のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,531,026人
911,636,330頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:4,302人
4,786頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ女戦士「俺とパーティーをくんでくれないか?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ドラクエ + - ドラゴンクエスト + - + - 勇者 + - 未完 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:37:35.43 ID:hSU6ILql0 (+120,+30,-33)
    僧侶「またパーティーをおいだされてしまった。」

    僧侶「ホイミしか使えない僕じゃあんな強いパーティーにいさせてもらえるわけないか。」
    僧侶「………。またホイミ屋でもするか。」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:39:08.04 ID:fGuchNCs0 (+18,+23,-2)
    賢者の下位互換乙
    3 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:39:33.61 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-106)
    僧侶「回復しますよー、一回5Gです。回復しまーす」

    騎士A「おー、たのむよ。」
    僧侶「いらっしゃいませー。」
    ―僧侶はホイミをとなえた!騎士AのHPが8回復した!―

    騎士A「あれ…。もしかしてホイミしかできない?」
    僧侶「はい!」

    騎士A「」
    僧侶「」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:40:32.08 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-170)
    騎士A「ありがとう!あとは自分でするよ!」
    ―騎士Aはべホイミを唱えた!騎士AのHPが108回復した!―
    騎士A「はい5G」チャリーン
    騎士Aは5Gを地面にほおった!

    僧侶「まいどありぃ」
    僧侶はせっせと小銭を拾った!

    僧侶(せつない)

    街人A(あの回復屋ホイミしかできないんだぜ)クスクス
    街人B(え、まじそんなのでよく僧侶やってんな)ププ

    僧侶(それでも僕はこれで食べていくしかないんだ…。)
    僧侶「回復しますよー、一回5Gです。回復しまーす」

    5 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:41:07.00 ID:i0MQ1ezL0 (+18,+28,-13)
    俺の初ネトゲを思い出す
    6 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:42:08.54 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-217)
    戦士「え、回復してくれんのココ。頼むよ!」
    僧侶「あ、いらっしゃい」(ずいぶん傷だらけの人だな…。)

    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが9回復した!女戦士の擦り傷だけ治った!―

    僧侶(また二桁いかなかった…。)

    戦士「すげぇ!」

    僧侶「えっ」

    戦士「お前すげぇな!薬草みてえだ!」
    僧侶「い、いえそれほどでも」
    僧侶(薬草てひどくない?!)

    戦士「俺と一緒にパーティーをくまないか!」

    僧侶「えっ」

    7 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:42:54.25 ID:6av/PEgOO (+29,+29,-1)
    パンツは脱いでもいい感じなんでしょうか?
    8 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:43:24.32 ID:hSU6ILql0 (+94,+29,-158)
    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    てくてく、てくてく
    戦士「俺さーいままで一人旅だったからさー。仲間とかはじめてだからさー。よかったよー。」
    僧侶「はぁ」
    僧侶(結局全回復するのに23回もホイミしたし…。)

    戦士「俺たち二人でがんばってさー。うんでさー、いい勇者さがして魔王たおそうなー。」
    僧侶「そうですね…。」
    僧侶(そういえばこの人僕のホイミなんかで喜んでたけどレベルいくつなんだろ。)

    僧侶「あの、女戦士さんはレベルいくつなんですか?」
    戦士「レベル?なにそれ?」
    僧侶「」

    9 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:44:38.97 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-124)
    僧侶(そっか…、よくみれば初期装備だし、でなきゃ僕なんかとパーティー組んでくれないよな。)

    僧侶「いえ、なんでもないです。それより僕たちはどこに向かってるんですか?」
    戦士「うん?なんかさーこの洞窟の先にめちゃ強いモンスターがいてさー。ひとりだときついかなーって思ってさー。でも僧侶がいるから安心だね!」
    僧侶「はぁ。」(たしかここらはスライムベスでるし初期にはきついかもな。)

    戦士「あ、いたいた。あいつだ。」

    僧侶「へ?」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:45:25.39 ID:MOQIaucxO (+28,+29,-1)
    >>7
    パンツは頭につけるんだぞ
    脱いだらダメだ
    11 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:45:42.35 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-157)

