のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,527,824人
911,632,796頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:1,103人
1,252頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレQB「少しくらい、本当の奇跡が起こってもいいじゃないか」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - QB + - 神スレ + - 良スレ + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:10:53.72 ID:xWxN8pHX0 (+125,+30,-169)


    ある病室のベッドに、一人の少女が眠っていた。


    正確には眠っているわけじゃない。

    意識はちゃんとあって、色々なことを考えていた。

    でも彼女は頭に大きな怪我を負っていて、動くことも感じることも、殆ど出来なかったんだ。


    目も、耳も聞こえず……真っ暗闇の中。 風が体を撫でる感覚と、その匂い。

    彼女を死体だと勘違いしたハエが体を這う感触。 一日一回、看護師が体の位置を直していく感覚。

    その手を握る者ももう居ない彼女にとっては、それが世界のすべてだった。


    彼女は途方も無い、退屈な時間の中で……ただ夢を見ていた。

    共に戦う仲間、生きる目的、大切な家族。 そのすべてがある世界を……

    ……つまり幸せな日常を、彼女は夢想していた。


    闇の中、一人孤独に……ずーっと。


    ――――――――――――――――
    2 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:11:19.09 ID:xWxN8pHX0 (+90,+30,-28)
    ――――――――――――――――


    タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ



    まどか「はっ、はっ、はっ、はっ……」



    タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ…



    まどか「はっ、はっ、はっ……はあ……」



    EXIT



    まどか「………?」



    コッ コッ コッ コッ コッ…

    3 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:11:44.10 ID:xWxN8pHX0 (+89,+29,-15)


    ガチャッ… ガチャンッ


    まどか「んっ……く」

    まどか「……あっ!」



    ほむら「………!」



    バッ!

    4 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:11:57.48 ID:/PvrSm5Hi (-27,-15,+0)
    続けろください
    6 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:12:16.17 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-45)


    ほむら「――っ!」

    ほむら「―――ぁっ!!」



    まどか「ひどい……」

    QB「……彼女には荷が重すぎたと思うかい?」

    QB「でも、彼女も覚悟の上だろう」



    ほむら「――っ!」ググッ



    まどか「そんな、あんまりだよ!」

    まどか「こんなのってないよ!」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:12:42.21 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-88)

    ほむら「―――ぁ……」



    まどか「……っ!」



    ほむら「――――っ!!!」



    QB「……諦めたらそこまでだ」

    まどか「あっ……」

    QB「でも大丈夫、彼女ならきっと運命を変えられる」

    QB「避けようのない滅びも、嘆きも」

    QB「すべて覆すさ……」

    QB「……そのための力が、彼女には備わってるんだから」

    まどか「……本当なの?」

    8 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:13:14.24 ID:xWxN8pHX0 (+84,+30,-37)

    まどか「こんな状況でも……本当に何かできるの?」

    まどか「この結末を変えられるの?」

    QB「もちろんさ!」



    QB「だから僕と契約して……魔法少女になったんだろう?」



    ―――――――――
    10 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:14:40.41 ID:ci2pNu+MO (+24,+29,-4)
    面白そうなんだけど何が起きてるかわからない…
    11 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:14:43.23 ID:xWxN8pHX0 (+90,+30,-30)


    まどか「……ふあ」パチッ


    まどか「…………」

    まどか「はあ……夢オチ?」

    QB「うう……」

    QB「……まどか?」モゾモゾ

    まどか「ひゃっ!?」ビクッ

    12 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:14:49.57 ID:SZ0dBDEy0 (+30,+30,-214)
    マミ「あなた誰なの?」
    QB「確かに “この僕” は、三時間ほど前まで君のそばにいたのとは別の個体だよそちらは暁美ほむらに撃ち殺された」
    黒い魔法少女。暁美ほむら。あの女だけは、絶対に許さない。
    まどか「わたしの願いでマミさんのそばにいた子を蘇生すれば、ほむらちゃんのこと許してあげられませんか?」
    こんな感じの旧QB蘇生キュゥマミ魔法少女全員生存ワルプルギス撃破誰か書いてくれたらそれはとってもうれしいなって
    マミ「今日も紅茶が美味しいわ」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1304834183/1

