のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,546,077人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ純一「みんなで、イチャイチャしようよ+!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 前スレ→1327081558 + - 前スレ→1327478479 + - 次スレ→1337413721 + - 次スレ→1337415721 + - アマガミ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:29:36.98 ID:Rte/oTib0 (+125,+30,-271)
    【絢辻 詞】

    こんこん…

    梅原「ん、なんだろうな。こんな時間に…」

    「さあ? とっくに消灯時間過ぎてるし、高橋先生じゃないかな」

    梅原「どうして俺達の部屋に……あんまり騒ぎ過ぎたか?」

    「それほどまで騒いでないはずだけど……お宝本鑑賞してただけだし」

    こんこん…

    梅原「…うーむ。ちょっくら開けてくるか」

    「先生かもしれないよ? まだおきてるのかっー! なんて怒られるかも」

    梅原「そんときゃそん時だ。つか、修学旅行で就寝時間きっちり寝てる奴なんて誰も居ねーよ」すたすた…

    「そりゃそうだけど……」

    梅原「はいはーい。今開けますよいっと──うおっ!?」

    「ん? どうしたんだよ梅原───うわぁあっ!?」

    絢辻「──……しぃー! 静かに! 二人共!」ぼそぼそ…
    2 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:30:31.00 ID:cKXEEJzuO (+24,+29,-15)
    メインヒロインは香苗ちゃんでお送りいたします
    3 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:31:06.02 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-308)
    「え、ちょ、どうして絢辻さんがここに……というか見回り中の先生達はっ?」

    絢辻「……この私を誰だと思ってるのよ? きっちり時間を見ながら巻いてきたに決まってるじゃない」フンスッ

    「どうして見回りの時間帯を知ってるの……」

    絢辻「うん? 企業秘密?」

    「……なるほど、口には言えないんだね…」

    梅原「つか話はそれぐらいにしておいて、とりあえず絢辻さん、中に入ろうぜ?」キョロキョロ…

    絢辻「あ、ごめんなさい梅原くん。そうしたらお言葉に甘えて……」そそくさ… ばたん

    絢辻「──ふぅーっ。緊張したぁ~……ちょっぴり怖かったわっ…うふふっ」

    「現れた時、物凄く堂々としてたけど…」

    絢辻「だって自信はあったもの。それよりも二人共、急に押しかけてきてごめんなさい」ぺこ

    梅原「いいってことよー! こんなむさ苦しい男どもの部屋によくぞ来てくれました! なんて言いたいぜ俺は」

    絢辻「あら、ありがと梅原君……何処の誰かみたいに反応が悪いとは大違い」

    「調子がいいやつめ……」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:32:11.90 ID:jK7M7dXy0 (-20,-8,-3)
    (石田)純一
    5 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:34:04.56 ID:s8O1vQS+0 (+9,+21,+0)
    待ってた
    6 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:37:30.05 ID:purSY/+C0 (+29,+29,-8)
    まさかこんな時間からくるとは思わなかった
    風邪で頭いたいけど支援
    7 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:37:59.68 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-305)
    梅原「そんでもって絢辻さん、今日はどの様な件でこのお部屋に?」

    「見たところ一人みたいだけど……確か同じ部屋って薫だったよね?」

    絢辻「そうね、今回はちょっと棚町さんに手助けしてもらってココに来てるの」

    梅原「……ははーん。なるほど~…そりゃまたご苦労さま、絢辻さん」

    絢辻「うふふっ、話が早くて助かるわ。梅原君」

    「……? 二人共、どういうことなの?」

    梅原「あーあ、俺もこんな可愛いかわいい彼女が欲しいぜえー……つぅーこって大将!」ばしん!

