のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,531,591人
911,637,037頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:310人
386頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ響「早くパン買ってきてよ、プロデューサー」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - takane + - アイドルマスター + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:05:26.68 ID:LfwMo0zF0 (+120,+30,-34)
    P「あの、お金は……」

    「ん? Aランクアイドルの自分に何か文句でも?」

    P「……いえ、なんでもないです」

    「じゃあさっさと行ってくるさー」

    P「はい……」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:06:39.35 ID:xcWrtc3U0 (+14,+29,-2)
    喋りに違和感
    3 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:09:20.49 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-120)
    P「買ってきました」

    「遅いぞ! 自分が買ってこいって言ったら10分以内で戻ってくるさー!」

    P「最寄りのコンビニでも片道10分なので……」

    「言い訳するなー!」

    P「……申し訳ありません」

    「これだからプロデューサーは……ほら、早く渡してよ」

    P「はい」

    ゴソゴソ...

    「……あ、焼きそばパン入ってる! 今日は自分、メロンパンの気分だったんだぞ!」

    P「そう言われても……」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:11:04.90 ID:+rSiHIAd0 (+24,+29,-6)
    でも普通にアイドルなら金は出さないんじゃなかろうか
    5 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:11:59.04 ID:AF1orcj+0 (+24,+29,+0)
    もはやマネージャーがやる仕事や
    6 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:14:43.20 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-108)
    「本当に使えないなー。それくらい察するのがプロデューサーの役目だろっ」

    P「………………」

    「自分がいなかったら今頃路頭に迷ってたクセに、生意気だし、口答えするし……」

    P「………………」

    「これなら新しいプロデューサーを雇った方がいいかもなー」

    P「えっ!? そ、それだけは……!」

    「それは今後の態度次第さー。とにかく、自分の立場っていうのをもうちょっと理解した方がいいと思うぞ」

    P「……はい」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:24:54.02 ID:HIvg1a+4O (+24,+29,-2)
    なら辞めてやるよじゃあな展開はよ
    8 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:25:00.15 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-144)
    昼休み―――


    春香「最近の響ちゃん、ひどくない?」

    千早「そうね。プロデューサーが可哀想だわ……」

    美希「ねえねえ、響ってどうしてあんな風になっちゃったの?」

    春香「えーと……Aランクになった頃だっけ。稼ぎ頭になったからだと思うけど、急に身勝手になったんだよね」

    千早「そうね。それもプロデューサーに対してだけ。私たちとは今でも普通に接しているし」

    美希「ふーん。プロデューサーもちゃんと怒ればいいって、ミキ思うな」

    春香「それがプロデューサーさん、生活苦しかったみたいで……」

    千早「我那覇さんが売れてからは生計も随分楽になったらしくて、かなり引け目があるようね」

    美希「……オトナって大変だね」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:28:25.04 ID:DBAL2Vb10 (+21,+29,-40)
    こんな響はハム蔵さんも見限っちゃうよ
    11 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:33:22.32 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-151)
    「あっ、みんな! もうお昼食べたのか?」

    春香「あわわっ、響ちゃん!?」

    「……なんでびっくりしてるんだ?」

    千早「な、なんでもないわ。お昼はこれから摂るところよ」

    「そっか! じゃあ自分も一緒に行っていいか?」

    春香「も……もっちろん! ご飯はみんなで食べた方が美味しいし! ね、美希?」

    美希「……ごめんね春香。ミキ、今日はやめとく」

    春香「え?」

    美希「なんだか食欲ないの。後でおにぎりでも食べるから3人で行ってきて」

    「食欲ないって、大丈夫なのか? アイドルは体が資本なんだから気をつけなきゃダメだぞ?」

    美希「…………うん。ありがと」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:35:07.33 ID:uoksGte50 (+25,+30,-61)
    「ハム蔵?イヌ美?・・・・あぁ、そんな奴もいたっけかな」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:36:17.79 ID:jCppDeVL0 (+29,+29,-7)
    「おきなわぁ~?つーかドコだしぃ~」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:38:37.51 ID:ZkXkvPp40 (+24,+29,-15)
    この響は制裁されるべき
    15 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:41:04.95 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-121)
    【大手レコード会社】