    1. 初恋ばれんたいん スペシャル
    2. エーベルージュ
    3. センチメンタルグラフティ2
    4. Canvas 百合奈・瑠璃子先輩のSS
    5. ファーランド サーガ1、2
    6. MinDeaD BlooD
    7. WAR OF GENESIS シヴァンシミター、クリムゾンクルセイド
    SS誰か書いてくれたらそれはとってもうれしいなって

    QBの魔法少女全員陵辱姙娠出産誰か書いてくれたらそれはとってもうれしいなって
    QB「魔法少女は産む機械」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1329540530/
    13 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:15:09.62 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-89)

    QB「何をそんなに怯えているんだい……」

    QB「……というか、随分早起きだね?」

    まどか「あ、ごめん……」

    まどか「なんか、変な夢見ちゃって」

    QB「ふーん? 僕はまだ眠いっていうのに……」ゴロゴロ

    QB「君があんまり強く抱きしめるから、苦しくて起きちゃったじゃないか」

    まどか「……ごめんなさい」ショボン
    15 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:15:48.64 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-80)

    QB「まあいいさ……ふわあ」

    QB「僕は二度寝するけど、君はうっかり寝過ごさないようにね……」

    QB「……くう……くう……」スヤスヤ

    まどか「……相変わらず早いなあ」

    まどか「…………」

    まどか「……でも、なんであんな夢見たんだろう?」

    まどか「あれ、ほむらちゃんだよね……」

    まどか「夢に見るほど気になってるのかなあ? うーん……」


    まどか「……ま、いっか」


    ………………………………
    16 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:16:12.77 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-84)

    ――朝 まどか宅



    テレレッテレーン♪ オハヨウゴザイマス…ニュースノジカンデス…



    達也「うー……」キュムッ

    達也「……あっ!」スポンッ!


    コロンッ…


    詢子「おっと!……ってあれ?」

    詢子「おかしいなあ……確かにトマトが落ちたと思ったんだけど……」キョロキョロ

    まどか「あーっ……見間違いだよきっと!」アタフタ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:16:36.01 ID:xWxN8pHX0 (+90,+30,-39)

    詢子「? そう、かな……」

    まどか「やだなあ、まだ寝ぼけてるんだね……」ガシッ

    QB『わっ、なんだいまどか? 急に尻尾を掴まないでよ』

    まどか『……もう! 落ちたもの勝手に食べないでよ!』
    18 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:17:04.21 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-94)

    QB『失礼な、ちゃんと落ちる前にキャッチしたよ』

    まどか『そういう問題じゃないよ! バレたらどうするの?』

    QB『見えないから平気さ……きゅっぷい』

    まどか「はあ……」

    知久「まどか? さっきからうつむいて、どうしたんだい?」

    まどか「えっ?」

    知久「不味かったかな……?」

    まどか「いや、全然! 美味しいよ!」モグモグ

    知久「……そうかい? なら良かった」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:17:48.62 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-135)


    ツギノニュースデス… サクバンオキタジコデダンジョフタリガ…


    詢子「おっ、もうこんな時間か……」


    チュッ チュッ  パンッ!


    詢子「……よし! それじゃ、行ってくる!」

    まどか・達也・知久「「「いってらっしゃーい」」」

    知久「……さ、まどかも急がないと」

    まどか「えっ? あ、うん!……はむっ」モクモク

    QB『急いでるなら、それ僕が食べてあげようか?』

    まどか『いいよ……食いしん坊だなあ』

    QB『きゅっぷい!』


    ………………………………
    21 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:18:28.81 ID:8wWhYEVN0 (+14,+29,+0)
    黙って見守る
    22 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/26(日) 18:18:57.44 ID:PflmX6dY0 (+29,+29,-5)
    最初の部分でシャルロッテが頭に浮かんできた
    23 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:19:55.21 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-94)