    「あいたっ!? なんだ急に…っ!」

    梅原「俺はちょいとマサの部屋に用事ができちまった。ということで今からちょっと行ってくる」

    「……は? ちょ、待ってよ。お前こんな時間に外に出たら…!」

    絢辻「今はちょうど交代の時間で、このフロアには先生居ないわよ梅原君」

    梅原「さんきゅー絢辻さん! んじゃ橘、あとはよろしくなぁ~」すたすた… 

    「ま、待てって梅原……!」ばたん
    8 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:40:03.89 ID:4hTcTlqe0 (+17,+29,-1)
    男前すぎる
    9 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:41:31.18 ID:yYTans0d0 (+12,+27,+0)
    マジ紳士
    11 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:42:16.32 ID:rlYk/CUc0 (-21,-9,-2)
    待ってた!
    12 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:42:46.57 ID:purSY/+C0 (+24,+29,-5)
    これはあれかこないだの前日の話か
    13 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:46:30.15 ID:moIQ1Ud90 (+19,+29,-3)
    石田かと思ってひらいてみたら…
    14 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:47:00.98 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-283)
    「行ってしまった……どうしたんだよ急に、用事なんてさっきお宝本で終わったはずなのに───」

    絢辻「──そぉーれっ!」ばっ

    「え、ちょ、絢辻さんっ…!?」

    絢辻「うふふっ……んん~っ」ぎゅう…

    「ど、どうして急に僕に抱きついてくるの…っ? ちょ、ジャージだから生地が薄くて…そのっ…!」むぎゅむぎゅ

    絢辻「むふふっ……ん~? だって当ててるんだもの、わかってるでしょ?」ぐいっ

    「え、ええっ!? どうしてそんなに積極的っていうか……あわわっ! 絢辻さん、耳元で喋らないでっ…!」ぞくぞく…

    絢辻「……橘くんって、耳弱かったのかしら? うん?」

    「そ、そういうわけじゃないけど……ひぃいっ!?」びくん!

    絢辻「ふぅっ~…ふっふ~…ふふっ」

    「っ~~~~~~!!」ぞくぞく…っ

    絢辻「……随分と気持ちよさそうね、そんなにあたしの息……気持よかった?」

    「はぁっ…はぁっ……うん、気持よかった…」

    絢辻「うふっ、正直でよろしい」すっ…

    (あ、これでオシマイか……もっとして欲しかったな…)
    15 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:47:49.55 ID:bBsZk+VN0 (-15,+3,-1)
    またあんたか
    支援
    17 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:53:58.21 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-156)
    絢辻「そんなに物欲しそうな顔して…本当に貴方って、変態さんよね」

    「ぐっ……いきなり絢辻さんがそんなことしてくるからじゃないかっ…!」

    絢辻「……あら、それじゃあ嫌だったの? してほしくなかったのかしら?」

    「……いえ、とても良かったです」

    絢辻「またまた素直でよろしい。……ご褒美にキス、する?」

    「い、いいのっ!?」

    絢辻「ふふっ、だーめ。そんなにがっついてしてくるのは、あたしは嫌いだもの」くるっ

    「そうなんだ……」シュン…

    絢辻「でも」ちら…

    「……でも?」

    絢辻「──あたしからがっつくのは、とても大好き」

    「お、おおっ……さらっと凄いこと言うね、絢辻さんは」

    絢辻「だってだって……このあたしだもの。貴方の予想通りに行かない女よ?」

    「ごくり…」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 01:57:10.84 ID:GK7k9vxa0 (+19,+29,-12)
    なんでこんな時間にいいいいいいいいいいいいいい
    20 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:00:46.12 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-137)
    絢辻「………」じぃー…

    絢辻「……貴方からしてくれる…?」ぼそっ

    「う、うん…」

    絢辻「じゃあ、お願い……」すっ… ぎゅっ…

    (お、おお……首に両手を回された……! 顔がお互いにとっても近いよ…!)

    絢辻「……」こくん?

    (首を傾げる絢辻さん可愛い! ……こ、これはもう僕からちゃんとするかしかない…!)

    絢辻「……純一くん、あたしに何かしたいの…?」

    「うん、僕は………絢辻さんに、キスしたい…」

    絢辻「そうなんだ……うん、じゃあしていい」

    「……するよ?」すっ…

    絢辻「うん……」すっ…

    ちゅっ

    「──……二回目は?」

    絢辻「──んっ……貴方に任せるわ、ふふっ」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:07:35.77 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-118)
    数分後

