のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,539,204人
911,645,590頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:3,219人
3,528頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ一夏「ラウラ・ボーデヴィッヒは俺の嫁!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - インフィニット・ストラトス + - キミキス + - コナン + - 素晴らしい + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:26:50.31 ID:4szAxWzs0 (+115,+29,+0)

    クラスメイツ「!?」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:27:16.38 ID:74L8/vur0 (-26,-16,+1)
    >>1
    8896
    4 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:27:19.96 ID:qY1o3KoR0 (+11,+21,+0)
    打ち切り
    5 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:27:21.51 ID:ig+iF/F90 (+19,+29,+0)
    いや俺の嫁だから
    6 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:28:14.84 ID:bbU/TnVC0 (+22,+29,-1)
    じゃあ俺のほほんさんで
    7 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:30:21.15 ID:Tx9ssNEF0 (+12,+27,+1)
    ボーウィヒッヒ
    8 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:30:36.99 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-134)
    千冬「これから私はドイツ軍のもとに赴くことになる」

    千冬「お前は家事もできる、それに一生会えないというわけではない」

    千冬「一人で生活できるか?」

    一夏「……千冬姉」

    千冬「なんだ、気になることがあるのなら今のうちに聞いておけ」

    一夏「俺も……俺も、連れて行ってほしい」

    千冬「……ほう」

    千冬「聞いておこう、それはなぜだ?」

    一夏「たった一人の肉親である千冬姉と離れたくない」

    一夏「……そんな理由じゃ、ないよ」

    千冬「……」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:31:30.98 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-255)

    一夏「……俺さ、小さいころから千冬姉にお世話になりっぱなしだった」

    一夏「今まで千冬姉が一人で俺を育ててきてくれた」

    一夏「何度も助けられたんだ……そして、今回も」

    一夏「俺のせいで千冬姉の連覇がかかったモンド・グロッソ決勝戦は不戦敗」

    千冬「一夏、それはお前が気に病むことでは」

    一夏「千冬姉」

    千冬「む……すまん」

    一夏「不戦敗の理由は公表されていないんだろ?」

    一夏「ただ、優勝候補筆頭と言われた千冬姉が決勝戦に現れなかったのは対戦相手を恐れて逃亡したからなのか」

    一夏「そんな憶測が立てられる始末。真実は、俺が何者かによってとらえられ監禁されていたところを千冬姉が助けに来た」

    10 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:33:22.74 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-229)

    一夏「……いやなんだよ、守られているだけなんて嫌だ」

    一夏「傲慢かもしれない。そして俺にISは使えないし、生身で勝てるはずがないのかもしれない。

        けれど俺が―――俺が守りたいんだよ」

    千冬「……ふぅー」

    一夏「お願いだよ千冬姉。俺……強く、なりたいんだ」

    千冬「知ってのとおりISは女にしか使えない。そしてそれがこの女尊男卑という世界を描いている」

    千冬「当然お前はドイツ軍のIS部隊ではなく一般的な軍で訓練を受けることになる」

    千冬「お前は……そうだな、剣道をやっていたとはいえ現役の軍人や訓練生に比べて見劣りするのは当然だ」

    千冬「比喩ではなく血反吐を吐く思いをすることになるだろう」

    千冬「……それでもお前は、私とともにドイツへ渡りたいか?」

    一夏「愚問だよ、千冬姉」

    千冬「……そうか」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:35:20.33 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-223)
    千冬「ならばすぐ支度をしろ。生活必需品は軍から支給されるはずだ、必要最低限のものだけ詰め込め」

    千冬「あちらには私から話をつけておく。心配するな」

    一夏「……ああ、急いでやってくるよ!」タタタッ

    千冬「……」

    千冬「本当、私の愚弟は」

    千冬「ひたむきで、まっすぐで―――人の心をこんなにも揺さぶる」


    一夏「千冬姉ー! 準備できたぜー!」ドタドタ

    千冬「束、お前の発明は世界を揺るがしたが……」

    千冬「私の弟はそう簡単には揺らがないぞ?」ニヤリ

    一夏「あれ千冬姉、今なんか言った?」

    千冬「いや、なんでもないさ」

    千冬「それより一夏」

    一夏「なんだ? 早く行こうぜ千冬姉!」

    千冬「……出発は3日後だ」

    一夏「……えっ」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:38:22.16 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-151)