    ――通学路



    さやか「……あっはははははは!!」


    まどか「えっ!? なんで笑うの?」

    さやか「いやー、だって……そんなに転校生のことが好きか!ってさ」

    仁美「まあ……やっぱりそういうことでしたのね」

    まどか「違うよ、そんなんじゃないって……」

    仁美「いいえ! これは言い逃れできません」

    仁美「夢は人の願望を反映すると言いますからね」

    まどか「そんな……」

    QB「……ところで君たち、僕の扱いについては何も疑問を持たないのかい?」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:20:21.84 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-94)

    さやか「え? そんなに違和感ないけど」

    仁美「そうですね、それはそんなに……」

    QB「……落ち着いてくれさやか、僕がそんな、怪しい契約とかするように見えるのかい?」

    さやか「見えるけど」

    仁美「見えますね」

    まどか「まあ……ちょっと怪しい感じはするね」

    QB「………!」ガーン

    QB「……き、君たちはいつもそうだよ」

    QB「地球外から来たというだけで、やれ侵略者だの、外敵だのと……」

    さやか「あーあ、また始まっちゃった」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:21:54.96 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-127)

    QB「……大体おかしいよ、なぜ自分より高度な文明をもった生物を冷徹だと思い込むんだい?」

    QB「技術が発展すれば、それだけ人の心も充実するに決まっているじゃないかもう……」

    まどか「ご、ごめんねキュゥべえ……」

    さやか「まあ、その……何? 魔法少女っての?」

    さやか「なんかすごそうな感じだし、それとキュゥべえを結びつけるのは当然でしょ」

    まどか「そうだよ! ほら、テレパシーとかできるし!」

    QB「……本当にそう思ってるかい?」ジトッ

    まどか「もちろん!」

    QB「なら……いいけどさ」キュップキュップ

    さやか(うわ面倒くさ)
    26 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/26(日) 18:22:01.79 ID:PflmX6dY0 (+24,+29,-5)
    あれ…ワカメに見えている…
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:24:19.58 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-63)

    QB「ほらほら、早く行かないと遅刻しちゃうんじゃないのかい?」ペシペシ

    さやか(急に調子乗りだしてるし……)

    まどか「あ……そうだね、走ろうか」タッ

    仁美「あっ、ちょっと待ってください! まだ話は……!」タッ

    さやか「ちょっ、置いてかないでよ……」タッ



    ほむら「…………」ジーッ



    ……………………
    28 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:25:14.63 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-81)

    ―――――――――――



    ……しかし、そんな彼女にも話相手が出来ることになる。


    ある時、彼は突然現れて――といっても、周囲の状況が何もわからない彼女にとっては、

    何もかもが突然だけど――彼女の手を握った。

    彼女は久々に手を握られたことに驚き、それが誰なのかに疑問を持った。

    まず彼女は家族を思い浮かべ、次に友人を思い浮かべた。

    しかしすぐに、そんな可能性は無いことに気付き……それが医者か、入院患者のものだと結論づけた。
    29 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:26:00.61 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-168)

    それでも、彼女にとって嬉しい客であることは間違いない。

    彼女はその、細い指と小さな手のひらの感触を、そこから伝わる体温を、しばらく堪能することにした。

    すると彼は、彼女の手を持ち上げ、手のひらに人差し指を当ててくすぐりだした……という風に、彼女は感じただろう。

    実際、それが手のひらに文字を書くことで、会話を試みているということに気づくまで何時間も必要だった。


    ――わかりますか? イエスならからだのどこかをにかいれんぞくでうごかして


    彼女はこの最初のメッセージを受け取ると、言われた通りに、わずかに動かせる指先を二回動かした。

    彼は了承した、というサインのつもりか、彼女の頭を優しく撫でた。
    30 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:26:39.96 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-79)

    彼女は感動しただろう。 もう二度と出来無いと思っていた他人とのコミュニケーションが、成立したんだから。

    しかし、彼はそれくらいでは満足しなかった。

    彼は再び彼女の手を取ると、その手のひらに文字を書き始めた。

    何を書いたかはわかるだろう? 話が通じることがわかったら、次にすることはひとつ。

    自己紹介だ。



    ――やあ ぼくはキュゥべえ!