    「ちゅっ、ちゅ───……はっ!?」

    絢辻「──んっ、はあ……え、どうしたの…?」

    「勢いのままにずっとキスしてたけど、その前に絢辻さん! どうして僕の部屋にきたの?」

    絢辻「……」

    「あ、あれ…? 僕、なんか変なこと言ったかな…?」

    絢辻「……今更、そんな疑問なの…?」

    「う、うん。どうしてなのか気になって……」

    絢辻「…はぁ。橘くんって時にとってもかっこ良くて、時にとってもムードを読めないわよね…」

    「えっと、それって褒めてるの…?」

    絢辻「褒めてない」

    「だ、だよね…あはは」

    絢辻「………」じぃー

    「……すみません、反省してます…」

    絢辻「……ここまであたしにキスしておいて、まだ分からないのって言いたいのよあたしは」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:11:25.46 ID:SVqo9zF90 (+22,+29,-2)
    起きててよかった
    23 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:13:13.64 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-166)
    「…………」

    絢辻「…………」

    「……うーん、と…」

    絢辻「………もうっ! どうして貴方って人はそう抜けてるのかしらっ」

    絢辻「あ・な・た・に! 会いに来たの!」

    「ぼ、僕に会いに来た…?」

    絢辻「そう! あたしが部屋を抜けだしてまで、橘くんに会いたくて会いたくて仕方なくてっ……
       ……それでここまで頑張ってきたってわけ! わかったっ?」

    「絢辻さん……そんなに僕に……」

    絢辻「い、今更そんな風にしても駄目よ…! もう呆れてるんだから貴方にはっ!」ふんっ

    「ごめん……だって絢辻さんがそんなにも、僕に会いたがってるなんて思わなくて…」

    絢辻「…………」ちらっ

    「ううっ……」

    絢辻「……っ~~~……」

    絢辻「……だ、だってしょうがないじゃない…っ」

    「え…?」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:14:53.55 ID:uXM8uXuN0 (+27,+29,-8)
    絢辻さんは裏表のない素敵な人だったんだなあ!
    25 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:18:42.66 ID:0YX9Bz8/0 (+22,+29,+0)
    デレデレ絢辻さんかわいい
    26 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:20:54.38 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-243)
    絢辻「きょ、今日は……女子と男子は別で行動する日だったから……橘くんと合えなかったもの…」

    「え、でもっ…ちゃんと晩ご飯の時とかっ、廊下ですれ違ったときはちゃんと挨拶とかしてたし…」

    絢辻「………それで、満足なの?」

    「ま、まんぞくって……」

    絢辻「貴方はそれで、今日は満足できたのっ…?」

    「……できっこないよ、多分」

    絢辻「……記念すべき修学旅行だっていうのに貴方と一緒に行動できないなんて…あたしは耐え切れない。
       だからこうやって少しでも多く、橘くんと同じ時間を過ごしたくて…過ごしたくて、あたしは……」

    「絢辻さんて……」

    絢辻「……あたしは貴方の部屋まで頑張ってきたのよ…?」

    「そうだったんだね…ごめん、僕ってば無神経で…」

    絢辻「……いいの、そんな橘くんを好きになったんだから」

    「っ……絢辻さんっ……!」ぎゅうぅっ

    絢辻「んっ……褒めてくれる? 頑張ったアタシを」

    「うんっ……頑張ったね、すごいよ絢辻さん…っ!」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:21:58.44 ID:purSY/+C0 (+24,+29,-7)
    でれた絢辻さんの可愛さは以上
    28 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:28:42.24 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-145)
    絢辻「………」ぎゅう…

    「………僕も寂しかったよ、絢辻さんと一緒に今日は行動できなくてさ」

    絢辻「……ホント? うそじゃない?」

    「本当だよ。僕だって絢辻さんと一緒に、いつだって同じ時間を過ごしたいんだ。
       ……これは僕の本心からの気持ち、嘘は絶対にないよ」

    絢辻「……そっか。嬉しい」

    「……絢辻さんが嬉しいのなら、僕も嬉しいよ」

    絢辻「………」ぎゅっ…

    「よいしょっと」ぐいっ

    絢辻「ひぁっ!? え、なに急に…!」

    「うん、お姫様抱っこだよ」

    絢辻「ど、どうしていきなり…っ?」

    「かわいくて、つい」

    絢辻「か、かわいくてって……ちょ、ちょっと! 下ろして…!」ばたばた…

    「だめだよ、ほらほら、いくよーそれー!」すたすた…
    29 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:29:10.83 ID:0YX9Bz8/0 (+22,+29,+0)
    絢辻さんなでなでしたい
    30 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:31:10.30 ID:4hTcTlqe0 (+22,+29,+0)
    かわいいなちくしょう
    31 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:37:32.76 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-211)
    絢辻「きゃっ! ど、どこにつれていくつもりっ…!」ばたばた

    「どこって…とりあえずそうだなぁ…ここ、とかかな?」

    絢辻「こ、ここって……ベットの、うえ…?」

    「では、一緒にベット上に……よいしょっとぉー!」どさぁっ!