    ―キラーマシーンが現れた!―

    僧侶「ちょっ」(こんなのにかてねえだろ!)オレシンダ

    戦士「ちぇすとー!!」
    ―女戦士の攻撃!キラーマシーンに102のダメージ!―
    ―キラーマシーンの攻撃!女戦士に5のダメージ!―

    戦士「な?あいつ一発じゃ死なねえんだよ。」ツエーダロ?
    僧侶「いやいやいやいやそれ普通ですし5しか食らってないじゃないですか」
    戦士「?。とりあえずやばくなったら回復頼む!」

    ―女戦士の攻撃!会心の一撃!キラーマシーンに258のダメージ!―
    ―キラーマシーンを倒した!―

    12 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:46:43.07 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-142)

    戦士「よっしゃ!」

    僧侶(つ、つええ。しかもこの人棍棒で倒したよ…。)

    戦士「いやあ僧侶のおかげで余裕だったよ。帰ろうぜ~。」スタスタ
    僧侶(なんもしてねえし…。)

    僧侶「あ…、帰るんですか」
    戦士「うん、倒したし。」
    僧侶「そうじゃなくてゴールドとかアイテムとか回収しないと…。」
    戦士「なにそれ?」

    僧侶「」

    13 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:47:24.84 ID:fGuchNCs0 (+19,+29,+0)
    しょっぱいなぁ...
    14 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:47:52.30 ID:hSU6ILql0 (+94,+29,-132)

    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    【始まりの街アルファ】
    僧侶「キラーマシーンが鋼の剣を落としてくれてラッキーでしたね。他のアイテムもお店で高く売れたし。」
    戦士「うん!ってかみんな装備とかお金とかああやって稼いでるんだな!俺一人だったから知らなかったぜ!」
    僧侶「そうですね、それでいままで初期装備だったんですね。」アリエン
    戦士「おう!僧侶のおかげで新しい服もきれてうれしいぜ!あんがとな!」
    僧侶「いえ…。」
    僧侶(まともな格好にして気づいたけど女戦士ってすごい整った顔をしてるな。)ドキドキ
    15 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:48:56.81 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-157)
    戦士「レベルって教会でわかるんだな!64って高いの?低いの?」
    僧侶「高いですよ…。初期装備で64までレベル挙げるなんて普通ないです。」
    戦士「そうなの?いやぁあんまし低かったら僧侶にがっかりされるかもって内心びびったぜー。」
    戦士「そういえば僧侶はレベルいくつなん?」
    僧侶「…。まぁ大切なのはレベルじゃないですからね。」
    戦士「そっか!」

    僧侶(まだレベル7だなんて言えねえよ!)

    16 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:49:33.26 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-254)

    勇者A「君ちょっといいかい?」
    戦士「ん?」
    僧侶(あ、この人いま一番魔王討伐に近いんじゃないかっていう勇者Aさんだ。)

    勇者A「君が西の洞窟のキラーマシーンを倒した戦士かい?」
    戦士「よくしってんな」
    勇者A(フム、鋼の剣か…。こんな装備で倒すなんて相当の手練れだな。)

    勇者A「レベルは60になったくらいかい?」
    戦士「すげえ!なんでわかんだ!」
    勇者A「ははっ僕は鼻が利くんだw、どうだい、僕らのパーティーにはいってくれないか?今前衛不足でこまってるんだ。」
    僧侶(女戦士さんすごいぞ!この人達のパーティーにスカウトされるなんて。)
    (あ…。でも女戦士さんだけだよね…。)

    17 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:50:05.15 ID:oT8zSQJZ0 (+24,+29,+2)
    パンティーと聞いて
    18 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:52:06.25 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-81)

    戦士「僧侶ー?どうするー?仲間になりたいってさ。」
    僧侶「えっ」
    勇者A「えっ」

    勇者A「…。すまないが来てほしいのは女戦士さん君だけなんだ。」
    僧侶「…。」(仕方ない、いつものことだもんな。)