    ―――――――――――
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:29:48.34 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-75)


    ――教室



    まどか「はあっ、はあっ……」テッテッテッ

    まどか「ふう……間に合った」

    ほむら「あら、まどか……おはよう」

    まどか「へっ? あ……うん、おはよう……」ドキッ

    ほむら「……? どうかしたの?」

    まどか「い、いや、なんでもないよ!」

    ほむら「そう……?」

    まどか(うう……みんなが変なこと言うから、意識しちゃうよ……)
    32 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:30:13.99 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-93)

    ほむら(……何かあったのかしら?)

    QB「やあ、おはようほむら」ヒョコッ

    ほむら(なんだか顔が赤いし、ぼーっとしているし……熱でもあるんじゃ)

    QB「……ねえ、ほむら?」

    ほむら(そういうことは隠したがる子だし、あまり楽観視するのも……)

    QB「ちょっと、無視しないでくれるかな!?」

    ほむら「ん?……ああ、居たの」

    QB「」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:30:15.21 ID:zmSgngFe0 (+22,+29,-2)
    しかし文章力が凄いな
    34 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:30:40.01 ID:36sMm3Zt0 (-12,+2,+0)
    ほす
    35 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:30:54.44 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-111)

    まどか「ほ、ほむらちゃん……流石にそれはちょっと……」

    ほむら「……ごめんなさい」

    QB「そ、そうだよ……どうして君はそんなに僕を毛嫌いするんだい」

    まどか「わたしもちょっと気になってたな、どうして?」

    ほむら「え? どうしても何も……」


    ほむら「……気持ち悪いじゃない」


    QB「」

    ほむら「白に赤ってカラーリング、妙に理屈っぽい口調……」

    ほむら「一見無表情で何考えてるかわからないのに、実は面倒くさい性格なのも」

    ほむら「なんというか、生理的に無理なのよ」

    QB「」フラッ…
    36 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:31:14.66 ID:PflmX6dY0 (+29,+29,-2)
    これは後々解説が必要になるかもしれない
    37 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:33:10.63 ID:ew4hiCKW0 (+24,+29,-19)
    少し前に流行ったドラえもんの偽最終回ネタか
    38 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:34:09.81 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-128)

    まどか「あ、キュゥべえ!……行っちゃった」

    まどか「もう、一度スネるとしばらく直らないんだよ?」

    ほむら「ごめんなさい……つい本音が」ファサッ

    まどか(全然悪いと思ってない……)


    さやか「ふぃー、やっと着いた……って、あ!」

    仁美「流石に疲れましたわね……」

    さやか「それよりもあれ! 見てよほら!」

    仁美「……?」


    さやか「まどかが転校生とイチャイチャしてるーっ!」ビシッ


    まどか「えっ……」ピシッ

    ほむら「はっ……」ビクッ

    仁美「なっ……!」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:35:20.57 ID:sbKzs8uP0 (+14,+29,+0)
    キマシタワー
    40 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:44:52.95 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-52)

    さやか「いやあ、二人共隅に置けないねえ」ニヤニヤ

    仁美「そんなまさか……急展開過ぎますわ!」


    ザワザワ… ザワザワ…


    まどか「……ち、ちょっとさやかちゃん!? いきなり何言い出すの!」スタスタ

    さやか「えーっ、だってー」

    まどか「教室の空気がおかしくなってるよ! もう……!」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:45:28.44 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-49)

    さやか「でも、転校生の夢を見たんでしょ? いいじゃん認めちゃえよー」ツンツン

    まどか「それはもういいでしょ!? ほら、ほむらちゃんだって困って……」クルッ

    ほむら「…………」

    まどか「……ほむらちゃん?」

    ほむら「…………」

    さやか「おーい、転校生ー?」フリフリ

    ほむら「…………」

    さやか「……駄目だ、完全に止まってる」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:47:39.19 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-44)