    絢辻「きゃぁー!」ぽすんっ

    「──あははは! どう、絢辻さん? ちょっとしたスリリングな気分味わえたかな?」

    絢辻「っ……こ、恐いじゃないっ! 怪我をしたらどうするつもりなの…!」

    「でも痛くなかったでしょ?」

    絢辻「……ま、まあ…橘くんが下地になってくれたから、痛くなかったけれど…そうじゃなくて!」

    「あはは、そんなに怒らなくてもいいじゃないか、絢辻さん。気分転換だよ、気分転換」

    絢辻「気分転換って……」

    「ちょっとした遊び心だよ、絢辻さんと一緒に過ごすのなら…こういったこともないとね」

    絢辻「……なによ、もうっ」ぷいっ

    「………」じぃー

    絢辻「……ど、どうしたのよ。そんなにあたしの顔見つめて…」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:45:23.32 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-211)
    「………」じぃー…

    絢辻「や、やめなさいよ……まじまじとそんなに見つめないで……っ」もじもじ…

    「やっぱり絢辻さんって、可愛いよね。改めてそう思った」

    絢辻「っ! ……な、なによ。急に…」

    「うん、こうやって近くで見つめるとほんっと綺麗で、かわいくて……
       ……こんな子が僕の彼女なんて今でも信じられないよ」

    絢辻「か、彼女じゃない……実際に!」

    「……そうだね、絢辻さんは僕の彼女だ。僕の一番大好きな女の子…」

    絢辻「っ………」もじもじ…

    絢辻「や、やめてよ……改めて言われると、恥ずかしいから…」

    「どうしてさ、だってもっと言ってあげたいよ絢辻さんに。
       僕が絢辻さんのどんな所が好きなのか、惹かれたの、恋したのか……もっといってあげたい」

    絢辻「それが恥ずかしいって言ってるんじゃない…なに、橘くんあたしを虐めたいの…っ?」

    「そうじゃないよ、虐めるだなんて。そんなこと僕はしないさ」

    「──ただ、そうやって恥ずかしがってる絢辻さんの表情がとても可愛くて…もっと見てみたいだけなんだ」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 02:53:08.27 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-183)
    絢辻「し、支離滅裂よっ…! 結局はあたしを虐めたいって言ってるもんじゃないのっ」

    「…僕に好きだって言われるの、嫌かな?」

    絢辻「っ…………嫌じゃないけど…」

    「じゃあ、嬉しいんだ。絢辻さん、大好きだよ?」

    絢辻「っ! ……で、でもっ…急に言うのはだめ…っ」

    「じゃあ何時言うのさ、僕はいつだって絢辻さんのこと好きなのに。
       この溢れかえる感情を……僕はいつ絢辻さんにぶければいいの?」

    絢辻「そ、それはっ……その、あれよ……っ…」ちらっ…ささ、ごにょごにょ

    「………」

    絢辻「………………いまが、いいです…」ぼそっ

    「…………」

    絢辻「…………ううっ…」もじもじ…

    「───絢辻さん、顔上げて」

    絢辻「なによっ……んっ」ちゅっ
    34 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:04:32.56 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-175)
    「……今ので三十回目かな? さっきのはちゃんと数えてなかったけれど」