    一夏「だ、だってさっき『これから』って」

    一夏「しかも、いかにも行きそうな雰囲気だっただろ!?」

    千冬「『これから』とは言ったが『今から』とは言ってないぞ」

    千冬「雰囲気に関しては数日後に渡独を控えて弟1人を残す心境ともなれば顔に出るだろう」

    千冬「だからその荷物を降ろして友達に短い間の別れでも告げて来い」ペシッ

    一夏「Oh...」

    一夏「と、とりあえず挨拶回りしてくる……」

    がちゃっ

    千冬「はぁ……まったくあやつは」

    千冬「だが、まぁ」

    千冬「(……少し抜けているところもまた、一夏に友人が多い理由でもあるのかもしれんな)」クスッ
    14 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:40:57.31 ID:StgqNM870 (-2,+7,+0)
    15 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:41:19.67 ID:4szAxWzs0 (+91,+30,-150)
    ~ドイツ~

    一夏「(千冬姉のおかげで俺は特例として訓練を受けられることとなった)」

    一夏「(だからと言って訓練に手心を加えてくれるわけでもない)」

    一夏「(そして俺だって手を抜こうなんて考えていない)」

    一夏「(けど、剣道で少し鍛えただけ、しかもしばらくはバイトしかしていないこのなまった身体じゃあ……)」

    一夏「ぐっ……きっつ……」

    一夏「(筋肉痛によって僅かでも体を動かすと激痛が走る)」

    一夏「(歩くこと、そして立ち上がることすら躊躇われるほどだ)」

    一夏「(正直訓練についていけたことが奇跡なレベルで)」

    一夏「(食事も喉をほとんど通らない……が食べないと体がもたない)」

    一夏「う……」ごくんっ

    一夏「……はぁ」

    16 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:43:28.44 ID:ov3Ipbg00 (-2,+12,+0)
    ほう
    17 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:44:17.50 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-165)

    一夏「(最初は周囲とは言語の違いでコミュニケーションもろくにとれなかったが、

        今では日常会話程度なら難なくこなせるようになった)」

    一夏「(というか短期間で覚えないと千冬姉にどやされるからな)」

    一夏「(おかげで友達というか、悪友というか……同期生に知り合いは多くなった)」

    一夏「さて、部屋に戻るか」

    一夏「……」スタスタ

    一夏「……ん?」ピタッ

    一夏「あれ……は……?」

    千冬「あれはISだ。ドイツ製のな。試作機だからまだ1機しかないが」

    一夏「千冬姉!」

    千冬「ふむ、なかなか精悍な顔つきになったな。ドイツ語も喋れているようだし……その調子で頑張れ」

    一夏「ああ」

    18 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:47:51.91 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-187)
    一夏「……ところで千冬姉」

    千冬「ん? なんだ」

    一夏「(千冬姉の隣で俺をずっと睨みつけているその娘は……)」ヒソヒソ

    千冬「あぁ紹介するのを忘れていた。私が指導するIS部隊の隊長だ」

    千冬「ボーデヴィッヒ、これが私の弟だ」

    ラウラ「……貴様か」

    一夏「え?」

    ラウラ「貴様がッ、教官の功績に泥を塗った男か……っ!」

    一夏「っ……ああ、そうだ」

    千冬「一夏……」

    ラウラ「ふん……。教官、本日はこれにて失礼します」

    千冬「あ、ああ。また明日」

    ラウラ「はい、では。お疲れ様でした」クルッ
    19 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:52:09.51 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-144)
    一夏「……」

