のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,536,181人
911,642,288頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:199人
226頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ妹「手を挙げて」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - + - 半端 + - + - 敬語 + - 未完 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:34:57.64 ID:5szUHGvg0 (+125,+30,-81)
    「なっ……?」

    「早く挙げて」ジロッ

    『シャキ、シャキ』

    はさみを2回動かす妹。

    「……わ、分かった……」

    ゆっくりと手を挙げる兄。

    「……」

    兄を警戒しながら、
    ベルトに手をかける妹。

    『カチャ……カチャ』

    ゆっくりと金具を外し、そして脱がす。

    「ふぅん……ボクサーパンツなんだ」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:36:16.70 ID:6CBbfInC0 (+19,+26,+0)
    つづけよ
    5 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:37:06.40 ID:xafxKuWs0 (+19,+29,-2)
    僕のは白のブリーフです
    6 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:37:58.06 ID:zYCNHtnaO (+0,+15,-12)
    パンツ家出した
    7 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:38:30.24 ID:lAkwsRp30 (-22,-7,+0)
    ksk
    8 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:39:34.41 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-122)
    「ところで……何これ?」

    「……そ、それは……」

    ふくらみを指差す妹。

    「な・に?」ジロッ

    「なにって……知ってるだろ……?」

    「知らないから、聞いてるの」

    (……絶対嘘だ……)

    「これは、何のためについてるの?」

    「……えと……排尿のため……?」

    「へぇ……じゃあ今してみて」

    「……マジで言ってるのか?」

    「本気」

    「逆らったら」

    『シャキ、シャキ』

    「……だよ?」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:39:36.53 ID:PbpUcdth0 (+26,+29,-15)
    >>1
    ID変えてごくろうさん
    俺のレスにアンカーつけるな。汚れるわ

    >>4,7
    なんかお前のことリアルに知ってるかもしれん
    10 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:42:38.48 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-118)
    「パンツ履いてるから無理」

    「なんで?」

    「なんでって……濡れるし、汚れるだろ」

    「別にいいよ? ここ私の部屋だし」

    「いや、そうじゃなくて」

    「早くしないと……」

    『シャキ、シャキ』

    「くっ……わ、分かったよ」

    「ふふっ、いい子いい子」

    「……」

    「……あのー」

    「なぁに? おにいちゃん」

    「……その……なんだ……」

    「見られると出ないって言うか……」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:45:32.25 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-109)
    「なんで?」

    「いや……恥ずかしいし……」

    「恥ずかしかったらでないの?」

    「……まぁ」

    「ふぅん……そうなんだ」ググッ

    「うっ……!!!」

    ボクパンに顔を近づける妹。

    「どう? もっと恥ずかしくなったでしょ?」

    「……まあ……な……」ゴクリ

    「早くしないと」

    「ずっとこのままだよ?」

    「だから……見られてたら出ないって」

    「そんなのダメ」

    「許さないもん」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:46:28.15 ID:6CBbfInC0 (+12,+22,+0)
    ひゃー
    13 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:49:14.44 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-71)
    「……」

    「まだ?」

    「……なかなか出ない」

    「『しぃ』って言ってあげよっか?」

    「え?」

    「しぃぃぃ」

    「やめろって。余計恥ずかしい」

    「しぃぃぃぃぃ」

    「おい。いい加減に……あ……」

    『しゃああああああ』『じゅわああ』

    「……」

    「……出た」

    「……」

    「えへ……いっぱい出たね」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:49:42.53 ID:6CBbfInC0 (+14,+19,+0)
    なんでデレタwww
    15 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:51:13.12 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-128)
    『ポタポタ……』

    「あーあ、床が汚れちゃった」

    「どう? 恥ずかしい?」

    「……ああ……恥ずかしいけど……」

    「それよりも、早くパンツを脱ぎたい」

    「ふぅん。脱ぎたいんだ?」

    「……当たり前だろ」

    「もちろん脱衣所で、だけど……」

    「……いいよ。特別に許してあげる」

    「そうか。それは良かった」

    『スッ』

    「ちょっと何やってるの?」

    「……え?」

    「ダメだよ? まだ手を下ろしちゃ」

    『シャキ、シャキ』
    16 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/26(日) 22:53:05.14 ID:sPGXNoss0 (+9,+24,+0)
    手が喋ったwwww
    17 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:53:43.26 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-107)
    「じゃあ手を挙げたまま脱衣所に……」

