずつお願いします」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:36:58.71 ID:HZ9V+tzS0 (+14,+29,-11)
    カチンコチンコ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:42:35.82 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-183)
    副隊長「じゃあまず俺から……」

    副隊長「このような機会に、日頃の活動を評価されるということは非常に嬉しいです」

    副隊長「しかし、警備隊の仕事にゴールというものはありません。
        今回の表彰を一つの区切りとして、今後も隊の仕事に全力で取り組みます。
        ありがとうございました」

    パチパチパチパチ……

    隊長(どうしよう。俺が話そうとしてたことをほとんどいわれた……)

    司会「隊長さん、どうぞ」

    隊長「は、はい」

    隊長「え、えぇと……これからも、みんなと一緒に頑張りますっ!」

    パチパチ…… クスクス……

    隊長(最悪だ……穴があったら入りたい)

    副隊長(隊長……。剣の腕は一流だが、こういうことはからっきしだな……)
    34 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:45:47.00 ID:9NRsQB+e0 (-27,-15,+0)
    35 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:47:01.12 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-153)
    司会「国王陛下から、金一封の贈呈です」

    国王「日頃より、我が国の治安維持のために働いてくれてありがとう。
       これからも頑張ってくれたまえ」

    隊長「光栄です。ありがとうございます」

    パチパチパチパチ……

    司会「続いて、姫様からお言葉を頂戴したく存じます」

    「はい」

    隊長(ひ、姫様が……こんなに近くに……。香水のいい匂いがする……)ドキドキ

    「………」ジーッ

    隊長(まじまじと俺の顔を……どうしたんだ?)

    「………」ジーッ
    36 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:49:17.02 ID:9NRsQB+e0 (-27,-15,+0)
    37 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:51:20.71 ID:8laV2hEhO (+0,+10,-1)
    これは…
    38 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:53:40.24 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-157)
    (ニヤニヤして顔真っ赤にしちゃって……。
      私の前じゃ、いっつも仏頂面のくせに……いや今も私の前だけどさ)ジーッ

    (なんか悔しいな……)ジーッ

    隊長「ひ、姫……?」

    (ほら、私はいつもアンタと会ってる女剣士よ。
      いくらなんでもこれだけ目が合えば、さすがに気づくでしょ?)ジーッ

    隊長「ひ、姫、どうなさいましたか? 私の顔に何かついてますか……?」

    (気づかない、か……)

    「失礼しました。私としたことが、あなたに見とれてしまいましたわ……。
      いつも国のために働いて下さってありがとうございます」

    隊長「いっ、いえっ! 姫のためならたとえ火の中、水の中、ドブの中っ!」

    クスクス…… ハハハ……

    副隊長(なんかもう、俺まで恥ずかしいよ……)
    39 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 20:59:30.86 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-126)
    「今後とも王国のために頑張って下さいね」ニコッ

    隊長「は、は、はいっ!」

    「日頃から国を守って下さってる手を、少しさわらせて下さる?」ギュッ

    隊長「ひ、姫様っ!? いけません、私の手など──」

    「やはり剣を日頃から握っているからでしょうか。たくましい手ですわね」ギュッ
     (ほら、私だって剣士の手をしてるから、気づくでしょ?)

    隊長「ひ、ひ、ひ……」

    隊長「姫ぇ……」ドサッ

    「うわぁっ!?」 「失神したぞ!」 「どんだけ純情なんだ……」

    ハハハ…… ワイワイ……

    副隊長(恥ずかしい……)

    「………」

    こうして祭りは幕を閉じた。
    41 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:05:24.76 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-101)
    翌日──

    警備隊詰め所は祭りの話題で持ちきりだった。

    戦士「昨日は楽しかったな!」

    老剣士「いっぱい姉ちゃんのケツをさわれたわい」

    新米剣士「ボクなんか踊りすぎで、筋肉痛ですよ。
         ところで、隊長がとんだハプニングをやらかしたそうですね」

    副隊長「なんか俺まで恥ずかしかったよ。
        いくら姫に手を握られたからって倒れるか? フツー」

    ハッハッハ……

    隊長「はぁ……(しばらくネタにされるんだろうな)」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:08:32.91 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-124)
    剣士「おはよう!」

    隊長「おう、おはよう」

    剣士「昨夜はお楽しみだったみたいね!」

    隊長「ま、まぁな……(なんか機嫌悪いな、コイツ)」

    剣士「お祭り、私も行きたかったなぁ。うらやましいね、ホント!」

    隊長「用事があるっていったのは、お前だろ。イライラするなよ」

    剣士「そうだね、ごめん!」

    隊長(なんかイヤなことでもあったのか……?)
    43 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:13:01.36 ID:9NRsQB+e0 (-27,-15,+0)
    44 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:14:28.09 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-224)
    剣士「新米剣士から聞いたけど、
        お姫様に手を握られて、失神したんだって? なっさけない!」

    隊長「うるさい」

    剣士「もっと女に慣れないとダメだって。ほら、私も握ってあげる」ギュッ

    隊長「ん……」

    剣士(憧れの姫の手と、全く同じでしょう!? 気づいてよ!)

    隊長「やはりお前はいい手指をしてるな。柔軟でしなやかで、剣士向きの手だよ」

    剣士「……なんで私相手だと失神しないわけ?」

    隊長「そりゃあ、姫様とお前じゃ全然──」

    バチンッ!

    剣士「どうせ私は姫に比べてガサツで女らしくないよ、ふんっ!」

    隊長(いってぇ……)ヒリヒリ…
    45 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:15:55.58 ID:ptsi9UeB0 (+12,+17,-1)
    面白くなって来た④
    46 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:17:48.57 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-111)
    副隊長「よう」

    隊長「ん?」

    副隊長「女剣士とケンカしたんだって?」

    隊長「ああ。手を握ってきたから、いい手だって褒めてやったらビンタされた」

    副隊長「なんだそりゃ?」

    隊長「俺がなんだそりゃ、だよ。褒めてやったのに……」

    副隊長(女剣士のヤツ、もしかして隊長のことが好きなんじゃなかろうか。
        だが、隊長は姫様が好きなんだよなぁ……)

    副隊長(下手に首突っ込んで面倒みるのもイヤだし、放っておこう……)
    47 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:22:02.38 ID:pMN7sKOl0 (+19,+29,+0)
    良きかな
    48 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:22:24.60 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-147)
    隊長と女剣士がケンカしたという話は、瞬く間に隊内に広まった。

    戦士「隊長、女剣士にビンタされたんだって? いったい何をやらかしたんだ?」

    隊長「別に何も……」

    新米剣士「姫に手を握られて失神して、次の日には女剣士さんからビンタですか。
         隊長って、もしかして女難の相なんじゃないですか?」

    老剣士「ほっほっほ、大変じゃのう。ワシの女運を分けてやりたいくらいじゃよ」

    隊長(とほほ……)

    しかし、不器用な二人はこの騒動でできた溝を解消することができなかった。
    49 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:25:53.82 ID:9NRsQB+e0 (-27,-15,+0)
    50 : 以下、名無しにか - 2012/03/25(日) 21:26:15.30 ID:cDeOHUYJ0 (+95,+30,-140)
    三日後、警備隊は荒野で山賊の一味を相手にしていた。

    隊長「女剣士、そっちには伏兵がいるかもしれない。あまり突っ込むな!」

    剣士「ふん」

    剣士「だれがアンタのいうことなんか──」ダッ

    バッ

    山賊「おらぁっ!」ブオンッ

    剣士「あっ(しまっ──)」

    ズバッ!
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ゆるゆり + - 勇者 + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について