    戦士「じゃ、いいや」イコーゼ ソウリョ

    僧侶「!」
    勇者A「!」

    19 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:52:44.92 ID:oT8zSQJZ0 (+13,+23,+1)
    よし続けろ
    20 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:53:12.71 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-215)

    勇者A「ちょっとまってくれ。君が戦うのは魔王を倒すためじゃないのかい?仲間を大事にするのはいいが僕の見立てではそこの僧侶君はレベル7程度だ。そんな彼とじゃ君は釣り合わない。」
    勇者A「女僧侶、頼むよ」
    僧侶「はい勇者Aさま」
    ―女僧侶はベホマを唱えた!女戦士のHPが全回復した!―

    僧侶(すごい!全回復魔法のベホマだ!)

    勇者A「どうだい?うちの女僧侶はベホマまで唱えられるんだ。君はうちのパーティーに来るべきだよ。」

    戦士「…。べつにいいです。」

    勇者A「ちょっ君はなんでそこまで頑ななんだい?そこの僧侶くんは君にどんなメリットをあたえてくれるんだい?」

    戦士「えー?俺の仲間は僧侶だし。もういっていい?」

    勇者「!」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:55:27.27 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,+0)
    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    【宿屋にて】
    僧侶「女戦士さんはなんで勇者Aさん達の仲間に入らなかったですか?」
    戦士「えー?さっきのやつら?」
    僧侶「あの人達はこのあたりでは最強のパーティーなんですよ!あの人達にスカウトされるなんてめったにないことなんですよ!」

    戦士「僧侶、俺と旅するのいやなん?」

    僧侶「いえ、そんなわけじゃ…。」

    戦士「じゃあいいじゃん。俺はお前のホイミ、落ち着く気持ちになるから好きだぜ。俺のヒーラーは僧侶だろ。この話終わりな。」

    僧侶「す、すいません。」
    僧侶(僕は卑屈だった…。女戦士さんは僕のことを本気で仲間って思ってくれているんだ。)

    僧侶「僕…。」
    戦士「ん?」

    僧侶「僕、女戦士さんの回復役全力でやります!誰にもこの役は譲りません!」キリッ

    戦士「おうwww。あいつらのベホマHP5しか回復しなかったしな。」
    僧侶(それはあなたが5しかダメージうけてなかったからです。)

    戦士「あーあと敬語やめろよ」
    僧侶「は、はい!すいません!」
    戦士「それwww」
    僧侶「www」
    23 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:56:05.44 ID:dx79YhRU0 (+6,+21,+0)
    かまわん
    24 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:56:44.58 ID:oT8zSQJZ0 (-19,-9,+0)
    続けろん
    25 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:56:53.69 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-150)

    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    「まものがきたぞー」

    青年「お前はこの物置の中にかくれているんだ。絶対でてくるんじゃないよ。」
    の子「お兄ちゃんひとりにしないで!」
    青年「大丈夫だよ。お前はこの天空の剣をもってておくれ。いつか真の勇者様が現れた時に渡さなければならない大切な剣だからね。」
    の子「おにいちゃん」
    バタン!
    青年(妹よ、剣を頼むぞ。)

    ガシャーン
    ―モンスターが現れた!―
    青年「!」
    魔物「天空の剣がここにあるはずだ。命が惜しければ大人しく渡すのだ。」
    青年「この小さな村にそんな大層な武器があるわけがないだろう。ましてや貴様らに渡すものなどない!」
    魔物「そうか。なら死ね」

    の子(やめて、やめてぇ)
    26 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:57:57.59 ID:hSU6ILql0 (+44,-20,-122)

    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    戦士「やめてよぉーー!」ガバァ

    戦士「はぁはぁ」

    戦士(今日もまたこの夢か…。)
    チラッ

    僧侶「すやすや」

    戦士(そういえば誰かと同じ部屋で寝るなんて久しぶりだな。)