    「勝手に動かないで!」

    「!」

    『シャキ、シャキ、シャキ』

    (……うぐ……3回……)

    「じっとしてて」

    「……わ、分かった」

    「後ろを向いて」

    「あ、ああ」クルッ

    「」モゾモゾ

    「……ん? 何やってんだ?」

    「おにいちゃんは……黙ってて」モゾモゾ
    18 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:57:27.50 ID:5szUHGvg0 (+88,+30,-115)
    『カチッ』

    気のせいか、何かが外れる音がした。

    「おにいちゃんには今から、目隠しをしてもらいます」

    「……は?」

    何言ってんだ?

    「……何でオレが……目隠しなんか……」

    「脱衣所まで移動する間」

    「抵抗しないように、ね?」

    『スッ』

    「!」

    優しくも乾いた感触に、視界を奪われ、
    そして紐状の何かが、後頭部で結ばれる。

    何だこれは?

    エロを感じる、人肌の温度。
    性欲を高める、女子の香り。

    まさか……ブラジャー……?
    19 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 22:59:12.42 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-126)
    「おい……まさかこれって……」


    「私のブラだよ」


    「!!!」

    悪寒的中。妹のブラジャーだった。
    それも黒ブラ。妹の胸を纏っていたブラ。

    真っ暗闇、というワケではないが、
    それは視界を妨げるのに十分だった。

    「っ……!!」

    女子○学生の残香が、鼻腔を刺激する。

    「……おい。何がしたいんだ……」

    「……んー……目隠しだけじゃ不安かも」

    「……は?」

    『ぬぎぬぎ……ぬぎぬぎ』

    全く見えないが、またもや不審な音がする。

    (……妹のやつ、今度は何やってんだ?)
    20 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:01:13.87 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-78)
    『ぬぎぬぎ……ぬぎぬぎ』

    (……オレの背後で、一体何を……)

    「おにいちゃん……手、下ろして」

    「え? いいのか?」

    「いいから早く」

    「わ、分かった」

    『スッ』

    「後ろに差し出して」

    「……手を?」

    「うん」

    「……何で?」

    「いいから早く」

    「あ、ああ……」

    『スッ』
    21 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:01:50.30 ID:6CBbfInC0 (+16,+26,+0)
    早いな
    22 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:03:54.73 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-128)
    『スポッ』

    実際そんな音はしないが、
    2つの手首が、2つの穴を貫通した気がする。

    何だろうこれ……布っぽい手触り……。

    動かしたら……少し伸びる……。

    「動かさないで。伸びるから」

    分からない。何だこれ? フリル?

    「ふふっ。これは手錠だからね」

    「おにいちゃん、手と手を組んで」

    「え……? あ、ああ……」

    言われるがまま、背後で両手を絡ませる。
    こうなるとまるで手錠。柔らかい手錠。

    「なぁ……何なんだよこれ……?」


    「私のパンツだよ」


    ……耳を疑った。
    23 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:06:09.62 ID:L7KDdVfL0 (+24,+29,-4)
    僕の妹がこんなにパンツ好きなわけがない~ボクパン~
    24 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:07:19.72 ID:n4/Lw5lM0 (-12,+0,+0)
    wktk
    25 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:07:42.94 ID:lAkwsRp30 (+24,+29,-19)
    こうゆうスレばっか見てるから
    俺は妹に憧れるんだろうな



    続けてくれ
    26 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:08:24.54 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-126)
    妹のブラで目隠し。
    妹のパンツで手錠。

    そんな変態的状況を背負いつつ、
    オレはフラフラと脱衣所に向かう。

    「ねぇ。今の感想は?」

    ノーブラ・ノーパンの、妹が問う。

    「何でこんなことするんだ?」

    「ふぅん……知りたい?」

    「知りたい」

    「だーめ」

    「……なんで?」

    「ふふっ。ひみつだもん」

    『シャキ、シャキ』

    (げっ。まだ持ってたのかよハサミ)