    P「ありがとうございます。では予定通り、響のNEWシングルは来月リリースということで」

    担当「ええ、ウチとしても我那覇さんのCDを取り扱えるのは嬉しい限りです。よろしくお願いしますね」

    P「こちらこそ、これからもよろしくお願いします」

    「よろしくだぞ!」

    P「こら、響っ」

    担当「ははは……いいですね、元気なアイドルで。最近は打算的で何考えてるのか分からない子も多いですから」

    P「……響に限って、腹に一物抱えてるなんてことはありませんよ」

    担当「ですよねぇ」


    「………………」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:46:35.93 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-134)
    【765プロ事務所】


    「ふー。打ち合わせ、無事に終わって良かったぞ」

    P「そうですね」

    「……で、自分の言いたいことは分かってるよね」

    P「…………はい」

    「じゃあ立ち話もなんだし、そこのソファで話さないか?」

    P「は、はい。では失礼して……」

    「ん? なに勘違いしてるんさー」

    P「え……」

    「ソファに座るのは自分だけ。プロデューサーは床に決まってるだろ?」

    P「………………」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:47:15.08 ID:h3fIYhoG0 (+19,+29,-6)
    我々の業界ではご褒美です
    18 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:47:17.15 ID:EOjzjgsIO (+9,+24,+0)
    腹にイチモツ?
    19 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:52:45.58 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-123)
    「……それで、腰を落ち着けたところで聞きたいことがあるんさ」

    P「…………」

    「なんだっけ……『こら、響っ』だっけ? プロデューサー、いつから自分を怒れるほど偉くなったんだ?」

    P「すみません。でもあの場は」

    「自分、Aランクアイドルだぞ。昔はともかく、今はその辺のさじ加減も分かってるつもりさー」

    P「………………」

    「貧困生活まっしぐらだった誰かさんを助けたのは自分なのに、恩を仇で返された気分だぞ」

    P「も、申し訳ありません……」

    「お仕置き」

    P「…………えっ?」

    「お仕置きだぞ、プロデューサー」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:56:26.32 ID:IYqDTZe40 (+19,+29,-16)
    甘んじて受けましょう(承諾)
    21 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 20:59:24.29 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-110)
    「へへ……今まで口で色々言ってきたけど、ぜんぜん効果なかったからな」

    スルスル...

    P「……あの。どうして靴下を」

    「気になるのか? 自分の担当アイドルの素足に興奮するなんて、プロデューサーはヘンタイだぞ」

    P「ち、違っ……!」

    「幸い、事務所のアイドルは出払ってるしな……ほら」

    スッ...

    P「え……な、なんです? 足を向けたりして」

    「分かるだろ? 舐めてよ、自分の足」

    P「…………!?」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:00:05.16 ID:9BcDMSvc0 (+19,+29,-3)
    「れろれろ」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:09:09.10 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-131)
    「ほらほら、どうしたのさ。舐めないとクビだぞー」

    P「く、クビって。そんな権限無いでしょう」

    「そうか? 社長はAランクアイドルとうだつの上がらないプロデューサー、どっちを取るかなー」

    P「しゃ、社長に直接言うつもりですか?」

    「うん。それでダメだったら自分、アイドル辞めるぞ」

    P「な!?」

    「今をときめく売れっ子アイドルが事務所の都合で辞めたら、この事務所の仕事もだいぶ減ると思うぞ」

    P「……そんなことになったら、俺どころか他のアイドルまで……」

    「そうなるかはプロデューサー次第さー」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:12:40.29 ID:e5iWs1Ig0 (+24,+29,-8)
    舐めた後踏んでいただけると大変喜ばしいのですが(迫真)
    25 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:15:21.65 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-61)
    P「………………」

    ペロッ...

    「ひゃっ!? い、いきなり舐めないでよっ」

    ペロッ ペロッ...

    「う……」

    ペロペロ...