    千冬「……一夏」

    一夏「いいよ、事実だ」

    一夏「(だから、だからこそ俺はここに来たんだ)」

    一夏「(あいつを見返してやれるほどの強さが欲しい―――)」

    一夏「(―――身体も、精神[こころ]も)」



    一夏「ところで千冬姉、あのISを近くで見てみたいんだけど……いいかな」

    千冬「ふむ……まぁ私の目があるならば大丈夫だろう」

    千冬「触れたところで壊れる代物でもないし、そもそも男に動かせる代物でもないしな」

    一夏「ありがとう」

    一夏「……」

    一夏「これが……IS<インフィニット・ストラトス>……」ゴクリ
    20 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:56:54.30 ID:4szAxWzs0 (+96,+30,-201)
    一夏「千冬姉が使っていたのは見たことがあるけど」

    一夏「間近で見るとやっぱ違うな」

    千冬「個体差もあるが、単純にデザインは各国によって特徴が出るからだろう」

    一夏「綺麗だな……」スッ

    ぴとっ

    一夏「なんっ……!?」

    キィン……

    千冬「な……どうなっている、なぜISが起動しているんだ……!?」

    一夏「あ――――――」

    一夏「(これは……)」

    一夏「(おびただしい数の情報が俺の脳を刺激する)」

    一夏「(まるで長年熟知したように理解し、把握できる)」

    一夏「俺……ISを起動させたのか?」

    千冬「正直信じられんが、どうやらそのようだな」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 21:56:56.25 ID:74L8/vur0 (+13,+10,+2)
    >>20
    5628
    22 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:00:11.82 ID:cU+dk24U0 (+29,+29,-3)
    IS他のやつに書かせた方が良かったよな
    23 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:00:14.49 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-202)
    千冬「……一夏、明日から貴様はIS部隊に異動だ」

    一夏「えっ?」

    千冬「いくら肉体を鍛えても初戦は人間、ISには勝てん。……強くなりたいのだろう。守りたいのだろう?」

    一夏「千冬姉……ありがとう」

    千冬「私の指導は厳しいぞ。覚悟しろよ?」ニヤリ

    一夏「おう!」



    一夏「今日付けでIS部隊へ移動となった織斑一夏です。よろしくお願いします」

    シュヴァルツェ・ハーゼ(通称黒ウサギ隊)『……』

    一夏「(……気まずいっ)」

    ラウラ「……隊長のラウラ・ボーデヴィッヒだ」スッ

    一夏「(握手……?)」

    一夏「よろしくお願いしま―――」

    ギリリッ

    一夏「あぐっ……!?」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:04:10.48 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-254)
    ラウラ「ふん、軟弱だな」プイッ

    一夏「ってぇ……」プラプラ

    千冬「ボーデヴィッヒ」

    ラウラ「申し訳ありません。どれほどの力量があるのかと」

    一夏「ともかく、よろしくお願いします」

    クラリッサ「副隊長のクラリッサ・ハルフォーフ、階級は大尉だ。よろしく頼む」スッ

    一夏「は、はい」

    一夏「(……あれっ)」

    クラリッサ「私は友好の証として差し出した手を捻り上げるようなことはしない」

    ラウラ「……ふん」

    千冬「さて貴様ら、本日の訓練を始める。織斑、お前は別メニューだ」

    千冬「お前はまだ“ISを起動出来た”段階にしか過ぎない。ハルフォーフ、見てやれるか」

    クラリッサ「了解しました」

    千冬「よし。ほかのやつらは訓練場に集合だ。以上」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:07:41.12 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-133)
    クラリッサ「では行くぞ、織斑一夏訓練兵」

    一夏「はい」

    クラリッサ「まずは展開からだが―――」



    一夏「ISの機体知識から操作まで……お、覚えることが多すぎだろ……」

    一夏「って言うかなんだこれ、電話帳ってレベルじゃねーぞ」

    一夏「ま、やらなきゃいけないことならしゃーない、いっちょ頑張るか。うしっ!」パシッ

    クラリッサ「(……)」

    クラリッサ「(……ふむ)」スッ

    26 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:08:50.61 ID:g58Eq6N30 (-25,-13,-1)
    しえん
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:08:52.60 ID:qY1o3KoR0 (+19,+29,-12)
    クラリッサ√?
    28 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:11:35.48 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-122)