    (てか、音だけだと余計に怖い……)
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:08:32.08 ID:6CBbfInC0 (+29,+29,-3)
    うちの妹はDカップだから、残念でしかたがない
    28 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:12:41.75 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-93)
    ◆脱衣所◆

    「……あの」

    「なぁに?」

    「この目隠しは、いつまで……」

    「もちろん、私がいいって言うまでだよ」

    「じゃあ手錠は?」

    「まだダメ」

    「このままじゃ、パンツが脱げないんだけど」

    「そんなの知らないよ」

    「……手錠とっていい?」

    「だめだってば」

    「じゃあどうやって……」

    「私にお願いしてみる?」

    「……は?」

    「『パンツを脱がしてください』って」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:16:13.87 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-156)
    「はぁ? ふざけ――」

    『シャキ、シャキ、シャキ』

    「くっ……!!」

    「お願い……してみる?」

    「わ、分かったよ。お願いすりゃいいんだろ?」

    「ちゃんといって」

    「……パンツを……脱がせてください……」

    「なんで?」

    「……おしっこで、べちゃべちゃだからです……」

    「ふぅん。漏らしちゃったんだ?」

    「いや、お前が――」

    「私が、何?」

    『シャキ、シャキ』

    「……いや、オレが漏らしました……」

    「ふふっ。そーなんだ。はずかしー」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:19:51.10 ID:DPHZNpem0 (+10,+22,+0)
    続けて
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:21:56.06 ID:Fl+sPDy40 (+27,+29,-7)
    お恥ずかしい事ですが少々その……



    おっきしてしまいましてねぇ
    32 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:21:55.91 ID:jbgIRuIV0 (+9,+24,+0)
    いいね
    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:24:57.23 ID:5szUHGvg0 (+90,+30,-122)
    「じゃあ可哀想だから」

    「私がおにいちゃんのパンツ、脱がしてあげるね?」

    (……もう勝手にしてくれ……)

    「あ、ひとつ言い忘れてたけど」

    「ん? なんだ?」

    「もし、大きくなったら……」

    『シャキ、シャキ』

    「……だよ?」

    「……え?」

    「ま、妹に興奮するとかありえないから」

    「心配ないと思うけど、ね?」

    「……ちょ」

    何言ってんだコイツ……。

    それって……オレのペニスを切るってことか……?

    じょ、冗談じゃない……そんなの絶対に嫌だぞ……!
    34 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:25:35.47 ID:6CBbfInC0 (+29,+29,-13)
    いや、毛を切るだけかもしれない
    35 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:26:37.96 ID:Fl+sPDy40 (+26,+29,+1)
    >>34
    それも嫌だな
    36 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:27:22.19 ID:ZjgJjdP9O (+19,+29,-13)
    殴られたい妹かと思ったのに
    37 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:29:35.12 ID:QVxFZ82rO (+19,+29,-12)
    去勢シーン来るー
    38 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:30:02.83 ID:5szUHGvg0 (+88,+30,-99)
    「……約束だよ?」ボソッ

    耳元で囁く小悪魔。
    声がやけにエロい。

    目隠しのせいだろうか。
    妄想がどんどん炊きあがる。

    「……くっ……分かったよ……」

    「だけどその代わり、条件がある」

    「なに?」

    「……この目隠しをとってくれ」

    「なんで?」

    「なんでって……変な妄想しちまうし」

    「へぇ。おにいちゃんって、妄想するんだ?」

    「悪かったな」

    「で、どんな妄想をするの?」

    「アホか。教えるわけないだろ」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:35:17.39 ID:Xfc7DB1A0 (-27,-15,+0)
    40 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:35:17.68 ID:5szUHGvg0 (+93,+30,-93)
    『シャキ……』

    「ッ!」

    「どんな妄想をするの?」

    「……うっ……それは……」

    ふと幼馴染の顔が浮かぶ。

    彼女は体操服を着ていて、
    それはもう、ムチムチだった。

    (――って、こんなの言えるかよ!)