    「あっ……い、いい……」

    P「…………?」

    「な、なんでもない……そのまま……」

    P「………………」

    ペロペロペロ...

    「はふ……っ」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:18:57.72 ID:73gAcJmEO (-13,-6,+0)
    来たか)ガタッ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:19:34.98 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-64)
    ペロペロ... チュプッ

    「っ……!」

    チュプ チュプッ...

    「ゆ、指を咥えろなんて言ってないだろっ!」

    ゲシッ!

    P「うぐ!?」

    「ちょ、調子に乗るんじゃないさー! 言われたことだけやればいいんだぞ!」

    ガッ! グリグリ...

    P「ぐあ……!」

    「へへっ……どんな気分さ、アイドルに踏んづけられて床に這いつくばるのは」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:20:04.58 ID:9BcDMSvc0 (+24,+29,-15)
    これって…勲章ですよ(恍惚)
    29 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:22:24.21 ID:T2sX+9gy0 (+29,+29,-18)
    どうしてssの響は恋愛べたになってしまうのか
    30 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:23:52.62 ID:AF1orcj+0 (+19,+29,-15)
    ハム蔵の肛門でもなめます
    31 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:24:17.23 ID:YvviEAds0 (+1,+16,+0)
    つづけろ
    32 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:26:55.17 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-69)
    P「ど……どうして……」

    「……?」

    P「どうして、そうなってしまったんです……俺の知ってる我那覇響は」

    「…………っ!」

    ゴッ!!

    P「がっ!?」

    「うるさいっ! 元はと言えばプロデューサーのせいだぞ!」

    P「お、俺の……? 俺が何を……」



    美希「……事務所に帰ってきたら、すごいことになってたの」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:28:37.03 ID:jCppDeVL0 (-25,-15,+0)
    34 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:31:56.02 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-74)
    翌日―――


    美希「ねえねえ、プロデューサー」

    P「ん?」

    美希「プロデューサー、最近かっこいいよね。なんかオトナのオトコーってカンジ!」

    P「……なんだよ、急に。悪い物でも食べたのか?」

    美希「違うもん! プロデューサーはホントにかっこいいの!」

    P「そ、そうか。ありがとう」

    美希「だからね……ミキ、プロデューサーとデートしたいな」

    P「…………は?」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:32:24.82 ID:gIWezRlJ0 (+24,+29,-14)
    なんだ
    獅子咆哮弾スレかと思ったのに
    36 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:37:17.06 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-113)
    P「デートって……何かの罰ゲームか?」

    美希「むー。ミキ、本気だもん!」

    P「……それなら尚更悪い。アイドルがデートなんて悪徳記者のいいエサだぞ」

    美希「へー。ふだん、響とはあんなことしてるのにね」

    P「えっ……し、知ってたのか!?」

    美希「事務所のみんなはとっくに知ってるの。二人だけだよ、知られてないと思ってるの」

    P「………………」

    美希「響とあれだけできるんだったら、ミキとデートくらいしてくれるよね?」

    P「……それは……」


    「だっ……ダメだぞ!!」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:39:11.56 ID:jCppDeVL0 (-10,+0,+0)
    wktk
    38 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:44:17.65 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-118)
    P「!?」

    美希「あ。いたんだ、響」

    「プロデューサーとデートなんて、絶対ダメさー!」

    美希「……なんで? プロデューサーはみんなのプロデューサーなの。響だけのモノじゃないよ?」

    「そ、それはそうだけど……」

    美希「それとも響、もしかしてプロデューサーのことがスキとか?」

    「は、はぁぁ!? そ、そんなわけないさー!」

    美希「じゃあ、別にいいよね?」

    「……か、勝手にしろっ!」

    美希「言われなくても、ミキは最初から勝手にしてるもん。響が絡んできただけなの」

    「…………っ」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 21:56:02.39 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-133)
    P「でも、デートはさすがに」チラッ