    戦士「お兄ちゃん、かならず天空の剣を装備できる勇者様をみつけてみせるからね。」ギュ。
    27 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:58:53.00 ID:oT8zSQJZ0 (+2,+12,+0)
    ほう
    28 : 以下、名無しにか - 2012/03/23(金) 23:59:24.53 ID:hSU6ILql0 (+35,-29,-136)
    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    (それから僕たちは冒険を続けた。敵は全部女戦士が倒してくれたけど、戦いの後の回復とゴールドやアイテムの管理は僕の役目だった。)

    僧侶「女戦士!さっきのアイテム、5000Gで売れたよ!」

    戦士「今夜はやwきwにwくwww。」

    僧侶「だめだよw、がんばって女戦士にドラゴンキラーかわなくちゃ。」

    戦士「エー」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:00:05.70 ID:8l70z4930 (+56,+30,-133)
    僧侶「そういえば前から思ってたんだけど女戦士のもってるその剣はなんで装備しないの?」

    戦士「これ?これはさ、勇者専門の武器だから戦士の俺には装備できないの。」

    僧侶「そうですか、じゃあなおさら新しい武器買わないとね。」

    戦士(鋼の剣でいいのに…。)ブツブツ

    僧侶「じゃあ今日はもう遅いからごはん食べて宿屋に泊ろう。焼肉でいいよw」

    戦士「やった!」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:01:11.64 ID:hSU6ILql0 (+90,+30,-104)

    【宿屋にて】

    ―村が魔物放った火で燃えている、あたしは物置の中ひとりおびえている―

    ―誰か助けて、勇者様助けて―

    …。

    戦士「わぁあああ!!」

    戦士「はぁはぁ」

    戦士(またこの夢か…。)
    31 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:01:14.71 ID:hfi7ivhf0 (-27,-29,-11)
    >>29
    ID数字多いなwwww
    32 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:01:37.88 ID:W5IyeFIp0 (-25,-5,+0)
    続けたまへ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:02:43.28 ID:8l70z4930 (+60,+30,-143)
    僧侶「大丈夫?」

    戦士「起こしたのか?すまない。大丈夫だぜ。気にせず寝てくれ。」

    戦士(まずいとこみられたな…。)

    僧侶「毎日深夜に叫びながら起き上るのが“大丈夫”なの?」
    戦士「…。」

    戦士「そっか、みられてのか。みっともねえwちょっとしたトラウマってやつだ。俺ウマシカだしなwでも大丈夫なんだ。明日新しい街にいくんだろ?早く寝な。」

    スッ
    戦士「うん?」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:03:26.39 ID:hSU6ILql0 (+95,+30,-153)

    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが0回復した!―

    戦士「ははっ体力はもう満杯だぜ僧侶。」
    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが0回復した!―

    戦士「僧侶?」

    僧侶「こんなに唇が青ざめて震えているのが“大丈夫”なもんか。」
    僧侶「僕は君がどんなことで悩んでいるか知りたいよ、だって仲間だからね。でも君が話したくなってくれた時でいい。」

    戦士「…。」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:04:10.02 ID:8l70z4930 (+60,+30,-228)

    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが0回復した!―

    僧侶「君は僕のホイミが好きだって言ってくれた。女戦士を癒すのは僕の役目なんだ。」
    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが0回復した!―

    戦士(僧侶…。)
    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが0回復した!―

    戦士(温かいな…。)
    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが0回復した!―

    戦士(すごくホッとする。)
    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが0回復した!―

    36 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:04:46.61 ID:QbWOtljt0 (+19,+29,-3)
    書き貯めありとは感心なやつだ
    37 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:04:47.39 ID:8l70z4930 (+60,+30,-73)

    (女戦士は今までのことを話してくれた。生まれた村がモンスターたちに襲われたこと。自分だけ生き残ったこと。天空の剣を扱える真の勇者を探すためにずっと一人で旅をしていたこと。その間僕は女戦士が眠るまでホイミをかけ続けた。)