    絢辻「……四十三回目、このキスは」

    「おおう! ちゃんと数えてたんだ、やっぱり凄いね絢辻さんは。
       ……もしかして、今までしてきたキスの回数も知ってたりするのかな」

    絢辻「そんなわけ無いでしょう…! ど、どんだけあたしがキスが好きって思ってるのよっ」

    「……あれ? どうしてそこで焦るの……まさか、本当に───」

    絢辻「ち、違う違う! 違うってばぁ…!」あたふた…

    「ん」ちゅっ

    絢辻「んむっ……ん~~~!?」

    「ん、んっ………ぷは。今のは今までの合計で、何回目?」

    絢辻「…………三百二十一回目……はっ!?」

    「おおっ……!」

    絢辻「ち、違うのっ…! こ、これはそういうのじゃなくてっ……ああ、もうっ…ニヤニヤしないっ!」

    「だって本当に数えてて、僕は嬉しいんだ。ありがとう、絢辻さん」

    絢辻「っ~~~~……ど、どうしてお礼をいうのよっ…!」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:09:34.16 ID:6zp+yEJ/0 (-3,+11,+0)
    よいよい
    36 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:10:57.58 ID:purSY/+C0 (+23,+28,+0)
    キュンキュンするな
    37 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:14:08.14 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-238)
    「言いたくもなるよ。最近は何気なくキスするってことが多かったのに、ちゃんと絢辻さんは
       そのキスのことを……きちんと覚えてる。それって何よりも嬉しいことだから」

    絢辻「っ~~………」ごそごそ…

    (あ、毛布をかぶってしまった……でも、顔だけのぞかせてる。可愛い!)

    絢辻「ううっ……こ、こんなの……変態じゃないかしら…?」ひょこ…

    「変態なんかじゃないよ! むしろ淑女だよ!」

    絢辻「……それって、いいこと?」

    「いいことだよ! とってもいいことだよ! どんどん誇っていいことだよ!」

    絢辻「……橘くんがそういうのなら、そう思うことにする」

    「うん! だから絢辻さん……」もぞ…

    絢辻「うん…? なに、橘くん?」

    「もっともっと、僕とキスをしようよ……もう、絢辻さんがきちんと覚えきれないぐらいに。
       沢山キスの思い出をつくって、キスのことで頭をいっぱいにさせようよ!」

    絢辻「キスで、いっぱいに…?」

    「そうだよ! だって絢辻さん、キス好きでしょ?」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:16:48.13 ID:4hTcTlqe0 (+27,+29,-22)
    梅原の空気の読みっぷりがすごい
    それとも彼は彼で楽しんでるのか
    39 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:18:20.50 ID:sTuQz/9w0 (+28,+30,-34)
    この前の七咲スレとは大違いなアマガミスレだ
    よろしい、続けてくれ、お願いします
    40 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:20:16.76 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-154)
    絢辻「……………」

    絢辻「……………」もぞもぞ…

    絢辻「……………すき…」もぞ…

    (毛布の中に顔を隠した……恥ずかしかったんだね、可愛いなぁ!)

    「……だからさ、絢辻さん。もっとキスしようよ」

    絢辻「………これから、いっぱい?」

    「うん、いっぱいに。お互いに唇腫れあがるまで、イチャつこうよ」

    絢辻「………そしたら明日、みんなにバレちゃうわよ」

    「ばらしたっていいよ! むしろ魅せつけてやろうよ!」

    (一昨日のバスの時のことも、普通にみんな噂になってたしね! もう逃げられないし!)

    絢辻「…………橘くん、こっち」くいっ

    「…うん? こっちって、毛布の中に?」

    絢辻「……」こくん…
    42 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:26:05.14 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-173)
    「えっと……そ、それじゃあお邪魔します…」ごそごそ…

    絢辻「…………」

    「よいしょっと……あはは、また顔が近くなったね」

    絢辻「…………」

    「……絢辻、さん? どうかしたの?」

    絢辻「…………」ぐいっ

    「あやつ──……むぐっ!?」ちゅっ

    絢辻「んっ…ふっ……ちゅ、ちゅうっ…」

    「ん、んむっ!? ん、ちゅっ……!?」

    絢辻「ちゅ、ろ……ちゅううっ……ぷはぁ……」

    「んっ……んはっ……はぁっ…はぁっ…あ、あやつじさん…?」

    絢辻「……いまので、三百二十二回目……ちゅっ」

    「あ、ちょまっ……んっ!」

    絢辻「────……んっ、今のでっ…はぁっ…はぁっ…三百二十五回目…」

    「あ、絢辻さんっ…? どうしたの……急に…?」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:28:37.62 ID:purSY/+C0 (+1,+11,-3)
    最高だな
    45 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:29:04.18 ID:uXM8uXuN0 (+2,+14,+0)
    イイネ
    46 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:32:56.45 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-210)
    絢辻「はぁ…はぁ……ん、はぁ……───したい、の…」