    「……なんでこっち見るんさ。プロデューサーの好きにすればいいだろっ」

    P「………………」

    美希「じゃあ今度の日曜、10時にハチ公前で待ち合わせなの! 遅れないでね、プロデューサー!」

    P「……分かったよ。でも、せめて変装はしてこいよ」

    「…………!!」

    ダッ! バタンッ

    P「あ……」

    美希「響、出てっちゃったね。でもあんなのに付き合うことないの、プロデューサー」

    P「……え?」

    美希「ミキ、すっごく優しくしてあげるの。日曜は響のことなんか早れていっぱい楽むといいって、ミキ思うな!」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:05:33.53 ID:LfwMo0zF0 (+93,+30,-110)
    その日の夜 響の部屋―――


    「……なんだよ、美希のバカ。急にプロデューサーとデートしたいとか言い出して」

    「プロデューサーもプロデューサーだぞ。美希の誘いにホイホイ乗っちゃうし……」

    「……プロデューサー、やっぱり日曜日はデートに行っちゃうのかな」

    「そんなの、やだぞ……プロデューサーは自分だけのモノなんだぞ!」

    「でもデートだったらキスくらい……ううん、もしかしたらその先まで……!?」

    「う、うぎゃあああああ! モヤモヤするさー!」


    ズキッ...


    「あ、ぐっ……!? あ、頭が……」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:06:44.60 ID:VA859eOo0 (+23,+28,+0)
    ―――フラグが欲しいか―――
    44 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:07:37.57 ID:vbZpLf4N0 (+28,+29,-3)
    >>43
    それっぽく書いてんじゃねーよ
    勘違いしかじゃねえか
    45 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:07:47.26 ID:jQid/Obw0 (+19,+29,+0)
    さすが俺の美希
    最高に可愛い
    46 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:12:29.92 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-154)
    翌日―――


    P「響が休み?」

    律子「ええ。インフルエンザらしいです」

    伊織「最近流行ってるわよね。予防接種してなかったのかしら」

    あずさ「後でお見舞いに行きましょう~」

    律子「駄目です!」

    あずさ「えぇっ? どうしてですか?」

    律子「この上他のアイドルまで感染したら困ります。ただでさえ響の欠員でスケジュールが大幅に狂ってるんですから」

    伊織「売れっ子の宿命ってトコね。ふん、今に私も追いついてやるんだから」

    亜美「ひびきん、早く治るといいね→」

    律子「そうだといいんだけど、電話でも相当体調悪そうだったから一週間は出てこられないでしょうね……」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:22:22.58 ID:LfwMo0zF0 (+88,+30,-121)
    ガチャッ

    美希「おはようなの!」

    律子「あら、おはよう美希」

    あずさ「おはよう、美希ちゃん……」

    美希「……どうしたの? みんな、なんだか暗いの」

    P「実は、響がインフルエンザにかかったらしい」

    美希「ふーん。良かったね、プロデューサー」

    P「っ!?」

    律子「ちょ、ちょっと美希! あんたなんてこと言うの!?」

    美希「だって、律子……さんも知ってるはずなの。プロデューサー、いっつも響にいじめられてるよね」

    律子「そ……それは」

    美希「響がAランクの売れっ子だからって誰も止めないし、それなら響が休んだ方がまだマシだって思うな」

    P「………………」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:29:07.14 ID:LfwMo0zF0 (+95,+30,-184)
    夕方 響の家――


    「けほっ、けほっ……うぅ、頭は痛いし咳は出るし吐きそうだし……最悪さー……」

    「こんなんじゃ、おかゆを作る元気もないぞ……」

    イヌ美「バウッ」

    「あは……大丈夫さ、イヌ美……自分、こんな程度じゃ死なないぞ」

    「だって自分、もうすぐSランクアイドルなのに……けほっ、けほっ」

    「……プロデューサー、何してるだろ……もう仕事終わって、今頃美希とデートプランでも立ててるのかな……」

    「…………会いたいな、プロデューサーに……」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 22:29:49.61 ID:yIbydnCj0 (+24,+29,+0)
    響ちゃんマジ可愛い
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - takane + - アイドルマスター + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について