    38 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:04:56.67 ID:hfi7ivhf0 (+0,+5,-2)
    俺もうホイミしか使わない!
    39 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:05:07.45 ID:W5IyeFIp0 (+9,+29,+0)
    ここで濡れ場か
    40 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:06:09.01 ID:8l70z4930 (+0,-30,-152)

    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    僧侶「んっ」
    僧侶「朝か…。そのまま寝ちゃったんだな。」

    戦士「おい、いつまで寝てんだ。」
    僧侶「あ、女戦士。おはよう。」
    戦士「おはようじゃねえよ。今日は新しい街に行くために早く出るんだったろ。早く準備しろ、俺は先に食堂で飯食べるわ。」
    僧侶「うん、ごめっ」(なんか怒ってる?)

    戦士「おい、僧侶」
    僧侶「うん?」

    戦士「昨日はありがとな」
    ―・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
    42 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:09:07.10 ID:W5IyeFIp0 (-5,+14,+1)
    おい続けろ
    43 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:09:48.04 ID:8l70z4930 (+60,+30,-187)

    王子「僕の妃になってくれませんか」
    戦士「おとこわりします。」
    王子「ショックイズビッグ!」

    (女戦士が助けた王子に求婚されたり。)

    戦士「グランドクロス!」
    ―女戦士は闘気をうちだした!女戦士は38のHPを消費した!ゴーレムに278のダメージ!ゴーレムを倒した!―
    ―僧侶はホイミを唱えた!女戦士のHPが12回復した―

    (そしてあいかわらず女戦士が倒して僕は終わりに回復をするだけなのも変わらなかった。)

    44 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:10:16.00 ID:xmwjJeNi0 (+15,+25,-1)
    つづきはよ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:10:39.35 ID:8l70z4930 (+60,+30,-213)

    僧侶「このダンジョンはもう制圧したし今日はもう街に帰ろう。」
    戦士「そうだな。」
    僧侶「一応全回復してからダンジョン出よう。」
    戦士「え?いやMPもったいないからいいよ。それに夜寝る前にホイミかけてくれたらいいし…。」
    (あの日以来女戦士は帰り際になると全回復をしたがらなくなった。そのため寝る前に女戦士にホイミをかけ続けるのが日課になった。)
    僧侶「はーい」
    戦士「////」

    46 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:11:01.72 ID:W5IyeFIp0 (+9,+29,-14)
    ヒモだな
    47 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:11:10.27 ID:8l70z4930 (+60,+30,-178)

    僧侶「しかし女戦士はもうレベル75なっちゃったね。僕まだ12なのに。」
    戦士「そうだな…。でもまだ勇者はみつからねえんだよな。」
    僧侶「…。そうだね。」

    (きっと真の勇者が見つかった時が僕たちのパーティーが解散する時だと思う。女戦士は魔王討伐のために勇者と戦い、そしてまだべホイミすらできない足手まといの僕はまたホイミ屋にもどるのであろう。)

    48 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:12:07.82 ID:8l70z4930 (+60,+30,-118)

    戦士「しかしレベル低い魔法攻撃してくるモンスターうざいな。ダメージくらわねえけどめんどくさいわ。」

    僧侶「それならいいのがあるよ。」ゴソゴソ

    僧侶「ほらバシルーラのドリンク。」

    戦士「なんだそれ?」

    僧侶「自分よりレベルの低いやつが魔法使ってきたらバシルーラが発動して相手を飛ばしてしまうアイテムだよ。これを飲めば弱いモンスターと無駄に戦わなくて済むよ。」ホラ

    戦士「ふーん」ゴクゴク

    49 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:12:47.96 ID:8l70z4930 (+55,+30,-74)

    僧侶「あ、女戦士血でてるよ?」
    ―僧侶はホイミを唱えた!―

    僧侶「あ」
    戦士「あ」
    僧侶&女戦士「ああああ!」

    50 : 以下、名無しにか - 2012/03/24(土) 00:12:52.30 ID:YOWyIM2L0 (+29,+29,-1)
    レベルの低いモンスターじゃなくてやつ、なんだな
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ドラクエ + - ドラゴンクエスト + - + - 勇者 + - 未完 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について