    クラリッサ「教官、そろそろ彼を実戦訓練に混ぜても問題ないかと」

    千冬「そうだな……知識は一通り、と言ったところか。あとは体験して感覚を掴め」

    一夏「はい」

    一夏「(いよいよか……)」

    一夏「ふぅー……ふっ!」

    きぃぃぃん……っ

    千冬「ほう、なかなか早いな」

    ラウラ「教官」

    千冬「なんだ、ボーデヴィッヒ」

    ラウラ「折角ですから手合せをさせていただけませんか」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:17:08.38 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-161)
    千冬「それはどういった理由でだ?」

    ラウラ「彼は以前まで他のドイツ軍兵士と一緒に訓練を行っていたのでしょう、基礎身体能力値は問題ないはずです」

    ラウラ「それに教官が先程おっしゃいました、『実戦で間隔を掴め』と」

    千冬「……あくまで実戦”練習”だ。初めてISを扱うやつに―――」

    一夏「ちふ……織斑教官、俺は構いません。自分の弱さを知る、絶好の機会ですから」

    ラウラ「ほう……自覚はあるのか」

    千冬「……ならば何も言うまい」

    千冬「審判は私が務める。それだけだ……両者、準備はいいか?」

    ラウラ「はい」

    一夏「はい!」

    千冬「では……始めっ!」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:22:43.31 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-181)
    一夏「う……」

    一夏「あ、あれ? 俺はいったい……」

    クラリッサ「ようやく起きたか」

    一夏「副隊長?」

    一夏「(って俺、膝枕されてる……!?)」

    クラリッサ「覚えていないのか? お前は隊長にやられたんだ」

    一夏「そうだ、俺あいつと戦って……」

    クラリッサ「まぁ無理もない、それほど一方的な戦いだった」

    一夏「そう、ですか」

    一夏「……まだまだ弱いな、俺」

    クラリッサ「気に病むな、新参者にドイツ軍最強がやられるようでは私たちが困る」

    一夏「はは、それもそうですね」

    一夏「(もっと鍛えなきゃな……)」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:26:33.51 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-114)
    一夏「あの」

    クラリッサ「なんだ?」

    一夏「IS部隊のではなく、ドイツ軍の……前に所属していたところでの訓練ってうけることはできるんでしょうか」

    クラリッサ「……時間さえあれば可能ではあるな」

    一夏「なら俺、ちょっと行ってきます」

    クラリッサ「どんな努力をするかはお前の勝手だが、身体を壊しては元も子もないことは覚えておけ」

    一夏「はいっ。では!」

    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:30:43.56 ID:4szAxWzs0 (+91,+30,-205)
    一夏「あ、そういえばなぜ膝枕だったんですか」

    クラリッサ「おかしなことを言う。日本の男性はこうされると喜ぶのだろう?」

    一夏「……あー、その知識はどこから」

    クラリッサ「日本の少女マンガだ」フフン

    クラリッサ「不満か?」

    一夏「いや、まぁ嬉しいんですけど……」

    クラリッサ「なら文句を言うな」

    一夏「そうですね。じゃ、今度こそ失礼します」

    ぱたん

    クラリッサ「……」

    クラリッサ「織斑一夏、か……」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:34:56.01 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-148)