    「……もしかして、幼馴染さんの妄想とか?」

    『シャキ、シャキ』

    「!!!!」

    「バ、バカ! そんなワケないだろ!」

    「……ふぅん」

    (……能力者かよコイツ……)
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:40:46.97 ID:5ZqYp7PcO (+24,+29,-3)
    手をあげて…

















    ぉおだん歩道をあるきませぅ






    松崎し(-.-)zzZ
    42 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:43:00.32 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-138)
    「目隠しやーめた」

    「えっ……?」

    『スッ』

    「うっ、まぶしっ!」

    目隠しことブラジャーからの解放。
    急増した光量に、括約筋が縮み上がる。

    「……くっ……なんでまた急に……」

    「おにいちゃんが妄想するからでしょ!」

    (……妄想は妹的にアウトなのか……)

    「どう? 久しぶりに見た私は」

    「どうって、それより早く手錠の方も――」

    『シャキ、シャキ、シャキ、シャキ』

    「!!!」

    「うぅーっ……」

    「な、なんなんだよ」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:44:18.62 ID:DPHZNpem0 (+16,+23,+1)
    精神を加速させろ
    44 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:48:43.65 ID:5szUHGvg0 (+95,+30,-123)
    「これ……!」

    『グイ』

    差し出された妹のブラ。黒いブラ。
    先ほどまで兄の視界を覆っていたブラ。

    「ん? それがどうした」

    「これ見てなんとも思わないの?」

    「思うわけないだろ。妹の下着に」

    「じゃあ……その手錠も?」

    「ああ。早く外して欲しいだけだ」

    「……興奮、しないんだ?」

    「……は?」

    「おにいちゃんは私に、興奮しないんだ……」

    「『妹に興奮するわけない』」

    「そう言ったのはお前だろ?」

    「……」

    「なぁ……お前、マジで何がしたいんだ」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 23:57:24.96 ID:5szUHGvg0 (+71,+30,-192)
    「……」

    俯く妹。黒髪ストレート。
    Tシャツに、7分丈のズボン。

    そしてノーブラノーパン。

    乳房の輪郭は、シャツに卑猥なラインを描き、
    そのプリント文字には、2つの突起がある。

    確かにエロい。それは認めよう。

    だが勃たない。勃つわけがない。
    いくらエロかろうが、コイツは妹。

    所詮、興奮する相手ではない。

    「はぁ」

    これが幼馴染だったらどれほど良かったか。

    「……じゃあ興奮させたら私の勝ちだね」

    「え?」

    「興奮したらおにいちゃんの負け」

    『シャキ、シャキ』

    「……覚悟はいい?」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/02/27(月) 00:02:07.50 ID:m2FY8HRc0 (+45,+30,-129)
    『スッ』

    「うっ……!」

    『……ぺろっ』

    「!!!」

    耳を舐める妹。

    『はむっ……』

    そして甘噛み。

    「……お前」

    「……ふぁーい?」

    『はむっ、はむっ』

    「……何……やってんだよ……?」

    「ほひいひゃんほ、はへへんの」

    「……なんて?」

    『ちゅぱ……』

    「おにいちゃんを、食べてるの」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/02/27(月) 00:08:03.87 ID:m2FY8HRc0 (+45,+30,-89)
    一本の唾液。艶やかな橋。
    妹の舌から、紡がれる。

    「えへ……おいしーよ?」

    「おにいちゃんの、おみみさん♪」

    「……興奮ならしないぞ?」

    「ふふっ……いつまで持つかなぁ?」

    『ぺろっ』 『じゅるっ』

    「くっ……おいお前……」

    「こんな知識……一体どこで……?」

    「……はえひあよ?」

    「……えっ?」

    『ちゅぱ』

    「……か・れ・し」

    「!!!」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/27(月) 00:09:31.18 ID:B4wa8lQb0 (-3,+11,-13)
    なんだ中古か
    50 : 以下、名無しにか - 2012/02/27(月) 00:13:45.73 ID:m2FY8HRc0 (+43,+30,-99)
    「お前、誰かと付き合ってんのか?」

    「……うん……同じクラスの男君と……」

    「……」

    「付き合って、もうすぐ1年……かな?」

    「……」

    「……どうしたの?」

    「……い、いや……」スッ

    「何で目を逸らすの?」

    「バカ。逸らしてなんか――!」

    「ねぇ、どんな気持ち?」

    「……え?」

    「私が誰かと付き合ってるって聞いて……」

    「……どんな気持ちって……別に何とも……」

    「……ふぅん。そーなんだ……」

    「……」
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - + - 半端 + - + - 敬語 + - 未完 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について