    まどか「さやかちゃん……」ジトッ

    さやか「いや、これはあたしのせいじゃないし」フイッ

    ほむら「…………」


    早乙「はーい、授業始めますよー」スタスタ

    早乙「……ほらそこの三人、イチャついてないで席につきなさい」



    まどか「イチャついてませんっ!!」



    ……………………………
    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:48:03.86 ID:xWxN8pHX0 (+90,+30,-37)


    ――通学路



    ほむら「……じゃあ、私はこっちだから」

    まどか「うん、また明日ね」

    ほむら「……また明日」ニコッ

    さやか「ばいばーい」フリフリ

    ほむら「……チッ」スタスタ

    さやか「えっ」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:48:32.76 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-95)

    さやか「し、舌打ち……? 何この扱い?」

    まどか「あはは……今朝のこと、根に持ってるんじゃないのかな」

    さやか「そんなあ……軽いジョークじゃん」ガクッ

    まどか「しょうがないよ、自業自得だもん」ニコニコ

    さやか「うっ、まどかが黒い……」

    QB「……僕の気持ちがわかったかい?」ヒョコッ

    さやか「うわっ!?」
    45 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:51:52.56 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-92)

    まどか「いつのまに……」

    QB「きゅっぷい」

    さやか「……お、脅かさないでよ!」

    QB「ふふん……君はこれをちょっと機に反省した方がいい」

    さやか「え……?」

    QB「邪険に扱われればね、誰だって傷つくのさ……」

    QB「……わかるだろう?」ポム

    さやか(うっぜえ……)ビキビキ

    まどか「ぼ、暴力は駄目だからね……」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:52:25.82 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-81)

    さやか「……ま、まあね、あたしにも落ち度はあったわ」

    さやか「これからはもうちょっと気をつけるって」

    QB「そうだね、それがいいよ」キラキラ

    さやか「」イラッ

    まどか「あ、あー! そういえばさやかちゃん、病院行かなくって良いんだっけ!?」アタフタ

    さやか「え?……なんで?」キョトン

    まどか「いや……なんか用事なかったっけ?」

    さやか「別に無いけど……」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:54:02.48 ID:xWxN8pHX0 (+90,+30,-86)

    さやか「……ああ、そういえば一時期、恭介が入院してたからなー」

    さやか「でももう退院したし、行く必要無いよ?」

    まどか「え?あれ……そうだったかな」

    QB「僕もそうだと記憶してるけど? 最近はもっぱらコンビニだね」

    まどか「……そういえばそうだね」

    まどか「いつもお菓子とか買い込んでいくけど、どうしたの?」

    さやか「えっ? いや、それは……その」

    まどか「………?」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:54:13.35 ID:PflmX6dY0 (+24,+29,-14)
    キュゥべえは感情があるとウザいな
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:54:48.31 ID:xWxN8pHX0 (+95,+30,-76)

    QB「……そうだ、そういえばこの前」

    QB「君はお菓子の入った袋を抱えて、工場がある方に歩いて行ったね?」

    さやか「なっ!? 何であんたが知ってんのよ!」

    QB「いやあ、ちょっと尾行しただけでぐきゅっ……」

    さやか「この変態宇宙人があ……っ!!」ギリギリギリ

    まどか「あー! さやかちゃん、それ以上やったら死んじゃうよ!」

    さやか「……ちっ」パッ

    QB「ぷはあっ……ひどいよいきなり……」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/02/26(日) 18:55:32.04 ID:xWxN8pHX0 (+90,+30,-117)

    QB「ぼ、僕はただ、暗いところに入って行くから心配しただけじゃないか!」

    さやか「だからってついてくる? これだから外道の淫獣は……」

    QB「!!」ガーン

    まどか「さやかちゃん、そこまでにしてあげて……」

    まどか「……それに、わたしもちょっと気になるな」

    まどか「そこで何してたの?」

    さやか「えっ? それは……えっと」

    QB「野良犬でも飼ってるんじゃないのかい?」

    さやか「うっ……」ギクッ

    まどか「そうなの!?」

    QB「……言っておくけど、人間の食べ物を与えるのは良くないよ」
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - QB + - 神スレ + - 良スレ + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について