    一夏「ぐあっ……!」

    ラウラ「ふん、まだこの程度か? つまらんな」

    一夏「まだまだぁっ!」


    黒ウサ1「(うわ……またやってるよ)」ヒソヒソ

    黒ウサ2「(頑張るわよね、彼)」ボソボソ

    黒ウサ1「(いつもいつも容赦ないよね、隊長は)」

    黒ウサ2「(私たちだったらすぐ折れちゃうのに……)」

    黒ウサ1「(そういえば知ってる? 彼、一般訓練も受けてるらしいよ)」

    黒ウサ2「(え゛っ……私たちシュヴァルツェ・ハーゼの訓練もあるのに!?)」

    黒ウサ1「(うん……)」

    クラリッサ「貴様ら、何をやっている」

    黒ウサ1・2「「す、すみませんっ!」」

    クラリッサ「ん……あれは隊長と」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:36:18.26 ID:g58Eq6N30 (+23,+29,-10)
    クラリッサ√もありだと思います
    36 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:38:24.52 ID:StgqNM870 (+24,+29,-1)
    ラウラも捨て難い
    37 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:38:59.85 ID:qY1o3KoR0 (+19,+29,-12)
    たまにはクラリッサもいいかも
    38 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:39:37.84 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-173)
    一夏「うぐっ……」

    ラウラ「ふん、雑魚め」スッ…スタスタ

    一夏「はぁー……はぁー……げほげほっ」


    黒ウサ1「あ……負けちゃった……」

    クラリッサ「……」



    一夏「あー……ちくしょう……今日も勝てな……かっ……」フラッ

    クラリッサ「おっと」ガシッ

    一夏「あ……すみません、副隊長……」

    クラリッサ「部屋まで肩を貸してやる」

    一夏「ありが……とう、ございます」ゲホッ

    クラリッサ「……お前は」

    一夏「はい……?」

    クラリッサ「お前はなぜ、そこまで頑張るんだ」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:45:09.63 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-235)
    一夏「……前にも言ったことがあったかもしれませんが俺、強くなりたいんです」

    一夏「両親は生まれた時からすでにいなくて、ずっと姉の手一つで育てられてきました」

    一夏「俺は姉を尊敬しています。そして今まで育ててもらったことに対する恩返しをしたいのと同時に

       今度は俺が千冬姉だけじゃなく“みんな”を」

    一夏「みんなを守れるようになりたいんだ、って」

    一夏「モンドグロッソで俺が誘拐されて千冬姉の連覇がなくなったのを受けて更に強く、そう感じるようになったんです」

    一夏「本当は日本に置いて行かれる予定だったんですが……志願して、こっちに来ました」

    クラリッサ「……そうか」

    クラリッサ「む、着いたな」ガチャッ

    一夏「ありがとうございました。今日はゆっくり休みますよ」ボフッ

    クラリッサ「……だが明日からまた、あの過酷な2部訓練をするのだろう?」

    一夏「いやっ、まあ、はは……」ポリポリ
    42 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/23(木) 22:49:38.76 ID:npckpO3c0 (+19,+29,+0)
    ラウラかわいいよ
    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:49:49.37 ID:Acv5r12H0 (-7,+2,+0)
    ほす
    44 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:50:01.04 ID:qY1o3KoR0 (+8,+18,+0)
    ぼす
    45 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:50:19.22 ID:4szAxWzs0 (+95,+30,-204)

    クラリッサ「……我々シュヴァルツェ・ハーゼ部隊員全員には肉眼へIS補佐ナノマシンが移植してある」

    一夏「はぁ……?」

    クラリッサ「その影響からか、分泌というと語弊があるかもしれないが唾液には若干のナノマシン―――

           そのなかでも身体の治癒能力を高めるものが含まれていてだな」

    一夏「……?」

    クラリッサ「安心していい、摂取したナノマシンは数時間で排出される」

    一夏「あの、要領を得ないんですが」

    クラリッサ「つまり―――」

    クラリッサ「んっ」チュッ

    一夏「んむっ……!?」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:51:15.50 ID:qY1o3KoR0 (+12,+22,-1)
    ほぅ…
    47 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/23(木) 22:52:07.34 ID:EHzqFoTu0 (+19,+29,-12)
    IS学園なんていらんかったんや
    48 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:52:09.91 ID:GOnXLo950 (+19,+29,-12)
    まさかのクラリッサルート…?
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/23(木) 22:54:02.40 ID:OPTEa+TH0 (+22,+29,-13)
    クラリッサルートありだとおもいます
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - インフィニット・ストラトス + - キミキス + - コナン + - 素晴らしい + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について