    「え……?」

    絢辻「もっともっと……純一くんと、キスがしたいの…」

    「そ、それは分かってるけど……こんなにもハイペースじゃなくても…!」

    絢辻「……キス、嫌い…?」

    「大好きです!」

    絢辻「あたしも大好き……はぁはぁ……だから、純一くん…もっともっと…」ぐいっ

    「あ、そこは耳だよっ…やめっ───ッ~~~~!」ぞくぞくぞく…

    絢辻「ん、ちゅる……はむ…ぷは、もっともっと……ちょうだい、貴方を……あたしに…」もぞもぞ…

    「っ~~~~!? …だ、だめだよ…! 流石に、そこは…!」

    絢辻「───まだ覚えてるから、とめられないの……」

    「ど、どういうこと……っ? うあっ、だめだって、絢辻さん…!」

    絢辻「まだ覚えてる…橘くんとどんなことしたかって、あたしは覚えてる……だから…」

    「…だ、だから…っ?」

    絢辻「あたしを、あたしの頭の中を純一くんで───……いっぱいにしての」
    47 : ていせい - 2012/03/02(金) 03:33:47.60 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-199)
    絢辻「はぁ…はぁ……ん、はぁ……───したい、の…」

    「え……?」

    絢辻「もっともっと……純一くんと、キスがしたいの…」

    「そ、それは分かってるけど……こんなにもハイペースじゃなくても…!」

    絢辻「……キス、嫌い…?」

    「大好きです!」

    絢辻「あたしも大好き……はぁはぁ……だから、純一くん…もっともっと…」ぐいっ

    「あ、そこは耳だよっ…やめっ───ッ~~~~!」ぞくぞくぞく…

    絢辻「ん、ちゅる……はむ…ぷは、もっともっと……ちょうだい、貴方を……あたしに…」もぞもぞ…

    「っ~~~~!? …だ、だめだよ…! 流石に、そこは…!」

    絢辻「───まだ覚えてるから、とめられないの……」

    「ど、どういうこと……っ? うあっ、だめだって、絢辻さん…!」

    絢辻「まだ覚えてる…純一くんとどんなことしたかって、あたしは覚えてる……だから…」

    「…だ、だから…っ?」

    絢辻「あたしを、あたしの頭の中を純一くんで───……いっぱいにしてほしいから」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:33:56.90 ID:OM56WAoH0 (+7,+12,-14)
    ゆとりっぽいレスだな
    ID真っ赤ですよ
    49 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:35:56.47 ID:hcXuqEvl0 (+14,+24,+0)
    なにこの気持ち悪い子
    50 : 以下、名無しにか - 2012/03/02(金) 03:39:13.78 ID:Rte/oTib0 (+95,+30,-180)
    絢辻「……だめ?」ぼそっ

    「っ~~~~~~」ぞくぞくぞく…

    「……だ、だめじゃない…よ」

    絢辻「……本当に? だめじゃない…?」

    「うん、駄目じゃない……もっともっと、僕で絢辻さんの頭の中をいっぱいにしてあげる…」

    絢辻「あたしが…あたしで居られなくなるぐらい、に?」

    「うん、普段の絢辻さんとは大違いなほどに……めちゃくちゃにしてあげるよ」

    絢辻「……」ドキドキ…

    絢辻「………この気持は、嬉しいだと思う。貴方にそう言われて、あたしは嬉しがってる…」

    「あはは……絢辻さんって、ちょっとMっ気あるんじゃないかな?」

    絢辻「………」

    (あ、殴られるかな…?)

    絢辻「……んっ」ちゅっ

    「んむ…っ」

    絢辻「っ……はぁっ…はぁっ…そうかも、しれないわね…うふふっ」
    1 2 3 4 5 6 7 8 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 前スレ→1327081558 + - 前スレ→1327478479 + - 次スレ→1337413721 + - 次スレ→1337415721 + - アマガミ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について